グングンと勢いを増しているPontaポイントですが、はじめに言っておくとPontaポイントを貯める・使うためには利用登録が必要です。

この時点で「え!そうなの!」という方はこの記事で全てご紹介するので安心してください。

さらにPontaポイントを貯めるにはある程度コツがあります。

結論から言うと

  • ①主な加盟店を把握する
  • ②リクルート系列のサービスを利用する
  • ③知らない人が多いため方を知っておく
  • ④クレジットカードを活用する

①と②はPontaポイントを貯めるための基本ですが、③と④を知っているか知らないかでポイントの貯まり方が全く違ってきます。

この記事ではPontaポイントの全貌をご紹介していきます。

1.Pontaポイント貯まるお店でPontaカード(Pontaアプリ)を提示する

1-1.Pontaカードとは?利用登録方法は?

Pontaポイントを貯めるには、Pontaポイントが貯まる提携店で利用するのが大前提ですが、その前にPontaカードの利用登録を済ませておく必要があります。

なのでまずはPontaカードの利用登録を行ないましょう。

方法・手順は下記の通りです。

Pontaカードの利用登録方法・手順

Pontaカードの利用登録方法・手順

step1.Ponta Webから「新規利用手続き」をクリックする

Pontaの公式サイトであるPonta Webにアクセスして、トップページの右上にある「新規利用手続き」をクリックします。

step2.「利用手続きをはじめる」をクリックする

リクルートIDを持っている方も登録することができますが、ここではリクルートIDを持っていないと仮定して手順をご紹介していきます。

画面右側の「まだ、リクルートIDをお持ちでない方」の「利用手続きをはじめる」をクリックします。

step3.メールアドレスを入力する

メールアドレスを入力します。登録したメールアドレスはそのままリクルートIDになります。

step4.登録したメールアドレスにメールが届く

登録したメールアドレスにメールを送信したという旨のメッセージを確認したら、メールボックスを確認します。

step5.届いたメールのURLをクリックする

届いたメールに記載されてあるURLをクリックすると、利用登録のページに飛びます。

step6.Pontaカードの会員IDを入力し、確認して完了

表示された利用手続きの画面でPontaカードの「持っている」という項目にチェックを入れるとPonta会員IDを入力する箇所が表示されるので、お持ちのPontaカードの会員IDを入力します。

入力が完了したら「次へ」をクリックし、入力内容を確認後登録が完了します。

上記の手順で利用登録を完了させておくと提携店でポイントが貯まったり、貯まったポイントを使ったりすることができます。

逆に言えば利用登録をしないと貯まらないし、使えないので注意しましょう。

1-2.Pontaカードアプリの登録方法は?

次はスマホさえあればカード不要でPontaポイントを貯められる、使えるようになるPontaカードアプリの登録方法をご紹介します。

後ほど詳しくご紹介しますが、Pontaカードアプリが利用できるお店はまだ少ないので、利用できるお店の数で言えばPontaカードの方が多くなっています。

しかし、Pontaカードとアプリはリンクさせて利用することができるので、どちらも登録しておくことをオススメします。

具体的な登録方法は下記の通りです。

Pontaアプリの利用登録方法・手順

Pontaアプリの利用登録方法・手順

step1.アプリ検索でポンタカードのアプリを検索する

AppleであればApp Store、AndroidであればGoogle Playでポンタカードのアプリを検索します。

step2.ポンタカードのアプリをダウンロードする

一番上に下記のようなポンタカードのアプリが表示されるので、「入手」をタップしてダウンロードします。※ポンタカードのアプリは無料です。

step3.「ログインする」をタップする

アプリを開くと下記の画面が表示されるので「ログインする」をタップします。

step4.規約に同意し、「次へ」をタップ

Pontaカードのアプリ利用規約が表示されるので、よく読んだあと規約に同意するにチェックを入れて「次へ」をタップします。

step5.「利用手続きをはじめる」をタップする

Ponta Webなどで利用登録が済んでいない方は「利用手続きをはじめる」をタップします。

※ここではまだ利用登録手続きを行なっていないと仮定してご紹介していきます。

step6.メールアドレスを入力する

手続きを進めるための認証キーを受け取るため、メールアドレスを入力します。

step7.認証キーの番号を確認する

入力したメールアドレスに認証キーが記載されたメールが送られてくるので、認証キーの番号を確認します。

step8.認証キーを入力する

ポンタカードのアプリに戻り、step7で確認した認証キーを入力して「次へ」をタップします。

step9.Ponta会員IDを入力し、確認後登録完了

Pontaカードを持っているにチェックを入れ、お持ちのPontaカードに記載されている会員IDを入力し、確認後登録完了となります。

1-3.Pontaカード提示でPontaポイントが貯まるお店とは?

ここまで読んでくれた方はPontaカードの利用登録が完了したと思います。

なのでここからは「じゃあ具体的にどこでPontaポイントが貯まるの?」ということについてご紹介していきます。

Pontaカードでは

  • ポイントが貯まるお店
  • ポイントが使えるお店

があり、ポイントが使えるお店では確実にポイントを貯めることができますが、「ポイントは貯まるけど、ポイントを使うことはできない」というお店があるので注意してください。

