OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)はオリコが発行しているクレジットカードです。

今回紹介するOrico Card THE POINTは年会費無料ですが、年会費有料の下記のオリコカード(スタンダード)と間違わないようにしましょう。

Orico Card THE POINTは年会費無料にも関わらず、入会から半年間はポイント還元率が2.0%です。

これは年会費無料のクレジットカードの中で最高還元率ですし、年会費有料のクレジットカードでもポイント還元率2.0%のカードといえば年会費14万400円のダイナースクラブ プレミアムカードと同じ還元率です。

「半年間ってことは半年後からはどうなるの?」という鋭い方なら考えると思いますが、Orico Card THE POINTはポイント還元率の他にもメリットはたくさんあります。なのに年会費無料です。

発行しても永久に年会費0円で何のデメリットもないクレジットカードなのでとりあえずこの記事を読んでから発行してみてください。

 

2018年10月17日追記:

オリコカード限定のふるさと納税キャンペーン実施中です!!

オリコカードを発行し、オリコモールを経由してふるさと納税をすると、1万円分のポイントが抽選でもらえるキャンペーンが実施されています。

  • ふるさと納税の支払いをオリコカードでする
    ⇒ ポイント2%還元
  • オリコモール経由でふるさと納税を申し込む
    ⇒ ポイント+0.5%
  • キャンペーン期間中にオリコモール経由でふるさと納税をする
    ⇒ 抽選で1万円分のポイントもらえる

ふるさと納税について既にご存知かと思いますが、来月の2018年11月から総務省の指摘により、ふるさと納税の返礼品のレベルがぐっと下がってしまいます。

豪華な返礼品を受け取れるのは今月が最後となります。ふるさと納税の駆け込みブームにあわせて実施されたオリコカードのキャンペーンもあわせてぜひご利用ください!!

【Orico Card THE POINT】

年会費無料 入会6か月間
ポイント2倍
100円=1P
還元率1%
Master
JCB
JALマイル
ANAマイル
交換可能
ApplePay対応
(QUICPay)
オリコモール経由
ポイント超貯まる
Amazon Yahoo!
ヤフオク 楽天トラベル
還元率2%
電子マネー
iD QUICPay
今だけ!!期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大8000円分のポイントもらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

見出し一覧

1.OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)の特徴スペック一覧表

提携ブランド  MasterCard、JCB
支払日  毎月末日締め/翌月27日支払
年会費  無料
ポイント名称  オリコポイント
ポイント還元率  1%
(100円=1ポイント)
ポイント有効期限  獲得月から起算して12ヶ月後の月末
ポイント優遇対象サービス オリコモール経由でのネットショッピングでポイント2倍以上
ポイントの提携 オリコプリペイドカードチャージ、Tポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイント、dポイント、WAONポイント、au WALLETポイント、ニッセンお買物券、ベルメゾン・ポイント、クレポ、ANAマイル、JALマイル
利用可能最低ポイント数 【クーポン】
Amazonギフト券→500pt
iTunesギフトコード→500pt
LINEギフトコード→500pt
nanacoギフト→1,000pt
EdyギフトID→1,000pt
ファミリーマートお買い物券→500pt
すかいらーくグループご優待券→5,000pt
オリコモールクーポン→1,000pt【ポイント移行】
オリコプリペイドカードチャージ→500pt
Tポイント→1,000pt
Pontaポイント→1,000pt
楽天スーパーポイント→1,000pt
dポイント→1,000pt
WAONポイント→1,000pt
au WALLETポイント→1,000pt
ニッセンお買物券→1,000pt
ベルメゾン・ポイント→1,000pt
クレポ→1,000pt【マイル】
ANAマイル→1,000pt
JALマイル→1,000pt【商品】
UC ギフトカード→5,500pt
ボーナスポイント ・入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%
(100円ごとに2ポイント)
※オリコモール利用時にも還元率アップ
電子マネー付帯  iD、QUICPay
チャージできる電子マネー  ポイント付与対象:au WALLET、モバイルSuica、SMART ICOCA
家族カード 無料
ETCカード 無料
国内・海外旅行保険 無し
ショッピング保険 無し
ApplePay対応かどうか  有(QUICPay)
マイルの還元率  JALマイル:1,000ポイント→500マイル
ANAマイル:1,000ポイント→600マイル
即日発行 不可

2.OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)のメリットについて

2-1.年会費が無料!コスト0円で実質デメリット無し!

