貯まりやすくて使いやすい楽天ポイントは、ANAマイルに交換したり、楽天トラベルでも利用する事ができます。

意外と知らない人も多いです。楽天ポイントが旅行にも使えるってことを。旅行に行きたいなら楽天ポイントでお得に行こう!

しかし…せっかくポイントを使うなら、賢くお得にポイントを使いたいもの。

楽天ポイントを使って楽天トラベルで申し込むべきか。それともANAマイルに交換して使うべきか。

マイル交換と楽天トラベル、どちらがお得なのでしょうか?と、気になったので、実際の楽天トラベル利用例を見ながら調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

楽天カードで毎月20万円支払いなら最大96000ポイント貯まる

楽天カードの還元率は1%。100円利用で1ポイント貯まります。

単純にカード利用だけで月20万円利用すると…

月々のポイント2000円×12か月=24000ポイント!

 

さらに、楽天市場で楽天カードを使ってお買い物すると、いつでもポイント4倍になるので…

(2000ポイント×4倍=8000ポイント)×12か月=96000ポイント!

かなりのポイント数になります!楽天市場でほとんどの商品を購入できるので、すべて楽天市場で購入+楽天カードで支払いをするだけで、相当ポイント貯まります。

楽天ポイントをANAマイルに交換すると最大48000マイル貯まる

楽天ポイントは、ANAのマイルに交換できます。

レートは2ポイント=1マイル。

もし、年間24000ポイント貯めたとしたら、12000マイルに交換できます。96000ポイントなら48000マイルに交換できます。

12000マイルもあれば、国内線の往復の飛行機代が無料になりますし、国際線も12000マイルなら韓国行きの往復航空券として交換できます。

さらにマイルをコツコツ貯めていけば、ハワイやグアム、アジアやアメリカ、ヨーロッパ行きなど、様々な国際線航空券と交換する事ができます。(ちなみに、ハワイは往復4万マイル)

楽天ポイントをANAマイルに交換するのはもったいない?

楽天トラベルでは、1ポイント=1円で楽天ポイントを利用する事ができます。

楽天トラベルには

  • 「ホテル予約のみ」
  • 「航空券のみ」
  • 「高速バス予約」
  • 「宿泊&レンタカーセット」
  • 「ホテル&航空券セット」

と、様々なスタイルで予約が可能です。

これを楽天ポイントで支払いすれば、実質無料で旅行できるという事になります!

しかし、ここで注意が必要です。

 

1回の予約につき、楽天ポイントは3万ポイントまでしか使えない

 

さらに、

 

一か月で利用できるのも合計10万ポイントまでしか使えない

 

という制限があります。

つまり、一度の予約を3万円以内に抑えなければ、差額は自腹で支払う事になります。

楽天トラベルで楽天ポイントを利用した場合

4人家族で1泊2日旅行の場合

大人2名
航空券:30000円
宿泊費:20000円

子供2名
航空券:15000円
宿泊費:10000円
_________
合計:75000円

30000円分はポイント利用して、45000円支払いするか、航空券とホテル代の予約を分けて予約し、60000ポイント利用して15000円支払いをします。

しかし、航空券とホテルをまとめてパックで予約した方が、お得な金額で予約できるので、飛行機とホテルを分けて予約してしまうと、トータル的に支払う金額は増える場合があります。

ポイントを使う為に支払う金額が増えるのは本末転倒。せっかくポイントを使って節約したいのに、これでは意味がありません。

カップルで1泊2日旅行の場合

大人2名
航空券:30000円
宿泊費:16000円
_________
合計46000円

30000円分はポイント利用して、16000円の支払いにする事も可能ですが、航空券とホテルの予約を分けて行えば、全額ポイント払いも可能。

でも、こちらも先ほどと同様に、分けて予約するのは得策ではない…。

ひとり旅

大人1名
航空券:15000円
宿泊費:8000円
_________
合計:23000円

…全額楽天ポイントで支払い可能なので、実質無料で旅行ができる!

