> 三井住友VISAカードの公式サイトへ

初めてカードを発行する方で三井住友VISAカードを選択する方が非常に多いです。それだけ、クレジットカードを初めて利用したい方に支持されてるんです。

三井住友VISAカードは銀行系のカードなので信頼度も抜群に高く、セキュリティ面でも安心して利用できるクレジットカードです。

今回の記事では、三井住友VISAカードの一般カードである三井住友VISAクラシックカードを発行すると仮定して発行の方法・手順をご紹介していきます。

基本的に、三井住友VISAカードの発行方法は、種類を問わず全て同じです。

一部のカードでは、インビテーションで発行できるカードもありますが、全てのカードの申込ステップはほぼ同じになります。

この記事を読んでもらえれば三井住友VISAカードの全てのカード発行手順が理解できます。

【三井住友VISAカード】

世界シェアNo.1のVISAだからどこでも使えて安心!!バランス型のカードなので1枚持っておくと安心です♪

年会費
実質無料
1000円=1P=5円
還元率0.5%
世界シェア
VISAがNo.1
海外で使える 海外保険
利用付帯
バランスの取れたカード
学生専用/女性専用あり 初めての1枚に最適 他のポイントに
交換できる

貯めたポイントは他のポイントに移行できる

期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今だけ!!最大7,000円分のキャッシュバックもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazonでご確認ください。

1.三井住友VISAカードの申し込み方法と手順について

1-1.三井住友VISAカードを申し込む方法・手順

三井住友VISAカードを申し込む方法は

  • ネットから申し込む方法
  • 入会申込書から申し込む方法

の2種類があります。

入会申込書も結局はネットから取り寄せる必要があるので、発行するならネットからの方がオススメです。

ネットからの入会だと下記のメリットがあります。

  1. 発行が最短3日
  2. 入会キャンペーンに参加できる
  3. 初年度の年会費が無料になる

入会キャンペーンや年会費無料というネットからの申込み特典は、一般カードだけでなくゴールドカードも同じです。

※プラチナカードのみ年会費無料特典はありません。

全てを考慮してネットからの申込の方が完全にお得です。

ですが「パソコンを操作するのが苦手!」という方もいると思うので、両方の申込方法をご紹介しておきます。

ネット上から申し込む方法

ネットから申し込む方法

step1.三井住友VISAカードの公式ページを開く

こちらのボタンをクリックして、公式サイトに移動します。

【三井住友VISAカード】

世界シェアNo.1のVISAだからどこでも使えて安心!!バランス型のカードなので1枚持っておくと安心です♪

年会費
実質無料
1000円=1P=5円
還元率0.5%
世界シェア
VISAがNo.1
海外で使える 海外保険
利用付帯
バランスの取れたカード
学生専用/女性専用あり 初めての1枚に最適 他のポイントに
交換できる

貯めたポイントは他のポイントに移行できる

期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今だけ!!最大7,000円分のキャッシュバックもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

step2.規約等を読み『同意の上、次のページへ進む』をクリックする

利用規約等が表示されるので読んでから下の方にある『同意の上、次のページへ進む』をクリックします。

step3.本人情報や口座情報を入力して『次のページへ』をクリックする

本人情報や口座情報などを入力して『次のページへ』をクリックします。

step4.職業情報やキャッシング・リボ設定を入力し『次のページへ』をクリックする

次に職業情報とキャッシング枠、リボ設定などを入力して『次のページへ』をクリックします。
※キャッシング枠やリボ設定などはカード発行後でも可能なので、ここではしなくてもOKです。

step5.追加カードやその他メルマガなどの設定を入力し『次のページへ』をクリックする

追加カードやメルマガ情報送信の有無などを選択して最後に『次のページへ』をクリックします。

step6.入力内容を確認し『この内容で送信する』をクリックする

ここまで入力した情報を確認して、間違えてなければ『この内容で送信する』をクリックします。

step7.申し込み番号の案内→申し込み完了

審査状況確認のための申し込み番号が発行され、あとは審査が完了するのを待つだけです。

入会申込書から申し込む方法

入会申込書から申し込む方法

step1.三井住友VISAカードの公式ページを開く

検索エンジンから三井住友VISAカードの公式サイトを検索し、ページを開きます。

step2.『クレジットカードをつくる』をクリックする

トップページの左上の『クレジットカードをつくる』をクリックします。

step3.『カード一覧』をクリックする

作りたいカードを探すために『カード一覧』をクリックします。

step4.発行したいカードの『お申し込み』をクリックする

発行したいカードを探し、右側の『詳細をみる』をクリックします。
※ここでは三井住友VISAクラシックカードを発行するという仮定でご紹介していきます。

 

step6.『入会申込書のご請求』をクリックする

カード詳細が表示されるので、ページの下の方にスクロールしていきます。すると『入会申込書のご請求』というリンクがあるのでクリックします。

step7.必要事項を記入して『確認する』をクリックする

入会申込書を受け取る場所などの必要事項を記入して『確認する』をクリックします。
※あくまでも入会申込書を発送するために必要な情報なので、カード発行者の名前などではなくてもOKです。

step8.入力事項を確認して『決定する』をクリックして完了

申込書が届く住所などの入力内容を確認し、間違いがなければ『決定する』をクリックします。

step9.入会申込書に記入し返送する

返信用封筒が入った入会申込書が届くので、書類に必要事項を記入して返送することでカードを申し込むことができます。

1-2.三井住友VISAカードはアップグレードもできる!