まずOrico Card THE POINTのカード特典をご紹介する前にご紹介したいのが、カードの年会費についてです。

Orico Card THE POINTのカード年会費、追加カードの年会費は下記の通りです。

年会費
本会員 無料
家族会員 無料
ETCカード 無料

上記のようにOrico Card THE POINTは本会員含め家族カード、ETCカードなどの追加カードも全て年会費無料です。

つまり、全ての維持コストは0円で発行しても何のデメリットもありません。

例えば年会費が発生するクレジットカードであれば「年会費分のメリットを享受するためには〜という使い方をしましょう!」という風に積極的にカードの特典を利用していく必要があります。

しかし、Orico Card THE POINTの場合は年会費が永久に無料なので、カードを使っても使わなくても利用者の自由、もし発行してカード利用せずに机の中に閉まっておいても別にOKです。

ここから先はOrico Card THE POINTのカード特典をご紹介していきますが、年会費が0円ということはカードに付帯している特典をうまく利用することができれば完全にOrico Card THE POINTは所持者にとってプラスとなるクレジットカードだということです。

なので、もしOrico Card THE POINTを発行して利用しなかったとするとカード所持者にとっては±0(メリットもデメリットも無し)、利用すれば+ということになります。

もっと言えば、Orico Card THE POINTは入会キャンペーンで最大8,000円分のポイントをもらうことができるので、入会キャンペーンだけゲットしてカードを利用しないという方法ではカード所持者にはメリットしかないクレジットカードです。

※入会キャンペーンの詳細については後ほど詳しくご紹介します。

2-2.オリコモールでのネットショッピングでポイント2倍以上!

Orico Card THE POINTでは『オリコモール』というポイントモール経由でネットショッピングをすることで、ショップごとに指定された倍率のボーナスポイントをもらうことができます。

オリコカードには色んな種類のクレジットカードがあり、例えばスタンダードなオリコカードは下記のデザインのカードです。

このオリコカードでも『オリコモール』を利用することができますが、スタンダードなオリコカードでオリコモールを利用すると

  • カードの通常還元率
  • モールごとのボーナスポイント

しか貰うことができません。

しかし、Orico Card THE POINTでは

  • カードの通常還元率
    =1.0%
  • モールごとのボーナスポイント
    =+0.5%以上
    ※ショップごとに異なります。
  • Orico Card THE POINTの特別ポイント
    =+0.5%

トリプルに重なり、年会費無料とは思えないほどのポイント還元率になります。

『オリコモール』ではネットショップ最大規模のAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどを利用することができ、Orico Card THE POINTを利用した時の合計還元率は下記の通りになります。

ショップ名 カード
還元率
モール
ポイント
特別
ポイント
合計
還元率
Amazon 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
楽天市場 1.00% 最大15% 0.50% 最大16.5%
Yahoo!ショッピング 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
LOHACO 1.00% 1.00% 0.50% 2.50%
ヤフオク! 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
ベルメゾンネット 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
dショッピング 1.00% 2.00% 0.50% 3.50%
楽天ブックス 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
楽天トラベル 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
じゃらんnet 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
セブンネットショッピング 1.00% 1.50% 0.50% 3.00%
ニッセンオンライン 1.00% 1.00% 0.50% 2.50%
ビックカメラ.com 1.00% 1.00% 0.50% 2.50%

年会費無料のクレジットカードで還元率が高いクレジットカードとして『リクルートカード』というカードがありますが、そのカードでもポイント還元率は1.2%なので、Amazonという誰でも利用しやすいネットショップを利用してポイント還元率が常に2.0%もらえるのは完全にメリットといえるでしょう。

