Suicaを利用している方は経験したことがあると思いますが、「確かにSuicaは便利だけどチャージするのがメンドクサイ!」ということを一度は感じたことがあるでしょう。

普通にチャージしてたら現金が必要だし、現金をATMから引出していたらその分手数料が発生します。

年間にしたら馬鹿にならない金額が手数料だけで取られていることもありますし、だからといって財布の中の現金をチャージしたら次は普通のお買物に支障が出て結局ATMに手数料を取られるという負のループに入ってしまいます。

そんな時に利用したいのがSuicaのオートチャージ機能で、指定した金額になったら自動的にチャージされる一昔では考えられないサービスです。

しかもネタバレをするとオートチャージをすれば1,000円ごとに15円相当のポイントがバックされるので、ムダな手数料が掛かるどころかお得になります。

この記事ではSuicaオートチャージに関して、「これだけ読めば良い」というくらいに詳しくまとめました。

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

見出し一覧

1.Suicaのオートチャージ設定方法について

Suicaのオートチャージ機能を利用するには

  • ①Suica付きのビューカード(クレジットカード)を利用する
  • ②Suicaとクレジットカードを紐付けする
  • ③モバイルSuicaを利用する

という3種類の方法があります。

①はクレジットカードとSuicaが一体型になったものを、②は普通のSuicaカードを、③はスマホやケータイを利用する方法なので、それぞれ自分が利用しやすい媒体を利用しましょう。

1-1.Suica付きビューカードにオートチャージ設定する方法

まずはSuica付きのビューカードを利用したオートチャージの設定方法です。

ビューカードとはJR東日本が発行しているクレジットカードで、下記のようなマークが付帯したクレジットカードです。

ビューカードを細かく見て行けば色んな種類のカードが発行されていますが、ビューカードの中でもSuicaのマークがついたものしかSuicaチャージ設定をすることはできません。

つまり、オートチャージを利用する最低条件としては『ビューカードの中でSuicaが利用できるものが必要』ということになります。

「もうややこしい!結局どのカードがSuicaのオートチャージができるの!?」というと、下記の11種類のビューカード限定でSuicaのオートチャージができます。

Suicaオートチャージが可能なビューカード一覧
カード名 年会費(税込) 一般加盟店 Suicaチャージ
オートチャージ
その他の特典
「ビュー・スイカ」カード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% ビューサンクスボーナス
ビューゴールドプラスカード 10,800円 還元率0.5% 還元率1.5% 新幹線グリーン車無料、東京駅ラウンジ等至高の特典
ルミネカード 1,000円 還元率0.5% 還元率1.5% ルミネでお得(常に5%OFF/年数回10%OFF)
ビックカメラSuicaカード 年1度利用で無料 還元率1.0% 還元率1.5% 一般加盟店で還元率1%、ビックポイント機能
大人の休日倶楽部ジパングカード 4,285円(夫婦会員7,320円) 還元率0.5% 還元率1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
大人の休日倶楽部ミドルカードとは 2,575円 還元率0.5% 還元率1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
JALカードSuica 2,160円 還元率0.5% 還元率1.5% Suicaチャージでマイル付与率1%
アトレビューSuicaカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% アトレでお得(3.5%-4.5%還元)

ジェクサービュー・
スイカカード

無料 還元率0.5% 還元率1.5% ジェクサー会員限定だが、年会費無料
weビュー・スイカカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% 「エクセル」「エクセルみなみ」でお得
エスパルカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% エスパル仙台でお得

※2018年7月にはJRE CARDというカードも追加される予定です。

 

これらのカードは全てクレジットカードとSuicaが合体しているので、クレジットカード払いのオートチャージ設定が可能なのです。

じゃあどうやって設定するのか?というと

  • インターネットで申し込む方法
  • 郵送で申し込む方法
  • VIEW ALTTEで申し込む方法

の3種類があります。

それぞれを詳しくご紹介していきます。

1-1-1.インターネットで申し込む方法

インターネットでの申し込みといっても、カード入会時に申し込む方法です。

結論から先に言うと、カード発行する時にオートチャージも一緒に申込むことでオートチャージが利用できるようになります。

先にご紹介したオートチャージ設定ができるクレジットカードを発行する際に「オートチャージを利用します。」という選択をすることで、オートチャージ設定が完了したクレジットカードが届きます。

ビューカードを発行する際には公式サイトの申し込みフォームから申し込むことになるのですが、まずは本人情報を入力します。

その後に勤め先や年収などの職業情報を入力して、次のステップに進みます。

すると下記の画面が表示されるので、「オートチャージサービス申込選択」で「申込む」とクリックします。

ここで「申込む」にしてカードを発行すると、初期設定としてチャージ残高が1,000円以下になると自動的に3,000円がチャージされるように設定されたカードが手元に届きます。

