「国際線に乗るなら、2時間前がベスト!」と書かれたものをよく目にします。しかしこれ、「2時間前に到着」なの?それとも「2時間前にチェックイン」なの?

極端なものでは「〇分前でもまだ間に合う!」とギリギリでも大丈夫、と書かれているものもありますよね。こうなると、いったい何が真実なのか分かりません。

そもそも空港が怖いのはチェックインが完了したからすべてOK!ではないところです。さらに空港は当日行ってみないと状況が分からないという危険性も潜んでいます。今回は空港全体における、具体的な「推奨スケジュール」も載せていますので、参考にしてみてください。

飛行機のチェックインは出発から何分前まで?

チェックインの締め切り時間はいつ?

飛行機に乗るための「搭乗手続き」を行うことを「チェックイン」といいます。私たちはチェックインすることで初めて「空港に到着した」ことになります。チェックインができる時間には限りがあり、ある一定の時間がくると受付カウンターは受付を終了し、次の便の対応に移行します。

定刻どおりに出発するためには、航空会社は時間にシビアにならざるをえません。締め切り時刻に間に合わなかった人の席は、キャンセル待ちの人に案内します。つまり、締め切りまでにチェックインしていなければ予約した席も「キャンセル」として扱われてしまうのです。

チェックインとは、確実に飛行機にのるための第1歩です。チェックインが完了しなければさらに第2歩・第3歩と進めることはできませんから、まずはチェックインを確実に完了させましょう。

非常にややこしいのが、チェックインの締め切り時間が航空会社による違いです。下の表で、各社の締め切り時間の違いを確認してみましょう。

国内線の締め切り時間

航空会社  国内線のチェックイン締め切り時間
ANA 20分前
JAL
スカイマーク
ピーチ 30分前
バニラエア
ジェットスター
春秋航空 35分前

いかがでしょう。ANAやJALは、国内線では出発の20分前に受付を締め切りますが、LCCのピーチやバニラエアはそれより早い30分前。「ネットでチェックインは20分前でOKって読んだから!」とのんびりしていては、ピーチの飛行機には間に合いませんよ!

国際線の締め切り時間

航空会社  国内線のチェックイン締め切り時間
ANA・JALなど 60分前(羽田空港のみ40分前)
LCC 50分前

国際線は搭乗口までの移動距離が長いことや、出国手続きが必要なことから国内線よりも早く締め切られます。ほとんどの空港は出発の60分前にチェックインを締め切っていますが、羽田空港だけは「40分前に締め切り」となっていますよね。この20分の差は、羽田空港の敷地が狭く・移動距離が短いことが理由となっています。

チェックイン=チェックイン完了の時間です!

チェックインの締め切りとは、チェックインを始める時間ではなく「チェックインを済ませる時間」です。カウンター前に行列ができている場合、自分の順番がくるまでの時間を考慮すると、ギリギリでは到底間に合いません。

無事時間内にチェックインを済ませることができても、飛行機に乗るまでにすべきことが残っています。チェックインに時間を使えば使うほど、その後の予定に時間的余裕がなくなります。

カウンターの受付開始は飛行機の出発の国内線で2時間前、国際線では3時間前からです。それより早く到着してもチェックインはできません。早ければいいというものでもありませんが、遅れるよりはマシです。国際線の場合は2時間にはチェックインを完了させましょう。

Webチェックインを有効活用しよう!

繁忙期はチェックインカウンターや自動チェックイン機が平常時よりも混雑し、カウンターに並ぶだけでも時間がかかります。時間に余裕がないときや、預け入れ手荷物がない場合は大幅に時間が削減できる「Webチェックイン」がおすすめです。

「Webチェックイン」は、スマホやパソコンで出発の72時間前からチェックイン手続きができるスグレモノ!これによって空港では、持ち込み手荷物の保安検査を受けるだけで飛行機に乗ることができます(預け入れ荷物がある場合は預け入れが必要です)。

荷物を預けるのは出発の何分前まで?

