ラグジュアリーカードのチタンカードはその名前の通り、カード自体が金属で作られています。

まずこの時点で支払う時にレジで驚かれるでしょう。

何故なら日本に金属製のクレジットカードはアメックス・センチュリオンカードしかなかったかです。

ラグジュアリーカードはアメリカの会社が2007年から発行しているクレジットカードとしては比較的新しいカードです。

しかし、そのサービスは折り紙付きで、日本で初めてMasterCardの最上級クラス「ワールド・エリート」の資格が付与されているクレジットカードです。※詳細は後ほどご紹介します。

比較的新しいカードだからこそ「何それ?」と思う方も多いのではないでしょうか。

ラグジュアリーカード自体も他の高級指向のクレジットカードとは差別化をはかるため、独自サービスを提供しているのでラグジュアリーカードのサービスを把握するには自分で調べることが必須になっています。

この記事では他のサイトではざっくりとしか紹介されていない部分も含めガッツリと詳細にご紹介していきます。

1.ラグジュアリーカード(TITANIUM)の特徴スペック一覧表

提携ブランド MasterCard
支払日 毎月5締め、翌月27日払い
年会費 50,000円+消費税
ポイント名称 Industry-Leading Rewards
ポイント還元率 【国内】
1,000円ごとに1ポイント
1ポイント=5円相当
還元率0.5%
【海外】
国内の2倍
還元率1.0%
ポイント有効期限 最大5年間
ポイント優遇対象サービス ・アプラスモール
ネットショッピングでボーナスポイント
ポイントの提携
利用可能最低ポイント数 Amazonギフト券:200ポイント → 1,000円分
ANA SKYコイン:200ポイント → 1,000円分
nanacoギフト:200ポイント → 1,000円分
dポイント:200ポイント → 1,000円分
iTunesギフトコード:100ポイント → 500円分
レコチョクギフトカード:100ポイント → 500円分
BookLive!プリペイドカード:100ポイント → 500円分
ムビチケGIFTコード:600ポイント → 3,000円分
JCBギフトカード:650ポイント → 3,000円分
図書カードNEXT:650ポイント → 3,000円分
JTB旅行券:650ポイント → 3,000円分
クオカード:650ポイント → 3,000円分
ジェフグルメカード:650ポイント → 3,000円分
カエトクカード:650ポイント → 3,000円分
アサヒスーパードライ鮮度ギフトカード:
1,050ポイント → 5,000円分
EJOICAセレクトギフト:600ポイント → 3,000円分
ボーナスポイント 毎年4月~翌3月間でカード利用額が年間100万円以上を超えた場合、毎年4月~翌3月間の利用額に対して2,000円ごとに1ポイントをボーナスとして付与
電子マネー付帯 QUICPay
チャージできる電子マネー 楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA
追加カード 15,000円+消費税
※発行枚数制限無し
ETCカード 年会費無料
発行手数料無料
国内・海外旅行保険 海外旅行保険付帯 有り 自動付帯
国内旅行保険付帯 有り 利用付帯
ショッピング保険 有り:最高300万円/90日間
ApplePay対応 対応
マイルの還元率 国内:0.3%
海外:0.6%
即日発行 無し

2.ラグジュアリーカード(TITANIUM)のメリットについて

メリット1:24時間365日対応のコンシェルジュサービス

ラグジュアリーカードのチタンカードにはコンシェルジュサービスが付帯しています。

ラグジュアリーカードの種類にはチタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3枚があり、チタンカードはラグジュアリーカードの中では一番ランクが下のカードになりますが、最上級カードであるゴールドカードと同じコンシェルジュが利用できます。

余談になりますが、ラグジュアリーカードのカードランクは一般的なクレジットカードと若干異なり、ゴールドカードが最上位ランクのカードとなります。

つまり、一番下のランクのカードでも最上級のカードと同じコンシェルジュサービスが利用できるのはカード業界としては異例のサービスなのです。

コンシェルジュサービスは24時間365日年中無休で対応可能で、下記のようなカード保持者の要望に対応してくれます。

  • 海外旅行中に見かけた商品や買いそびれた商品、日本では未発売の商品の探索および購入
  • 主要都市のホテル・レストラン予約
  • ミュージカル・オペラ・スポーツ観戦の情報提供およびチケットの予約・手配
  • フラワーアレンジメントの手配
  • パーティーやバンケットの会場・料理の手配
  • 国際便の照会、国際便の予約、変更
  • 主要都市の現地発着の各種パッケージツアーのご案内
  • 海外からの顧客を歓待するためのパッケージツアーのご案内・手配
  • 国内・海外のショッピングモール・ブランドショップ情報のご案内
  • 希望にあわせたギフトの相談・手配(花・ワイン・シャンパン・フルーツ・贈答品)
  • 短期のレンタルオフィスや会議室などのご案内
  • コンピュータなどのビジネス機材のレンタル業者のご案内
  • 海外の引越し業者のご案内

コンシェルジュサービスは一般的なクレジットカードであればプラチナカードから付帯するサービスで、例えばアメックスカードではプラチナカードから付帯します。

特に忙しい企業役員の方や事業主の方はレストランや航空券のチケットなどを自分で手配する時間を省くために「コンシェルジュサービスを利用したい!」「自分専用の秘書が欲しい!」という理由でコンシェルジュサービスが付帯しているクレジットカードを発行することもあります。

アメックス・プラチナカードでは年会費14万円以上しますが、ラグジュアリーカードのチタンカードであれば54,000円(税込)でコンシェルジュサービスが利用できるので、言い換えれば月額4,500円(税込)の維持費で24時間365日対応可能な秘書を雇っているようなイメージです。※しかもスタッフは全員バイリンガルです。

