世界中の空港VIPラウンジが利用できるようになるプライオリティ・パスですが、海外旅行に行くとなると一人であることは結構希なのではないでしょうか。

そうなると「プライオリティ・パスで同伴者も一緒に利用したい!」と思うようになるでしょう。

結論から言うと、プライオリティ・パスに”通常入会”すると同伴者は絶対有料になります!プライオリティ・パスには3つの会員ランクがありますが、最高ランクのプレステージ会員になっても同伴者一人あたり32USドルのラウンジ利用料が発生します。

しかも2018年9月18日前までは27USドルだったのですが、現在は32USドルまで値上がりしています。

ハッキリ言ってラウンジを利用するごとに32USドル(約3,600円)も取られていたらバカにならないくらいのお金(コスト)がかかります。

「じゃあ同伴者も無料で利用できるようになる方法はないの?」というと、結論は”ある”と言えます。

  • ①同僚・家族・友達と一緒に利用したい!
  • ②家族と一緒に利用したい!
  • ③小さい子供と一緒に利用するつもり!

という3つのパターンによって無料にする方法が若干異なってくるので、この記事でプライオリティ・パスの攻略方法を熟知しましょう。

【アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード】

【今なら年会費初年度無料】特典や補償が充実しすぎて年会費が安く感じる!!社会人として箔がつく最高の1枚

年会費
29000円+税
100円=1P
1P=0.3~円
還元率0.3%~
家族カード
ETCカード
国内海外保険
自動付帯
プライオリティパス
年会費無料
海外旅行補償
トップレベル
高級レストラン
1名無料特典
空港ラウンジ
使える
同伴1名無料
ANAマイル
貯まる
100円=1マイル
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

29000円+税の年会費が初年度無料のキャンペーン実施中!!

\ ゴールドカード持つなら今がお得!! /

1.プライオリティパスで利用できるラウンジの利用料金

1-1.プライオリティ・パスはどこで使える?

プライオリティ・パスは世界の130カ国、1,200カ所以上の空港VIPラウンジを利用することができるカードです。

利用できるラウンジは年々増えているので、今後も拡大して行くことは間違いなしでしょう。

利用できるラウンジの詳細はプライオリティ・パスの公式サイトから確認することができます。

プライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジでは

  • ソフトドリンク
  • 食事・軽食・おつまみ
  • アルコール
  • 新聞・雑誌
  • シャワー
  • 無料Wi-Fi

などなどが利用できるため、海外旅行者であれば飛行機の待ち時間や、乗り継ぎのタイミングで利用することで旅を快適に楽しむことができます。

一般ロビーとは全く違う空間なので、空港に行くことがまるでレストランに行く感覚になり楽しくなってきます。

1-2.プライオリティ・パスで利用できるラウンジの通常料金は?

気になるのはラウンジの入場料金ですよね。

まず、プライオリティ・パスを利用する場合ですが、プライオリティ・パスに通常入会する場合は会員ランクに応じて年会費を支払う必要があります。

年会費を支払うことで初めてカードが発行され、カードをゲットした方はさらにラウンジ利用時にラウンジ利用料金を支払う必要があります。※プレステージ会員は入場料無料

表にすると下記のようになります。

会員種類 年会費 ラウンジ1回の利用
スタンダード会員 99USドル
(約1万1,200円)
・会員
=32USドル
(約3,600円)
・同伴者
=32USドル
(約3,600円)
スタンダード・プラス会員 249USドル
(約2万8,400円)
・会員
10回まで利用料無料
その後は32USドル
(約3,600円)
・同伴者
=32USドル
(約3,600円)
プレステージ会員 399USドル
(約4万5,500円)
・会員
利用無料
・同伴者
=32USドル
(約3,600円)

表の通り、例えばスタンダード会員として年会費99USドルを支払ってプライオリティ・パスをゲットしても、ラウンジ利用時には日本円で約3,600円を支払う必要があります。

