JR東日本の交通系ICカードといえば「Suica」。

改札口のパネルにタッチするだけで自動的に精算され、鉄道やバスに簡単に乗車できます。

Suicaは電子マネーとしても使え、主要のコンビニ3社どこでも使えるのも心強いポイントです。

全国には数多くの交通系ICカードが存在しますが、その中で普及率が最も高いのがこのSuicaです。

なぜならSuicaは北は北海道、南は九州まで「全国相互利用」が可能だからなのです。

東京を中心に大活躍するSuicaですが、ライバル都市(?)である関西圏ではどれだけ使えるのでしょう?

今回は関西エリアからみた「Suica」についてご紹介したいと思います。

Suicaは関西でもバスやJRや地下鉄で使えます!大阪や神戸に遊びに行ったり出張に行くときもそのままSuica使えるから便利!

 

「Suica」は、JR東日本が提供する交通系ICカードです。

このように書かれているとSuicaはあたかも「東日本限定のICカード」のようですが、Suicaは北海道から九州までの広~いエリアで利用できます。

各エリアを交通系ICカードで表すなら、

  • Kitaca(JR北海道)
  • icsca(仙台市交通局)
  • odeca(JR東日本BRT専用)
  • PASMO(首都圏の大手鉄道・交通事業者)
  • TOICA(JR東海)
  • manaca(名古屋市交通局)
  • ICOCA(JR西日本)
  • PiTaPa(関西私鉄)
  • nimoca(西日本鉄道)
  • SUGOCA(JR九州)
  • はやかけん(福岡市交通局)

現在上記のカードの対応エリアでSuicaも一緒に利用できます。

また、Suicaを他エリアで使うために特別な手続きは必要なく、事前チャージさえしておけば関西エリア(ICOCAエリア・PiTaPaエリア)でもSuicaで乗車できます。

しかし…オートチャージに対応していないので不便

Suicaにはオートチャージ機能があります(種類によっては使えないものもあります)。

関西のオートチャージ可能のICカードといえば「PiTaPa」です。クレジットカードと連携させることで、PiTaPaエリア内なら事前チャージ不要・完全後払いで交通機関の利用が可能です。

その他多くの交通系ICカードは、チャージ機や精算機などで行う「事前チャージ」が必要で、利用する前に現金などをチャージしておくことで初めて「キャッシュレス」となります。

この考え方は、Suicaも関西のPiTaPaとまったく同じです。

しかし、SuicaとPiTaPaのオートチャージは、互換性がありません。

同じオートチャージ機能を持つICカードであっても、お互いに「エリア外」なので改札口にタッチしてもチャージされることはありません。

Suicaのオートチャージが利用できるのはSuicaエリア・PASMOエリアです。関西のPiTaPaエリアで使う場合は、事前チャージをする必要があります。

「関西でもオートチャージ使えるで!」という地元民の言葉をそのまま受け取ってはいけません。関西でオートチャージが使えるのは「PiTaPa」だけなのです。

関西でもSuicaカードって購入できる?

SuicaはJR東日本が販売するICカードです。そのためアナウンスされている主な購入先は、

  • JR東日本の多機能券売機
  • JR東日本のみどりの窓口

となっています。

JR西日本エリアに住んでいる人は、Suicaを買うことができないのか?というと次のような「別ルート」で購入できます。

エリア外の人がSuicaを手に入れる方法

Suicaエリア外の人がどうしてもSuicaが使いたいなら、現在は

  • Suicaエリアに買いに行く
  • Suicaエリアに住んでいる人に買ってきてもらう
  • オークションやフリーマーケットで購入する

このような方法を使って、だれでも使える(買える)無記名のSuicaを手に入れるしかありません。(無記名のSuicaだと機能が限られてしまい、オートチャージはあきらめざるをえません。)

「奥の手」としては、「Suica機能つきのクレジットカード」をインターネットで申し込むという手があります。

Suica機能つきクレジットカードはさまざまな企業から発行されています。その中でも人気なのはこの4つのカードです。

カード名 ポイント還元率 主な特長
ビュー・Suicaカード(JR東日本発行) 0.50%~1.84% 貯まったポイントがSuicaに交換できる
ビッグカメラ・Suicaカード 0.50%~15.00% ビッグカメラの購入金額10%ポイント付与
イオンSuicaカード 0.50%~15.00% 年会費無料・イオン特典がすべて受けられる
JALカードSuica 0.50%~1.00% JREポイントとJALマイルが貯まる

Suica機能つきクレジットカードの強みは、「ポイントが3重取り」できるところです。

クレジットカードでのオートチャージ分がポイントに、チャージしたSuicaを使ってもポイントとなり、さらにショッピングのSuica支払いもポイントに。JR東日本が発行するビュー・SuicaカードとイオンSuicaなら、貯まったポイントをSuicaに交換できます。

