お金を借りる時は損や得に直結する金利は大変気になるもの。

しかし、重要な要素ではあるものの、計算が難しかったり、他社との比較が面倒に感じることもありますね。

そこで今回は皆さんに代わってプロミスの金利についてあらゆることをまとめてみました。

具体的な金利の数字はもちろん、借入額に応じた返済シミュレーション、基礎となる金利の計算方法も書き記しています。

極めつけはプロミスvsアコム、アイフル、レイク、三菱UFJ銀行カードローンの三つ巴ならぬ五つ巴の金利比較まで網羅。

プロミスの金利について知って得する情報山盛りなので、ぜひご覧ください。

また、どうしても金利についてしっかり説明すると専門用語が多々出てきますので、その都度わかりやすく用語説明を入れていきます。

この機会にわからない用語の意味もマスターして帰っていただければ幸いです。

【プロミス】

20代の利用者が最も多く、1万円からでもすぐ借りれる!!土日祝や連休でもすぐ対応!!夜に申し込んでおけば早朝すぐ借入OK!!

> プロミスの公式サイトへ
【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

プロミスの金利について

では、さっそく金利の細かいシミュレーションをしていきますが、条件は以下の通りです。

  • 借入額の設定は一般的によく利用するであろう5万円~50万円
  • 金利は上限金利である17.8%
  • 返済期間は一律12ヶ月

5万円の12ヶ月と50万円の12ヶ月では返済にやや無理があるかもしれませんが、わかりやすく比較できるようにあえて上記条件で計算していきます。

金利の上限と下限って?

金利にはそれぞれの会社で法律の範囲内で定められた中で決めた金利の上限と下限が存在します。

金利は上限に近付けば近づくほど多く利息を払わなければならないので、下限に近ければ近いほどお得です。

プロミスの場合は4.5%~17.8%の間で適応金利が決定され、基本的に借入額に応じて推移していきます。

例えば、

  • 17.8%    10万円
  • 13.5%   20万円
  • 9%        30万円
  • 4.5%     40万円

のように利用額が大きければ大きいほど低金利となり、借入額に対する利息(費用)の割合も少なくなります。

※あくまで例です

 

では、さきほどの条件で、5万円、10万円、20万円、30万円、40万円、50万円の順にみていきましょう。

借入額5万円
回数 返済額 元金 利息 残高
1 4,579 3,838 741 46,162
2 4,579 3,895 684 42,267
3 4,579 3,953 626 38,314
4 4,579 4,011 568 34,303
5 4,579 4,071 508 30,232
6 4,579 4,131 448 26,101
7 4,579 4,192 387 21,909
8 4,579 4,255 324 17,654
9 4,579 4,318 261 13,336
10 4,579 4,382 197 8,954
11 4,579 4,447 132 4,507
12 4,573 4,507 66 0
累計 54,942 50,000 4,942 0
借入額10万円
回数 返済額 元金 利息 残高
1 9,158 7,675 1,483 92,325
2 9,158 7,789 1,369 84,536
3 9,158 7,905 1,253 76,631
4 9,158 8,022 1,136 68,609
5 9,158 8,141 1,017 60,468
6 9,158 8,262 896 52,206
7 9,158 8,384 774 43,822
8 9,158 8,508 650 35,314
9 9,158 8,635 523 26,679
10 9,158 8,763 395 17,916
11 9,158 8,893 265 9,023
12 9,156 9,023 133 0
累計 109,894 100,000 9,894 0
借入額20万円
回数 返済額 元金 利息 残高
1 18,316 15,350 2,966 184,650
2 18,316 15,578 2,738 169,072
3 18,316 15,809 2,507 153,263
4 18,316 16,043 2,273 137,220
5 18,316 16,281 2,035 120,939
6 18,316 16,523 1,793 104,416
7 18,316 16,768 1,548 87,648
8 18,316 17,016 1,300 70,632
9 18,316 17,269 1,047 53,363
10 18,316 17,525 791 35,838
11 18,316 17,785 531 18,053
12 18,320 18,053 267 0
累計 219,796 200,000 19,796 0
借入額30万円
回数 返済額 元金 利息 残高
1 27,475 23,025 4,450 276,975
2 27,475 23,367 4,108 253,608
3 27,475 23,714 3,761 229,894
4 27,475 24,065 3,410 205,829
5 27,475 24,422 3,053 181,407
6 27,475 24,785 2,690 156,622
7 27,475 25,152 2,323 131,470
8 27,475 25,525 1,950 105,945
9 27,475 25,904 1,571 80,041
10 27,475 26,288 1,187 53,753
11 27,475 26,678 797 27,075
12 27,476 27,075 401 0
累計 329,701 300,000 29,701 0
借入額40万円
回数 返済額 元金 利息 残高
1 36,633 30,700 5,933 369,300
2 36,633 31,156 5,477 338,144
3 36,633 31,618 5,015 306,526
4 36,633 32,087 4,546 274,439
5 36,633 32,563 4,070 241,876
6 36,633 33,046 3,587 208,830
7 36,633 33,536 3,097 175,294
8 36,633 34,033 2,600 141,261
9 36,633 34,538 2,095 106,723
10 36,633 35,050 1,583 71,673
11 36,633 35,570 1,063 36,103
12 36,638 36,103 535 0
累計 439,601 400,000 39,601 0
借入額50万円
回数 返済額 元金 利息 残高
1 49,599 42,183 7,416 457,817
2 49,599 42,809 6,790 415,008
3 49,599 43,444 6,155 371,564
4 49,599 44,088 5,511 327,476
5 49,599 44,742 4,857 282,734
6 49,599 45,406 4,193 237,328
7 49,599 46,079 3,520 191,249
8 49,599 46,763 2,836 144,486
9 49,599 47,456 2,143 97,030
10 49,599 48,160 1,439 48,870
11 49,594 48,870 724 0
累計 545,584 500,000 45,584 0

