かなりの種類の提携カードを持つ三井住友VISAカード。

三井住友VISAカードと意図せずとも、自分が作ったクレジットカードが「実は三井住友VISAカードだった」ということもあるくらい、基本のクレジットカードとなっています。

そんな三井住友VISAカードのユーザーとして気になるのが、リボ払いですよね。

「なんとなく複雑そう」、「金利手数料がどのくらいかかるのか分からない」など漠然とした不安でリボ払いに抵抗がある人もいると思います。

リボ払いは怖いものではありませんが、使い方を間違うと思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。

今回は三井住友VISAカードのリボ払いについてまとめてみました。

金利手数料や支払い総額のシミュレーションなども交えて、リボ払いへのモヤモヤを解消しましょう!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

 
 

三井住友VISAカードでリボ払いを利用すると金利手数料はいくら?実際に支払総額を計算してみた

早速ですが、リボ払いの金利手数料と支払い総額を計算してみたいと思います。

その前に「リボ払いって何?」というところからはっきりさせておきましょう。

リボ払いについて確認しておこう

リボ払いとは、「毎月決まった支払い額」で支払いができるというものです。

分割払いとよく混同してしまいますが、分割払いは「回数」を選ぶのに対してリボ払いは「金額」を選ぶことができます。

どちらも毎月分割して支払うことができるため、一見同じように見えますが、実は全然違うものなのですね!

三井住友VISAカードのリボ払いの金利手数料は何%?

リボ払いを利用すると支払いを先延ばしにできるため、その分の金利手数料が発生します。

三井住友VISAカードの場合、リボ払いの金利手数料は「実質年率15%」となっています。

カードの種類によって異なる可能性がありますので、詳しくは会員サイトや電話窓口(カード裏面に記載)で確認しておきましょう。

三井住友VISAカードのリボ払いの支払い総額を計算してみよう-ショッピング編

それでは実際にリボ払いを利用した時の支払い総額を計算してみます!

三井住友VISAカードのショッピングのリボ払いは、月々最低5千円からの支払いが可能です。

そこで、5万円のショッピングを月々5千円でリボ払い(金利手数料率15%)した場合のシミュレーションをしてみました。

5万円のショッピングを月々5千円でリボ払い(金利手数料率15%)した場合

上記の場合、支払い総額は53,328円、そのうち金利手数料は3,328円となりました!

支払い回数は11回となりますので、約1年間です。

5万円の支払いが月々約5千円になるとしたら、この手数料は安いでしょうか、それとも高いでしょうか?

他の設定金額でもシミュレーションができますので、試してみてください。

シミュレーションはこちら。(会員ログインが必要になります。)

 

三井住友VISAカードのリボ払いの支払い総額を計算してみよう-キャッシング編

続いてキャッシングのリボ払いを利用した場合の支払い総額を計算してみましょう!

シミュレーションに利用した三井住友VISAカードの種類により、「金利手数料率は実質年率18%」、「最低支払い金額1万円」となっています。

5万円のキャッシングを1万円ずつ返済した場合を計算してみました!

5万円のキャッシングを月々1万円でリボ払い(金利手数料率18%)した場合

この場合は支払い総額が52,211円、そのうち金利手数料が2,211円ということになりました!

キャッシングの場合はショッピングのリボ払いと違って「毎月の支払い額に金利手数料が含まれる」形となっています。

リボ払いを利用することで毎月減っていく利用残高は、「純粋には1万円ずつにはならない」というところに注意しておきましょう。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

 

こういう時にリボ払いはおすすめ!

具体的な金額がわかったところで、リボ払いの仕組みにも馴染んできたのではないでしょうか?

それでは特におすすめできるリボ払いの使い方をご紹介します。

短い期間で利用する

上記のシミュレーションを見ると、同じ5万円の利用でも、金利手数料率が高いキャッシングの方が支払い総額が少ない事がわかります。

何が違うのかというと、「月々の支払い金額」ですね。

月々の支払い金額が多いほど返済期間も短くなるため、金利手数料も少なくなるという仕組みなのです!

よって月々の支払い金額はできる限り多めにしておくことをおすすめします。

ボーナスなど臨時収入での繰上げ返済を予定に入れて利用する

「短い期間で利用する」という鉄則と重なりますが、ボーナスや臨時収入で「繰上げ返済をする」ことも金利手数料を少なくするコツです。

繰上げ返済で利用残高すべて支払ってしまっても良いし、月々の支払い金額を増額することもできます。

手続きは会員サイトから以下の手順で可能です。

  1. 会員ページトップの左側メニューから「ご利用明細を確認する」を選択
  2. 「あとからリボ以外のご変更」を選択
  3. 「増額を申し込む」を選択

一括払いにしたものを変更したい時に利用する

また、一括払いでショッピングしたものを「あとからリボ」にすることもできます。

「思った以上に使いすぎてしまった…」という時にも支払える金額に抑えることもできたりするので、とても便利なのです!

手続きは会員サイトから以下の手順で可能です。

  1. 会員ページトップの左側メニューから「ご利用明細を確認する」を選択
  2. 「あとからリボへのご変更」から「すべてのご利用分」もしくは「一部のご利用分」からリボ払いにするものを選択する
 

リボ払いの落とし穴!こういう使い方はなるべく避けよう!

リボ払いを便利に活用出来る方法がある反面、はまってしまうと大変な「リボ払いの落とし穴」もあります!

たとえばこんな場合です。

支払い回数が長い

金利手数料は利用残高と利用日数によって決まりますので、「支払い回数(利用日数)が長いと金利手数料が高く」なります。

支払い回数があまりにも長いと金利手数料の負担がかなり大きくなり、元金の返済も苦しくなってくる可能性があります。

無計画に利用する

リボ払いはとても気軽に利用することができ、一度使ってみるとその便利さにとても魅力を感じることでしょう。

しかしリボ払いが「普通」になってしまうと注意が必要です。

あれもこれもとリボ払いにしてしまうと、いつのまにか金利手数料が膨れ上がっている可能性があります。

常にリボ払いの利用残高や支払い総額を頭の片隅においておきましょう。

それでもリボ払いはとっても便利

リボ払いの仕組みについてよく把握していなかったり、無計画に利用してしまうと、リボ払いの落とし穴にはまって痛い目を見る可能性もあります。

しかし落とし穴にさえ気をつければ、リボ払いは「月々の支払いを軽くしてくれる」頼もしい存在でもあります。

リボ払いにしていても余裕がある時は「増額」とするとか、「繰上げ返済」をしてしまうなどして、リボ払いの状態が無駄に長くならないようにすることが肝心です。

シミュレーションもフル活用して、リボ払いと上手に付き合ってみてくださいね!

 

最後に

三井住友VISAカードのリボ払いについてまとめてみました。

リボ払いの金利手数料率は実質年率15%(カードの種類によって異なる可能性あり)となっています。

金利手数料はこの利率に「利用残高」と「利用日数」が掛け合わされて計算されます。

よって利用残高が多かったり、利用日数が長かったりする場合には金利手数料が思わぬ金額になっていることもありますので、利用の都度確認しておくことを欠かさないようにしましょうね!

一回払いをあとからリボ払いに変更できる「あとリボ」や、月々の支払い金額の増額や繰上げ返済など、リボ払いの利用方法はたくさんあります。

三井住友VISAカードのリボ払いをお得に使いこなしてみてください。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?