スタンダード・プラス会員であれば10回目までは無料、プレステージ会員であれば年間何回でも無料というメリットがありますが、その分年会費がスタンダード会員よりも高くなります。

「3,600円!?高い…。もし、プライオリティ・パス無しだった場合、入場料金はいくらなの?」と言う疑問もあると思いますが、空港ラウンジの利用料金は空港ごとに異なっています。

場所によってはプライオリティ・パスや特定のクレジットカードを所持していないと入れないラウンジもあります。

かといって具体例がないのもちょっとプライオリティ・パスがお得なのかどうなのかがイメージできないですよね。

なので世界中の飛行機の発着が行われている香港空港のラウンジで見てみましょう。

海外旅行者なら一度は飛行機の乗り継ぎで香港空港を訪れるでしょうし、日本在住であれば香港に旅行に行くことは珍しくないでしょう。

香港空港には多くのラウンジがありますが、その中でも旅行者に人気のラウンジとして『プラザ・プレミアムラウンジ』という有料ラウンジがあります。

アルコールや食事、シャワーなどの設備が整っており、乗り継ぎや飛行機の待ち時間に利用するには豪華すぎる空間です。


『プラザ・プレミアムラウンジ』を利用する場合、プライオリティ・パスを利用した場合は前述した通り料金が必要になり、必要な料金は会員ランクによって下記の通りです。

【プライオリティ・パス利用時】

  • スタンダード会員
    →32ドル/回
  • スタンダード・プラス会員
    →32ドル/回
    ※年間のラウンジ利用10回以内であれば無料
  • プレステージ会員
    →無料

じゃあこの「プライオリティ・パスは持っていない!お金を払って入る!」と言う場合はいくら払えばいいのか?というと、香港空港のプラザ・プレミアムラウンジの通常利用料金は下記の通りです。

【通常料金】

  • ラウンジ利用料(2時間)
    →580HKD(約7,900円)
  • シャワー+朝ごはん
    →270HKD(約3,680円)

上記のように、圧倒的にプライオリティ・パスを持っていた方が安くなることがわかります。

空港によって値段は異なりますが、このようなVIPラウンジを利用するには概ね日本円にして4,000円以上のラウンジ利用料金と、別途食事代が必要になってくることがほとんどです。

なので、絶対にオススメなのはプライオリティ・パスを所持することです。

2.プライオリティパスを持ってても本人のみ無料。同伴者も無料にするにはどうすればいい?

2-1.同伴者無料のプライオリティ・パスが発行できるクレジットカード一覧

「プライオリティ・パスを持つべき!」と言ってもプライオリティ・パスに普通に入会すると高額な年会費が発生するので、普通はクレジットカード付帯のプライオリティ・パスを利用するのが一般的です。

ここで疑問に思うのが「プライオリティ・パスに通常入会するのと、クレジットカード付帯のプライオリティ・パスでは何か違いがあるの?」と言う疑問ですが、大きな違いが一つあります。

それは”同伴者の入場料金”です。

前述した通り、プライオリティ・パスはスタンダード、スタンダード・プラス、プレステージのどのランクの会員になっても同伴者と一緒にラウンジを利用する場合は32UDドルの利用料金が発生します。

会員種類 年会費 ラウンジ1回の利用
スタンダード会員 99USドル
(約1万1,200円)
・会員
=32USドル
(約3,600円)
・同伴者
=32USドル
(約3,600円)
スタンダード・プラス会員 249USドル
(約2万8,400円)
・会員
10回まで利用料無料
その後は32USドル
(約3,600円)
・同伴者
=32USドル
(約3,600円)
プレステージ会員 399USドル
(約4万5,500円)
・会員
利用無料
・同伴者
=32USドル
(約3,600円)