上記の方法でオートチャージを申込むことができるのですが、ここで疑問として

  • 「じゃあ初期設定の金額から変更することはできないの?」
  • 「カード申込時にオートチャージ設定を申込まなかったらもうオートチャージは利用できないの?」

というものが頭に浮かぶと思います。

もちろんカード申込時にオートチャージを申込まなかったとしても設定することはできるのですが、クレジットカードのオートチャージ設定はネット上から申込む方法は申込時だけです。

もし設定の変更やカード発行後に申込みたい場合はVIEW ALTTEという機械を利用することになるので、それは1-1-3(次の次の項目)でご紹介しますね。

1-1-2.郵送で申し込む方法

次に郵送で申込む方法ですが、郵送で申込む方法もインターネットで申込む時と同じくカード発行時に一緒にオートチャージを申込むという手順になります。

入会申込書記入時に「1.利用する」に○印をつけるだけで、チャージ残高が1,000円以下になると自動的に3,000円がチャージされるように設定されたカードが手元に届きます。

入会申込書もほとんどの方がネットから取り寄せると思うので、結局はインターネットから入会した方が早いケースがほとんどですが、もし入会申込書から申込む場合は上記の方法でオートチャージを設定しましょう。

1-1-3.VIEW ALTTEで申し込む方法

次の方法は既にオートチャージが可能なビューカードを持っている方がオートチャージを設定する方法です。

その方法とは、駅にある「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」という機械を利用して設定する方法です。

コンビニにあるATMのような機械ですね。これがSuicaのオートチャージが可能なエリアのJRに設置されているので、この機会を利用してチャージ設定を行ないます。

VIEW ALTTEで申込みする方法

オートチャージのお申込み・設定方法

step1.画面からビューカードサービスのSuicaを選択する

step2.「オートチャージ設定」を選択する

step3.「ビューカードにオートチャージ」を選択する

step4.オートチャージしたいSuica付きビューカードを挿入する

step5.ビューカードの暗証番号を入力する

step6.「お申し込み」をタッチする

step7.規約を確認して「同意する」を選択する

step8.内容を確認して「確認」をタッチする

step9.ビューカードとご利用明細票を受け取り完了

ちなみに、先にご紹介したようにビューカードにオートチャージを設定する方法は

  • インターネットでカード申込時に設定する方法
  • 書類でカード申込時に設定する方法
  • カード発行後にVIEW ALTTEで設定する方法

の3種類がありますが、設定された金額を変更する方法はVIEW ALTTE限定です。

なのでここで設定金額を変更する方法も一緒にご紹介しておきます。

VIEW ALTTEで設定変更する方法

オートチャージの設定金額変更

step1.画面からビューカードサービスのSuicaを選択する

step2.「オートチャージ設定」を選択する

step3.「ビューカードにオートチャージ」を選択する

step4.オートチャージしたいSuica付きビューカードを挿入する

step5.ビューカードの暗証番号を入力する

step6.「ご利用金額変更」を選択する

step7.任意の金額に設定して「変更」を選択する

step8.ビューカードとご利用明細票を受け取り完了

オートチャージの設定はカードの公式サイトでできそうに感じてしまうかもしれませんが、VIEW ALTTEという駅に設置されている機械で行なうことになるので、上記の方法を覚えておきましょう。

1-2.Suicaにオートチャージ設定する方法

1-1ではクレジットカードであるビューカードにオートチャージを設定する方法をご紹介しましたが、次はプリペイド機能のみの普通のSuicaカードにオートチャージ設定をする方法です。

「え?クレジットカード機能もついてないのに、どうやってSuicaにオートチャージするの??」という疑問を持つ方もいるかもしれませんが、その通りで、Suicaのみではオートチャージを行なうことはできません。

Suicaのみにオートチャージする場合でも、クレジットカードが必要になります。しかもビューカード限定です。

結論から行ってしまうと、Suicaとビューカードを持ってVIEW ALTTEに行き、Suicaとクレジットカードをリンクさせることでオートチャージを可能にするのです。

個人的にはビューカードを持っているならビューカードに付帯しているSuicaを利用した方がカード1枚で完結するのでオススメですが、「今使ってるSuicaにオートチャージ設定をしたい!」という方は下記の方法で設定してください。

Suicaにオートチャージ設定する方法

Suicaにオートチャージ設定する方法

step1.「オートチャージ設定」を選択する

step2.「Suicaのリンク」を選択する

step3.「リンク設定/変更」を選択する

step4.ビューカードとリンクさせるSuicaを挿入する

step5.Suicaとリンクさせるビューカードを挿入する

step6.ビューカードの暗証番号を入力する

step7.内容を確認して「確認」をタッチする

step8.規約を確認して「同意する」を選択する

step9.「オートチャージ設定をする」を選択する

step10.「お申し込み」ボタンをタッチする

step11.規約を確認して「同意する」を選択する

step12.設定内容を確認して「確認」をタッチする

step13.ビューカードを受け取る

step14.Suicaと利用明細票を受け取り完了

Suicaにオートチャージする場合はVIEW ALTTEを利用することが必要不可欠になります。

もちろん一度設定したオートチャージの設定は後から設定解除することもできます。解除の方法は『6.Suicaのオートチャージの解除方法を知っておこう』でご紹介するので、必要な方は参考にしてください。

