2018年1月から始まった「つみたてNISA」。

始まったばかりの制度だけのことはあり、新聞やインターネット・雑誌で「つみたてNISA」に関する記事を広告で目にする機会も増えました。

「え?NISAってもっと前から存在したよね?」と思った人!残念、それはつみたてNISAとは別物の「元祖・NISA」です。これらは名称はよく似ていますが、得られるメリットや運用方法などが若干異なるんです。

今回は2018年に新しく登場した「つみたてNISA」について、じっくり迫りたいと思います。

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

積立NISAとは?わかりやすく言うと初心者向けの株投資みたいなもの

つみたてNISAは「運用益が非課税」の投資です。

この「非課税投資制度」を言葉で表すと、運用で得た利益が税金の対象外になる投資制度」となります。運用益から税金が徴収されないこということは「利益が目減りしない」ということです。得た利益はそのまま運用に利用できますから「銀行に預けるよりも効率よくお金が増やせるというわけです。

つみたてNISAの運用期間はMAXで20年、1年間に拠出できる金額は40万円と比較的コンパクトな投資です。

つみたてNISAは「iDeCo」とよく比較されますが、年金に上乗せされるiDeCoには「公的年金に加入している人」という加入条件があります。その点、つみたてNISAは年金とは関係がないので「日本に住む20歳以上の人なら誰でも加入OK」です。

また、iDeCoは掛金全額が所得控除の対象になり所得税を減らすことができますが、つみたてNISAには掛け金というものがありません。拠出したお金はすべて「運用」に利用されます。

このようにつみたてNISAに「所得税減税」のメリットはありませんが、運用益全額を投資に回してさらに大きく増やせるメリットがあります。

ざっくりですが、これがつみたてNISAの特徴です。

元祖NISAとつみたてNISAはどう違う?

まず、元祖NISAとつみたてNISAはまったくの「別物」で同時加入できません(iDeCoとの同時加入はOKです)。

元祖NISAの目的の中には「個別の株式投資」が含まれており、投資枠も年間120万円とつみたてNISAに比べて高額です。さらに投資期間は5年までに限られています。元祖NISAもまとまったお金を使って投資したり、積立で投資することも可能です。

また投資信託の商品も異なります。元祖NISAは上場株式、ETF、REIT、投資信託といった株式までが対象で、つみたてNISAは金融庁が厳選した投資信託・ETFに限定されています。

つみたてNISAの運用対象は、長期積立と分散投資に適していると判断されたものだけに限定されていますので、初心者でも始めやすいのです。

ここでいったんそれぞれの違いをまとめておきましょう。

iDeCo 元祖NISA つみたてNISA
年間限度額 上限14.4万円~81.6万円

(人による)

120万円 40万円
途中引出 × 原則60歳まで不可
税制メリット 掛け金 〇全角所得税控除
運用 〇運用益非課税 〇運用益非課税(5年) 〇運用益非課税(20年)
受取 公的年金等控除

退職者控除

運用の選択肢 元本確保型
リスク型 〇株式選択可 〇厳しい基準をクリアした商品

まず見ていただきたいのが、掛け金の部分です。iDeCoは掛け金が全額控除の対象になっていますよね。iDeCoは掛けた金額そのままが「控除」となり課税所得の対象から外されます。

「税金が高すぎる!」というのは働く人の共通の悩みですが、このようにiDeCoには「減税」という大きなメリットがあるのです。

でも、NISAには掛け金の所得控除がありません。そこがNISAとiDeCoの決定的な違いです。節税と資産形成をどちらも叶えたいのなら「つみたてNISAとiDeCoにコンビで加入する」のがおすすめです。

NISA単体での加入ももちろん有効な方法ですが、iDeCoで浮いた税金をつみたてNISAに投資、というのが実はいちばん理想的です。

そのため「もうiDeCoに加入しているから・・・」とつみたてNISAをスルーする必要はありません。

普通に貯金するのと積立NISAを利用するのではどういう違いがある?

銀行の預金は受け取り時に約20%の税金が掛けられます。

金融機関にお金を預けると利子がつきますが、この利子は収入(所得)に該当しますから課税の対象になります。普通預金や定期預金、貯蓄預金には、所得税15%、住民税5%をあわせた20%が差し引かれてしまうのです。

しかし、そもそも利子自体が「スズメの涙」であることはみなさんもご存知ですよね。100万円入れておいても、毎月10万円ずつ入金しても、それを20年置いておいても、利息がつくのはほんの少しです。

近年、メガバンクの定期預金金利がどれくらいかご存知ですか?