その他の『オリコモール』参加ショップの一例と合計還元率は下記の通りです。

オリコモール加盟店一例
ジャンル 名前 合計還元率
総合通販 Amazon 2.0%
楽天市場 2.0%
Yahoo!ショッピング 2.0%
LOHACO 2.0%
ベルメゾンネット 2.0%
dショッピング 3.5%
セブンネットショッピング 3.0%
ニッセン 2.5%
ヤフオク! 2.0%
Wowma!(ワウマ) 2.5%
ヤマダモール 2.5%
スーパー・宅配 イトーヨーカドーネットスーパー 1.5%
セブンミール 1.5%
楽天デリバリー 1.0%
ドミノ・ピザ 2.5%
ドラッグストア等 マツモトキヨシ 4.0%
ケンコーコム 3.0%
DHCオンラインショップ 2.0%
ロクシタンオンラインショップ 3.5%
ドクターシーラボ 2.5%
ファンケルオンライン 3.0%
THE BODY SHOP 4.0%
家電 Apple Store 2.0%
ビックカメラ.com 2.0%
ヤマダ電機 WEB.COM 2.0%
エディオンネットショップ 2.0%
ひかりTVショッピング 2.5%
上新電機(Joshin) 2.0%
nojima online(ノジマオンライン) 2.0%
本・電子書籍 BookLive! 6.5%
honto 3.5%
楽天ブックス 2.5%
TSUTAYA オンラインショッピング 2.0%
タワーレコード 3.0%
ブックオフオンライン 3.0%
HMV ONLINE/エルパカBOOKS 2.5%
ファッション マルイウェブチャネル 2.5%
靴の総合通販:ABCマート 2.5%
JINS(ジンズ) 4.0%
Tabioオンラインストア(靴下屋) 4.0%
COACH オンラインストア 3.0%
セシール 2.5%
チヨダオンラインショップ 3.0%
旅行 楽天トラベル 2.0%
じゃらんnet 2.0%
じゃらんパック 3.0%
エクスペディア(ダイナミック海外ツアー) 2.0%
エクスペディア(海外・国内航空券) 2.0%
JTB(国内) 2.5%
JTB(海外航空券・現地ツアー) 2.5%
JTB(海外ツアー) 2.5%
JTB(海外ホテル) 4.0%
Yahoo!トラベル 2.0%
一休.com 2.0%
近畿日本ツーリスト 2.5%
日本旅行 2.5%
OZmall 2.0%
クーポン グルーポン 4.0%
LUXA 2.5%
くまポンbyGMO 3.5%

2-3.ポイントの使い道が豊富!マイルやTポイントにも交換できる!

「ポイントの貯め方はわかったけど、貯めたポイントの使い道は?」というと、Orico Card THE POINTで貯まるオリコポイントには下記の使い道があります。

ジャンル 交換商品 オリコポイント 交換先 価値
クーポン Amazonギフト券 500pt 500円分 1pt→1円
2,000pt 2,000円分 1pt→1円
5,000pt 5,000円分 1pt→1円
iTunesギフトコード 500pt 500円分 1pt→1円
1,500pt 1,500円分 1pt→1円
LINEギフトコード 500pt 500円分 1pt→1円
nanacoギフト 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
EdyギフトID 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
ファミリーマートお買い物券 500pt 500円分 1pt→1円
すかいらーくグループご優待券 5,000pt 5,000円分 1pt→1円
オリコモールクーポン 1,000pt 2,000円分 1pt→2円
ポイント移行 オリコプリペイドカードチャージ 500pt 500円分 1pt→1円
Tポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
Pontaポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
楽天スーパーポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
dポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
WAONポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
au WALLET ポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
ニッセンお買物券 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
ベルメゾン・ポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
クレポ 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
マイル移行 ANAマイル 1,000pt 600マイル 1pt→1円
JALマイル 1,000pt 500マイル 1pt→1円
商品 UC ギフトカード 5,500pt 5,000円分 1pt→1円
20,000pt 20,000円分 1pt→1円

オリコポイントは基本的に交換先に指定されているものに交換することで利用することになりますが、例えばTポイントに交換する場合は1ポイント1円として交換することができるのでかなり交換レートは良いと言えます。

他のクレジットカードでは他のポイントに交換すると交換レートが悪くなって結局1ポイントの価値が0.5円になったりしますが、オリコポイントはほぼ全ての交換先で1ポイント1円の価値として交換することができるので、迷うことなく自分の利用しやすいポイントに交換することができます。

2-4.入会後6ヶ月間はポイント還元率2.0%!オリコモールでさらにUP!

