ヤフーカードを作成しようとしているユーザーに非常に残念なお知らせです。

今まで電子マネーnanacoチャージで1%還元されていたありがたい仕様から、まさかの0.5%還元へと俗に言う改悪が行われることが公式から発表されました。

nanacoチャージだけではなく、お膝元のyahooショッピング、LOHACOでの獲得ポイント仕様も既に変更されています。

そこで、多くのユーザーが気になるであろう2018年の新仕様とも言うべきヤフーカードの変更点についてまとめてみました。

変更前と後の比較、具体的にどんな影響を及ぼすか、ヤフーカードがダメならばほかにどんな代替カードがあるのか?をわかりやすく解説しているのでぜひお読みください。

ちなみにVisa、Mastercardブランドのユーザー限定で実はうれしい変更点があるというマル秘情報もお届けしますよ!

【ヤフーカード】

最もTポイント貯めやすいカード!!年会費無料だからポイントカード感覚で持っておける!!

年会費無料 Tポイント貯まる 100円=1P
VISA JCB
Master
ヤフーショッピング、ヤフオク、ロハコで貯まる ファミマでも
カード提示で貯まる
ソフトバンクユーザー ポイント貯まりやすい 入会特典で大量のTポイントもらえる ヤフオクでも
Tポイント使える
ヤフーカードを発行するとTポイントもらえる!!

年会費無料!!入会&3回利用で最大10,000円相当の期間固定Tポイントがもらえる!!

\ カード発行はこちらから /

クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazonでご確認ください。

 

nanacoへのクレジットカードチャージが還元率半分に変更

変更項目 旧ヤフーカード 新ヤフーカード
還元率 100円につき1ポイント 1%還元 200円につき1%還元 0.5%還元
適用期間※ 2018年2月28日(水)15:00利用分以前 2018年2月28日(水)15:00利用分より適応
還元対象ブランド JCBのみ Visa、Master、JCB

※例えば2018年2月28日(水)15:00までに利用していたとしても、データ上はヤフーカードに売上情報が届いていなければ0.5%還元が適応される

以上が新旧の仕様変更点です。

還元率が1%から0.5%になるということは、今まで獲得出来たポイントが50%OFFとなり、純粋に200円利用しなければ1円分キャッシュバックが得られません。

今までnanacoチャージで1割得をするから利用していたユーザーも多いでしょうから、この点は純粋に残念と言わざる負えません。

変更時期は2018年2月28日となっており、それ以前に利用したnanacoチャージについてはしっかり1%のポイント還元を受けることが出来ます。

なので、今までヤフーカードをメインに電子マネーを利用していたユーザーは、今のうちに可能な限り先取りチャージしておくと変更後しばらくは損をせずに済むでしょう。

一つ気を付けなければならないのが、適応時期の前後利用です。

仮に変更されるからと今回の適応期間前に利用したとしても、重要なのは実際にいつ利用したかではなく利用情報がいつカード会社に届いたかです。

こちらは公式でも注意事項として挙げられているので、覚えておいてください。

ちなみに利用、売り上げ情報は短くとも5日~10日間隔、長くとも1ヶ月単位で情報のやり取りはしていると思うので、なるべく早めにチャージしておくに越したことはありません。

 

Visa、Mastercardユーザーにはうれしい変更点

実はよくやったヤフーカード!と喜びの声をあげてしまう唯一の変更点があります。

それはnanacoチャージのポイント還元対象ブランドが広がったことです。

今までJCBのみ還元されていたものが、VisaとMasterのヤフーカードにも対応します。

そもそもポイント還元以前にnanacoへチャージ出来るブランドがJCBのみでした。

そこへチャージ対応+還元率付与とくればVisa、Mastercardユーザーにとっては純粋なアップグレードと位置付けることも出来ますね。

ヤフーカードは以前からも利用しやすく万人におすすめ出来る良カードでしたが、JCB一強状態、ひいては提携ブランドに関して言えば事実上選択肢のない印象がありました。

しかし、今回の変更で満遍なく主要三社でおすすめ出来るカードへと変貌したことで、カード全体で見れば利用価値が上がったのかなと個人的には思います。(かく言う私はJCBブランドユーザーですが・・・)