1-3.モバイルSuicaにオートチャージ設定する方法

モバイルSuicaとはAndroidやiPhoneなどのスマホやフィーチャーフォンで利用できるアプリケーションです。

一言でいうと「おサイフケータイ」ですね。

海外ではもう当たり前になっていますが、日本でも利用している方が急増しているサービスでスマホをピッとタッチするだけでSuicaを利用することができるサービスです。

モバイルSuicaではコンビニなどで現金チャージを行なうこともできますが、アプリケーション上にクレジットカードを登録することでアプリ上でチャージすることができるようになります。

つまりアプリとクレジットカードを紐づけておけば「あ、残高少ないからチャージしよう」という感じで、自宅でもチャージができます。

モバイルSuicaに登録するクレジットカードはビューカードではなくても良いのですが、もしオートチャージを利用するのであれば登録するクレジットカードはビューカードでなければ利用することはできません。

つまり、ここまでのオートチャージの方法を総合すると

  • クレジットカード
  • Suicaカード
  • モバイルSuica

という3つのSuicaではオートチャージするために絶対にビューカードが必要になるということですね。

ただ異なる点としては、クレジットカードやSuicaカードはVIEW ALTTEでの設定が必要でしたがモバイルSuicaのオートチャージ設定はアプリケーション上で行なうことができます。

モバイルSuicaにオートチャージ設定する方法

オートチャージ設定の操作手順

step1.「SF電子マネー」を選択する

※スマートフォンのイメージです。フィーチャーフォンもトップページの同じメニューから進めてください。

step2.「5.オートチャージ設定」を選択する

step3.「1.オートチャージ申込/変更」を選択する

step4.自動的にチャージされる金額を設定する

※金額は、1,000円単位で10,000円まで設定できます。

step5.設定を確認し、「申込/変更する」を選択する

step6.オートチャージの設定が完了

もちろん設定変更もVIEW ALTTEに行く必要もなくアプリケーション上で行なうことができます。

モバイルSuicaでオートチャージの設定変更をする方法

オートチャージ設定変更の操作手順

step1.「SF電子マネー」を選択する

※スマートフォンのイメージです。フィーチャーフォンもトップページの同じメニューから進めてください。

step2.「5.オートチャージ設定」を選択する

step3.「1.オートチャージ申込/変更」を選択する

step4.変更後に自動的にチャージされる金額を設定する

※金額は、1,000円単位で10,000円まで設定できます。

step5.設定を確認し、「申込/変更する」を選択する

step6.オートチャージの設定が完了

上記のようにアプリ上で行なえるので、VIEW ALTTEに行く必要がないことを考えると、一番効率的なのはアプリでSuicaを利用して、オートチャージを設定する方法と言えるでしょう。

もちろんオートチャージを解除する方法もアプリケーション上で行なうことができます。その方法はまた後ほどご紹介します。

1-4.オートチャージの設定方法まとめ

ここまでの情報を表にしてまとめると下記のようになります。

種類 オートチャージに
必要なもの
申込方法 設定変更方法 解除方法
クレジットカード
(Suica付きビューカード)
なし ・ネットでの入会時
・申込書での入会時
・VIEW ALTTE
VIEW ALTTE VIEW ALTTE
Suicaカード Suica付きビューカード VIEW ALTTE VIEW ALTTE VIEW ALTTE
モバイルSuica Suica付きビューカード
スマホなど
アプリ アプリ アプリ

やっぱりアプリ上で全てが完結するモバイルSuicaが便利ですね。

オートチャージをするには対応しているSuica付きのビューカードが必要なので、必ずビューカードをゲットする必要があります。

つまり、あとはアプリがダウンロードできる媒体を持っていればモバイルSuicaが利用できるのでほとんどの方にとって都合が良いのはモバイルSuicaでしょう。

2.Suicaのオートチャージを設定するメリット

そもそもSuicaのオートチャージは何のメリットがあるのか?という疑問のあると思います。

いちいち設定しなきゃいけないし、場合によってはVIEW ALTTEにまで行って設定する必要があります。

正直メンドクサイですよね。そこまでしてメリットがあるのか?というと、確実にメリットをがあります。

そういうメリットがあるのかというのは下記の通りです。

2-1.現金を引出す手数料が節約できる!

