ふるさと納税は、節税できて・豪華な返礼品がもらえることで注目を集める新しい寄附のカタチです。でも、どうして「お得」に「豪華な品」がもらえるのでしょうか?

また「自己負担2,000円」で本当に地域に貢献できるのでしょうか?そもそも、本当に自己負担は2,000円で済むのでしょうか?

まずはこの素朴な疑問から解消していきましょう。

クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazon or 楽天ブックスでご確認ください。

ふるさと納税で誰でも実質2000円で豪華な返礼品をもらえる仕組みについて

自己負担2,000円。それ以上は還付されます

ふるさと納税は1年間、自己負担2,000円で寄附できます。翌年にも同様に「1年2,000円」の自己負担です。

この2,000円という自己負担額は収入や寄附額に関わらず、全員一律2,000円です。

また同時に、ふるさと納税の最低寄附金額も2,000円です。

この2,000円を超えた部分が所得税・住民税から控除されます(厳密に言うと所得税は現金として還付され、住民税は翌年度から減額されます)。

つまり2,000円きっちり寄附した場合はプラマイゼロですね。この場合はすべて「純粋な寄附」として自治体に送られ、控除はありません

では、2,000円を超えて寄附する場合はどうでしょうか。ふるさと納税には人それぞれに該当する「控除額の上限」があります。

この上限額から自己負担額2,000円を差し引いたものが「控除対象になる寄附」です。たとえば限度額が3万円の人は2,000円を差し引いた28,000円が「控除対象になる寄附」となります。

この28,000円は最終的に「還付」と「減税」で自分に戻ってきます。

自己負担2,000円で返礼品がもらえる理由

ふるさと納税は、自治体にこのようなメリットをもたらします。

  •  被災地の復興に役立つ
  •  他の地域からも財源が確保できる
  •  通常よりも早イタイミングで収入が確保できる
  •  地元の特産品をPRできる
  •  そのPRによって観光客を誘致できる

ふるさと納税がなければ、地方の自治体は地域を活性化させるためのイベントや施設を自分たちで計画・整備しなければなりません。

しかし、ふるさと納税を導入すれば大規模なイベントを開かなくても他府県からお金を集めることができます。

地元のおいしいお肉や農産品を他府県の人に食べてもらうということは、その町の「ファン」を増やすことにも繋がります。

寄附してくれた人は、まちがいなくその地域にとっては「恩人」です。こうして寄附者は豪華な返礼品を「お礼」として受け取ることができるのです。

実際にふるさと納税を利用して返礼品をもらうまでの流れ

①ふるさと納税サイトを選ぶ

ふるさと納税サイトは1社だけではありません。現在多くのサイトがサービスを展開しています。

たとえば人気のサイトにはこのようなものがあります。

  • ふるさとチョイス
  • さとふる
  • ふるなび
  • 楽天ふるさと納税
  • ふるぽ
  • わが街ふるさと納税
  • ANAのふるさと納税
  • 情報量が圧倒的に多いサイト(ふるさとチョイス)
  • ポイントが還元されるサイト(楽天ふるさと納税)
  • 郵便振替が利用できるサイト(わが街ふるさと納税)

…など、それぞれに特徴があります。

もちろん自分が使いやすいサイトを自由に選んでOK。たとえば筆者は「動物愛護」を扱っている「ふるさとチョイス」を利用しています。

②寄附する自治体と返礼品を決める

自分の上限額をしっかり確認したうえで、寄附する自治体と希望の返礼品を検索しましょう。

上限額以内であれば複数の自治体に寄附することも可能ですし、複数の返礼品を選択することもできます。

「カテゴリー」では返礼品が種類ごとに分類されています。希望の返礼品がある場合はカテゴリーから選ぶと便利です。

どんなカテゴリーがあるかといいますと

  • 肉・ハム
  • 米・パン
  • 果物類
  • 野菜類
  • 魚介類
  • 酒・アルコール
  • お茶・飲料
  • お菓子・スイーツ
  • 麺類
  • 雑貨・日用品
  • 調味料・油
  • たまご
  • 加工食品
  • 工芸品
  • 感謝状
  • 特典・ギフト
  • その他(セット・詰め合わせ・その他サービス)

このように豪華でバリエーション豊かな返礼品の数々が揃っています!