 

Yahoo!ショッピング、LOHACO利用ポイントも直近に改悪されている

nanacoポイント還元にも、Yahoo!ショッピング、LOHACO利用ポイントの仕様が変更になっています。

今までは上記2サービスはyahoo系列のサービスのため、下記のようにポイント獲得が優遇されていました。

クレジットカード還元率1%+ショップ還元1%+カード会員特典1%=3%

自社サービスが優遇されるのは珍しいことではないですが、すべて利用制限のない通常ポイントでの還元であり、よくある囲い込みのための期間固定Tポイント(期間固定Tポイント)で大量キャッシュバックではない点がユーザーから好評でした。

しかし、2017年10月1日には上記3特典のうち、カード会員特典の1%が通常ポイントから期間固定Tポイントへと変更されており、内訳が通常ポイント2%+期間固定Tポイント1%となってしまったのです。

単純に考えれば、制限のないポイントから制限ありポイントへ変わってしまったため、改悪と呼ぶほかないでしょう。

ちなみに通常ポイントと期間固定Tポイントでは、利用出来るサービスも有効期限も異なり、こちらの表を見ていただければ1%還元の内訳と言えども差異が大きいことがわかってもらえるはずです。

項目 通常ポイント 期間固定Tポイント
ポイント利用先 Tポイント加盟店 Yahoo系サービス
有効期限 最後のポイントを取得、または利用してから1年間 進呈された翌月まで有効
ポイント通帳の表記 Yahoo!ショッピング利用 店舗還元ポイント(ストア)と合算して表記 ヤフーカード会員特典表記
LOHACO利用 LOHACOのヤフーカード特典として表記

つまり、Yahoo!ショッピング、LOHACOの改悪は何が悪いのかというと、

  • 還元3%のうち1%が制限付きポイントに変更
  • 有効期限が約1年から1ヶ月へ
  • ポイント消費先がyahoo系サービスに限られる

この3つがユーザーにとってはマイナスな変更点となります。

 

ポイントの仕様に備えるための注意点まとめと対策

それでは、既にヤフーカードを利用しているユーザー、これから申し込みを検討されている方は何に気を付けてどう対策すれば良いのでしょうか?

ここまでの変更点から注意点をまとめると、

ヤフーカード改悪変更点の注意点まとめ
  1. 2018年2月28日(水)15:00にJCBのnanacoチャージによる還元が1%から0.5%へ
  2. nanacoチャージ可能なブランドにVisa、Masterが追加され、0.5%の還元率付き
  3. Yahoo!ショッピング、LOHACOの利用ポイントは1%分が期間固定Tポイントによる還元になった

以上3点に要約することが出来ます。

1と2についてはこれから実装される内容のため、既存ユーザーと新規ユーザーによって対策が異なり、3については既に導入済みなのでどちらも共通した対策が求められます。

既にヤフーカードを持っているユーザーが出来る対策

  • 変更前に出来るだけnanacoチャージをしておく(売上を期日前に到着させる)
  • nanacoチャージには他の高還元カードを用意する
  • 期間固定Tポイントの消費可能先を確認しておく

