QUICPayは、先にチャージして使う電子マネーとは違い、手元に現金がなくても、後払いで利用する事ができます。

使える店舗も多く、クレジットカードとの相性もよいので、いつものお支払いに利用しやすい電子マネーです。

今回は、QUICPayの入手方法を中心に、やりくり上手になれる使い方、知っていると得をする利用方法もまとめていきます。

スポンサードリンク

QUICPayはどこで入手できるの?

QUICPayを購入する前に

QUICPayは、支払った金額が後払いで引き落とされるという特徴があります。

そのため、QUICPay支払い分を引き落とせるクレジットカードや、おサイフケータイまたはApplePayの利用契約を先に用意しておかなければなりません。

クレジットカードならカード型QUICPay。

おサイフケータイ・ApplePayならモバイル型のQUICPayを利用できます。

QUICPayに対応しているカード会社は以下の通りです。

カード会社 カード型 モバイル型
アメリカンエキスプレス
JCB
楽天カード
KDDI auWALLET
ワイジェイカード
セブンカードサービス
三菱UFJニコス
クレディセゾン
ジャックス
オリコ
セディナ
エポスカード
アプラス
ニッセン
高島屋クレジット
ダイワハウスフィナンシャル
住信SBIネット銀行
トヨタファイナンス
ビューカード
JR西日本
UC
USC
りそな
静銀セゾン

QUICPayの入手方法

クレジットカードやApplePayで引き落とし先を確保できたら準備は完了。

次はQUICPayのカードを入手しましょう。

QUICPayは、契約しているクレジットカードやプリペイドカード会社の公式サイトから申込みできます。

JCBカードのように、カード型QUICPayに対応しているカードを選んで下さい。

  • クレジットカードのマイページから申込み
  • 公式サイトで資料請求をして、郵送で申込み

の2パターンが基本ですが

クレジットカード申込み時にQUICPayも同時に手続き

という方法もあります。

また、カード型の他にも、スマホ(おサイフケータイ、ApplePay)で利用したり、キーホルダー型、コイン型のQUICPayを申し込める会社もあります。

キーホルダー型は車の鍵と一緒に持てたり、コイン型はおサイフの小銭入れにいれておけば取り出しやすかったりと、いろんな持ち方ができるので、ライフスタイルに合わせたQUICPayを選んで下さい。

様々なスタイルで持てるQUICPay、損する持ち方とは?

QUICPayを使う為には、必ず引き落とし先を用意してから発行するという手順がある事が分かりました。

何も知らないで手軽な方法で発行してしまうと、実は損してしまうかもしれません。

ここでは、QUICPayの様々なスタイルの中から、デメリットのある発行方法をご紹介します。

ポイントの貯まりづらいカード会社を選んでしまう

QUICPayの引き落としは、契約しているクレジットカードの利用金額と合算して引き落とされるのが基本です。

クレジットカードと紐づいているので、QUICPayで利用した分にも、クレジットポイントがつきます。

このポイント制度はとても大切で、選ぶカード会社によってポイントの還元率が違います。

同じ1ポイントでも、200円で1ポイントなのか、100円で1ポイントなのかによって、ポイントの貯まり具合が2倍も変わります。

また、1000円単位でしかポイントがつかないというパターンもあります。

この場合、残りの999円に関してはポイント付与なしで、切り捨てられてしまいます。

ポイント重視なら、還元率の高いクレジットカードを選びましょう。

スマホの紛失で大損をしてしまう

QUICPayには、カード型とモバイル型があります。

どちらを選ぶかは自由ではありますが、モバイル型を選ぶ場合に注意して欲しい点があります。

スマホは、おサイフやカードケースより、持ち歩いていろいろな場所に置く機会が多いですよね。

  • 会話に夢中になって飲食店でスマホを放置
  • 急いで入ったトイレの荷物置き場にうっかり置きっぱなし
  • 美容室で鏡の前にスマホを置き、雑誌の下敷きになったまま忘れて帰る

