> 三井住友VISAゴールドカードの公式サイトへ

一般カードからゴールドカードに切り替えを考えている方が一番引っかかっている部分というのはカード年会費ではないでしょうか。

もし同じ年会費なら迷うことなくゴールドカードを発行しますよね。
ですが、三井住友VISAゴールドカードはネット上から申し込めば無条件で初年度年会費無料です!

つまり初年度は0円でゴールドカードが持てるので、絶対に損することはありませんし、翌年度以降も年会費割引によって年会費は半額以下になります。それでももし気に入らなければ解約すればOKです。

切替える価値があるか?というよりも、初年度は0円なので「一度切り替えてみる方が絶対お得」という結論になるのですが、それでも特典内容が知りたいですよね。

この記事では

  • ゴールドカードへの切り替え方とは?
  • ゴールドカードに切り替えられる三井住友VISAカードとは?
  • ゴールドカード限定の特典とは?

ということについて徹底的にご紹介します。

【三井住友VISAゴールドカード】

年会費
初年度無料
2年目
10,000円+税
ApplePay
対応
1000円=1P=5円
還元率0.5%
セキュリティ安心 海外保険
自動付帯
VISA
Master
電子マネー
iD使える
空港ラウンジ
使える
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大7,000円もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazon or 楽天ブックスでご確認ください。

1.三井住友ゴールドカードにバージョンアップできる条件とは?インビテーションって届くの?切り替えは自己申告制?

1-1.三井住友VISAゴールドカードにアップグレードできる条件とは?

三井住友VISAゴールドカードにアップグレードするにはまず前提として30歳かつ安定した収入があることと、三井住友VISAカードの特定のカードを利用していることが条件となります。

じゃあ30歳未満の人はゴールドカードを発行できないのか?というと、三井住友VISAカードでは『三井住友VISAプライムゴールドカード』という20代限定のゴールドカードを発行しているので、30歳未満の方は三井住友VISAプライムゴールドカードに切り替えることができます。

三井住友VISAプライムゴールドカードは三井住友VISAゴールドカードに比べて少しだけ特典内容が変わりますが、年会費が三井住友VISAゴールドカードの半額というベネフィットがあるので20代の方であれば絶対にオススメできるゴールドカードです。

具体的な違いは下記の通りです。

カード種類 三井住友VISAプライムゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
年会費 【通常年会費】
・初年度無料
・通常年会費5,000円+消費税
【VISA/MasterCardブランドの両方持ち】
・通常年会費に+1,000+消費税
【年会費割引】
・年1回のリボ払いサービスの利用で年会費半額
・WEB明細登録して年6回の請求で1,080円割引
・年間利用額に応じて最大年会費50%OFF
※割引重複による最安年会費は1,620円(税込)
【通常年会費】
・初年度無料(ネットからの申込)
・通常年会費10,000円+消費税
【VISA/MasterCardブランドの両方持ち】
・通常年会費に+2,000円+消費税
【年会費割引】
・年1回のリボ払いサービスの利用で年会費半額
・WEB明細登録して年6回の請求で1,080円割引
・年間利用額に応じて最大年会費50%OFF
※割引重複による最安年会費は4,320(税込)
ショッピング枠 50万~200万円 70万~200万円
ポイント有効期限 2年 3年
VISAの会報 年10回
(通常3,059円が無料)

つまり、原則として三井住友VISAカードのゴールドカードは20歳以下の方は申し込めないということになります。

そこで気になるのが、

  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールドカード

の”審査基準”についてですが、審査基準は公式には発表されていません。「カード種類の切替えには審査がございます」としか表記されておらず「年収は〇〇以上!」などという明確な基準はわかりません。