月額たった4,500円で年中無休の従業員を雇おうと思ったら物理的にも法律的にも無理ですよね。

例えば「オーロラを見たい」という用件だけ伝えれば交通手段や宿泊施設、費用などを調べてくれて、自分で調べる必要はありません。

取引先との会食の際も日時と人数、予算や場所などを伝えるだけでピッタリな場所を選定して知らせてくれますし、気に入らなければ再度注文を付けて再提案してもらえます。

つまりコンシェルジュサービスは金銭的なメリットというよりも、有限な人生の時間や一日24時間という時間を節約できるサービスで、活用することができれば自分の自由な時間を確保することができます。

しかもラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスはメールでの依頼・回答もOKなうえに、海外での対応もOK、対応してくれるスタッフは全員バイリンガルという強烈なサービスです。

カードの維持費が月額4,500円なのが信じられないほどの質の高さですね。

他のクレジットカードのコンシェルジュサービスと比較すると下記のようになります。

カード名 最初の本人確認 ネットからの依頼 メール回答 オペレーター
ラグジュアリーカード ・名前
・生年月日
メール 直接スタッフに繋がる
アメックス・プラチナ ・カード番号
・暗証番号
× 依頼事項に応じて番号を選択
ダイナースプレミアム ・カードの下4桁
・生年月日
フォーム入力 依頼事項に応じて番号を選択
三井住友プラチナカード ・カード番号
・氏名
・生年月日
× × 直接スタッフに繋がる
JCB THE CLASS
/プラチナ
・カード番号
・氏名
・生年月日
× ホテルとレストラン予約のみOK 直接スタッフに繋がる
セゾンプラチナ ・カード番号
・氏名
・生年月日
× × 依頼事項に応じて番号を選択
Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター ・カード番号頭9桁
・氏名
・電話番号
・メール
・フォーム
2を押して長めのメッセージ
MUFGカード プラチナ・アメックス ・カード番号
・氏名
・生年月日
× ホテルとレストラン予約のみOK 直接スタッフにつながる

上記の表を見ても分かる通り

  • 名前と生年月日だけでOK
  • メールで依頼できる
  • メールで回答を貰える
  • 電話すると直でスタッフに繋がる

という、サービスとして最高レベルの対応となっています。

例えば本人確認で「カード番号を教えてください」といわれると、カード番号を覚えていなければいけないですし、メール回答がNGであれば会議中や移動中には電話に出ることが出来ません。

そんなデメリットが一切無くスムーズに利用できるのがラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスのメリットです。

メリット2:ラグジュアリーカード限定のダイニングサービスが満載!

ラグジュアリーカードではダイニングサービスが秀逸で、日本国内や海外で食事する際にラグジュアリーカードのサービスで料理のアップグレードやコース料理の無料サービス、VIP待遇などを受けることが出来ます。

ラグジュアリーカードの中でもメインのダイニングサービスとしてあるのが「ラグジュアリー・アップグレード(Luxury Upgrade)」というサービスです。

①高級レストランでVIP待遇の「ラグジュアリー・アップグレード(Luxury Upgrade)」

ラグジュアリーカードのアップグレードサービスは何がアップグレードするのかというと、レストランや料亭でコース料理やウェルカムドリンクや、シェフの季節の料理が振る舞われるなどの待遇を受けることができるサービスです。

