メルカリを利用していて「専用ページ」という言葉を目にしたことはありますか?

今回はその「専用ページ」とはどんなもので、メルカリの利用規約に反していないのか、など詳しく解説していきたいと思います。

メルカリの専用ページは禁止されておりません!専用ページを作る意味

メルカリでは「専用ページ」や「取り置き」と書かれている商品が出品されています。これらについて、一体何のこと?買ってはいけないのかな?と疑問に思っている方も多いでしょう。

「専用ページ」や「取り置き」といった商品が出品されている理由はメルカリのシステムにあります。メルカリは早い者勝ちで、購入ボタンを押せば誰でも購入できてしまうシステムになっています。

もし取引メッセージで「購入したいのですが、明日まで取り置きしてもらえませんか?」と言われて承諾しても、他の人が先に購入ボタンを押してしまえばその約束は無効になってしまいます。そこで「○○様専用」といったタイトルで出品することで、他の人が先に購入してしまうことを防いでいます。

例えば、上の画像のように取引メッセージ上でやり取りが交わされます。お互いに了承したら専用ページを作るという流れになっています。

専用ページを作るメリット

そもそも専用ページを作る意味ってあるの?と思われる方もいるでしょう。専用ページを作ることは出品者にとっても購入者にとってもメリットになることがあるのです。

取り置きを依頼する購入者によくあるのが以下の理由です。

  • 取引中の売上金が計上されてからその売上金を使って購入したいので、取引が完了するまで待ってほしい
  • ○日が給料日なのでそれまで取り置きしてほしい

出品者にとっても、なかなか売れない商品は少し待ってでも購入してもらえるなら有り難いと考える人もいるでしょう。この場合、専用ページを作ることはお互いにメリットのある合理的な取引と言えます。

しかしこれは、購入者がきちんと誠意を持って対応してくれる場合に限られます。その理由を次にご説明します。

 

専用ページを作る前に注意すべきこととは?

専用ページにすることでのメリットをご説明しましたが、その反面でいくつかのトラブルも起こり得ます。そのデメリットを理解した上で取引を進めるようにしましょう。

専用ページにしたのに連絡がとれない

専用ページを作ることで出品者側の最大のリスクとして考えられるのが無断キャンセルです。

メルカリはさまざまな人が利用しているので、丁寧な人もいれば残念ながら悪質な利用者もいるのが現実です。約束の日になっても購入されず、メッセージを送っても一向に返事が返ってこないといった事態が起こり得ます。

それを防ぐためできることは、まず専用ページを作る前に相手の評価を確認することが大切です。相手の評価に「悪い」がたくさんあったり、「悪い」評価の内容が「連絡がなかなか取れない」「購入後にキャンセルされた」といった内容であれば特に注意が必要です。

すぐにたくさんの「いいね!」がつくような注目度の高い商品は、専用ページを作らなくても他の人が買ってくれる可能性が高いです。さらに、何人かの購入希望者がいたのに、最初にメッセージをくれたからと良心で専用にしてあげた挙句、キャンセルされたとなれば残念でなりません。

そのため、専用ページを作るときはしっかり相手の対応や評価を見極めることが必要です。また、メッセージで「必ずキャンセルしないと約束していただけますか?」と念を押しておくことも必要です。

こういったリスクを背負いたくない人は、専用ページを作るのは控えたほうが得策でしょう。

口約束はトラブルのもと

取引メッセージ上で「取り置きしてください」「いいですよ」といった口約束だけでは、先述のとおり他の人が先に購入してしまうことがあります。

そうなると、出品者からすれば売れたことに変わりないので損にはなりませんが、先にメッセージでやり取りをしていた購入者から「こちらが先だったのに納得いきません」と言われる可能性もあります。

そうならない為にも専用ページというものが存在しているのですが、出品するときは「いきなり購入せず、必ずメッセージで購入意思をご連絡ください」といった内容をプロフィールや商品説明欄にも記載しておくと、事前にメッセージをくれた購入希望者の評価をチェックすることもでき、トラブルを減らすことができるでしょう。

しかし、中にはそれを無視していきなり購入してしまうユーザーもいるので完全ではありません。あくまでも一つの対策として実行してみてください。

 

専用ページは自己責任で

もしトラブルになったとしても、メルカリ事務局ではよほど大きな問題に発展しないかぎりユーザー同士の口論に対応してくれません。

つまり、先に取り置きを希望していた人がいるので、購入した人をキャンセルしてほしいと言ってもそれはできないのです。すべては早い者勝ちになるので、そうなる可能性もお互いに理解した上で専用ページを作ることが大前提です。

画像を変更しておく

専用ページを作るときに、そのままの商品画像ではなくモザイクをかけたり全く関係のない画像に変更しておくと他のユーザーはどんな商品か確認することができないので先に購入されてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

このような画像処理をして、取り置きした相手にだけ分かるようにしておくと安心です。また、値段も¥9,999,999に変更しておくと購入される心配がなく安心です。購入予定者から「今から購入します」と連絡が入ってから元の値段に戻すようにしましょう。

 

コメントで専用ページを作ってほしいと要求された…メルカリ専用ページの作成は規約で禁止されてる?

専用ページを作ることに関して、メルカリの規約違反にはならないのでしょうか?