しかし、クレジットカード付帯のプライオリティ・パスの場合、特定のクレジットカードの特典により同伴者まで無料で空港VIPラウンジを利用できるものがあります。

では具体的に同伴者が無料になるクレジットカードはどれか?というと下記のクレジットカードでは同伴者まで無料になります。

カード名 カード年会費 同伴者 会員ランク

MUFGカード・プラチナアメックス

初年度2万1,600円
2年目以降5万4,000円
1名まで無料 プレステージ
セディナプラチナカード
3万2,400円 1名まで無料 プレステージ
楽天ブラックカード
3万2,400円 2名まで無料 プレステージ
JCB THE CLASS
5万4,000円 1名まで無料 プレステージ
スルガVISAプラチナカード
6万4,800円 1名まで無料 プレステージ
スルガVISAインフィニットカード
12万9,600円 4名まで無料 プレステージ
アメックス・プラチナ
14万400円 1名まで無料 プレステージ
アメックス・センチュリオン
37万8,000円 2名まで無料 プレステージ

年会費は安くても3万円以上とクレジットカードとしては高額ですが、全てプライオリティ・パスのプレステージ会員になれることを考えるクレジットカードの方がお得であることがわかります。

例えば通常入会でプレステージ会員になろうとすると年会費399USドル(約4万5,500円)がかかるので、通常入会するよりも、年会費3万円でなおかつ同伴者料金が無料になるクレジットカードの方が圧倒的にお得です。

例えば同伴者が2名まで無料になるサガットか楽天ブラックカードでコスト計算をしてみれば一目瞭然です。

カード 楽天ブラックカードでプライオリティ・パスを利用した場合
プライオリティ・パスに通常入会した場合
(プレステージ会員)
年会費 32,400円 399USドル(約4万5,500円)
【同伴者料金】
※1人の場合
1回目利用 無料 32USドル(約3,600円)
2回目利用 無料 32USドル(約3,600円)
3回目利用 無料 32USドル(約3,600円)
4回目利用 無料 32USドル(約3,600円)
5回目利用 無料 32USドル(約3,600円)
6回目利用 無料 32USドル(約3,600円)
7回目利用 無料 32USドル(約3,600円)
8回目利用 無料 32USドル(約3,600円)
9回目利用 無料 32USドル(約3,600円)
10回目利用 無料 32USドル(約3,600円)
合計コスト 3万2,400円 719USドル(約8万700円)

上記のようにラウンジを同伴者と一緒に利用すればするほど、明らかにクレジットカード付帯のプライオリティ・パスの方がお得になるのがわかります。

楽天ブラックカードでは同伴者が2名まで無料になるので、実質的にはさらにお得ということになりますね。

同伴者なしでもクレジットカード付帯のプライオリティ・パスを発行した方が安い、同伴者と一緒に利用してもクレジットカード付帯のプライオリティ・パスを発行した方が安いという状態なので、普通にプライオリティ・パスに入会するのは絶対に損です!

プライオリティ・パスを発行するならば絶対にクレジットカード付帯サービスから発行しましょう。

2-2.家族カード会員でもプライオリティ・パスを発行できるクレジットカード一覧

プライオリティ・パスで同伴者を無料する方法はもう一つあります。

それは、家族カード会員でもプライオリティ・パスを発行することができるクレジットカードを利用するという方法です。

この方法は家族旅行などの場合に有効活用することができます。

例えば、自分がプライオリティ・パスを発行できるクレジットカードを持っていて、家族カードでもプライオリティ・パスが無料で発行できるものであれば、家族会員もプライオリティ・パスを無料でもつことができるということです。