③自治体に寄附を申込む

寄附する自治体が決定したら、利用するサイトから直接寄附の申し込みと決済を行います。

サイトによっては会員登録が必要な場合があります。登録しておくと寄附の履歴が保存されますし次回以降の寄附がスムーズになります。

寄附するときに入力するのは主に下記の項目です。

  • 申込者情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス・生年月日・性別)
  • ワンストップ特例の利用の有無
  • 寄附情報(寄附金額・寄附の使い道の希望)
  • 決済方法(クレジットカード・郵便振替※すべてのサイトではありません

サイトから直接申し込める自治体なら、ここで申込みは完了です。

問い合わせが必要な自治体もあります

多くの自治体ではサイトでの申込みを受け付けていますが、自治体の中には電話やFAX、メールなどで寄附方法の指示の確認が必要なケースもあります。

その場合は振込用紙や申込み書類が送られてくるのを待ち、指示にしたがった手続きを行いましょう。

④お礼の返礼品を受け取る

しばらくすると、申し込んだ自治体から返礼品が送られてきますので受け取りましょう!

注意したいのは、返礼品は「商品」ではありませんから到着時期を指定できないことです。たとえば野菜や果物は収穫時期がありますし、魚介なども「旬の時期」がありますよね。

「ふるさと納税は通信販売ではない」としっかり理解しておきましょう。

⑤「寄附金受領証明書」を受け取る

自治体からは返礼品以外に「寄附金受領証明書」が届けられます。確定申告のときに必要な重要書類ですからなくさないように保管しましょう。

寄附金受領証明書は、自治体によって届くタイミングが違います。

  • 返礼品に同封されてくる
  • 返礼品とは別で、寄附の都度送られてくる
  • 2月中旬(確定申告に間に合うように)1年分まとめて送られてくる

自分が寄附した自治体がどのような形で送ってくるのか確認しておくとよいでしょう。

5万円を寄付しても実質2000円?48000円はいつ頃どのようにして返ってくるのか?

ふるさと納税は「確定申告」を行うことで初めて減税の対象になります。そのため還付されるのは「確定申告後」です。

確定申告が終わってからだいたい1ヵ月~1カ月半くらいかかりますので、遅くとも5月に入るまでには返ってくると考えておきましょう。

ただし「還付」という形式でお金が返ってくるのは所得税の部分。住民税は翌年度分の税額が軽減されることで還付を受けたことになります(翌年度の住民税が安くなるので給与手取りが多くなる)。

では住民税がいつから安くなるのか。その年の住民税の額が決定するのが6月ですので、ふるさと納税を行った次の年の6月の給与から安い住民税に変わります。

自分の生まれ育った故郷にするもの?全国各地どこでも寄付できる?

ふるさと納税は全国どこでも寄附できる。複数の町にわけてもOK

ふるさと納税の寄附先は、寄附者が自由に選んでOKです。自分が生まれた町でなければならないとか血縁者がいなければ寄附できないとか、そんな制限はありません。あなたが好きな町を選んでOK!

