リクルート社が発行するリクルートカードは、数あるクレジットカードの中でもポイント還元率が高いと言われています。

ポンパレモールやホットペッパー、じゃらんなどでポイントをお得に貯めることができたり、Pontaポイントへ交換することができたりと、たくさん使ってお得にポイントを貯めたいところです。

しかしリクルートカードにも当然ながら「利用限度額」があります。

あなたは自分のリクルートカードの利用限度額がいくらか知っていますか?

「もっと使えたらいいのになぁ…」と思ったことはないでしょうか。

この記事ではリクルートカードの利用限度額を確認したり変更したりする方法についてや、利用限度額がオーバーしてしまった時はどうなるのか、などについてご紹介したいと思います。

クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazonでご確認ください。

 

リクルートカードの限度額はいくらに設定されてることが多い?自分のリクルートカードの利用限度額を確認する方法

リクルートカードの利用限度額はいくら?

リクルートカードの利用限度額は一体いくらくらいなのでしょう。

残念ながら公式サイトには明記されていません。

そこで、それぞれのステータスに対する一般的な利用限度額(ショッピング)の目安をまとめてみました。

  • 学生・専業主婦・年金生活者など低収入の人:10〜20万円程度
  • 中程度の収入かつクレヒスに問題がない人:20〜30万円以上
  • 社会的信用度も高く、高収入で、クレヒスに問題がない人:100万円

※「クレヒス」=クレジットヒストリーとは、これまでのクレジットカードの利用履歴のことをいいます。リクルートカードだけでなく他のクレジットカードやローンの契約をしている場合、それらすべての利用履歴となります。

なお、利用限度額はショッピングとキャッシングそれぞれで設定されています。

キャッシングの限度額はショッピングより低めの金額になっていて、人によってはキャッシング利用限度額は0円ということもあります。

利用限度額を確認するには

さて、それでは自分の利用限度額はいくらなのか確認してみましょう!

利用限度額はオンラインで確認することができますが、リクルートカードにはVISA、Mastercard、JCBという3つのカードブランドがあるため、会員サイトも違います。

自分のリクルートカードのブランドを確認し、以下の手順を参考にしてみてください。

Mastercard / Visaの場合
  1. Mastercard / Visaの会員サイト「MUFGカードWEBサービス」へログイン
  2. 「利用可能枠・利用状況照会」をクリック

電話(DC音声応答サービス)で確認することもできます。

  1. 以下の電話番号へ電話する
  2. 自動音声に従ってサービスコード「20」をプッシュ
  3. リクルートカードの番号16桁をプッシュ
  4. 暗証番号4桁をプッシュ
JCBの場合
  1. JCBの会員サイト「MyJCB」へログイン
  2. 「カードご利用状況」をクリック
  3. 「ご利用可能額照会」をクリック

電話窓口(自動音声)で確認することもできます。

JCBお支払い金額・ご利用残高および可能額案内サービス

0120-592-196(24時間・年中無休・自動音声)

0570-000-767(携帯電話からの場合・有料)

※JCBカード番号(16桁)、暗証番号(4桁)が必要です。

いずれの場合も「利用可能枠」と「利用可能額」があることに注意しましょう!

「利用可能枠」はあなたのリクルートカードで利用できる最大の金額、「利用可能額」は利用可能枠から「利用残高」を差し引いた金額(つまり今現在利用できる金額)となります。

リクルートカードの限度額は1ヶ月間ごとじゃないの?ギリギリの状態だけどいつになったら使えるようになる?

利用限度額についてよくある誤解として、「利用限度額は1ヶ月ごとの限度額」というイメージがあるようです。

しかしながら、これは正しくありません…。

「利用限度額」はあくまでも「最大で使える利用可能枠から今現在の利用残高を差し引いたもの」です。

たとえば利用限度額20万円のうち10月に15万円使って11月になったとしても、10月分(15万円)の引き落としが終わるまでは利用限度額は5万円の状態が続きます。

では「引き落とし日」は何日なのでしょう?

Mastercard、Visa、JCBのすべてのブランドにおいて、引き落とし日は「毎月10日」となっています。

締め日は15日なので、具体的な日付でシミュレーションするとこのようになります。

10月16日〜11月15日利用分:12月10日引き落とし

(※10日が土日祝日の場合は翌金融機関営業日)

ということで上記の利用例にあてはめてみると、10月16日〜11月15日に15万円利用した場合、12月10日の引き落としが終わるまでは利用限度額は5万円のままとなるのです。

そして引き落としが無事に済んだことが確認され次第、利用限度額はまた最大の20万円に戻るという流れになります!

引き落としされてもリクルートカードの限度額ギリギリなのはリボ払いが原因!

もしかすると「引き落としは終わってるのに、限度額の20万円まで使えない!」というようなことがあるかもしれません。

そんな時はリボ払いになっているものがないか確認してみましょう。

リボ払いを利用することで、15万円のショッピングが「月々1万円」や「月々2万円」の支払いになっていたりします。

そうすると15万円すべての引き落としが終わるのには、金利手数料も含めると15ヶ月以上(月々1万円の場合)となってしまいます。

1ヶ月単位で見ると、引き落としが終わっても再び利用できる限度額は約1万円分しか増えていないため、「引き落としが終わったのに限度額が変わっていない!」というように感じられるのです。

もしもリボ払いにした分の全額または一部を「繰り上げ返済(リボ臨時増額)」できるようであれば、検討してみましょう。

繰り上げ返済をした金額分だけ、利用限度額を元の金額に戻すことができます。

リクルートカードは限度額を超えても少しならカード利用できる?