 

表の返済額、利息の項目を見れば一目瞭然ですが、借入金額が大きくなればなるほど、利息の総額も大きくなります。

5万円から順に4,942円、9,894円、19,796円、29,701円、39,601円、45,584円となっていて、20万円まではほぼ倍々です。

実際には借入額によって返済期間が伸び、返済回数も増えるので借入額が高額になるにつれて利息差は開き、損をすると言えます

これを回避するには無利息期間を利用しての短縮返済や、毎回約定日(決められた返済日)に返済を行うのではなく、前倒しでの自主的繰り倒し返済が必要です。

 

借入額5万円と10万円を毎月同じ額返済するとどれほど差が出るのか?

では、ここで一つ面白い実験をしてみましょう。

さきほどは12ヶ月で返済期間を5万円と10万円を比較してみましたが、返済額でそろえて比較するとどうなるのでしょうか?

 

5万円借入 月々4,579円返済

回数 返済額 元金 利息 残高
1 4,579 3,838 741 46,162
2 4,579 3,895 684 42,267
3 4,579 3,953 626 38,314
4 4,579 4,011 568 34,303
5 4,579 4,071 508 30,232
6 4,579 4,131 448 26,101
7 4,579 4,192 387 21,909
8 4,579 4,255 324 17,654
9 4,579 4,318 261 13,336
10 4,579 4,382 197 8,954
11 4,579 4,447 132 4,507
12 4,573 4,507 66 0
累計 54,942 50,000 4,942 0

10万円借入 月々4,579円返済

回数 返済額 元金 利息 残高
1 4,579 3,096 1,483 96,904
2 4,579 3,142 1,437 93,762
3 4,579 3,189 1,390 90,573
4 4,579 3,236 1,343 87,337
5 4,579 3,284 1,295 84,053
6 4,579 3,333 1,246 80,720
7 4,579 3,382 1,197 77,338
8 4,579 3,432 1,147 73,906
9 4,579 3,483 1,096 70,423
10 4,579 3,535 1,044 66,888
11 4,579 3,587 992 63,301
12 4,579 3,641 938 59,660
13 4,579 3,695 884 55,965
14 4,579 3,749 830 52,216
15 4,579 3,805 774 48,411
16 4,579 3,861 718 44,550
17 4,579 3,919 660 40,631
18 4,579 3,977 602 36,654
19 4,579 4,036 543 32,618
20 4,579 4,096 483 28,522
21 4,579 4,156 423 24,366
22 4,579 4,218 361 20,148
23 4,579 4,281 298 15,867
24 4,579 4,344 235 11,523
25 4,579 4,409 170 7,114
26 4,579 4,474 105 2,640
27 2,679 2,640 39 0
累計 121,733 100,000 21,733 0

 

5万円はさきほどと変わらず、計12回返済の総返済額54,942円(うち利息4,942円)、対して10万円は計27回返済の総返済額121,733円(うち利息21,733円)という結果になりました。