なんと、「0.02%」。

NISAでの枠である「毎年40万円の枠内を、MAX20年間かけると800万円」ですよね。これと同額を銀行貯金に入れておいても、0.02%の金利ではせいぜい約15,000円程度しか増えません。その上約20%の税金が課せられるため、利子は差し引かれて12,000円になってしまいます。

つまり、銀行に800万円を入れても下ろすときには単純に計算しても「8012,000円程度」ということになります。

その代わり、銀行の貯金はいつでも引き出すことができます。その点の「自由度」では銀行貯金は便利です(いつでも引き出せるということがデメリットになる場合もありますが)。

満期になるまで解約できない堅実な預金スタイルもありますが、利子に関してはやっぱり変わらず「スズメのなみだ」です。

お金を預けてもいつまでもお金が増えない、それが銀行貯金の弱点です。

お金を増やしたいなら投資を考えよう!

お金を増やすのに私たちができることは、「投資」です。

投資をする・しないは人それぞれ選択できますが、なにもしなければ1円は1円の価値のままです。

かといって株式投資やFXはなかなか初心者が手をつけるにはハードルが高いです。「勉強してからチャレンジしよう」と結局銀行貯金のまま、という人も多いのではないでしょうか。

その点、つみたてNISAは初心者におすすめの投資といわれます

なぜなら金融商品は金融庁が厳選した「長期投資」「分散投資(投資対象を多様化して価格変動リスクを低減させる投資方法)」に適したものばかりだからです。

仮にすべて自力で投資を始めるなら、約6,000本といわれる莫大な商品の中から選ばなくてはなりません。その中には高いリスクのある商品も当然含まれています。

つみたてNISAはの商品数は厳選されて約135本。効率のよい商品が厳選されているので「選ぶときのリスク」が1段階減っています。トーナメント戦の「シード(初期段階の対戦を免除される権利)」にちょっと似ていますね。

投資には「かならず儲かる」「かならず利益がでる」と約束された商品は存在しません。もちろん投資のプロでも予測はできません。そんな投資だからこそ、「ハズレを引く可能性が低い商品選び」が重要なのです。

運用益を受け取るとき、積立NISAで貯まった分は非課税対象になります。定期預金なら20%差し引かれるところがまるまる自分のものになります。

また、増えた運用益はそのまま運用に利用しますので、元本を増やさなくても利益が新しい利益を生み出すことになります。これは銀行貯金にはないしくみですよね。

では、つみたてNISAで積立をしたらどれだけもらえるのかシミュレーションしていきましょう。 

40歳の会社員が積立NISAで毎月1万円を積み立てたら、60歳にはいくらもらえるの?

つみたてNISAの運用期間はMAX20年です。毎月1万円(年間12万円)を60歳まで拠出し続けたらどれだけの試算になるでしょうか?

ちなみに銀行貯金を同額で行ったときは

銀行貯金で貯まるお金:(1万円×12ヶ月)×20年=240万円+利子(現在0.02%)

となります。

 

今回は金融商品の利回り「3%」を選んだ場合で試算します。

その前に「利回り」の数字について確認しておきましょう。「3%=平均的な利回り」と言われています。利回りは「1%~3%:低め」「3%~5%:標準」「5%~8%:高め」で分類されます。

この利回りの高さは「リスクの高さ」に比例します。具体的にはこのようになります。

  • 利回り1%~3%→リスク低め
  • 利回り3%~5%→リスク標準
  • 利回り5%~8%→リスク高め

今回シミュレートする「3%」は低すぎない標準の数値です。これでもちょっと不安という人は、1%~2%に落とすこともできますよ。

 

では「毎月1万円を利回り3%で運用したとき」のシミュレーション画面を見てみましょう。

このシミュレーションは金融庁のページから実行できます。3ヶ所入力するだけで「最終積立金額」が計算されました。

この「最終積立 3,283,020円」が想定される最終金額です。

「どうしてこんな金額になるの?」と思う人は、下に表示される棒グラフをみてください。

グラフのブルーは元本です。毎月拠出したお金ですね。2年目は24万円・4年目は48万円ですから順調につみたてが進んでいることがわかります。

イエローの部分は運用収益です。3%の効果は2年目を見ると分かります。24万円に対し3%の7,000円が乗せられ「24.7万円」とオレンジの文字で書かれています。

だんだんと数字の根拠がわからなくなりますが、これは得た運用益がそのまま運用に回されているためです。いわば利益が利益を呼ぶ、「雪だるま式」にお金が増えていくのです(あくまで順調に進んだのときです)。