さて、利用限度額のことはだいたいクリアになってきたでしょうか。

ところでこの利用限度額を超えてしまうとどうなるのでしょう?

基本的に利用限度額を超えてしまった時点で、リクルートカードは一時的に利用できなくなります。

人によっては「少しならオーバーしても使えた」という例もあるようですが、それを繰り返してしまうと、リクルートカードの信用情報に影響がでてきます。

また、稀に利用限度額の照会をせずに決済できてしまう店舗があったり、公共料金や携帯電話など毎月自動的にリクルートカードに請求されるようなものがある場合は、利用限度額を超えているのに「利用できてしまう」こともあります。

これも後々に悪い影響を与えてリクルートカードの「利用停止」につながる可能性もありますので、利用限度額と利用残高をよく確認して、余裕を持って利用することが肝心ですね。

限度額ギリギリまで使いがち…限度額の引き上げを検討してみよう!限度額引き上げのメリット

「だいたいいつも利用限度額ギリギリまで使ってるなぁ…」という人は、この際、限度額の引き上げを検討してみてはいかがでしょう?

利用限度額の引き上げをすることでいろいろなメリットがあります。

カードの一時利用停止で困る心配がない

前述したように、リクルートカードの利用限度額を超えてしまうと、「一時利用停止」になってしまいます。

そうすると予定していた大きな買い物ができなかったり、いざ使う必要がでてきたときにも対処することができなくなってしまいます。

これではせっかくのクレジットカードが台無しですね。

利用限度額を引き上げておくことで、この事態を避けることができるのです。

メインのクレジットカードとして利用を集約できる

リクルートカードは高いポイント還元率を誇るクレジットカードです。

通常のショッピングで貯められるポイントはもちろん、ポンパレモールやホットペッパーなどを利用するとポイント還元率は最大4.2%になったりもします。

これはとても魅力的ですよね!

公共料金の支払いやあらゆる支払いをリクルートカードに集約することで、より多く効率的にポイントを貯めたり、貯めたポイントを利用したりすることを今以上に楽しめます。

利用限度額を引き上げると、こんなことが可能になるのです。

一時的に限度額を引き上げることもできる

今の利用限度額に不足はないけれど、「たまに大きな額が必要になることがある」というような人は、一時的に引き上げることもできます。

必要な時だけ引き上げて終わったらまた元に戻すことができるので、臨機応変なカード利用ができます。

限度額を引き上げるデメリット

利用限度額を引き上げるメリットに対して、デメリットもあります。

限度額の引き上げに審査が必要

利用限度額は利用者の信用情報に基づいて審査され決定されたものなので、それを引き上げるには再度審査が必要になります。

この手続きが多少面倒かもしれません。

また、審査結果が出るまでには1週間ほどかかることもあります。

申し込みは早めにしておくと良いですね!

使いすぎにならないように注意

利用限度額は10万円以上10万円単位で設定できます。

よって、「1万円だけ増やしたい」場合でも、10万円増えてしまうのです。

これまでは利用限度額でストップしていた利用限度額を超えても引き続き利用できるようになり、「いつの間にか使いすぎてしまっていた…」というようなリスクも考えられます。

やはり利用限度額と利用残高は、こまめにチェックしておく必要がありますね。

リクルートカードの利用限度額を変更する方法

利用限度額のメリットとデメリットを確認したところで、さっそく利用限度額の変更方法をご紹介したいと思います。

Mastercard/VISAの場合
  1. 下記のMUFGカードコールセンターへ電話する
    【MUFGカードコールセンター】
    受付時間:9:00~17:00(年末年始以外無休)
    ナビダイヤル:0570-05-0535(または03-5489-6165)
  2. 「利用限度額を上げたい」旨をオペレーターに伝える
JCBの場合
  1. 下記のJCBインフォメーションセンターへ電話する
    【JCBインフォメーションセンター】
    受付時間:9:00~17:00(年中無休)
    東京:0422-76-1700 / 大阪:06-6941-1700
    福岡:092-712-4450 /札幌:011-271-1411
  2. 「利用限度額を上げたい」旨をオペレーターに伝える

最後に

リクルートカードの利用限度額を確認し、必要に応じて限度額の引き上げをする方法をご紹介しました。

リクルートカードの利用限度額はとても重要ですので、会員サイトで確認をしておきましょう。

なお、利用限度額は「1ヶ月ごと」に利用できる最大の金額というわけではありません。

たとえば20万円の利用限度額のうち15万円を利用していたら、残り利用できる限度額は5万円までとなります。

そして利用残高15万円の引き落としが終わるとまた20万円まで利用できるようになります。

リクルートカードの引き落とし日は毎月10日で、締め日はその前の月の15日となっています。

具体的な日付を例にすると、10月16日〜11月15日に15万円利用した場合、12月10日の引き落としが終わるまでは利用限度額は5万円のままということになります。

もしもリボ払いを利用しているのであれば、利用残高は何ヶ月にも渡って引き落としが続きます。

たとえば月々1万円の引き落としだとすると、毎月1万円ずつ利用限度額が増えていく(元の金額に戻っていく)ということになりますね。

なお、「すぐにでも利用限度額いっぱいまで戻したい」「支払える余裕がある」という人は、繰り上げ返済でいっぺんに支払ってしまうこともできます。

リクルートカードの利用限度額を確認して、より便利につかいこなしてくださいね!