しかも年に何回でも利用できるので、会食や大切な人とのデートや記念日にも気にせずに、制限回数無制限で何度でも利用することができます。

イメージで例えるのであればホテルの上級会員資格のレストランバージョンのようなサービスですね。

利用できる店舗とアップグレードの内容の例は下記の通りです。

ラグジュアリーアップグレード利用可能店一覧
場所/ジャンル 店舗名 アップグレードの内容
東京
/ フレンチ
MOTIF RESTAURANT & BAR ・ディナー
→一つ上のコースにアップグレード。最上級注文の場合はシーズナルシャンパンをグラスで人数分
・アフタヌーンティー
→グラスシャンパンまたはスパークリンググレープジュースを提供
日本橋
/ スペイン カタルーニャ料理
Restaurant Sant Pau
(レストラン サン パウ)
ガストロノミックコース(19,000円)の注文で、デグスタシオンコース(23,000円)へアップグレード(6名まで)
乃木坂
/ 日本料理
乃木坂しん 18,000円のコースの注文で、季節の特別なひと皿とウェルカムドリンクを提供
西麻布
/ 中華
麻布長江 香福筵 9,500円のコースの注文で、ワンランク上の14,000円のコースへアップグレード
虎ノ門
/ ヨーロッパ料理
アンダーズ タヴァン
(アンダーズ 東京)
・ダイニング
→コースメニュー予約でメニューアップグレード(6名まで)
・予約時の空席状況で窓際のお席を確約
・ラウンジ&バー
→アフタヌーンティーまたは週末ブランチ予約でウェルカムカクテル1杯(6名まで)
虎ノ門
/ バー
ルーフトップ バー
(アンダーズ東京)
ドリンク注文の2名に特別なウェルカムアペタイザープレートを用意
銀座一丁目
/ フレンチ
Dominique Bouchet Tokyo
(ドミニク・ブシェ トーキョー)
予約すると、通常提供しないプレデザートとデザートワインを提供
四谷三丁目
/ 日本料理
うぶか 予約すると、おまかせコース8800円に、季節の特別なひと皿とウェルカムドリンクを加えて提供
西麻布
/ 焼肉・ステーキ
焼肉 ステーキ あつし ・ステーキコース¥16,000の注文で、ワンランク上の¥18,000のコースへアップグレード
・焼肉¥10,000のコースの注文で、厳選肉3種盛りを4種盛りにて提供
※どちらか片方
銀座
/ 日本料理
銀座 安達直人 13,000円のコースの注文で、ワンランク上の15,000円のコースへアップグレード
銀座
/ 鉄板焼き
鉄板焼 かいか 予約すると、本日のひと皿(1品)に加え、ウェルカムドリンク1杯を提供。ドリンクは生ビール、グランワイン(白・赤)、ソフトドリンクのどれか
銀座
/ ステーキ
銀座 加藤牛肉店 コース17,000円の予約で、特別なひと皿(生ハムのプレート)とウェルカムドリンク1杯を加えて提供
木場
/ フレンチ
A ta gueule コースの予約で、旬のひと皿(プティスープ/プティオードブル/プティデザートの中から、その日のコース内容に合わせてチョイス)とアペリティフ提供
表参道
/ 中華
DAINI’S table
(ダイニズテーブル)
15,000円のコースの注文で、ワンランク上の20,000円のコースへアップグレード
恵比寿
/ 和食
かのふ 10,000円のコースの注文で、ワンランク上の13,000円のコースへアップグレード
西麻布
/ 肉料理
カルネヤサノマンズ 10,000円のコースの注文で、メインの肉料理をアップグレード(盛り合わせなど)に加え、ウェルカムドリンクを提供
恵比寿
/ 日本料理
日本料理 雄 13,000円のコースの注文で、ワンランク上の15,000円のコースへアップグレード(※3日前までに要予約)
目白
/ フレンチ
Le Vin quatre 10,000円のコースの注文で、ワンランク上の12,000円のコースへアップグレード(※前日までに要予約)
外苑前
/ イタリアン
リストランテホンダ 各コースの予約で、旬の食材を生かした前菜ひと皿とウェルカムドリンクを提供
白金高輪
/ イタリアン
ロッツォシチリア
(ROZZO SICILIA)
ウェルカムドリンクと食後のデザート1品かレモンチェッロを人数分提供
広尾
/ フレンチ
ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー ディナータイム、各コースの予約で、特別なデザートとウェルカムドリンクを提供
広尾
/ イタリアン
anima
(アニマ)
8,000円のディナーコースの予約で、10,000円のコースへアップグレードいたします(※前日までに要予約)
大手町
/ イノベーティブ
ハインツ・ベック 12,000円(税・サ別)のディナーコースの予約で、ウェルカムスパークリングワインとシェフのスペシャリテパスタ「ファゴッテッリ」を加えて提供
伏見(京都)
/ 日本料理
魚三楼 月コース30,000円(税・サ別)を注文で、地元の日本酒をペアリングにて提供
大阪
/ フレンチ
La becasse
(ラ・ベカス)
ディナーコース(18,000円)利用でウェルカムドリンクと小さなお料理一皿を提供

どれも高級感溢れるレストランや料亭ですが、コース料理では1万円以下で注文できる場所もあるので気軽に足を運ぶのにも最適な価格帯のお店が揃っています。

※MOTIF RESTAURANT & BAR店内の様子

  ※アンダーズ タヴァン店内の様子

ラグジュアリーアップグレードの利用方法は最初にご紹介したコンシェルジュサービス経由で提携のレストランに予約するだけです。

自分で店舗に連絡する必要もなくコンシェルジュが一括して手配してくれて、尚かつVIP待遇を受けることができるので、取引先との接待から家族、恋人との食事まで幅広いシーンで活用できるサービスです。

②コース料理無料など、その他にもダインイングサービスが豊富!

更にラグジュアリーカードでは「ラグジュアリー・ダイニング(Luxury Dining)」というサービスや「ラグジュアリー・ゴールドダイニング(Luxury Global Dining)」「カフェ・ワインバー優待」というサービスを受けることが出来ます。

具体的には下記のようなサービスです。

サービス名 内容
ラグジュアリー・ダイニング 厳選された全国約200店舗で、2名以上所定のコースを予約の場合、1名分が無料
ラグジュアリー・ゴールドダイニング 世界約18カ国、330件以上の人気レストランと提携・ラグジュアリーカード会員限定の優待。レストランのご紹介からご予約までコンシェルジュが対応
カフェ・ワインバー優待 Pierothが運営する全国のWorld Wine Barや都内中心に店舗を構えるカフェ「Sign」でグラス1杯無料などの優待。

ラグジュアリー・ダイニングはクレジットカードではゴールドカードやプラチナカードに付帯しているサービスで類似のサービスの要な感じです。

違う点としてはラグジュアリーカードでは世界中のレストランで会員限定のサービスを受けることが出来ます。

ラグジュアリーカード自体は2007年ごろに初めて発行されたカードなので、提携店舗数でいうとアメックスやダイナースには及びませんが、これからグングンと勢いを増して提携店を増やしていくことが考えられます。

③日本初のMasterCardのワールドエリート資格で強烈なベネフィットが多数利用可能!

MasterCardブランドにはクレジットカードのカードランクとは別に独自のカードランクがあり

  • スタンダードMasterCard
  • ゴールドMasterCard
  • チタンMasterCard
  • プラチナMasterCard
  • ワールドMasterCard
  • ワールドエリートMasterCard

という6つのランクがあります。

このカードランクごとにMasterCardが提供する利用限度額やサービスが異なって来るのですが、ラグジュアリーカードのカードランクは最上級の「ワールドエリート」です。※ワールドエリートが利用できる日本初のカードです。