Suicaをチャージする場合、現金で行なうことがほとんどだと思います。

モバイルSuicaを利用している方はアプリ上で行なうと思いますが、ビューカードを利用している方でも現金でチャージしている方が多くいます。

もちろん「使いすぎないように」という考えもあるのかもしれませんが、実際には「あ!残高が少ない!現金でチャージしよう!」と思ってた時に「あれ、現金が無いからATMで降ろさなきゃ」という作業が入っていることが多いでしょう。

実はこの現金を引出す時に手数料で馬鹿にならない手数料が年間で掛かっていることがあります。

例えば月に3回ATMを利用するとします。

仕事終わりの21時以降などに降ろせば一回につき216円程度かかるので、216円×3回と仮定して月に648円の出費。

年間に換算すると648円×12ヶ月=7,776円です。正直もったいな過ぎます。

なぜならオートチャージができるビューカードの年会費を見てみてください。

Suicaオートチャージが可能なビューカード一覧
カード名 年会費(税込) 一般加盟店 Suicaチャージ
オートチャージ
その他の特典
「ビュー・スイカ」カード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% ビューサンクスボーナス
ビューゴールドプラスカード 10,800円 還元率0.5% 還元率1.5% 新幹線グリーン車無料、東京駅ラウンジ等至高の特典
ルミネカード 1,000円 還元率0.5% 還元率1.5% ルミネでお得(常に5%OFF/年数回10%OFF)
ビックカメラSuicaカード 年1度利用で無料 還元率1.0% 還元率1.5% 一般加盟店で還元率1%、ビックポイント機能
大人の休日倶楽部ジパングカード 4,285円(夫婦会員7,320円) 還元率0.5% 還元率1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
大人の休日倶楽部ミドルカードとは 2,575円 還元率0.5% 還元率1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
JALカードSuica 2,160円 還元率0.5% 還元率1.5% Suicaチャージでマイル付与率1%
アトレビューSuicaカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% アトレでお得(3.5%-4.5%還元)

ジェクサービュー・
スイカカード

無料 還元率0.5% 還元率1.5% ジェクサー会員限定だが、年会費無料
weビュー・スイカカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% 「エクセル」「エクセルみなみ」でお得
エスパルカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% エスパル仙台でお得

ほとんどが515円で、高いものは10,800円ですがゴールドカードのサービス(ラウンジ無料利用サービス)などが利用できます。

どっちがお得か?といったら絶対にビューカードを発行してオートチャージを設定した方がお得ですよね。

年間3回以上チャージするのであれば515円のビューカードを発行した方がコストパフォーマンスは絶対に良いのです。

年会費515円は月額費にすると43円なので、いちいちATMに行って現金を降ろす手間や機械に行ってチャージする手間を考えると43円くらい安いものでしょう。

2-2.残高を気にする必要が無くなる!

通勤などでSuicaを利用している方なら一度は経験があると思いますが、残高が足りずに改札に引っ掛かってしまい恥ずかしい思いをしたことがあるのではないでしょうか。

一度経験すると、改札を通るたびに「あれ…Suicaの残高大丈夫だっけ…?」という不安が襲ってきます。

オートチャージをすると自動改札から入場した時にチャージされるので、自分が設定している金額以下になることはありません。

日常的に利用するものだからこそ「当たり前」になってしまってしまいチャージを忘れてしまいますが、オートチャージにしていれば考えることが一つ減るというメリットがあります。

追記:
2018年3月17日より、自動改札入場時に加え、自動改札出場時にもオートチャージがされるようになりました!

2-3.チャージする手間が省ける!

Suicaを利用している方の通常のチャージ方法はVIEW ALTTEか、券売機か、乗り越し精算機になります。

田舎の方であれば混雑していないので良いですが、東京などの都会になると切符を購入する人の列でチャージするのにも時間が掛かってしまいます。

通勤ラッシュや帰宅ラッシュ時になるともう地獄で、「急がなきゃいけない!」「疲れたから早く帰りたい!」という時でもいちいち列に並んでチャージしなければいけません。

一回のチャージに掛かる時間を5分として計算しても、回数が重なれば重なるほど”人生のムダな時間”は増えていきます。

イメージで例えるなら、自動洗濯機があるのに手洗いで洗濯をしているようなものです。

もちろん好きでやっているのであれば良いですが「この時間ムダなあ…」と感じるのであればオートチャージという方法があるので絶対に利用するべきです。

2-4.クレジットカードを利用すればポイントが貯まってお得!

オートチャージを利用するには必ず対応したSuica付きのビューカードが必要とご紹介しましたが、ビューカードでチャージすると還元率1.5%でポイントが貯まっていきます。通常の3倍のポイントで、1,000円ごとに6ポイント(15円相当)のビューポイントが貯まります。

つまり、現金でチャージするのは完全に損!

もちろんビューカードで通常チャージしても3倍のポイントは貰えますが、コンビニなどで店舗でチャージする場合はクレジットカードが利用できません。

なので始めからオートチャージを設定していればもれなく3倍のポイントをゲットすることができます。

ちなみにポイント3倍になるのは通常チャージやオートチャージだけではなく、クレジットカードを利用して特急券などを購入する場合にも3倍になるので、旅行のときなどにも活用することができます。

Suica付きビューカードのポイント3倍対象商品
  • 乗車券
  • 特急券
  • 回数券
  • 特別企画乗車券
  • 携帯電話等による「えきねっと」からのライナー券予約
  • 定期券
  • Suica定期券
  • Suicaカード
  • ビューカードによるSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション(チャージ、オートチャージ、モバイルSuica特急券、モバイルSuica定期券、モバイルSuicaグリーン券)
  • JR東日本国内ツアー など

つまり

  • 現金を降ろす手間・手数料も掛からない
  • 残高を気にする必要もない
  • チャージする手間もかからない
  • 3倍のポイントが貰える

というメリットがあるので絶対に年会費515円のビューカードでも良いので発行してオートチャージを利用した方が、時間的にも精神的にも金銭的にもお得です。

3.SuicaのオートチャージってJRや地下鉄やバス、コンビニ利用などでもオートチャージされる?