一度説明した通り、変更が来る前に高還元である1%でなるべくnanacoチャージを済ませておくことで、ビフォーアフターの差を埋めることが可能です。

売上情報基準で勘定されるため、残念ながら0.5%還元になる恐れもありますが、1%獲得で得することがあっても損をすることはないのでぜひ意識して使ってみてください。

続いてnanacoチャージに関しては他の高還元カードを用意するのも有効です。

ヤフーカードがダメならば他のクレジットカードと言うわけです。

次項で他社カードでnanacoチャージに対して還元率を持っているカードをいくつか紹介していますので、そちらを参考にしてください。

さらにYahoo!ショッピング、LOHACOを利用する方は、ぜひとも期間固定Tポイントが何に使えるか把握してからカード決済行ってもらえればと思います。

やはり、通常ポイントと比べると期間固定Tポイントは利用先のない死にポイントとなりやすく、ユーザーによっては残念に感じる方も多いはず。

簡単に期間固定Tポイントの利用先をまとめてみましたのでご覧ください。

期間固定Tポイント利用可能先 ヤフー系サービス(全掲)
  • Yahoo!ショッピング
  • LOHACO
  • Yahoo!カード
  • Yahoo!かんたん決済
  • ヤフオク!
  • カウマエニーク
  • Yahoo!トラベル
  • Yahoo!公金支払い
  • Yahoo!ブックストア
  • Yahoo!占い
  • GYAO!ストア
  • Yahoo!ゲーム
  • Yahoo!ネット募金
  • Yahoo!リサーチ
  • Yahoo!クラウドソーシング
  • Yahoo!ブログ
期間固定Tポイント利用可能先 ネット提携サービス(一部抜粋)
  • 無印良品ネットストア
  • ロコンド
  • モバコレ
  • SBNSTORE
  • アンプルール(美白スキンケア)
  • ロッピング
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • ドミノ・ピザ
  • 電子書店パピレス
  • 競馬道オンライン
  • Maru-JAPAN
  • ハーレクインライブラリー
  • 電子貸本Renta
  • 漫画全巻ドットコム
  • ゲンダイオンライン
  • エンタ!371
  • コスプレコミュニティ
  • bonobo
  • BOMBtvプラス
  • カーセブン
  • キャンペーン生活
  • tobe
  • G-serch
  • ゴルフ三昧
  • Timelog
  • jigブラウザー
期間固定Tポイント利用可能先 リアル提携サービス(全掲)
  • メガネのアイガン
  • カーコンビニ倶楽部
  • メガネのヨネザワ
  • お仏壇のはせがわ
  • ザ・ゴールド
  • パソコンドック24
  • KeePer LABO
  • 光雲堂
  • ダーツショップTiTO
  • 東江メガネ
  • パルファン

以上がおおよその期間固定Tポイントの利用可能先です。

「なんだ、これだけ多いじゃないか!」と思うユーザーは今回の改悪も苦にならないでしょう。

逆に利用先を縛られ、そのうえで「1ヶ月以内に使わなければならないのが嫌だ!」という方はやや厳しい仕様と言えるでしょう。

 

私イチオシの期間固定Tポイントの利用先と内訳確認方法

かくいう私もヤフーカードユーザーであり、期間固定Tポイントの使い方も多少は熟知しているつもりなので、個人的おすすめ利用ランキングを紹介しておきます。

  1. Yahoo!ショッピング
  2. LOHACO
  3. ヤフオク!
  4. Gyao!

やはり、ヤフーのお膝元であるヤフーショッピング、LOHACOでの利用がお得度も利便性も高く、定期的にネットで買い物する方は利用→ポイント獲得→利用のシナジーが生まれるためおすすめです。

個人的にはヤフオクもよく利用し、Tポイントで欲しい品物をオークションで購入出来た時の満足度は非常に高いものがあります。

または、見逃した映画や気になる映像作品をあまった数百ポイントで視聴すればほぼ死にポイントとなる期間固定Tポイントはなくなる算段です。

利用期間固定であるためにいつなくなるのか心配、使うことを忘れてしまうから嫌だという声はごもっともと思いますが、Yahoo! JAPANの場合はポイント通帳でしっかり通常と期間固定でわかりやすく区別されています。