じゃあ「ワールドエリートだから何なの?」という疑問があると思いますが、ワールドエリートで提供されるサービスは下記の通りです。

サービス名 内容
TASTE OF PREMIUM
ダイニング BY 招待日和
全国約200店の有名レストランにて2名以上の利用で1名が無料
TASTE OF PREMIUM
国際線手荷物無料宅配
出発・帰国時の手荷物を無料宅配(2個)
TASTE OF PREMIUM
会員制ゴルフ
通常はビジターだけでは利用ができないメンバー限定のコースを利用可能
TASTE OF PREMIUM
ヘリクルーズ
マスターカードオリジナルプログラムで東京上空からロマンティックな夜景
TASTE OF PREMIUM
歌舞伎・能
歌舞伎・能のチケットを手配
ゴールドトラベルサービス
ホテルスパ
厳選ホテルスパプラン
ゴールドトラベルサービス
国内高級ホテル・高級旅館
全国のハイクオリティーなラグジュアリーホテル、高級旅館約900施設を利用可能
ゴールドトラベルサービス
国内ゴルフ
全国約1900コースのゴルフ場手配、約150コースの優待価格ゴルフ場の案内
ゴールドトラベルサービス
海外ホテル・航空券
海外ホテル「8%OFF」
ホテル+航空券「2,500円OFF」
ゴールドトラベルサービス
空港クローク優待サービス
1着につき10%割引
ゴールドトラベルサービス
海外用携帯電話・WiFiレンタルサービス
海外WiFiルーター:通信料15%OFF
海外携帯電話:通信料15%OFF
レンタル料金50%OFF

ヘリクルーズのようなセレブ顔負けのサービスが利用できたり、接待などで利用できるゴルフ場の手配・優待サービスなどが利用できます。

実はこの「ワールドエリート」クラスが取得できるMasterCardはラグジュアリーが初です。

メリット3:プライオリティ・パスの年会費が無料!

ラグジュアリーカードのチタンカードではプライオリティ・パスのプレステージ会員年会費が無料です!

プライオリティ・パスは全世界130カ国以上、1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるトラベラーには欠かせないパスです。

通常であれば399ドル(約42,000円)の年会費とラウンジ利用ごとに発生する利用料27ドル(約3,000円)が全て無料になるのでプライオリティ・パス無料のサービスだけで年会費9割近くがバックされる形になります。

同伴者は有料になりますが、家族カード会員もプライオリティ・パスは無料で発行できるので、家族カードを発行すれば家族でプライオリティ・パスを使って旅行をすることができます。

プライオリティ・パスで利用できるラウンジは普通のクレジットカードに付帯している空港ラウンジ無料サービスよりも圧倒的に優れていて、ラウンジ内では無料で食事やビールやウイスキーなどのアルコール類を楽しむことができ、空間自体も一般ラウンジよりも完全にラグジュアリーな空間です。

東南アジアの発展途上国だろうがなんだろうが関係なくラグジュアリーな空間で飛行機を待つことが出来ます。

特に日本から海外に旅行に行く際は乗り継ぎなどで空港で何時間も待つ場合が多いので、海外出張や海外旅行によく行く方はプライオリティ・パスは必須と言っても良いくらいのサービスでしょう。

利用方法はプライオリティ・パスと航空チケットを提示するだけで利用でき、飛行機の便やチケット値段は全く関係ありません。

ですので、格安チケットでもOKというところが有り難いとことですね。

「プライオリティ・パスってどうやって取得すればいいの?」という疑問もあると思いますが、カードを申込む方法に加えてスマホアプリでゲットする方法があります。

カードでプライオリティ・パスを取得すると発行から受け取りまで含めて2〜3週間掛かる場合がありますが、スマホアプリだと即日で手に入るのでオススメです。

スマホと航空チケットがあればラウンジが利用できるようになるので手軽に利用することができます。

メリット4:その他トラベル関連のサービスが強烈!

ラグジュアリーカードはトラベルサービスも充実しており、他クレジットカードでいうとプラチナカードレベルのトラベルサービスを利用することができます。

①国内空港・韓国・ハワイ+専用空港ラウンジ無料サービス

ラグジュアリーカードでは他のクレジットカードのゴールドカードから付帯しているサービスと同様のサービスとして国内空港と韓国・ハワイの空港ラウンジを無料で利用できるサービスが標準で付帯しています。

→【空港ラウンジについて詳しくはこちらのページで解説しております。】

「でもプライオリティ・パスがあるから必要ないんじゃない?」と思うかもしれませんが、国内空港で利用できるプライオリティ・パスのラウンジは4ヶ所しかないのと、プライオリティ・パスの場合は同伴者が有料になるという点で国内では利用し辛い点があります。

一方でカードに標準付帯している空港ラウンジ無料サービスでは同伴者1名も無料なうえ、国内の主要空港全てで利用できるというメリットがあります。

さらにラグジュアリーカードだけのメリットとして、羽田空港の「TIAT LOUNGE」「TIAT LOUNGE ANNEX」を利用できるという特典があります。

「TIAT LOUNGE」「TIAT LOUNGE ANNEX」を利用できるのは

  • エムアイカードゴールド
  • レクサスカード
  • ポルシェカード
  • TS CUBIC CARD
  • マンチェスターユナイテッドカードGOLD
  • ドルトムントカードGOLD

など、日本人には馴染みの無いカードや高級車のオーナーしかモテないカードを持っていないと入ることは出来ません。

この2つのラウンジは一般的なラウンジではなく、軽食やアルコールも無料なプライオリティ・パスで利用できるラウンジと同じような待遇です。

利用者が限定されている分プライオリティ・パスよりも更に静かで優雅な空間になっています。

シャワールームも付いていて、手荷物検査所を通過した後にあるので飛行機の出発時間までユッタリと過ごすことが出来ます。

項目 TIAT LOUNGE TIAT LOUNGE ANNEX
場所 出国後エリア
4階 ラウンジ(中央)
出国後エリア
5階 ラウンジ(北)
営業時間 24時間 7時~25時