ただし、ネット上の「ゴールドカードに切り替えることができた!」という方の話から総合して、ゴールドカードの切替時の審査で大切になるのは下記のような項目です。

  • 三井住友VISAカードの利用実績
  • 今まで支払い遅延や延滞がないこと
  • 安定した収入があること

特に三井住友VISAカードに限らずクレジットカードや賃貸の家賃、スマホの分割支払いなどで支払い遅延・延滞をしていないことはとても大切です。

というのも、支払い遅延・延滞というのは『クレジットヒストリー(通称クレヒス)』として第三者機関である信用情報機関に残ります。

クレジットカードで審査をする時にはカード会社は信用情報機関に残されているカード申込者の支払い実績を参照にしてカードを発行するかどうかを判断します。

言葉で説明すると分かりにくですが、絵で表現すると下記のような感じです。

これはゴールドカードに限らず、クレジットカード・賃貸・銀行ローン・スマホ分割払いなどのお金が関係する審査に強く影響します。

なので、もし30歳以上という三井住友VISAゴールドカードの発行条件をクリアしていても支払い遅延・延滞をしていると審査に落ちることになるので、ある種支払いに関する事故を起こさないことも1つの条件と言えるでしょう。

逆に言うとキチンと支払いをしていればゴールドカードの審査に通過しやすくなります。なぜならカード会社にとって大切なのは “キチンと支払いをしてくれる方”だからです。

【アップグレード条件まとめ】

  • 【必須条件】三井住友VISAカードの特定のカードを使っていること(提携カードは不可)
  • 【必須条件】原則30歳以上(プライムゴールドは20歳以上30歳未満)
  • 【必須条件】安定した収入があること
  • 【ほぼ必須条件】支払い事故がないこと

1-2.三井住友VISAゴールドカードのインビテーションが届くカードとは?

では一方でインビテーション(招待状)は届くのか?というと、届きます!

三井住友VISAゴールドカードのインビテーションが届くクレジットカードは

  • 三井住友VISAクラシックカード(クラシックカードA)
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAエグゼクティブカード

です。

では「インビテーションの条件は?」というと、インビテーションの条件も公式には発表されていません。これまでのインビテーションが届いた人の声を集計すると、インビテーションの条件は下記のように推測することができます。

  • 三井住友VISAカードの一般カードを利用していること
  • 利用期間が1年~2年以上であること
  • ゴールドカードの発行条件を見たいしていること(30歳以上であり安定した収入あり)
  • 年間のカード利用額が50万円~100万円程度であること

こう見ると結構ハードルが高いように感じると思いますが、近年ではもっと簡単にインビテーションが届いたという報告もあるのであくまでも目安として考えてください。

実は私自身も三井住友VISAゴールドカードのインビテーションをゲットしましたが、三井住友VISAクラシックカードの年間利用額は10万円程度でした。

たった10万円程度で、30歳になった誕生日の数日後に届いたので、個人的な感覚としては『三井住友VISAカードを継続して使っている人にインビテーションを送っている』という感じでした。

1-3.三井住友VISAゴールドカードは自己申告でアップグレードできる!

三井住友VISAゴールドカードはネット上から申し込むこともできるし、すでに三井住友VISAカードを持っている方は公式サイトから切替の申込を自己申告で行えます!

電話で資料を請求して申し込み用紙から申し込む方法もありますが、ネット上から申し込むと初年度年会費が無料になるので申し込む場合はネット上からの方がお得です。

> 三井住友VISAカードの公式サイトへ

2.三井住友VISAゴールドカードに切り替えできるカードの種類はクラシックだけ?

2-1.三井住友VISAゴールドカードに切替ができるカード一覧

三井住友VISAゴールドカードに切替が申し込めるのは三井住友VISAクラシックカードだけか?というと、そういうわけではありません。条件を満たしているのであれば

  • 三井住友VISAクラシックカード(クラシックA)
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAエグゼクティブカード

の3枚から切替が可能です。

カード種類 デビュープラス クラシック アミティエ エグゼクティブ プライムゴールド
ゴールドへ切替(自己申告) ×
※20歳以上ならプライムゴールドへは可能
×
ゴールドへのインビテーション × ×
カードの自動切替
※26歳でプライムゴールド
× × ×
※30歳でゴールド

三井住友VISAデビュープラスカードと三井住友VISAプライムゴールドカードがなぜ切替ができないのか?というと、2つのカードには年齢制限があり、30歳未満の方は発行できないカードだからです。

なので、必然的に三井住友VISAデビュープラスカードと三井住友VISAプライムゴールドカードを所持しできるのは30歳未満であり、三井住友VISAゴールドカードの30歳以上という条件を満たしていない人ということになります。

ただし、三井住友VISAデビュープラスカードも三井住友VISAゴールドカードも特定の年齢に達すると自動的にアップグレードされるので、審査が厳しくなかったり、インビテーションを貰わなくていいという面を考えるとその点は他のカードよりもメリットがあると言えるでしょう。

2-2.学生カードでもアップグレードできる?

