三越伊勢丹グループの利用で最大のお得を享受できるMIカード。

三越や伊勢丹でよく買い物をする人はもちろん、そのほかのショッピングでもポイントを貯めることができ、貯めたポイントはマイルや他の提携先ポイントへ交換することも可能です。

そんなMIカード、メインのクレジットカードとして利用する時に気になるのが「利用限度額」です。

MIカードの利用限度額は一体いくらに設定されているのでしょう?

また、もしも利用限度額を超えたらどうなってしまうのでしょうか。

この記事では、MIカードの利用限度額を確認すると共に、必要に応じて限度額の変更手続きをする方法についてまとめています。

利用限度額を引き上げることのメリットとデメリットも合わせて参考にしてみてくださいね。

 

MIカードの限度額はいくらに設定されてることが多い?自分のMIカードの利用限度額を確認する方法

MIカードの利用限度額はいくら?

MIカードの利用限度額は、このようになっています。

  • ショッピング:最低5万円〜
  • キャッシング:最低0万円〜最大50万円

ショッピングの利用限度額が最大でいくらかというのは公式には明記されていませんが、利用者の口コミによると100万円という人もいます。

MIカードゴールドの場合は300万円以上という人もいました。

しかし利用限度額の金額はその人の社会的信用度やクレヒス、支払い能力(年収の大小や安定性など)によってかなり差があります。

利用限度額を確認するには

それではあなたのMIカードの利用限度額を確認してみましょう。

「Webエムアイカード会員サイト」にログインすることですぐに確認できますよ!

手順はこのようになっています。

  1. 会員サイトへログイン
  2. 「利用可能枠照会」を選択
    ※「利用可能枠」と「利用残高」と「利用可能額」という3つの項目があることにご注意ください。

「利用可能枠」はMIカード入会時に設定された”最大で利用出来る金額”です。

「利用残高」は、”これまでの利用分で、まだ引き落としが終わっていない分の金額”です。

「利用可能額」というのは、利用可能枠から利用残高を差し引いた”今現在利用出来る金額”です。

ショッピングとキャッシングとそれぞれに利用限度額が設定されているので、それぞれに確認しておきましょう!

MIカードの限度額は1ヶ月間ごとじゃないの?ギリギリの状態だけどいつになったら使えるようになる?

ここでちょっと気になることがあります。

利用限度額を「1ヶ月ごとに利用出来る金額」だと思っていませんか?

これは実際によくある勘違いで、実はまったく違います!

MIカードの締め日は毎月5日に設定されているため、「前月6日〜当月5日」が1ヶ月分の利用ということになりますが、たとえば10月6日〜11月5日の期間に最大の利用限度額20万円を利用したとして、11月6日以降に再度20万円が使えるようになるということではないのです。

また20万円まで利用できるようにするには、その引き落としが終わらなければなりません。

ちなみに引き落としは26日(一部金融機関は27日)となっています。

引き落としされてもMIカードの限度額ギリギリなのはリボ払いが原因!

26日または27日の引き落とし日を過ぎても「利用限度額が元に戻らない」という場合は、もしかすると銀行口座に十分な残高がなく引き落としができていなかったかもしれません。

しかし考えられる理由はもうひとつあります。

MIカードを利用した中に「リボ払い」で支払っているものはないでしょうか?

たとえば20万円のショッピングだとしても、リボ払いで月々2万円ずつの支払いというように設定している場合は、毎月引き落とし日を迎えるごとに”2万円ずつしか利用残高が減っていかない”ということになります。

すると利用限度額も”1ヶ月に2万円ずつしか増えていかない(元に戻らない)”ということになるのです。

これでは、「なかなか限度額が元に戻らない…」と感じてしまうのも無理はありませんね。

もしも「また利用限度額いっぱいまで利用したい!」という場合は、引き落としまで待たなくても「繰り上げ返済」や「リボ支払いコース変更」(リボ払い金額変更)などを利用して支払いを早めに済ませてしまうことも可能なのです。

繰り上げ返済はMIカードの指定口座への振り込みとなるため、電話での申し込みが必要です。

支払いコースの変更は、電話でもオンライン(ログインするのはこちらから)でも可能です。

電話窓口はこちらです。

オペレーターと話をする必要があるので、オペレーター対応時間の「午前10時〜午後6時」に連絡できるようにしましょう。

MIカードは限度額を超えても少しならカード利用できる?

それでは限度額を超えるとどうなるのでしょうか?

