ショッピングはもちろん、お金を使わなくてもポイントで残高を増やせたり、LINEサービスの利用で大量ポイントをチャージできるLINE Payカード

LINEモバイルユーザーの間だけでなく、LINE利用者の間でも日常的に使われるようになってきました。

まだ歴史の浅いLINE Payカードですが、紛失した場合でも、カードや残高を諦めずに対処する方法があります。

チャージした現金やポイントを無駄にせずに、すぐに手続きに取り掛かりましょう!

LINE Payカードを落とした無くした!!紛失したらここに問い合わせよう!!

LINE PayとLINE Payカードの違い

まず分かりづらいので、最初にLINE PayLINE Payカードの違いを簡単に説明します。

これが分かっていないと、説明文の読み間違いや、手続きの手順ミスで、残高を失ってしまう可能性もあるので、要注意。

まず、LINE Payとは、カードのように物理的な商品ではなく、LINEが運営しているお金のやりとりをするサービスの事を言います。

例えばLINEのアプリで、LINE Payの利用開始手続きを行えば、スマホひとつで送金やお買い物ができます。

そしてLINE Payカードですが、これはLINE Payというサービスの中にある、LINE Payをより幅広く利用する手段として発行できるカードそのものの事を言います。

LINE PayカードがなくてもLINE Payは利用できますが、LINE Payカードを持っていれば、スマホが手元になくても、全国のJCB加盟店で、カードだけで支払いができます。

LINE Payカードは使い捨てではないので、LINE Payの残高がなくなったら、チャージして繰り返し使う事もできます。

LINE Payカードを紛失したら

LINE Payカードを紛失したら、まずはカードの一時停止手続きを行いましょう。

LINE Payカードを利用している人は、LINEアプリ内のLINE Payという項目に、カードを登録して使っていますよね。

一時停止をすれば、もし誰かがLINE Payカードを拾っても、使う事ができません。

一時停止の手順

1.LINEアプリを開く

2.右下のウォレットをタップし、LINE Payを選択

3.設定内のLINE Payカードをタップし、パスワードを入力

4.カードステータスが利用中になっているので、タップし「カードの一時停止をしてもよろしいですか?」に「OK」を選択

LINE Payのお問い合わせ電話番号はカードの裏に記載がありますが、オペレーターに繋がる事はなく自動音声の対応です。

LINE Payカードお問い合わせ先

電話番号:0120-102-613

電話は期待できませんが、メールやLINE Payのトークでの問い合わせはできます。

しかし、案内されるのは上記のようなLINEアプリ内での一時停止手続きです。

紛失の焦りで、オペレーターに相談したいところですが、アプリで簡単に一時停止できるので、まずは上記の手順で落ち着いてアプリ内操作を行って下さい。

LINE Payカードにチャージしていた残高はどうなる?貯まってたポイントはどうなる?引継ぎできる?

LINE Payカードの管理は、LINE Payで行われています。

オンライン上のサービスなので、カードを紛失してもLINE Payカードで使えていた残高までなくなってしまう事はありません。

ポイントも、アプリでLINE Payを確認すれば、紐づけされているLINEポイントに貯まっているので、失効しません。

そのため、LINE Payカードが見つかったら、再度利用登録をしたり、見つからなくても新しいLINE Payカードを発行すれば、残高もポイントも引継ぎできます。

LINE Payカードをまた使いたい場合はどうすればいい?再発行できる?

LINE Payカードは再発行が可能です。

厳密にいえば再発行ではなく新規発行になるので、カード番号は新しくなります。

LINEアカウントひとつにつき、カードは1枚しか発行できないので、まずは一時停止したLINE Payカードの解約を先に行いましょう。

一時停止の時の様に、LINEアプリ内のウォレット→LINE Pay→設定→LINE Payカードから、カード解約ができます。

★注意★

この「解約」は、LINE Payカードの解約であって、LINE Payの解約ではありません。

LINE Payを解約してしまうと、残高も失ってしまうので、間違えないように注意しましょう。

LINE Payカードを解約したら、LINE Payの項目からLINE Payカードを申し込むと、1~2週間で郵送にてカードが送られてきます。

ちなみに、新規発行になるので、カードのデザインを紛失したカードとは別のデザインに変える事も可能です。

以前、LINE Payカードを店頭で入手したという人もいるかもしれませんが、現在店頭での発行は行っておりません。

LINE Payカードを悪用されたらどうなる?どんな被害を受ける?

ここまで、LINE Payカードを紛失したら、まずはアプリで一時停止すれば良いとご案内してきました。

しかし、もし一時停止する前に誰かに拾われてしまったら、チャージ残高を第三者に悪用されてしまう事もあるのです。

LINE Payカードでのお買い物には、クレジットカードのようなサインや暗証番号が不要な店舗の方が多いので、カード名義の本人以外でも簡単に使えてしまいます。

また、LINE PayカードはLINEアカウントと紐づけされています。

私の周囲ではまだ聞いた事はありませんが、カードから紐づけされたLINEアカウントを特定できれば、LINEの乗っ取りに利用される可能性も、無きにしも非ずです。

LINE Pay自体は、利用開始する時に本人確認もあるので、セキュリティもしっかりしている印象ですが、LINE Payカード自体には誰でも使える恐怖感があります。

LINE Payカードを紛失したら利用停止するべき?放置で大丈夫?

こういったLINE Payカードの悪用被害を考えると、やはり紛失に気付いた時点で一時停止手続きはすぐに行いましょう。

サイフごと紛失した場合、中に入っていたクレジットカードは、カスタマーセンターに連絡して利用停止するよう強く意識できますが、電子マネーやプリペイドカード類は放置してしまいがちではないですか?

今は、手持ちのカード類の残高やポイントを公式サイトのサービスでネット上に登録して、カードとネットの両方から管理するのが主流です。

「カードを失くしたから諦めよう…( ;∀;)」ではなく、LINE Payカードもしっかりと一時停止して、悪用対策を行いましょう。

最後に

  • LINE Payカードを紛失しても、すぐにLINEアプリで一時停止手続きができる
  • 残高はオンラインで管理されているので、紛失後すぐに対処すれば、悪用される率も減る
  • LINE Payカードを紛失しても、電話窓口でオペレーター相談は期待できない

LINE Payカードを紛失しても、決して諦めないで下さい。

残高を守る為にも、まずは落ち着いてカードの一時停止をし、次のステップとしてカードの解約。

そして新たにLINE Payカードを申し込みます。

紛失直後は焦って悩んでしまうかもしれませんが、一時停止で悪用を防ぎさえすれば、あとはゆっくり対処すれば良いのです。

電話オペレーターには依頼できませんが、LINEアプリで、しっかり手順を確認しながら手続きすれば、元通りのLINE Payカード生活に戻る事ができます。