言葉で説明するよりもイメージで説明した方がわかりやすいので下の画像を見てみてください。

この方法を利用すれば家族と旅行に行った時には同伴者料金を支払わずに一緒にVIPラウンジを楽しむことができます。

では「家族カード会員でもプライオリティ・パスを無料で発行できるクレジットカードは?」というと具体的には下記のカードがあります。

カード名 MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード SKYPASS MUFG CARD Platinum American Express Card Recognized VIP GDO MUFG CARD Platinum American ExpressCard Cathay Pacific MUFG CARD Platinum American Express Card
本会員
年会費
2万1,600円 2万1,600円 初年度:
2万1,600円
2年目以降:
5万4,000円
2万5,920円 2万7,000円
家族カード
年会費
1人無料(以降3,240円) 1人無料(以降3,240円) 無料 1人無料(以降3,240円) 1人無料(以降3,240円)
同伴者 × × 1名 × ×
カード名 Miles & More MUFG CARD Platinum American Express Card JALアメックスカード・プラチナ 三井住友トラストVISAプラチナカード ラグジュアリーカード(チタンカード) 三井住友プラチナカード
本会員
年会費
3万240円 3万3,480円 3万7,800円 5万4,000円 5万4,000円
家族カード
年会費
1人無料(以降3,240円) 15,500円 無料 無料 無料
同伴者 × × × × ×
カード名 道銀VISAプラチナカード 七十七プラチナVISAカード むさしのVISAプラチナカード 北陸Visaプラチナカード 九州カードVisaプラチナカード
本会員
年会費
5万4,000円 5万4,000円 5万4,000円 5万4,000円 5万4,000円
家族カード
年会費
無料 無料 無料 無料 無料
同伴者 × × × × ×
カード名 しんきんVisaプラチナカード 福岡銀行プラチナカード ANA VISA プラチナ プレミアムカード ラグジュアリーカード(ブラックカード) アメックス・プラチナ
本会員
年会費
5万4,000円 5万4,000円 8万6,400円 10万8,000円 14万400円
家族カード
年会費
無料 無料 4,320 無料 無料
同伴者 × × × × 1名
カード名 ダイナースプレミアム 三井住友信託ダイナースクラブ プレミアムカード BMW ダイナースプレミアムカード ANAアメックス・プレミアムカード ANAダイナースプレミアム
本会員
年会費
14万400円 14万400円 14万400円 16万2,000円 16万7,400円
家族カード
年会費
無料 無料 無料 無料 無料
同伴者 × × × × ×
カード名 ラグジュアリーカード(ゴールドカード) アメックス・センチュリオン
本会員
年会費
21万6,000 37万8,000
家族カード
年会費
無料 無料
同伴者 × 2名

同伴者無料になるクレジットカードが最低3万円以上だったのに対し、家族カードでもプライオリティ・パスが無料で発行できるクレジットカードは2万円代のものもありリーズナブルです。

「同僚とよく海外に行く!」という方であれば規約上家族カードのプライオリティ・パスを利用することはできませんが、「家族でよく旅行に行く!」という方であればこの方法の方が低コストで同伴者料金を無料にすることができます。

上記でご紹介したカードの中でも同伴者も無料になるし、家族カードもプライオリティ・パスを発行できるクレジットカードがあります。

  • アメックスプラチナカード
  • アメックスセンチュリオンカード

の2枚ですが、この場合どうなるのか?というと、家族カードでも同伴者を無料にすることができるので、イメージでいうと下記のようになります。

上記のように、アメックスプラチナカードを発行して家族カードを2枚発行すれば合計6人で空港のVIPラウンジが無料で利用できるということになります。

年会費は高いですがこれはかなり強烈なベネフィットですよね。

つまり、プライオリティ・パスで同伴者を無料にする方法をまとめると下記の通りになります。

  • ①同伴者は同僚や友達である
    →同伴者が無料になるクレジットカードを発行する!
  • ②同伴者は家族である
    →家族カードでもプライオリティ・パスが無料で発行できるカードを発行する!
  • ③同伴者は家族や友達、同僚などバラバラである
    →同伴者も無料、家族カードでもプライオリティ・パスが発行できるカードを発行する!

ということになります。

2-3.本会員のみしかプライオリティ・パスを発行することができないカードに注意!

