今回は後払いの電子マネーであるQUICPayとiDの違いについて徹底的に比較しました。

クイックペイiDの特徴をそれぞれ紹介しつつ、差異のある点を挙げて何が違うのかわかる記事となっています。

比較検証するだけではなく、QUICPay利用が向いている人iD利用が向いている人も紹介。

後払い電子マネーで自分に最適なものはどちらか明確にすることができ、クレジットカードで利用する電子マネーの知識がない方でも、安心して読み解くことが可能です。

もちろん、それぞれ紐付けて利用するクレジットカードについてもある程度言及していきます。

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

QUICPayの主な特徴

クイックペイの主な特徴は以下の通りです。

  • 利用デバイスに様々な形態がある
  • アップル製品に強い(順応性)
  • 基本となる無印と上位電子マネーがある
  • 支払方法によって仕様が異なる
  • 国際ブランドであるJCBが提供している

全体として、後述するiDよりも用途や利便性が幅広くカスタマイズ性のある電子マネーとなります。

利用デバイスに様々な形態がある

QUICPayには電子マネー機能、あるいは利用するための媒体が数多く用意されています。

例えば、よくあるカード形式のもの、スマートフォンに紐付けて利用する形式は基本的ですね。

さらに他社の電子マネーであるnanacoと二つセットになった電子カードキーホルダー形式の読み取り端末にQUICPay機能を持たせて携帯することが可能です。

時と場合によって利用者に合わせた形で支払いが出来ることは、クイックペイの強みの一つでしょう。

QUICPayとQUICPay+の2種類ある

また、クイックペイには上位の存在であるクイックペイプラスが存在します。

無印となるQUICPayには下記のような制限があるのですが、それらほぼすべてにおいて上位互換の機能を有しています。

  • 一度の利用は2万円まで
  • 利用対応店舗がクイックペイのみ

QUICPay+の場合は紐付けているクレジットカードの利用限度額そのものが電子マネーにおいての制限になるので、無印のような回数や一度の利用制限は存在しません。

利用店舗は無印とプラスでそれぞれ対応店舗が異なり、両方対応している店舗を含めれば三パターン存在

往々にしてクイックペイ+の方が対応可能であるお店が多いので、こちらも上位互換と言えるでしょう。(プラスは加盟店全店舗で使える)

詳しくはこちらの専用記事にて掘り下げていますので、気になる方は是非ご覧ください。

QUICPayとQUICPay+の違いについて比較した結果

支払方法によって仕様が異なる

さきほどの上位版と無印の話しに付随して、クイックペイの電子マネー払いの元となる支払い方法によってもその内容が変わってきます。

例えば、QUICPayの場合はクレジット、プリペイド、デビット(対応予定)と選べるのですが、基本クレジットが標準的な内容で、プリペイドにやや制限のある仕様です。

QUICPay公式サイト-利用可能店舗一覧-

公式サイトの一覧を見てもらえばわかる通り、クレカかプリペイド払いかで対応店舗が分かれています。

加えて言えば後者での支払いの場合、一度に2万円以下という制限はなくならず、プリペイド払いでQUICPayを利用するためにはApplePay経由で活用しなければなりません。

もう一点仕様が異なると言ったのには訳があり、利用可能店舗がさらに細分化する点は見逃せません。

対応店舗マーク クレジット プリペイド・デビット
QUICPay ×
QUICPay+

都合、クレジットで無印とプラスverで二種類、プリペイドverで一種類の計三種類存在することになります。

QUICPayはJCBが運営している

当然、クイックペイにもサービスの提供元があるのですが、運営している会社はなんと、あの国際ブランドの一つであるJCBです。

細かく言えば現イオンフィナンシャルサービスも開発していたものですが、主観ではJCBのクレカ電子マネーというイメージ。

日本で唯一の国際ブランドが開発しているだけあって安心感や信頼度は抜群ですし、JCB系列のキャンペーンとシナジーが高いのも嬉しいポイントです。

QUICPayの主な特徴簡易まとめ!
  • 多様な形態で電子マネーとして利用出来るうえ、apple製品に強い
  • 一口にクイックペイと言ってもグレードがあり、利用先や制限など内容が異なる
  • 国内唯一の国際ブランドJCB社が開発した電子マネー(イオンクレジットも)

