今回はアカデミーとユニークな名前が付けられている楽天カードアカデミーについて紹介します。

楽天カードアカデミーとは言わば、楽天グループの学生向けクレジットカードです。

各クレジットカード会社の通常スペック(楽天カード相当)よりも性能をマイルドにし、収入のない学生でも使い易くしたものとなります。

その分、一般的なものよりも制限があったり、独自のサービスが導入されていることも多く、楽天カードアカデミーも同グループカードにはない特徴があるので、重点的に紹介していきます。

スタンダードな楽天カードと比べてどこが突出しているのか、または申し込むべき人物はどのような方なのかについても言及しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、こちらでその他種類のカードも同じく無印と比較解説していますので、合わせてお読みください。

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

17日10時まで!!今年最後の7000ポイントキャンペーンです

7000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

楽天カードアカデミーとは?

冒頭でも紹介しましたが、楽天カードアカデミーとは学生専用のクレジットカードで、比較的収入の不安定、または少額な学生のために安心で便利なサービスを充実させた楽天カードとなっています。

一番の特徴は、書籍を中心として楽天グループの優待サービスがあることです。

学生限定ということで、基本スペックである楽天カードよりも変更点が多く、特に利用限度額が大きく異なる、楽天で利用(指定)できる国際ブランドが一部使えないなどの制限があります。

詳しくはこちらの比較表をご覧ください。

種類 楽天カード 楽天カードアカデミー
国際ブランド MASTER CARD

JCB

VISA

JCB

VISA

年会費 永年無料
対象者 18歳以上(高校生除く) 学生
共通特典 ネットショッピングでも街の買い物でも100円で1ポイント貯まる

海外旅行損害保険付き

ネット不正安心制度

カード利用お知らせメール

カード盗難保険完備

SPU特典※2 ポイント4倍

※1 初年度は年会費無料のうえ、さらに年1回の利用で来年以降もその年が無料に

※2 スーパーポイントプログラムの略。この倍率でもらえるポイントは期間限定で利用する必要あり。

各特典 楽天カード 楽天カードアカデミー
最高利用限度額(ショッピング) 100万円 10万円~30万円※1
楽天グループの優待サービス なし 楽天ブックス利用で
ポイント5倍※2
楽天トラベルで高速バス予約をするとポイント3倍
楽天ダウンロードを利用するとポイント3倍
空港ラウンジサービス なし
各種保険 なし

※1 初回は10万円で設定されることがほとんど。

※2ただし、入会初年度対象

 

ご覧の通り、楽天カードは利用限度額100万円に対して、MASTER CARD、JCB、VISAをクレジットカード作成時に選択可能ですが、楽天アカデミーカードは、利用限度額30万円に対して利用可能ブランドはJCB、VISAのみで、スペックダウンしています。

特に利用限度額が70万円減額と大幅に劣っているのですが、学生での支払いを想定すると、例えば、書籍の購入であったり、卒業旅行などのキャンパスライフの充実には十分な額なのではないでしょうか。

そもそも学生という身分でクレジットカードを最大30万円発行してくれること自体、楽天は受け口が広いように思います。

他社のクレジットカード会社では、学生専用、または向けの商品がない場合も多く、そうなると楽天カードのような標準スペックに申し込まざる負えません。

当然、審査も学生に合わせたものではないですから、アルバイトがメインで収入の乏しい学生は不利となるのです。

楽天アカデミーカードの審査は、その点も踏まえて審査が行われるものと思うので、収入に関わらず学生であれば安心して申し込むことが出来ます。

利用限度額と国際ブランド以外はほぼ同じと言っても良いですが、やはり、学生向けなので申し込み対象者が18歳以上(高校生を除く)から学生に変更になってます。

また、無印のものと楽天アカデミーカードの一番の違いは、楽天グループの優待サービスの有無です。

本クレジットカードの肝となる楽天グループの優待サービスは3つで、以下のサービスが特典として受けることが出来ます。

  1. 楽天ブックスの利用でポイント5倍
  2. 楽天トラベルで高速バスの予約でポイント3倍
  3. 楽天ダウンロードの利用でポイント3倍

学生生活で考えると実に無駄なく利用出来る特典で、書籍の購入は楽天ブックス、実家への帰省、または友達との旅行は楽天トラベルでお得に利用することが可能です。

楽天ダウンロードには電子書籍以外にも、映画やアニメ、ソフトウェアが含まれますので、学習ソフトをダウンロードして勉強に活用しても良いですし、勉学の息抜きに娯楽を充実させることも出来ます。