メルカリのガイドを確認してみると、規約として禁止されてはいないことが分かります。しかし、専用ページを巡ってのトラブルが多数起きているようで、最近では取り締まりが強化されているようです。

最近は専用出品は削除されるようです。 削除されないのもあります。一律削除ではないようですね。メルカリボックス
中身が分からないものや通報で事務局から削除されるみたいですね。メルカリボックス

メルカリでは違反出品のパトロールが行われていて該当するものは削除されてしまいますが、専用ページでの出品に関しては公式に禁止されてはいないものの、他のユーザーからの通報があり削除されたという事例も上がっています。度重なる削除はアカウント停止処分を受けることもあるので、肝に銘じておきましょう。

 

メルカリの専用ページの作り方

ここでは専用ページの作り方をご紹介していきます。専用ページと言っても、特別決まったフォーマットがあるわけではありません。誰へ向けた商品なのかが分かれば大丈夫です。

既存の商品ページを編集する場合

専用ページの作り方は主に2通りあります。まず、既存の出品ページをそのまま専用に変更する方法です。以下のように商品の編集ページへ移動してタイトルなどを変更します。

このように、タイトルを「○○様専用」と変更し、商品説明欄に「○月○日までお取り置き」などの詳細を記載しておきましょう。専用ページを作ったら取引メッセージから相手に専用にした旨を伝えれば完了です。

新たに専用出品する場合

新規の出品ページから専用出品するという方法もあります。既存ページの編集と同様に、タイトルや商品説明欄に専用出品と分かるように記載しましょう。

出品したら、相手に新たに専用出品した旨を伝えて自身の出品一覧から見つけてもらいましょう。このとき、既存の商品ページは公開停止にしておかないと二重購入のトラブルが起きる可能性があるので注意しましょう。

ご紹介はしましたが、この方法の場合だと相手に商品を探してもらったり、公開停止にする手間がかかるので、既存の商品ページを編集する方法が簡単でおすすめです。

 

専用ページを作ってほしいとコメント来たけど断りたい…どうやって断ればいい?例文まとめ

専用ページを作るとリスクも背負うことになるのでできるだけ穏便に断りたいといった場合、どのように断るのが良いでしょうか?いくつかの例文をご紹介していきます。

「専用にしてください」と言われて断るときの例文

「コメントをいただきありがとうございます。大変申し訳ありませんが、専用ページの対応はお断りしておりますので、ご購入いただける場合はそのまま購入手続きへと進んでいただければ幸いです。ご縁がありました際はよろしくお願いいたします。」

このように、丁寧に謝罪を入れつつもはっきりと対応していない事を伝えれば問題ありません。

断りづらいからといって低姿勢になりすぎても相手も諦めてくれない場合がありますし、「無理です」とストレートに突き返しても印象が悪くなってしまうので気をつけましょう。

「取り置きできませんか?」と言われて断るときの例文

「コメントをいただきありがとうございます。大変申し訳ありませんが、お取り置きには対応しておりません。もしご希望日まで商品が残っていた際には、ぜひご購入いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。」

基本は専用ページを断るときと同じです。希望の日まで残っていたらぜひ購入してほしい、ということを伝えるのがポイントです。

専用ページ・取り置きどちらも断るときの例文

専用ページと取り置き、どちらも商品をキープする意味で変わりはありませんが、稀に「専用にしてもらえませんか?無理なら○日まで取り置きしてくれませんか?」と二重で頼まれることもあります。

そういった場合も丁寧にどちらも対応できないことを伝えましょう。

「コメントをいただきありがとうございます。大変申し訳ありませんが、専用出品やお取り置きは全てお断りしております。ご購入いただけるタイミングになりましたらぜひよろしくお願いいたします。」

専用ページの作成や取り置きを断ることは決して違反ではありませんし、ユーザー独自で作られた暗黙のルールのようなものなので、断りたいときははっきりその意思を伝えるようにしましょう。メルカリのガイドでも以下のような案内がされています。

断りたいときはぜひご紹介した例文を参考に、パターンによって自己流にアレンジしてみてください。

プロフィールページに記載する

そもそも専用ページの作成を依頼されない為に、プロフィールや商品説明欄に最初から記載しておくのも一つの手段です。

ご覧いただきありがとうございます。 専用出品やお取り置きの対応はお断りしておりますのでご了承ください。

この一文を最初から記載しておくだけでも防止に繋がるので、都度断るのも気が引けるという人はぜひこの方法を試してみてください。

 

最後に。専用ページについてのまとめ

最後にメルカリでの専用ページについて説明した内容をまとめると、

  • 専用ページとは、ある特定のユーザーに対して商品を取り置くこと
  • 専用ページは禁止行為ではないが、削除される場合がある
  • 専用ページでのトラブルは自己責任で解決すること
  • 専用ページを作るときは他の人が購入できないよう画像や値段を編集する
  • 専用ページの作成を断りたいときははっきりと丁寧に伝えること

これらのことを踏まえて、メリットのある取引ができるよう必要に応じて専用ページも上手に活用していきましょう。

 

嫁と0歳の娘と暮らす26歳のクレジットカード専門家でポイ活のプロ(自称)。これまでに累計25枚以上のクレカを発行。クレジットカードやポイントサイトを利用した”ポイ活”が大好き。貯めたポイントやマイルを宿泊費や飛行機代に使って完全無料の家族旅行によく行く。

これからポイ活を始めたい人向けの”ポイ活本”を執筆。2019年5月20日に全国書店&Amazonなどオンラインショップで発売中。 → Amazonで購入する