ここまでは

  • オートチャージの設定方法
  • オートチャージのメリット

をご紹介してきましたが、次は「どこでオートチャージされるの?」という疑問についてお答えします。

実はオートチャージを設定したからといってどこで使ってもオートチャージされるわけではありません。

ここは意外と知らない人が多いので要注意です。

3-1.オートチャージは駅の自動改札利用時のみ!

Suicaオートチャージ機能を設定したSuicaがオートチャージされるのは自動改札利用時のみです!

しかも、自動改札から入場した時のみで、自動改札から出る時はオートチャージされません。

つまり『自動改札から入場する時のSuica残高』が重要になってきて、自動改札入場時の残高がチャージ開始設定をした金額以下であればチャージされます。

こう聞くと「入場時にチャージされるなら出る時は安心だね!」と思うかもしれませんが、実際には入場時にチャージしても改札で引っ掛かるパターンはあります。

それは

  • 改札入場後に売店などでSuicaを利用した場合
  • チャージ設定した金額以上の場所に行く場合

などです。

つまりオートチャージ金額は多めに設定しておいた方が良いということですね。

また、街中のコンビニやバスなどでもオートチャージはされないので、コンビニでオートチャージ設定以下の金額になってもオートチャージは行なわれません。

あくまでも『オートチャージされるのは自動改札入場時!』ということをよく覚えておきましょう。

3-1.【追記】2018年3月17日より自動改札出場時でもオートチャージが可能に!

「オートチャージは自動改札入場時に行なわれる!」とご紹介しましたが、JR東日本の公式発表で2018年3月17日から自動改札出場時でもオートチャージが行なわれるようになったことが発表されました!!

これで駅構内でお買物をして出場時に残高が足りなくても安心してSuicaを利用することができます!

出場時にオートチャージされる設定などはなく、現在オートチャージを利用している方は全員対象になるので単純により便利になっています。

3-2.オートチャージが利用できるエリアに注意!

SuicaはJR東日本が提供するサービスですが、交通系の電子マネーが利用できる場所ならほとんどで利用することができます。

例えば全く東日本ではない九州地方でも電車やコンビニでSuicaを利用することは可能です。

先ほど『オートチャージされるのは自動改札入場時!』とご紹介しましたが、オートチャージがされる自動改札は下記のエリア内のみです。

※追記:2018年3月17日より自動改札出場時でもオートチャージが可能になりました!

オートチャージが可能なエリア

Suicaのオートチャージが可能なのは首都圏、仙台・新潟エリアのSuicaエリアと、首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリアです。

つまり、自動改札入場時にオートチャージ設定以下の金額になっていても、九州などのエリア外だとオートチャージがされないということです。

言い換えれば、オートチャージが利用できるのは上記のエリア内で電車を利用する方限定でベネフィットがある方法なので、エリア内でSuicaを利用しているのであれば絶対に利用した方がお得です。

4.Suicaのオートチャージはどのタイミングでされるのか?

次はオートチャージが発生するタイミングについてです。

ちょっと内容が被ってしまうかもしれませんが、「どのくらいの金額になったらチャージされるの?」という”金額”としてのタイミングと、「どこでオートチャージされるの?」という”場所”としてのタイミングの2つをご紹介します。

4-1.オートチャージの”金額”のタイミングは指定可能

まず「Suicaの金額がいくらになったらチャージされるの?」という疑問についてですが、オートチャージは

  • ①何円以下になったら
  • ②何円チャージする

という2つの設定をすることができます。

①も②も選べる金額は

  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 4,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

6種類です。

例えば、『①1,000円以下になったら、②3,000円チャージする。』という設定にしていれば、Suica残高が900円などであれば3,000円チャージされるので、結果的に常時Suicaには1,000円〜3,999円が入っているということになります。

もし「自分は遠出するから常に3,000円くらいはSuica残高があって欲しい!」という方は①の設定を3,000円にしておけばOKです。

4-2.オートチャージが発生するタイミングは駅の自動改札入場時

これは前述した内容ですが、チャージが行なわれる”場所”としてのタイミングは下記の通りです。

【オートチャージが行なわれる”場所”のタイミング】

  • 自動改札の入場時(※2018年3月17日より出場時も可能になりました)
  • Suicaのオートチャージが可能なのは首都圏、仙台・新潟エリアのSuicaエリアと、首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリア

なので例えばオートチャージの”金額”のタイミングを『1,000円以下になったら3,000円チャージ』にしてコンビニなどで残高が1,000円以下になっても3,000円がチャージされるわけではありません。

あくまでも駅の自動改札を通過したとき、それも入場時のみオートチャージが可能です。

おそらくオートチャージの仕組み上、JR東日本が運営している機械にしか導入できないのでしょう。

4-2.【追記】2018年3月17日から自動改札出場時もオートチャージがされる!

