”最大25倍”という業界最高水準のポイント還元率を誇るライフカードは、年会費無料のクレジットカードです。

ポイントを貯めやすいのも魅力ですし、ポイントの使い道もさまざまです。

すぐでにも使ってみたくなりますよね!

でも、ライフカードの審査時間はどのくらいかかるのでしょうか?

遅いのでしょうか、それとも早いのでしょうか?

これからライフカードを申し込む人とすでに申し込み済みの人へ、審査状況と審査結果を確認する方法をご紹介します。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

ライフカードを申し込んでからどれぐらいでカード到着する?

ウェブ完結型の場合

ライフカードは申し込みをしてから最短3営業日で「カード発行」となります。

その後発送されて到着するまでには早くても2,3日と考えると、合計で申し込みから1週間前後でライフカードが手元に届くということになります。

最短3営業日発行というのは「ウェブ完結型」の申し込み方法で、口座振替に利用する銀行口座の設定もオンラインでできてしまうというところに早さの秘密があります!

現在ライフカードでは、このウェブ完結型の申し込みが主流となっているようです。

ちなみに正午以降の申し込みは翌営業日扱いになるようです。

1日でも早くライフカードが欲しい場合は、午前中に申し込みをするのが良いですね!

通常型の場合

もうひとつは「通常型」といって、ウェブ完結型の申し込みで利用可能な金融機関以外を振替口座に設定したい場合の申し込み方法になります。

この場合は申し込みから2〜3週間程度でのカード発行となります。

もしくは必要書類をダウンロードして手続きをするのであれば、もう少し短縮されて10営業日程度でカード発行ができます。

ライフカードの審査にかかる時間について

こんな人はライフカードの審査時間が遅くなりがち

ライフカードを早く手にしたい人にとっては審査時間もそわそわするものです。

ライフカードは機械によるスピード審査のため、基本的には数分で審査結果がでることが多いですが、審査時間が数分では済まないという人もいます。

  • たとえばそれはこんな人です。
  • 収入が安定しない人
  • 信用情報に傷がある人
  • 他社クレジットカードやローンが多い人

収入が安定しない人

ライフカードの申し込み資格としては「日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。」というようになっています。

ライフカードの審査に通るための具体的な年収の基準は公表されていないのでわかりませんが、一般的には「収入が高い」ことよりも「収入が安定している」ことのほうが審査に好影響のようです。

いくら収入があったとしても毎月の収入が安定しないと、支払いに影響が出るかもしれません。

そのような細かい審査を必要とされる人は、機械審査ではなく人の目によって審査されるため、審査時間が長くかかってしまいます。

信用情報に傷がある人

過去に延滞をしたことがある人は、その記録が信用情報に残っています。

この記録が信用情報に残るのは5年間とされているため、その間にはライフカードに限らずクレジットカードや各種ローンの新規契約が難しい状態となっています。

この場合も慎重な審査が行われるため、時間がかかります。

他社クレジットカードやローンが多い人

ライフカードの他にもクレジットカードを何枚も持っていたり、複数の会社から借入などを行っている場合も、審査に時間がかかることがあります。

申し込み時点での他社借入の利用金額にもよると思いますが、これによって審査には通っても利用枠が制限されたりということもありす。

また、同時期に複数のクレジットカードの申し込みをしている場合も、スムーズな新規発行とはいかないようです。

いずれにしても「返済能力があるかどうか」という見極めが行われているのですね。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

ライフカードの審査状況と審査結果を確認する方法

ライフカードの審査状況はこちらで確認することができます。

審査状況照会

こちらのページを利用するには、申し込み時に発行された「受付番号」が必要となります。

審査結果についてはウェブ完結型でも通常型でも同様に、ライフカードから送信されるメールによって分かります。

審査結果メールが届いて無事に審査通過となっていれば、その後ライフカードが郵送されてきます。

ライフカードの審査結果が遅い?!いくら待ってもカードが届かない場合どうすればいい?

ライフカードは申し込みから最短で3営業日の発行が可能ですが、前述のように審査に時間がかかることもあります。

最大でどのくらい審査時間が長くなるのかは不明ですが、通常型の申し込みの場合でも2〜3週間程度で発行されることを考えると、審査時間はかかっても1週間ほどなのではないかと推測できます。

よって、「申し込みから1週間くらいしても審査結果が来ない…」というような場合は、何かしらの不具合が起こっている可能性がありますので、以下のことを確認してみてください!

審査完了メールが届かない場合

審査完了メールが届かない場合は、まずこのことを確認しましょう。

  • 記入したメールアドレスに間違いはなかったか
  • 他のメールアドレスと勘違いして見ていないか
  • 迷惑フォルダに入っていないか
  • 受信できる状態になっているか(受信設定の確認)

など、もしかしたら審査は完了しているのにメールが届いていない状態なのかもしれません。

まずはこのことを確認してみて、それでもメールが届かない!という場合はライフカードに問い合わせてみましょう。

ライフカードの問い合わせ

ライフカードテレフォンガイド

045-914-7003

こちらの番号に電話をし、音声ガイダンスに従ってオペレーターにつなげてもらいましょう。

なお、オペレーター受付時間は9:30〜17:30(日曜・祝日・1/1~1/3は休み)となっています。

混雑しているとなかなか繋がらないこともありますので、余裕を持って早めに連絡してみましょう。

審査に通ったけれどカードが届かない場合

審査完了メールが届いて審査に通過したことがわかっても、もしかしたらカードが届かないなんてこともあるかもしれません…。

もしかしたら住所が間違っていたかもしれないし、郵便事情で遅れているのかもしれないし、そもそもライフカードからの発送がまだされていないのかもしれません。

その場合も上記のテレフォンガイドに問い合わせをしてみましょう。

まとめ

ライフカードの審査時間は基本的には機械審査で、数分で完了してしまいます。

そのため申し込みから3営業日で発行可能というスピーディさがありますが、機械審査で判断できないような人は人間によって審査が必要になるために、審査時間が長くかかってしまうこともあります。

たとえば収入が安定していない人、他社借入が多い人、過去に延滞などの履歴が残っている人などは特に審査時間を必要とされます。

審査状況はオンラインで、審査結果についてはライフカードからのメールによって確認しましょう。

もしも申し込みから1週間ほど待っても審査完了メールが届かないといった場合や、審査に通ったけれどカードが一向に届かないという場合は、ライフカードに問い合わせをしてみましょう!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?