iDの主な特徴

  • ドコモ系サービスに強い
  • 開催されているキャンペーン数が多い
  • 支払方法に3方式を採用

クイックペイに対して、iDの主な特徴はこちらの3点です。

ドコモ系(三井住友系)サービスに強い

何といってもドコモ系の電子マネーなので、とにかく自社グループのサービスには強い特徴があります。

それを強く表しているのが同じくドコモ系クレジットカードであるdカードとの相互効果

【dカード】

年会費
無料
家族カード
ETCカード
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
ローソンで
最大5%OFF
dポイント
貯まりやすい
JALマイル
還元率0.5%
ドコモ携帯
毎月1%
ポイント貯まる
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大8000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

dカードでiD利用出来るのはもちろん、申し込みも設定も不要で利用出来ると公式サイトで謡われるほど、両者間での利用に優れています。

さらにケータイ紛失時でもあんしんサービスや、海外でもスマホショッピング機能など、ドコモならではのクレカ電子マネー利用が可能です。

前者は紐づけていた携帯紛失時でも、利用中断+iDの決済も止められるという優れモノ。

後者はその名の通り、海外でもワンタッチ、携帯をかざすだけでiDを利用出来るサービスです。

ドコモ以外にも三井住友系のクレジットカードで利用することができ、ドコモ同様iDの使い勝手が良いように設計されています。

開催されているキャンペーン数が多い

そして、iDでユーザーにとって重要で特徴的なものと言えば、キャンペーンの豊富さです。

現時点で確認出来るもので、タイアップキャンペーンが3種類。

クレジットカード別のキャンペーンが7種類の計10種類と電子マネーだけの特典や優待にしては破格のバラエティと言えるでしょう。

あくまでもiDに関わるキャンペーンだけなので、dカード自体のものと組み合わせたらお得度は何倍にもなります。

支払方法に3方式を採用

クイックペイの特徴でも少し触れましたが、iDもクレジットカード以外にプリペイドとデビット払いの支払い方式が選択可能になっています。

QUICPayの場合はこれからデビット払いが対応とのことですが、iDは現時点でしっかりと3方式に対応しています。

つまり、一般的にポストペイと言われる後払い方式はクレカ決済即引き落としはデビット先払いはプリペイドとユーザーの好きな方法で利用出来るのが魅力的です。

iDの主な特徴簡易まとめ!
  • ドコモ系(三井住友系)のサービスに強く、お得なiDキャンペーンも多い
  • クイックペイと同じ3方式を採用しているが、こちらはすべて実装済み

両者で共通している特徴

それぞれ特筆すべき点を紹介しましたが、ここでは共通した部分を紹介します。

まず、冒頭でもお伝えしている通り、後払い方式の電子マネーであること。

電子マネー決済自体はその場ですぐに済みますが、クレジットカードへの支払いはしばらく後になります。

さらにQUICPayもiDもそれぞれにお金をチャージして支払う機能はありません。

別途キャンペーンや還元で充当されるポイントはありますが、基本的にカード払いを元にした決済方法です。

また、上記仕様から残高という存在がなく、利用した分だけ請求される仕組みです。

クレジットカードの利用枠が利用可能残高と言っても良いでしょう。

iDもQUICPayもApplePayでつなげることが可能

両者最大の共通点となるのが主にスマートフォン端末で利用出来るApplePayの存在

アップルペイとは、クレジットカード情報を登録して電子マネーとして利用出来るものです。

私も実際にApplePayを利用して買い物してみました。ApplePayでiD決済でファミマでプロテインバーを購入。

dカードGOLDをApplePayに登録したらiD利用、アメックスカードを登録したらQUICPay利用できるようになります。

人生初のApplePayでしたが、ものすごい楽で感動しました。癖になりそうな感覚もあり、これを一度体験するともう現金払いに戻れなくなるほど、便利です。

次に近所のスーパーで、ApplePayでQUICPay決済で食材を購入。

 

このApplePayにはiD、QUICPayとして機能を持たせることができ、正しくはアップルペイを利用してそれぞれの決済をした扱いになります。

分かり辛いと思うので、下記のチャートをご覧ください。

 