Pontaカードの提携店は日本全国に約17万店舗あり、具体的な提携店は下記の通りです。

Pontaポイントが使えるお店一覧

店舗名

使えるポイント

店舗名

使えるポイント

百貨店・コンビニ・スーパー

アルビス 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
Oisix × Pontaポイント 【貯まる】
購入代金の1%
【使う】
1P=1円相当
ゼクシィ内祝い 【貯まる】
注文金額の100円(税抜)ごとに=1ポイント
【使う】
1P=1円相当
大和 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
高島屋 【貯まる】
1商品100円(税抜)ごとに1ポイント
【使う】
1P=1円相当
ニシムタ 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
ライフ 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
ローソン 【貯まる】
100円~200円(税抜)ごとに=1P~2P
【使う】
1P=1円相当
ローソンストア100 【貯まる】
100円~200円(税抜)ごとに=1P~2P
【使う】
1P=1円相当
ローソンフレッシュ 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
レジャー・旅行
京阪グループホテル 【貯まる】
宿泊代金100円(税抜)で=1P
京阪グループホテル共通Webポイント200ポイントごとに=100P
【使う】
1P=1円相当
じゃらんnet 【貯まる】
利用代金の1~2%
【使う】
1P=1円相当
JALエービーシー 【貯まる】
200円(税込)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
セガ 【貯まる】
ご来店一回ごとにルーレット
1等⇒100P
2等⇒10P
3等⇒1P
【使う】
1P=1円相当
日本航空 【貯まる】
JALのマイル1マイル⇒0.5P
もしくは1p
【使う】
2P⇒JALのマイル1マイル
カラオケ本舗まねきねこ 【貯まる】
200円(税抜)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
ルートインホテルズ 【貯まる】
宿泊代金100円(税抜)ごとに⇒3P
飲食代金100円(税抜)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
WILLER TRAVEL 【貯まる】
100円(税抜)ごとに⇒1P
九州旅客鉄道株式会社 【貯まる】
JRキューポ1ポイント⇒1P
Club R ツアーズ 【貯まる】
100円(税抜)ごとに⇒1P
サムソナイト 【貯まる】
100円(税抜)ごとに⇒1P
得タク 【貯まる】
運賃100円(税込)ごとに=1P
ホテル・ジェーピー 【貯まる】
ホテル・宿に関するクチコミ投稿1件ごとに⇒10P
ローソントラベル 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
グルメ・飲食
大戸屋 【貯まる】
100円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
ケンタッキーフライドチキン 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
10P=10円相当
ピザハット 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
ホットペッパーグルメ 【貯まる】
ポイント加算条件に伴って確定した人数1人につき50P。
ホットペッパーお食事券購入は販売価格の2〜10%
【使う】
1P=1円相当
ブッキングテーブル 【貯まる】
予約人数ごとに=50ポイント
ファッション・美容
AOKI 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
ORIHICA 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
ジャンブルストア 【貯まる】
100円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
セカンドストリート 【貯まる】
100円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
ねいるんるん 【貯まる】
50円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
ホットペッパービューティー 【貯まる】
利用代金の2%
【使う】
1P=1円相当
MARQREL 【貯まる】
購入代金の2%
【使う】
1P=1円相当
サムソナイト 【貯まる】
100円(税抜)ごとに=1P