もしすでに三井住友VISAカードを持っている場合、公式サイトからカードを切り替えることができます。

例えば三井住友VISAクラシックカードを持っている場合、ゴールドカードが欲しければゴールドカードへの切り替えを行うことができます。

カード保持者が入れる『Vpass』という専用サイトにログインすると、左側にメニューがありその中に『カード種類を切り替える』というメニューがあるのでクリックします。

すると下記のような画面が表示されるので、自分が持っているカードのタブをクリックします。

今回は『三井住友カードをお持ちの方』をクリックしたと仮定してご紹介していきます。

次に切り替えが可能なカードが表示されるので、切り替えたいカードの『今すぐ申し込む』をクリックします。

申込資料から申し込みたい場合は『インターネットから資料請求』をクリックします。

上記の方法でカードをアップグレードする場合も、ネットの方が下記のベネフィットがあるのは変わりません。

ネットからの申し込みの方が確実にお得です。

  1. 発行が最短3日
  2. 入会キャンペーンに参加できる
  3. 初年度の年会費が無料になる

1-3.ゴールドカード・プラチナカードはインビテーションがある!

もう一つの申し込み方法としてはインビテーション(招待状)が届くカードもあります。

三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプラチナカードはインビテーションが届き、インビテーションに必要事項を入力して返送することでカード審査が行われ、審査に通過するとカードを発行することができます。

ただし、誰でもインビテーションをもらうことができるわけではなく、三井住友カード側が独自の審査基準で「この人にインビテーションを送ろう!」という感じで発送されるので、自分から申し込みパターンとは少し異なります。

三井住友VISAクラシックカードなどの一般カードはインビテーションなどないので、通常通り公式サイトから申し込みましょう。

2.申し込みからカード到着までどれぐらいかかる?

2-1.最短発行は3営業日!郵送の場合は2~3週間!

三井住友VISAカードの最短発行は3営業日です。

例えば三井住友VISAカードの一般カードである三井住友VISAクラシックカードは、最短3営業日に発行することができます。

その他最短で発行されるカードを調べるには、公式サイトのカード一覧の検索メニューで『最短3営業日発行可能』という項目にチェックを入れることで検索することができます。

これはあくまでも”申し込みから発送されるまでの日数が最短3日”なのであって、カードが届くまでの日数ではありません。

配送の時間も含めると、さらに場所によって時間がかかる場合もあるので1週間くらいに見積もっておいた方がいいでしょう。

また申し込み後土日祝日を挟むと発想はさらに遅くなります。

一方で郵送でカードを申し込んだ場合、発行までの期間は2~3週間と公式で発表されています。

ネットからの申込と比べてかなり遅いので早めに欲しい方はネットからの申し込みをオススメします。

2-2.審査状況を確認する方法・手順

「カード申込後、カードの審査状況がどうなっているのか知りたい!」という方もいると思います。

カードを申込の途中で、審査状況を確認するために必要な番号が発行され、メールで届くので、それを審査状況確認ページで入力することで確認することができます。

3.カード申し込む前に確認しておくべき注意点

ここまでは具体的な申込方法をご紹介してきましたが、次はカードを申し込む前に確認しておくべき注意点についてご紹介します。

3-1.クレジットカードを同時に複数申し込んでいない?

クレジットカードを申し込むと、『信用情報機関』という第三者機関に記録が残ります。

クレジットカード会社はカード申込者を審査する際に信用情報機関に依頼してカード申込者の情報開示請求を行います。

つまり、そこでカード申込者が複数のクレジットカードに申し込んでいることがわかるんですね。すると、カード会社は

  • 「この人はお金に困っているのかな?」
  • 「借金を多く抱えてるんじゃないのかな?」
  • 「何か犯罪に関わっているんじゃないのかな?」

などと判断し、カードを発行してくれないことがあります。

一般的にはクレジットカードは多くても同時に2枚まで、一度発行したら別のカードは3ヶ月ほど期間を開けてからの方がいい。という風にいわれています。

普通に考えればクレジットカードは1枚〜2枚あれば十分ですよね。

複数枚持つ人の傾向として、借金などで返済に追われている人が多いなどがあるため、そのような印象を与えないためにもカードは重複して申し込まないようにしましょう。

3-2.入力情報の間違いや入力ミスはない?

