Suicaを筆頭に、JRでは各地域にそれぞれメインの交通系ICカードがあります。

今回の主役は、九州を中心に利用できるSUGOCA。

「ピッ♪」とスマートに改札を通すだけでなく、街ナカでお買い物ができたり、ポイントが貯まったり、クレジットカードとの合わせ技で、更にお得に使えたりと、実は様々な使い方ができます。

ここでは、SUGOCAの入手方法を中心に、SUGOCAユーザーなら知っておきたい損しない使い方まで、ご紹介します。

SUGOCAはどこで入手できる?購入方法の基本

SUGOCAは、基本的にJR九州の駅構内で手に入れる事ができます。

種類によって購入できる場所が違うので、まずはSUGOCAにはどんな種類があるのか、まとめておきます。

SUGOCAの種類

名称 特徴
無記名式SUGOCA 誰でも作れる、誰でも使える
記名式SUGOCA 印字された氏名の本人のみ使用可能
小児用SUGOCA 改札を通る際、小児運賃が適用される
SUGOCA定期券
SUGOCA特急定期券
通常のチャージして使うSUGOCAに、定期券機能をプラス
特急定期券はエクセルパスとも呼ばれる

一概にSUGOCAを言っても、大人用、子供用、定期券の違いがあったり、誰でも利用できるのか、本人しか利用できないのか、という違いもあります。

これからSUGOCAを発行する場合は、このような種類がある事を知っておき、自分の利用方法にはどれが合っているか考える事をおすすめします。

手続きや入力が面倒だからと言って、誰でも発行できる無記名式SUGOCAでいいや!と発行してしまうと、後で後悔するかもしれません。

では、本題のSUGOCAを購入できる場所をご紹介します。

JR九州の券売機

ほとんどの駅にある、SUGOCA発売機能付きの券売機でSUGOCAを購入する事ができます。

申込み用紙などを記入する手間なく、画面のタッチをすれば発行可能です。

券売機では、無記名式SUGOCAのみ取り扱っています。

購入手順

  1. 券売機画面の右側にあるICカードボタンをタッチ
  2. SUGOCA購入を選び、2000円を入金
  3. SUGOCAを受け取ります。

無記名式SUGOCA、カード自体に個人情報の入力をしないので、簡単に発行できます。

後から記名式SUGOCAに変更する事もできますが、変更手続きは券売機ではできません。

また、購入する際に2000円必要です。

内訳は1500円分のチャージと、デポジット500円。

もっとチャージしたい場合は、発行後、改めてチャージする必要があります。

ちなみに、デポジットとはカードの保証金で、SUGOCAを利用しなくなった場合、カード自体を駅に返却すれば、500円も返金されます。

その為、カードを盗まれたり紛失した場合、500円は戻ってきません。

JR九州のみどりの窓口

JR九州の駅構内にあるみどりの窓口で、全種類のSUGOCAを発行する事が可能です。

これもまたJR九州エリアなので、関東や関西などその他地域のみどりの窓口ではSUGOCAの購入はできません。

発行するSUGOCAの種類によって、以下のような必要書類があります。

SUGOCAの種類 必要書類
無記名式SUGOCA
記名式SUGOCA
購入申込書
※みどりの窓口に用意があります。
小児用SUGOCA 購入申込書
公的証明書(保険証・パスポートなど)
SUGOCA定期券 SUGOCA定期券購入申込書
通学証明書
もしくは
学生証と兼用の通学定期券購入兼用証明書

購入金額は、券売機と変わらず2000円(チャージ1500円+デポジット500円)です。

申込書記入の手間はかかりますが、係員と対面で購入できるので、券売機では不安な場合は、質問しながら購入する事ができます。

SUGOCAはクレジットカード一体型がおすすめ!単体発行するデメリットとは

SUGOCAと聞くと、このようなSUGOCA単体のICカードが思い浮かぶのではないでしょうか。

実はSUGOCAは単体で発行するよりおすすめな使い方があります。

それは、クレジットカードにSUGOCAの機能が付いた、いわゆるSUGOCA一体型クレジットカードです。

SUGOCA一体型クレジットカードを知らずに、SUGOCA単体で利用していると、以下のようなデメリットが生じてしまいます。

カードが増えてサイフがかさばる

時間や手間、ポイントの面から見ても、今の時代は現金よりも電子マネーの利用がお得です。

TポイントやPontaポイントのような、多種多様なお店で貯める事ができる共通ポイントのおかげで、持ち歩くポイントカードも増えてきていませんか。

サイフの中身はできるだけスリムにしたい今だからこそ、1枚のカードにSUGOCAとクレジット機能がおさまっている一体型カードなら、すっきり収納出来てサイフも心も軽やかです。

ポイントの管理が面倒

SUGOCAを利用すると、JR九州のキューポポイントが貯まります。

あなたが今持っているクレジットカードも、利用金額に応じてクレジットポイントが貯まっているはずです。

集めているポイントの種類が多ければ多いほど、貯まる効率も悪く管理も大変。

SUGOCA一体型のクレジットカードなら、SUGOCA利用で貯めたキューポポイントをクレジット利用分とまとめたり、クレジットポイントやマイルに交換しやすいのに、別々で使っているとかなりもったいないです。

できるだけ効率よくポイントを貯めたいなら、自分がどのポイントを意識的に貯めているか把握して、SUGOCAと相性の良いクレジットカードを見つける事をおすすめします。

この後の章で、SUGOCAユーザーが使いやすいクレジットカードもご紹介しますね。

紛失したら再発行できない

無記名式SUGOCAに限りますが、個人情報の登録されていないSUGOCAは、失くした時に再発行できません。

例え理由が盗難だったとしてもです。

無記名式SUGOCAは、氏名や電話番号の登録をせず簡単に発行できます。

その手軽さ故に、もし高額チャージした直後にSUGOCAを失くして駅係員に再発行を懇願しても、100%再発行する事はできません。

SUGOCA一体型クレジットカードなら、発行時にクレジットカード登録情報が自動的ににSUGOCAにインプットされるので、記名式SUGOCAと同じ効果があります。

一度の手続きで、クレジットカードもSUGOCAも発行できて、時短にもなります。

SUGOCA一体型クレジットカードは、何がお得なの?

SUGOCA一体型クレジットカードは、持っているだけで1枚2役の便利なカードですが、使い方を知っていれば、もっともっとお得に活用できます。

ポイントやマイルが貯まりやすい!

SUGOCAが一体型になっているクレジットカードは、JR九州が発行するJQカードしかありません。

しかし、このJQカードは1種類ではありません。

よく行くお店で使いやすいカードや、貯めやすいポイントやマイルが貯まるクレジットカードを選ぶことができます。

SUGOCA一体型JQカード一覧

カード名称 貯まるポイント
JQ SUGOCA JCB JRキューポ
JQ SUGOCA ANA ANAマイル
JRキューポ
BIC CAMERA JQ SUGOCA ビックポイント
JRキューポ
JQ SUGOCA
(イオンクレジットサービス発行)
JRキューポ
JMB SUGOCA JALマイル
JRキューポ

JQカードは基本的に初年度無料です。(1年間利用無しの場合、2年目から税別1250円かかります。)

ANAやJALのマイルが貯まったり、ビックカメラのポイントカードとしても機能するクレジットカードがあります。

基本的にポイントカードとしての機能以外では、クレジット利用でJRキューポポイントが貯まり、貯まったポイントをマイルやビックポイントに交換する事が可能です。

1枚のカードで

  • クレジットカード
  • SUGOCA
  • ポイントカード

の3役使えて、しかもポイント交換やオートチャージもカード内で済んでしまうという、一石二鳥どころではない便利カードなのです。

新幹線チケットがお得に買える!

JQカードは、JR九州が発行しているだけあって、新幹線チケットの購入に強みがあります。

JQカード会員限定の割引が適用されるのが、関西方面へ向かう新幹線チケットです。

当日予約もOKなネット購入割引eきっぷで割引。

更に!3日前までに予約すれば、e早特で割引。

更にさらに!14日前までの予約なら、数量限定のスーパー早特きっぷでもっともっとお安く新幹線に乗れちゃいます。

例えば…

博多から新大阪へ

通常 15,310円
eきっぷ 13,240円
2,070円お得
e早特 設定なし
スーパー早特 10,290円
5,020円お得!!