Orico Card THE POINTでは、入会から半年間は通常時のポイント還元率が倍の2.0%になります。

これは「加盟店で利用すると2.0%!」とかではなく、常時2.0%という強力なメリットです。6カ月間特別加算(+1%)の上限は5,000オリコポイント(50万円利用分まで)です。

なので例えば、家賃や光熱費、通信費などの毎月必要な出費にOrico Card THE POINTを利用したと仮定して、毎月8万円分のカード利用をしたとすると、月に1,600円分がポイントとして返ってきます。

半年だと9,600円分のポイントがもらえるということですね。

しかも!通常還元率が2.0%になるだけでなく、この2.0%の還元率は『オリコモール』のボーナスポイントと併用することもできます。

つまり、入会から半年間はオリコモールが通常時よりさらにお得になるということです。

ショップ名 カード
還元率
モール
ポイント
特別
ポイント
合計
還元率
Amazon 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
楽天市場 2.00% 最大15% 0.50% 最大17.5%
Yahoo!ショッピング 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
LOHACO 2.00% 1.00% 0.50% 3.50%
ヤフオク! 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
ベルメゾンネット 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
dショッピング 2.00% 2.00% 0.50% 4.50%
楽天ブックス 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
楽天トラベル 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
じゃらんnet 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
セブンネットショッピング 2.00% 1.50% 0.50% 4.00%
ニッセンオンライン 2.00% 1.00% 0.50% 3.50%
ビックカメラ.com 2.00% 1.00% 0.50% 3.50%

Amazonとかはすでに商品が割り引かれているものが多いですが、さらにそこからポイントが3.0%ももらえるという強烈にお得な状態となります。

年会費が無料なので、この入会から半年間の爆発的なメリットのためだけにOrico Card THE POINTを利用して半年後からは別のクレジットカードを使うという方法もありでしょう。

2-5.世界51都市で利用できる海外デスクあり!

ここまではOrico Card THE POINTのポイントに関するメリットをご紹介してきましたが、「ポイント以外にOrico Card THE POINTにはメリットがないの?」というとトラベルサービスが充実しているというのもOrico Card THE POINTの1つの特徴です。

その中の一つとしてあるのが海外旅行のお得な情報やサービスを日本語で受けられる海外デスクの存在です。

事故などのトラブル時に電話で相談できる24時間海外緊急ホットラインなどが利用でき、具体的なサポート内容は下記の通りになっています。

ジャンル サポート内容
インフォメーション 最新の観光・ショッピング情報
オプショナルツアーの案内
ホテルの案内
現地通貨レートの案内
レストランの案内
空港の案内
スポーツ観戦情報
フライトスケジュール情報
ショーやイベントの最新情報
各種交通機関の案内
リザーベイション ホテルやレストランの予約
オプショナルツアーの予約
レンタカーの予約
航空券の予約
スポーツ観戦チケットの予約
リムジン送迎の予約
ショー・イベントの予約
観光ガイドの手配
エステやマッサージなどの予約
緊急支援 事故・トラブル時のアドバイス
現地の医師・病院の案内
パスポート、トラベラーズチェックの紛失・盗難時の手続き案内

上記の他にもOrico Card THE POINTでは下記のトラベルサービスが付帯しています。

  • オリコパッケージツアー割引サービス
  • 海外ホテル予約サービス
  • 海外格安航空券サービス
  • 海外お土産宅配サービス など
  • 国内ツアー予約サービス
  • 国内旅館ホテル予約サービス
  • 国内格安航空券サービス
  • 全国名産品お取寄せサービス など

Orico Card THE POINT自体には海外旅行保険が付帯していないので、メインカードとしてはイマイチですが、上記のようなトラベルサービスを利用できることから海外旅行のお供としてのサブカードとは優秀なクレジットカードです。

2-6.オリコ旅行センターで旅行が最大8.0%OFF!レンタカーの優待もあり!

トラベルサービスの一つにはオリコ旅行センターで申し込むと国内・海外旅行のツアーが割引になる特典があります。

区分 商品名 割引率
海外 レインボーツアー 8%
JALパック 5%
ANAハローツアー 5%
マッハ 5%
クラブメッド 5%
プレイガイドツアー 5%
ウィッティ 5%
デルタバケーション 5%
ユナイテッドホリディ 5%
JALパックスペシャル 3%
スカイツアー 3%
ベスト 3%
パノラマ 3%
チャオ 3%
インプレッソ 3%
Extage 3%
QUALITA 3%
国内 ANAスカイホリデー 5%
JALパック 5%
ビッグホリデー 5%
クラブメッド 5%
びゅう 5%
トップツアー 3%
赤い風船 3%