三井住友VISAカードのなかで

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAクラシックカード(クラシックA)
  • 三井住友VISAアミティエカード

の3種類のカードには学生カードがあります。

利用限度額が低いなどのマイナス点はありますが、在学中は年会費が無料などのベネフィットがあります。

この学生カードではゴールドカードへの切り替えはできるか?というと、学生カードからゴールドカードへ切り替えることはできません。

基本的に学生は定職に就いていないため年齢が30歳以上だとしても『安定した収入がある方』という条件から漏れてしまうからです。なので同じく三井住友VISAプライムゴールドカードにも切り替えることはできません。

下記の画像は三井住友VISAゴールドカードに切り替える際に選択する職業欄です。三井住友VISAゴールドカードの場合は『学生』という項目がありません。

一方で、三井住友VISAクラシックカードなどの一般カードでは

  • 派遣社員の方
  • アルバイト・パート・契約社員の方等
  • 無職の方(定期収入のない方)

という選択があるので、要するに安定した収入がない方でも申し込めるということです。

> 三井住友VISAカードの公式サイトへ

3.三井住友VISAゴールドカードにアップグレードすると得られるメリット

「よし!条件を満たしているから三井住友VISAゴールドカードに切り替えられる!」という方でも、実際に切り替えるタイミングになると「そもそも三井住友VISAゴールドカードは切り替える価値のあるカードなの?」という疑問が浮かぶと思います。

三井住友VISAゴールドカードでは当たり前ですが、三井住友VISAクラシックカードなどの一般カードで利用できる特典は全て利用できます。

その上でゴールドカードからの限定特典として

  • ドクターコール24
  • 国内主要空港ラウンジサービス
  • 一流ホテル・旅館宿泊予約プラン『 Relux』優待
  • 国内・海外旅行傷害保険、ショッピング保険が充実
  • 年間利用額ボーナスが通常カードの2倍

という特典があります。※三井住友VISAプライムゴールドカード会員も利用できる特典です。

3-1.24時間365日無料健康相談サービス『ドクターコール24』

『ドクターコール24』とは、24時間356日年中無休でフリーダイアルを使って健康相談ができるサービスです。

医師・看護師・保健師などの専門スタッフが対応してくれ、日常的に「病院に行くほどではないけど、ちょっと気になるな…」ということを相談することができます。

相談内容の一例としては下記のようなものです。

  • 「胃炎で加療中ですが、どんなことに注意したらよいでしょうか。」
  • 「赤ちゃんがミルクを飲んだ後、よく吐くので心配です。」
  • 「最近よく頭痛がし、食欲がなくなって視力が落ちてきたような気がするがどうしてだろう。」

自分のことだけでなく、自分以外の方の様子がおかしい時などにも相談できるのが嬉しいですね。

ドクターコール24
  • 電話番号:0120-498-024
  • 受付時間:24時間・年中無休

3-2.国内主要空港ラウンジサービスでラウンジが何回でも無料!