現金でチャージするより何倍もお得になるSuica機能つきクレジットカードはインターネットからの申し込みが可能です。窓口に足を運ぶ必要もなく、ネット申込みによる各種キャンペーンポイントがもらえてさらにお得です。

関西でオートチャージを使いたいならICOCAもしくはPiTaPaがおすすめ

改札口で自動チャージできる「オートチャージ機能」は、関西圏ではPiTaPaだけが利用できます。

残念ながら、西日本のICカード「ICOCA」にはオートチャージ機能はありません。(ICOCAには「クイックチャージ」という機能がありますが、クイックチャージ機を使うのでオートチャージとはまた別です。)

Suicaでオートチャージ生活に慣れてしまっている人にとっては、同じJRグループが発行するICOCAでオートチャージできないのは少々驚きの事実かもしれませんね。

関西圏でオートチャージ機能を使う場合は、PiTaPaで阪急電鉄など「JR西日本以外の路線」を利用し、チャージ分をJR路線で消費するのがオートチャージの一連の流れです。

つまり、私鉄とJRどちらも利用しなければ「PiTaPaのオートチャージのメリット」を活かすことができないのです。

しかし、それは2018年夏までのお話です。

2018年秋以降、PiTaPaの後払い式がICOCAエリア(近畿内)でも利用可能になり、JRの乗車分も完全後払いの対象になります。つまり、PiTaPa1枚持っていれば、関西のほぼ全域をキャッシュレスで移動することができるのです。

関西への出張が多い人・関西によく遊びに来る人には、「関西専用のPiTaPa」がおすすめです。

 

関西出張の注意点!PiTaPa払い可能な場合でもSuicaは使えません

Suicaの利点は、電車の乗車だけでなく電子マネーとして買い物や食事の支払いに使えるところです。

ローソンやファミリーマート、セブンイレブンなどの主要コンビニエンスストアで使えるほか、スーパーや家電量販店や飲食店でも電子マネーとして利用できます。

また、駅ナカ・街ナカで「Suicaマーク」がある店舗や、駅構内の自販機やロッカーでも使えるのも便利ですよね。

Suicaが使えない場所なんて存在しないのでは?と言いたくなるほど無敵なICカードSuicaですが、関西では一部利用できない場所があります。

それが「PiTaPaショッピングエリア」です。このマークがあるレジがその目印です。

 

PiTaPaショッピング加盟店ではPiTaPa以外のICカードで支払うことができません。

なぜならPiTaPaショッピングは、全国相互利用サービスの「対象外」だからです。

この点だけは、PiTaPaのどうにもならない最大級のデメリットといえるでしょう。

ちなみにICOCAが利用可能なところでは、相互利用サービスの対象のためSuicaによる支払いは可能です。

なにより関西ではPiTaPaよりもICOCAユーザーが圧倒的に多いため、Suicaの電子マネーとしての機能は関西でも十分に生かせるといえるでしょう。

エリアをまたぐときはSuicaが使えません

交通系ICカードの中で万能なSuicaでも、「エリアまたぎができない」という弱点があります。

「エリアまたぎ」とは、Suicaエリアから乗車し、他のICカードエリアで降車することをいいます。

Suicaの「エリアまたぎ」の問題は、「Suicaで乗ってSuicaで下車できない」という点にあります。

実際今でも改善されていない「エリアまたぎ」の具体例を挙げてみましょう。

たとえばJR東海道線「熱海駅」と「函南駅」は同じ路線で隣り合った駅です。乗車時間は約7分という、まさにお隣さん同士なんですね。

しかし、熱海駅はSuicaエリアで、函南駅はTOICAエリアに該当し、双方が行き来するには「エリアをまたぐ」ことになります。

そのため、「熱海駅」と「函南駅」には

「TOICAは函南駅を越えて熱海・東京方面へは行けません。事前にきっぷを購入して下さい」

「Suicaはエリア内完結の場合のみご乗車になれます。」

などという置き看板やノボリなどがあちこちに置かれています。

これを知らずに乗った人は、改札窓口で現金精算をしなければ外にでることができません。休日にはこの精算をする人で改札口は長蛇の列!

「熱海駅」と「函南駅」を利用する際は、きっぷを買って乗車することを頭に入れておいてください!

最後に

関西では圧倒的にICOCAの普及率が高いです。

それに対しPiTaPaの普及率はICOCAの4分の1程度だといわれています。クレジットカード付帯のため、審査を要するのがユーザー数の伸び悩みの原因となっているようです。

全国で使えるSuicaとの互換性でいうなら、電子マネーが全国相互利用対象となるICOCAがだんぜん有利です。

しかし、Suicaを使わず関西エリア単独で使うというなら2018年秋以降完全後払いになるPiTaPaの方が便利です。

これから先も交通系ICカードはどんどん便利になっていくことでしょう。

これからもその進化に注目が集りそうです。