リクルートが運営するサービスでポイントを貯めたり使ったりすることや、Pontaポイントへ交換することもできるなど、いろいろと使い勝手の良いリクルートポイント。

今やあらゆるところでその名前を目にすることがあります。

この記事を見ている人はきっとご存知の通り、そのリクルートポイントには実は「期間限定ポイント」というものがあります。

期間限定ポイントとはキャンペーンなどでプレゼントされる類のもので、例えば一度に数千ポイントなど大量にポイントを得ることができます。

しかしその期間限定ポイント、通常のリクルートポイントと何か違いはあるのでしょうか?

この記事では期間限定ポイントと通常のリクルートポイントの違いを知って、期間限定ポイントを無駄なく使い切るための方法をご紹介します!

【リクルートカード】

還元率1.2%は業界トップクラス!!ポイント貯まりやすいカードで有名な1枚!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
ApplePay対応
100円=1.2P
1P=0.5マイル
業界最高レベル
リクルートポイント
Pontaポイント
dポイント連携
nanacoチャージ
ポイント貯まる
VISA JCB
Master
海外保険
利用付帯
JALマイル貯まる
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今なら最大6000円分のリクルートポイントもらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

今貯まっているリクルートポイントが期間限定かどうか確認する方法

通常のリクルートポイントは、「最後に共通ポイントを付与された月の12ヶ月後の月の月末まで」が有効期限となっています。

有効期限が切れる前にポイントが貯まる利用を一回でもすれば、有効期限はまた約1年間延長されますので、使い続けるかぎりは”実質無期限”のようなものですね。

それに対して期間限定ポイントとは、通常のリクルートポイントとは違う有効期限が決まっていたり、利用できる対象のサービスが決まっていたりします。

今貯まっているリクルートポイントが期間限定ポイントかどうかについてはこちらのページ「PontaWebログイン」から確認することができます。

期間限定のリクルートポイントが使えるサービスや店舗について

期間限定ポイントには「リクルート期間限定ポイント」と「サイト限定ポイント」があります。

リクルート期間限定ポイント

リクルート期間限定ポイントはリクルートポイントの参画サイトで利用することができます。

参画サイトとはこちら。

旅行関係でおなじみの「じゃらん」やクーポン関係のホットペッパー、ショッピングのポンパレなど、日常的によく利用している人も多いのではないでしょうか。

リクルート期間限定ポイントは別名「共通ポイント(期間限定)」と表記されていることもあります。

この期間限定ポイントは、通常のリクルートポイント、Pontaポイントと合わせて使うことができます。

しかしPontaポイントに交換することはできません。

サイト限定ポイント

サイト限定ポイントもリクルート期間限定ポイントと同じようにキャンペーンなどでプレゼントされるポイントですが、「そのサービスでだけで」つかえるというポイントになっています。

たとえば「ポンパレ限定ポイント」はポンパレでのみ利用することができますが、ポンパレ限定ポイントをじゃらんで利用することはできない、といった感じです。

そういうことから「サイト限定」という名前がついているのですね!

このサイト限定ポイントは、Pontaポイント、リクルートポイント、リクルート期間限定ポイントと合わせて使うことができます。

しかしPontaポイントに交換することはできません。

期間限定ポイントは他ポイントに移行や交換できる?

通常のリクルートポイントはそのままリクルートポイントのサービスで利用することのほかに、コンビニのローソンやケンタッキーなどで利用することのできるPontaポイントへ交換することができます。

しかしリクルート期間限定ポイントとサイト限定ポイントは、いずれもPontaポイントへ交換ができないということになっています。

その他のポイント、たとえばdポイントやマイルへの交換には「一度Pontaポイントへ交換する」というルートが必要になるため、それもできないということになります。

つまり、残念ながら期間限定ポイントは他ポイントに移行や交換はできません。

【リクルートカード】

還元率1.2%は業界トップクラス!!ポイント貯まりやすいカードで有名な1枚!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
ApplePay対応
100円=1.2P
1P=0.5マイル
業界最高レベル
リクルートポイント
Pontaポイント
dポイント連携
nanacoチャージ
ポイント貯まる
VISA JCB
Master
海外保険
利用付帯
JALマイル貯まる
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今なら最大6000円分のリクルートポイントもらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

リクルートポイントの期間限定ポイントを無駄なく使い切る方法

それでも、せっかく手にいれた期間限定ポイントはできるだけ無駄なく使い切りたいと思うものです。

それではどのようにしたら使い切ることができるでしょう?

前述のようにリクルート期間限定ポイントは、リクルートが運営しているサービスで共通して利用できるという特徴があります。

そしてこれまで通常のリクルートポイントやPontaポイントも貯めていたのであれば、それと併用してポイントを使うこともできるのです!

たとえば特に予定はしていなかったけれど急遽、次のお休みに近場の温泉旅行を計画してみるとか、いつもの友達との飲み会や集まりをちょっと豪華にしてみるとか…。

旅行なら「じゃらん」、飲食店などの利用は「ホットペッパー」、ショッピングなら「ポンパレ」などを利用することで、いずれもリクルートの期間限定ポイントを使って割引料金にすることができます。

期間限定のポイントだからこそ、それを使って”いつもしなかったようなことをしてみる”というのも楽しいのではないでしょうか。

リクルート期間限定ポイントの有効期限を確認する方法について

リクルート期間限定ポイントの有効期限はキャンペーンによって異なるため、それぞれのキャンペーンごとに確認する必要があります。

「なんだかそれってめんどくさそう…」と思いますよね。

しかしありがたいことに、期間限定ポイントは有効期限の早いものから自動的に利用されるようになっています!

リクルートポイントを滅多に利用することがないという人でない限り、貯めたリクルートポイントを効率的に消化していけるのではないかと思います。

具体的に有効期限や残高を知りたい場合には、こちら「PontaWebログイン」から確認しましょう!

ちなみに、リクルート期間限定ポイントとサイト限定ポイントの有効期限が同じ場合には、サイト限定ポイントから優先的に利用されていく仕組みとなっています。

せっかく貯めたポイントなのに有効期限切れで使えなくなってしまうのはとても残念なことです。

通常のリクルートポイントでも期間限定ポイントであっても、有効期限にはよく注意して早めに使い切ってしまいましょう!

最後に

リクルートポイントは通常、最後にポイントが付与された日から約1年間(最後にポイントが付与された月の12ヶ月後の月末)という実質無期限の有効期限がありますが、期間限定ポイントの場合にははっきりとした有効期限が決められています。

期間限定ポイントがプレゼントされるキャンペーンによって有効期限は違いますので、キャンペーンごとに確認しておきましょう。

もし今もっているリクルートポイントが通常のものなのか期間限定のものなのかを調べるには、こちらのページ「PontaWebログイン」から確認することができます。

期間限定ポイントの中にもリクルートが運営しているサービスで共通して利用できるリクルート期間限定ポイント(共通ポイント)とサイト限定ポイントがあります。

サイト限定ポイントはたとえば「じゃらん」なら「じゃらん」だけでの利用しかできませんが、その分プレゼントされるポイント数や頻度が高かったりすることもあります!

貯めることも楽しいポイントですが、有効期限を確認して早めに使うこともお忘れずに。

【リクルートカード】

還元率1.2%は業界トップクラス!!ポイント貯まりやすいカードで有名な1枚!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
ApplePay対応
100円=1.2P
1P=0.5マイル
業界最高レベル
リクルートポイント
Pontaポイント
dポイント連携
nanacoチャージ
ポイント貯まる
VISA JCB
Master
海外保険
利用付帯
JALマイル貯まる
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今なら最大6000円分のリクルートポイントもらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /