「永久不滅ポイント」でおなじみのセゾンカード、他のクレジットカードと同じようにリボ払いができます。

リボ払いの登録をすることでポイントがもらえるキャンペーンも実施されることがあったりと、セゾンカードもリボ払いをおすすめしています。

なぜおすすめするのか、それには理由があります。

リボ払いの使い方によっては、金利手数料をかなり取られてしまうということもあるのです。

場合によっては、「金利手数料ばかりで、利用残高がなかなか返済しきれない…」ということも。

それでもやっぱり便利なリボ払い、使わないのはもったいないです。

金利手数料や支払い総額などからリボ払いの仕組みをよく確認して、お得な活用法を見つけてみましょう!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

セゾンカードでリボ払いを利用すると金利手数料はいくら?実際に支払総額を計算してみた

リボ払いについて確認しておこう

まずはそもそもリボ払いって何?というところから確認しておきましょう。

リボ払いを分割払いと混同してしまうことがよくありますが、リボ払いは「毎月の支払い額をほぼ一定にできる」という支払い方法です。

分割払いは「支払い回数」ですが、リボ払いは「金額」です。

リボ払いする月々の支払い額を決めることから、支払い回数が決まることとなります。

セゾンカードのリボ払いの金利手数料は何%?

それではセゾンカードのリボ払いを利用した時の金利手数料はどのくらいなのでしょうか?

ショッピングの場合とキャッシングの場合で金利手数料が違いますので、それぞれにまとめてみました。

ショッピングのリボ払いの場合

セゾンカードのショッピングでリボ払いを利用した場合の金利手数料は、「実質年率9.60%~14.6%」で計算されます。

この年率はセゾンカードの種類によって違いますが、会員サイト「Netアンサー」で調べることができます。

手順はこのようになります。

  1. 「Netアンサー」へログイン
  2. 「明細確認・お支払変更」→「ご利用明細照会」

「ご利用明細」に利率が表示されますが、これは「リボ払いを利用した場合にのみ」表示されるようです。

「リボを利用する前に知りたい!」という場合は、セゾンカード裏面のインフォメーションセンターへ問い合わせてみましょう。

キャッシングのリボ払いの場合

キャッシングのリボ払いの場合は、「実質年率12.0〜18.0%」の金利手数料が発生します。

こちらもセゾンカードの種類によって異なります。

詳細は自分のセゾンカードの契約内容を確認してみてください。

セゾンカードのリボ払いの支払い総額を計算してみよう-ショッピング編

それでは早速、リボ払いを利用すると金利手数料も含めて支払い総額はどのくらいになるのか計算してみましょう。

セゾンカード公式のシミュレーションページがあります。

「ショッピングリボのご返済シミュレーション」

こちらに「ご利用金額」と「お支払いコース」を入力して「試算する」ボタンを押すだけでシミュレーションできます。

試しに、5万円のショッピングを月々3千円で支払った場合の支払い総額を調べてみました!

5万円のショッピングを月々3千円でリボ払いした場合

支払い総額は55,901円、そのうち金利手数料は5,901円となりました。

それではたとえば、月々1万円ずつ支払った場合はどのようになるのでしょうか?

5万円のショッピングを月々1万円でリボ払いした場合

支払い総額は51,670円、そのうち金利手数料は1,670円ということになりました。

月々の支払い額によって、金利手数料にかなり差が出てくることがわかりますね!

ちなみにこのシミュレーションでは、年率は自動的に14.52%として計算されています。

セゾンカードのリボ払いの支払い総額を計算してみよう-キャッシング編

続いてキャッシングのリボ払いの支払い総額を計算してみます。

今回も例として、5万円のキャッシングを想定してみましょう。

ただしキャッシングの場合は月々の最低支払い額が「1万円」からとなっていますので、月々1万円ずつの返済としてシミュレーションしてみました。

5万円のキャッシングを月々1万円でリボ払いした場合

支払い総額は53,243円、そのうち金利手数料は3,243円となりました。

ショッピングより利率が高いため、月々の支払い金額は同じでも金利手数料は高くなっています。

ちなみに年率18%で計算していますので、セゾンカードの種類によってはこれより低くなる可能性があります。

月々の支払い額や年率を自分なりに設定して、シミュレーションしてみてください。

「キャッシングのご返済シミュレーション」

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

こういう時にリボ払いはおすすめ!