基本的に楽天グループのサービスを利用した場合1%以上ポイントが付与されるので、楽天ブックスを例に考えてみると、単純計算で5倍お得に利用できることになります。

例えば、1万円分利用すれば通常は100円相当のポイントであるものが、楽天アカデミーカード経由の利用で500円相当の楽天ポイントが付与されるのです。

マンガの単行本であれば無料で一冊買えてしまうレベルでお得な特典となります。

学生生活で欠かせない教科書は購入が必須な教授指定のものが多く、入学時や初年度はどうしても書籍代がかさんでしまいます。

その時に楽天カードアカデミーがあれば、マンガ一つ分どころか、小旅行が出来るほどポイントとして還元されるのは想像に難くありません。

最初に教科書をそろえるのは親御さんに援助してもらう場合も多いと思いますので、お小遣いをもらって楽天ブックスでそろえてしまえば、大量のポイントだけ賢く受け取ることも可能です。

学生だから返済が不安?心配ご無用早見返済表

申し込むのが学生ということで、楽天アカデミーカード作成を検討されている方の中には自分で返済できるのか不安10万円や30万円の大金、借金をして大丈夫なのか?と思っている人も多いと思います。

そこで、皆さんが安心して利用できるように10万円~30万円までの返済シミュレーションを用意しました。

それぞれ10万円、20万円、30万円の初回返済から最終返済まで網羅しているので、どのような返済生活になるのか自身に置き換えてシミュレートしてみてください。

全体の条件として貸付利率は18%、月々の返済額は可変型となっています。

10万円利用した場合の返済シミュレーション
返済回数 返済金額 元金充当分 利息充当分 借金残高
1 4,479円 3,000円 1,479円 97,000円
2 4,435円 3,000円 1,435円 94,000円
3 4,390円 3,000円 1,390円 91,000円
4 4,346円 3,000円 1,346円 88,000円
5 4,301円 3,000円 1,301円 85,000円
6 4,257円 3,000円 1,257円 82,000円
7 4,213円 3,000円 1,213円 79,000円
8 4,168円 3,000円 1,168円 76,000円
9 4,124円 3,000円 1,124円 73,000円
10 4,080円 3,000円 1,080円 70,000円
11 4,035円 3,000円 1,035円 67,000円
12 3,991円 3,000円 991円 64,000円
13 3,946円 3,000円 946円 61,000円
14 3,902円 3,000円 902円 58,000円
15 3,858円 3,000円 858円 55,000円
16 3,813円 3,000円 813円 52,000円
17 3,769円 3,000円 769円 49,000円
18 3,724円 3,000円 724円 46,000円
19 3,680円 3,000円 680円 43,000円
20 3,636円 3,000円 636円 40,000円
21 3,591円 3,000円 591円 37,000円
22 3,547円 3,000円 547円 34,000円
23 3,503円 3,000円 503円 31,000円
24 3,458円 3,000円 458円 28,000円
25 3,414円 3,000円 414円 25,000円
26 3,369円 3,000円 369円 22,000円
27 3,325円 3,000円 325円 19,000円
28 3,281円 3,000円 281円 16,000円
29 3,236円 3,000円 236円 13,000円
30 3,192円 3,000円 192円 10,000円
31 3,147円 3,000円 147円 7,000円
32 3,103円 3,000円 103円 4,000円
33 3,059円 3,000円 59円 1,000円
34 1,014円 1,000円 14円 0円
借入額 100,000円
総支払利息 25,386円
総支払額 125,386円
20万円利用した場合の返済シミュレーション
返済回数 返済額 元金充当分 利息充当分 借金残高
1 8,958円 6,000円 2,958円 194,000円
2 8,870円 6,000円 2,870円 188,000円
3 8,781円 6,000円 2,781円 182,000円
4 8,692円 6,000円 2,692円 176,000円
5 8,603円 6,000円 2,603円 170,000円
6 8,515円 6,000円 2,515円 164,000円
7 8,426円 6,000円 2,426円 158,000円
8 8,337円 6,000円 2,337円 152,000円
9 8,248円 6,000円 2,248円 146,000円
10 8,160円 6,000円 2,160円 140,000円
11 8,071円 6,000円 2,071円 134,000円
12 7,982円 6,000円 1,982円 128,000円
13 7,893円 6,000円 1,893円 122,000円
14 7,804円 6,000円 1,804円 116,000円
15 7,716円 6,000円 1,716円 110,000円
16 7,627円 6,000円 1,627円 104,000円
17 7,538円 6,000円 1,538円 98,000円
18 7,449円 6,000円 1,449円 92,000円
19 7,361円 6,000円 1,361円 86,000円
20 7,272円 6,000円 1,272円 80,000円
21 7,183円 6,000円 1,183円 74,000円
22 7,094円 6,000円 1,094円 68,000円
23 7,006円 6,000円 1,006円 62,000円
24 6,917円 6,000円 917円 56,000円
25 6,828円 6,000円 828円 50,000円
26 6,739円 6,000円 739円 44,000円
27 6,650円 6,000円 650円 38,000円
28 6,562円 6,000円 562円 32,000円
29 6,473円 6,000円 473円 26,000円
30 6,384円 6,000円 384円 20,000円
31 6,295円 6,000円 295円 14,000円
32 6,207円 6,000円 207円 8,000円
33 6,118円 6,000円 118円 2,000円
34 2,029円 2,000円 29円 0円
借入額 200,000円
総支払利息 50,788円
総支払額 250,788円
30万円利用した場合の返済シミュレーション
返済回数 返済額 元金充当分 利息充当分 借金残高
1 14,438円 10,000円 4,438円 290,000円
2 14,290円 10,000円 4,290円 280,000円
3 14,142円 10,000円 4,142円 270,000円
4 13,994円 10,000円 3,994円 260,000円
5 13,846円 10,000円 3,846円 250,000円
6 13,698円 10,000円 3,698円 240,000円
7 13,550円 10,000円 3,550円 230,000円
8 13,402円 10,000円 3,402円 220,000円
9 13,254円 10,000円 3,254円 210,000円
10 13,106円 10,000円 3,106円 200,000円
11 12,958円 10,000円 2,958円 190,000円
12 12,810円 10,000円 2,810円 180,000円
13 12,663円 10,000円 2,663円 170,000円
14 12,515円 10,000円 2,515円 160,000円
15 12,367円 10,000円 2,367円 150,000円
16 12,219円 10,000円 2,219円 140,000円
17 12,071円 10,000円 2,071円 130,000円
18 11,923円 10,000円 1,923円 120,000円
19 11,775円 10,000円 1,775円 110,000円
20 11,627円 10,000円 1,627円 100,000円
21 11,479円 10,000円 1,479円 90,000円
22 11,331円 10,000円 1,331円 80,000円
23 11,183円 10,000円 1,183円 70,000円
24 11,035円 10,000円 1,035円 60,000円
25 10,887円 10,000円 887円 50,000円
26 10,739円 10,000円 739円 40,000円
27 10,591円 10,000円 591円 30,000円
28 10,443円 10,000円 443円 20,000円
29 10,295円 10,000円 295円 10,000円
30 10,147円 10,000円 147円 0円
借入額 300,000円
総支払利息 68,778円
総支払額 368,778円