これ全て私の経験によるところですが、移動の少ないカードより、スマホの方がかなりの頻度で紛失しやすいのです。

スマホの紛失は盗難にも繋がります。

セキュリティロックが甘い設定のままだと、誰かにQUICPayで支払いされてしまうかもしれません。

普段からスマホどこ行ったっけ?という場面に多く出くわすなら、カード型のQUICPayにしておいた方が安全でしょう。

QUICPayの為だけに適当にカードを発行してしまう

発行したクレジットカードでQUICPayしか利用しない場合と、毎月の引き落としも同じカードでまとめる場合だと、ポイントの貯まり具合も大きく違います。

(例)200円につき1ポイント貯まるクレジットカード

1か月の利用額
QUICPay:1万円…50ポイント
光熱費:1万円…50ポイント
保険料:2万円…100ポイント
ショッピング:3万円…150ポイント
_________________
合計:350ポイント

年間で計算すると、QUICPayだけだと600ポイント、他の支払いもまとめると4200ポイントと大きな差ができてしまいます。

もちろん、あえてQUICPayの利用額は分けて管理したい場合であれば、それはそれでしっかりした管理方法と言えます。

しかし、もしQUICPayの為に発行するクレジットカードを迷うなら、

  • ポイント還元率の良いカード
  • よくつかうお店で使いやすいポイント(楽天ポイント、Tポイントなど)が貯まるカード
  • 新規入会で大量ポイントがもらえるカード

など、カードごとの特徴を調べてから発行しましょう。

QUICPayの引き落とし先、お得なクレジットカードはこれだ!

1枚2役!QUICPay一体型のオリコカード

1枚のカードに、QUICPayとクレジットカード機能がついた便利なカード。

サイフの中でもかさばらず、しかも年会費はずーっと無料です。

100円で1オリコポイントがつき、QUICPayとの相性も良いクレジットカードです。

国際ブランド JCB、Master
年会費 永年無料
貯まるポイント オリコポイント
ポイント還元率 1.0%
QUICPayの種類 QUICPay一体型クレジットカード
QUICPayカード
QUICPayモバイル

好きなスタイルのQUICPayを選べるJCBカード

最大11000円分のキャッシュバック!期間限定入会キャンペーン実施中!

JCBカードは様々なスタイルのQUICPayを選ぶ事ができます。

カード型、モバイル型はもちろん、キーホルダー型にはANA便の利用に便利なSkip機能や、nanacoと一緒に使える機能付きのものも。

コイン型QUICPayなら、コンパクトにQUICPayを持ち歩けます。

国際ブランド JCB
年会費 1250円
・初年度無料
・2年目以降もMyJチェックの登録&年間50万円以上の利用で年会費無料
貯まるポイント OkiDokiポイント
ポイント還元率 0.5%
QUICPayの種類 QUICPayカード
ApplePay
QUICPayモバイル
キーホルダー型
コイン型

スマホでQUICPay払い!ポイントざくざくの楽天カード

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

楽天カードの魅力は、言わずと知れたポイント大量獲得チャンスの豊富さです。

新規入会ポイントは、時期によっては最大8000ポイントも可能。

楽天市場や楽天トラベルなど、使いやすいインターネットサービスが豊富で、楽天グループで利用すれば、ポイント4倍5倍なんて当たり前。

ApplePayに楽天カードを登録すれば、QUICPayを利用する事ができます。

国際ブランド VISA、JCB、Master
※VISAの場合、QUICPayの利用不可
年会費 永年無料
貯まるポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1.0%
QUICPayの種類 ApplePay

店舗でもネットでも貯めやすいTポイント!Yahoo!JAPANカード

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

街ナカで、ファミマで、ドラッグストアやスーパーで、とにかく最近いろんなお店で貯める事ができるようになったTポイント。

Yahoo!JAPANカードなら、ApplePayへの登録でQUICPayを利用する事ができます。

もちろん、貯まるのはTポイントなので、使える機会が多く使いやすさ抜群です。

国際ブランド VISA、JCB、Master
※VISAの場合、QUICPayの利用不可
年会費 永年無料
貯まるポイント Tポイント
ポイント還元率 1.0%
QUICPayの種類 ApplePay