もちろん同伴者の方も割引が適用されるので、例えばレインボーツアーで一人5万円のツアーを申し込めば4,000円分の割引を利用することができます。

家族サービスにはもってこいの特典ですね。

「いや、旅行は自分て手配するからツアーは利用しない!」という方でも、Orico Card THE POINTにはレンタカーの割引優待特典が付帯しており、各レンタカーショップで下記の割引を利用することができます。

レンタカー会社名 割引率
ニッポンレンタカー 約5%OFF
日産レンタカー 5%OFF
オリックスレンタカー 5%OFF
タイムズカーレンタル 5%OFF
三菱レンタカー 20%OFF

例えば沖縄旅行などではレンタカーを利用することが多いと思いますが、友達と割り勘するときにOrico Card THE POINTの特典で割引が適用できればさらにお得に沖縄旅行を楽しむことができます。

繰り返しになりますが、Orico Card THE POINTは年会費無料なので、自分の利用したい特典だけスポット的に利用しても何のデメリットもないクレジットカードなのでカード所持者の自由に利用することができます。

2-7.上位カードのアップグレードあり!将来性のあるクレジットカード!

Orico Card THE POINTには上位カードが2枚あり、グレードアップするごとに少し付帯特典が変わります。

具体的な特典比較は下記の通りです。

カード種類 Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT-
PREMIUM GOLD
Orico Card THE WORLD
年会費(税込) 永年無料 1,950円 9,800円
国際ブランド Mastercard、JCB Mastercard、JCB Mastercard
電子マネー iD・QUICPay(カード一体型) iD・QUICPay(カード一体型) iD・QUICPay(カード一体型)
ポイント還元率 一般加盟店 1.00% 1.00% 1.00%
海外 1.00% 1.00% 2.00%
オリコモール 2.0%~ 2.5%~ 2.0%~
iD・QUICPay 1.00% 1.50% 1.00%
リボ払い 1.00% 1.50% 1.00%
海外旅行傷害 利用条件 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 2,000万円 5,000万円
傷害治療費用 200万円 200万円
疾病治療費用 200万円 200万円
携行品損害 20万円(自己負担3千円) 100万円(自己負担3千円)
賠償責任 2,000万円 2,000万円
救援者費用等 200万円 200万円
国内旅行傷害 死亡・後遺障害 最高1,000万円(利用付帯) 最高5,000万円(利用付帯)
国内外航空機遅延保険 乗継遅延 3万円
欠航搭乗不能 3万円
手荷物紛失 10万円
ショッピング保険 最高100万円(自己負担1万円) 最高100万円(自己負担1万円)
空港ラウンジ
手荷物無料宅配
その他付帯特典 オリコ一般カード特典 Mastercardゴールドカード特典
Orico Club Off
オリコ一般カード特典
Mastercardゴールドカード特典
オリコ一般カード特典

主に何が変化するのか?というと、

  • ポイント還元率がUPする
  • 海外旅行保険が充実する
  • ショッピング保険が付帯する

というメリットがあります。

年会費9,800円のOrico Card THE WORLD(オリコザカード・ワールド)では空港ラウンジ無料サービスが付帯して、国内の主要空港のラウンジ利用料1回1,000円程度が無料になるので、旅行が好きな方や出張が多い方であれば、空港ラウンジ利用特典だけで年会費の元が取れてしまします。

「いや、年会費無料が良い!」という場合はOrico Card THE POINTのままでOKだし、「海外旅行保険が欲しい!」という場合はアップグレードすればOKです。

まずは年会費無料のOrico Card THE POINTから入会してオリコカードに慣れてからアップグレードするなど、ルートもカード保持者の自由です。

3.OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)のいまいちポイントについて

3-1.年会費0円なのでデメリットは基本的に無い!

Orico Card THE POINTのデメリットについてですが、ハッキリ言うとデメリットはありません。

「いやいや、それはないでしょ!何かデメリットがあるでしょ!」と思うかもしれませんが、最初の方でご紹介した通り年会費が0円なので維持コストが0円なのです。

つまり、Orico Card THE POINTを持つと言うことはプラス(カード特典が利用できるようになる)しかありません。

もしこのクレジットカードに年会費が発生するのであれば「このカード特典内容ならば、年会費分のメリットが〜…」という風に言えるかもしれませんが、0円なので無料クーポンのようなものなのです。

3-2.あえてデメリットを挙げるなら旅行保険が無いこと!