繰り返しになりますが、「オートチャージは自動改札入場時に行なわれる!」とご紹介しましたが、JR東日本の公式発表で2018年3月17日から自動改札出場時でもオートチャージが行なわれるようになったことが発表されました!!

これで駅構内でお買物をして出場時に残高が足りなくても安心してSuicaを利用することができます!

出場時にオートチャージされる設定などはなく、現在オートチャージを利用している方は全員対象になるので単純により便利になっています。

4-3.駅構内での買物には注意!自動改札から出るときはオートチャージされない

これも繰り返しになりますが、オートチャージを設定しているからといって残高を考えなくて良いというわけではありません。

もちろんオートチャージを利用していない人よりは考えなくていいですが、駅構内での買物には注意しましょう。

駅構内の自動販売機や売店、お土産などはSuicaが利用できることがほとんどなので決済でSuicaを使ってしまいがちですが、オートチャージは自動改札を出る時にはされないので、自動改札を出る時に残高が運賃を下回っていると改札で引っ掛かってしまいます。

もし不安なのであればオートチャージ設定を最高額の「10,000円以下になったら10,000円チャージ」にしていれば常時10,000円〜20,000円が残高としてSuicaの中に入っていることになるので安心して駅構内でもお買物ができます。

※追記:2018年3月17日より出場時でもオートチャージがされるようになりました。上記で紹介したような注意点は不要です!

5.Suicaのオートチャージは口座から引き落とし?クレジットカードのみ?

次にSuicaのオートチャージで支払われるお金の引落し方法についてです。

銀行口座に設定できるのか?それともクレジットカード決済のみなのか?という疑問について解説します。

5-1.オートチャージにはクレジットカードが必要!

結論からいうと、オートチャージには必ず指定のビューカードのクレジットカードが必要になります。

通常のチャージであれば他のクレジットカードや現金チャージ、口座引落しでも可能ですが、「オートチャージを利用したい!」という方は絶対にビューカードを発行する必要があります。

しかもビューカードの中でもSuicaのオートチャージに対応したクレジットカードが必要です。

Suicaオートチャージが可能なビューカード一覧
カード名 年会費(税込) 一般加盟店 Suicaチャージ
オートチャージ
その他の特典
「ビュー・スイカ」カード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% ビューサンクスボーナス
ビューゴールドプラスカード 10,800円 還元率0.5% 還元率1.5% 新幹線グリーン車無料、東京駅ラウンジ等至高の特典
ルミネカード 1,000円 還元率0.5% 還元率1.5% ルミネでお得(常に5%OFF/年数回10%OFF)
ビックカメラSuicaカード 年1度利用で無料 還元率1.0% 還元率1.5% 一般加盟店で還元率1%、ビックポイント機能
大人の休日倶楽部ジパングカード 4,285円(夫婦会員7,320円) 還元率0.5% 還元率1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
大人の休日倶楽部ミドルカードとは 2,575円 還元率0.5% 還元率1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
JALカードSuica 2,160円 還元率0.5% 還元率1.5% Suicaチャージでマイル付与率1%
アトレビューSuicaカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% アトレでお得(3.5%-4.5%還元)

ジェクサービュー・
スイカカード

無料 還元率0.5% 還元率1.5% ジェクサー会員限定だが、年会費無料
weビュー・スイカカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% 「エクセル」「エクセルみなみ」でお得
エスパルカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% エスパル仙台でお得

コストを抑えたいのであれば、年1度利用で年会費が無料になる「ビックカメラSuicaカード」がオススメです。

オートチャージでビューポイントという1ポイント2.5円で利用できるポイントが還元率1.5%(1,000円ごとに6ポイント(15円相当))で貯まっていくのに加え、ビックカメラで利用すると還元率はなんと10%(1,000円で100ポイント)が貰える脅威のカードです。

しかもビックカメラでSuicaを使用してもビックカメラのポイントが10%で貰えるので、

  • オートチャージでSuicaにチャージ
    =還元率1.5%
  • Suicaを使ってビックカメラで買物
    =還元率10%

合計還元率11.5%(1,000円でビューサンクスポイント6、ビックカメラポイント100の合計106ポイント(115円相当))でカードを利用することができます。

【ビックカメラSuicaカード】

ビックカメラで買い物+Suica利用するならこのカードは必須!!Suicaチャージでポイント貯まる唯一のカードです!!

年会費
初年度無料
2年目
477円+税
1度の利用で
年会費無料
VISA JCB Suicaオートチャージでポイント貯まる ビッグポイント
ビューサンクスポイント
2種類貯まる
還元率1% 最大11.5%還元 モバイルSuica
年会費無料
今だけ!!期間限定の入会キャンペーン実施中!!

ビックカメラで驚異の還元率11.5%!! 最大4000円相当のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

5-2.Suicaをクレジットカードと紐付けしてオートチャージすることも可能!