チェックインと同時に荷物を預けよう!

荷物の預け入れは、チェックインカウンターもしくは自動手荷物預け入れ機(セルフ式の荷物預け入れ)で行えます。この機械が導入されたことにより、チェックインカウンターの混雑は以前よりも軽減されています。

いくら自動手荷物預け入れ機が優秀でも、多くの乗客が手荷物を預ける国際線では混雑する可能性があります。手荷物を預けるタイムリミットは決められていませんが、チェックインと同時に済ませてしまいましょう。

たとえWebチェックインで済ませていても、荷物を預ける待ち時間は必ず発生します(スーツケースなど預け入れ荷物がないという人は別として)。繁忙期に飛行機に乗る場合は、手荷物の預け入れにも時間がとられることを計算にいれておいてください。

手荷物を預けたあとには「保安検査」に向かいます。保安検査は締め切り時間がシビアに設定されていますので、絶対に遅れるわけにはいきません。時間内に保安検査を終えられるよう、前段階のチェックインや荷物の預け入れも余裕をもって終わらせましょう。

手荷物検査は出発の何分前に向かえばいい?

到着ではなく「通過」が原則!

だんだんと迫り来る出発時間。保安検査まで来れたなら、あと一息です!しかし、まだ油断はできません。なぜなら保安検査は出発の15分前に通過しなければならないからです。

保安検査についた時点で出発まで残り20分程度しかないなら、「ややピンチ」です。このまま何事もなく保安検査が通過できればセーフですが、再検査となれば締め切り時間を過ぎてしまう可能性があるからです。

もちろん繁忙期には保安検査場も混雑します。保安検査を15分前に通過するためには「再検査の可能性」や「混雑の可能性」を計算に入れた行動が大切です。

保安検査の締め切り時間

航空会社  保安検査を通過する締め切り時間
ANA 15分前
JAL
ピーチ 25分前
スカイマーク・バニラエア・ジェットスター・春秋航空 設定なし

ほとんどの航空会社で、保安検査は出発の15分前とタイムリミットにしていますが、ピーチのみ25分前となっています。チェックインでも触れたように、「15分前」や「25分前」は、保安検査を通過した時間のことです。

たとえ保安検査場に20分前に到着していても、その時点で検査場が大混雑していれば飛行機に乗るのは「ほぼ絶望的」!なぜなら保安検査の次には「搭乗口の締め切り時間」が待ち受けているからです(次の項に進むと、”時間ギリギリのリスク”がさらによくわかります)。

ここまでのプロセスを急いだのは「保安検査を時間内に済ませるため」であり、保安検査を急ぐのは搭乗口到着時間に間に合わせるためです。さまざまなケースを想定し、次の搭乗口の締め切りに間に合うように保安検査を通過しましょう。

出発の何分前に飛行機に乗り込む?

搭乗口にも締め切り時間がある

空港の最終地点である「搭乗口」には、到着しておくべき時間が決められています。飛行機は大勢の乗客を乗せるだけでも時間がかかります。いつまでもダラダラと来ない人を待ち続けることはできません。

そのため航空会社では「搭乗口付近には以下の時間までに来て待機しておいてください!」とわざわざアナウンスをしているのです。搭乗口の締め切り時間は、航空会社によって異なります。さらに国内線と国際線でも時間が違いますので十分に注意しましょう。

航空会社各社の搭乗口締め切り時間

航空会社  国内線の締め切り時間  国際線の締め切り時間
ANA 10分前 30分前
JAL
スカイマーク 15分前  国際線運行なし
ピーチ 20分前 30分前
バニラエア 20分前
ジェットスター 25分前 40分前
春秋航空 30分前

航空外車各社における、国内線・国際線の搭乗口の締め切り時間は「まちまち」です。もっとも遅い締め切り時間は国内線で10分前、もっとも早く締め切られるのは国際線の40分前です。

搭乗ゲートに入ったら「これで間に合う・・・」と気が抜けそうになりますが、国際線の場合は搭乗口まで10分以上歩くことも珍しくありません。締め切りまであと10分しかないなら、猛ダッシュしても間に合いません!そんなことにならないためにも、搭乗口までの移動時間も計算に入れておきましょう。

もし飛行機が18時出発の場合、どのようなスケジュールで動けばいい?

