サイフに入っていたはずの楽天カードがない!

失くしたの?盗まれた?…と焦って途方に暮れる前に、まずは落ち着いてこの記事を読んで下さい。

楽天カードを紛失したあなたのために、まず確認して欲しい点や、再発行の仕方、不正利用されても助かる方法などを、ご紹介していきたいと思います。

 

楽天カードを紛失したらすぐに明細書を確認しておこう!不正利用されている可能性があります

楽天カードを紛失して、一番最初に気になるのが、不正利用されていないかという事。

まずは、楽天カードの利用履歴をチェックしましょう。

明細書で確認するのが普通ですが、楽天カードはインターネットサービスの楽天e-NAVIでリアルタイムの明細をネット確認する事ができます。

ただし、明細の反映には2~3日、利用場所によっては数週間後に反映される可能性もあります。

そのため、紛失前に「カード利用お知らせメール」をという利用速報メールを登録していた人は、そちらを確認するのがおすすめです。

このメールを登録しておくと、明細書への反映より早く、最短で翌日に登録メールアドレスに速報メールが届きます。

利用した覚えのない速報メールが届いたら、不正利用されている可能性が高いので、すぐに確認が必要です。

楽天カードを紛失した時のカード会社の連絡先について

不正利用に気付いた時や、紛失してすぐにどうしたら良いか分からない場合は、まずは以下の専用ダイヤルに連絡しましょう。

紛失・盗難 専用ダイヤル

電話番号:0120-86-6910
営業時間:24時間

フリーダイヤル不可回線の場合

電話番号:092-474-9256
営業時間:24時間

ちなみに、楽天カードのコンタクトセンターでも盗難・紛失の対応ができます。

楽天カードコンタクトセンター

電話番号:0570-666910
もしくは、0570-046910

※自動音声対応

カード会社以外にも、警察に連絡しておいた方がいい?

クレジットカードを紛失したら、警察に紛失届も提出しておきましょう。

紛失届を出していれば、万が一楽天カードが警察に届いた場合、警察から連絡をもらう事もできます。

紛失届は、楽天カードを落とした付近の交番か、手続きが早いのは、警察署もおすすめです。

地域によっては、ネットで紛失届を提出したり、自宅で印刷した紛失届に必要事項を記入して、後日警察署に持参するという方法も可能です。

 

海外で紛失した場合はどうすればいい?

海外で楽天カードを紛失すると、国内とは対応が異なります。

海外から電話連絡

海外から、以下の紛失・盗難専用ダイヤルに連絡しましょう。

海外:紛失・盗難専用ダイヤル

電話番号:81(国コード)-92-474-9256

営業時間:24時間

海外からの電話は通話料が高くなる為、楽天カードではコレクトコール(電話を受ける方が通話料金を払うシステム)に対応しています。

スマホからかける事もできますが、コレクトコールを使うと、一旦、電話交換手に日本への回線を繋いでから楽天の専用ダイヤルに繋ぐので、ホテルのフロントなどで電話をお願いすると分かりやすいでしょう。

その際は、ホテル側へサービス料を支払う必要があるかもしれませんので、心配な場合は事前確認して下さい。

楽天カードへの連絡が終わったら、カードの利用は一時停止されるので、海外での不正利用の心配はなくなります。

現地で警察へ行く

後は再発行手続きを待つ事になりますが、もし不正利用されていた時の為に、現地の警察で紛失証明書を発行してもらいましょう。

これは、楽天カードでの海外盗難補償だけでなく、あなたが加入している海外旅行保険で、紛失物の補償をしてもらう時に利用できる可能性もあるのでおすすめです。

国によっては、証明書の発行に手数料がかかります。

また、パスポートも必ず持参しましょう。

私はカメラの紛失で証明書発行した経験がありますが、国をまたいでの証明書発行なので、言葉の問題があったり手続きに手間がかかったりと、時間がかかります。

旅行の日程が崩れてしまうので、同行者に迷惑がかからないよう気遣いも必要です。

楽天カードを紛失したら再発行したほうがいい?再発行するときの注意点

楽天カードは再発行した方が良い点がたくさんあります。

ここでは、ポイントやその後のカード利用法についてなど、気になる点をまとめてみましょう。

楽天ポイントはゼロになってしまう?