クレジットカードが必要とご紹介しましたが、じゃあSuica付帯のビューカード(クレジットカード)でしかオートチャージができないのか?といと、そういうわけではなく、最初にご紹介したように普通のSuicaでもオートチャージを設定することができます。

ここで注意が必要なのは、Suicaカードと紐付けるクレジットカードも先にご紹介したオートチャージに対応したビューカードであることが必須ということです。

つまりどちらにしてもオートチャージ対応のビューカードは発行することになります。

6.Suicaのオートチャージの解除方法を知っておこう

ここまではオートチャージの方法やルールを徹底的にご紹介してきましたが、次は”やめる方法”です。つまり解除方法ですね。

簡潔にご紹介すると解除方法は

  • ①VIEW ALTTEで解除する方法
  • ②モバイルSuicaで解除する方法

2パターンがあります。言い換えるなら2パターンのみです。

クレジットカードとSuicaカードはVIEW ALTTEで、モバイルSuicaはモバイルSuica上で解除することができます。

6-1.VIEW ALTTEで解除する方法

まずはSuica付きビューカードのクレジットカードと、ビューカードとSuicaカードと紐づけてオートチャージを利用している人向けの解除方法です。

  • クレジットカードの場合
  • Suicaカードの場合

の2パターンに分けてご紹介します。

VIEW ALTTEでオートチャージを解除する方法(クレジットカードの場合)

【クレジットカードのオートチャージ設定解除方法】

step1.ビューカードのサービスからSuicaの部分を選択する

step2.「オートチャージ設定」を選択する

step3.「ビューカードにオートチャージ」を選択する

step4.オートチャージを停止したいSuica付きビューカードを挿入する

step5.ビューカードの暗証番号を入力する

step6.「ご利用停止」を選択する

step7.ビューカードとご利用明細票を受け取って完了

VIEW ALTTEでオートチャージを解除する方法(Suicaの場合)

【Suicaのオートチャージ設定解除方法】

step1.ビューカードのサービスからSuicaの部分を選択する

step2.「オートチャージ設定」を選択する

step3.「Suicaにオートチャージ」を選択する

step4.「既にリンク設定されている方」を選択する

step5.オートチャージを停止したいSuicaを挿入する

step6.オートチャージの支払いカードとなっているビューカードを挿入する

step7.ビューカードの暗証番号を入力する

step8.「ご利用停止」を選択する

step9.ビューカードを受け取る

step10.Suicaとご利用明細票を受け取って完了

上記の方法で簡単に解除することができます。

まとめると、クレジットカードとSuicaのオートチャージを解除する場合は駅のVIEW ALTTEにいく必要があり、クレジットカードの場合はクレジットカードのみ、Suicaの場合はSuicaと紐付けしているクレジットカードを持っていけばOKです。

6-2.モバイルSuicaのオートチャージを解除する方法

次にモバイルSuicaに設定してあるオートチャージを解除する方法についてです。

クレジットカードやSuicaの場合とは違ってVIEW ALTTEが設置されている駅に行く必要もないですし、クレジットカードやSuicaを手元に用意する必要もなくアプリ上で完結してしまいます。

VIEW ALTTEでオートチャージを解除する方法(Suicaの場合)

【モバイルSuicaの場合】

step1.「SF電子マネー」を選択する

step2.「5.オートチャージ設定」を選択する

step3.「2.オートチャージ停止」を選択する

step4.「1.停止する」を選択する

step5.オートチャージの停止が完了

場所問わずにオートチャージ設定・変更・解除ができるのでSuica付きビューカードを持っている方はアプリをダウンロードしてモバイルSuicaを利用する方が絶対に手軽です。

6-3.解除方法まとめ

解除方法の概要を表にまとめると下記の通りです。

種類 オートチャージ解除に
必要なもの
解除方法
クレジットカード
(Suica付きビューカード)
クレジットカード VIEW ALTTE
Suicaカード ・Suica付きビューカード
・Suica
VIEW ALTTE
モバイルSuica なし
※スマホやケータイ
アプリ

7.Suicaのオートチャージでポイント貯まるクレジットカードってどれ?

最後にご紹介するのはオートチャージでポイントが貯まるクレジットカードについてですが、一番大切なのは「オートチャージが設定できるビューカードを発行する」ということです。

ビューカードには色んなカードがありますが、全てのビューカードがSuicaのオートチャージが設定できるわけではありません。

オートチャージができるのはビューカードのマークとSuicaのマークがついたクレジットカード限定です。

7-1.Suicaオートチャージでポイントが貯まるクレジットカード一覧

先にも紹介しましたが、オートチャージができるクレジットカードは下記の通りで、ポイント還元率は通常ポイントの3倍です。

カード名 年会費(税込) 一般加盟店 Suicaチャージ
オートチャージ
その他の特典
「ビュー・スイカ」カード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% ビューサンクスボーナス
ビューゴールドプラスカード 10,800円 還元率0.5% 還元率1.5% 新幹線グリーン車無料、東京駅ラウンジ等至高の特典
ルミネカード 1,000円 還元率0.5% 還元率1.5% ルミネでお得(常に5%OFF/年数回10%OFF)
ビックカメラSuicaカード 年1度利用で無料 還元率1.0% 還元率1.5% 一般加盟店で還元率1%、ビックポイント機能
大人の休日倶楽部ジパングカード 4,285円(夫婦会員7,320円) 還元率0.5% 還元率1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
大人の休日倶楽部ミドルカードとは 2,575円 還元率0.5% 還元率1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
JALカードSuica 2,160円 還元率0.5% 還元率1.5% Suicaチャージでマイル付与率1%
アトレビューSuicaカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% アトレでお得(3.5%-4.5%還元)

ジェクサービュー・
スイカカード

無料 還元率0.5% 還元率1.5% ジェクサー会員限定だが、年会費無料
weビュー・スイカカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% 「エクセル」「エクセルみなみ」でお得
エスパルカード 515円 還元率0.5% 還元率1.5% エスパル仙台でお得

年会費は概ね515円なので、仮にオートチャージするためだけに515円のクレジットカードを発行するとすれば、年間いくらオートチャージすればお得になるのか?というと約34,400円です。

【計算式】

515円(年会費)÷15円(1,000円で貯まるポイント価値)×1,000=約34,333円

つまり、月になおすと約2,870円なので、結論としては月に2,870円以上Suicaで利用する方はオートチャージが設定できるビューカードを発行して利用すれば年会費515円を支払ってもポイントで得をします。

通勤通学でSuicaを利用している方であれば必携のクレジットカードですね。

ちなみに「でも定期利用してるんだけど…」という方でもOK、ポイント1.5%になるのはオートチャージだけでなく下記のものもポイント3倍になります。

Suica付きビューカードのポイント3倍対象商品
  • 乗車券
  • 特急券
  • 回数券
  • 特別企画乗車券
  • 携帯電話等による「えきねっと」からのライナー券予約
  • 定期券
  • Suica定期券
  • Suicaカード
  • ビューカードによるSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション(チャージ、オートチャージ、モバイルSuica特急券、モバイルSuica定期券、モバイルSuicaグリーン券)
  • JR東日本国内ツアー など

つまり、オートチャージを利用してもポイント3倍、不要であれば解除して定期券を購入してもポイント3倍なので、どちらにしろSuica付きクレジットカードは発行した方がお得なのです。

7-2.モバイルSuicaではSuica付きビューカード以外でもチャージは可能。しかし…

オートチャージを利用するならSuica付きビューカードは必須です。

しかし、アプリのモバイルSuicaで通常チャージのみの利用であればSuica付きビューカードでなくてもOKです。

ただし、チャージをしてもポイントがもらえません。オートチャージもできません。

Suicaと一緒に利用するのであれば間違いなくSuica付きのビューカードが一強です。

8.最後に

Suicaのオートチャージに関してこれでもかというくらい具体的にご紹介してきましたが、簡潔にまとめると下記のようになります。

Q.Suicaのオートチャージ設定方法は?

A.クレジットカード、Suica、モバイルSuicaによって方法が異なります。
※方法は記事を参考にしてください。

 

Q.Suicaのオートチャージを設定するメリット

A.チャージする際に現金を降ろす手数料やチャージの手間、残高不足による足止めなどがなくなります。またポイントもゲットできます。

 

Q.SuicaのオートチャージってJRや地下鉄やバス、コンビニ利用などでもオートチャージされる?

A.オートチャージが行なわれるのはSuicaエリアの自動改札入場時のみです。バスやコンビニでは設定金額以下になっても行なわれません。

※追記:2018年3月17日から自動改札出場時にもオートチャージがされるようになりました。

Q.Suicaのオートチャージはどのタイミングでされるのか?

A.設定で「何円以下になったら」「何円チャージされる」というのを各1,000円〜10,000円の間で設定できます。

 

Q.Suicaのオートチャージは口座から引き落とし?クレジットカードのみ?

A.オートチャージの支払はクレジットカードのみです。
※オートチャージが利用できるクレジットカードはSuica付きのビューカードのみです。

 

Q.Suicaのオートチャージの解除方法を知っておこう

A.クレジットカード、Suicaのみは駅のVIEW ALTTEで、モバイルSuicaはアプリ上で行なえます。
※方法は記事を参考にしてください。

 

Q.Suicaのオートチャージでポイント貯まるクレジットカードってどれ?

A.Suica付きのビューカードでポイントが通常の3倍付与されます。
※種類一覧は記事を参考にしてください。

ポイントが貰えるも嬉しいですが、個人的にオートチャージのメリットは時間的、精神的なメリットの方が大きいように感じます。

いちいち現金を引出して、またSuicaにチャージするっていう意味の無い作業がなくなるだけでもSuica付きビューカードを発行する価値はあるでしょう。

そのオマケでポイントが3倍貰えるのでSuicaを利用しているのであれば文句無しでSuica付きビューカードは発行するべきです。