BEBE ONLINESHOP

【貯まる】
100円(税抜)ごとに=1P
ショッピング・通販・宅配
Oisix × Pontaポイント 【貯まる】
購入代金の1%
【使う】
1P=1円相当
GEO宅配DVDレンタル 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
cotoco 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
サンプル百貨店 【貯まる】
ちょっプル及びフードショップお申込み1件ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
ゼクシィ内祝い 【貯まる】
注文金額の100円(税抜)ごとに=1ポイント
【使う】
1P=1円相当
TABROOM STORE 【貯まる】
利用代金の2%
【使う】
1P=1円相当
ピザハット 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
ポンパレ 【貯まる】
利用代金の2%
【使う】
1P=1円相当
ポンパレモール 【貯まる】
商品ごとに設定されたポイント率(3%以上)を商品価格にかけたポイント数
【使う】
1P=1円相当
MARQREL 【貯まる】
購入代金の2%
【使う】
1P=1円相当
ローソンフレッシュ 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
アクアクララ 【貯まる】
新規お申込みで⇒2,000P
ウォーターワン 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
Smart&Co Japon 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒1P
日本郵便 【貯まる】
受取1回で=1~60ポイン
Ponta PLAY 【貯まる】
加算ポイントは、サービスサイトごとに異なります。
レンタカー・ガソリンスタンド・駐車場
オリックスレンタカー 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒2P
【使う】
1P=1円相当
じゃらんレンタカー 【貯まる】
利用代金の2%
【使う】
1P=1円相当
昭和シェル石油 【貯まる】
給油お買い上げ
1Lごとに⇒1P給油以外のお買い上げ
100円(税抜)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
コインパーク 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒1P
トメレタ 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒1P
トラベルレンタカー 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒1P
日産レンタカー 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒2P
音楽・映像・ゲーム
EMTG 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
HMV(店舗) 【貯まる】
200円(税込)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
HMV&BOOKS online 【貯まる】
200円(税込)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
ゲオ 【貯まる】
200円(税込)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
GEO宅配DVDレンタル 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
ゲオ動画 【貯まる】
200円(税込)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
三洋堂書店 【貯まる】
200円(税込)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
Playbit 【貯まる】
100Playbitポイントごとに⇒100Pontaポイント
【使う】
1P=1円相当
Ponta PLAY 【貯まる】
加算ポイントは、サービスサイトごとに異なります。
車・バイク
オート・インフォ 【貯まる】
販売希望車1登録ごとに⇒100P
オートックワン 【貯まる】
新車見積りで→200P
ONIX 【貯まる】
①新車・中古車購入
車両価格〜50万円未満(税抜)で⇒1,000P
車両価格50万円〜100万円未満(税抜)で⇒2,000P
以降税抜車両価格100万円UPごとにプラスで⇒1,000P
②新車・中古車売却
車両価格〜50万円未満(税抜)で⇒1,000P
車両価格50万円〜100万円未満(税抜)で⇒2,000P
以降税抜車両価格100万円UPごとにプラスで⇒1,000P
③車に付随するサービス
200円(税抜)ごとに⇒1P
Taxi Ponta 【貯まる】
100円(税込)ごとに⇒1P
得タク 【貯まる】
運賃100円(税込)ごとに=1P
日本ロードサービス 【貯まる】
規ご入会で⇒100P
本・電子書籍・新聞
HMV&BOOKS online 【貯まる】
200円(税抜)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
三洋堂書店 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
丸善ジュンク堂書店 【貯まる】
200円(税抜)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
コミックシーモア 【貯まる】
初回会員登録で⇒200P
ダイヤモンド社 【貯まる】
1年定期(50冊)で⇒257P
1年定期(50冊)+デジタル購読プラスで⇒307P
2年定期(100冊)で⇒447P
3年定期(150冊)で⇒586P
日刊スポーツ 【貯まる】
ニッカンポイント200Pごとに⇒100P
プレジデント社 【貯まる】
1年間の定期購読で ⇒500P
エンタメ・チケット・お出かけ
EMTG 【貯まる】
100円(税抜)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
HMV(店舗) 【貯まる】
200円(税抜)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
セガ 【貯まる】
ご来店一回ごとにルーレット
1等⇒100P
2等⇒10P
3等⇒1P
【使う】
1P=1円相当
カラオケ本舗まねきねこ 【貯まる】
200円(税抜)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
CHARiN(チャリン) 【貯まる】
20,000CHARiNで=500P
フリモ 【貯まる】
「フリモ」への会員登録で⇒50P
口コミ投稿1件ごとに⇒5P
アンケートの回答1回ごとに⇒5P
ローソンチケット 【貯まる】
チケット予約1回ごとに⇒1P
スポーツ・ゴルフ
じゃらんゴルフ 【貯まる】
利用代金の1%
【使う】
1P=1円相当
ヒマラヤ 【貯まる】
100円(税抜)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
ヒマラヤオンライン 【貯まる】
100円(税抜)ごとに⇒1P
【使う】
1P=1円相当
Golfers Ponta 【貯まる】
1プレーごとに⇒50P
ゴルフダイジェスト・オンライン 【貯まる】
キャンペーンの参加でポイントがたまります。
スポーツクラブ ルネサンス 【貯まる】
初回館内のご見学で⇒100P
電子マネー・クレカ・金融
Air WALLET 【貯まる】
ご利用代金の2%
【使う】
1P=1円相当
リクルートかんたん支払い 【貯まる】
【使う】
1P=1円相当
Wallet+(ウォレットプラス) 【貯まる】
500枚ごとに=450Pontaポイント
SBI証券 【貯まる】
新規口座開設で ⇒100P
楽天Edyでポイント 【貯まる】
200円(税込)につき⇒1P
MUGFカード
(グローバルポイント)
【貯まる】
グローバルポイント100ポイントごとに=400P
大垣共立銀行
(サンクスポイント・プレゼント)
【貯まる】
サンクスポイント5P⇒0.8P
Orico Owners Card for Biz Ponta Course 【貯まる】
カード入会で=500P
利用200円(税込)ごとに=1P
オリコポイント 【貯まる】
オリコポイント1,000ポイントごとに=1,000ポイント
オリックスクレジット 【貯まる】
オリックスローンカードPontaコースご入会で→1,000P
十六銀行
(J-マイレージポイントプレゼント)
【貯まる】
J-マイレージポイント100P⇒100P
清水銀行 【貯まる】
利用200円(税込)ごとに=1P
DCカード
(DCハッピープレゼント)
【貯まる】
DCハッピープレゼントポイント100ポイントごとに=400ポイント
わいわいプレゼント/NICOSゴールドポイントプログラム 【貯まる】
わいわいプレゼント・NICOSゴールドポイントプログラム100ポイントごとに=400PJAカードわいわいプレゼント・JAカードゴールドポイントプログラム100ポイントごとに=500P
ハートワンカード
(ハートワンポイント)
【貯まる】
ハートワンポイント200ポイントごとに=800P
VJA(ワールドプレゼント) 【貯まる】
ワールドプレゼント1P⇒4.5P
三菱UFJ銀行 【貯まる】
住宅ローンを1,000万円以上ご契約で ⇒10,000P
三菱UFJポイント 【貯まる】
三菱UFJポイント100ポイントごとに=400ポイント
生活・暮らし・ペット
dポイント 【貯まる】
dポイント 5,000Pごとに⇒5,000P
【使う】
1P=1円相当
PET’S ALL RIGHT 【貯まる】
100円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
ペットの専門店コジマ
オンライン
【貯まる】
100円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
日本総合住生活(JS) 【貯まる】
ハウスクリーニングのWEB注文1回で=100P
【使う】
1P=1円相当
アクアクララ 【貯まる】
新規お申込みで⇒2,000P
冠婚葬祭Ponta 【貯まる】
式場・斎場ごとに異なります。
婚活支援サービス
パートナーエージェント
【貯まる】
おとなの婚活パーティーOTOCONに参加で100Pontaポイント
CHARiN(チャリン) 【貯まる】
20,000CHARiNで=500P
でんきの比較インズウェブ 【貯まる】