「どこにしようか1つに決められない!」と悩みそうですが、寄附先は複数になってもOKです。寄附先の数の制限もありません(上限額に注意してくださいね)。

家族で1つの町に寄附するのもOK

ふるさと納税は世帯単位ではなく個人単位で行う寄附なので、1つの町に家族全員で寄附してもOKです。もちろん税金控除も個人単位で適用されます。

しかしこれは家族全員が納税者であるケースに限られ、専業主婦(夫)など年末調整や確定申告の必要がない人については控除の対象にはなりません。専業主婦(夫)を扶養している人の税金が安くなることもありません。

自分が住んでいる町への納税は要問い合わせ

自分の住んでいる町をもっと盛り上げたい!と考え、自分の町に納税を検討する人もいるでしょう。このケースは自治体によって対応が異なります。

住んでいる町へのふるさと納税は禁止されていません。しかし、ふるさと納脱の寄附は受けても返礼品はないなど、住民からの寄附には一定の制限を設けている自治体もあるようです。

とはいえ、自分の住む町を支援するのは素晴らしいことだと思います。寄附をする前に、お住まいの自治体へ問い合わせをしてみましょう。

ふるさと納税でどのような商品が買える?人気のおすすめ返礼品

お肉

ふるさと納税の返礼品といえば「牛肉」ではないでしょうか。お肉は「看板返礼品」の1つとして、サイトのトップ画面を華やかに彩っています。

このイメージのとおり。、お肉の返礼品はふるさと納税の返礼品の中では人気第1位を誇っています。

お肉はいつの時代も「特別な食べ物」ですよね。ふるさと納税のお礼としてみんな笑顔で食べたくなる、そんな存在になっているのでしょう。

お肉の種類や量に対する寄附金額はこのようになります。

  • 三重県熊野市・・・美熊野牛(450g)/25,000円
  • 三重県松阪市・・・松阪牛すき焼き肉(ロースまたは肩ロース) 400g/3万円
  • 群馬県玉村町・・・上州牛リブロース750g:焼肉用/2万円
  • 宮崎県大崎市・・・700g厚切り牛タンセット/1万円
  • 長崎県壱岐市・・・壱岐牛モモ すき焼き・しゃぶしゃぶ用 500g/2万円

お肉の返礼品は名だたるブランド牛から地元特産牛までランクもさまざまです。不思議なことに「オーストラリア産」のお肉がラインナップされていることもあります。

海鮮

お肉に続いて魅力満載なのが「海鮮」の返礼品です。カニやいくら、うなぎや辛子明太子など、その土地ならではの美味しい特産品が受け取れます。

海鮮はこのようなものが用意されています。

  • 福岡県福智町・・・地元産辛子明太子1kg/13,000円
  • 長崎県津島・・・高級魚「クエ700g」/1万円
  • 佐賀県上峰町・・・九州産「うなぎの特上蒲焼き 大サイズ4尾」/1万円
  • 北海道根室市・・・花咲ガニは800g/1万円
  • 高知県奈半利町・・・タラバガニ(ボイル)/15,000円

このボリュームで実質自己負担2,000円って考えると、どれだけお得なのかがよくわかりますね。ちなみに筆者が毎日指を加えているスーパーの「うなぎ」は中型サイズ1尾で2,980円です・・・。

果物

牛肉や海産物に負けない人気を誇るのが「果物」です。気候の影響を受けやすい果物類は、ご当地にとっては重要な特産物です。

栽培に適した土地で愛情こめて育てられた新鮮な果物は、自治体の「ご当地アイドル」のような存在なんじゃないでしょうか。

  • 北海道 壮瞥町・・・アールス系赤肉メロン約2kg・2玉/1万円
  • 青森県 田子町・・・サンふじりんご10kg(40~45個)/1万円
  • 福岡県宗像市・・・苺「あまおう」1.2kg/1万円
  • 山形県上山市・・・さくらんぼ「佐藤錦」1.2kg/1万円
  • 宮崎県 川南町・・・「時の雫」マンゴー4Lサイズ2玉/2万円

スーパーではほぼ手に入らない逸品ばかり!ふるさと納税で高級フルーツを食べるって素敵ですよね。主婦の筆者は果物を必ず選択肢にいれてしまいます。

野菜

おいしい野菜は地元の名産品に欠かすことができません。ふるさと納税の野菜は、ニンジンやジャガイモ、ナスやアスパラガスといったメイン野菜から、薬味やハーブ、きのこなどバリエーションも豊富です。

