全部で200種類近くの提携カードを提供している三井住友VISAカード。

”三井住友VISAカード”という名前が直接ついていないカードでも、「発行元が三井住友VISAカードだった」ということがよくあります。

クレジットカードを利用する上で避けて通れないのが「利用限度額」です。

三井住友VISAカードの利用限度額は、いくらくらいに設定されているのでしょう?

また、限度額をオーバーしてしまうとどのようなことが起こるのでしょうか。

今回の記事では、三井住友VISAカードの利用限度額を確認し、必要に応じて限度額の変更をする方法についてご紹介します。

 

三井住友VISAカードの限度額はいくらに設定されてることが多い?自分の三井住友VISAカードの利用限度額を確認する方法

三井住友VISAカードの利用限度額はいくら?

三井住友VISAカードの利用限度額は、公式には明記されていません。

多種多様な提携カードがあるということもあり、それぞれに利用者層も異なるため、限度額もさまざまに幅があります。

ここでは一般的な目安として、「こういう人がこのくらいの限度額(ショッピングの場合)」というのをまとめてみました。

  • 学生・専業主婦・年金生活者など低収入の人:10〜20万円程度
  • 中程度の収入かつクレヒスに問題がない人:20〜30万円以上
  • 社会的信用度も高く、高収入で、クレヒスに問題がない人:100万円

より大きな限度額を希望するためには、単に高収入というだけではなく、その収入が安定していることがとても重要になってきます。

また、「きちんと支払いを継続できる」という信用度もはかるために、クレヒス(クレジットヒストリー)というものを参照します。

クレヒスというのは、クレジットカードや各種ローンすべての利用履歴のことです。

長い期間利用していて、支払い遅れなどの記録もない場合は、とても良いクレヒスとして限度額アップにつながることもあります。

反対に、クレヒスに支払い遅れや金融事故の情報が残っていると、限度額もより慎重に審査されることになります。

利用限度額を確認するには

それでは実際に自分の三井住友VISAカードの利用限度額がいくらなのか、確認してみましょう!

電話窓口、オンラインで確認することができます。

電話で利用限度額を確認する方法

電話窓口で利用限度額を確認する場合は、こちらに電話をしましょう。

ご利用案内デスク: 0570-001-346

(受付時間:9:00〜18:00、12/30〜1/3休み)

※手元にカードを用意した上で電話しましょう。有料通話となるので注意しましょう。

上記の電話窓口が繋がりにくい場合は、自動音声でも利用限度額を確認することができます。

スマートダイヤル24: 0120-911-911(24時間対応)
オンラインで利用限度額を確認する場合
  1. 公式サイト「Vpass」へログイン
    ※Vpassへの登録がまだの人や、ID・パスワードを忘れてしまった場合は、「ログイン」ボタンの下の「今すぐご登録(無料)」から登録手続きができます。
  2. 「ご利用可能額を確認する」メニューで確認

ここでの「ご利用枠」というのが、最大で利用出来る金額です。

「ご利用残高」は今現在利用している金額、「ご利用可能額」は今現在利用出来る金額です。

ご利用可能額は利用枠から利用残高を差し引いた金額になっているのがわかると思います。

ショッピングとキャッシングでそれぞれに設定されているので、よく確認しておきましょう。

三井住友VISAカードの限度額は1ヶ月間ごとじゃないの?ギリギリの状態だけどいつになったら使えるようになる?

ここでとても大事なことを確認しておきましょう。

三井住友VISAカードの利用分は「○月分」というように1ヶ月ごとにカウントされますが、これは1ヶ月ごとに”利用限度額がリセットされる”という意味ではないのです。

たとえば最大の利用限度額(利用枠)が30万円だったとします。

10月に30万円を利用したとすると、11月になった時点でまた30万円まで利用出来ることにはならず、この時の利用限度額は0円です。

では利用限度額がいつリセットされるのかというと、それは「引き落とし日」です。

三井住友VISAカードの引き落とし日は「毎月10日」の場合と「毎月26日」の場合があります。

10日引き落としの人は前々月14日〜前月15日の利用分が引き落とし対象となります。

つまり10月14日〜11月15日に30万円利用したとすると、12月10日に30万円の引き落としが終わることで、また元の利用限度額に戻すことができます。

(画像引用元:公式サイト「よくあるご質問」

26日引き落としの人は前月1日〜月末日の利用分が引き落とし対象になります。

(画像引用元:公式サイト「よくあるご質問」

引き落としされても三井住友VISAカードの限度額ギリギリなのはリボ払いが原因!

一方、「引き落としされたはずなのに限度額が元に戻らない」という場合があります。

これは、リボ払いが原因かもしれません!

三井住友VISAカードを利用した際にリボ払い設定をしていると、たとえば20万円のショッピングが「月々1万円ずつ」の引き落としになっていたりします。

これでは、引き落としが終わっても月々1万円ずつしか利用限度額が元に戻りませんね!

思い当たる人はリボ払いにしていないかどうか確認しましょう。

先ほどの「利用可能額照会」の画面で、「リボ払い」という項目に利用残高があるようでしたら、それがまさにリボ払いしているものの残高です。

「リボ払いを早く終わらせてまた利用限度額いっぱいまで使いたい!」という人には、「繰り上げ返済」をすることをおすすめします。

繰り上げ返済をするには、以下の3つの方法があります。

口座引き落としで繰り上げ返済をする場合

  1. こちらのページからログイン
  2. 希望の引き落とし額を入力
  3. 引き落とし日までに必要金額を口座に準備しておく

振込みで繰り上げ返済をする場合

  1. こちらのページから振込み日を指定
  2. 必要事項を入力
  3. 振込先や注意事項を確認して指定した日に振込み

ATMで繰り上げ返済をする場合

三井住友銀行など提携金融機関ATMコンビニエンスストアATMで支払いができます。
ここでは提携金融機関ATMでの支払い手順を御紹介します。

  1. ATMへ行く
  2. 「お預け入れ」ボタンを押す
  3. カードを入れ、暗証番号を押す
  4. 「リボルビング払いのご返済」を選択
  5. 希望する返済金額を入力する
  6. 入力した返済金額をATMへ入金する

三井住友VISAカードは限度額を超えても少しならカード利用できる?

では利用限度額を超えるとどうなるのでしょう。

少しくらいなら利用することができるのでしょうか?

答えは、「できません」。

たとえば利用限度額20万円のうち18万円まで利用していたとしたら、残り利用出来るのは「2万円」までとなり、少しでも超えることになる決済はできません。

たとえばお店で2万1千円のお会計をしようとしても、エラーがでてカードが使えない状態になります。

限度額ギリギリまで使いがち…限度額の引き上げを検討してみよう!限度額引き上げのメリット

上記のことから、利用限度額に応じて利用の仕方を考えておかないと、時には困ることがあります。

しかし利用限度額は、「引き上げ」をすることもできるのです。

いつも限度額ギリギリまで使うような人は、限度額を引き上げることを検討してみてください。

たとえばこんなメリットがありますよ。

カードの一時利用停止で困る心配がない

前項で触れたような、利用限度額オーバーによって「カードが利用できなくなる」ということがなくなります。

「限度額まであと○円までしか使えない」などといちいち心配する手間が省けます。

利用限度額を引き上げて余裕をもたせておくことで、急な出費や大きな買い物にも対応することができますよね。

メインのクレジットカードとして利用を集約できる

「利用限度額がもうちょっと高ければ、もっと利用出来るのに」と思ったことはないですか?

たとえば複数のクレジットカードを利用している場合、その全ての利用を三井住友VISAカードに集約してみるのはいかがでしょう?

ポイントやマイルを貯めるには分散利用するよりも一枚のカードを集中的に利用する方が効率的です。

利用限度額は10万円単位で引き上げることができるので、限度額にかなり余裕が生まれます。

一時的に限度額を引き上げることもできる

「いつも限度額ぎりぎりまで使うわけじゃない」という人には、一時的な引き上げが便利です。

海外旅行や結婚式、新生活など大きな金額が必要なタイミングに合わせて、期間限定の引き上げができます。

このような”普段と違う特別な時”でも、一時引き上げというちょっとした工夫によって、いつも利用している三井住友VISAカードをそのまま利用することができます。

限度額を引き上げるデメリット

利用限度額を引き上げることにメリットがある反面、いくつかのデメリットも考えられます。
それはたとえばこんなことです。

限度額の引き上げに審査が必要

利用限度額を引き上げる際には、「その金額にして支払いがきちんとできるかどうか」審査をされることになります。

入会審査の時と同様に、個人属性や社会的信用度を審査されるとともに、これまでの三井住友VISAカードの利用状況も加味されることとなります。

引き上げの申し込み自体はそれほど難しいものではありませんが、少し手間だと感じる人もいるでしょう。

また、審査結果が出るまでに1〜2週間かかるため、ギリギリの申し込みではなく早めの申し込みが理想的です。

審査の結果、限度額引き上げが認められないこともありますので、そうなった場合の対処法も考えておくと安心です。

使いすぎにならないように注意

利用限度額を引き上げることで、ストレスなく利用できるようになるのは良いですが、反対に気が緩み過ぎてしまうことにも注意が必要です!

利用限度額を10万円引き上げたとすると、それまでよりも10万円多く利用できてしまうため、うっかりすると「予想以上に使ってしまっていた…」ということにもなりかねません。

これまでと同じように、”自分がきちんと支払える金額”までの利用にとどめておきましょう。

三井住友VISAカードの利用限度額を変更する方法

それでは三井住友VISAカードの利用限度額を変更する方法を御紹介します。

継続的な利用限度額引き上げの方法

※勤務先に変更がある場合は、事前に変更手続きが必要です。(変更はこちら

  1. こちらのリンクからVpassへログイン
  2. 必要事項を入力・確認
  3. 審査結果は1〜2週間程度で書面またはメールにて届く

※学生の場合はこちらのページから資料請求をして申し込みをする必要があります。未成年でお勤めをしている人は下記のクレジットラインデスクへ電話で資料請求し、申し込みをしましょう。

クレジットラインデスク
東京:03-6627-4211 / 大阪:06-6445-3505
(受付時間:9:00~18:00、 12/30~1/3を除く年中無休)

一時的な利用限度額引き上げの方法
  1. こちらのリンクからVpassへログイン
  2. 必要事項を入力・確認
  3. その場で即時引き上げ完了or電話による再申し込みを指示される

※学生・未成年の場合は電話で申し込みをしてください。

クレジットラインデスク
東京:03-6627-4211 / 大阪:06-6445-3505
(受付時間:9:00~18:00、 12/30~1/3を除く年中無休)

※一時的な引き上げの場合は、希望する限度額を1万円単位で指定することができます。

※利用予定日の1ヶ月前〜1週間前までに申し込みをしましょう!

最後に

三井住友VISAカードの利用限度額を確認する方法や変更する方法についてご紹介しました。

三井住友VISAカードは利用限度額をオーバーすると一時的に利用停止になってしまいます。

限度額ギリギリまで利用することが多いという人は、利用限度額の引き上げを検討してみましょう。

そうすることで毎回限度額の心配をしなくてもよくなったり、これまで以上に三井住友VISAカードを利用することができるようになります。

たとえば最大の利用限度額が30万円で28万円まで利用している場合、その時点での利用限度額は2万円ということになります。

毎月10日または27日の引き落としが終わると、引き落としされた金額分だけ、利用限度額が元に戻ります。

「引き落としされたのに限度額が戻らない」という人は、リボ払いになっていて月々の引き落とし額が少額になっている可能性が有ります。

現在の利用限度額やリボ払いの設定などは公式サイトVpassの「ご利用可能額照会」で簡単に確認することができます。

定期的に確認しておくと安心ですよ!