エネワンでんきの申込みで=300P

日本郵便 【貯まる】
受取1回で=1〜60ポイント
フリモ 【貯まる】
「フリモ」への会員登録で⇒50P
口コミ投稿1件ごとに⇒5P
アンケートの回答1回ごとに⇒5P
Life Net 【貯まる】
100円(税抜)ごとに=1P
イレイザー・ミスト対象商品ご購入で⇒最大100P
レシート de Ponta 【貯まる】
レシート画像5枚投稿ごとに=1P
アンケート回答で=1P~
引越し・住まい
アパマンショップ 【貯まる】
100円(税抜)ごとに⇒1P
初回来店ポイント
初回来店で⇒10P
サカイ引越しセンター 【貯まる】
200円(税抜)ごとに⇒1P
日本通運 【貯まる】
100円(税抜)ごとに⇒2P
ハート引越しセンター 【貯まる】
100円(税抜)ごとに⇒2P
UR賃貸住宅 【貯まる】
500円ごとに=1P
家電・コンピューター・通信
コジマ 【貯まる】
200円(税込)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
医療・保険
Dental Ponta 【貯まる】
100円or200円(税抜)ごとに⇒1P
アンケート記入で⇒20P
【使う】
1P=1円相当
200P→10分間の自費クリーニング
人間ドックのこころカラダ 【貯まる】
利用代金の1%
【使う】
1P=1円相当
PET’S ALL RIGHT 【貯まる】
100円(税抜)ごとに=1P
【使う】
1P=1円相当
NTTデータ 【貯まる】
500ヘルスポイントごとに⇒250P
日本ロードサービス 【貯まる】
新規ご入会で⇒100P
ビジネス・英語・習い事
Gabaマンツーマン英会話 【貯まる】
ご入会で⇒3,000P
体験レッスン受講で⇒100P
教育マイレージ 【貯まる】
教育マイレージ1,000ポイントごとに⇒200P
リンクモンスター 【貯まる】
格付企業情報(e-与信ナビ)を1件取得ごとに⇒30P
電気・ガス
東京電力エナジーパートナー株式会社 【貯まる】
対象料金プランの電気料金1,000円(税抜)ごとに=5P
対象料金プランのWeb申込みで=500P
【使う】
1P=1円相当
エネワン 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1ポイント
ガスワン 【貯まる】
200円(税抜)ごとに=1ポイント
関西電力
(はぴeポイント)
【貯まる】
はぴeポイント500Pで=400P
西武ガス 【貯まる】
200円(税込)ごとに=1P
家庭用ガス機器修理(2,000円以上)(税抜)で=1,000P
でんきの比較インズウェブ 【貯まる】
エネワンでんきの申込みで=300P
東京ガス パッチョポイント 【貯まる】
パッチョポイント500Pで=500P
まちエネ 【貯まる】
1,000円(税抜)ごとに=10ポイント
よりそうeネット 【貯まる】
よりそうeポイント600Pごとに=500P

Pontaポイントで有名なのはゲオやローソンですよね。

その他、後ほど詳しくご紹介しますが、クレジットカードで貯まるポイントもPontaポイントに交換することができます。

Pontaポイントが使えるお店としては飲食店が多いので、貯まったポイントでランチなどを購入できたりします。

1-4.Pontaアプリ提示でPontaポイントが貯まるお店とは?

次にPontaアプリについてですが、Pontaアプリの場合はカードと違って利用できる店舗が限られています。

つまり「Pontaアプリは対応しているお店でしか利用できない」ということですね。

では具体的にどの提携店で利用できるのか?というと2018年7月現在Pontaアプリが利用できる店舗は下記の通りです。

Pontaアプリが利用できる店舗一覧
店舗 貯まるポイント 獲得ポイントの
付与時期
使えるポイント
ローソン
ローソンナチュラル
お買い上げ 100円(税抜)ごとに⇒1P 即時 1P⇒1円相当
クレジットご利用 クレジット機能つきローソンPontaカードのクレジット利用で
100円(税抜)ごとに⇒2Pその他Ponta提携社のクレジット機能つきPontaカードのクレジット利用で
100円(税抜)ごとに⇒1P
その他 通常のお買い上げポイントにさらにポイントプラス
※プラスされるポイントはキャンペーンによって異なります
ローソンストア100 お買い上げ 200円(税抜)ごとに⇒1P 即時 1P⇒1円相当
クレジットご利用 クレジット機能つきローソンPontaカードVisaでクレジット利用にて
100円(税抜)ごとに⇒2P
※上記クレジットカード以外は通常の「お買い上げポイント」になります
その他 対象商品のお買い上げでさらにポイントプラス

※プラスされるポイントは商品により異なります。

ルートインホテルズ サービス利用 ご宿泊代金100円(税抜)ごとに⇒3P
ご飲食代金100円(税抜)ごとに⇒1P
チェックアウトの翌日中 1P⇒1円相当
クレジットご利用 【ボーナスポイント】(ルートインホテルズでのカード決済ポイント)
1ヶ月のご利用金額の合計100円(税抜)ごとに⇒7P
※購入・サービス利用ポイントにプラスされます。
【ショッピングポイント】(Visa加盟店でのカード決済ポイント)
1ヶ月のご利用金額の合計200円(税込)ごとに⇒1P
※購入・サービス利用ポイントにプラスされます。
前月16日から当月15日までに加算される分を一括して翌月20日前後に加算
ヒマラヤ お買い上げ 100円(税抜)ごとに⇒1P 即時  1P⇒1円相当
セガ ご来店 ご来店一回ごとにルーレット
1等⇒100P
2等⇒10P
3等⇒1P
利用日の翌日以降 1P⇒1円相当
大戸屋 お買い上げ 100円(税抜)ごとに⇒1P 即時 1P⇒1円相当
AOKI お買い上げ 200円(税抜)ごとに⇒1P 即時 1P⇒1円相当
コジマ お買い上げ 200円(税込)ごとに=1P
※お買上額(税込)の0.5%相当
即時 1P⇒1円相当
※コジマネットは対象外となります
ORIHICA お買い上げ 200円(税込)ごとに=1P 即時 1P⇒1円相当
ケンタッキーフライドチキン お買い上げ 200円(税込)ごとに=1P 即時 10P⇒10円相当