クレジットカード情報登録

Apple Pay決済

iDとQUICPayでの支払い扱い

クレジットカード利用の請求

 

となります。

具体的にはiPhone、またはアップルウォッチで両者を使うことが可能。

皆さんがもっともよく使うであろうiPhoneでは、7~Xと最新機種まで対応しています。

カード一枚で便利、複数持ちでよりお得

そのため、クレジトカードをたくさん持っているユーザーにありがちな、特定のカードや電子マネーだけ使って他が腐ってしまうこともありません。

例えば、JCB系のキャンペーンでお得に買い物したい時はApplePayでクイックペイ決済

はたまたドコモ系サービスを利用する時は同じくアップルペイ経由でiD決済すれば最適な支払いを行うことが出来ます。

登録自体は数分で終わってしまう簡単なもので、スマートフォン一つさえあれば、恩恵を共有できるため両者が邪魔になることはないと言えます。

むしろ、スマフォ一つで二つの電子マネーを利用しておいた方が、対応店舗の点、提供サービスの点でも有利です。

QUICPayとiDにはどんな違いがあるのか比較してみた結果

  • それぞれ付帯出来るクレカが異なる
  • 電子マネー利用額の支払い方法
  • 利用可能な電子マネー媒体

以上3点がクイックペイとiDの違いになります。

主に提携クレジットカード支払い方法支払い可能デバイスからくる違いとなっています。

それぞれ付帯出来るクレカが異なる

当然と言えば当然ですが、iDとQUICPayでは利用出来るクレジットカードが異なります。

下記にそれぞれが付帯出来るカードをまとめておきましたので、ご覧ください。

iDが利用可能なクレジットカード

  • dカード
  • オリコカード
  • セディナ
  • クレディセゾン
  • 三井住友カード
  • イオンカード
  • UCカード
  • ライフカード
  • ファミマTカード大
  • 大和ハウスフィナンシャル

QUICPayが利用可能なクレジットカード

  • JCB
  • オリコカード
  • 三菱東京UFJニコス
  • セブンカード
  • クレディセゾン
  • UCカード
  • セディナ
  • トヨタファイナンス
  • UCSカード
  • アメリカン・エキスプレス

このようにセディナやオリコと言った一部のクレカは両者対応していますが、大部分のものはどちらか一つのみ対応です。

やはり、iDならiD、クイックペイならクイックペイと専門的に利用したいのであれば前者はdカード後者はJCBカードがおすすめです。

慣れてきてもう一方の電子マネーも利用したいなと思えば、セディナやオリコのような共通利用出来るクレジットカードもありでしょう。

電子マネー利用額の支払い方法

こちらも既に触れましたが、iDは3方式に完全対応、QUICPayは公式サイト上で3方式対応のように書かれていますが、デビットカード支払いのみ対応予定となっています。

なので、現時点で口座引き落としで利用料金を支払いたい場合はiD一択となります。

追記:2月14日にクイックペイが一応デビットカードにも対応しました。

一応と言ったのは、みずほの新サービススマホデビット決済のみに対応しているからです。

ざっと説明するとスマホのアプリにそのままみずほ銀行口座と紐付けたデビットカードが入っているようなもの。

大分限定的ではありますが、これでQUICPayも3方式対応となりました。

利用可能な電子マネー媒体

利用可能デバイス QUICPay iD
ApplePay
電子マネーカード型
おサイフケータイ
一部制限あり
クレジットカード一体型
コイン型 ×
キーホルダー型 ×
nanaco一体型電子マネーカード ×

それぞれの特徴の項目でも少し触れましたが、ひとえに電子マネーと言えども、利用出来る形態は様々

一般的に見慣れているカード形式もあれば、今では当たり前となったおサイフケータイ、クレジットカード一体型があります。

これらはどちらの電子マネーでも利用出来ますが、ポピュラーなものから外れたコイン型キーホルダー型、珍しいnananco一体型電子マネーカードはクイックペイのみ利用することが可能です。

基本的にiDと共通して利用出来るデバイスでほぼ事足りるとはいえ、ユーザーにとっては取れる選択肢は多ければ多いほど良いはずです。

個人的にはキーホルダー型がスマートフォンよりさらにいつでもどこでも身に着けて置けるので、大変便利だと思っています。

利用方法も普段と同じように読み取り部分にかざすだけで決済が完了するので、より洗礼された支払いを行うことが出来るでしょう。

nanaco一体型電子マネーカードも、他社との電子マネーと共存して利用場面に合わせて活用できる点で画期的なのでおすすめです。

あなたはQUICPay、iDどちらが向いている?

