時代とともに進化する「交通系ICカード」。

すこし前まで磁器の定期券やチャージ式定期が主流だったのに、これからは「後払い」の時代が到来です。

これまで後払い方式のICカードとして注目を集めていたPiTaPaですが、2018年秋にはJRでもポストペイが導入されJR路線利用分も後払いとなります。

「JRに乗るなら事前チャージ!」だったものが不要になるのはかなり便利ですよね。

ところで、今カードに貯まっているチャージ分はいったいどうなるのでしょうか?

今回はPiTaPaのチャージ残高にまつわる「気になること」について迫っていきたいと思います!

 
 

PiTaPaにチャージした残高を確認する方法

2018年秋、PiTaPaはチャージ残額が使えなくなる!

2018年秋に始まるチャージ不要の「ポストペイ」。JR西日本ではこの後払い方式を取り入れると決定されています。

これまでPiTaPaカード内にチャージ(入金)していただくことでJR西日本を含む全国相互利用対象エリアでのPiTaPaカードのご利用が可能となっておりましたが、新たにJR西日本の近畿圏エリア(予定)においてポストペイによるご利用が可能となり(中略)ます。 今後ますます便利になるICカード乗車券をぜひご利用ください。

JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ不要のポストペイサービスの導入について

長すぎて内容もわかり難いですが、まとめるとPiTaPaユーザーにはこんな変化が起こります。

2018年秋から、JR西日本の近畿圏エリアでは、PiTaPaポストペイサービス(後払い)が始まりチャージ(入金)が不要になるとともに、カード内のチャージ残額はご利用いただけなくなります。

 よくあるご質問

そういうことをもっと大々的にアナウンスすべきでは・・・と言いたい気持ちをぐっとこらえて。

ますます便利になりそうな気配のPiTaPaですが、ここで気になるのは今残ってる現金チャージ。

PiTaPaのチャージ分が使えるのはJRだけですから、JRにポストペイが開始されるとチャージ分を使う機会がなくなります。

(JR西日本以外ではまだまだチャージ分が必要ですが、使う機会は確実に減ってしまうでしょう。)

ショッピングに利用できないPiTaPaのチャージ残高は、今のうちに使いきってしまいたいものです。

ところで、あなたはご自分が持っているPiTaPaのチャージ残高を把握していますか?

今どれだけ残高があるのかを知っておかなければ、確実に使い切ることができません。
PiTaPaの残高確認方法は全部で3つありますので、いずれかの方法で確認し、チャージの残高によって、2018年秋までの使い方を考えていきましょう。
 

1.チャージ機でPiTaPa残金を確認

現金チャージを行う「チャージ機」なら、カードをかざすだけで残高が確認できます。

駅構内の改札口の近くに設置してありますので、誰でも簡単に利用できます。

PiTaPaエリアに限らず、その他全国エリアのJRの主な駅に設置されている機会も使えますので、気になったらすぐにどこかの駅で確認してみましょう。

2.駅の改札を通る際にも残金が表示される

駅の改札にICカードをタッチさせたとき、画面に残高が表示されます(すべての改札機が表示対応しているわけではありません)。

そんな改札機を通過するときも、チャージ残高確認のチャンスです。

朝のラッシュ時や急ぎのときにはゆっくり確認する余裕がありませんが、もっとも簡単に確認できる方法だと言えるでしょう。

3.PiTaPa倶楽部で確認!

PiTaPa倶楽部とは、PiTaPaユーザーのための会員サイトです。

利用代金の確認や残高の確認ができるので、これからもPiTaPaを使い続けるならこの機会に会員登録をしておいても良いでしょう。

ちなみにPiTaPa倶楽部に加入するとこんなことができます。

  • 登録内容の変更
  • ポイントの確認
  • 割引サービスの登録
  • 利用代金・詳細確認

しかし、筆者的にはこのPiTaPa倶楽部は「チャージ残高」を調べることについては「けっこう不便!」」と感じています。

会員登録が必要ですし、なにより今回の最大の目的である「チャージ残高」の一番知りたい部分を明瞭に表示してくれないんですよね。

それでもPiTaPa利用者にとってはいろいろ便利なことが多いので、PiTaPa倶楽部の会員登録をふくむ「チャージ残高」の確認方法をお伝えいたします。

 

PiTaPa倶楽部の登録方法

①まずはじめに、スマホやパソコンから「PiTaPa倶楽部」で検索し、専用サイトに行きましょう。

画面右上(下にあるケースもある)をクリックすると会員登録画面に移行できます。

②つぎの画面では現在利用しているPiTaPaカードを手元に置いて入力を進めます。

PiTaPa会員番号はカードの裏面に印刷されています。クレジットカードとは見る場所が若干異なりますので、入力間違いに気をつけましょう。

住所や電話番号といった個人情報はPiTaPa会員に入ったときに登録済みなので、ここで改めて入力する必要はありません。

③1ページ入力すれば、すぐに「登録完了」の状態になります。

会員登録後の利用代金照会

①会員登録が終わったら、トップメニューから「ご利用代金・明細照会」を選択します。すると、1か月ごとの明細が表示されます。

 

②これが「ご利用代金・明細照会」における1か月分の利用明細です。

オートチャージに関するデータはすべてこの部分に「小さく」表示されます(ちなみにトップページにはどこにも“オートチャージ残高確認”などの専用ボタンはありません)。

オートチャージが2,000円実行されたのは見れば一目瞭然ですが、チャージから使用した分はその下に()とマイナスつきで表示されます。

(「オートチャージ」でなく「プリペイド」と書かれているのでちょっと混乱しますが、ここがオートチャージ利用分です。)

この場合は同月内の情報ですから、残高は単に引き算をすればいい話(2,000円―240円=1,760円)ですが、翌月は使用した分のみ()つきで表示されます。

つまりPiTaPa倶楽部のオートチャージの残高の確認方法とは、毎月分の()を集めて自力で計算するということです

 

残高があと少しだけ残ってる…でも電車の片道料金だと足りない…残高0円まできっちり使い切る方法ってある?