ローソンやケンタッキーといった有名な提携店が入っているのが嬉しいところですね。

これらの店舗はPontaアプリに対応しているのでPontaアプリの提示でポイントを貯めることもできるし、使うこともできます。

利用方法はPontaアプリを開いてバーコードをかざすだけでOKです。

スマホ一つで簡潔するのでカードを持ちたくない方には便利なサービスですね。

2.リクルート系列を利用して貯める

2-1.Pontaポイントが貯まるリクルート系のサービス一覧

2015年からリクルートとPontaカードが提携したため、リクルート系列のサービスでもPontaポイントが貯まるようになりました。

Pontaポイントは主にローソンなどのコンビニなどで貯めやすかったポイントですが、この提携によってグルメ系サービスの「ホットペッパーグルメ」や旅系サービスの「じゃらん」などでもPontaポイントが貯められるようになりかなり貯めやすくなりました。

リクルート系列のサービスでPontaポイントを貯める、使うにもPonta Webでの利用登録が必要なので、利用登録は必ず行なっておきましょう。

では、具体的にどのリクルート系列のサービスで、どのくらいのポイントが貯まるのか?というと、垣野と通りです。

サービス名 内容 ポイント還元率
じゃらん 日本最大級の宿・ホテル予約サイト 2%
ホットペッパーグルメ 居酒屋や飲食店の予約 2%
ホットペッパービューティー ヘアサロン、リラク&ビューティーサロン検索・予約サイト 2%
ポンパレモール リクルートのオンライン・ショッピングモール 3%
ポンパレeブックストア 様々な本・コミック・小説・雑誌・写真集がある電子書籍サービス 3%
じゃらんゴルフ ゴルフ場予約、検索 1%
MARQREL 会員限定の招待制ファミリーセール 2%
ERUCA 下着通販サイト 3%
赤すぐ 妊娠・出産・育児の必需品や人気アイテムが「わかる・買える」通販サイト 1%
Oisix(おいしっくす) 有機野菜などの宅配サービス 1%
AirWALLET お店でポイントが貯まるアプリ 2%
やっちゃえばマルシェ 全国の目利きがセレクトしたこだわり食材の通販 1%
レアジョブ英会話リクルート校 入会金0円・オリジナル教材0円のオンライン英会話 2%
TABROOM STORE 国内最大級の家具情報サイト TABROOM(タブルーム)の公式オンラインストア 2%
キノギフト お歳暮・お中元から、お誕生日・手土産まで、すべての贈りものにご利用いただけるギフト通販サイト 1%

このリクルート系列との提携はPontaポイントにとってかなり追い風となっていることは間違いないでしょう。

例えばホットペッパーグルメでは予約確定1人につき50Pが貰えるようになっているため、飲み会の幹事になっていればザクザクとポイントが貯まっていきます。

進んで幹事になれば周りの人からも感謝されるし、ポイントも貯まるしで良い事ずくめです。

2-2.リクルートポイントもPontaポイントに交換できる

2015年11月からはリクルート系列ではPontaポイントが貯まるようになりましたが、今でもリクルートカードというクレジットカードではリクルートポイントが貯まります。

このリクルートポイントも1:1の等価交換レートで相互交換することができます。

提携サービス ポイント交換レート ポイント交換の単位 交換までの期間
提携先ポイント Pontaポイント
リクルートポイント 1ポイント 1ポイント 全ポイント一括 即時

つまり、後ほど詳しくご紹介しますが、Pontaポイントはクレジットカードと一緒に貯めた方がザクザク貯まるようになり、クレジットカードの中でもPontaポイントを貯めるスピードが更に早くなるのがリクルートカードというわけです。

3.Androidスマホのおサイフケータイ限定!楽天Edy利用でPontaポイント貯まる

3-1.PontaポイントをEdyで貯める手順

おサイフケータイで楽天Edyを利用している方はPontaポイントが飛躍的に貯まりやすくなります。

まず電子マネーの楽天Edyからご紹介していくと、楽天Edyは日本全国に約50万店舗もの提携店を持つモンスター級の電子マネーです。

交通系最強と言われているSuicaでさえ提携店は約25万店舗なので、Suicaの約2倍の提携店を持つ化け物級の電子マネーです。

その楽天Edyをおサイフケータイに登録して提携店で利用すると

  • 楽天Edyで貯まるポイント
    =100~200円で1ポイント
  • Ponta提示で貯まるポイント
    =提携店ごとのポイント

の2重でポイントが貯まっていきます。

「え、でも楽天Edyって楽天スーパーポイントが貯まるんでしょ?私が貯めたいのはPontaポイント!!」と思う方もいるかもしれませんが、楽天Edyがスゴいのは、貯まるポイントが選べるという点にあります。

その選べるポイントの中にPontaポイントが含まれているのです!

つまり簡単にいうと、「楽天Edyを使えばPontaポイントが2重で貯まる!」ということです。

このポイントダブルゲットの方法を知っている人は少ないですが、実はおサイフケータイのアプリがあれば誰でも利用することができます。

3-2.楽天EdyでPontaポイントを貯められるようにする方法・手順

まず始めにいっておくと、この方法はおサイフケータイのアプリが必要になるので、Android限定の方法になります。

iPhoneも方法によってはおサイフケータイ化することはできるのですが、仕様が違うので利用できない方法です。

Androidの方は今すぐ下記の手順を参考にして楽天EdyでPontaポイントが貯まるように設定しましょう。

ポイントサービス登録手順(スマホの場合)

ポイントサービス登録手順(スマホの場合)

step1.アプリトップ右上のアイコンをタップ

step2.メニューから[ポイント]をタップ

step3.メニューから[ポイントの設定・変更]をタップ

step4.ポイントサービス名をタップ

※ここでPontaポイントを選択します

step5.[設定する]をタップ

※下記の画像では楽天スーパーポイントが選択されていますが、Pontaポイントを選択してください

step6.各ポイントサービス情報を入力

step7.設定完了

ポイントサービス登録手順(ケータイの場合)