「基本的にデメリットがない」とご紹介しましたが、あえてデメリットを挙げるとしたら

  • 海外旅行保険が付帯していない

ということでしょうか。

まあ、年会費無料のクレジットカードではほとんど海外旅行は付帯していませんが、Orico Card THE POINTはトラベルサービスが豊富な分海外旅行保険がないのはちょっと残念です。

でも海外旅行保険だけのために年会費有料のクレジットカードを発行するのも、海外旅行に行くたびに自腹で海外旅行保険に加入するのも嫌だと思います。

そんな方は下記の3つのカードを発行すればOrico Card THE POINTのデメリットを補うことができます。

【海外旅行保険】
※全て自動付帯
エポスカード JCB EIT 横浜インビテーション
補償内容 保険金額
死亡・後遺障害 最高500万円 最高2,000万円 最高2,000万円
傷害治療 200万円 100万円 200万円
疾病治療 270万円 100万円 200万円
救援者費用 100万円 100万円 200万円
賠償費用 2000万円 2,000万円 2,000万円
携行品損害 20万円 20万円 20万円

上記のクレジットカードは全て年会費が無料な上、海外旅行保険が自動付帯(カード持っているだけで海外旅行保険が適用される)です。

旅行保険は死亡・後遺障害の項目以外は掛かっている保険の”合計金額”が補償金額となります。

つまり、上記の年会費無料のクレジットカードを全て発行すれば海外で怪我や病気になっても500万円以上の補償が受けられるということです。

海外では医療費で300万円近く請求されることもザラですが、これだけ充実していれば安心して旅行を楽しむことができます。

Orico Card THE POINTのトラベルサービスと併用すると年会費無料のクレジットカードだけで海外旅行がかなり充実します。

4.OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)の最大の強み!こんな人におすすめしたい!

4-1.入会から半年間はポイントがザクザク貯まる!ポイントをお得に貯めたい人にオススメ!

Orico Card THE POINTの最大のメリットは何か?というと、入会から半年間はポイント還元率が2.0%となる点です!

普通、他の年会費無料のクレジットカードであればポイント還元率は0.5%程度ですが、Orico Card THE POINTは入会から半年間はその4倍の2.0%です。

上限は50,00ポイントまでなので、最大50万円のカード利用分まではポイントが2.0%の還元率でもらえます。

「半年で50万円のカード利用か…」とちょっとハードルが高いと思う方は『オリコモール』も一緒に利用すればAmazonなどではポイント還元率が3.0%で溜まっていきます。

  • 家賃や光熱費、交際費、雑費をカード払いにする
  • オリコモールを利用してネットショッピングをする

という2つのルールを守るだけでザクザクとポイントをゲットすることができます。

ポイントはご紹介した通りTポイントやマイルに交換することができるので、好きなように利用しましょう。

4-2.トラベルサービスが充実している!旅行好きな方にオススメ!

Orico Card THE POINTはトラベルサービスが充実しています。まとめると下記の特典が利用できます。

  • 海外サポートデスク
  • レンタカー優待サービス
  • オリコパッケージツアー割引サービス
  • 海外ホテル予約サービス
  • 海外格安航空券サービス
  • 海外お土産宅配サービス など
  • 国内ツアー予約サービス
  • 国内旅館ホテル予約サービス
  • 国内格安航空券サービス
  • 全国名産品お取寄せサービス など

年会費無料のクレジットカードとしてはトラベルサービスが多いと言えますが、肝心の海外旅行保険や空港ラウンジ無料利用サービスが付帯していないのでメインカードとしては微妙ですが、サブカードとしては持っておくだけで必ず役に立つカードです。

年会費無料でこれだけのトラベルサービスが利用できるので、旅行好きな方は発行して財布に1枚入れておくだけでいざという時に利用することができます。

5.OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)はどういう使い方が最もお得になるのか?

5-1.入会キャンペーンで最大8,000円相当のポイントゲット!