「プライオリティ・パスを無料で発行するならコレ!」というオススメのクレジットカードがあります。

それは楽天プレミアムカードという年会費10,800円のクレジットカードです。

「え!!年会費たった1万円でプライオリティ・パスが発行できるの!?」と驚くかもしれませんが、プライオリティ・パスを発行する方のほとんどはおそらく楽天プレミアムカード経由で発行しているでしょう。

ただし、楽天プレミアムカードでプライオリティ・パスを無料で発行できるのは本会員のみです!

楽天プレミアムカードに限らず、「家族カードはありますが、家族カード会員はプライオリティ・パスを発行することはできません!」というクレジットカードは他にもたくさんあります。

なので「家族カードでもプライオリティ・パスを利用したい!」という方はクレジットカードを発行する際に「このクレジットカードでは家族カードでもプライオリティ・パスが発行できるのかな??」ということを各自で調べる必要があります。

特に家族カードの付帯特典については公式サイトにもあまり記載されていないものが多いので、前述した表を参考にしてください。

3.同伴者が子供だった場合、カード発行できないからラウンジは有料になる?

3-1.同伴者が2~3歳未満なら無料!

ここまで同伴者が無料になるクレジットカードや家族カードでプライオリティ・パスを発行できるクレジットカードをご紹介してきましたが、家族カードに関しては概ね18歳〜20歳以上でなければ発行することができません。

家族カードとはいえクレジットカードなので小学生や幼稚園の子供がクレジットカードを持つことはできないということですね。

じゃあ子供が同伴者だった場合、ラウンジ利用料は同じように32USドルを払う必要があるのか?というと、子供の同伴入場料はラウンジによって異なります。

例えば日本から海外旅行に行く際によく中継地点として利用される空港である

  • 香港国際空港
  • スワンナプーム国際空港(タイ)
  • クアラルンプール国際空港(マレーシア)

の3つの空港を例にしてみてみましょう。

各空港でプライオリティ・パスを使って入れるラウンジとお子様同伴者に関しては下記の通りです。

【香港・チェクラップコク国際空港(Hong Kong Chek Lap Kok Intl)】
ラウンジ名 PLAZA PREMIUM LOUNGE
第1ターミナル(ウエストホール)
PLAZA PREMIUM LOUNGE
第1ターミナル(イーストホール)
PLAZA PREMIUM LOUNGE
第2ターミナル
お子様の入室 2歳未満のお子様は入室無料 2歳未満のお子様は入室無料 2歳未満のお子様は入室無料
【バンコク・スワンナプーム国際空港(Bangkok Suvarnabhumi Intl)】
ラウンジ名 BLUE RIBBON CLUB LOUNGE
(コンコースA)(コンコースD)
MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE
(国際線コンコースA)
MIRACLE LOUNGE
(国際線コンコースA)
お子様の入室 2歳未満のお子様は入室無料  3歳未満のお子様は入室無料  3歳未満のお子様は入室無料
ラウンジ名 MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE
(国際線コンコースC)
MIRACLE BUSINESS CLASS LOUNGE
(国際線コンコースD)
MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE
(国際線コンコースD)
お子様の入室  3歳未満のお子様は入室無料  3歳未満のお子様は入室無料  3歳未満のお子様は入室無料
ラウンジ名 OMAN AIR FIRST & BUSINESS CLASS LOUNGE
(国際線コンコースE)
AIR FRANCE – KLM SKYLOUNGE
(国際線コンコースF)
MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE
(国際線コンコースF)
お子様の入室 7歳未満のお子様1名の入室が無料 2歳未満のお子様は入室無料 3歳以下のお子様は入室無料
ラウンジ名 MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE
ウエストサイド3階
(国際線コンコースG)
MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE4階
(国際線コンコースG)
MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE
(国際線コンコースG)
お子様の入室 3歳未満のお子様は入室無料 3歳未満のお子様は入室無料 3歳未満のお子様は入室無料
【クアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur Intl)】
ラウンジ名 PLAZA PREMIUM LOUNGE
(KLIA1 (サテライト))
PLAZA PREMIUM LOUNGE
(KLIA2)
KK Super Martの隣
PLAZA PREMIUM LOUNGE
(KLIA2)
ゲートL8の隣
お子様の入室 2歳未満のお子様は入室無料 2歳未満のお子様は入室無料 2歳未満のお子様は入室無料
ラウンジ名 PLAZA PREMIUM LOUNGE
(KLIA2)
「TheBar」の後ろ
PLAZA PREMIUM LOUNGE
(KLIA2)
フードコートエリアの近く
お子様の入室 2歳未満のお子様は入室無料 2歳未満のお子様は入室無料