まとめ

  • QUICPayにはクレジットカードの発行が必須
  • ネットで入会手続きができる
  • カードでもスマホでも使えて、支払いは後払い

QUICPayの最大の特徴は、電子マネーに分類されるのにチャージいらずな後払い方式という点です。

そのため、相棒となるクレジットカードの発行が必須となります。

クレジットカード選びも、ポイント還元率やQUICPayの利用スタイルなど、あなたにとって何が必要か考えながら複数社の中から選択できます。

お得感を大切に馴染みのポイントが貯まるカードもよし、還元率やカード会員特典に目をつけるのもよし。

QUICPayを入手する事で、今まで気付かなかったクレジットカードの利用方法にも目を向けられるかもしれません。

スポンサードリンク

実際に電子マネーを愛用している管理人が選ぶおすすめランキング

管理人管理人

私もほとんど現金を使うことは無く、すっかり電子マネーで支払う習慣になりました。やはり電子マネーを使うメリットといえば、

  1. 支払いがスピーディ (小銭でモタモタしない)
  2. ポイント貯まる
この2つですね。めっちゃスピーディで早い!財布が小銭でパンパンになることもありません。初めて電子マネーを使ったときの感動を今も覚えています。 いまだにレジ前で小銭モタモタしてる人は、ぜひこの機会に電子マネー使ってみてください。なんでもっと早く使わなかったんだろうって思うはずです。きっと。 しかし、電子マネーといってもたくさん種類があるし、どれをどのように使えばいいかわかりにくいのが現状です…。 そこで、実際に私がいろんな電子マネーを利用してきた中で、便利で使いやすかった種類を3つピックアップしてみました。

1位:楽天Edy(らくてんえでぃ)
  • 200円で1ポイント貯まる
  • 楽天ポイント貯まる
  • 楽天ポイントをedyに移行して使える
  • 楽天カードからチャージでポイント貯まる
  • 支払い時に「楽天Edyで支払います」と伝える

楽天edy一体型楽天カードを使用してます

楽天カードで貯めたポイントを楽天Edyに移動して使っています。そうすれば楽天Edyでの買い物はすべて実質無料ってことになります。

「楽天ポイントを使って買い物している」というのでお得感を凄く感じます。コンビニもほぼ全店舗対応してるので、ちょっとした買い物に使えて便利です。

ちなみに私は、楽天Edy機能付きの楽天カードを使っています。まだ持ってない方はぜひ使ってみてください。今貯まってる楽天ポイントを楽天Edyに移動して使えますので。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:iD(あいでぃー)
  • 100円で1ポイント貯まる
  • クレジットカードと一体型になってる
  • 後払いだからチャージしなくていい
  • 支払いはカード利用分とまとめて引き落とし
  • 支払い時に「アイディーで払います」と伝える
  • iDの支払いにdポイント使える
  • ApplePay対応

dカードはid一体型なので便利

iDは他の電子マネーと違って、チャージして使うタイプではなく、クレジットカードと一体型になっているタイプです。iDで支払いしたものはカードの引き落とし日にまとめて支払うことになります。

他の電子マネーなら200円で1ポイント貯まるのが相場ですが、iDは100円で1ポイント貯まるので、ポイント貯まりやすいタイプの電子マネーです。

iDって聞きなれない人も多いかと思いますが、実は電子マネーが登場した頃から使われてる大御所で、電子マネー使える店舗ならほぼすべての場所で使えるくらい、実は意外とめっちゃ普及しています。

さらに、iDで利用した分の支払いに、dポイントを使って充当ができます。iDで3000円利用した場合、3000ポイント使う申請をしておけば、引き落とし日に3000円差し引かれて実質ゼロ円となります。

私はdカードGOLDを愛用してます

dカードやdカードGOLDを持ってる方は、iDはカードと一体型になっているので使いやすいです。もちろん私もdカードGOLDでiDを利用しています。

私が個人的に嬉しいのは、iDはApplePay対応という点です。iPhoneにdカードを登録すれば、iPhoneをかざしてiDを利用できます。財布持たずにスマホ1台だけ持ち歩くだけで買い物できるのでものすっごく楽です。これぞ電子マネーの境地です。