ゴールドカードを持つと空港ラウンジサービスを無料で利用することができるようになります。

これは明らかなゴールドカード会員のベネフィットで、出張で空港を利用する方であればこのためだけにゴールドカードを発行する方もいるでしょう。

というのも空港ラウンジサービスを通常利用しようと思うと、1回につき約1,000円の利用料が発生するので往復で利用すると2,000円の費用がかかります。

しかしゴールドカード会員は何度も無料で利用できる上、同伴者1名まで無料で利用できるので、同僚や家族、恋人などと一緒にラウンジでゆったり過ごすことができます。

ラウンジで

  • フリードリンク(ラウンジによってビール1杯無料などもあり)
  • おつまみ
  • 雑誌・新聞
  • シャワー、コピーなどの有料サービス

などが利用できるので、一般ロビーとは全く違った快適さを味わうことができます。

最近では格安航空券の影響で飛行機を利用する人が多くなり、平日でも一般ロビーは混雑していて地面に座る人が出てくる始末ですが、ゴールドカードラウンジを利用できればふかふかのソファーで無料のドリンクを飲みながら待つことができます。

利用できる空港は下記の通りです。

利用可能な空港ラウンジ一覧
  • 新千歳空港 スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ
  • 函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
  • 青森空港 エアポートラウンジ
  • 秋田空港 ロイヤルスカイ
  • 仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE/ビジネスラウンジWEST SIDE
  • 新潟空港 エアリウムラウンジ
  • 富山空港 ラウンジ らいちょう
  • 成田国際空港 ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ/T.E.Iラウンジ
  • 羽田空港 第1旅客ターミナル エアポートラウンジ(中央)、POWER LOUNGE NORTH / SOUTH
  • 羽田空港 第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南/北)、POWER LOUNGE NORTH
  • 羽田空港 国際旅客ターミナル SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX
  • 中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
  • 小松空港 スカイラウンジ白山
  • 伊丹空港 ラウンジオーサカ
  • 関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 六甲・金剛・比叡/アネックス六甲
  • 神戸空港 ラウンジ神戸
  • 岡山空港 ラウンジマスカット
  • 広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
  • 米子空港 ラウンジ DAISEN
  • 山口宇部空港 ラウンジきらら
  • 徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
  • 高松空港 ラウンジ讃岐
  • 松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
  • 福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
  • 北九州空港 ラウンジひまわり
  • 長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
  • 大分空港 ラウンジ くにさき
  • 熊本空港 ラウンジ「ASO」
  • 鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
  • 那覇空港 ラウンジ 華 ~hana~

3-3.一流ホテル・旅館宿泊予約プラン『 Relux』優待

ゴールドカード会員は宿泊施設予約サービスの『Relux(リラックス)』で最大7%の割引を受けることができます。一般カードでは最大5%です。

三井住友VISAカードの種類 2018年9月30日分までの予約 2018年10月1日分以降の予約
プラチナカード会員 5%OFF
  • 初回 10%OFF
  • 2回目以降 7%OFF
ゴールド・プライムゴールド会員 3,000円OFF
  • 初回 7%OFF
  • 2回目以降 5%OFF
上記以外のカード会員 なし
  • 初回 5%OFF
  • 2回目以降 3%OFF

『Relux』では最低価格保証を採用しているので、どこの宿泊予約サイトよりも安く予約するというベネフィットがあり、三井住友VISAゴールドカード会員は最低価格よりもさらに5%~7%安く泊まれるということになります。

さらにReluxでは独自ポイントのReluxポイントというポイントが5.0%もらえるので、三井住友VISAゴールドカード会員は10%~12%お得に宿泊できるというベネフィットがあります。

利用できるホテルはカジュアルな低価格ホテルから、リッツカールトンのような高級ホテルまで幅広く掲載さいれているので使いやすいサービスです。

3-4.国内・海外旅行傷害保険が充実!ショッピング保険も300万円!

三井住友VISAゴールドカードからは国内・海外旅行傷害保険、ショッピング保険が一般カードに比べてグンっとアップグレードします。

【海外旅行保険】
付帯条件 利用付帯+自動付帯
対象 本会員
家族カード会員
カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
(うち自動付帯1000万円)
1,000万円
傷害治療費用 300万円 200万円
疾病治療費用 300万円 200万円
賠償責任 5,000万円 2,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円] 50万円 50万円
救援者費用 500万円 200万円
【国内旅行保険】
対象 本会員
家族カード会員
カード会員の家族
付帯条件 利用付帯+自動付帯
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万
(うち自動付帯1000万)
入院費用 5,000円/日
手術費用 5万円/10万円/20万円
通院費用 2,000円/日