香港国際空港、クアラルンプールでは2歳未満の子供は入室無料、スワンナプーム空港では3歳未満の子供は入室無料、場合によっては7歳までOKなどラウンジによって規定が違うので、利用するラウンジごとに調べる必要があります。

「どうやって調べることができるの?」というと、プライオリティ・パス公式サイトで調べることができます。

具体的なステップは下記の通りです。

無料で入れる年齢を確認する方法

無料で入れる年齢を確認する方法

step1.プライオリティ・パスの公式サイトにアクセスして『検索』をクリックする

プライオリティ・パスの公式サイトにアクセスし、上部右にある『検索』をクリックします。

step2.利用したい空港の名称を入力して検索する

『検索』をクリックすると検索窓が表示されるので利用したい空港名を入力し『検索』をクリックします

step3.表示された空港をクリックする

任意の空港が検索でヒットしたら空港のURLをクリックします

step4.利用したいラウンジ名をクリックする

複数ラウンジが存在する場合は左側に表示されるので、一つを選んでクリックします。

step5.『利用条件』から無料になる対象年齢を確認する

選択したラウンジの詳細が表示されるので、『利用条件』の部分で無料になる対象年齢を確認することができます。

上記のステップで確認できるし、プライオリティ・パスの公式サイトではまだ会員になっていない人でも検索することができるので「ここのラウンジ使いたいけど、何歳までの子供が無料で入れるのかな?」ということ含め色々検索することができます。

ちなみに国内でプライオリティ・パスを使って利用できるラウンジに関しては下記の通りです。

空港名 ラウンジ名 営業時間 お子様の利用
成田空港 KALラウンジ 午前7時35分~午後8時50分 12歳未満のお子様は入室無料
TEIラウンジ 午前7時~午後9時 2歳未満のお子様は入室無料
IASSラウンジ 午前7時~午後9時 12歳未満のお子様は入室無料
関西国際空港 KALラウンジ 午前7時~午後10時 2歳未満のお子様は入室無料
ぼてぢゅう 午前7時~午後10時
※ラウンジではなくレストランです
※利用時にレストランの飲食代3,400円が割り引かれます。
中部国際空港 KALラウンジ 午前7時15分~午後5時30分  2歳未満のお子様は入室無料
スターアライアンスラウンジ 午前7時~午後6時30分  2歳未満のお子様は入室無料
セントレアグローバルラウンジ 午前7時30分~午後9時
福岡空港 KALラウンジ 午前8時30分~午前10時45分
午後2時30分~午後4時5分
 2歳未満のお子様は入室無料