 

楽天ポイントは、マイルに交換しなくても、楽天トラベルで使えば、お得に節約して旅行を楽しめます。

全て楽天ポイントでまかなうには、1回で3万円以内の支払いに使うのがベストです。

国内を一人で贅沢に旅行するか、少しランクを落として2人で楽しく旅行するか、という使い道に限られます。

 

3名以上で旅行に行く場合は、人数分を一緒に予約しなければなりません。飛行機の座席やホテルの部屋などがバラバラになっては楽しくないですからね。

そうなると、どうしても3万円を超えてしまいます。どうしても楽天ポイントを使って現金を節約したいのであれば、飛行機とホテルを分けて予約する方法も可能です。(ポイント利用合計が1か月で10万ポイント以内)

ただし、楽天トラベルは航空券とホテルを別々で予約するよりも、ツアーで予約した方がトータルの金額的にお得になるので、どちらがよりメリットがあるか比較しながら予約スタイルを決めましょう。

ANAマイルに交換せず楽天ポイントを貯めて、楽天トラベルを利用するメリット

楽天ポイントをANAマイルに交換して使えば、航空券代を節約できます。

しかし、マイルの主な利用は航空券のみ。ホテル代はすべて実費です。

ホテルの宿泊にもマイルを使って予約できますが、20000マイル以上のものが多く、お得とは言いにくいです。

 

楽天トラベルなら、ツアーで予約すると航空券とホテルのセットで予約できるので、これをポイント利用すれば、実質無料で旅行できてしまうのです。

他にも、クーポンを使ったり限定グッズがもらえたり、多種多様な特典が用意されているので、楽天トラベルで予約した方が、マイルよりメリットは得られやすいです。

 

ちなみに、早めのホテル予約や、直前のレンタカー予約では、タイミングによってポイントアップされる事もあります^^

ANAマイルの優れている点

楽天ポイントをそのまま楽天トラベルで使用するメリットについてお伝えしてきましたが、もちろんANAマイルに交換して利用する方がメリットになる場合もあります。

それは、飛行機代が高額になる場合です。つまり海外旅行の場合ってことですね。

ハワイ、パリ、ニューヨークにそれぞれ7日間滞在する旅行に申し込む場合、格安ツアーとANAマイルだとどれぐらい差が出るのか。調べてみました。

 

一人分の料金、7日間の旅行の場合の目安料金

格安ツアー
(トラベルコ調べ)
(ホテル込)
ANAマイル
(飛行機のみ)
往復飛行機代
(ANA)
(飛行機のみ)
ハワイ 約15万円 40000マイル 約16万円
パリ 約15万円 50000マイル 約50万円
ニューヨーク 約15万円 55000マイル 約37万円

 

楽天ポイントを80000ポイント貯めて、40000マイルに交換。ホテル1泊1万円とした場合、5泊で5万円。

ANAマイルに交換すれば

 

楽天カード以外でも、TポイントやVISAカード系のワールドプレゼントポイント、nanacoポイント等、私達の身近なポイントをANAマイルに交換する事ができるのです。

貯まったポイントを全てANAマイルに交換すれば、貯まるスピードも早くなりますね。

また、ANAは航空券だけでなく、100マイルから使える動画サイト「ANAシアター」や、国内線のWi-Fi利用もマイルを使えます。

ANAでの旅行や出張が多い方は、マイルの幅広い使い方をする事も可能です。

貯めたポイントを旅行に使えるおすすめのクレジットカード

リクルートカード

リクルートカードで貯めたリクルートポイントはじゃらんで利用する事ができます。

じゃらんは旅行サイトの中でも人気が高く、高額クーポンとゲットしてから予約に利用ができるので、お得感もかなりあります。

また、ポイント還元率も1.2%と高く、Pontaポイントとも合算できるので、貯まりやすい上に使い勝手がよいポイントです。

JTB旅カード

JTB旅カードで貯めたJTBトラベルポイントは、JTBでの国内・海外旅行予約に利用できます。

JTBと言えば、旅行会社の老舗でもありますし、サービスやサポートも充実していて安心した旅の時間を送る事ができますね。

ネットだけの旅行サイトと違い、不明点やトラブルの際は直接店舗に行けるというメリットもあります。

ポイント還元率は1.0%ですが、JTBのサイトでJTB旅カード決済をすると、+0.5~1.0%上乗せされます。

Yahoo!カード

Yahoo!カードはTポイントが、100円=1ポイント貯まるクレジットカードです。

貯まったポイントを旅行で使うには、Yahoo!トラベルがあります。

Yahoo!プレミアムなら旅行代金5%OFFになったり、最近はじゃらんのようにクーポン配布も頑張っている旅行予約サイトです。

ちなみに、Yahoo!カードだけでなく、Tカードプラスやファミマカードなど、Tポイントの貯まるカードは、Tトラベルでも利用できます。

しかし、Tトラベルは提携会社の旅行プラン紹介が多いのでおすすめはYahoo!トラベルです。

まとめ

  • 楽天ポイントはANAマイル交換より楽天トラベルで利用した方がお得
  • 楽天トラベルで使えるポイントは1回3万ポイントまで
  • 2名以上の旅行は航空券とホテル予約を分けてポイントで実質無料

せっかく頑張って貯めたポイントですから、やっぱり有効的にお得に利用したいですよね。

特に、出費の多くなりがちな旅行にポイント使うのは、とても上手な使い方だと思います。

しかし、なんでもかんでもマイルに交換すれば良いという問題でもありません。

貯まったポイントをどのサイトで使えば一番無駄なく利用できるのか、ポイントの使用制限数までチェックして、出費してしまいがちな旅行を安くお得な旅にできるよう、しっかりサイトをチェックしてみましょう。

 

実はANAマイルには最大の欠点があった!

ここ最近、ANAマイルを貯める陸マイラー(おかまいらー)が爆発的に増え、ANAマイルを使って予約をする人がものすごく増えました。

ANAマイルは、ポイントサイトとソラチカカードを駆使することで、交換レートを80%~90%に引き上げることができ、誰でも簡単に数か月で10万マイル以上貯めることができるんです。

実際に私も同じ方法で、約半年ほどで20万マイル分のポイントを貯めることができました。誰でもやればできる簡単な方法です。

 

ANAマイルを貯める人が増えたということは、ANAマイルを使って旅行に行きたい人も増えているということです。

ANAマイルで飛行機の予約ができない?!

マイルを使って予約できる席数が限られており、1便につき4~8席ほどしか用意されていないのです。この事実を知らずにマイルを貯めてる人も…

 

特に海外旅行先No.1のハワイは、10か月先まですべての便が満席になっており、長期計画を立てないと予約ができない超激戦区となっております。

土日祝日や長期休暇、連休になると1年後でも予約を取るのは難しいです。(マイルの座席を予約できるのは1年後まで)

 

つまり、ANAマイルでハワイに行くのはかなり難しい!

 

…ということをここで覚えておいてください。

(アメリカやアジア、ヨーロッパあたりは比較的予約しやすいです。でも連休になるとやはり満席になってる場合も…。)

 

マイルを貯めても使えなければ意味がない!

 

しかもしかも、マイルは有効期限が3年と決まっており、3年経過したら消えます。ただ持っているだけでは損をしてしまう可能性も…。予約できるまで待つのも3年まで。

マイルを貯め始めてから3年以内に予約を取らなければいけません。

 

そこで、私はANAマイルだけじゃなく、JALマイルも貯めることにしました。

JALマイルは交換レートが50%と、ANAマイルと比べて低く貯めにくいイメージがあります。だから陸マイラーたちはJALを敬遠しがち。

でも私はそこをあえてJALマイルを貯めることにしました。

 

JALマイルならハワイの予約が取れる!

 

ANAマイルと比べるとJALマイルを利用する人は少ないので、マイルを使って座席の予約を取りやすいんです。

だから私は、ハワイに行くときはJALマイルを使って、それ以外はANAマイルを使って飛行機に乗るように考えました。

ANAマイルだけにこだわらず、JALマイルもあわせて貯めておくことで、いざと言う時に便利です。ANAが満席でもJALが使えますからね。

 

モッピー経由だとJALマイル交換レートが最大90%以上!

複数あるポイントサイトの中で、JALマイルを貯めやすいポイントサイトが「モッピー」です。

2017年9月から期間限定で始まったキャンペーンが、大好評のため2018年2月まで継続されることになりました。

モッピーで貯めたポイントを直接JALマイルに交換することで、最大90%以上のレートに引き上げされるキャンペーンです。

通常は3ポイントで1マイル、33%のレートとかなり低い水準だったのですが、約3倍近くレートを引き上げるという、先陣を切って大胆なキャンペーンをモッピーが実施してくれました。

 

交換レート80%~90%以上でJALマイルをGETする手順

  1. モッピーに無料会員登録する
  2. モッピーでクレジットカードを発行してポイントを貯める
  3. 最低12000ポイント貯めてJALマイルに交換
  4. キャンペーン適用され、実質7500ポイントで6000マイルに交換できる

 

キャンペーン適用条件として、以下のクレジットカードに申し込む必要があります。

以下で紹介しているカード以外にも、まだ種類はありますので、モッピーに登録後ご確認ください。

キャンペーン適用条件となるクレジットカードがこちら

 

認定された一部のサイト限定!マイルプレゼントキャンペーン

さらに、認定された一部のサイト限定のキャンペーンを当サイトでも実施しております。

なんと、下のバナーからモッピーに無料会員登録してくれた方に、無料で1000ポイントをプレゼント!

通常は、無料会員登録するだけだと何ももらえません。0ポイントからスタートとなります。

当サイトを経由せずにモッピーに登録しても何ももらえません。

しかし、当サイトからモッピーにご登録いただいた方は、1000ポイントからスタートできます。約400JALマイル分が無料会員登録でもらえるってことです。

 

なので、今このページをご覧頂いてるあなたはとても運がいいと思います。無料で1000円分のポイントをGETできるチャンスですから。

 

「登録後6か月以内にポイント交換することが条件」となっておりますが、ご安心ください。

登録してからモッピーでクレジットカードを申し込んでも、1~2か月ほどあれば、12000ポイント貯めることは可能です。

なので、6ヶ月もあれば自分のペースでポイントを貯めることができ、JALマイルに交換することができます。

 

モッピーでJALカードを登録するとJALマイルもらえる!

まだJALマイルを貯める為の口座番号「お得意様番号」を持っていない方は、これを機にモッピーに登録をしてJALカードを発行してください。

 

JALカードを発行すれば自動的にお得意様番号が発行されるので、そのままモッピーで貯めたポイントをJALカードを使ってJALマイルに交換できます。

 

さらに、モッピー経由でJALカードを申し込むと、最大8000ポイントもらえます。JALマイルで考えると約6500マイルです。

さらにさらに、JALが公式で実施しているマイルプレゼントキャンペーンも適用されるので、入会キャンペーンの二重取りができる裏技もできます。

 

ちなみに私もこれを機に、JALアメックスのプラチナカードに申し込みました。プラチナカードとなると申し込みから発行まで1か月ほどかかるそうなので気長に待ってるところです^^

 

【クレナビ×モッピー】
2018年3月31日までの期間限定!最大2000円分のポイントもらえるキャンペーン中!

期間限定キャンペーン中!モッピーを利用して最大2000円分のポイントを受け取ることができます。普段は会員登録してもポイントなんかもらえないので、キャンペーン中の今のうちに登録しておいてください。

モッピーでJALマイルを貯めよう
  • モッピー公式サイトへ移動する
  • 空メールを送信する
  • 必要事項を簡単に入力する
  • 会員登録完了!
会員登録が1分で完了!

 

追伸1:

「ANAマイルには欠点があった!」とお伝えしましたが、かといってデメリットばっかりではありません。

もし仮に座席の予約ができずにANAマイルが余ってしまったとしても、ANA SKYコインに交換すれば、ANA公式サイトから「航空券+ホテルパック」の予約も可能です。

ANA SKYコインとは?

楽天トラベルで楽天ポイントを使えるように、ANAの旅行予約サイトでANA SKYコインを使うことができます。

やはり、JALマイルに比べるとANAマイルは90%の交換レートなので貯めやすいです。

ANAマイルがダメだからJALマイルを貯めよう、というわけではなく、ANAマイルもJALマイルも一緒に貯めましょう!ということをお伝えしたかったです。

 

追伸2:

モッピーを使って137500マイル貯めた話をまとめました。ANAとJALを合わせたら20万マイル貯まりました。

▼【JALマイル】実際に私が137,500マイル貯めた話はこちら

スポンサードリンク

↓JALマイル貯まるおすすめカード↓

↓ANAマイル貯まるおすすめカード↓

↓dカードGOLDは毎年6000マイル貯まる↓

↓マイル貯めてファーストクラス乗ります↓

↓陸マイラー必須カード↓

スポンサードリンク