QUICPayに向いてる人

クイックペイの利用に向いている人は、電子マネーを利用する形態が様々であること、さらにJCB系のキャンペーンでお得感を味わいたい方におすすめです。

既に紹介した通り、QUICPayは7つの形で携帯、利用することができ、どのユーザーでも自分にぴったりの利用ケースが見つかります。

電子マネーは使い勝手が良い分、支払いデバイスを常に携帯しておかなければならないデメリットがあり、その点QUICPayはユーザーにストレスを強いることがない電子マネーです。

また、JCB発の電子マネーなので、JCB×クイックペイで連動している様々な各種高還元キャンペーンは魅力の一つでしょう。

一部を紹介すると、マツモトキヨシグループで利用分に対しての7%還元、春のQUICPay祭りと称した全国店舗対象の5%還元の無印とプラス共通イベント。

極めつけは体験型エンターテインメイントの最新作を3つの特典(主に1,000円引き)で鑑賞できると、言うことなしの特典盛りだくさんです。

加えて、一般と上位グレードがある電子マネーとなので、利用しているうちに性能の高いものへ上位互換していきたいユーザーにもぴったりです。

iDに向いてる人

iDの利用に向いている人は、支払い方法に多様さを求める方、あるいはドコモ系サービスをよく利用する方にはまさにうってつけの電子マネーです。

一応、QUICPayも3つの支払い方式に対応していますが、指定に制限があるので完全ではありません。

iDであれば、どれも特別な指定はなく、好きな支払い方法とタイミングで決済出来るので、万人が取っつきやすいクレカ電子マネーと言えるでしょう。

また、ドコモ系サービス、具体的に言うとdカードを狙っているユーザー、あるいは既に持っているユーザーにiDは向いています。

新規入会でもらえるポイントはiDでの還元となりますし、公式でうたっているように事前の設定不要でdポイントカード機能と併用して一枚に収まっているのも推しポイント。

iDを使うのであればdカードがメインのクレカになるであろう強い結びつきがある両者なのです。

さらにiDと紐付けられて開催されているキャンペーン数も、クイックペイと比べて相当多く常設されています。

現状確認出来る限りでは、10の多様なキャンペーンが開催されており、一般体なキャッシュバックから抽選系、または前述のdカードと関連した高還元イベントが提供されています。

三井住友カードライフカードと言った他のクレジットカードとも提携キャンペーンが開かれているので、3支払い方式対応共々、間口が広く、初心者からベテランユーザーまでおすすめ出来る電子マネーです。

QUICPayはカスタマイズ、iDはなるべく楽に

最終的に両者を一言で表すと、前者はユーザーが利用しながら自分に最適なようにカスタマイズしていける電子マネー

後者はある程度持った時既に過不足なく利用出来る機能を有している電子マネーということになります。

なので、クレジットカードと紐付けた電子マネーの利用経験がない方は、入門編としてiDとdカードから入ると問題なくすんなり利用出来ることでしょう。

対してある程度カードに詳しい、少しならクレカ電子マネーを知っている中堅ユーザーは、QUICPayで自分自身の楽しみ方を探すのも乙なもの。

個人的にはどちらも活躍する場面が分かれていて、二枚持っていれば相互効果でメリットは増えてデメリットが減ると考えています。

まずは自分に合いそうな電子マネーを試して、ゆくゆくは最強の両刀持ちを目指してみて下さい。

クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもクレジットカードのことばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントを使って宿泊費を無料にしたり、貯めたマイルを使って飛行機代を無料にして、完全無料で旅行に出かけるのが至福。クレナビ管理人がクレジットカードを使って実際に30万ポイント以上を貯めた方法はこちら