  • 鳥取県米子市・・・野菜ソムリエサミット金賞の人参10kg/1万円
  • 北海道 幌加内町・・・ 男爵20kg/1万円
  • 千葉県 白子町・・・地元産トマト8kg/1万円
  • 宮城県諸塚村・・・乾しいたけどんこ90g/1万円
  • 北海道美深町・・・美深町産とうもろこしスイートコーン10本/5,000円

家族が多いご家庭や、2世帯のご家庭、ご近所さんへのおすそ分けにも新鮮野菜がおすすめです。半年おきの定期便のある親切な自治体もありますよ!

お米

日本人の魂であるお米も、ふるさと納税の返礼品として人気です。毎日食卓に並ぶものですから、家計も大助かりです。

  • 新潟県小千谷市・・・魚沼産コシヒカリ5kg/1万円
  • 佐賀県神崎市・・・最高評価特A米「さがびより」10㎏/1万円
  • 滋賀県近江市・・・A12 近江永源寺米食べ比べセット(コシヒカリ・みずかがみ各2kg×2)/1万円
  • 茨城県堺町・・・平成30年茨城県のお米4種食べくらべ20kgセット/12,000円
  • 香川県三木町・・・平成30年香川県産精米(コシヒカリ) 20kg/15,000円

米どころのブランド米をお得に食べられる絶好の機会です。選ぶ楽しみも満載で人気の返礼品となっています。

どれだけあっても困ることなく、日持ちもするので人気の高い返礼品として常時ランクインしています。

パソコン・家電製品・アウトドア商品

ふるさと納税でパソコンがもらえる自治体が2018年12月現在、複数存在しています。

パソコンの返礼品は2017年中止となりニュースにもなりましたが、2018年内限定で復活しています。

ふるさと納税でパソコンを!と考えていた人は早めに申込みをしてくださいね。

また家電製品や宝飾品、自転車や楽器、キャンプグッズなどのアウトドア用品も年内限定となるようです。

どうしてパソコンがなくなるの?

「豪華な返礼品がもらえるふるさと納税」は年々人気が高まるばかりです。しかし2017年に入ったころ、ふるさと納税に逆風が吹き始めました。

問題の根本は「返礼品の種類」にあります。

総務省は2017年4月、返礼品の額を寄附された額の30%程度にとどめるよう全国の自治体に対して求めました。なぜなら「高価な返礼品を送る自治体」に人気が集中したからです。

結果として2018年9月、還元率が30%を超える返礼品・地元特産品と無関係な返礼品をおくる自治体には「税の優遇措置を行わない」という厳しい方針を政府が示しました。

そのため、今回挙げた「パソコン」や「家電製品」「アウトドアグッズ」などは2018年12月31日をもって終了となります。

残念に感じる人も少なくないでしょうが、今、ふるさと納税は「本来の姿」を取り戻すことが求められているのです。

最後に

ふるさと納税は大好きな町を応援する方法の1つです。特産品を受け取ることはその土地を知るきっかけにもなります。今回はおすすめの返礼品をほんの一部ご紹介しましたが、まだまだたくさんの魅力的な返礼品があなたを待っています。

しかし、ふるさと納税をしている人の中には「返礼品はいらないのでその分お金を有効に活用してほしい」と考える人がいらっしゃいます。

寄付金をより有効に・利用目的が明確なところへ寄附したいと考える場合は、「自治体へ」ではなく直接「プロジェクト」に寄附できる「ガバメントクラウドファウンディング®」もおすすめです。ふるさと納税と並行してサービス展開しているサイトもありますよ。

納税したお金のすべてを役立ててもらえますし、なにより「こんなことに使って欲しい」という意思を示すことができます。ふるさと納税と同様に控除対象になりますので、ふるさと納税と使い分けてみてはいかがでしょうか。