シミュレーションしたものを表に書き換えるとこのようになります。

投資額 2,400,000円
節税額 179,385円
差額 883,020円
総資産額 3,283,020円

1ヶ月に1万円を20年で、883,020円の運用益が出て、試算が3,283,020円になりました。銀行貯金ではこれだけ増やすことはできません。

仮に利子が883,020円ついたとしても約20%の税金がかかって手元に入るのは706,000円程度に目減りしてしまいます。

このようにつみたてNISAと銀行貯金では20年も続けると大きな大きな差となって現れます。

積立NISAのメリットについて

つみたてNISAのメリット①:運用益は非課税

「つみたてNISA」の最大のメリットは、投資によって得られた売却益(譲渡益)や分配金の運用益が「非課税」になるところです。

日本では、投資で利益を得ると、通常20.315%の税金(所得税+住民税※厳密には復興特別所得税もプラスされる)がかかりますが、NISAではすべて非課税扱いになります。

たとえば、つみたてNISAの投資信託を運用して10万円の利益が出たとします。

これに20.315%の税金が掛けられたら、2万315円が利益から差し引かれます。手元には8万円数千円しか入ってきません。しかし「つみたてNISA」は非課税ですから課税対象にならず、10万円全額が手元に入る(次の運用に回せる)ことになります。

つみたてNISAのメリット②いつでもお金が引き出せる

確定拠出年金のiDeCoと比較される点です。積立期間は20年までですが、20年積み立てなくてもいつでも現金化でき、積み立てたお金をどんな目的の出費にも使える点です。

つみたてNISAは、マイホーム資金やマイカー、海外旅行などの「短期的目標」に向いた投資だといえます。

つみたてNISAのメリット③お金が増える

つみたてNISAのメリットは「お金が増える」(必ずではありません)ことです。少額から始められるNISAですがれっきとした「投資」なので、うまく運用できればお金を増やすことができます。

選んだ金融商品の利回りや投資の成績、積み立てる金額によってリターンの大きさは違いますが、銀行に預けているより確実に「伸びる可能性」があります。

なにより生まれた運用益がそのまま投資に当てられるため、NISAは長く運用すればするほどお金が増えます

つみたてNISAのメリット④中止と再開が可能

つみたてNISAはの運用期間は20年です。しかし20年きっちり積みたてなければダメ、というものではありません。

つみたてNISAは途中で中止したり、再開もいつでも可能です。「半年ほどあとに子どもが生まれる。出費が続きそうだから、子どもが落ち着いたら始めよう・・・」と加入を諦める必要もありません。

生活費を切り詰めてまで行う投資は危険ですが、つみたてNISAは自分のペースで続けられるのです。

順調に進み、思いのほか早く目標額に到達したとき「別の投資に回したい」とか「マイホーム購入の頭金にする」など20年以内に止めてしまってもOKです。

メリット⑤初心者でも選びやすい

どんなものでも多すぎると1つを選び出すのは時間がかかります、また多すぎる銘柄は初心者がハードルが高い商品に手を出す原因にもなりかねません。

つみたてNISAは選択肢が金融庁によって限定されています。また、値動きの多い株式は選択肢に含まれていません。

そのため、投資経験がない初心者でも安心して投資にチャレンジできます。

メリット⑥無理が少ない

初心者は投資の売買にも慣れていません。慣れないことがどう影響するかは人によって違いますが、いずれにせよ不慣れで大損するならつみたてNISAは安全とは言えません。

つみたてNISAはもともと「無理ができない仕組」になっています。

つみたてNISAは、商品を乗り換える「スイッチング」ができません。そのため一度買った商品を売って新たに買い付けた結果「大失敗!!」して後悔することもないわけです。

また、つみたてNISAの40万円の非課税枠は再利用できません。枠を20万円しか使わない人は20万円分の枠が余りますよね。つみたてNISAはこの「余った分」を翌年に繰り越すことができないのです。

つまり「枠が60万円になったから、もっとつみたてNISAにお金をつぎ込もう!」という運びにはならないんです。

この2つのポイントは「余計な売買をしなくていい」という共通のメリットと考えることができます。ギャンブルのように「もっと増やしたい!」そんな欲望を押えてくれる仕組の投資といえるでしょう。

積立NISAで毎月1万円積み立てると将来的に資産はいくらになる?