カードを申し込む際に入力する項目に間違いや入力ミスがないかもキチンと確認してから申し込みましょう。

入力ミスによって自宅にカードが届かず、別の人にカードが届けられたりすると面倒です。

また入力を間違えたということがカード会社側から「虚偽の情報を入力していた」と判断されると次に再度申し込む時に印象が悪くなります。

もちろんですが、カードを発行しやすくするために収入や職業を偽ることもNGです。

例えば

  • 会社員1年目
  • 年収800万円

という情報を入力したとします。

カード会社にはこれまでカードを申し込んだ人の情報から考えて「この職業でこの年収はおかしい!」や「たった1年しか働いてないのに年収800万円は怪しい!」などということがすぐにわかるようになっています。

もちろん本当であれば入力してもOKですが、あまりにおかしい場合は在籍確認や別途の書類提出などが求められるので入力内容は正確に入力しましょう。

3-3.利用限度額を高く設定しすぎてない?

初めてカードを発行する際にはショッピング枠やキャッシング枠など、クレジットカードが利用できる限度額を高額に設定しないようにしましょう。

クレジットカードはあくまでもクレジットカード会社に支払いを立て替えてもらったり、キャッシングに至っては純粋な『借金』です。

利用限度額が高いほど、借金できる金額が多くなっているということです。

ある側面から見ると「それだけの信用がある」とポジティブに捉えることができますが、一方では「自分の収入の限界を超えてお金を使ってしまう」という危険性もあります。

クレジットカードで失敗するパターンとしては、ショッピングやキャッシングで散財していまい、収入とのバランスが崩れてしまうパターンです。

自分の収入以下を大幅に下回る限度額であればそのようなことは起きません。最初にカードを発行する場合は限度額は低めに設定しておきましょう。

もし本当に必要になれば利用限度額は後から変更することができるので、心配する必要はありません。

4.カードが届いたらまずやるべきこと

4-1.キャッシング枠や利用限度額が必要以上に高い場合は低くしよう!

前述の話と少し重複しますが、カードが届いたらまず利用限度額を確認しましょう。

申込の際にキャッシング枠や利用限度額の金額を希望しなかった場合、カード会社が独自に判断して上限を決めてくれます。

カード会社はできるだけでカード会員にカードを使って欲しいので、利用限度額を高額に設定している場合があります。

利用限度額が高すぎると使いすぎにつながります。

例えば、財布の中にお金があったら心理的に余裕がでて散財していまいますよね。それと同じです。

もし「利用限度額が必要以上に高い!」と感じた場合は引き下げましょう。

引き下げは電話で行うことができるので簡単にできます。

三井住友VISAカード クレジットラインデスク
  • 東京:03-6627-4211
  • 大阪:06-6445-3505
  • 受付時間/9:00~18:00 年中無休(12/30~1/3を除く)

4-2.届いたらすぐにカード裏面にサインをしよう!

クレジットカードが届いたら即座にカード裏にサインをしましょう。

原則サインは感じでもローマ字でもOKです。

意外と忘れがちなカード裏面へのサインですが、実はカードを落とした時などにカードが不正利用された場合、カード裏面にサインがないと保証の対象外になるという危険性があります。

参照:三井住友VISAカード公式サイト『クレジットカードの裏面に署名する意味と注意点』より

すぐにできることなので、カードが届いたらすぐに行いましょう。

4-3.会員サイトにログインして利用明細の確認方法を試そう!

カードが届いてカード裏面にサインが完了したら、次は会員サイトにログインしてWEB明細登録を行いましょう。もちろん登録は無料です。

登録は無料な上、三井住友VISAカードではWEB明細サービスに登録して年間6回以上の請求があると年会費割引1,080円が受けられます。

つまり三井住友VISAカード側からしても、いちいち紙の請求書を会員に送るより、WEB上で見てもらった方がラクということですね。

登録方法は三井住友VISAカードの公式サイトらおこなることができます。

会員サイトに登録すると明細を確認できるだけでなく、ポイントの移行や追加カードの発行、利用限度額の引き上げなどいろいろな手続きができるので、どちらにせよいずれ使うことになる程便利です。

5.最後に

三井住友VISAカードはさすが銀行系のカードというべきか、カードの発行も、会員サイトもとても見やすく、わかりやすいです。

それがカード会員が多い理由の一つにもなっているでしょう。

この記事では詳しくご紹介してきましたが、カード発行などに関しては三井住友VISAカードのサイトにアクセスすれば感覚的にポンポンっと手続きを進めていくことができます。

申し込む方法というよりも、発行前に確認しておくべき注意点を頭に入れつつ、三井住友VISAカードをゲットしてください。