そのうえ、期間固定ポイントごとの期限が明示され、直近で失効となるポイントへの注意喚起まで付く安心設計ぶり。

なので実際に利用している一ユーザー的にはそこまでストレスを感じることはありません。

例としては今が2018年2月1日のケースであれば以下のように表示され、有効期限の短いTポイントから順次消費されていくので参考にしてみてください。

総保有ポイント ポイント内訳
利用可能ポイント

2,000

失効まで7日以内のポイントがあります。

通常ポイント

1.000

有効期限

2019/3/01

 

期間固定ポイント

1,000

有効期限

2018/2/08

500
2018/3/01 300
2019/3/20 200

 

新規ユーザーが出来る対策

新規ユーザーが取れる対策は以下の通りです。

  • ヤフーカードを作るならVisaかMasterブランドを選択
  • nanacoチャージ目的で作らない
  • 別のカードを作る

シンプルですが、既にJCBを選択する旨味はほぼないと言えるので、必ずヤフーカードを作成する際はVisaかMasterカードを選びましょう。

何度か触れている通り、私はJCBユーザーなので何とかVisaかMasterへブランド変更できないか調べてみましたが、解約&再入会でブランドを変えて作り直すという選択肢しかなさそうです。

入会後にブランド変更は出来ないため、慎重に決めるようにしてください。

本末転倒になりますが、nanacoチャージでキャッシュバックを受けたいのであれば次項で紹介するクレジットカードも大いに選択肢として考えられます。

 

ヤフーカード以外でもnanacoチャージでポイント貯まるクレジットカードどれ?

まずはじめにクレジットカード決済でnanacoチャージによるポイント還元されるものは限られています。

2018年2月現在では以下のカードのみ確認出来ました。

カード名称 nanacoチャージ還元率
リクルートカード 1.2%
セブンカード・プラス 0.5%
ファミマTカード 0.5%
JMBローソンPontaカードVisa 0.5%
ヤフーカード 1%→0.5%

件のヤフージャパンカードを含めれば、私確認では計5枚のクレジットカードのみがnanacoチャージによる優位性を確保しており、リクルートを除く残り4枚は軒並み0.5%還元です。

つまり、以前は、

  1. リクルートカード 1.2%
  2. ヤフーカード 1%
  3. その他 0.5%

であった情勢が、

  1. リクルートカード 1.2%
  2. その他 0.5%

となり、高還元率ではリクルートカード一強という状態です。

仮にチャージで還元率を持たないカードとリクルートカードを1年間で月に3万円ほど利用した場合月計算で3600円、年間で43,200円もの差が出ることになります。

nanacoのヘヴィユーザーであればさらに利用することが想定されるので、少し言葉は強いですが一般のカードでnanaco利用するのは勿体なさ過ぎてありえないレベルです。

1カ月どころか下手をすれば2ヶ月分の利用代金が浮いてしまいます。

ちなみにnanacoの代表的な利用先であるセブンイレブンでは、対象商品を購入すると50ポイントや100ポイントなどまとめて上乗せプレゼントしてくれることが多いので、雪だるま式に効果は高まります。

現状キャッシュバックを受けられるカード鑑みるに改悪後の0.5%が決して低いわけではなく、今までの1%の還元率が高すぎたとみることもできるでしょう。

本記事で解説するにあたり、過去の情報も調べてみましたが、実はヤフー以外にも多くのカードで改悪が行われ、今回のような動きは業界全体で広がっているものと思われます。

名称 改悪時期(還元率0%) 元の還元率
ライフカード 2017年7月 0.25%
P-one wizカード 2016年11月 1.5%(1%割引+1ポケット=Tポイント5ポイント付与)
楽天カードJCB 2017年1月 1%
リクルートカードプラス 2016年9月 2%

ライフカードを除くカードはリクルート、ヤフーカードもよもやというほどの高還元率が用意されていたもので、還元率を下げるどころか0%と真っ青な改悪が行われています。

ライフカードは0.25%と影響が少ないように思いますが、0.25%の還元率も一度改悪を迎えてのことなので、nanacoチャージ対する風当たりが強いことがうかがえます。