鹿児島中央から新大阪へ

通常 22,210円
eきっぷ 20,140円
2,070円お得!
e早特 18,690円
3,520円お得!
スーパー早特 14,400円
7,810円お得!!

他にも、九州から岡山や広島行きの新幹線も該当します。

早くて便利な新幹線でも、運賃が高いので格安LCCや夜行バスで移動を考える人もいるでしょう。

しかしJQカードの早割りを利用すれば、5000円以上の割引を使って新幹線に乗る事ができます。

この割引、使わない手はありません。

オートチャージでラクラク乗車!

SUGOCAの残高がなくなったら、券売機のチャージ機能を使って現金チャージするのが一般的です。

しかし、効率の良い人は既にオートチャージ機能を使っています。

オートチャージとは、電子マネーの残高が指定金額以下になると、自動的にクレジットカードからチャージできる機能です。

サイフも現金も不要!自分の手を煩わせずにチャージ完了できる便利な機能です。

しかも、SUGOCAにチャージできるのは、JQカードだけ。

SUGOCAとJQカードを別々に発行していても、オートチャージ申込みはできますが、今からカード発行をするなら、カード申込み時にオートチャージ設定ができて簡単です。

SUGOCA一体型クレジットカードを発行するなら、このカードがおすすめ!

マイルが貯まる!

1枚3役でJRキューポポイントだけでなく、マイルも貯まるクレジットカードです。

マイルへの交換もできるので、利用したい場面によって、使い分けができます。

JQ SUGOCA ANA

ブランド JCB
機能 ANAマイレージクラブカード
クレジットカード
SUGOCA
年会費 初年度無料
※前年度利用がなければ、2年目以降1,250円
ポイント還元率 JRキューポ:0.5%
ANA便に搭乗で区間によりマイル付与
ポイント交換レート ANAマイル:10000マイル→JRキューポ:10000ポイント
JRキューポ:10000ポイント→SUGOCA:10000円分チャージ
JRキューポ:1000ポイント→ANAマイル:500マイル
発行場所 インターネット
アミュプラザカウンター
ETC 無料発行可

JMB JQ SUGOCA

ブランド VISA、Master、JCB
機能 JALマイレージバンクカード
クレジットカード
SUGOCA
年会費 初年度無料
※前年度利用がなければ、2年目以降1,250円
ポイント還元率 JRキューポ:0.5%
JAL便に搭乗で区間によりマイル付与
ポイント交換レート JALマイル:10000マイル→JRキューポ:10000ポイント
JRキューポ:10000ポイント→SUGOCA:10000円分チャージ
JRキューポ:1000ポイント→JALマイル:500マイル
発行場所 インターネット
アミュプラザカウンター(JR博多シティを除く)
ETC 無料発行可

ビックカメラでお得!

BIC CAMERA JQ SUGOCAは、現金でのポイント還元率が良いビックカメラで、クレジットカード払いでも現金同様のポイントをゲットする事ができます。

BIC CAMERA JQ SUGOCA

ブランド JCB
機能 ビックポイントカード
クレジットカード
SUGOCA
年会費 初年度無料
※前年度利用がなければ、2年目以降1,250円
ポイント還元率 (ビックカメラで現金払い10%ポイント商品を購入した場合)
JRキューポ:0.5%
ビックポイント:10%(通常クレジット払いは8%)
ポイント交換レート ビックポイント:1500ポイント→JRキューポ:1000ポイント
JRキューポ:1000ポイント→SUGOCA:1000円分チャージ
JRキューポ:1000ポイント→ビックポイント:1000ポイント
発行場所 インターネット
ビックカメラ店舗
アミュプラザカウンター
ETC 無料発行可

まとめ

  • 券売機orみどりの窓口でSUGOCAを購入できる
  • SUGOCAはクレジットカードとの一体型がお得
  • オートチャージできるのはJQカードだけ

SUGOCAを入手するのは、JR九州エリアの駅に行って、という事になりますが、SUGOCA一体型クレジットカードの代表格・JQカードなら、インターネットで手続きができます。

JRキューポポイントも、SUGOCAの利用だけでコツコツ貯めるより、クレジットカード利用やオートチャージで一気に貯めた方が効率もかなりUPします。

この記事を読んでSUGOCA一体型クレジットカードの魅力を知ったあなたは、もうSUGOCA単体では持てなくなる事間違いなしです。