ここでいったんおさらいしよう!

これまでの項で「飛行機に乗るまでのタイムリミット」をひととおりお伝えしてまいりました。しかし、それはあくまで「遅くても」であり飛行機に乗れるか乗れないか、のギリギリの時間です。

飛行機に確実に乗るためには、搭乗口の到着時間から逆算し、残り時間と予期せぬトラブルを計算に入れて行動することが大切です。

飛行機の出発に確実に間に合う、理想的な行動スケジュールを筆者なりにまとめるとこのようになります。

チェックイン:国内線は1時間前/国際線は2時間前に完了

保安検査の通過:国内線は40分前/国際線は1時間前に通過

搭乗口への到着:国内線は25分前/国際線は40分前に到着

ゴールデンウィークや年末年始などの大型連休時は、これよりもう少し余裕をもつとさらに安心!国内線のチェックインなら1時間30分前、国際線なら2時間30分前など、時間の余裕を増やすことをおすすめします。

ときおり「時間ギリギリでも行ける!」という「ギリセーフ」を狙う人もいますが、空港内における「ギリセーフ」はギャンブルのようなもの。非現実的な「ギリセーフ行動」は自己責任で行ってくださいね。

飛行機に間に合うためのスケジュール

それではさっそく国内線・国際線ともに具体的なスケジュールを立ててみましょう。ポイントは「時間の逆算」です。「時間が余るんじゃないの?」と思っても、逆算して残り時間を計算してみると意外と余裕がないことがわかります。

国内線に間に合うためのスケジュール

国内線で18時出発の飛行機に乗る場合は、先ほどご紹介したタイムリミットに従い、遅くとも17時にはチェックインを完了しましょう。

繁忙期でない、通常時を想定したスケジュールはこのようになります。

時間  イベント  逆算したときの残り時間
 17時00分  空港到着
 17時20分  チェックイン・手荷物預け入れ【出発の20分前に済ませること】  保安検査まであと10分
 17時30分  保安検査「通過」【出発の15分前に通過すること】  搭乗口まであと10分
 17時40分  搭乗ゲート「到着」【出発の20分前までに到着すること】  出発まであと20分
 18時00分  出発

こではあくまでも「すべて物事がスムーズに進んだ場合」のスケジュールです。それぞれで使える時間は10分から20分ありますが、どこかでつまづくと、黄色信号が点滅しはじめます。

国際線に間に合うためのスケジュール

国際線は国内線よりも時間がシビアです。もともとチェックイン締め切りも国内線より早く設定されていますが、搭乗ゲートまでの道のりが長い場合は5分から10分は歩かなければなりませんので、「移動時間」も計算に含めましょう。

 時間  イベント 逆算したときの残り時間
 16時  空港到着
 16時20分  チェックイン・手荷物の預け入れ「完了」 保安検査通過まであと20分
16時40分 保安検査「通過」  出国審査終了まであと20分
 17時  出国審査終了  搭乗口到着まであと20分(※移動時間は含まれていません)
 17時20分  搭乗口「到着」  出発まであと25分
17時45分  機内へ乗り込み  出発まであと15分
18時  出発

各地点で実際にどれだけの時間を費やすのか、それは誰にもわかりません。だからこそ、空港はつねに「逆算」が必要だと筆者は思います。「国際線は2時間前にチェックイン」という通説がありますが、こうして逆算してみるとムダな時間がそれほどないことがわかります。

このスケジュールの場合「免税店巡り」が可能になるのは、各地点で待ち時間がなくすべてスムーズに進んだときとなります。免税店巡りをしたいなら、さらに時間を早めましょう。

もし時間に間に合わなかったらどうなっちゃう?