海外旅行傷害保険にいたってはカード会員の家族にまで自動的に保険が適用になるというベネフィット付きです。

一般カード(クラシックカード)では海外旅行中の怪我・病気に関する保険は50万円で、海外旅行保険としてはNGなほど金額が低いですが、ゴールドカードでは6倍の300万円で大抵のことであればカードの保険でまかなえます。

つまり自腹を切って任意保険に入る必要がなくなるということですね。手間も金銭面でもメリットがあります。

さらにショッピング保険は一般カードの3倍の300万円分が付帯しているので、年間を通して安心してショピングを楽しめる保証金額です。

3-5.年間利用額ボーナスで最大ポイント還元率+0.3%!

次はちょっとした特典ですが、三井住友VISAゴールドカードは年間利用額に対してボーナスポイントがもらえます。

これは一般カードでも同じですが、ゴールドカードでは一般カードに比べて2倍のポイントをゲットすることができます。

前年度の年間利用額 ステージ ボーナスポイン ボーナス還元率 還元率合計
50万円以上 V1 50万円利用で+100P
以降10万円毎に20P
0.10% 0.60%
100万円以上 V2 50万円利用で+150P
以降10万円毎に+30P
0.15% 0.65%
300万円以上 V3 50万円利用で+300P
以降10万円毎に+60P
0.30% 0.80%

年間利用額ボーナスはあくまでも”おまけ”として考えるべき特典で、無理やり達成するものではありません。なのであまり意識しなくてOKですが、例えば50万円利用した時にもらえるポイントは、一般カードでは50ポイント、ゴールドカードでは100ポイントで単純に50ポイントの差があります。

三井住友VISAカードのポイントは1,000円ごとに1ポイントがもらえるので、50ポイントの差を埋めるには5万円分のカード利用が必要になります。つまりゴールドカードは5万円分のお得をしたことになります。

そう考えるとちょっとした特典ではありますが、嬉しい特典ですね。

> 三井住友VISAカードの公式サイトへ

4.ゴールドカードの切り替えをおすすめしたい人

4-1.年会費は初年度無料!ゴールドカード初めての人にオススメ!

三井住友VISAゴールドカードはネット上から申し込むと初年度は年会費無料で10,800円→0円になります!なので「損するか、得するか」ではなく、確実にお得です!

さらに翌年度以降も年会費割引のための下記の条件をクリアすれば最大4,320円(税込)まで年会費を下げることができます。

・①年1回のリボ払いサービスの利用で年会費半額
・②WEB明細登録して年6回の請求で1,080円割引
・③年間利用額に応じて最大年会費50%OFF

※割引重複による最安年会費は4,320(税込)

①と②の併用で最大4,320円まで年会費は下がります。なので月額維持費にするとたったの360円です。

なので、「ゴールドカードを発行したいけど、年会費が高いからちょっと迷ってる…。」という方や「初めてのゴールドカードだから年会費分の使い方ができるか不安…。」というゴールドカードを発行したことがない方は三井住友VISAゴールドカードがオススメです。

繰り返しになりますが、特に初年度は年会費が無料なので、初年度だけ”お試し”でカードを利用して、合わなければ2年目になる前に解約すればOKです。

4-2.空港ラウンジが何度でも無料で利用できる!

「初年度は年会費が0円だから安心!」とご紹介しましたが、翌年度以降に年会費が発生したとしても4,320円にまで割引が可能です。

その4,320円の元をどうやってとるのか?というと、空港ラウンジサービスを利用すれば簡単に取り戻せます。

空港ラウンジサービスは1回の利用で通常1,000円程度の利用料が取られますが、ゴールドカード会員は同伴者1名まで無料です。つまり往復で4,000円分のベネフィットがあるということですね。年間1回の空港利用で年会費分はほぼ取り戻せます。

空港ラウンジ無料サービスはクレジットカードの中でもゴールドカードクラスから利用できるようになるサービスで、一般カード会員は混雑したロビーで飛行機を待つしかありません。

私も学生時代は「いいな〜、社会人はラウンジを使えて…」と羨ましく思っていました。なのでこの空港ラウンジサービスに憧れてゴールドカードを発行したのですが、もう一般カードには戻れません!