 

漠然と数十万円借りる(ショッピング利用)と言うと、借入経験もない学生からすれば相当不透明で不安だと思いますが、こうして表で見るとどうでしょうか?

例えば、10万円を利用する程度であれば、月々の返済額は5,000円にも満たない額です。

月一回外食や遊ぶ日を節約すれば十分に返済出来てしまいますね。

であれば、一気に10万円を自由に利用できる利点やメリットの方が学生にとっては大きいのではないでしょうか?

お金で勉強する機会や青春ともいえるべき思い出を作ることは可能ですか、後でいくら大金を積んだところで学生時代のプライスレスな時間は返ってきません。

学生生活全体で1回10万円を利用すると考えれば、完済まで計34回なので、4年生大学に通っている場合は、卒業を待たずに借金はなくなり、2年生の短大や専門学生であっても社会人1年目で返済し終えることが可能。

借入額10万円に対して最終的な支払額は総額125,386円なので、この25,386円を学生生活をより豊かで優位意義なものにするための必要経費と思えるか、思えないかはあなた次第です。

例え、最大限度額の30万円を借りたとしても上記表では返済額が15,000円未満で、10万円よりも返済回数の少ない30回となっています。

多少生活に余裕のある方でアルバイトを頑張ってこなせば十分に稼げる額なので、総じて楽天アカデミーカードの利用は無理がないと考えることが出来ます。

ぜひこの早見表を参考にしつつ、ご自身の生活で無理のない利用を検討してみてください。

ちなみに楽天カード公式によると、利息と月々の返済額は下記のように決定されますので、実際の返済においてはすべてが表通りではない点は留意しておいてください。

利用残高 毎月の返済額
~10万円以下 3,000+利息
10万円超~20万円以下 6,000+利息
20万円超~50万円以下 10,000+利息
50万円超~100万円以下 20,000+利息
100万円超 40,000+利息
実はちょっとだけ1年間頑張れば10万円も完成可能!?