ポイントサービス登録手順(ケータイの場合)

step1.[楽天のサービス]を選択

step2.[Edyでポイント]を選択

step3.[ポイントサービス選択]を選択

step4.ポイントサービスを選択

※ここでPontaポイントを選択します

step5.[設定する]を選択

※下記の画像では楽天スーパーポイントが選択されていますが、Pontaポイントを選択してください

step6.情報入力

step7.内容確認

step8.設定完了

※下記の画像では楽天スーパーポイントが選択されていますが、Pontaポイントを選択してください

ポイントサービス登録手順(ガラホの場合)

ポイントサービス登録手順(ガラホの場合)

step1.[ポイント設定]を選択

step2.貯めたいポイントを選択

※ここでPontaポイントを選択します

step3.情報を入力

※下記の画像では楽天スーパーポイントが選択されていますが、Pontaポイントを選択してください

step4.設定完了

※下記の画像では楽天スーパーポイントが選択されていますが、Pontaポイントを選択してください

3-3.楽天Edyでポイントをゲットできるお店は?

楽天EdyでPontaポイントが貯まるのは分かった、登録の方法も分かった、では「楽天Edyってどこでポイントが貰えるの??」というと、楽天Edyの加盟店は約50万店舗あるので全てをご紹介するのは無理です。

なので一番利用するであろうコンビニというジャンルでご紹介すると、楽天Edyは下記のコンビニで利用するとポイントが貯まります。

楽天Edyが利用できるコンビニ一覧
店舗名 楽天Edyの利用で
楽天ポイントが貯まる
楽天Edyの
チャージができる
楽天Edyの
オートチャージができる
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルKサンクス
ミニストップ
デイリーヤマザキ
セイコーマート
スリーエフ
ポプラ
沖縄ファミリーマート
生活彩家
京阪アンスリー
スリーエイト
クラシハウス
セーブオン
ローソンストア100

上記の表を見ても分かる通り、楽天ポイントを楽天Edyに交換することができれば日本全国のほとんどのコンビニで利用できるようになります。

ここで注目して欲しいのが『ローソン』と『ローソンストア100』です!

『ローソン』と『ローソンストア100』ではPontaカード(アプリ)の提示ポイントがゲットできます。

つまり、楽天Edyを利用すれば

  • Pontaカードでゲットできるポイント
  • 楽天Edyの利用でゲットできるポイント

という風にポイントが2重でゲットすることができます!

このように楽天Edyの提携店かつPontaポイントの提携店は他にも『AOKI』『ルートインホテルズ』などがあり、これらの店舗で買い物する時にはダブルでポイントがゲットできます。

この方法は知っておいて損はないでしょう。

その他、楽天Edyは下記の店舗でもポイントを貯めることができます。

  • マツモトキヨシ
  • ツルハドラッグ
  • マクドナルド
  • ロイヤルホスト
  • ガスト
  • ロフト
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • エディオン
  • サンマルクカフェ
  • 上島珈琲店
  • 山内農場
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • QBハウス
  • ANA FESTA
  • ANA機内販売

つまり、これらの店舗ではPontaカードの提示ではPontaポイントを貯めることはできないですが、楽天Edyを利用してPontaポイントを貯めることができるということです。

結論を言うと、“Pontaポイントを貯めているなら楽天Edyを使え!!”ということです。

4.Pontaポイント貯めれるおすすめのクレジットカード

4-1.Pontaポイントを貯められるクレジットカード一覧

ポイントサービスで最も重要になってくるのがクレジットカードの存在です。

楽天ポイントでも、Suicaでも、nanacoでもそうですが、ポイント系のサービスは様々な別のポイントにリンクしているため、例えPontaポイントが貯まらなくても交換することでPontaポイントをゲットすることができるクレジットカードがあります。

その代表例として下記のようなポイントがあります。

Pontaポイントに交換できる他社ポイント一覧
提携サービス ポイント交換レート ポイント交換の単位 交換までの期間
提携先ポイント Pontaポイント
リクルートポイント 1ポイント 1ポイント 全ポイント一括 即時
JALマイレージバンク 1マイル 0.5ポイント JALマイレージバンク 3000 マイル以上
1000 マイル単位
1週間
JALマイレージバンク※10,000ポイント以上の場合

1マイル 1ポイント JALマイレージバンク 3000 マイル以上
1000 マイル単位
1週間

dポイント

1ポイント 1ポイント 1回につきdポイント5,000ポイント 交換月の翌月末までにポイント加算
JRキューポ 1ポイント 1ポイント 500 ポイント以上 1 ポイント単位 3日
サンクスポイント 1ポイント 0.16ポイント サンクスポイント 2500 ポイント以上 5 ポイント単位 翌月末
ワールドプレゼント 1ポイント 4.5ポイント ワールドプレゼント 200 ポイント以上 100 ポイント単位 3日
DCハッピープレゼントポイント 1ポイント 4ポイント DCハッピープレゼントポイント 200 ポイント以上 100 ポイント単位 翌月末まで
グローバルポイント 1ポイント 4ポイント グローバルポイント 200 ポイント以上 100 ポイント単位 翌月末まで
わいわいプレゼント・NICOSゴールドポイントプログラム 1ポイント 4ポイント わいわいプレゼント・NICOSゴールドポイントプログラム 200 ポイント以上 100 ポイント単位

JAカードわいわいプレゼント・JAカードゴールドポイントプログラム500ポイント以上100ポイント単位

翌月末まで
ハートワンポイント 1ポイント 4ポイント ハートワンポイント 200 ポイント以上 200 ポイント単位 翌々月末まで
オリコポイント 1ポイント 1ポイント オリコポイントからPontaポイントへ交換する 1,000 ポイント以上 1,000 ポイント単位 交換月の翌月末までにポイント加算
Gポイント 1ポイント 1ポイント オリコポイントからPontaポイントへ交換する 1,000 ポイント以上 1,000 ポイント単位 交換月の翌月末までにポイント加算

結構種類がありますが、「Pontaポイントを貯めるならこのクレジットカードがオススメ!!」というのをご紹介していきます。

4-2.Pontaポイントを貯めるならリクルートカード!