チェックインに遅れた場合

チェックインの締め切り時間を過ぎてしまった場合は、ほとんどの場合「受付不可能」として搭乗を断られてしまいます(係員の方は一応相談には乗ってくれます)。

手元の航空券の種類によっては、その場で振り替え便を案内してもらえるケースがあります。しかし他のキャンセル待ち客がいる場合は整理券の順番が優先されますので、必ず次の便に乗れるというわけではありません。

保安検査に遅れた場合

保安検査を締め切り時間内に通過できない場合、ケースによって対応が変わります。たとえば保安検査場が異常に混雑し、同じ便の乗客が大勢足止めを喰らっているなら、航空会社は飛行機の出発を遅らせます。

また、時間ギリギリに保安検査に到着してしまった人には、係員が優先して検査を進める最終的な「猶予」が設けられています。この2つに共通するのは「ギリギリであっても保安検査場に到着している場合」ですよね。

つまり、1人だけが締め切り時間までに保安検査に到着すらしていない場合は、容赦なく置いていかれるでしょう。

搭乗口への到着が遅れた場合

搭乗口は24時間開いているわけではありません。出発予定の飛行機が到着し、案内の準備ができた時点でゲートが開きます。そのタイミングは出発の10分から15分前。このゲートが開いた時点」で搭乗口に到着していない人(=呼び出ししても見つからない人)は、高い確率で置いていかれます。

「そんな!ここまで来たのに冷たい!」と言いたいでしょうけれど・・・航空会社から「〇分前には搭乗口に到着しておいてください」と前もって言われていましたよね?余裕を持って到着しておくことがあらかじめアナウンスされている搭乗口では、「ちょっと待って!」は聞いてもらえないと心得ておきましょう。

ゲートが閉まって飛行機に乗れなかった場合は、残念ですが今度は「入国審査」を済ませてカウンターに逆戻りすることになります。

飛行機に遅れた・・・その後、どうする?

万が一飛行機に乗れなかった場合は、迷わず航空会社のカウンターへ行きましょう。

飛行機に乗れなかった場合は、次のうちいずれかの選択ができます。

  • 他の便へ振り替え
  • 航空券の払い戻し

この2つの手続きができるのは「飛行機の出発前」に限られています。「間に合わない!」と思ったとき、まだ飛行機が出発していなければ払い戻し手数料だけで航空券代を払い戻せる可能性がありますので、ただちにキャンセルの連絡を入れましょう。

割安航空券やLCCは払い戻しができませんが、普通航空券なら出発前なら無料で返金されます。

飛行機が飛び立ってしまったなら

飛行機が飛んでしまった以上は、もうどうすることもできません。取消手続き(航空会社規定の取消手数料がかかります。)を行ったうえで、新しい飛行機を予約しましょう。

最後に

筆者が初めて飛行機に乗ったのは、留学先のオーストラリアに向かう国際線です。空港に行くこと自体も初めてでしたので、飛行機の乗り方などを本で調べていました(当時はスマホどころかインターネット自体普及していませんでしたから・・)。

そんな私を見て、旅慣れている人たちは決まってこう言いました。「空港なんて、目と鼻と口があればどうにかなる」と。これはたしかに真実ですが、筆者ならここに「時間」という言葉を付け加えるでしょう。

時間に余裕さえあれば、たいていのトラブルは最低限に抑えられます。とくに飛行機のような「代替策」が少ない場合は時間的な余裕がなによりも味方になります。「〇時までならOK!」に捉われすぎず、自分自身で考えて余裕を作ることも大切なのではないでしょうか。

 

 

 

旅行が趣味で「節約はすべて旅行のため」と考える兼業ライター。旅行で貯めたポイントは生活消耗品代に使っています。最近は地理の奥深さに目覚め、「地理検定」を取得しようとヒマさえあれば日本地図とにらめっこ。わかりやすく・楽しい記事がお届けできるよう、頑張りますのでよろしくお願いいたします!