繰り返しますが、一般的な貯金を1万円銀行に溜め込んだとしても15年で180万円しか貯まりません。

ところがNISAはどうでしょう、あくまで「可能性」ですが下記のように銀行貯金とは比べ物にならない額がたまります(利回り3%の計算した場合)。

銀行貯金 つみたてNISA
1年目 12万円 121,664円
5年目 60万円 646,467円
10年目 120万円 1,397,414円
15年目 180万円 2,269,727円
20年目 240万円 3,283,020円

240万円の元本が3,283,020円ですから、883,020円の運用益の計算になります。

これ以上のお金を目指すなら、積立金額を増やすか利回りの高い商品を買うことになります。

しかし利回りの高さ=リスクの高さですから、元本割れのリスクも比例して高くなります。

安全で確実な投資を志すのであれば、早めに準備を始めてリスクを抑えながらできるだけ長期間取り組むことが大切です。

 積立NISAのデメリットについて

デメリット①元本割れのリスクがある

これはNISAだけでなくあらゆる投資に付随するデメリットです。安心と言われているつみたてNISAといえども、価格変動の大きさによっては元本割れしてお金が減る可能があります。

デメリット②つみたてNISAが利用できるのは1つの口座だけ

つみたてNISAで利用する口座は1人1口座しか開設できません。金融機関を別個にして1つずつ・・・もできませんので、金融機関選びは慎重に進めましょう。とはいえ、生涯1口座しか開設できないということではなく1年単位で金融機関の変更は可能です。

ただし、変更の際にはかなりの手間と時間を要しますので「思い立ったら即変更!」は難しいでしょう。

デメリット③年間投資額が少ない

つみたてNISAは、毎年40万円までしか積立できません。投資可能期間が20年のため、どれだけお金持ちでも800万円までしか枠がありません。つまり「一生モノのお金」を形成できるとは言い難いでしょう。

極端な言い方ですが「つみたてNISAで一生食べていく」ことはできません。iDeCoなどの別の貯蓄と合わせて運用するのに適しています。

デメリット④スイッチングができない

スイッチングとは「乗り換え売買」のことで、今保有している金融商品を売却して別の商品を買いなおすことをいいます。見通しがない商品を買い付けたときは「スイッチング」したくなりますよね。

つみたてNISAは「非課税枠の再利用ができない」というルールがあり、スイッチングするには翌年の非課税枠を利用しなければなりません。

デメリット⑤:非課税投資枠の再利用ができない

デメリット④でも触れましたが、つみたてNISAには40万円分の非課税投資枠ありますが、この枠は持ち越しや再利用ができません。

例えば、ある年の投資金額が10万円だとします。つみたてNISAの非課税枠は40万円ですから、30万円分の非課税枠が「余って」いることになります。

この「30万円分の余った分」は翌年以降に持ち越して「今年は40万+30万で70万」とすることはできません。つまり、その年中に寿命を迎える、ということです。非課税枠は通年通してカウントされるのではなく、年単位で消費となることを覚えておいてください。

これは先にも触れたように、初心者にとっては「無理のない運用」ができるメリットです。反面、慣れた人にとってはもどかしい仕組かもしれませんね、

つみたてNISAに向いている人とは

  1. 投資初心者の人
  2. コツコツ型の人
  3. 近い将来まとまったお金が必要になる人
  4. iDeCoで浮いたお金を運用に回したい人

つみたてNISAなら安全な金融商品を買うことができます。つまり「貧乏クジ」を引く可能性がほかの投資よりも低いのです。

つみたてNISAは、最大でも年間40万円まで(月平均すると1月約3万3333円)しか拠出できません。また加入期間中に積極的な売り買いができませんので「コツコツ続ける」のが得意な人に向いています。。

このようにつみたてNISAはインデックス型がメインですから、iDeCoでアクティブ型投資をしている人が並行して加入するにもつみたてNISAは適しています。

最後に

恥ずかしながら最後に筆者の両親の「ぼやき」をお話します。子どもの頃、母がよくこんな言葉を言っていました。

「お父さんは、お給料を“もらった分だけで満足”している。勤勉だけれど、お金に対する知恵がないんだよね。

当時小学生だった筆者は、株の売買や証券など「お金が増えるしくみ」の存在など知る由もありません。母が何のことを言っているのか、汗水垂らして働いてくれている父親の何がいけないのか、さっぱり理解できませんでした。

働く身となった今は、この言葉の意味が痛いほど理解できます。

つみたてNISAの登場で、「お金を増やす」ことがますます身近になりました。もっと早く登場していれば、いくらうちの父でも気軽に加入したと思います。

せっかくもらったお給料を「少ない・・・」と言う前に、iDeCoやつみたてNISAを活用して「育てて」みてはいかがでしょうか。

旅行が趣味で「節約はすべて旅行のため」と考える兼業ライター。旅行で貯めたポイントは生活消耗品代に使っています。最近は地理の奥深さに目覚め、「地理検定」を取得しようとヒマさえあれば日本地図とにらめっこ。わかりやすく・楽しい記事がお届けできるよう、頑張りますのでよろしくお願いいたします!