12ヶ月で10万円を返済した場合は総返済額109,894円(うち利息9,894円)だったので、15回の返済増加もさることながら、1,1839円余分に支払い損をする計算です。

ここで気づいていただきたいのが、5万円を12ヶ月返済で発生する利息を単純に倍、つまり、2年分=24ヶ月分にしても9,884円となり、わずか3ヶ月差ながら27ヶ月払いの利息の半分にも及ばないこと。

このことから読み取れるのは序盤で如何に利息で損をしているか、または序盤にどれだけ返済できるかが損失を抑えることにつながるということです。

早く返済すればそれだけ利息がかかる元金の額が小さくなるため、必然的に利息も少額になります。

そうなれば返済額も総じて少なくなるので、逆雪だるま式に返済が捗るのです。

 

金利の計算方法

ざっと借入額による金利差が理解できたところで、金利の計算方法をマスターしましょう。

基本的な金利の計算方法は

  • 計算式:借入額×実質年率(金利)÷365×求めたい日数

です。

理解を深めるために下記の例題を解いてみてください

 

例題1:借入額が50万円、実質年率17.8%の場合、1日あたりの利息を求めよ

答え

500,000×0.178÷365=243.8

1日当たりの利息 243.8円

 

例題2:借入額が50万円、実質年率17.8%の場合、1ヶ月あたりの利息を求めよ

答え

500,000×0.178÷365×30=7,315円

1ヶ月当たりの利息 7,315円

 

例題3:借入額がA 10万円とB 50万円、実質年率17.8%の場合、それぞれの1日あたりの利息を求め、差分を求めよ

答え

A 100,000円×0.178÷365=48.7円

1日当たりの利息 48.7円

B 500,000×0.178÷365=243.8

1日当たりの利息 243.8円

 

AとBで一日あたり195.1円の利息差が生まれる。

 

すべての問題が解ければこれからどの消費者金融を利用しても金利や利息の計算で困ることはないでしょう。

もしも、ド忘れや再び金利計算の基礎を思い出したくなったらこのページを開いてみてください。

【プロミス】

20代の利用者が最も多く、1万円からでもすぐ借りれる!!土日祝や連休でもすぐ対応!!夜に申し込んでおけば早朝すぐ借入OK!!

> プロミスの公式サイトへ

プロミスの金利は他と比べて高い?他社と比較した結果

では、さきほどマスターした金利計算を活用するためにもプロミスvs4社の金利を比較していきます。

比較対象 実質年率 利用限度額
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
レイク 4.5%~18.0% 500万円
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 1.8%~14.6% 500万円

※色付きが消費者金融、レイクは今現在正しくは銀行ですが、金利が消費者金融と同等故

並べてみると三菱UFJ銀行カードローンの金利がパッと見で低いぐらいで、プロミスを含めた消費者金融4社はドングリの背比べです。

むしろ、上限金利に目を向ければ、プロミスはトップで低金利ということになります。(0.2%だけですが)

下限金利を見てもアコムが低いほかは同じ金利です。

ということは場合によってはアコムに金利で劣ることもあればプロミスの金利がお得な場合もあるということ。

そして、アコムの低金利3%は下限金利になるので、よほど利用限度額マックスでなければ適応されない可能性大で、プロミスの17.8%は最低ラインの金利となるので、ほぼすべての利用者が恩恵にあずかれます

上記を踏まえて私が消費者金融の中でランキング付けするのであれば

  1. プロミス
  2. アコム
  3. レイク、アイフル

ですが、差があるといってもやはり0.2%。

消費者金融の中でプロミスの金利にデメリットはないぐらいに覚えておけば大丈夫です。

消費者金融プロミスと銀行三菱東京UFJの金利格差や如何に

では、低金利の代名詞である銀行と比べると圧倒的にプロミスは負けてしまうのでしょうか?

2社の上限金利差は17.8%-14.6%=3.2%です。

ここでもマスターした金利計算でどれほど差があるのか算出してみましょう。

例えば、年間を通して10万円を借りた場合

プロミス

100,000×17.8%=17,800円

 

三菱UFJ銀行

100,000×14.6%=14,600円

年間通しての利息差は3,200円

 

この3,200円を大きいと捉えるか、こんなものかと捉えるかは人次第ですが、少なくとも私は年間を通して3,000円程度の差であれば利便性やサービス力のあるプロミスを選びます。

 

【プロミス】

20代の利用者が最も多く、1万円からでもすぐ借りれる!!土日祝や連休でもすぐ対応!!夜に申し込んでおけば早朝すぐ借入OK!!