年会費 無料
通常ポイント還元率 1.2%
ボーナスポイント リクルート系列のサービス利用でボーナスポイント
Pontaポイントとの交換 ポイント交換レート リクルートポイント 1ポイント
→ Pontaポイント1ポイント
ポイント交換の単位 全ポイント一括
手続きから交換までの期間 即時
対象 Ponta WebにてPonta Web利用手続きをされているお客様

まず1枚目はなんと言ってもPontaポイントと交換レート1:1(100%)で交換でき、しかもクレジットカード自体のポイント還元率も1.2%という脅威の高還元率カードであるリクルートカードです。

さらにいうなら、年会費無料なので持っておいて絶対に損はないカードです。

リクルートカードではリクルート系列の利用で通常ポイントに加えて更にボーナスポイントがゲットできます。

  • じゃらん:+2%
  • HOT PEPPER グルメ(ホットペッパーグルメ):+2%
  • HOT PEPPER Beauty(ホットペッパービューティー):+2%
  • ポンパレモール:+3%
  • ポンパレeブックストア:+3%
  • じゃらんゴルフ:+1%
  • MARQREL:+2%
  • ERUCA:+3%
  • 赤すぐ:+1%
  • Oisix(おいしっくす):+1%
  • AirWALLET:+2%
  • やっちゃえばマルシェ:+1%
  • レアジョブ英会話リクルート校:+2%
  • TABROOM STORE:+2%
  • キノギフト:+1%

そもそもがPontaポイントの仲間みたいなクレジットカードなので、Pontaカードユーザーなら絶対1枚は持っておきたいクレジットカードでしょう。

年会費無料なので取りあえず発行しておけばOKです。

4-3.dカード、dカードゴールドはローソンで毎日3%OFF!

年会費 【dカード】
無料
【dカードGOLD】
10,800円
通常ポイント還元率 1.0%
ボーナスポイント 【共通】
ポイントモールなどの利用で+0.5%〜1.0%
【dカードGOLD】
ドコモの利用料金に対して10%
Pontaポイントとの交換 ポイント交換レート 【同一年度内(4月1日~翌年3月31日)の交換は2回までとなります】
dポイント 1ポイント
→ Pontaポイント1ポイント
ポイント交換の単位 1回につきdポイント5,000ポイント
手続きから交換までの期間 交換月の翌月末までにポイント加算
対象 Ponta会員IDをお持ちで、かつdポイントクラブ会員のお客様

2枚目はdカード、dカードGOLDというNTTドコモが発行しているクレジットカードです。

dカードGOLDはドコモ料金に対して10%のポイントが付くカードとして有名ですが、ゲットできる『dポイント』というポイントは交換レート100%でPontaポイントにも交換することができます。

例えばdカードGOLDの場合、ドコモのケータイで10,000円の請求がくれば1,000ポイントのdポイントがゲットできて、そのままPontaポイントに1,000円分が交換できるということですね。

ただし注意点として、dポイントをPontaポイントに交換する時には手数料として250ポイントが引かれるので実質交換レートは100%ではないことを覚えておきましょう。

手数料が引かれるのはガッカリポイントですが、dカードの嬉しい点としては、ローソンで利用すると3%割引の特典が利用できます。

ローソンといえばPontaカードですよね!

つまり、ローソンで買い物すると

  • dカードの通常ポイントゲット
  • dカード利用で3%OFF特典
  • dカード利用(提示)ボーナスゲット

という3重にお得なカードなのです。

「Pontaカードとの併用はできないの?」というと、カード提示で貯められるポイントは1枚までで、dカードとPontaカードの併用はできません。

ではdポイントとPontaポイントのどちらを貯めるべきか?というと、圧倒的にdポイントを集中して貯めるべきです。

なぜならdポイントはPontaポイントに交換できるのは年に2回までなので、頻繁にPontaポイントを貯めることはできません。

 

なので、ポイントを分散させるよりも「dポイントを一点集中で貯める!」と言う方が絶対にいいでしょう。

dカードGOLDは年会費10,800円と高額で、特典内容からしてドコモユーザーであれば持つべきカードですが、ドコモユーザーではないのであれば年会費無料のdカードを発行しましょう。

4-4.Ponta Premium PlusはPontaカード一体型のクレジットカード!