利息と月々の返済額は上記表のように決定すると言いましたが、実際の楽天カード側が提示している条件に沿って、既出10万円返済シミュレーション表よりも倍近い額を1年間返済するだけで、あっという間に完済することが可能です。

まずは下記表をご覧ください。

返済回数 返済金額 元金充当分 利息充当分 借金残高
1 10,479円 9,000円 1,479円 91,000円
2 10,346円 9,000円 1,346円 82,000円
3 10,213円 9,000円 1,213円 73,000円
4 10,080円 9,000円 1,080円 64,000円
5 9,946円 9,000円 946円 55,000円
6 9,813円 9,000円 813円 46,000円
7 9,680円 9,000円 680円 37,000円
8 9,547円 9,000円 547円 28,000円
9 9,414円 9,000円 414円 19,000円
10 9,281円 9,000円 281円 10,000円
11 9,147円 9,000円 147円 1,000円
12 1,014円 1,000円 14円 0円
借入額 100,000円
総支払利息 8,960円
総支払額 108,960円

 

ちょうど12回、つまりは1年間ぴったりで返済出来ているのがわかるでしょうか?

さきほどの5,000円未満のものよりも倍以上返済していると思うかもしれませんが、利息はわずか8,960円です。

比較すると25,386円に対して8,960円なので、その差は16,426円となり、多く支払うどころかむしろお得に返済出来てしまいます。

これはあくまでも平均9,000円ペースで返済をした場合なので、前倒し返済や月々の返済額を上げて借金返済を進めた場合、さらに好条件で借り終えることも可能です。

すべてはユーザーの頑張り次第でどうにでもなるので、何か資金が必要で叶えたいことがあるのであれば、ぜひ楽天カードアカデミーを一助として検討してみてください。

楽天カードよりも優れている点

楽天カードよりも楽天カードアカデミーが優れている点は、学生キラーな部分です。

無印から楽天カードアカデミーの優位分を抜いたらマイナスになってしまうほど特化した性能を誇っています。

具体的には以下の2点が素晴らしい点です。

  • 学生専用の審査
  • 各種サービスのポイント倍率

やはり、楽天カードに申し込もうとなるとそれ相応の収入や属性などステータスを求められるので、学生として背伸びなしで申し込みが行えるのは大きいですね。

通常のものとは違う専用的な基準、審査が行われ、職業で貴賤がない点(マイナスもプラスもない)はほかのカードにはないメリットです。

他にも各種サービスのポイント倍率は、もともと楽天カード(無印含む)についている倍率4倍に加えてかかるものですから、どれだけお得であるのかは使ってみて驚きといったところ。

ただし、楽天スーパーポイント部分に関しては期間限定のポイントとなってしまうので、利用には注意が必要です。

おすすめな点だけではなく、楽天カードに劣っている部分もしっかりフォローさせていただくと、やはり、利用限度額だけには目をつぶれません。

無印が100万円なのに対し、楽天アカデミーカードは10万円~30万円なので、相当な高額利用には向きません。

普通に学生生活を送るうえでは30万円以上利用することはそうないと思うので、一部の方だけ利用限度額の多寡に気を付けてもらえればと思います。

楽天カードアカデミーを絶対に申し込まなきゃ損な人

そもそも申し込み条件が学生であることが前提なので、学生全般が申し込まなければ損な人です。

ただ学生であれば申し込めないというのではなく、楽天カードアカデミーは学生でなければ受けることのできないお得な特典があるカードです。

審査難易度で言えばある意味通常よりもお得と言える基準もその恩恵の一つ。

大人になってから通りやすい楽天カードアカデミーカードに申し込んでおけばよかったと思っても後の祭りとなってしまいます。

ぜひ、今この記事を読んでいるあなたが学生という宝石のような身分である場合は利用を積極的に検討してもらえればと思います。

他にも学生内でさらに言うのであれば、よく本を買う人、ソフトをダウンロードする人にはおすすめです。

一般的な楽天ポイントよりも高いポイント倍率があるので、通常で購入するよりもキャッシュバックしてお得に購入することが出来ます。

特に楽天ブックスは倍率5倍となっているので、電子書籍に造詣が深い方にはたまらないのではないでしょうか。

楽天アカデミーカードはある意味一番の限定カード

いずれは申し込めなくなるということを考えれば楽天アカデミーカードは楽天カードの中でも一番プレミアムなカードと言えます。

数ある特典も学生の時分でなければその恩恵に預かることは出来ませんし、内容も決して無駄はなく、生活に準拠したサービスなのも評価が高いですね。

余すことなく利用できる実用性のあるクレジットカードと言えます。

他にも楽天カードの共通特典としていくつもサービスが付帯しているので、初めて借入(ショッピング利用)返済を経験するにはもってこいの初心者向きだと思います。

なんなら私が申し込みをしたいぐらいですが、残念ながら該当するユーザーの皆さんがしか利用することの出来ない特別なものなので、ぜひ興味を持ちましたら申し込みを検討してみてください。

クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもクレジットカードのことばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントを使って宿泊費を無料にしたり、貯めたマイルを使って飛行機代を無料にして、完全無料で旅行に出かけるのが至福。クレナビ管理人がクレジットカードを使って実際に30万ポイント以上を貯めた方法はこちら