個人的な話ですが、iDはスキー場で大活躍しました。iDをApplePayに登録したスマホをポケットに入れておき、休憩の時にiDで支払って飲み物買ったりしてました。荷物が最小限に抑えられて便利でしたよ。

iDを使うなら、入会キャンペーンで9000円分のiDもらえるので、dカードもしくはdカードGOLDをおすすめします。

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:WAON
  • 200円で1ポイント貯まる
  • イオン系列の店舗で大活躍
  • イオンで買い物してるなら必需品

WAON一体型イオンカードを使ってます

イオンモールなどイオンの建物内のショップでは、楽天Edyが使えずWAON対応してる店舗が多いので、愛用してる楽天Edyが使えない為、WAONを作りました。

イオンで買い物する機会が多いのでWAONポイントを地道にコツコツ貯めています。このカード持ってるだけで毎月20日30日は5%OFFになるのも嬉しい点です。年会費無料なので持ってて損することは無いですからね。

イオンカードセレクトという種類であれば、クレジットカードチャージでポイントを貯めることができます。チャージで貯めて利用で貯めて、2重でポイント貯めれるお得なワザです。

最大6000円分のときめきポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

最大6000円分のときめきポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

もはや交通系電子マネーは必需品!電車やバスを利用する為、1枚は持っておきましょう
  • 200円で1ポイント貯まる
  • チャージして使うタイプ
  • 全国の電車やバスで使用可能
  • ただしオートチャージは関東地域限定
管理人管理人

関東にお住いの方ならSuicaは必需品です!2018年3月からSuicaも改札機で自動チャージされるようになってさらに便利になりました。

SuicaはApplePayにも対応しているので、Suica機能付きのクレジットカードをiPhoneに登録すれば、iPhoneをかざして改札機を通過できます。(これがPiTaPaでもできるようになれば嬉しいんですけどね)

ちなみに私は関西なのでPiTaPaを愛用しています。大阪でもSuica使えるのですが、オートチャージ対応してないので、改札から出るときに残高不足だと止められます。これが面倒…。

Suicaもクレジットカードチャージ対応しておりますが、チャージでポイント貯まらないのが欠点。…しかし、この2種類に限り、クレジットカードのチャージでポイントを貯めることができるんです。

チャージで貯めて利用で貯めて、2重にポイント貯めれるお得ワザができるカードは、この2枚となります。

Suica使うならビュースイカカードが最もお得!

最大7000円相当のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

ビックカメラで驚異の還元率11.5%!
最大6500円相当のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

ビックカメラを利用する機会がある方はビックカメラSuicaカードを、ほとんど利用しない方はビュースイカカードを選ぶといいですよ。


↓電子マネーiD↓

↓楽天Edy↓

↓Suica↓

↓WAON↓
↓dポイント↓

クレジットカード13枚利用した私がたどり着いたポイントの貯まりやすいカードはこの3枚でした

管理人管理人

2018年5月の段階で発行した枚数は13枚!

でも正直ハズレと思うカードもいくつかありましたし、全然ポイント貯まらないカードもありました。実際に使ってみないとわからないものです…。

その中で、私が実際に13枚のカードを使ってみて、ポイント貯まりやすいと思ったカードがこちらの3枚でした。

  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!JAPANカード

なかでもこの3枚は、かなりポイント貯まりやすいので、どのカードにすればいいかわからない場合はこの3枚からひとつ選んでおけば間違いないです。

ちなみに、3枚ともすべて年会費無料なので、カードを作って損することは一切無いので、気軽な気持ちで1枚持っておいて大丈夫です。

1位:楽天カード

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:dカード

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:Yahoo!JAPANカード

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

なぜこの3枚を選んだのか。その理由についてはこちらのページで詳しくまとめました。

⇒ クレジットカードで累計30万ポイント以上貯めるクレナビ流ポイントの貯め方を完全公開