TOICAはJR東海を中心に、全国で利用できる交通系ICカードです。

東海地方で主にJRを利用すると、駅ナカのポスターやパンフレットで見かけるのではないでしょうか。

TOICAは、電車やバスに乗る時に、改札でタッチするだけでスムーズに支払いができます。

切符を買う手間が省け、移動の時短にも一役買ってくれるこのTOICAは、どこで入手できるのでしょう。

ここでは、TOICAの入手方法から、ポイント制度のないTOICAをお得に利用する裏技までご紹介していきます。

TOICAはどこで買える?駅やコンビニでも入手できるの?

TOICAとTOICA定期券

TOICAはJR東海でのみ販売しています。

TOICAが使える店舗はありますが、コンビニやネットで買う事はできません。

基本的にTOICAには、普通のTOICAとTOICA定期券の2種類があります。

TOICA…チャージして繰り返し利用できる電子マネー型。

 大人用  誰でも発行できる
 小児用  保険証やパスポートなど公的証明書が必要、有効期限が設定される

TOICA定期券…定期券としての機能にプラスして、普通のTOICAとしてチャージして使う機能も備わっている。

 大人用  12歳以上(中学生以上)が通勤・通学で利用できる定期券
 小児用  小児用運賃が適用される12歳(小学生まで)が発行できる定期券

これらは、JR東海の券売機やJR全線きっぷうりばの窓口で購入できます。

購入できる場所

1.券売機

大人用TOICAを購入する事ができます。

購入時には、

500円のデポジット
※保証金/TOICAが不要になった場合、カードを窓口に返却すれば、500円も返金される

1500円分のチャージ

合計:2000円が必要です。

氏名や電話番号を登録する事なく、誰でも発行できます。

また、既に時期定期券やTOICA定期券を持っている場合、TOICA定期券としての更新も、券売機でできます。

TOICA定期券の新規購入は、係員のいる窓口で対応しています。

2.窓口

窓口では、全種類のTOICAを発行できます。

小児用TOICAや、新規のTOICA定期券購入は、係員のいる窓口でのみの対応になります。

購入する際は、氏名や生年月日の登録、小児用の場合は年齢の確認できる健康保険証やパスポートの用意が必要です。

学生で定期券を購入する場合は、学生証も持参しましょう。

TOICAにはメリットがない?どうしたらお得に使える?

TOICAのデメリット

TOICAには、乗車ポイントや支払いで貯まるポイントのプログラムがありません。

またクレジットカードでのチャージもできません。

TOICAの利用者の多くは、定期券として利用している事が多く、普通にチャージして利用するTOICAとしての利用には、あまりメリットがないのです。

では、東海地方でJRをよく使う場合、どうしたらお得になるのでしょうか。

定期券として既に利用している人にとっては、毎日同じ区間を利用するので、通学や出勤日数によっては、定期券の方がお得でしょう。

定期以外でJR東海の利用が多い場合、イレギュラーな方法になってしまいますが、実はTOICAを使わない方がお得なのです。

TOICAではなく、Suicaを使おう

東海地方に住みながらSuicaを使うというのは、ちょっと裏切るような気持ちになるかもしれません(^_^;)

もちろん、改札にタッチするだけで利用できる電子マネーとして利用できれば良いと考えるなら、TOICAで充分役目を果たすでしょう。

しかし、もし「少しでもポイントを貯めたい、お得に使いたい」という気持ちがあるなら、Suicaでポイントを貯めましょう。

Suicaをお買い物で使うと、JRE POINTが貯まります。(ただし、改札での利用分ではJRE POINTは貯まりません。)

また、Suicaのチャージにはクレジットカードが使えるので、クレジット利用分のポイントを貯める事もできます。

カード型のSuicaにチャージできるカードは、Suicaと同じJR東日本が発行するビューカードです。

2018年6月28日から、ビューカードで貯まるビューサンクスポイントも、JRE POINTに切り替わります。

Suicaとビューカードのどちらを使っても、共通してJRE POINTを貯める事ができるようになるのです。

TOICAの代わりにSuicaでポイントが貯めやすいクレジットカード

Suicaへのクレジットチャージはビューカードのみと前章でお伝えしましたが、モバイルSuicaには他社クレジットカードでもチャージできます。

しかし、モバイルSuicaのみ対応で、チャージ分はポイント加算されないクレジットカードも多くあります。

東海地方でカード型のSuicaをゲットする事はできず、関東にでかけた時にJRの駅で買うしかないので、必然的にスマホで登録できるモバイルSuicaを利用してみようと思うかもしれません。

しかし、東海地方でもSuica一体型クレジットカードなら、ネットや店舗で入手する事ができます。

ビックカメラSuicaカード

Suica一体型のクレジットカードは、JR東日本が発行するビューカード系がおすすめ。

その中でも、全国に店舗を展開しているビックカメラのSuica一体型クレジットカードは、TOICA利用エリアでも存分に力を発揮してくれます。

東海エリアでビックカメラSuicaカードが即日発行できる店舗

  • ビックカメラ名古屋駅西店
  • ビックカメラ名古屋駅JRゲートタワー点

他にも、東海エリアには

  • 浜松店
  • ビックトイズプライムツリー赤池店
  • AirBICCAMERA中部国際空港セントレア店

というビックカメラの店舗があるので、近隣に住んでいればSuicaとして以外にもカードを有効活用する事ができます。

ネットでも発行申込みできるので、JR東日本エリアめで出向かなくても、入手する事ができます。

年会費 初年度無料
2年目以降、前年度1回以上の利用で無料
貯まるポイント JRE POINT
ビックポイント
ポイントの使い方 Suicaへチャージ
ビックカメラグループで利用
JRE POINTは加盟店で1ポイント=1円で利用可
ポイント還元率 1%
特典 ビックカメラでの利用がお得!
・Suicaへのクレジットチャージ:1.5%
・Suicaでお買い物:10%

まとめ

  • TOICAはJR東海の駅で入手できる
  • ポイント制度やクレジットチャージができないので、お得感は薄い
  • TOICAの代わりにSuicaを使うという裏技でポイントゲット

どんなに高額をTOICAで利用していても、ポイントも貯まらなければ割引される事もありません。

JR東海の駅に行けば簡単に手に入るTOICAではありますが、お得に使う事を考えるとメリットが少ない事が分かりました。

そのため、今回思い切って、TOICAエリアのあなたにSuicaをおすすめしてみました。

Suica単体カードは、メルカリやヤフオクを利用する以外、正規のルートで購入するには関東に出向かなければなりません。

しかし、Suica一体型クレジットカードなら、ネットで申込みする事ができます。

東海地方に住みながら、Suicaを活用するという裏技。

ポイントが貯まる事で少しでも得した気分になるので、かなりおすすめです。