現在PiTaPaを利用している人は、2018年の秋のJRポストペイ開始に備え「チャージ分を使い切る」必要があります。

PiTaPaが厄介なのは、チャージ分の使い道が「JRに乗ることだけ」に限られているところですよね。

他の交通系ICカードのようにコンビニなどの支払いにチャージ分を充当することができませんので、JRに乗って「消費」するしかありません。

ここからは「チャージ残高をゼロ円にする方法」について考えてみたいと思います。

一番簡単な方法は「JRに乗る」こと!

チャージで入金したものは、基本的にはPiTaPaエリア外の交通機関でしか利用できません。

つまり、JR(エリア以外)に乗車すればチャージ分を消費することができます。

PiTaPaエリアを利用した分は、すべて「後払い」になりますのでどれだけ乗っても残額を減らすことはできません。

また、「片道分にも及ばない微妙な金額が残っている」場合にもJRの利用がもっとも有効です。

不足分が出たら現金で精算して使い切るICカードを利用してカードの残額以上に乗車したとき、もちろん「残額不足」でひっかかりますよね。

しかし、不足している分だけを「のりこし精算」することで、チャージもしっかり「ゼロ円」にすることができます。

 

注意!JRに乗るときは「オートチャージを解除」して乗る!

チャージ分を使い切るとき、一番気をつけたいのは「オートチャージの機能を解除」することです。

オートシャージ機能は、チャージ分が1,000円以下になったカードに自動的に2,000円分チャージする機能ですから、設定を「チャージしない」にしておかなければ危険です。

JRに乗車してめでたくチャージを消化できたのに、「チャージON」の状態でPiTaPaエリアを利用すれば再び2,000円がオートチャージされてしまいますよ!

オートチャージの設定は「PiTaPa倶楽部」のサイト上で確認できます。しかし、オートチャージをOFFにするには駅の窓口で手続きをしなければなりません。

利用中のPiTaPaカードと免許証や保険証などの本人確認書類を持参し、最寄の駅窓口へ行ってください。

2018年秋まであとわずか!JR西日本以外の路線を使わないと分かっている人は、この夏のあいだに手続きを済ませておきましょう。

カードの有効期限を待って返金してもらう

どうしてもJRに乗る機会がない場合は、PiTaPaカードを解約する、もしくは有効期限満了まで待つという方法があります。

PiTaPaには有効期限が設けられており、期限を迎えると残ったチャージのお金は返金してもらえます。

ちなみに返金はPiTaPaを解約することでも返金は可能ですが、自己都合による解約では手数料540円(税込)が差し引かれます。

チャージの残額にもよりますがたとえMAX20,000円残っているとしても、そのうちの540円は「けっこうな割合」を占める額ですよね。

まして600円の残高の場合、返金されるのは数十円(600―540円=60円)になってしまいます。

JRに乗る機会がない、という場合はこのような「有効期限まで待つ」方法もあることを覚えておいてくださいね。

 

PiTaPa支払い時に残高不足だった場合、差額を現金払いできる?

PiTaPaエリアを利用した場合

PiTaPaエリア利用時に「残高不足」になることはまずありません。

なぜならPiTaPaはクレジットカード同様に「後払い」ですから、残高不足になることがないのです。

PiTaPaエリア外の路線を利用し、チャージ残高が利用料金を下回ったとき初めて「残高不足」になるので、ふだんの生活ではなかなか遭遇することはありません。

PiTaPaで「残高不足」と言われてしまったとき、それはその路線が「PiTaPaエリア外(全国相互利用エリア)」である証拠です。

そんなときはその駅の精算機でその路線に準ずる方法で精算しましょう。

JRを利用した場合

JRで残高不足になった場合は。ICOCAの「のりこし精算機」を使って現金で精算することができます。

のりこし金額も自動的に表示されるので、あとは不足分の現金を投入して「出場証(精算券)」を受け取るだけです。

この状態までくると、オートチャージ残高は確実に「ゼロ円」になります。

 

ちなみに、このICOCAののりこし精算機は、1台でチャージもできてしまう優秀な機械です。

間違って「チャージ(入金)する」を選択して入金してしまうとチャージ分に充当されてしまい「ふりだし」に戻ります!注意して精算してくださいね。

 

最後に

2018年秋、PiTaPaはJR西日本エリアに限り「後払い制」に変わります。

つまり、JR西日本以外の利用ではまだまだオートチャージは必要です。

しかし、西日本からめったに出ないという人は今回のような「精算」の手続きが必要です。

全国で独自に運営されている交通系ICカードの中では、PiTaPaは手続きが多く管理面では「発展途上」と言えるでしょう。

どんどんキャッシュレス化が進む時代、ICカードの特徴を知って上手に使いこなしたいですね!