「少しなら大丈夫かも」と考えたいところですが、それはできないことになっています。

利用限度額を超えた時点でMIカードは利用できなくなります。

もしも突然「MIカードが使えなくなった!」というような時は、限度額をオーバーしている可能性があります。

また、利用した店舗やサービスによっては利用データが重複して反映されてしまい、限度額がオーバーしてしまうという事例もあるようです。

「おかしいな」と思ったらMIカードの会員サイトや電話窓口にて、利用履歴や利用残高を確認しましょう。

限度額ギリギリまで使いがち…限度額の引き上げを検討してみよう!限度額引き上げのメリット

利用限度額ギリギリまで使うことが多いという人は、限度額の引き上げを検討してみましょう。

限度額を引き上げることでいろいろなメリットがあります。

カードの一時利用停止で困る心配がない

利用限度額を引き上げることによって、前項で触れたような限度額オーバーによる「一時的な利用停止」を避けることができます。

クレジットカードのメリットは、「現金がすぐに用意できない時でも先払いできる」という点です。

しかし利用限度額ギリギリまで利用してしまうことで、急にまとまったお金や大きな買い物が必要になったとしても対処することができません。

利用限度額は余裕をもたせて設定しておくことをおすすめします!

メインのクレジットカードとして利用を集約できる

利用限度額を引き上げることによって、これまでよりもたくさんMIカードを利用することができます。

いろいろな場面で利用する機会が増え、ポイントを貯めることもできますよね。

今現在、いろいろなクレジットカードで支払いを分散させているという人は、MIカード一枚に集約してみるのも良いのではないかと思います。

一時的に限度額を引き上げることもできる

「限度額は引き上げる必要はないけど、今月だけ多めに使いたい」という人もいますよね。

そんな人は、一時的に(1ヶ月間の期間限定)引き上げをすることも可能です。

たとえば海外旅行や結婚式、引っ越しなどでいつもより大幅に利用が増えそうな時には、こちらが便利です。

手順はこのようになります。

  1. 会員サイトへログイン
  2. 「カード利用額の増額お申し込み」メニューから申し込み
  3. 翌日以降、登録してある電話番号へ審査結果の連絡がくる

※一時的引き上げの利用は「ショッピング一括払い」のみの対応となっています。

限度額を引き上げるデメリット

利用限度額の引き上げには、メリットがあるのと同様に、デメリットもあります。
こちらも確認しておきましょう。

限度額の引き上げに審査が必要

利用限度額の引き上げには、入会審査のときと同じような審査が必要になります。

利用者の社会的信用度やクレヒスなどから、「限度額を引き上げても問題なく支払いができるだろうか」という点が審査されることとなります。

この審査には1〜2週間がかかり、その後郵送にて審査結果が通知されます。

限度額の引き上げを申請したとしても”限度額が必ず上がる”というわけではありません。

その結果を知るまでに長くて2週間以上かかってしまいますので、「今すぐにでもお金が必要!」という場合には他の方法を考えた方が良いかもしれません。

もしくは早めの申請をしておきましょう!

使いすぎにならないように注意

利用限度額が上がると、当然ながら利用出来る金額が増えます。

そうするとついつい使いすぎてしまうということもあるでしょう。

限度額を引き上げても確実に支払いができるのであれば問題ありませんが、少なくとも新しい支払いペースに慣れるまでは、「今どのくらい利用しているか」を意識しておけると良いですね。

MIカードの利用限度額を変更する方法

それでは実際に、MIカードの利用限度額を引き上げる(変更する)方法をご紹介します。

手順はこのようになっています。

  1. MIカード会員サイトへログイン
  2. 「カード利用額の増額お申込み」メニューより申し込み
  3. 1~2週間程度で書面にて審査結果が郵送されてくる

審査に通るかどうかは、”希望する限度額にして支払えるかどうか”が重要になってきます。

希望する利用限度額を希望する最低限の金額にしておくことで、審査に通る可能性が上がります。(どうしても引き上げたいという人は試してみてください。)

最後に

MIカードの利用限度額についてご紹介しました。

利用限度額の確認や変更は、MIカードの会員サイトもしくは電話窓口で手続き可能です。

利用限度額をオーバーしてしまうと、その引き落としや支払いが終わるまではカードが使えない状態になってしまいます。

MIカードの引き落としは毎月26日か27日です。

利用残高の引き落としが無事にできれば、そのデータが反映され次第、利用限度額は元に戻ります。
ただしそれは「一括払い」の場合です。

もしもリボ払いを利用している場合は、引き落としが終わった利用残高の分だけ、利用限度額が増える(元に戻る)ということになります。

利用限度額を最大まで戻したいという場合は、毎月の引き落としを待たなくても「繰り上げ返済」や「リボ支払いコース変更」などで早めに利用残高を減らすことができますよ。

いつも限度額ギリギリまで使いがちだという人は、急な出費などにも備えて、利用限度額を引き上げておくことをおすすめします。

限度額引き上げには審査があり、長い場合は2週間かかります。

引き上げの申し込みは余裕をもって行っておきましょう。