> プロミスの公式サイトへ

プロミスが他社よりも優れている点について

プロミスが他社よりも一番優れている点は、プロミスポイントサービスです。

プロミスポイントとは、利用度合いに応じてたまるポイントで、ポイントを消費して無利息期間サービスを受けたり、通常は利用手数料の発生する提携ATMを無料で利用できるという優れモノ。

こぞってどこの消費者金融も多様なサービスを取り入れ、同業他社で差別化できていない中、独自のサービスと言い切れるほどのサービスではないかと思っています。

プロミスポイントのサービス詳細は以下の通りです。

プロミスポイント 利用可能サービスと貯める方法

一定期間提携ATM手数料無料サービス
必要ポイント 40ポイント
適用期間 申込日から、翌月末日まで

無利息期間サービス
必要ポイント 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間
無利息の適用開始 利息以上の返済時、または完済時の再度の出金(借入)

※無利息期間中であっても、返済日が経過した場合、その他の事情によりサービス提供停止の可能性あり

※借入残高がある状態で「無利息サービス」を申し込み、適当開始されるまでに完済した場合は、「無利息サービス」の申し込みが取り消される

※無利息期間中に返済日を迎えた場合、残高に応じた返済額の入金が必要となり、入金した金額は元金に充当される

ポイントを貯める方法
対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100 初回登録時のみ、ポイント獲得
プロミスインターネット会員ログイン 10 毎月初回ログイン時のみ、ポイント獲得
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20 プロミスからのお知らせ内には、ポイント獲得対象と対象外のものがあり、ポイント獲得対象には獲得ポイント数が記載されている
収入証明書類の提出 160 収入証明書類を提出した場合にポイント獲得
返済日お知らせメール 1 毎月月末時点で対象サービスの利用を登録している場合、各サービスにつき1ポイントの獲得
取引確認メール
パソコンまたはケータイによる書面の受取

※取引状況によっては申し込み不可

※提出書類は同年中(1月1日~12月31日)の書類については、原則として、初回のみポイント獲得

 

このサービスの素晴らしい点は、もちろん、自分自身で好きに利用できるという点もあるのですが、何よりも利用することのワクワク感ではないでしょうか?

例えば、あとどれくらい利用したら無利息期間7日間が使える、来月はまとめてポイントを使ってまるまる1ヶ月どのATMも無料で利用できると言った具合です。

他の消費者金融が提供しているユーザーにとってお得なサービスは大抵が一本道

利用開始から何日間で終わりとスタートからゴールが決められていますね。

しかし、プロミスポイントは1ヶ月ATMの利用手数料無料サービスを利用したら、再びポイントをコツコツと貯めて、同じサービスにつぎ込んでもいいですし、今度は無利息にポイントを回してもいいのです。

つまりは、ユーザーの取れる選択肢が多く、自由度と満足度の高いサービスであることをお伝えしたいのです。

 

プロミスの魅力はサービスにアリ

今回はプロミスの金利と他社の金利を徹底的に比較したわけですが、今まで見比べてきた通り、正直に言えば金利という点にプロミスの大きな魅力はありません

金利が1ヶ月無利息サービスが利用可能であったり、その無利息を任意に何度でも使えるプロミスポイント、はては利便性の高いネットサービスにプロミスの魅力が詰まっています。

例え、金利だけを比較しても特別高金利で損をすることはなく、むしろ、フラットな条件で上記メリットがあるのですから、プロミスは頭一つ抜きんでていると言えるのでおすすめな消費者金融です。

とは言え活かすも殺すも利用する人次第です。

ぜひ、今回紹介した金利の計算法利用期間返済額によるシミュレーション差を利用して上手で賢いプロミスユーザーとして、借入をしてください。

【プロミス】

20代の利用者が最も多く、1万円からでもすぐ借りれる!!土日祝や連休でもすぐ対応!!夜に申し込んでおけば早朝すぐ借入OK!!

> プロミスの公式サイトへ
【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもクレジットカードのことばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントを使って宿泊費を無料にしたり、貯めたマイルを使って飛行機代を無料にして、完全無料で旅行に出かけるのが至福。クレナビ管理人がクレジットカードを使って実際に30万ポイント以上を貯めた方法はこちら