やはり、電子マネーチャージは高還元率を低還元率へとするのがこれからのトレンドなのでしょうか。

また、ライフカードの例から見るに、一度改悪されれば永遠に変更がないのかと言えばNoです。

時期が来れば何度でも変更はあると思うので、油断しないようにしてください。

リクルートカードプラスは改悪に加えてすでに新規受付を終了している状態であり、最後の砦と言えるリクルートカードは問題なく申し込むことが出来るので安心してください。

 

ヤフーカード+他社チャージ還元率カードが安定

前項の内容を見てもらえばわかる通り、1%から0.5%へ改悪されたと言ってもヤフーカードはnanacoチャージでポイントが貯まる貴重なクレカの一つに違いありません。

今後いつどのカードが楽天JCBやライフカードのように還元率廃止になるかわからず、仮に持っているカードでさらなる改悪が行われればnanacoを普通に利用(お得度0)するしか選択肢は残らなくなりますね。

還元率最強のリクルートカード1本に絞り、1.2%→0%へ改悪されれば今回のデジャブもいいところです。

であれば、1.2%のリクルート本家本元高還元のヤフーカードを主軸に、ファミマTカードなど他社カードと合わせてnanacoチャージ還元体制を準備しておくのが賢いやり方ではないでしょうか?

今回まとめていて思ったのが、nanacoチャージで還元率を持つカードは以下のように分類でき、それぞれの系列で1枚ずつ所持しておけば、まずnanacoチャージに関してはくいっぱぐれることがないのではないかと感じました。

  • Tポイント系列:ヤフーカード、ファミマTカード
  • リクルート系列:(ポイント的に):リクルートカード、JMBローソンPontaカードVisa
  • セブン系列:セブンカード・プラス、nanaco

それぞれのカードを持っていてチャージによるキャッシュバックが受けられなくなる時は、もはやすべてのクレジットカードで不可能な状況と言っても過言ではありません。

なので、上記5枚からヤフーカード+リクルートカード+セブンカード・プラスなど、3枚持ち、4枚持ち出来れば完璧です。

ぜひ、リクルート、セブンカード・プラスの記事も合わせて読んでみてください。

【リクルートカード】

還元率1.2%は業界トップクラス!!ポイント貯まりやすいカードで有名な1枚!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
ApplePay対応
100円=1.2P
1P=0.5マイル
業界最高レベル
リクルートポイント
Pontaポイント
dポイント連携
nanacoチャージ
ポイント貯まる
VISA JCB
Master
海外保険
利用付帯
JALマイル貯まる
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今なら最大6000円分のリクルートポイントもらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

【ヤフーカード】

最もTポイント貯めやすいカード!!年会費無料だからポイントカード感覚で持っておける!!

年会費無料 Tポイント貯まる 100円=1P
VISA JCB
Master
ヤフーショッピング、ヤフオク、ロハコで貯まる ファミマでも
カード提示で貯まる
ソフトバンクユーザー ポイント貯まりやすい 入会特典で大量のTポイントもらえる ヤフオクでも
Tポイント使える
ヤフーカードを発行するとTポイントもらえる!!

年会費無料!!入会&3回利用で最大10,000円相当の期間固定Tポイントがもらえる!!

\ カード発行はこちらから /

 

嫁と0歳の娘と暮らす26歳のクレカ大好き人間。これまでに累計25枚以上のクレカを発行。クレジットカードやポイントサイトを利用した”ポイ活”が大好き。貯めたポイントやマイルを宿泊費や飛行機代に使って完全無料の家族旅行によく行く。

これからポイ活を始めたい人向けの”ポイ活本”を執筆。2019年5月20日に全国書店&Amazonなどオンラインショップで発売中。 → Amazonで購入する