そのくらい便利で一般ロビーとは格段に違った空間で飛行機の搭乗を待つことができます。旅行や出張が多い方は絶対にゴールドカードに切り替えた方がいいです。

4-3.三井住友VISAカードユーザーであれば早めの切り替えがオススメ!

継続的に三井住友VISAカードを利用している方は早めの切り替えをオススメします!

というのも、ハッキリいって三井住友VISAカードの一般カードはそれほど目立った特典がありません。もし一般カードを利用してる方なら「そうそう!あんまりコレといった特典がないんだよ!」と共感してくれるはずです。

三井住友VISAカードの一般カードはよく言えば「スタンダード」でハズレがないですが、悪く言えば「当たりもない(目立った特典がない)」です。

それがゴールドカードにアップグレードすることで、ご紹介してきたように空港ラウンジサービスが利用できるようになったり、旅行保険が格段にアップグレードします。

さらに三井住友VISAゴールドカードの上には『三井住友VISAプラチナカード』という超ハイステータスなカードも存在し、三井住友VISAゴールドカードを定期的に利用しているとインビテーションをゲットできる可能性がグンとアップします。

三井住友VISAプラチナカードに関しては次にご紹介します。

> 三井住友VISAカードの公式サイトへ

5.さらに上のプラチナカードも目指せる!!

三井住友VISAカードの一般カードから三井住友VISAゴールドカードへのアップグレードでも特典はグンと増えますが、三井住友VISAプラチナカードになると別次元の特典が利用できるようになります。

三井住友VISAプラチナカードは日本国内でも有数の知名度があるプラチナカードで、大学で例えるなら早稲田大学や東京大学のような誰でも知っているエリート的な立ち位置です。

このカードを持っていれば

  • プラチナ級のステータス性(社会的地位)
  • プラチナ級のコンシェルジュサービス
  • プラチナ級のトラベルサービス
  • プラチナ級のエンタメサービス
  • プラチナ級のグルメサービス
  • プラチナ級の保険サービス

全てが充実する一生もののカードです。

ゴールドカードをゲットすればプラチナカードへの道が開けるというベネフィットもあります。三井住友プラチナカードがどんなカードなのか?というのはここで説明するとめちゃくちゃ長くなるので、別の記事で詳しくまとめました。

現時点でゴールドカードの発行を迷っている方は「こんなカードが手に入るなら三井住友VISAゴールドカードを早めに発行してインビテーションをゲットしたい!」と思えるカードです。

【三井住友VISAプラチナカードの特徴、メリット・デメリットまとめ】

> 三井住友VISAカードの公式サイトへ

6.最後に

ご紹介してきた通り、三井住友VISAゴールドカードに切替えるメリットはただ単純にゴールドカード特典が利用できるだけでなく、三井住友VISAプラチナカードへの道が開けるという点にもあります。

プラチナカードは一定の利用実績がないと審査に通りにくいカードなので、40代〜50代になって「あ〜…早めに三井住友VISAゴールドカードを発行して利用実績を積んでおけばよかった…」と後悔している方が沢山います。

クレジットカードは年齢が上がれば上がるほどプラチナカードの発行が難しくなるというのが実際のところで、働き盛りの30代の方が審査に通り安いです。

つまり、三井住友VISAゴールドカードを発行するべきタイミングは”できるだけ早く!”です。

『利用実績』とはお金では買えない、時間をかけるしかないものなので、将来的にプラチナカードを目指している方は今すぐゴールドカードを発行しましょう!

もし目指していなくても一般カードよりもゴールドカードの方が絶対おすすめです!

【三井住友VISAゴールドカード】

年会費
初年度無料
2年目
10,000円+税
ApplePay
対応
1000円=1P=5円
還元率0.5%
セキュリティ安心 海外保険
自動付帯
VISA
Master
電子マネー
iD使える
空港ラウンジ
使える
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大7,000円もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /