「マイルを貯めたいけどどのクレジットカードを発行したら良いかわからない・・・」と言う問題は絶対に誰しもがぶつかる悩みです。

マイルを貯めるクレジットカードはほとんどが有料で、しかも種類が多いのでホイホイと手軽に発行できないですよね。

どうせなら一番お得で一番貯まりやすいクレジットカードを発行したいものです。

結論から言うと

  • JALマイルを貯める
    =JAL CLUB-Aカード
  • ANAマイルを貯める
    =ANA VISA/Master ワイドカード

この2枚を発行すれば確実です。絶対失敗しない定番カードです。

「なんで?その理由は?」と疑問に思うかもしれませんが、その内容を詳しくこの記事でご紹介しています。

まずJALマイルを貯めるのか?ANAマイルを貯めるのか?という悩みを持っている方もいるので、JALマイルとANAマイルの特徴をご紹介した上でそれぞれのマイルが大量に貯まるカードをご紹介します。

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

見出し一覧

1.JALマイルよりもANAマイルが人気!その理由とは?

1-1.JALマイルは空で、ANAマイルは陸で貯めやすい!

JAL(日本航空株式会社)とANA(全日本空輸株式会社)は日本を代表する航空会社で、日本国内にいる方であれば誰しもが一度は乗ったことがある航空便でしょう。

特に聞き慣れているのはANAの「全日空」という略称だと思いますが、その認知通りANAの方が比較的有名でもあり、人気でもあります。

「なぜANAの方が人気なの?」と疑問に思うかもしれませんが、JALマイルとANAマイルの大きな違いとして

  • JAL
    =飛行機に乗ることで多くのマイルが貯まる
  • ANA
    =街中の加盟店でマイルを貯めることができる

というそれぞれの特徴があり、ANAマイラーは学生から大人まで飛行機に乗らない人でもマイルを貯めることができるとして多くのユーザーがマイルを貯めているから有名なのです。

通常マイルとは飛行機に乗って貯めるものなのですが、『陸(おか)マイラー』と呼ばれる人たちは飛行機に乗らずにマイルを貯めており、陸マイラーにはANA マイルを貯めている方が多いのです。

ここで出て来る疑問としては「じゃあANAはどういう店舗でマイルが貯まるの?」という疑問や、「JALは飛行機に乗るとなぜ貯まりやすいの?」という疑問でしょう。

後ほどそれぞれ詳しくご紹介するので最後まで読んで欲しいのですが、気になると思うので簡単にご紹介しておくと

  • JALマイル
    =JALカードでのボーナスマイルは飛行機にのると大量に貰える
  • ANAマイル
    =セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの超有名店舗でマイルが貯まる

という特徴があります。※詳しくはそれぞれのカードの紹介部分でご説明します。

1-2.JALマイルは直接、ANAマイルは間接的にマイルが貯まる!

ANAマイルが人気な理由にはANAカードのクレジットカードを利用するとカードごとに別々のポイントが貯まり、マイルが直接貯まらないという点にあります。

一方でJALマイルはJALカードを利用すると直接JALマイルが貯まります。

図で表すと下記のような感じです。

マイルを貯めたい人からすると「直接マイルが貯まった方がいいじゃん!」と思うかもしれませんが、これには一長一短があります。

特徴 直接マイルが貯まる
(JALカード)
交換でマイルが貯まる
(ANAカード)
メリット
  • 交換する手間が不要
  • 交換手数料がない
  • ポイントごとの使い道が豊富
    (マイル以外にも使える)
  • マイルに交換したら有効期限が延長される
デメリット
  • 有効期限が短い
  • 使い道が限られる
  • 交換を申し込む手間がある
  • 移行手数料がかかる

例えば JALマイルとANAマイルの有効期限は両方とも36ヶ月ですが、ANAカードではカードごとのポイントが貯まります。

JCBブランドなら『Oki-Dokiポイント』というポイントなのですが、Oki-Dokiポイントは有効期限が2年間ですので、「やばい!ポイントの有効期限が切れそう!」というギリギリのタイミングでANAマイルに交換するとさらに36ヶ月の有効期限がプラスされます。

このようにフレキシブルにポイントとマイルを使い分けられるのはANAマイルの魅力の一つでしょう。

もう一つきになるのは「マイル移行手数料」という別途料金ですが、それは後ほど詳しくご紹介します。

1-3.タダで旅行に行くために必要なマイル数はANAの方が少ない!

「マイルってどれくらい貯めればいいの?」というと、JALとANAの最低必要マイル数はそれぞれ

  • JAL
    =6,000マイル
  • ANA
    =5,000マイル

ANAの方が少ないマイルで搭乗できる仕様になっています。

JAL国内線必要マイル数一覧
区間 出発 到着 必要マイル数
通常マイル ディスカウントマイル JALカード割引
区間① 東京 秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪 【片道】
6,000マイル
【往復】
12,000マイル
【片道】
5,000マイル
【往復】
10,000マイル
【片道】

【往復】
9,500マイル
大阪 萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎
名古屋 新潟、松山
札幌 利尻、稚内、女満別、根室中標津、オホーツク紋別、釧路、函館、青森、秋田
仙台 小松
福岡 対馬、五島福江、宮崎
長崎 壱岐、五島福江、対馬
沖縄 宮古、石垣
宮古 石垣
区間② 東京 沖縄
大阪 石垣
大阪 宮古
静岡 沖縄
名古屋 沖縄
名古屋 宮古
札幌 福岡
区間③ 東京 石垣
東京 宮古
名古屋 石垣
札幌 沖縄
沖縄 仙台、新潟
JAL国際線必要マイル数一覧
出発地・目的地
エリア
クラス 通常マイル
韓国
(ソウル、プサン)
エコノミークラス 15,000マイル
ビジネスクラス 36,000マイル
ファーストクラス 60,000マイル
アジア1
(広州、上海、台北、大連、高雄、天津、北京、香港、マニラ)
エコノミークラス 20,000マイル
プレミアムエコノミークラス 30,000マイル
ビジネスクラス 48,000マイル
ファーストクラス 72,000マイル
グアム エコノミークラス 20,000マイル
ビジネスクラス 45,000マイル
ファーストクラス 72,000マイル
アジア2
(クアラルンプール、ジャカルタ、シンガポール、デリー、ハノイ、バンコク、ホーチミンシティ)
エコノミークラス 35,000マイル
プレミアムエコノミークラス 50,000マイル
ビジネスクラス 80,000マイル
ファーストクラス 100,000マイル
オセアニア
(シドニー、メルボルン)
エコノミークラス 40,000マイル
プレミアムエコノミークラス 50,000マイル
ビジネスクラス 80,000マイル
ファーストクラス 100,000マイル
ロシア
(モスクワ)
エコノミークラス 40,000マイル
プレミアムエコノミークラス 50,000マイル
ビジネスクラス 80,000マイル
ファーストクラス 100,000マイル
ヨーロッパ
(パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、ロンドン)
エコノミークラス 55,000マイル
プレミアムエコノミークラス 70,000マイル
ビジネスクラス 110,000マイル
ファーストクラス 160,000マイル
ハワイ
(ホノルル、コナ)
エコノミークラス 40,000マイル
プレミアムエコノミークラス 60,000マイル
ビジネスクラス 80,000マイル
ファーストクラス 100,000マイル
北米
(サンディエゴ、サンフランシスコ、シカゴ、ダラス・フォートワース、ニューヨーク、バンクーバー、ロサンゼルス、ボストン)
エコノミークラス 50,000マイル
プレミアムエコノミークラス 65,000マイル
ビジネスクラス 100,000マイル
ファーストクラス 140,000マイル
ANA国内線必要マイル数一覧
距離 区間 必要マイル
(片道)
必要マイル
(往復)
0~600マイル区間 東京 秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪 L 5,000
R 6,000
H 7,500
L 10,000
R 12,000
H 15,000
大阪 萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎
名古屋 新潟、松山
札幌 利尻、稚内、女満別、根室中標津、オホーツク紋別、釧路、函館、青森、秋田
仙台 小松
福岡 対馬、五島福江、宮崎
長崎 壱岐、五島福江、対馬
沖縄 宮古、石垣
宮古 石垣
1,601~2,000マイル区間 東京 沖縄 L 7,000
R 9,000
H 10,500
L 14,000
R 18,000
H 21,000
大阪 石垣
大阪 宮古
静岡 沖縄
名古屋 沖縄
名古屋 宮古
札幌 福岡
2,001~4,000マイル区間 東京 石垣 L 8,500
R 10,000
H 11,500
L 17,000
R 20,000
H 23,000
東京 宮古
名古屋 石垣
札幌 沖縄
沖縄 仙台、新潟

【シーズン表】

L(ローシーズン) 2018年 1/8~2/28、4/1~4/26、12/1~12/21
2019年 1/6~2/28、4/1~4/25、12/1~12/20
R(レギュラーシーズン) 2018年 3/1~3/15、5/7~8/9、8/21~11/30
2019年 3/1~3/14、5/7~7/31、8/26~11/30
H(ハイシーズン) 2018年 1/1~1/7、3/16~3/31、4/27~5/6、8/10~8/20、12/22~12/31
2019年 1/1~1/5、3/15~3/31、4/26~5/6、8/1~8/25、12/21~12/31
ANA国際線必要マイル数一覧

【必要マイル数】
※ Y(エコノミークラス)、C(ビジネスクラス)、F(ファーストクラス)

発着地 利用
クラス
目的地
韓国
(Zone 2)
アジア 1
(Zone 3)
アジア 2
(Zone 4)
日本
(Zone 1)
Y 12,000 15,000 18,000 17,000 20,000 23,000 30,000 35,000 38,000
C 25,000 30,000 33,000 35,000 40,000 43,000 55,000 60,000 63,000
F 105,000 105,000 114,000
発着地 利用
クラス
目的地
ハワイ
(Zone 5)
北米
(Zone 6)
欧州
(Zone 7)
日本
(Zone 1)
Y 35,000 40,000 43,000 40,000 50,000 55,000 45,000 55,000 60,000
C 60,000 65,000 68,000 75,000 85,000 90,000 80,000 90,000 95,000
F 150,000 150,000 165,000 165,000 165,000 180,000
発着地 利用
クラス
目的地
オセアニア
(Zone 10)
日本
(Zone 1)
Y 37,000 45,000 50,000
C 65,000 75,000 80,000
F

【エリア表】

日本(Zone 1) 日本
韓国(Zone 2) ソウル
アジア 1(Zone 3) 北京、 大連、 瀋陽、 青島、 上海、 杭州、 広州、 厦門、 成都、 武漢、 香港、 台北、 マニラ
アジア 2(Zone 4) シンガポール、 バンコク、 ホーチミン、 ヤンゴン、 ジャカルタ、 ムンバイ、 デリー、 ハノイ、クアラルンプール、 プノンペン
ハワイ(Zone 5) ホノルル
北米(Zone 6) ロサンゼルス、 サンフランシスコ、 シアトル、 サンノゼ、 ワシントン、 ニューヨーク、 シカゴ、ヒューストン、 バンクーバー、 メキシコシティ
欧州(Zone 7) ロンドン、 パリ、 フランクフルト、 ミュンヘン、 デュッセルドルフ、 ブリュッセル
オセアニア(Zone 10) シドニー

【シーズン表】

発着 / [日本]-[欧米](Zone 6~Zone 7)

L(ローシーズン) 2018年 1/8~2/28、4/1~4/25
2019年 1/7~2/28、4/1~4/25
R(レギュラーシーズン) 2018年 3/1~3/31、5/8~7/25、8/21~12/18
2019年 3/1~3/31、5/8~7/24、8/20~12/17
H(ハイシーズン) 2018年 1/1~1/7、4/26~5/7、7/26~8/20、12/19~12/31
2019年 1/1~1/6、4/26~5/7、7/25~8/19、12/18~12/31

発着 / [日本]-[アジア](Zone 2~Zone 4)

L(ローシーズン) 2018年 1/8~1/31、4/1~4/25、5/8~6/30、12/1~12/20
2019年 1/7~1/25、4/1~4/25、5/8~6/30、12/1~12/19
R(レギュラーシーズン) 2018年 2/1~3/31、7/1~8/2、8/21~11/30
2019年 1/26~3/31、7/1~8/1、8/20~11/30
H(ハイシーズン) 2018年 1/1~1/7、4/26~5/7、8/3~8/20、12/21~12/31
2019年 1/1~1/6、4/26~5/7、8/2~8/19、12/20~12/31

発着 / [日本]-[ハワイ](Zone 5)、[オセアニア](Zone 10)

L(ローシーズン) 2018年 1/8~2/28、4/1~4/25、5/8~5/31
2019年 1/7~2/28、4/1~4/25、5/8~5/31
R(レギュラーシーズン) 2018年 3/1~3/31、6/1~7/26、8/21~12/20
2019年 3/1~3/31、6/1~7/24、8/20~12/17
H(ハイシーズン) 2018年 1/1~1/7、4/26~5/7、7/27~8/20、12/21~12/31
2019年 1/1~1/6、4/26~5/7、7/25~8/19、12/18~12/31

細かいところをご紹介しているとキリがないので簡単にわかりやすい点をご紹介すると下記のようになります。

  • 国内旅行で必要な最低マイル数
    JAL=6,000マイル
    ANA=5,000マイル
  • 日本から韓国にエコノミークラスでいくために必要な最低マイル数
    JAL=15,000マイル
    ANA=12,000マイル

という風になっており、同じ場所に旅行に行くにしても必要マイル数はANAマイルの方が少なくて済むというメリットがあります。

このようなメリットがあるためANAマイルは人気なのです。

1-4.マイルで予約できる席数は少ない!理想はJALもANAも貯めるておくべき!

「ANAの方が少ないマイルで旅行できるなら、絶対ANAマイルの方がお得じゃん!」と思いますよね。

実際にはその通りなのですが、マイラーのほぼ全員がそう考えるので、ANAのマイルでゲットできる航空券は混雑していて予約が取れないことが多いという欠点があります。

ANAや JALは公式な情報としてマイルで予約できる席数を公表しているわけではありませんが、1便に対してマイルで予約できる席数は座席クラスあたりおよそ3~5席くらいしかないのです。

なので「この時間帯の航空券が欲しい!」と思っても確実に取れるというわけではないのです。

そうならないためにも、ANAマイルの他に JALマイルを貯めておくのが一番理想的です。

「両方のマイルを同時に貯めるって効率いいの?」と疑問に思うかもしれませんが、カードを使う場所を分ければ効率的に貯めることができます。

ということで、「マイラーならこのカードを持つべき!」というカードをご紹介していきます。

2.1位:JALカード

2-1.JALマイル貯めるならJALカードは必須

まず JALマイルを貯めるにはJMB(JALマイレージバンク)カードもしくは JALカードが必要です。

JMBカードは JALの提携店で提示することでマイルが貰えるカードで、 JALカードはJMBカードとクレジットカードが合体したカードです。

じゃあどちらを持つべきか?というと、絶っっ対に JALカードを使って貯めた方がマイルは早く貯まります!

何故か?というと、 JALカードではJMBとは比にならないくらいマイルが貯まりやすくなる特典が付帯しているためです。

JALカードの種類とマイル還元率は下記の通りです。

JAL普通カード一覧(全9種)
カード名 JAL・Mastercard
JAL・VISAカード
JAL・JCBカード
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 2,160円(税込) 2,160円(税込) 2,160円(税込)
カード名 JAL・JCBカード
(ディズニーデザイン)
JALカードSuica
JAL アメックス・カード
カードブランド JCB
JCB
American Express
年会費 2,160円(税込) 2,160円(税込) 6,480円(税込)
カード名 JALカード
TOKYU POINT
ClubQ Mastercard
JALカード
TOKYU POINT
ClubQ Visaカード
JALカード
OPクレジット
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 2,160円(税込) 2,160円(税込) 2,160円(税込)
JALCLUB-Aカード一覧(全8種)
カード名 JAL・Mastercard
JAL・VISAカード
JAL・JCBカード
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 10,800円(税込) 10,800円(税込) 10,800円(税込)
カード名 JAL・JCBカード
(ディズニーデザイン)
JALカードSuica
カードブランド JCB
JCB
年会費 10,800円(税込) 10,800円(税込)
カード名 JALカード
TOKYU POINT
ClubQ Mastercard
JALカード
TOKYU POINT
ClubQ VISAカード
JALカード
OPクレジット
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 10,800円(税込) 10,800円(税込) 10,800円(税込)
JALCLUB-Aゴールドカード一覧(全9種)
カード名 JAL・Mastercard
JAL・VISAカード
JAL・JCBカード
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 17,280円(税込) 17,280円(税込) 17,280円(税込)
カード名 JAL・JCBカード
(ディズニーデザイン)
JAL ダイナースカード
JAL アメックス・カード
カードブランド JCB
Diners Club
American Express
年会費 17,280円(税込) 30,240円(税込) 20,520円(税込)
カード名 JALカード
TOKYU POINT
ClubQ Mastercard
JALカード
TOKYU POINT
ClubQ Visaカード
JALカード
OPクレジット
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 17,280円(税込) 17,280円(税込) 17,280円(税込)
JALプラチナカード一覧(全3種)
カード名 JAL アメックス・カード
JAL・JCBカード
JAL・JCBカード
カードブランド American Express
JCB
JCB
年会費 33,480円(税込) 33,480円(税込) 33,480円(税込)
JALカードnavi一覧(全4種)
カード名 JAL・Mastercard
JAL・VISAカード
JAL・JCBカード
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 在学中無料 在学中無料 在学中無料
カード名 JAL・JCBカード
(ディズニーデザイン)
カードブランド JCB
年会費 在学中無料
カード種類 普通カード CLUB-A CLUB-Aゴールド プラチナ navi
ショッピングマイルプレミアム 3,240円(税込) 3,240円(税込) 無料 無料 無料
通常還元率 0.5%
(1.0%)
0.5%
(1.0%)
1.0% 1.0% 1.0%
特約店還元率 1.0%
(2.0%)
1.0%
(2.0%)
2.0% 4.0% 2.0%
入会後初搭乗ボーナスマイル 1,000マイル 5,000マイル 5,000マイル 5,000マイル 1,000マイル
継続時搭乗ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 1,000マイル
フライトボーナスマイル +10% +25% +25% +25% +10%
語学検定ボーナスマイル 500マイル

カードを使ってショッピングすることでマイルも貯まるし、飛行機に乗ることでボーナスマイルもザクザク貯まります。

そしてなにより特約店では倍のマイルが貯まるので、マイラーならば絶対に JALカードを持っておくべきです。

ちなみに特約店ではファミリーマートのような誰でも利用できる店舗もあり、かなり貯めやすくなっています。

その他もちろんですが、 JALグループの機内販売などでもマイルを貯めることができます。

JALの特約店・マイルパートナー
ジャンル 店舗名 JALカード特約店 マイルパートナー
JALグループ 航空券購入 2倍
BLUE SKY 2倍
国際線機内販売 2倍 100円=1マイル
国内線機内販売 2倍 100円=1マイル
機内販売オンラインストア 2倍 100円=1マイル
JAL空港宅配サービス 2倍 出発宅配・到着宅配で50マイル
JALエービーシー 2倍 サービス利用で200マイル
JALショッピング 2倍 100円=1マイル
コンビニ・スーパー イオン 2倍
ファミリーマート 2倍
ピーコックストア 2倍
ドラッグストア・薬局 マツモトキヨシ 2倍
ウエルシア 2倍
ハックドラッグ 2倍
マツモトキヨシ オンラインストア 2倍
ガソリンスタンド・駐車場 タイムズクラブ 2倍 新規会員登録で50マイル
ENEOS 2倍
空港での両替 トラベレックスジャパン 10,000円につき20マイル
レンタカー トヨタレンタカー 2倍 100円=1マイル
オリックスレンタカー 2倍 100円=1マイル
日産レンタカー 2倍 100円=1マイル
タイムズカーレンタル 2倍 100円=1マイル
フジレンタカー 2倍 100円=1マイル
ジェイアール北海道レンタリース 2倍 100円=1マイル
Jネットレンタカー/スカイレンタカー 2倍
バジェットレンタカー(国内) 1日50マイル
(1レンタル最大250マイル)
アラモレンタカー 300マイル
エイビスレンタカー 100マイル
ダラーレンタカー 300マイル
ハーツレンタカー 1日50マイル
バジェットレンタカー(海外) 1日50マイル
(1レンタル最大250マイル)
レストラン ロイヤルホスト等 2倍
モスカードwebチャージ(クレジットチャージ) 2倍
宿泊施設 ホテルニッコー・JALシティ・星野リゾート等 2倍
国内ホテル予約 JALイージーホテル 100円=1マイル
JALホテルズ 1予約で100マイル
JTB 1予約で50マイル
楽天トラベル 1予約で50マイル
じゃらんnet 1予約で50マイル
一休.com 1予約で50マイル
近畿日本ツーリスト 1予約で50マイル
るるぶトラベル 1予約で50マイル
海外ホテル予約 JALパック 海外e-ホテル 200円=1マイル
JALホテルズ 1予約で150マイル
エクスペディア 200円=3マイル
ホテルズドットコム 200円=1マイル
Booking.com 200円=1マイル
アウトリガー 1予約で100マイル
みゅう 200円=1マイル
トリップスターアジア 200円=1マイル
大人のグアム 200円=1マイル
リーディングホテルズ 200円=1マイル
観光・レジャー・テーマパーク 大江戸温泉物語 2倍
タイムズ スパ・レスタ 2倍
ハウステンボス 2倍
はとバス 2倍
JALPAKハワイ 2倍 予約1件で50マイル
JALチケットぴあ 1枚につき20マイル
BURTON ONLINE STORE 100円=1マイル
カーシェアリング オリックスカーシェア 新規ご入会で500マイル
リゾート レオパレスリゾート グアム
JALバケーションズ
百貨店 丸井今井 2倍
大丸松坂屋オンラインショッピング 2倍 100円=1マイル
岩田屋 2倍
大丸 2倍
プランタン銀座 2倍
松坂屋 2倍
デパート リウボウ 2倍
大丸松坂屋オンラインショッピング 2倍
岩田屋 ネットストア 2倍
福岡三越 2倍
大和 大和ご優待ポイント1,000ポイント=200マイル
ディノスオンラインショップ 2倍 100円=1マイル
スタイルストア 2倍 100円=1マイル
ランズエンド 2倍 100円=1マイル
JALUX通信販売 2倍 100円=1マイル
ギフト ハーモニック 2倍
日比谷花壇(通信販売/インターネットショッピング) 2倍
JTB世界のおみやげ屋さん 2倍 100円=1マイル
リンベル カタログギフト 2倍 100円=1マイル
専門店 イオンバイク 2倍
ファッション サマンサタバサ 2倍
TUMI 2倍
リーガルシューズ 2倍
紳士服コナカ 2倍
ハンティング・ワールド 2倍
サムソナイト公式オンラインショップ 2倍 100円=3マイル
サムソナイトショップ 直営店 100円=1マイル
フォリフォリ 2倍
TASAKI 2倍
ミキモト 2倍
メガネ・コンタクト メガネスーパー 2倍
メガネストアー 2倍 100円=1マイル
家電 デジタル家電専門店 ノジマ 2倍
nojima online(ノジマオンライン) 2倍 商品のご購入で200円=1マイル
ビックカメラ 基本3%
カラオケ シダックス 100円=1マイル
カラオケルーム歌広場 100円=1マイル
インテリア ハーマンミラーストア 2倍
IDC大塚家具 10000円=100マイル
ジャパンネット 100円=1マイル
引越し サカイ引越センター 2倍 2,000マイル
日本通運 2倍 100円=1マイル
アート引越センター 100円=1マイル
引越社グループ(アリさんマークの引越社) 100円=1-2マイル
クロネコヤマト引越センター 100円=1マイル
福山通運 100円=1マイル
配送 ソクハイ 100円=1マイル
JALエービーシーの宅配 1個(片道)ごとに30マイル

2-2.入会キャンペーンを狙って一気にマイルを貯めよう!

JALカードを発行することのメリットとしてカード発行時に貰える入会キャンペーンがあり、条件を満たせば一発で大量のマイルをゲットしてスタートダッシュを決めることができます。

対象期間:2019年1月31日までにキャンペーン参加登録が必要

カード種類 普通カード CLUB-A CLUB-Aゴールド プラチナ navi
入会ボーナス 500マイル 2,000マイル 3,000マイル 5,000マイル 500マイル
入会搭乗ボーナス 1,000マイル 5,000マイル 5,000マイル 5,000マイル 1,000マイル
JALショッピングマイルプレミアム加入ボーナス 500マイル 500マイル 500マイル 500マイル
JALカードアプリダウンロード・ログインボーナス 100マイル 100マイル 100マイル 100マイル 100マイル
JALカードSuica限定ボーナス 500
JRE POINT
1,000
JRE POINT
3,000
JRE POINT
合計最大獲得 2,100マイル 7,600マイル 8,600マイル 10,600マイル 1,600マイル

普通カードやnaviカードなどの年会費が安いカードではそれほどもらえませんが、 CLUB-Aカード以上では入会キャンペーンだけで無料で旅行が行けるくらいのマイルをゲットすることができます。

2-3.ショッピングで貯める「JAL  CLUB-Aカード」

ご紹介した通り、JALカードには

  • 普通カード
  •  CLUB-Aカード
  •  CLUB-Aゴールドカード
  • プラチナカード
  • naviカード

という種類のカードがあります。

これだけ種類があると「どのカードを選べばいいの!?」と悩みますよね。

JALカードnaviは学生限定、JALプラチナカードはある程度JALカードを使ってからorインビテーションでの発行と考えると、迷うのは「普通カードにするか、 CLUB-Aカードにするか、 CLUB-Aゴールドにするか」という迷いのはずです。

結論から言ってしまうと、ショッピングでマイルを貯めるなら CLUB-Aカードを発行するべきです!

理由はいろいろあるのですが、まずは下記の表をみてください。

カード種類 普通カード  CLUB-A CLUB-Aゴールド
年会費 2,160円(税込)
※アメックスブランドは6,480円(税込)
10,800円(税込) 17,280円(税込)
※アメックスブランドは20,520円(税込)
マイル付与率
通常時
0.5%
(1.0%)
0.5%
(1.0%)
1.0%
マイル付与率
加盟店
1.0%
(2.0%)
1.0%
(2.0%)
2.0%
ショッピングマイル・プレミアム年会費 3,240円(税込) 3,240円(税込) 無料
※自動加入
入会時ボーナスマイル 1,000マイル 5,000マイル 5,000マイル
継続時ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
フライトボーナスマイル +10% +25% +25%
空港ラウンジ × ×
JALCLUB-Aカード共通の特典 ×
  • JALビジネスクラス・チェックインカウンターの利用
  • 海外・国内健康医療相談サービス(24時間365日)
  • 空港免税店での割引(普通カードの2倍の10%OFF)

上記のように、マイル還元率だけ見れば『ショッピングマイルプレミアム』という還元率がアップするサービスが最初から付帯している CLUB-Aゴールドが一番高くなっています。

しかし!

CLUB-Aカードも年会費3,240円支払ってショッピングマイルプレミアムに加入すればマイル還元率に関しては CLUB-Aゴールドと同じになります。

つまり、表にすると下記のようになります。

カード種類  CLUB-A CLUB-Aゴールド
年会費
※ショッピングマイル・プレミアム加入時
14,040円(税込) > 17,280円(税込)
※アメックスブランドは20,520円(税込)
マイル付与率
通常時
1.0% = 1.0%
マイル付与率
加盟店
2.0% = 2.0%
入会時ボーナスマイル 5,000マイル = 5,000マイル
継続時ボーナスマイル 2,000マイル = 2,000マイル
フライトボーナスマイル +25% = +25%
空港ラウンジ × <
JALCLUB-Aカード共通の特典 =

見ての通り、マイル還元率やボーナスマイルは全く同じなのに、年会費は CLUB-Aカードの方が約3,000円ほど安くなっています!

CLUB-Aゴールドは空港ラウンジサービスなどが付帯していますが「ラウンジサービスはいらない!マイルが貯まればいい!」という方は絶対に CLUB-Aカードの方がお得です。

「普通カードと CLUB-Aカードは?」というと、普通カードはショッピングマイルプレミアムに加入すると合計で年会費5,400円(税込)になり CLUB-Aカードよりも安い値段でマイル還元率がよくなりますが、毎年貰えるボーナスマイルが全く違います。

カード種類  普通カード  CLUB-A
年会費
※ショッピングマイル・プレミアム加入時
5,400円(税込) > 14,040円(税込)
マイル付与率
通常時
1.0% = 1.0%
マイル付与率
加盟店
2.0% = 2.0%
入会時ボーナスマイル 1,000マイル < 5,000マイル
継続時ボーナスマイル 1,000マイル < 2,000マイル
フライトボーナスマイル +10% < +25%
空港ラウンジ × < ×
JALCLUB-Aカード共通の特典 × <

つまり、マイルを貯めるためだけにJALカードを持つなら普通カードはスペックが低すぎるのです。

逆に CLUB-Aゴールドカードは空港ラウンジが利用できること以外には CLUB-Aカードと目立った差がないので、「ショッピングなどの通常利用でマイルを貯めたい!」と言う方は CLUB-Aカードがオススメです。

2-4.Suica利用でマイル貯める「JALカードSuica」

JALカードには「JALカードSuica」というSuicaが付帯したカードがあり、普通カード、 CLUB-A、 CLUB-Aゴールドの仲間としてそれぞれ発行することができます。

完結に言うと、それぞれのランクのカード特典はそのままで、Suicaユーザーが得する特典がプラスされたカードなので、Suicaを利用している方は絶対にJALカードSuicaを発行した方がお得です。

2-4-1.JALカードSuicaのスペックまとめ

JALカードSuicaのそれぞれのスペックを表でまとめると下記の通りです。

カード種類 普通カード  CLUB-A  CLUB-Aゴールド
年会費 2,160円(税込) 10,800円(税込) 20,520円(税込)
家族カード年会費 1,080円(税込) 3,780円(税込) 8,640円(税込)
通常時還元率 0.5%
(1.0%)
0.5%
(1.0%)
1.0%
特約店還元率 1.0%
(2.0%)
1.0%
(2.0%)
2.0%
ショッピングマイルプレミアム 3,240円(税込) 3,240円(税込) 無料
初回登場ボーナスマイル 1,000マイル 5,000マイル 5,000マイル
継続時ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
フライトボーナスマイル +10% +25% +25%
JALカード共通特典
CLUB-A共通特典 ×
空港ラウンジサービス ×
ビューゴールドカードラウンジサービス ×
国内・海外旅行保険 最高1,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円
Suicaの特典
  • JR東日本のサービスでJRE POINT3倍
  • Suicaオートチャージ
  • Suica利用でポイント二重取り
  • ビューカードの共通特典

上記の通り、各カードにプラスしてSuicaの特典が付帯したようなカードです。

JALカードSuicaの一番の特徴はJR東日本のサービスを利用するとJALマイルではなくJRE POINTという別のポイントが貯まるサービスが付帯していると言う点です。

下記のサービスでJALカードSuicaを利用すると1,000円ごとに15ポイント(15円相当)のJRE POINTというポイントが貯まります。

  • 乗車券の購入
  • 特急券の購入
  • 回数券の購入
  • 特別企画乗車券の購入
  • 「えきねっと」からのライナー券予約
  • 定期券の購入
  • Suica定期券の購入
  • Suicaカードの購入
  • ビューカードによるSuica入金(チャージ)
  • Suicaオートチャージ
  • モバイルSuica・Suicaアプリの利用
  • JR東日本国内ツアー など

貯まったポイントは1ポイント1円としてSuicaにチャージしたり、JRE POINTとして駅ビルなどで利用することもできますが、もちろんJALマイルに交換することもできます。

ショッピングマイルプレミアム JRE POINT JALマイル
未加入時 1,500ポイント 500マイル
加入時 1,500ポイント 1,000マイル

例えば毎月Suicaに20,000円チャージしている方であれば

  • JALカードの通常マイル (マイル付与率1.0%時)
    =200マイル
  • Suica特典(JRE POINT)
    =300ポイント

二重でゲットできます!

JALカードSuicaではJALカードにSuicaのサービスが上乗せされているカードなのでSuicaユーザーであれば絶対に利用した方がいいカードです。

2-5.20代限定でマイル貯める「JAL CLUB EST」

JALカードには20代限定の『JAL CLUB EST』という別途年会費を支払うことで利用できるオプションサービスがあります。

JAL CLUB ESTに加入するとカードの券面にロゴが追加されます。

年会費は下記の通りです。

カード種類 普通カード CLUB-A CLUB-Aゴールド プラチナ
本会員年会費 2,160円
※アメックスは6,480円
10,800円 17,280円
※アメックス、Suicaは20,520円
33,480円
家族会員年会費 1,080円
※アメックスは2,700円
3,780円 8,640円 16,740円
JAL CLUB EST
本会員年会費
5,400円 5,400円 2,160円 2,160円
JAL CLUB EST
家族会員年会費
2,160円 2,160円 2,160円 2,160円
本会員
合計年会費
7,560円
※アメックスは11,880円
16,200円 19,440円
※アメックス、Suicaは22,680円
35,640円
家族会員
合計年会費
3,240円
※アメックスは4,860円
5,940円 10,800円 18,900円

「え!?ショッピングマイルプレミアムの他にも別途年会費を出さなきゃいけないの!?」と心配になるかもしれませんが、JAL CLUB ESTの中にショッピングマイルプレミアムは含まれているのでさらに年会費が増えるわけではないので安心してください。

実質2,160円のサービスということですね。

じゃあその2,160円、20代限定であるJAL CLUB ESTの特典とは何なのか?というと、下記の通りです。

【JAL CLUB EST特典】

  • ①JALカードショッピングマイル・プレミアム自動付帯
  • ②国内線サクララウンジクーポン5枚/年
  • ③マイルの有効期限延長60か月に延長
  • ④搭乗ボーナスマイルの優遇
  • ⑤FLY ONポイント2,000ポイント/年
  • ⑥e JALポイント5,000円相当分/年
  • ⑦ビジネスクラスカウンターチェックイン

②の国内線サクララウンジクーポンとはJALの上級会員しか入れない特別な空港ラウンジです。

食事もお酒も食べ飲み放題で通常のラウンジとは別格の快適さがあります。

そして③はそのまま文字通り、通常36ヶ月のマイル有効期限が2年間延びて60ヶ月になります。

⑤のFLY ONポイントとはJALの上級会員資格をゲットするために必要なポイントをちょっともらえると言う特典で、⑦は一般チェックカンターではなく、いつでもビジネスクラスの優先チェックインカウンターが利用できるという特典です。

②③⑤⑦の特典をザッとご紹介しましたが、「マイルをがっつり貯めたい!」という方にとって重要なのは

  • ①JALカードショッピングマイル・プレミアム自動付帯
  • ④搭乗ボーナスマイルの優遇
  • ⑥e JALポイント5,000円相当分/年

の3つなので、この3つを重点的にご紹介しますね。

2-5-1.JAL CLUB ESTはマイルががっつり貯まる!

①のショッピングマイルプレミアムはご紹介している通り、通常還元率、特約店還元率が2倍になるサービスで、JALカード会員なら必須のサービスです。

④の『搭乗ボーナスマイルの優遇』とは、カードごとのボーナスマイルに加えて

  • 入会後初搭乗ボーナスマイル
    = +1,000マイル
  • 継続時搭乗ボーナスマイル
    =+1,000マイル
  • フライトボーナスマイル
    =+5%

が加えられます。

⑥のe JALポイント5,000円とはJALの航空券などが購入できる電子マネーのようなものです。

つまりJAL CLUB ESTに加入するとマイルの貯まりやすさは下記の通りになるということですね。

カード種類 普通カード CLUB-A CLUB-Aゴールド プラチナ navi
JAL CLUB EST 5,400円(税込) 5,400円(税込) 2,160円(税込) 2,160円(税込)
※加入できません。
通常還元率 1.0% 1.0% 1.0% 1.0% 1.0%
特約店還元率 2.0% 2.0% 2.0% 4.0% 2.0%
入会後初搭乗ボーナスマイル 1,000マイル
+1,000マイル
5,000マイル
+1,000マイル
5,000マイル
+1,000マイル
5,000マイル
+1,000マイル
1,000マイル
継続時搭乗ボーナスマイル 1,000マイル
+1,000マイル
2,000マイル
+1,000マイル
2,000マイル
+1,000マイル
2,000マイル
+1,000マイル
1,000マイル
フライトボーナスマイル +10%
+5%
+25%
+5%
+25%
+5%
+25%
+5%
+10%
e JALポイント 5,000円相当 5,000円相当 5,000円相当 5,000円相当

このようにマイルががっつり貯まる上にマイルの有効期限も60ヶ月に延長される、サクララウンジが利用できるという特典も相まって「お得すぎる!!」と話題のサービスです。

しかし・・・

このサービスが利用できるのは20歳〜29歳の方限定です!

あまりにもお得すぎて年齢が若い方限定になっているので、20代の方は絶対に入っておくべきです。

2-6.学生で貯める「JALカードnavi」

もし学生の方で「マイルを貯めてタダで旅行にいきたい!!」と思っている方がいるのであればJALカード naviがオススメです。

JALカード naviはJALカードの中で唯一年会費無料のカードで、学生であれば誰でも年会費無料で持つことができる学生専用のJALカードです。

このJALカード naviがすごくて、年会費無料なのに通常3,240円(税込)がかかるショッピングマイルプレミアムに無料なんです!

つまり、年会費無料なのにカードの通常利用時のマイル還元率が1.0%、特約店での還元率が2.0%という脅威のクレジットカードです。

カード種類 普通カード CLUB-A CLUB-Aゴールド プラチナ navi
年会費 2,160円〜
6,480円
10,800円 17,280〜
20,520
33,480円 無料
ショッピングマイルプレミアム 3,240円(税込) 3,240円(税込) 無料 無料 無料
通常還元率 1.0% 1.0% 1.0% 1.0% 1.0%
特約店還元率 2.0% 2.0% 2.0% 4.0% 2.0%

極端な話をすると、カード利用時のマイル還元率で言えば年会費17,280円~20,520円のCLUB-Aゴールドカードと同等なのに維持コストが0円のカードということになります。

もちろん付帯サービスが少ないですが、「飛行機に乗るんじゃなくて、クレジットカードでマイルが貯めたい!」という学生の方にはオススメ、というか、学生限定の特権なので絶対に利用するべきです。

3.2位:ANAカード

3-1.ANAマイル貯めるならANAカードは必須

「JALマイルを効率よく貯めたいならJALカードを発行するべき!」とご紹介しましたが、ANAマイルを貯める時も同様にANAカードは必須です!

まずはANAカードの種類をザッとご紹介します。

ANA普通カード(全9種)
カード名 ANA VISA 一般カード
ANAマスター一般カード
ANA JCB一般カード
カードブランド VISA MasterCard JCB
年会費 2,160円(税込) 2,160円(税込) 2,160円(税込)
カード名 ANA TOKYU POINT
ClubQ PASMO マスターカード
ANA To Me CARD PASMO JCB
ANA VISA Suicaカード
カードブランド MasterCard JCB ビューカード
年会費 2,160円(税込) 2,160円(税込) 2,160円(税込)
カード名 ANA VISA nimoca カード
ANA アメックスカード
ANA JCB ZERO
※18歳~29歳の社会人限定
カードブランド VISA American Express JCB
年会費 2,160円(税込) 7,350円(税込) 無料(5年間)
ANAワイドカード(全3種)
カード名 ANA VISAワイドカード
ANAマスターワイドカード
ANA JCBワイドカード
カードブランド VISA MasterCard JCB
年会費 7,612円(税込) 7,612円(税込) 7,612円(税込)
ANAワイドゴールドカード(全5種)
カード名 ANA VISAワイドゴールドカード
ANA マスターワイドゴールドカード
ANA JCBワイドゴールドカード
カードブランド VISA MasterCard JCB
年会費 15,120円(税込) 15,120円(税込) 15,120円(税込)
カード名 ANAアメックス・ゴールドカード
ANAダイナースクラブカード
カードブランド American Express Diners Club
年会費 33,480円(税込) 29,160円(税込)
ANAプレミアムカード(全4種)
カード名 ANA VISAプラチナ プレミアムカード
ANA JCB カードプレミアム
ANAアメックスプラチナカード
カードブランド VISA JCB American Express
年会費 86,400円(税込) 75,600円(税込) 162,000円(税込)
カード名 ANAダイナースクラブプレミアムカード
カードブランド Diners Club
年会費 167,400円(税込)
カード種類 普通カード ワイドカード ワイドゴールド プラチナ ゼロ
10マイルコース 5,400円〜
6,480円(税込)
5,400円〜
6,480円(税込)
無料 無料 無料
通常還元率 0.5%
(1.0%)
0.5%
(1.0%)
1.0% 1.0%~
2.0%
0.50%
特約店還元率 1.0%
(2.0%)
1.0%
(2.0%)
2.0% 3.3%~
4.5%
1.50%
入会後初搭乗ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
継続時搭乗ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
フライトボーナスマイル +10% +25% +25% +50% +10%
語学検定ボーナスマイル 500マイル

ANAカードの特徴としては、JALカードはカードを利用すると直接マイルが貯まるのに対して、ANAカードはカードごとにポイントが貯まり、それをマイルに交換することでマイル貯まるという仕組みになっています。

貯まるポイントの種類はそれぞれ下記の通りです。

カードブランド VISA JCB MasterCard Amex Diners Club
ポイント名 ワールドプレゼント Oki-Dokiポイント ワールドプレゼント メンバーシップ・リワード リワードプログラム
還元率 1,000円で
1ポイント
1,000円で
1ポイント
1,000円で
1ポイント
1,000円で
1ポイント
1,000円で
1ポイント

まずこれらのポイントが貯まり、必要に応じてANAマイルに任意で交換していく形になります。

マイルの交換レートは通常時は1ポイント5マイルですが、別途年会費を支払えば1ポイント10マイルのレートで交換することができます。

JALカードで言う所のショッピングマイルプレミアムみたいな感じですね。

違う点としては、JALカードの場合はマイル付与率をよくするためには常時別途年会費を支払ってショッピングマイルプレミアムに加入しておく必要がありますが、ANAカードの場合はマイルを交換する時にだけ10マイルコースに加入すればOKです。

JALカードではファミリーマートなどが加盟店としてありましたが、ANAカードではセブンイレブンやマツモトキヨシ、高島屋などの有名店舗が加盟店として参加しており、カードの利用金額100円または200円(税込)につき1マイルが加算されます。

これは『ANAマイルパートナー』と言われており、マイルはもらえるポイントとは別にたまっていきます。

ANAマイルパートナー加盟店一覧
ジャンル 店舗名
航空 ANA・ANAグループ国内線・国際線 航空券、ANA国内線・国際線 機内販売
コンビニ・スーパー セブン-イレブン、イトーヨーカドー
ドラッグストア マツモトキヨシ
空港・駐車場 三井のリパーク、羽田空港第1(P1)、第4(P4)駐車場、羽田空港第2、第3駐車場、新千歳空港A駐車場、新千歳空港B駐車場、大阪国際(伊丹)空港駐車場、高松空港駐車場、松山空港駐車場、高知龍馬空港駐車場、仙台空港駐車場、広島空港駐車場、長崎空港駐車場、熊本空港駐車場、サンパーキング(羽田空港、成田空港)、三井のリパーク
託児所 アンジュ保育園
土産・免税店 JTB商事、三洋堂、高島屋免税店SHILLA&ANA、メルセデス ミー 東京羽田
レンタカー ニッポンレンタカー
ペット 羽田空港ペットホテル
モバイル グローバルWiFi、TripFever「ili」、WiFiレンタルどっとこむ
レストラン・食品 スターバックス、ANAカードマイルプラス・グルメ、京成友膳、メルセデス ミー、TripFever「海外レストラン予約」、アクアクララ、日本百貨店しょくひんかん
百貨店 高島屋、阪急百貨店、阪神百貨店、大丸・松坂屋、大丸福岡天神店
ショッピングモール 沖縄アウトレットモール あしびなー
通販 ANAショッピング A-style、セブンネットショッピング
フラワーギフト 日比谷花壇(hibiyakadan.com)、インターネット花キューピット
ファッション イセタン羽田ストア(メンズ)ターミナル2、コナカ、ジ エアポート ストア ユナイテッドアローズ、紳士服のフタタ、SUIT SELECT、はるやま、P.S.FA、フォーエル、HAL SUIT、ナルミヤ公式通販サイト、ファミリア、ACE、コンタクトのアイシティ、サムソナイト、Orobianco、ゼロハリバートン
引越 アート引越センター、サカイ引越センター
住宅 東京ガスリックリビング
出版 ダイヤモンド社、プレジデント、東洋経済新報社、日経BP社
ゴルフ場 ANAカードマイルプラス加盟ゴルフコース、カヌチャリゾート、ハイランドリゾート
家電 ダイソン、ヤマダ電機LABI、ラオックス
リラクゼーション グローバルスポーツ医学研究所、ヘルフェン、たかの友梨ビューティクリニック、エルセーヌ
タクシー イースタンエアポートモータース、多古タクシー、東京MKタクシー、ハロー・トーキョー、グリーンキャブ、中央無線タクシー、東京無線タクシー、大和自動車交通、石川交通
ガソリンスタンド JX日鉱日石エネルギー(ENEOS)、出光興産
鉄道・バス等 エアポートリムジンバス、京成スカイライナー
エンタメ・チケット エクセル航空、沖縄美ら海水族館、ルスツリゾート/遊園地(入園券)、サホロリゾート ベア・マウンテン
スポーツ 沖縄ダイビングショップ マリーン プロダクト、ルスツリゾート/スキー・アクティビティ、サホロリゾート スキー場、グリーンピア大沼 ウィンターアクティビティ
オークラ ホテルズ & リゾーツ ホテルオークラ札幌、ホテルオークラ新潟、オークラフロンティアホテルつくば、オークラ アカデミアパーク ホテル、オークラ千葉ホテル、ホテル イースト21東京、フォレスト・イン昭和館、オークラフロンティアホテル海老名、オークラアクトシティホテル浜松、京都ホテルオークラ、ホテルオークラ神戸、ホテルオークラ福岡
東急ホテルズ 札幌エクセルホテル東急、札幌東急REIホテル
ザ・テラスホテルズ ザ・テラスクラブ アット ブセナ、ザ・ブセナテラス、ジ・アッタテラス クラブタワーズ、ザ・ナハテラス、ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ
シギラリゾート シギラベイサイドスイート アラマンダ、ホテルブリーズベイマリーナ、ウェルネスヴィラ ブリッサ
かりゆしホテルズ Okinawa Spa Resort EXES、沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ
その他ホテル 三井ガーデンホテルズ、ルートインホテルズ、ホテルモントレ、カヌチャリゾート、ルスツリゾート、カフーリゾートフチャクコンド・ホテル、京急EXイン、宮崎観光ホテル、エムズホテルクレール宮崎、ANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎、ホテル法華クラブグループ、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ、ホテル秀水園、ロイヤルパークホテル ザ 汐留、スターゲイトホテル関西エアポート(旧 全日空ゲートタワーホテル大阪)、西鉄ホテルズ、大和屋本店、ホテルノルド小樽、サホロリゾートホテル、プラザホテル、八百治博多ホテル、万世閣ホテルズ、ハマノホテルズ、尾道国際ホテル、大分オアシスタワーホテル、強羅環翠楼、橋本パークホテル、グリーンピア大沼、レオパレスホテルズ、ネストホテル熊本、ソルヴィータホテル那覇、ホテルリブマックス、ブリティッシュヒルズ、KIZASHI THE SUITE、蔵群、ホテルマイステイズ羽田、富山地鉄ホテル、JRホテルクレメント高松、ホテルラングウッド上越、リーガロイヤルグラン沖縄、ハイランドリゾート

3-2.入会キャンペーンを狙って一気にマイルを貯めよう!

ANAカードも他のクレジットカード同様に入会キャンペーンで最初から爆発的にマイルを貯めることができます。

JALカードではカードランクごとに入会キャンペーンがありますが、ANAカードの場合は発行するカードブランドによってもらえる最大マイル数が変化していきます。

例えば

  • ワイドカードのJCBブランド
  • ワイドカードのアメックスブランド

ではもらえる入会キャンペーンマイルが異なってきます。

2018年8月現在行われている入会キャンペーンをご紹介すると下記の通りです。

※入会キャンペーンの内容は時期によって異なります

JCBブランドの入会キャンペーン
カード種類 一般カード
ZERO
学生用カード
ワイドカード ワイドゴールド プレミアム ソラチカカード
通常入会ボーナスマイル 1,000 マイル 2,000 マイル 2,000 マイル 10,000 マイル 1,000 マイル
キャンペーン①
入会またはお切り替え&WEB明細登録
1,200マイル相当 1,200マイル相当 4,500マイル相当 6,000マイル相当 1,200マイル相当
キャンペーン②-1
ショッピング合計30万円以上利用
3,000マイル相当 3,000マイル相当 3,000マイル相当 3,000マイル相当 3,000マイル相当
キャンペーン②-2
ショッピング合計65万円以上利用
16,500マイル相当 16,500マイル相当 16,500マイル相当 16,500マイル相当 16,500マイル相当
キャンペーン③ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>限定
ショッピング合計10万円以上利用
1,500マイル
合計最大 18,700マイル 19,700マイル 23,000マイル 32,500マイル 20,200マイル
対象条件

■対象カードに新規入会・切り替え

■MyJチェック登録

■対象カードに新規入会・切り替え

■期間中に、入会したカードで合計300,000円(税込)以上ショッピング利用

■ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>に新規入会

■対象期間中に入会したカードで合計100,000円(税込)以上ショッピング利用

入会期間 申し込み 2018年8月1日(水)~9月30日(日)
入会
年月日
2018年8月1日(水)~10月31日(水)
キャンペーン
参加登録期間
2018年8月1日(水)~12月31日(月) 2018年8月1日(水)~11月30日(金)
MyJチェック
登録期間・
利用期間
入会~2018年12月31日(月) 入会~2018年11月30日(金)
特典付与時期 2019年3月下旬 2019年1月下旬
特典

プレミアム:
2,000ポイント
(6,000マイル相当)

ゴールド:
1,500ポイント
(4,500マイル相当)

ワイド・一般・ソラチカ・ZERO・学生:
400ポイント
(1,200マイル相当)

・300,000円以上649,999円以下:
1,000ポイント
(3,000マイル相当)

・650,000円以上:
5,500ポイント
(16,500マイル相当)

1,500マイル

アメックスブランドの入会キャンペーン

対象期間:〜2018年10月2日(火) までに申し込み

特典 条件 マイル・ポイント数
ご入会特典 カード入会 1,000マイル
カードご利用ボーナス 入会後1カ月以内にカードを3回ご利用
1,000ボーナスポイント
カードご利用達成ボーナス1 入会後3ヶ月以内にカードご利用金額合計15万円達成
3,000ボーナスポイント
カードご利用達成ボーナス2 入会後3ヶ月以内にカードご利用金額合計50万円達成
20,000ボーナスポイント
カードご利用達成ボーナス3 カードご利用50万円
5,000ポイント
合計最大
30,000マイル相当
ダイナースクラブブランドの入会キャンペーン

対象期間:〜2018年9月17日お申し込み(2018年9月30日ご入会)まで

特典 条件 獲得マイル・ポイント数
特典1 新規ご入会 2,000マイル プレゼント
特典2 入会後3ヵ月以内に50万円のご利用 15,000マイル相当のボーナスポイントプレゼント
特典3 入会後3ヵ月以内にさらに50万円以上のご利用 25,000マイル相当のボーナスポイントプレゼント
特典4 キャンペーン期間中に家族カードとビジネス・アカウントカードに追加 3,000マイル相当のボーナスポイントプレゼント
特典2、3の通常利用ポイント 10,000マイル相当のポイント獲得
合計最大 55,000マイル相当

JALカードと比べると圧倒的にANAカードの方が最初からがっつりマイルを貯めることができます!

例えば同等ランクのカードで比べると

  • JAL普通カード
    =最大2100マイル
  • ANA普通カード( JCBブランド)
    =最大18,700マイル

ANAカードではJALカードよりも約9倍のマイルが入会キャンペーンで貯めることができます。

ちなみに18,700マイルもあればANAの便を使って東京から沖縄までの往復航空券をタダでゲットできるので、入会キャンペーンのマイルだけで友達や恋人と無料の旅行を楽しむことができます。

3-3.ショッピングで貯めるなら「ANAワイドゴールドカード」

さて、「ANAマイルを貯めたいならANAカードを発行するべき!」とご紹介しましたが、「じゃあどのカードを発行すればいいの?」という疑問が出てきますよね。

ここでは「この場合はこのANAカードを発行すればOK!」というのをご紹介します。

3-3-1.ワイドカードと迷ったら絶対ワイドゴールドカード!年会費が安い!

まず迷うのは

  • 普通カード
  • ワイドカード
  • ワイドゴールドカード
  • プレミアムカード

のどれを発行すればいいのか?という問題ですが、結論から言うとANAマイルを貯めるならワイドゴールドカードが一番です!しかも選ぶなら絶対にVISA/MasterCardブランド!!

JALカードでは普通カードの一つ上のCLUB-Aカードをオススメしましたが、ANAカードでは絶対にワイドゴールドカードです。

「なんでそんなにオススメするの?」というと、ワイドカードとワイドゴールドカードではランクが高いワイドゴールドカードの方が年会費が安いというメリットがあるからです。

ちょっと混乱するかもしれませんが、ANAカードではVISA/MasterCardブランドのみ年会費割引特典があり、下記の条件を満たすことで年会費を最大4,860円も割り引くことができます。

割引条件 割引金額
ワイドカード ワイドゴールドカード
年会費 7,830円(税込) 14,040円(税込)
①WEB明細サービス利用 540円割引 1,080円割引
②リボ払いサービス「マイペイす・リボ」の利用
※年1回以上
1,053円割引 3,780円割引
①+②併用時 併用不可 4,860円割引
割引適用後年会費 6,777円(税込)
※②適用時
10,260円(税込)

さらに、ANAカードではポイントとマイルの交換レートをよくするために「10マイルコース」に加入する必要がありますが、ANAワイドゴールドカードは自動加入なので、年会費の詳細をまとめると下記の通りになります。

カード種類 ANAワイドカード
ANAワイドゴールドカード
通常年会費 7,830円(税込) 15,120円(税込)
最大割引後の年会費 6,777円(税込) 10,260円(税込)
10マイル以降手数料 6,480円(税込) 無料
合計年会費
※最安値
13,257円(税込) 10,260円(税込)

ヤバくないですか?だってワンランク下のカードよりも約3,000円ほど年会費が安くなるんですよ。ビックリですよね。

ANAマイル初心者にはプレミアムカードはまだ考えられないと思うので、普通カード、ワイドカード、ワイドゴールドカードのスペックを比べると下記の通りになります。

カード種類 普通カード ワイドカード ANAワイドゴールド
年会費 2,160円(税込) 7,830円(税込) 15,120円(税込)
割引後
※VISA/MasterCardブランド
1,107円(税込) 6,777円(税込) 10,260円(税込)
マイル付与率 1.3~1.39% 1.3~1.39% 1.3~1.48%
特約店でのマイル付与 100円もしくは200円ごとに1マイル
10マイルコース年会費 6,480円(税込) 6,480円(税込) 無料
※自動加入
入会時ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
継続時ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
フライトボーナスマイル +10% +25% +25%
空港ラウンジ × ×
ANAワイドカード共通の特典 ×
  • ビジネスクラス専用チェックイン
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンクサービス
  • 空港免税店での割引(普通カードの2倍の10%OFF)

上記の通り、もし発行するなら絶対に空港ランジも利用できるし年会費も安いし、マイルもザクザク貯まるANA VISA ワイドゴールドカードです。

3-3-2.利用額特典で+0.18%、リボ払いで+0.3%、マイル還元率最大1.48%!

ANA VISA/ MasterCard ワイドゴールドカードは条件クリアでポイントの還元率がアップします。

  • ①リボ払いを利用
    =リボ払いをした月のポイント還元率+0.3%
  • ②利用額のステージボーナス
    =最大+ 0.18%
前年度の年間利用額 ステージ ボーナスポイント ボーナスマイル付与率
50万円以上 V1 50万円利用で+100P
以降10万円毎に20P
0.06%
100万円以上 V2 50万円利用で+150P
以降10万円毎に+30P
0.09%
300万円以上 V3 50万円利用で+300P
以降10万円毎に+60P
0.18%

これらのボーナスでもらえるポイントは1ポイント3マイルに交換できるボーナスポイントというポイントで、5マイルコース、10マイルコースのどちらに加入しているかどうかは関係なく1ポイント3マイルで交換することができます。

つまりANAワイドゴールドカードは最大でマイル付与率1.48%のカードとして利用することができます。

ワンランク下のワイドカードでも同じ特典がありますが、②の利用額ボーナスの最大は+0.09%なのでANA VISA/Master ワイドカードの方が付与率が高くなります。

3-3-3.ゴールドカードのサービスが付帯!

ここまではマイル還元率の内容で、ワイドカードよりもワイドゴールドカードの方が

  • 年会費が約3,000円安くなる
  • 最大還元率が+0.09%高い

というメリットがあるとご紹介しましたが、マイル以外にもワイドカードゴールドの方が優れている点としてゴールドカードのサービスが利用できるというメリットがあります。

その中でも特に大きな違いは空港ラウンジが利用できるか利用できないかの違いです。

ANA  ワイドゴールドカードでは国内の主要空港ラウンジを無料で何度も利用することができます。

年会費も安いし、マイル還元率も高い、空港ラウンジも利用することができるというメリットが揃っているので、選ぶなら迷う必要なく絶対にワイドゴールドカードでしょう。

3-4.電車利用で貯めるなら「ソラチカカード」「ANA Suicaカード」

ANAカードの仲間には『ANA To Me CARD PASMO JCB(通称:ソラチカカード)』と『ANA VISA Suicaカード』という鉄道系の会社と提携して発行しているクレジットカードがあります。

カード種類 ANA To Me CARD PASMO JCB
(通称:ソラチカカード)
ANA Suicaカード
年会費 初年度無料
2年目以降2,160円(税込)
初年度無料
2年目以降2,160円(税込)
マイル付与率
  • 通常0.5%
  • リボ払いで+0.3%
  • 利用額に応じて最大+0.09%
  • 通常0.5%
  • リボ払いで+0.3%
  • 利用額に応じて最大+0.09%
特約店でのマイル付与 100円~200円ごとに1マイル
(マイル付与率+0.5%~1.0%)
100円~200円ごとに1マイル
(マイル付与率+0.5%~1.0%)
10マイルコース年会費 6,480円(税込) 6,480円(税込)
入会時ボーナスマイル 1,000マイル 1,000マイル
継続時ボーナスマイル 1,000マイル 1,000マイル
フライトボーナス +10% +10%
独自メリット
  • PASMO一体型
  • PASMOチャージでポイント
  • PASMO定期券でポイント
  • 東京メトロ乗車でポイント
  • Suica一体型
  • Suicaチャージでポイント

年会費やマイル付与率の仕組みやカードのスペック自体は他のANAカードと同じですが、独自メリットとしてソラチカカードはPASMO一体型で、ANA Suicaカードは Suica一体型というメリットがあります。

つまり、現在PASMOや Suicaを利用している方は普通のANAカードを発行しているのであれば年会費が同じソラチカカードやANA Suicaカードを発行した方が便利です。

独自メリットでゲットできるポイントは下記の通りです。

カード種類 ANA To Me CARD PASMO JCB
(通称:ソラチカカード)
ANA Suicaカード
PASMOもしくは Suicaチャージ 1,000円につき1ポイント
※Oki Dokiポイントが貯まります5マイルコース
→マイル付与率0.5%
10マイルコース
→マイル付与率1.0%
1,000円につき1ポイント
※ワールドプレゼントが貯まります5マイルコース
→マイル付与率0.5%
10マイルコース
→マイル付与率1.0%
東京メトロ乗車ポイント
  • 平日 :1乗車5ポイント
    (5円相当)
  • 土休日
    :1乗車15ポイント
    (15円相当)

100ポイント→90マイル

つまり東京メトロやPASMOを利用している方はソラチカカード、 Suicaを利用している方はANA Suicaカードを利用することで現金で支払っている時にはもらえなかったポイントをがもらえて、それをマイルに交換することができます。

4.3位:dカードGOLD

4-1.ドコモ料金に対して10%のポイント還元!JALマイルに交換できる!

カード名 dカードGOLD
年会費 10,800円(税込)
家族カード 1人目:無料
2人目以降:1,080円(税込)
通常還元率 1.0%
ドコモ料金に対しての還元率 10.0%
JALマイルとの交換レート dポイント5,000ポイント→2,500マイル
交換レート50%

dカードGOLDはドコモ光やドコモケータイの料金に対して10%のポイントがもらえるカードとして有名なクレジットカードです。

例えばドコモのケータイ・スマホを利用していて毎月1万円の支払いをしているのであれば1,000円相当のポイントがゲットできて、1年間だと12,000円相当のポイントをゲットすることができます。

ポイントは50%のレートでJALマイルに交換することができるので、12,000ポイント貯めていれば6,000マイルをゲットすることができます。

家族カードも無料なので、家族と一緒に貯めればさらにマイルをザクザクとマイルを貯めることができます。

4-2.独自特典+ゴールドカード特典が満載!

気になるのは年会費10,800円という点だと思いますが、もちろん年会費以上のメリットはポイント制度以外にもあります。

マイルとは関係ないのでザックリとご紹介しますが、dカードGOLDには下記のような特典が付帯しています。

【dカードGOLDの特典】

  • ドコモ料金に対して10%のポイント還元
  • ドコモケータイ補償最大10万円
  • 年間利用額に応じて最大21,600円分のプレゼント
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 最高5,000万円の国内旅行保険
  • 国内空港ラウンジ無料利用サービス
  • リボ払いサービス利用でポイント還元率50% UP

上記のようなゴールドカードとして立派なサービスが付帯しているので、「マイルを貯めるためのサブカード」というよりはdカードGOLDだけでメインカードとして活躍させることができます。

特にドコモユーザーであれば絶対に一枚持っておくべき!ポイントが10%もらえるし、ケータイ補償サービスも最大10万円分が付帯しているのでケータイの有料オプション保険サービスを利用しなくてもOKになります。

5.4位:SPGアメックス

5-1.SPGアメックスで貯めたポイントはJALマイルにもANAマイルにも交換できる!

カード名 SPGアメックスカード
(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)
年会費 33,480円(税込)
家族カード 16,740円(税込)
ポイント名 スターポイント
通常還元率 1.0%
SPG系列のホテル宿泊時 2.0%
提携航空会社 30社以上
マイルとの交換レート 100%
※航空会社によって異なる

SPGアメックスカードというクレジットカードはSPGという世界100カ国に1,300以上展開する大手ホテルチェーンとアメックスが提携して発行しているカードです。

高級ホテルと提携しているだけあって、SPGアメックスカードで交換できるマイルの幅広さと交換レートの良さはマイラーとしては見逃せないものがあります。

まずSPGアメックスカードで貯まるポイントと貯め方をご紹介すると下記の通りです。

貯め方 貯まるポイント
カード通常利用 100円あたり3ポイント
(ポイント還元率3%)
SPG/マリオットホテル利用時 100円あたり6ポイント
(ポイント還元率6%)
公式サイトでの購入 17.5米ドルで500ポイント

2018年8月からポイント還元率が変化しましたが、ポイント自体の価値は変わってないのでスルーでOKです。

これらの貯め方で貯めたスターポイントの使い道は下記のような使い方があります。

  • 30社以上の航空会社のマイルへの移行(JAL・ANAもOK)
  • マリオットリワードポイントへの交換
  • スターウッドホテル&リゾートのホテルに無料宿泊
  • 5連泊分の無料宿泊特典利用で5泊目が無料
  • 部屋のアップグレード
  • キャッシュ&ポイント(現金+ポイントで宿泊・アップグレード)
  • インスタントアワード(マッサージやディナーなどの各種ホテルサービス)
  • 150社以上の航空会社のフライトに搭乗可能
  • ナイト&フライト(無料宿泊5泊分と50,000マイルへと同時に交換なさると、最大20,000スターポイントの割引)
  • シーザーズエンターテインメントホテルの宿泊(Caesars Total Rewardsとのアカウントリンクが必要)
  • 正規料金の50%割引
  • アムトラックゲストリワードへ移行
  • エイビス、シクストのレンタカー券
  • SPGモーメンツ(会員限定のシェフズテーブル、レッドカーペットプレミア、アーティストとの交流会などのイベント)
  • Amazon.com等のギフトカード
  • ブロードウェイのショーのチケット

かなり使い道が豊富ですよね。

この中からピックアップしてマイルへの交換をご紹介すると、SPGアメックスカードで貯めるスターポイントは30社以上のマイルに交換することができます。

しかも交換レートがよく、概ね1対1として交換することができます。交換できる航空会社とマイルの交換レートは下記の通りです。

提携先マイルと交換レート
提携先 交換レート
(スターポイント:マイル)
ANAマイレージクラブ(全日空) 1対1
日本航空(JAL)マイレージバンク 1対1
エーゲ航空 1対1
アエロメヒコクラブプレミア 1対1
アエロプラン/エアカナダ航空 1対1
エアベルリン 1対1
中国国際航空コンパニオン 1対1
ニュージーランド航空&エアポインツ 65対1
アラスカ航空マイレージプラン 1対1
アリタリア航空ミッレミリア 1対1
アメリカン航空アドバンテージ 1対1
エアアジアマイル 1対1
アシアナ航空 1対1
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ 1対1
中国東方航空 1対1
中国南方航空スカイパールクラブ 1対1
デルタ航空スカイマイル 1対1
エミレイツスカイワーズ 1対1
エティハド航空 1対1
フライングブルー 1対1
Golスマイル 2対1
海南航空 1対1
ハワイアン航空 1対1
ラン航空ランパスキロメートル 1対1.5
ジェットエアウェイズ 1対1
大韓航空 1対1
マイルズ&モア 1対1
カタール航空 1対1
サウジアラビア航空 1対1
シンガポール航空クリスフライヤー 1対1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス 1対1
ユナイテッドマイレージプラス 2対1
フライングクラブ(ヴァージンアトランティック航空) 1対1
ヴァージンオーストラリア 1対1

日本の航空会社でいうと、ANAとJALには1対1(100%)のレートで交換できるうえ、移行手数料も無料です!

5-1-1.6万ポイントを一気に交換すると15,000ポイントがもらえる!

SPGアメックスカードのマイル付与率は通常1.0%なので、100円で1マイルが貯まるとイメージしていただければOKです。

ANAカードで例えるならSPGアメックスカードは常に10マイルコースに加入している感じですね。

  • ANAカード(別途年会費で10マイルコース加入)
    =1,000円で10マイル
  • SPGアメックスカード(1対1のレートのマイルと交換した場合)
    =1,000円で10マイル

という感じになります。

しかし、SPGアメックスカードではマイル交換時に6万スターポイントを一気に交換すると、15,000スターポイントのボーナスポイントをもらうことができます。

なので、スターポイントを6万ポイント以上貯めて交換することで、SPGアメックスカードのマイル付与率は1.25%になり、100円ごとに1.25マイルがゲットできるカードとして利用することができます。

2018年8月から1ポイントが3ポイントになったにも関わらずポイント自体の価値が変わってないというややこしい改変はありましたが、これまで通りに使っても便利にマイルを貯められるカードであることは間違いありません。

5-2.毎年高級ホテルのペア宿泊券がもらえる!

SPGアメックスカードではカード継続時に提携ホテルに1泊2日、ペアで宿泊できる無料宿泊特典をもらうことができます。

しかも!

2018年8月からはSPG系列のホテルに加えて、高級ホテル『マリオット・リワード』でもこの無料宿泊特典が利用できるようになりました!

ざっと無料宿泊特典の概要をまとめると下記の通りになります。

【無料宿泊特典の概要】

  • 1泊2名まで利用可能
  • 世界各地の1,400軒以上の高級ホテルで利用可能
  • GW、年末年始などでも除外日なしで利用可能
  • 有効期限は13ヶ月
  • 泊まれるホテルはカテゴリー1~6まで

上記の通りのルールで利用することができます。

実はこの特典が強烈すぎて使い方によっては無料宿泊特典だけでSPGアメックスカードの年会費の元が取れてしまいます。

日本で利用できるホテルは全18ホテルで、ホテルとホテルの通常料金の一例としては下記のようになっています。

無料宿泊特典が利用できる国内ホテル一覧
カテゴリー ホテル名 平日の相場 土日祝日の相場
4 キロロ トリビュート ポートフォリオホテル 北海道
9,000円
〜12,000円
14,000円
〜43,000円
※12/31~1/1利用時
フォーポイント バイシェラトン函館
8,000円
〜13,000円
12,000円
〜28,000円
シェラトン都ホテル大阪
16,000円
〜17,000円
18,000円
〜33,000円
シェラトングランド ホテル広島
17,000円
〜28,000円
23,000円
〜35,000円
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
16,000円
〜20,000円
18,000円
〜30,000円
5 シェラトン北海道 キロロリゾート
10,000円
〜16,000円
11,000円
〜56,000円
※12/31~1/1利用時
ウェスティンホテル仙台
17,000円
〜18,000円
17,000円
〜22,000円
シェラトン都ホテル東京
20,000円
〜23,000円
23,000円
〜26,000円
横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
21,000円
〜22,000円
23,000円
〜33,000円
ウェスティンホテル大阪
22,000円
〜25,000円
30,000円
〜42,000円
ウェスティン都ホテル京都
20,000円
〜22,000円
35,000円
〜45,000円
神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ
11,000円
〜13,000円
28,000円
〜35,000円
ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス
14,000円
〜20,000円
26,000円
〜35,000円
6 ウェスティン ルスツリゾート
16,000円
〜25,000円
30,000円
〜46,000円
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
17,000円
〜24,000円
36,000円
〜70,000円
ウェスティンホテル東京
30,000円
〜32,000円
35,000円
〜65,000円
シェラトン沖縄・サンマリーナリゾート
20,000円
〜22,000円
30,000円
〜93,000円
※12/31~1/1利用時

上記のように、1泊が9万円だったとしてもSPGアメックスカードの無料宿泊特典で0円で泊まれるという強烈な特典です。

もちろんこの他にも海外旅行保険や空港ラウンジ無料利用特典などのトラベルサービスも多く付帯しているので、マイルを貯めると同時にホテルにも無料で泊まれるので旅行好きな方にはたまらないクレジットカードです。

6.5位:アメックスカード

6-1.入会キャンペーンを狙って一気にマイルを貯める

最後にご紹介するのはトラベルカードの代名詞であるアメックスカードです。

アメックスカードも他のカード同様に入会キャンペーンでポイントを大量ゲットして、それをマイルに交換するという方法によって大量にマイルをゲットすることができます。

入会キャンペーンはどこから入会するかでもらえるポイント数が異なりますが、一番メジャーな方法として公式サイトからの入会とネットショップのAmazonからの入会で比べてみましょう。

※2018年8月現在の入会キャンペーンです。

【アメックスグリーンカード】
申し込みサイト 【Amazon公式サイト】 【アメックス公式サイト】
条件・内容 条件 特典内容 条件 特典内容
申し込み期限 2018年11月30日(金)までにお申し込み 2018年10月2日(火) までにお申し込み
特典① Amazonから申し込み 初年度年会費無料
(12,960円円が無料)
入会後3ヶ月以内、合計30万円以上のカードご利用 メンバーシップ・リワード3,000ボーナスポイント
特典② 入会後3ヶ月以内、合計15万円以上のカードご利用 Amazonギフト券10,000円分 入会後3ヶ月以内、合計20万円以上のカードご利用 メンバーシップ・リワード5,000ボーナスポイント
特典③ 入会後3ヶ月以内、合計30万円以上のカードご利用 メンバーシップ・リワード15,000ボーナスポイント 入会後6ヶ月以内、合計50万円以上のカードご利用 メンバーシップ・リワード5,000ボーナスポイント
特典④ 2年目のカードご継続 Amazonギフト券5,000円分 特典③の利用時の通常ポイント 5,000ポイント
合計 最大2万7,960円相当の得
+15,000マイル分のポイント
最大18,000マイル分のポイント
【アメックスゴールドカード】
申し込みサイト 【Amazon公式サイト】 【アメックス公式サイト】
条件・内容 条件 特典内容 条件 特典内容
申し込み期限 2018年11月30日(金)までにお申し込み 2018年10月2日(火) までにお申し込み
特典① Amazonから申し込み 初年度年会費無料
(31,320円が無料)
入会後3ヶ月以内、合計30万円以上のカードご利用 メンバーシップ・リワード3,000ボーナスポイント
特典② 入会後3ヶ月以内、合計30万円以上のカードご利用 Amazonギフト券20,000円分 入会後3ヶ月以内、合計40万円以上のカードご利用 メンバーシップ・リワード16,000ボーナスポイント
特典③ 入会後3ヶ月以内、合計60万円以上のカードご利用 メンバーシップ・リワード40,000ボーナスポイント 入会後6ヶ月以内、合計80万円以上のカードご利用 メンバーシップ・リワード18,000ボーナスポイント
特典④ 2年目のカードご継続 Amazonギフト券5,000円分 特典③の利用時の通常ポイント 8,000ポイント
合計 最大5万6,320円相当の得
+40,000マイル分のポイント
最大45,000マイル分のポイント

上記を比べてもわかる通り、公式サイトから入会するよりも、Amazonから入会する方がお得になるケースが多くなっています。

マイルを貯めたいのであれば公式サイトからの入会の方が貯めやすいですが、総合的なお得さでいうとAmazonが優勢です。

ちなみにアメックスカードで貯まる『メンバーシップリワード』というポイントは年会費3,240円を支払うことでマイルなどとの交換レートがよくなるので、別途年会費を支払うことを前提をすれば初年度年会費無料になるAmazonで入会した方がいいでしょう。

ジャンル 名称 メンバーシップ・リワード・プラス
加入 未加入
マイル移行 提携航空会社のマイル 1000→1000 2000→1000

アメックスカードで交換できる提携マイルは下記の通りです。

航空連盟 航空会社名
スターアライアンス ANA、シンガポール航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空
ワンワールド キャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空プリヴィレッジクラブ
スカイチーム デルタ航空、フライング・ブルー(エールフランス航空・KLMオランダ航空)、アリタリア-イタリア航空、チャイナエアライン
なし ヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空

ちなみにANAのみ5,400円(税込)の参加登録費が別途かかりANAマイルへのポイント移行は、年間80,000マイルが上限です。

6-2.ボーナスポイント・パートナーズで最大マイル付与率10%!

アメックスカードのポイント還元率は下記の通りです。

カード種類 アメックスグリーン アメックスゴールド
通常還元率 1.0% 1.0%
加盟店 2.0%~10.0% 2.0%~10.0%
マイル移行手数料
  • ANA
    8,640円(税込み)
  • ANA以外
    3,240円(税込み)
マイル交換レート
  •  ANA
    =1対1
  • ANA以外
    =1対0.8

マイル還元率は特別良いと言うわけではありません。

しかしアメックスの提携店では100円あたり2ポイント、3ポイント、5ポイント、10ポイントの4種類の貯まり方があり、これらのボーナスポイントがもらえる店舗を『ボーナスポイント・パートナーズ』と呼んでいます。

加盟店には下記のような店舗があります。

店舗名 ポイント倍率 マイル付与率
高島屋オンラインストア 2倍 2%
Oisix (おいしっくす) 2倍 2%
アルマーニ リストランテ銀座 2倍 2%
ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 2倍 2%
アイシティ 渋谷駅前・新宿・池袋店 5倍 5%
FLYMEe (フライミー) 5倍 5%
たかの友梨ビューティクリニック 2倍 2%
Z会通信教育 2倍 2%
神戸牛懐石511 3倍 3%
HIGASHI-YAMA Tokyo 2倍 2%

アメックスカードでマイルをザクザク貯めたい方には必須のサービスでしょう。

6-2.旅行中にも大活躍する至高のトラベルサービス!

これは言うまでもありませんが、アメックスカードにはトラベルサービスが充実しています。

アメックスグリーンとゴールドに付帯しているトラベルサービスをザッとご紹介すると、カードの特典として下記のトラベルサービスを利用することができます。

カード種類 アメックスグリーン アメックスゴールド
税抜年会費(本会員) 12,960円 31,320円
税抜年会費(家族会員) 6,480円 1人目無料
2人目以降12,960円
死亡・後遺障害(海外旅行保険) 5,000万円 利用:1億円
自動:5,000万円
航空便遅延費用補償(海外旅行)
キャンセル・プロテクション
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク 平日のみ 土曜の10~14時も可
海外旅行先での日本語サポート グローバル・ホットライン
(海外旅行中の緊急時に相談)
オーバーシーズ・アシスト
(海外旅行中の緊急時に相談・手配)
空港ラウンジ 国内28空港39ヵ所
海外2空港3ヵ所
国内28空港39ヵ所
海外2空港3ヵ所
プライオリティパスの利用料金 有料 年2回まで無料
空港手荷物無料宅配
無料ポーターサービス
空港クロークサービス
エアポート送迎サービス
空港パーキング
エクスペディア優待
一休.com優待特典
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン
日本旅行特選の宿が5%off
H.I.S.限定特典

ゴールドカードではプライオリティ・パスが一部利用できて世界中のラウンジが年2回利用できるのが特徴ですね。

上記のようにアメックスカードはマイルも貯まり、トラベルサービスも充実しているので“貯める”と”使う”の両方ができるメインカードとして使えるクレジットカードです。

7.最後に

長くなりましたが、もう一度おさらいするとまずマイラーの基本としてはANAマイルとJALマイルの特徴を理解することです。

特徴 直接マイルが貯まる
(JALカード)
交換でマイルが貯まる
(ANAカード)
メリット
  • 交換する手間が不要
  • 交換手数料がない
  • ポイントごとの使い道が豊富
    (マイル以外にも使える)
  • マイルに交換したら有効期限が延長される
デメリット
  • 有効期限が短い
  • 使い道が限られる
  • 交換を申し込む手間がある
  • 移行手数料がかかる
  • マイルで航空券が予約しずら
    ※ユーザーが多いため
最低必要マイル 6,000マイルから 5,000マイルから

ANA カードでは移行手数料が発生するものの、交換するときだけ入会すればOKです。

一方でJALカードでは直接マイル貯まり、がっつりマイルを貯めたいなら『ショッピングマイルプレミアム』に常時加入している必要があります。

ここで「う〜ん・・・どっちにしようかな・・・」と迷うかもしれませんが、この記事でご紹介した通り

  • JALマイルを貯める
    =JAL CLUB-Aカード
  • ANAマイルを貯める
    =ANA VISA/Master ワイドカード

を発行しておけば間違いありません。

むしろこの2枚はマイラーとして必携と言っても過言ではないカードで、マイルを大量に貯めるためには避けては通れないでしょう。

マイルはコツコツ貯めるて、気付いた時に「あ!旅行に行けるくらいに貯まってる!」と言う感じで使うものなので取り合えず試しに気になるカードを発行してみましょう。