楽天カードで貯めていたポイントは、カードを紛失しても、失効しません。

楽天カードを発行した際に、Web上で管理できる楽天アカウントも発行していますよね。

ポイントは、このアカウントに保管されているので、カード自体を失くしても、新しく発行した楽天カードに引き継がれます。

楽天Edyの残高はどうなる?

楽天カードの紛失で、一番残念なのが楽天Edyの残高です。

楽天カードには楽天Edy機能が付帯しているので、電子マネーとしてメインで使っている人も多いと思います。

しかし、楽天Edyには、残高補償がありません。

再発行した楽天カードに引き継がれる事もなく、楽天Edy番号も変更になるので、例えば10,000円チャージしたばかりだったとしても、再発行した楽天カードの楽天Edyは0円からのスタートです。

これを考えると、楽天Edyのチャージはこまめにした方が良いと感じてしまいますね。

楽天カードの再発行は無料でできる?

楽天カードは、再発行に手数料がかかりません。

紛失・盗難専用ダイヤルに連絡をした際、カードの一時停止手続きと同時に、新しいカードの再発行が申し込めます。

ただ、再発行カードでは、今まで使っていたクレジットカード番号は変更になります。

再発行と言っても、楽天ポイントや個人情報だけを引き継いだ、全く新しいカードが発行されるといった感覚です。

カード番号が変わると、月々の支払いの変更手続きが必要?

楽天カードで光熱費や保険料を支払っている人は、毎月まとまった金額がカード引き落としになっているでしょう。

これらの引き落としは、カード番号と紐づけられていて、そのカード番号の信用情報の基に引き落とされています。

そのため、カード番号が変わってしまうと、電気代やスマホ代の引き落としもできなくなります。

面倒ですが、今まで登録していた毎月や隔月の引き落とし先には、カード番号の変更手続きをして下さい。

前月の明細書を見ながら、電力会社等に連絡しますが、中には年に1度の支払いを選択している保険料などもあると思うので、チェックを忘れないよう気をつけて下さい。

手続き漏れがあった場合は、該当の会社から「引き落としができません」という通知が手紙や電話で来るので、その時にカード番号変更をしたり、間に合わなければ払込用紙でコンビニ支払いという手段もあり
ます。

 

楽天カードは不正利用されても補償制度は付帯されているのか?

楽天カードには紛失や盗難の際に不正利用されても、補償制度があります。

対象は、楽天カード会社側にあなたが紛失の連絡をし、受理された日から数えて60日前以降の利用分です。

楽天カードの利用履歴は、速報メールなどで確認できるので、不正利用に気付いた時点でできるだけ早く連絡しましょう。

補償が必要と判断されると、カード会社から

  • 紛失盗難被害通知
  • 紛失盗難状況ヒアリングシート

が郵送されます。

海外で紛失した場合には、更に

  • パスポートコピー
  • 警察届出コピー
  • 警察不届出理由書

が必要になります。

必要事項を記入した、素早く返送しましょう。

書類がカード会社に届くと、今回の不正利用に対して保険会社が審査し、支払い不要と判断されれば、明細書に記載された分でも、支払い免除が受けられます。

手続きは書類提出だけなので簡単ですが、補償期間が遡って60日前以降なので、気付いた時点で迅速な行動をするよう心がけましょう。

最後に

  • 楽天カードを紛失したら、まずは専用ダイヤルに連絡を
  • ポイントや不正利用には対応してもらえるが、楽天Edy残高だけは諦めざるを得ない
  • 再発行した楽天カードは、カード番号が新しくなるので各種手続きが必要

楽天カードは、大手で人気のクレジットカードという事もあり、紛失した時の対処方法も分かりやすく不安がありません。

とは言え、カードがない事に気付いた時には、誰でも焦ってしまうものです。

ポイントや不正利用に関しては、落ち着いて確認し、所定の手続きを行いましょう。

ただ残念なのが、楽天Edyの残高が戻ってこないと言いう現実。

クレジットカード機能をメインに使っているなら、そんなに痛手ではないと思いますが、今回失くした事を機に、またまだ失くしていない人は今日から、残高を不用意に高額に保管せず、こまめに管理する事をおすすめします。