携帯電話の大手3大キャリアで1位の人気を誇るSoftbank(ソフトバンク)。

私の周りでもソフトバンクユーザーは一番多いように思います。

利用者向けのサービスがとても充実しているように思えるソフトバンクですが、携帯料金の引き落とし日については他の携帯電話会社と比べてちょっと特殊です。

この記事ではソフトバンクの携帯料金の引き落とし日についてと、それを確認する方法をまとめました。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

Softbankの携帯料金の引き落とし日いつ?支払日って変更できる?

ソフトバンクの携帯料金の支払い方法は、「口座振替」と「クレジットカード払い」となっています。

それぞれに引き落とし日をみてみましょう。

口座振替の場合

ソフトバンクの携帯料金の引き落とし日は3通りあります。

毎月「6」のつく日がそれぞれ支払日となっていて、それに合わせて締め日も違います。

具体的にはこのような形です。

Softbank支払日一覧
締め日 利用期間 支払日(引き落とし日)
10日 11日〜翌月10日 翌々月6日
20日 21日〜翌月20日 翌々月16日
月末日 1日〜月末日 翌月26日

この支払日は、人によって異なります。

自分の支払日を確認するには、「My Softbank」が便利です。

PCからでも携帯電話からでもアクセスできるサイトで、利用料金の内訳を見たりすることもできます。

My Softbank利用方法
  1. My Softbankログインページからログイン
  2. ログイン後の画面下部「ご請求締日」の項目を探してみてください。

3通りある支払日は、ソフトバンクの新規契約時にソフトバンクから指定されることとなり、こちらで選んだり、後から変更したりすることはできません。

クレジットカード支払いの場合

クレジットカードで支払う場合の支払日つまり引き落とし日は、「クレジットカード会社が定める口座振替日」となります。

よって、クレジットカード会社によってさまざまです。

あなたが振替口座に指定している銀行によっても引き落とし日が違う可能性もあります。

このことを考えると、もしかしたら支払いに使うクレジットカードや振替口座に使う銀行を変えてみることで、引き落とし日を変更することもできます。

どうしても引き落とし日を変更したいという人は、お手持ちのクレジットカードとそれに対応している銀行の口座振替日をよく調べてみたら、良い解決策が見つかるかもしれません。

なお、クレジットカードの引き落とし日を確認する方法としては、クレジットカードの会員サイトにログインするか、クレジットカードが送られてきた時のカード台紙を見るという方法があります。

Softbankの携帯料金の支払日はどのようにして決まるのか?

では、その支払日は一体どのようにして決められているのでしょう?

どうやらその決定方法は、ソフトバンクから公表されてはいないようです…。

しかし実際のユーザーや新規契約した人の話、また電器店の店員さんのお話などによると、”契約した時期や契約内容による”という見方が強いです。

締め日や料金支払いのスケジュールをずらすことで混雑回避を狙っているのなら合理的とも言えますが、

支払日が3通りもあるのにこちらで選ぶことができないというのは、ちょっと残念ですよね。

Softbankの携帯料金の支払いが遅れそう…そんな時はどう対処すればいい?

支払日には間に合わないけれど後日支払えそうな場合

ソフトバンクの携帯料金の口座振替で引き落としができなかった場合、再引き落としはないようです。

よって、もしも引き落としができなかった場合はこのような方法で支払いをすることになります。

  • 郵送されてくる振替用紙で支払う
  • コンビニで支払う
  • ネットバンキングで支払う
  • クレジットカードで支払う
  • ソフトバンクショップで支払う

コンビニやネットバンキング、クレジットカードなどでの支払いは、My Softbankや電話から申し込みが必要です。

電話での手続きはこちら。

ソフトバンクカスタマーサポート

ソフトバンク携帯電話から:157(無料)

一般電話から:0800-919-0157(無料)

利用料金:1回につき300円(税抜)

自動音声応答サービス:24時間

※ クレジットカードでお支払いするためのお手続きは、午前8時から午後10時の間のみ利用できます。

もし支払日に引き落としができなかったとしても、以上のような方法で後日支払いをすることができます。

しかしただ遅れて良いというわけでもなく、払込処理手数料や請求書発行手数料などそれぞれ数百円ですが、手数料がかかります。

そして支払日から15日以上の延滞となってしまうと、「延滞利息」というものが発生します。

ソフトバンクの場合、延滞利息は電話料金に対して年率14.5%、機体代金に対して年率6.0%となっています。

そのまま延滞料金を支払えずに2〜3ヶ月経ってしまうと、利用停止、強制解約となってしまうこともあります。

支払日に支払えなかったとしても、できるだけ早く支払いを済ませるようにしましょう。

支払日から大幅に遅れそうな場合

なんらかの事情があり、支払い自体が難しい状況に立たされることもあるかもしれません。

そのような時はただ延滞をしてしまうのではなく、支払いが難しいということをソフトバンクへ伝えましょう。

事情によっては支払いスケジュールを考えてくれたり、分割払いに対応してくれたりする可能性だってゼロではありません。

携帯電話料金の支払い履歴はクレジットカードやローンなどと同じく記録されていますので、携帯電話の利用だけでなく信用情報にも影響が出てきます。

支払いができないと分かったら、迷うよりまず相談です!

総合案内はこちら。

受付時間は午前9時から午後8時までです。

Softbank 総合案内

 

最後に

ソフトバンクの携帯料金の引き落とし日は3通りあることがわかりました。

毎月6日・16日・26日となっていて、どの日になるかは契約時期や契約内容によってソフトバンクから指定されることとなり、こちらの希望では変更はできません。

これは口座振替の場合の支払日のため、クレジットカードで支払う場合にはクレジットカード会社や提携の銀行が指定している支払日が引き落とし日となります。

自分がどの支払日かというのは、オンラインで確認することができます。

My Softbankへログインして「ご請求締日」を探してみてください。

もしもなにかの事情で「支払いが難しそう…」という場合は、ソフトバンクへ相談してみましょう。

「支払日に引き落としができなかっただけで、支払いはできる」という場合は、振替用紙やコンビニ払い、ネットバンキング、ソフトバンクショップで支払、クレジットカード払いなど、すぐに対応することができます。

携帯電話の利用料金もクレジットカードやローンと同じく、延滞するとあとあと面倒なことや大変なことになりかねません。

「支払日に遅れてしまったらできるだけ早く支払う」、「支払日にきちんと支払いできるようにする」としておくことが肝心です!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?