Orico Card THE POINTでは2018年9月現在最大8,000円相当のポイントがゲットできる入会キャンペーンが行われています。
※入会キャンペーンは時期によって異なります。

特典 条件 獲得ポイント
特典1 カードの入会 1,000ポイント
特典2 ①1,500ポイント
②1,000ポイント
③1,000ポイント
④500ポイント
⑤500ポイント
⑥500ポイント
合計:5,000ポイント
特典3 毎月リボの登録&10万円以上のカード利用 2,000ポイント

上記のように、カードに入会するだけでとりあえず1,000円分のポイントをゲットすることができます。

特典2と特典3はどちらとも10万円以上のカード利用が前提となりますが、カード発行から3ヶ月後までが期限なので全然簡単でしょう。

「この条件はめんどくさい!」と言うものがあればスルーすればOKで、とりあえず年会費無料なので入会キャンペーンでは取れるだけのポイントを獲得しましょう。

ちなみにこのキャンペーンは2018年9月末までなので、また新しい入会キャンペーンが発表される可能性があります。

いずれにしてもOrico Card THE POINTを発行する際には入会キャンペーンを活用してがっつりとポイントを稼ぎましょう。

5-2.入会後6ヶ月はメインカードとして利用する!

Orico Card THE POINTの最大の魅力はカード発行から半年間はポイント還元率が2.0%になると言う点です。これは年会費無料のクレジットカードでは最強レベルです。

なのでこのチャンスは絶対に逃さず、もし一人暮らしをしている方であれば家賃や光熱費、食費、交通費、雑費、交際費などのあらゆる出費をできるだけOrico Card THE POINTで支払いましょう。

上限は50万円(5,000ポイント)までなので、半年で割ると一月あたり約8万4,000円ほどで家賃などをカード払いしていれば簡単に達成することができます。

もし「一人暮らしじゃないから家賃みたいな高額な出費がない!」と言う方は『オリコモール』を利用するべきです。

オリコモール経由でショッピングするとボーナスポイントが貰えるとご紹介しましたが、半年間のポイント2倍特典と併用することもできるので、Amazonなどでは3.0%の還元率でポイントをゲットすることができます。

もう一度紹介しておくと、下記の倍率でポイントが貯まっていきます。

ショップ名 カード
還元率
モール
ポイント
特別
ポイント
合計
還元率
Amazon 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
楽天市場 2.00% 最大15% 0.50% 最大17.5%
Yahoo!ショッピング 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
LOHACO 2.00% 1.00% 0.50% 3.50%
ヤフオク! 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
ベルメゾンネット 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
dショッピング 2.00% 2.00% 0.50% 4.50%
楽天ブックス 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
楽天トラベル 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
じゃらんnet 2.00% 0.50% 0.50% 3.00%
セブンネットショッピング 2.00% 1.50% 0.50% 4.00%
ニッセンオンライン 2.00% 1.00% 0.50% 3.50%
ビックカメラ.com 2.00% 1.00% 0.50% 3.50%

ある種Orico Card THE POINTが一番輝くのはカード発行から半年間と言えるかもしれません。

5-3.6ヶ月以降はオリコモールをメインにして利用する!トラベル特典のサブカードとしても優秀!

「じゃあ半年後からはOrico Card THE POINTは使えないカードになるの?」というと、そういう訳ではなく、継続してオリコモールでは年会費無料のクレジットカードとしては高い還元率のクレジットカードとして利用することができます。

また、前述した通りOrico Card THE POINTはトラベル特典が豊富なので、持っておくだけでもいつか役に立つ時がきます。

例えば友達や恋人と旅行に行った時に利用するレンタカーや、両親と旅行に行く時のパッケージツアーの割引など「あ!Orico Card THE POINTを使えば割引してもらえる!」と言うタイミングがくるので、カードを持っておくだけでも便利です。

6.まとめ

しつこいようですが、Orico Card THE POINTは年会費無料なのでここまでご紹介したメリットを0円で享受することができます。

そういう意味ではOrico Card THE POINTはクレジットカード初心者から、「カード利用を増やしたいからもう一枚カードが欲しい!」と言うような方にぴったりなクレジットカードです。

もしカードを使わなくてもカードの維持コストは0円、もし使ってもカードの維持コストは0円でなんのデメリットもありません。

Orico Card THE POINTのお得になる利用方法をまとめると

  • 入会キャンペーンでポイントを大量にゲットする
  • 入会後半年間は50万円分までポイント還元率が2.0%
  • 『オリコモール』を活用するとさらにお得
  • 入会半年後は『オリコモール』とトラベル特典を利用する

この4点を意識すればOrico Card THE POINTの”美味しい部分だけ”を享受することができます。

入会キャンペーンでカードに入会するだけで1,000円分のポイントがもらえるのでとりあえず入会してしまった方がお得です。