年会費 2,160円
※下記のどちらか一方の条件クリアで年会費無料

  • リボ専用コースに入会する
  • 年間5万円以上のカード利用がある
通常ポイント還元率 1.0%
ボーナスポイント 【年2回のポイント上乗せサービス】
7・12月の利用が月間5万円以上で+0.5%
7・12月の利用が月間10万円以上で+1.0%【新規入会後2か月以内の利用ボーナス】
5万円利用で2500ポイント
10万円利用で6000ポイント還元
Pontaポイントとの交換 Pontaポイントが貯まります

3枚目はPonta Premium Plus(ポンタ プレミアム プラス)というクレジットカードです。

まさにPontaカードにクレジットカード機能が付帯したクレジットカードなので、Pontaポイントが貯めやすいのはある種当たり前かもしれません。

通常時は100円で1ポイントが貯まり、普通のPontaカードと同じ機能もあるので提携店で提示すると貰えるポイントもゲットできます。

Ponta Premium Plusではボーナスポイントが多くなっており、夏休みの7月やクリスマスや正月の準備で出費が多くなる12月に一定の金額を利用すると上乗せでポイント還元率がアップします。

Ponta Premium Plusのメリットとしては

  • Pontaポイントが直接貯まるので交換する手間がない
  • Pontaカードを持たなくても良くなる(一体化している)
  • 7月・12月にボーナスポイントがゲットできる

というメリットがあります。

ただし、年会費2,160円が発生するのが玉にキズで、この年会費は年間に5万円以上のカード利用をすれば消すことができます。※リボ払い登録でも年会費無料にできますが、手数料が発生するためオススメできません。

なので、「絶対にPontaカードの提携店で年間5万円以上はクレジットカード利用する!」という方はPonta Premium Plusを持っているとPontaカードよりもハイスピードでPontaポイントがザクザク貯まります。

4-5.三井住友VISAカードは裏ルートで交換すれば交換レート100%!

年会費 初年度無料、2年目以降1,250円
※下記の条件を全て満たすと翌年の年会費が無料になります

  • マイ・ペイすリボ」に登録
  • 年1回以上のカード利用
通常ポイント還元率 0.5%
ボーナスポイント ・リボ払いでポイント2倍
・ポイントモールでポイント最大20倍
・年間利用額に応じてポイント+0.15%
Pontaポイントとの交換 ポイント交換レート ワールドプレゼント 1ポイント
→ Pontaポイント4.5ポイント
ポイント交換の単位 ワールドプレゼント 200 ポイント以上
100 ポイント単位
手続きから交換までの期間 3日
対象 Ponta会員IDをお持ちで、かつVisaカード会員かつVpass登録者

4枚目は三井住友VISAカードという銀行系のクレジットカードです。

通常時のポイント還元率は0.5%とちょっと微妙ですが、ポイントモールを経由してAmazonなどのネットショップを利用するとポイント還元率ボーナスが貰えるという特徴があります。

「あれ?Pontaポイントに交換すると1ポイントで4.5ポイント!?」と驚かれた方もいるかもしれませんが、三井住友VISAカードでゲットできるポイント『ワールドプレゼント』は1ポイントの価値が5円相当なので、4.5ポイントになるということは交換レートは90%であまりお得ではありません。

「え…だったら損じゃん…オススメしないでよ」と言いたくなると思いますが、実はこれを100%のレートで交換できる裏ルートがあります。

『ワールドプレゼント』は『Gポイント』というポイントに100%のレートで交換することができます。

そして『Gポイント』はPontaポイントに100%のレートで交換することができます。

ポイント交換レート Gポイント 1ポイント
→ Pontaポイント1ポイント
ポイント交換の単位 Gポイント 100 ポイント以上
100 ポイント単位
お手続きから交換までの期間 交換日の3~4日後にポイント加算
対象 Ponta会員IDをお持ちで、かつGポイント会員のお客様

移行手数料として5%のポイントが差引かれますが、直接交換するよりもこの迂回ルートを利用して交換した方が断然お得です!

もし手数料で250ポイント以上を取られるならば、Gポイントはdポイントに交換できるので更にdポイントに移行することで手数料損をすることがなくなります。

つまりまとめると

  • ワールドプレゼント→Pontaポイント
    =交換レート90%
  • ワールドプレゼント→Gポイント→Pontaポイント
    =交換レート100%(手数料5%)
  • ワールドプレゼント→Gポイント→dポイント→Pontaポイント
    =交換レート100%(手数料250ポイント)

つまり、三井住友VISAカードで貯まるポイントはPontaポイントに直接交換はNG!

交換するのであればGポイントルート、もしくはdポイントルートの手数料が安くなるルートで交換すればOKということになります。

4-6.まとめ

おすすめのクレジットカードとして

  • リクルートカード
  • dカード、dカードゴールド
  • Ponta Premium Plus
  • 三井住友VISAカード

の4枚(dカード、dカードGOLDを別々にすると5枚)をご紹介しましたが、「結局どれがオススメなの!?」というと、上から順にオススメです。

つまり1番はリクルートカード!年会費無料なのにポイントがザクザクたまり、リクルート系列でもポイントがゲットできるこれ以上ないクレジットカードです。

次にオススメなのはローソンでカード払いを選択するだけで還元率3.0%にできるdカード。

残りの2枚は「発行するべき!」というよりかは「今そのカードを持っているのであれば、そのカードでPontaポイントも貯められるよ」という感じです。

とにかくリクルートカードはPontaポイントユーザーには絶対にお得になるうえに年会費無料なので、迷うことなく発行するべきです。要らなかったら解約しても、机の中にしまっておいても何のリスクもありません。

5.最後に

かなり情報量が多くなってしまいましたが、この記事の超重要な点をピックアップすると下記のようになります。

  • ①PontaカードやPontaアプリは利用する前に利用登録すること!
  • ②リクルート系列のサービスを利用するときはPontaポイントを貯めるチャンス!
  • ③Androidユーザーはおサイフケータイの楽天EdyでPontaポイントゲットのチャンス!
  • ④Pontaポイントを効率的に貯めるカギはPontaポイントが貯まるクレジットカードの利用!

①と②は基本として、③はAndroidユーザー限定。

「Pontaポイントをうまく貯められるか?」一番肝になるのは確実にクレジットカードとの併用です。

クレジットカードを利用していないと貰えるはずのポイントをボロボロこぼしていることになるので、時間と共に損する金額が増えていきます。

繰り返しになりますが、年会費無料なのにポイントがザクザク貯まるリクルートカードは本当にオススメです。