さて、リボ払いによって実際に支払うことになる総額がわかると、かなり安心できるのではないでしょうか?

ここでさらに、よりお得に利用できるおすすめのリボ払いの使い方をご紹介します!

短い期間で利用する

上のシミュレーションで判明したように、5万円の利用を「月々1万円で支払う」のと「月々3千円で支払う」のでは、金利手数料は4,231円も違いました。

それもそのはず、支払い回数はそれぞれ「19回」と「6回」でかなり違います。

このように支払い期間が短いほど金利手数料も実質的に安くなるため、リボ払いの便利さだけでなくお得感も同時に感じることができると思います。

ボーナスなど臨時収入での繰上げ返済を予定に入れて利用する

支払い期間を短くする術として、「繰上げ返済」も考えておきましょう。

残高を一括で返済してしまっても良いし、月々の支払い額を増額することも可能です。

手続きは会員サイト「Netアンサー」で簡単にできます。

「お支払の変更」の項目から「お支払い額の増額」を選択しましょう。

たとえば購入をためらってしまうようなまとまった額が必要だとしても、「一旦リボ払いで購入しておいてボーナスが出た時に一括返済!」という買い方もできてしまいます。

必要な時に必要なショッピングやキャッシングができるのが、リボ払いの便利なところですよね。

一括払いにしたものを変更したい時に利用する

その反対に、一括払いするつもりで購入したものを「やっぱりリボがいい!」ということでリボ払いに変更することもできます。

こちらも「Netアンサー」で手続きが可能です。

「お支払の変更」の項目から「リボ払いに変更」を選択しましょう。

内容によってはリボ払いにできないものもありますので、それだけは注意しておきましょう。

リボ払いの落とし穴!こういう使い方はなるべく避けよう!

リボ払いの仕組みやよりお得な使い方についてまとめてみましたが、使い方によっては金利手数料の返済に苦しめられてしまうこともあります。

そんなリボ払いの落とし穴も確認しておきましょう。

支払い回数が長い

支払い回数が短ければ短いほどお得なリボ払いは、当然ながら支払い回数が長いほどお得ではなくなります。

それどころか、金利手数料ばかり支払って逆に損をしてしまうと感じてしまうこともあるでしょう。

それを避けるためには、月々の支払い金額によってどのくらいの期間・回数で支払いが終わるのかをきちんと把握しておく必要があります。

月々の請求書でみると金利手数料はわずかなものかもしれませんが、全体として合計してみるとかなりの金額になっていることもあります。

とにかく支払い回数が「より短くなるように」と工夫することが大切です!

無計画に利用する

月々の支払い額をほぼ一定にできる便利さを味わってしまうと、あれもこれもリボ払いにしたくなりますよね。

でもそれはちょっと待ってください。

たとえば月々の支払い額は1万円だとしても、その中には「利息」つまり金利手数料も含まれていることを忘れてはいけません。

そうすると月々支払いをしているつもりでも利用残高がなかなか減らず、結果的に金利手数料ばかり支払っていた…ということになりかねません。

自分がどれだけリボ払いにしているのか、金利手数料はどのくらいなのか、確認しながら利用することが肝心です!

それでもリボ払いはとっても便利

月々支払っているつもりが、「ほとんど金利手数料で利用残高が減ってない…」というのは、考えるだけでも怖くなってしまいますね…。

でもそれは、リボ払いの仕組みを知っていれば防ぐことができます。

「計画的に」、そして出来る限り「短く」利用することで、リボ払いはとっても便利にお得に活用できますよ!

最後に

セゾンカードの種類によって金利手数料が異なるところは注意が必要ですが、最大でもショッピングは実質年率14.52%、キャッシングは18%ということがわかりました。

公式サイトの「返済シミュレーション」でもその年率で計算されますので、有効活用してみてください。

金利手数料は「利用残高」と「利用日数」によって決まります。

リボ払いを便利にお得に利用するためには、できるだけ短い期間で支払いが終えられるということがポイントとなってきます。

そのためには月々の支払い額の増額や一括返済も計画してみると良いですね。ご利用はくれぐれも計画的に!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?