TIAT LOUNGEは24時間、TIAT LOUNGE ANNEXは深夜1時まで利用できるので利用時間としては十分ですね。

②国際線手荷物宅配無料サービスは荷物3個まで無料

国際線利用時の手荷物宅配無料サービスも他のクレジットカードではゴールドカードから付帯しているサービスですが、通常無料配達してもらえるのはスーツケース1個までです。

年会費35万円のアメックス・センチュリオンカードや年会費14万円のアメックス・プラチナカード、ダイナースクラブ・プレミアムでも手荷物配達無料サービスが適用されるのはスーツケース2個までです。

しかしラグジュアリーカードではなんと3つまで無料で配達することができ、往復で考えると合計6つ分の荷物を配達料無料で送ることが出来ます。

例えば東京から九州まで往復でスーツケース1つを送ると4,000円〜5,000円が掛かるので海外旅行や出張が多い方にとっては強烈なベネフィットになるサービスです。

ただでさえ長旅で疲れている時には、荷物を自宅まで無料で送って手ぶらで帰れるというのは精神的にも助かるサービスです。

③海外手荷物配達サービスで自宅から手ぶらで海外に行ける

②でご紹介したのは空港間での手荷物配達でしたが、更にラグジュアリーカードでは自宅から海外のホテルまで手荷物を運んでもらえる「海外手荷物配達サービス」も利用することができます。

こちらは無料ではなく特別料金という形なりますが、

  • 初回利用
    →2個目の荷物代が無料、1個の場合は20%割引
  • 2回目以降
    →20%割引

という優待料金で利用することができます。

一般的な手荷物ならまだしも、例えば北米でスキーやスノーボードなどをする時や、海外でゴルフをする時などは大きな荷物を運ばなければ行けないことがあります。

そんな時に自宅から宿泊先のホテルまで荷物を運んでくれるのは強烈なメリットですよね。

食べ物や飲み物、スマホやパソコンなど一部対象外の商品もありますが、スポーツ用品などは対象になっているうえ、万が一の事故が心配な場合は保険も掛けることが出来るので安心です。

対象外の品物
  • アルコール飲料、ヘアースプレー、香水、コロン、およびアルコールを含む製品
  • リチウム・電池(計算機、携帯電話、ラップトップコンピュータなど)を含む民生用電子機器
  • 食品、植物、生鮮食品。たばこ
  • 武器、その他違法な物質

空港リムジン・トラベルクレジット

④H.I.Sの上級会員CLASS ONEを無条件で取得できる

ラグジュアリーカードではダイナースクラブ・プレミアムと同様に、H.I.Sのビジネスクラス&ファーストクラスの専門デスクである「CLASS ONE」というサービスを利用することができます。

CLASS ONEのメンバーになるには通常2年間で50万円以上のビジネスクラス・ファーストクラスの利用実績が必要ですが、ラグジュアリーカード会員は無条件で加入することができます。

CLASS ONEのメンバーが利用できるサービスの一覧は下記の通りです。

  • ビジネス・ファーストクラスの専任コンシェルジュが対応
  • 出入国カードの無料作成サービス(一部地域)
  • 手荷物無料宅配サービス(片道1つ)
  • メンバー限定航空券
  • 海外用Wi-Fiレンタル 15%割引(GLOBAL Wi-Fi)
  • レンタルカメラ付オリジナルフォトブック特別割引
  • 駐車場割引
  • 成田・羽田空港へのプライベート送迎割引サービス
  • 旅先での急なご要望、突然のトラブルにも対応する海外アシスタントサービス
  • ワイキキでのH.I.S.専用トロリーとラウンジ利用無料(利用回数制限なし)
  • プライオリティパスの年会費割引
  • 専用WEBサイト
  • メンバー限定の特別なイベント

また新宿店、表参道店、銀座店、丸の内店、横浜店、渋谷店ではCLASS ONE会員の専用ラウンジも用意されていて、高級感溢れる空間でコンシェルジュに希望のトラベルコースを注文することが可能です。

 

メリット5:ポイントモールでポイント倍増!マイルは移行手数料無料!

ラグジュアリーカードの通常ポイントは1,000円で1ポイントがゲットでき、1ポイントを概ね5円相当の価値として利用することができるのでカードの還元率としては0.5%のクレジットカードです。

楽天カードなどは年会費無料で還元率が1.0%なので、ポイント還元率だけを見るとラグジュアリーカードは優秀とは言えないでしょう。

ですが、ラグジュアリーカードはマイルへの移行手数料などが掛からないので、貯めたポイントはマイルに交換して有効活用するのが吉です。

「でもポイントが貯まらないんじゃ意味ないじゃん!」という方に向けてご紹介したいのが、ラグジュアリーカードで利用できるポイントモール「アプラスモール」です。

普通のクレジットカード同様にポイントモールを経由していつも利用しているネットショップにアクセスしてショッピングするだけで、サイト指定のポイント倍率がゲットできるサービスです。

