最近の定期券は、Suicaと一体型になっているSuica定期券が主流です。

もしも定期券の利用期間途中で、職場や学校、住まいが変わったりして定期券が要らなくなってしまった場合、払い戻しはできるのでしょうか。

今までの磁気定期券と同じルールなの?Suica定期券独自のルールがある?

今回は、Suica定期券の払い戻しについて、まとめていきます。

Suica定期券を6か月分購入して4ヶ月利用した場合、残りの2か月分の定期代は払い戻ししてもらえる?

6ヶ月定期券は、残り2ヶ月を残して払い戻しができます。

ただし、払い戻し金額を計算するにはちょっとコツが要ります。

【例】池袋―東京 山手線で6か月分のSuica定期券の場合

(参照:NAVITIME 定期代検索)

6ヶ月定期券の料金:27,920円

6か月定期券の残り2ヶ月を残した払い戻しに関しては、払い戻し手続きをした月までの期間が差し引かれ、残りが返金されます。

日割り計算ではありません。

月ごとに区切られるので、4ヶ月目のできるだけ後半に手続きした方がお得です。

また、単純に6ヶ月-4か月=2ヶ月の計算ではありません。

定期券の種類には、6・3・1ヶ月があります。

4か月定期券という種類はないので、3ヶ月+1か月定期券で計算されます。

 

3ヶ月定期券の料金:16,580円

1か月定期券の料金:5,820円

27,920円(6か月)-《16,580円(3ヶ月)+5,820円(1ヶ月)》=5,520円

ここから更に手数料220円が引かれ、払い戻し金額が決まります。

5,520円-220円=5300円

 

定期券の機能を停止して払い戻しても、Suicaとしての機能は継続して使えます。

今後は、定期券ではなく、Suicaのカードになるという事ですね。

もしSuicaも不要でカードごと返却するのであれば、

チャージ金額-デポジット(500円)=チャージ分の払い戻し金額

が戻ってきます。

Suica定期券を3か月分購入して2か月利用した場合、残りの1か月分の定期代は払い戻しできる?

前章では2ヶ月を残して払い戻しできるか、というパターンでしたが、1か月ではどうでしょうか。

実はSuica定期券は、期間1か月残しがポイントです。

1か月以上残っていれば払い戻しができるので、3ヶ月定期を1か月残した場合も、払い戻しに対応しています。

しかし、日割り計算はできないので、1か月を少しでもオーバーしてしまったら、払い戻しされません。

 

【例】池袋―東京 山手線で3か月分のSuica定期券

(料金参照:NAVITIME 定期代検索)

3ヶ月定期券の料金:16,580円

1か月定期券の料金:5,820円

3ヶ月定期から、1か月定期代分×2の金額が引かれるので

16,580円-(5,820円×2)=4,940円

ここでもまた手数料がかかるので、

4,940円-220円(手数料)=4,720円

 

このような計算で、払い戻しされます。

この場合も、定期券とは別でSuicaにチャージした分も払い戻しは可能ですし、もちろん払い戻さずにSuicaカードとして使い続ける事もできます。

デポジット500円分が差し引かれる事は変わらないので、ご注意下さい。

定期券の払い戻しはどこでできる?

定期券の払い戻しは、基本的にみどりの窓口で対応しています。

SuicaはJR東日本の交通系電子マネーなので、JR東日本Suicaエリア以外の駅では、窓口であろうと払い戻しはできません。

また、JR東日本の駅でも、券売機やチャージ機では払い戻しできません。

多機能券売機でも払い戻しには対応していないので、みどりの窓口で手続きを行いましょう。

定期券の払い戻しの注意点について

Suicaの払い戻しがネットや郵送ではできず、みどりの窓口でしかできないとなると、わざわざ外出するという手間がかかってしまいます。

せっかく窓口まで出向くのですから、しっかりと準備して、「払い戻しに行ってみたけど、手続きできなかったー…」なんて事にはなりたくないですよね。

ここではまず、現金でSuica定期券を購入した際の注意点を見てみましょう。

  • 免許証などの、公的身分証明書が必要
  • 代理人が払い戻しする場合は、委任状と代理人の身分証明書が必要
  • Suicaエリア内でも、一部で払い戻し対応していない駅があるので、通勤・通学の際に事前確認がおすすめ
  • Suicaチャージ分も払い戻しする場合、残高が220円以下の場合は手数料がかからないので、きっぷ購入や乗り越し精算、お買い物などで残高を使い切った方がお得

また、Suica定期券をクレジットカードで購入していた場合、上記の現金購入注意事項の他に、以下の点にも注意して下さい。

  • 払い戻し手続きの際、購入に利用したクレジットカードが必要になる
  • 払い戻し金額は、現金での返金ではなく、クレジットカード利用金額から差し引かれる

ポイントは、払い戻し金額は現金でも口座振り込みでもなく返金されるという点です。

もしクレジットカードで30000円利用している月に、Suica定期券10000円分の返金がある場合、その月の引き落とし金額は20000円になるという事です。

ただし、クレジットカードが既に解約済であったり、カード利用金額が払い戻し金額に満たない場合は、現金やその他の方法で返金される場合があります。

調べてみたところ、この対応は駅やカード会社によって、ルールが一律ではないので、一概にこのようなシステムですとは言えません。

その為、クレジットカード購入のSuica定期券払い戻しの際は、実際に返金されているか数か月先まで明細を確認しましょう。

2,3ヶ月音沙汰無しの場合は、駅やカード会社に問い合わせても良いでしょう。

そのような可能性もふまえて、払い戻し手続きの際、窓口で問い合わせ連絡先などを聞いておく事をオススメします。

最後に

  • Suica定期券の払い戻しは可能だが、手続きする時期によって金額が変わるので要注意
  • 払い戻しに対応しているのは、みどりの窓口のみ
  • クレジットカードで購入したSuica定期券は、現金返金ではなくカード利用額から相殺される

Suica定期券を払い戻しする際のポイントは、手続きする時期です。

定期券として何か月利用し、何か月分残っているのか。

残り1か月をきったら、払い戻しはできないと思っておきましょう。

手続き面倒だな…と放置していると、もったいない事になります。

できるだけ利用月の末日に、そして、身分証明書やクレジットカードなど、必要書類を忘れずに確実に準備してみどりの窓口に行きましょう。