成田空港のKALラウンジでは12歳未満までOKなので、小学生高学年の子供がいても安心ですね。

ただし、ラウンジは概ね同伴者は2名までといように同伴者の人数制限については注意が必要です。

例えば大人2人、子供4人などは一緒に入れないということですね。

これもプライオリティ・パスの公式サイトから確認することができるので、前述した確認方法で確認してみてください。

3-2.小学生~高校生の場合

前述したように、子供が同伴者としている場合の入場料金は概ね2歳未満は無料、ラウンジによっては7歳未満、12歳未満という風にラウンジごとに定められています。

「え!?じゃあ高校生とかって入場料が必要なの??」というと、結論から言えば高校生がプライオリティ・パスで同伴者として入る場合は同伴者料金が必要になります。

高校生だとクレジットカードの発行もNGですよね。

ほとんどのクレジットカードの家族カード発行条件は”高校生を除く18歳以上”となっています。

じゃあ高校生の子供と一緒にプライオリティ・パスのラウンジを無料で利用することは不可能なのか?というと、そういうワケではなく、“同伴者無料になるクレジットカードを持つ”ということで高校生の子供と一緒にラウンジを無料で利用することができます。

再度同伴者が無料になるプライオリティ・パスを発行できるクレジットカードをご紹介すると下記の通りです。

カード名 カード年会費 同伴者 会員ランク

MUFGカード・プラチナアメックス

初年度2万1,600円
2年目以降5万4,000円
1名まで無料 プレステージ
セディナプラチナカード
3万2,400円 1名まで無料 プレステージ
楽天ブラックカード
3万2,400円 2名まで無料 プレステージ
JCB THE CLASS
5万4,000円 1名まで無料 プレステージ
スルガVISAプラチナカード
6万4,800円 1名まで無料 プレステージ
スルガVISAインフィニットカード
12万9,600円 4名まで無料 プレステージ
アメックス・プラチナ
14万400円 1名まで無料 プレステージ
アメックス・センチュリオン
37万8,000円 2名まで無料 プレステージ

「子供が18歳未満だからプライオリティ・パス付帯の家族カードを発行できない!」「かと言って入場無料になる年齢でもない!」という板挟み状態の方であれは上記でご紹介したカードを発行すれば一緒にラウンジを無料で利用することができます。

4.最後に

プライオリティ・パスで同伴者無料で入る方法をまとめると下記の通りになります。

  • ①家族・同僚・友達・子供と一緒に利用したい場合
    →同伴者も無料になるプライオリティ・パスを発行できるクレジットカードを発行する
  • ②家族と一緒に利用したい場合
    →家族カードもプライオリティ・パスが無料で発行できるクレジットカードを発行する
  • ③子供と一緒に利用したい場合
    →ラウンジごとに無料で入れる対象年齢を確認する
    →無料になる対象年齢外だった場合は同伴者無料になるプライオリティ・パス付帯のクレジットカードを発行する

という3パターンのいずれかになります。

一番使い勝手がいいのは①の”同伴者も無料になるプライオリティ・パスを発行できるクレジットカードを発行する”という方法ですね。

同伴者無料のプライオリティ・パスであれば②、③のパターンもカバーできるので便利です。

例えば楽天ブラックカードであれば年会費が3万円なのでプライオリティ・パスに通常入会するよりもコストを抑えて利用することができる上、同伴者も無料になるので絶対にお得です。

楽天ブラックカードでプライオリティ・パスを発行 プライオリティ・パス通常入会
(プレステージ会員)
年会費 32,400円(税込) 399USドル
(約4万5,500円)
本会員ラウンジ利用料 無料 無料
同伴者ラウンジ利用料 2名まで無料 32USドル/回
(約3,600円)

 

【アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード】

【今なら年会費初年度無料】特典や補償が充実しすぎて年会費が安く感じる!!社会人として箔がつく最高の1枚

年会費
29000円+税
100円=1P
1P=0.3~円
還元率0.3%~
家族カード
ETCカード
国内海外保険
自動付帯
プライオリティパス
年会費無料
海外旅行補償
トップレベル
高級レストラン
1名無料特典
空港ラウンジ
使える
同伴1名無料
ANAマイル
貯まる
100円=1マイル
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

29000円+税の年会費が初年度無料のキャンペーン実施中!!

\ ゴールドカード持つなら今がお得!! /