このサービスを利用すれば最低でも還元率1.0%になるので、ポイントの貯まりやすさとしては通常利用時の2倍のスピードでポイントが貯まっていきます。

利用できる主なネットショップは下記の通りです。

アプラスモール利用可能店一例
ジャンル 店舗名 ボーナス還元率
総合通販 楽天市場 +0.5%
LOHACO +1.0%
Yahoo!ショッピング +0.5%
ヤフオク! +0.5%
ヤマダモール +0.5%
セブンネットショッピング +1.5%
dショッピング +1.0%
Wowma! +1.0%
ベルメゾンネット +0.5%
ネットスーパー
ドラッグストア
イトーヨーカドーネットスーパー +1.0%
SEIYUドットコム +0.5%
成城石井.com +5.5%
おうちでイオン イオンショップ +1.0%
ダイエーネットショッピング +2.0%
マツモトキヨシ +1.5%
爽快ドラッグ +2.0%
ケンコーコム +1.5%
Oisix +1.0%
ネット百貨店 ジャパネットたかた +1.0%
伊勢丹オンラインストア +1.5%
阪急オンラインショッピング +1.5%
小田急オンラインショッピング +1.0%
高島屋オンラインストア +1.0%
東急ハンズ ネットストア +1.5%
家電 Apple Store (Japan) +0.5%
ビックカメラ.com +1.0%
ヤマダ電機 WEB.COM +0.5%
iTunes Store +3.5%
ファッション ユニクロ +0.5%
ジーユー オンラインストア +0.5%
GAPオンラインストア +1.5%
JINS 公式通販ショップ +2.5%
旅行 JAL 日本航空 国内線航空券 / 国際線航空券 +0.5%
じゃらんnet +0.5%
エクスペディア(海外・国内ホテル) +2.5%
一休.com +0.5%
るるぶトラベル +1.0%

利用しやすい総合通販で楽天市場やLOHACOが利用できるのは有り難いですね。Amazonがないのは少し悲しいですが、ネットショッピングでこれだけの店舗が揃っていれば困ることはまずないでしょう。

ラグジュアリーカードのポイント有効期限は最大5年間なので、還元率が低かったとしてもマイペースに貯めることが出来ます。

また、マイルに交換した時点でマイルの有効期限が3年間なので、ポイント有効期限が切れるギリギリで交換すればさらに3年間が延長されて合計で8年間スパンでマイルを貯めることが出来ます。

普通のクレジットカードであれば1年や2年でポイントを交換しなければいけないため、「まだあんまり貯まってない…」という状態で欲しくない商品やチケットに交換する必要がありますが、ラグジュアリーカードであれば損なことはありません。

交換先はギフト券や金券、ラグジュアリーカード限定のポイント交換先としてワインなどがあり、ワインに交換すると還元率がよくなります。

マイルに交換すると、1ポイントで3マイルなので、1マイル2円の価値と換算すると還元率は0.6%です。

しかし、ワインの交換券では100ポイントで1,100円分の交換券にすることができるので、1ポイントの価値は11円となって還元率は1.1%になります。

マイルを貯めるつもりがない方はワインの交換券に変えるとラグジュアリーカードのポイントを有効に利用することができます。

メリット6:海外・国内旅行保険、ショッピング保険が充実!

①旅行傷害保険(国内・海外)では最大1億2千万円補償!

ラグジュアリーカードの旅行保険の最大保証金額は1億2千万円とクレジットカード界では最高峰レベルです。

【海外旅行保険】
※対象者:本会員、家族カード会員、カード会員の家族
付帯条件 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 最高1億2千万円
(家族特約:最高1,000万円)
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 1旅行100万円
年間100万円まで
救援者費用 500万円
【国内旅行保険】
※対象者:本会員、家族カード会員
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高1億2千万円
入院費補償 5,000円/日
通院費補償 3,000円/日

ラグジュアリーカードの旅行保険は元々最高1億円の補償だったのですが、2017年から最高1億2千万円までアップグレードしました。

海外で心配な荷物の盗難などの際に利用できる携行品損害補償も100万円なども嬉しい金額です。

しかし、一つ心配なのが、傷害・疾病治療費用の金額です。

海外旅行中のケガや病気などは国にもよりますが医療費が300〜500万円と高額になるケースが多くなっています。

ですので普通の人は任意保険に加入するのですが、クレジットカードの旅行保険で賄いたいのが正直なところですよね。

つまりラグジュアリーカードは死亡・後傷害保険に関してはクレジットカード界最高峰ですが、ケガや病気の補償に関しては今ひとつというのが実情です。

もしラグジュアリーカードの他に自動付帯で保険が適用されるクレジットカードを持っておくのが吉ですが、ただでさえ年会費54,000円(税込)のクレジットカードなので、出来ればサブカードのコストは安く抑えたいですよね。

そんな時に海外旅行保険のサブカードとして利用できるのが、下記の3つのクレジットカードです。

【海外旅行保険】
※全て自動付帯
エポスカード JCB EIT 横浜インビテーション
補償内容 保険金額
死亡・後遺障害 最高500万円 最高2,000万円 最高2,000万円
傷害治療 200万円 100万円 200万円
疾病治療 270万円 100万円 200万円
救援者費用 100万円 100万円 200万円
賠償費用 2000万円 2,000万円 2,000万円
携行品損害 20万円 20万円 20万円

この3枚のカードは全て年会費無料ですが、海外旅行保険がなんと自動付帯という驚きのクレジットカードです。

つまり、自動付帯なのでカードを財布の中に入れておけばOKということです。

旅行保険の仕組みとして、死亡・後傷害保険に関しては掛けている保険の中で最も高額なものが適用され、それ以外の項目は掛けている保険の合計額が適用されます。

なので、例えば上記のクレジットカードを3つ発行すれば、もし海外旅行中にケガした時には、ラグジュアリーカードの保険金額と合計して700万円(200万円+200万円+100万円+200万円)の補償を受けることが出来ます。

カードの維持費が気にならないのであればアメックス・プラチナカードやダイナースクラブ・プレミアムがケガや病気に関しては1,000万円の補償を自動付帯で受けることができるので、ラグジュアリーカードと併用して所持していると合計で1,200万円の補償になります。

海外旅行保険の金額は後付けでどうにでもなるのが救いですね。

②航空機遅延保険も標準付帯!

【航空便遅延費用保険】
※国内・海外に対応
保険適応項目 補償内容
付帯条件 自動付帯
乗継遅延費用 1回の到着便遅延につき2万円まで
出航遅延、欠航、
搭乗不能費用
1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能につき2万円まで
受託手荷物
遅延費用
1回の受託手荷物の遅延につき2万円まで
受託手荷物
紛失費用
1回の受託手荷物の紛失につき4万円まで

ラグジュアリーカードには航空機遅延保険も付帯しています。

特に海外では航空機が遅延・欠航する場合が多いので嬉しいサービスですね。

気候や天候の関係で飛行機が遅れたり飛ばなかったりした場合、宿泊費や食費、衣料費などの自腹額に対して一定の金額が補償として受けとることができます。

アメックス・プラチナカードやダイナースクラブ・プレミアムカードは海外のみですが、ラグジュアリーカードでは海外と国内に対応してくれ、しかも自動付帯なのでカードを財布に入れて置くだけでOKというメリットがあります。

③ショッピング保険は300万円!

項目 内容
期間 カードで購入した商品が購入日から90日以内
補償金額 年間300万円まで
対象外の商品
  • 航空機、船舶、自動車、原動機付自転車、自転車、ハングライダー、サーフボード及びこれらの付属品
  • 義歯・義肢、補聴器、コンタクトレンズ、その他これに準ずるもの
  • 動物及び植物
  • 現金・手形・小切手・その他の有価証券、印紙、切手、乗車船券、旅行者用小切手及びあらゆる種類のチケット
  • 食料品(酒類を含む)
  • 携帯式通信機械、携帯式電子事務機器及びこれらの付属品等

ラグジュアリーカードのショッピング保険は年間最大で300万円までです。

他のクレジットカードのプラチナカードと比べるとやや劣りますが、ラグジュアリーカードのチタンカードは利用限度額が100〜200万円ほどなので、年間300万円あればほとんどのショッピングに対して適用できる金額です。

メリット7:その他の特典も満載!

ラグジュアリーカードにはまだまだサービスが付帯しています。

特典 内容
新生銀行ステップアッププログラムの最上級会員資格 ・他行宛振込手数料は月10回まで無料
・海外送金手数料が月1回無料
・円定期預金が年0.02%に優遇
・住宅ローンの事務取扱手数料が30,000円OFF
・駐車場の無料サービス券
・その他最上級会員限定キャンペーンあり
国内海外の有名ゴルフ場手配 国内の名門コースからアメリカTPCのプライベートコースなど、クラブ会員以外は 通常ラウンドできない名門コースを予約可能
プライベートジム優待 日本を代表するトレーナー・中野ジェームズ修一監修の会員制ジム「Club100」、現役のフィットネスモデルが短期間でのボディメイキングをサポートする「ACE GYM」にて会員限定の優待プログラム
HAIR & MAKE EARTH 全国に220以上のサロンを展開する美容室EARTHにて、ブロースタイル・アップスタイル、ヘッドスパなどを優待価格
家事代行サービス 家事代行サービスのパイオニア、ミニメイド・サービスの会員限定優待特典。平日お試しコースの利用、定期コース成約時に5,400円のサービスチケット贈呈
フラワーサービス 独自ノウハウを駆使しデザインされたフラワーアレンジメントを揃えたオンラインショップ「Kflorist-design」が10%OFF
スーパーカーの体験割引 TOKYO SUPERCARSのスーパーカー体験ツアー25%OFF。フェラーリ、アストン・マーチン、ランボルギーニ、マクラーレン、ポルシェ等を運転可能
TOHOシネマズの映画館無料 チタンカードは月1回まで無料で映画鑑賞が可能。
LUXURY MAGAZINE 会員限定情報誌「LUXURY MAGAZINE」を3ヶ月に一度購読が可能

上記のように家事代行や映画館無料など、私生活から遊びまで幅広くサポートしてくれるサービスが多く付帯しています。

ラグジュアリーカード独自のメリットとしては新生銀行の上級会員資格の最上級「プラチナ会員資格」を取れるメリットがあります。

通常であれば

  • 預け入れ総資産の月間平均残高が2,000万円以上
  • 所定の投資商品の月間平均残高が300万円以上
  • パワースマート住宅ローンのご利用

という条件を満たさなければプラチナ会員資格をゲットすることはできないので、プラチナ会員資格が完全に富裕層向けのサービスであることが分かります。

ラグジュアリーカード会員はこのプラチナ会員資格を永遠に持ち続けることができます。

振込手数料や海外送金手数料が無料になったり、専用窓口が利用できたりとVIPな待遇を受けることができるので、新生銀行を利用して事業などをしている方にとっては強烈なメリットになります。

3.ラグジュアリーカード(TITANIUM)のいまいちポイントについて

ラグジュアリーカードのいまいちな点はポイント還元率が低い点と、海外旅行保険のケガ・病気に対する保証金額が少ない点です。

海外旅行保険に関しては改善策をご紹介したので省きます。

ポイント還元率に関しては他のプラチナカードクラスのカードと比べても低くなっています。

カード名 還元率
ラグジュアリーカード 1,000円で1ポイント
1ポイント=5円相当の価値
還元率0.5%
アメックス・プラチナカード 100円で1ポイント
1ポイント=1円相当の価値
還元率1.0%
ダイナースクラブ・プレミアム 100円で2ポイント
1ポイント=2円相当の価値
還元率2.0%

アメックス・プラチナカードとダイナースクラブ・プレミアムは年会費14万円なので比べるのもどうかとは思いますし、同じ年会費のJCB THE CLASSとは還元率で見ると同じなので過度に気にする必要はありませんが、マイルを貯めたい場合にはちょっとキツい還元率ですよね。

なので、ラグジュアリーカードでポイントを貯めたい場合はポイントモールを利用することが重要になります。

ポイントモールの「アプラスモール」を利用すれば最低でも還元率1.0%になるので、アメックス・プラチナカードと同等レベルのポイント還元率のカードとして利用することができます。

しかし、正直なことをいうと、アメックス・プラチナカードもラグジュアリーカードもポイント還元率に関しては力を入れているカードとは言えません。

なぜならこれらのカードはあくまでも富裕層向けのカードなので、「ポイントをお得に貯めたい!」という庶民向けのクレジットカードではないのです。

ラグジュアリーカードが力を入れているのはトラベルサービスやダイニングサービスで、グローバルに活動する方や、高級至高の方に向けて作られています。

あくまでもポイント制度は”おまけ”なので過度に注目するべき点ではないでしょう。

つまり、「ポイントを貯める時間があるなら自分の収入を上げることに集中した方が効率的!」というまさに富裕層思考の方にピッタリなカードです。

4.ラグジュアリーカード(TITANIUM)の最大の強み!こんな人におすすめしたい!

ラグジュアリーカードの最大の強みはラグジュアリーカード限定のサービスが多い点です。

ラグジュアリーカードが展開するサービスには

  • Luxury Limousine(ラグジュアリー・リムジン)
  • Luxury Upgrade(ラグジュアリー・アップグレード)
  • Luxury Social Hour(ラグジュアリー・ソーシャルアワー)
  • Luxury Dining(ラグジュアリー・ダイニング)
  • Luxury Global Dining(ラグジュアリー・ゴールドダイニング)
  • グローバル・ラグジュアリーホテル優待
  • 日本唯一MasterCardのワールドエリート資格が得られるカード

というような独自のベネフィット、サービスが多く付帯しています。

「ラグジュアリー・リムジン?そんなサービス紹介されてないじゃん」と思った方もいるかもしれませんが、ラグジュアリーカードにはチタンカードの他にブラックカードとゴールドカードがあります。

つまり、チタンカードからのアップグレード更に2段階の伸び代を残しているということです。

ちなみにブラックカードは直接申込むことはできますが、ゴールドカードはインビテーションが必要なのでチタンカードもしくはブラックカードを持っている必要があります。

ラグジュアリーカードのチタンカードでもプライオリティ・パス無料や高級レストランでコースが無料になるサービスなどの豪華な特典を利用することはできますが、カードのランクがあがるごとにサービスの質は更に増していきます。

ラグジュアリーカード(チタン)だけの付帯特典を考えると

  • 海外旅行・国内旅行(仕事を含む)でトラベルサービスを利用したい方
  • 専用デスクやラウンジなどの会員限定サービスを利用したい方
  • 高級感溢れるダイニングサービスを利用したい方
  • 自分専属のコンシェルジュサービスを利用したい方

という方にラグジュアリーカードは向いています。

逆に庶民的な「ポイントを貯めたい!」「年会費割引サービスないの?」という方などには向いていません。

ラグジュアリーカードは意図的に庶民派のクレジットカードとの差別化をしているので、率直にいうと「安かろう悪かろうを求める方は発行しないでください」という意気込みを感じるクレジットカードです。

高級至高で”本物の上質”を求める方向けのクレジットカードです。

5.ラグジュアリーカード(TITANIUM)はどういう使い方が最もお得になるのか?

ラグジュアリーカードのチタンカードをお得に利用する方法は簡単にいうとたった2つです。

  • プライオリティ・パスを取得する
  • コンシェルジュサービスを利用する

この2つのサービスを活用すれば確実に年会費以上の価値を発揮することができます。

プライオリティ・パスは言うまでもないですよね。

プレステージ会員の年会費とラウンジ利用料が無料になるので、発行して1回でも海外旅行中にラウンジを利用すればそれだけで約4万5,000円の価値があります。

さらにラグジュアリーカードの特徴であるダイニングサービスは確実に利用するべきで、利用する際には自分で調べるのではなく、コンシェルジュに注文するのが得策です。

例えば「東京都内で眺めのいいレストランを予約して欲しい」と言うだけで手配してくれます。

海外旅行のチケットでも、海外のレストランでも、コンサートのチケットでも同じで、注文するだけでメールや電話で返事が来ます。

ラグジュアリーカード側としても提携店を利用して欲しいので、出来るだけサービスの質が高いお店を選んでくれ、至福の時間を過ごせるのは間違い無しです。

ラグジュアリーカードは金銭的なメリットもそうですが、富裕層向けのクレジットカードとして

  • 人生全体の質を上げる
  • 会員の自由な時間を増やす

という精神的なベネフィットと時間的なベネフィットが最大の魅力なので、そこを有効活用することでお金以上のモノを手に入れることができます。

まとめ

近年では「世の中は2極化している」という話題がよく持ち上がりますが、クレジットカード界も同じことが言えます。

  • 徹底的に安いサービスを求めるのか
  • 選ばれた人しか得られないサービスを求めるのか

このような2択であれば、ほとんどの方が安い方を選ぶでしょう。

確かに安いと金銭的なメリットはあるかもしれませんが、見えないところで”人生を楽しむこと”を忘れて「できるだけ安く!」という、ある意味お金に人生を操られている状態になっていることがあります。

ラグジュアリーカードはあくまでも年会費は他のクレジットカードよりも高いですが、それ相応のサービスが付帯していて、中にはお金では買えない会員限定のサービスもあります。

大袈裟に自分を着飾る必要はありませんが、やはり世の中は似たもの同士が集まるように出来ているので、ラグジュアリーカードを利用している方は質の高い人が多くなっています。高級レストランに騒いでいる大学生はいませんよね。

そういう意味で人生の質を上げるラグジュアリーカードは年会費以上の体験を提供してくれるので、確実にオススメです。