メールやSNSがコミュニケーションツールの主役となった今、はがきや便箋に書いた「手紙」を送る機会はめっきり減りました。

それと同時に、「切手を買う機会」も減りましたよね。

しかし現代でも切手は、履歴書送付や合格証明書の返信用封筒、フリマで売れた商品の発送などさまざなまシーンで活躍します。

そんな「重要書類」を送りたいときに限って、切手がない!さらに郵便局が閉まっている!なんてアンラッキーが続くことがありますよね。

安心してください。切手が買えるのは郵便局だけではありません。郵便局以外で切手が買える場所、あなたはどれだけご存知でしょうか?

今回は切手を買うのに便利な場所や、以外に便利な購入方法をご紹介いたします!

切手を購入できる場所まとめ

切手が買えるのは郵便局だけではありません。

私たちのふだん生活しているエリアで、以下の場所でかんたんに切手を買うことができます。

  • 郵便局
  • コンビニ(キオスク)
  • 大型スーパー
  • 金券ショップ
  • 個人商店
  • インターネット(通販)

ごらんのように切手はさまざまな場所で販売されています。

郵便局やコンビニで切手を買えることはすでに多くの人がご存知だと思いますが、インターネットで切手が買えることは、案外まだ知らない人が多いかもしれませんね。

それぞれの販売場所には、やはり長所と短所があります。利用する前にすこしだけお勉強しておきましょう。

郵便局

郵便局は切手販売の「本拠地」ですので、切手が買えない郵便局は存在しません。

唯一切手が買えないとすれば、「営業時間外」のときくらいです。

郵便局窓口の営業時間は、だいたい9時から17時前後ですから働く人にとって必ずしも便利とは言えませんよね。

しかし郵便局の中には、夜間営業の「ゆうゆう窓口」を設けている局があります。

この「ゆうゆう窓口」では朝8時から夜は20時(※21時以降の局もあります)までの間切手を購入することができます。

コンビニ

切手の販売先として郵便局の次にメジャーなのは「コンビニエンスストア」です。

毎日でも立ち寄るコンビニ、次に行く時は自動ドア付近を観察してみましょう。「〒」のマークが、自動ドアの上あたりに貼ってありませんか?

コンビニエンスストアは、切手を販売できる場所に認定されていて全国のほぼすべてのコンビニで切手が購入できます。

しかし、すべての種類の切手がコンビニに用意されているとは限らず、種類の揃え方も店舗によってバラバラで一貫性がありません。そのため「向こうの店にはあったけど、こちらの店にはない」という現象が起こりやすいです。

よく利用される82円切手や92円・はがき用の62円切手以外は、買う前に在庫があるか店員さんに確認しましょう。

あいにく在庫がない・取扱いがない場合は別の場所を探すほかありません。

大型スーパー

大型スーパーでも、切手が買えるってご存知ですか?

大きなスーパーの中では「カスタマーセンター」とか「サービスカウンター」などの名前がついたブースが設けられていますよね。

そのブースでは、お買い物券の発行や粗大ゴミシールの販売、贈答品の受付や宅配サービスなどさまざまなサービスを担っており、切手やはがきを販売しているところも少なくありません。

上の図は、「関西スーパー」のホームページから抜粋した「サービスカウンター」の業務内容です。

ご覧のとおり、切手やはがきも取り扱っていますよね。

いつも利用している大型スーパーで、切手を販売しているか調べておくといざというとき役立ちますよ。

金券ショップ

新幹線の乗車券やアミューズメント施設のチケットといえば「金券ショップ」。

この金券ショップでも切手が販売されていて、しかも1円から2円程度安く買うことができます。

しかし、1枚や2枚のような希望枚数で売ってもらえることはなく、10枚単位で買わなければなりませんので、オフィスなど切手をたくさん使う人には金券ショップがおすすめです

また、金券ショップは「売る人」がいなければ入荷しませんので、いつでも・どこでも・必ず在庫がある、とは限りません。

個人商店

商店街を歩いていて、軒先に「〒」と「印紙・切手」のステッカーが貼られたお店を見たことがありませんか?

このステッカーが貼られたお店は、たとえそこがお米屋さんや酒屋さんであっても切手の販売を行っています。

立地条件によっては、レターパックやゆうパックの箱も売っているお店もあるかもしれません。

このような個人商店では郵便事業会社から委託料をもらって、一部の業務を行っています(コンビニもその点で同じ扱いです)。

「そんなお店、商店街にあったかな?」という人は、郵便ポストを目印に周辺30m圏内を散策してみて下さい。

なぜなら、郵便ポストから30m以内には切手を販売する場所を設けることになってるからです(立地的に例外のポストもあります)

ネットショップ

amazon や楽天市場といったネットショッピングでも、切手を販売しています。

中古品や切手シートなど切手収集(コレクター)向け商品が多いですが、実際に使える切手も1枚単位で購入できます。

しかし、インターネットショップは「送料」と「配送時間」がネックになります。

62円切手であっても100円を超える金額で販売されているものもありますので、コレクション目的でないかぎりは現実的ではありません。

また、郵便局はネットショップ「切手SHOP」を運営していますが、そちらではすべての切手が100枚単位で販売されています。

一度にたくさん使う企業やショップの人には便利なサービスですが、使う頻度が限られる個人には「無縁に近い」サービスだと言えるでしょう。

「郵便局以外」で切手を買うときの注意

郵便局が店舗に許可しているのは「切手の販売」だけなので、封筒の重さを計測して切手の料金を決めることはできません。

郵便局以外を利用する場合、自宅で封書の重さを計測して、切手を自分で決定・購入しなければなりません。

もっとも送料に迷いやすいのは、「メルカリ」など商品を郵便で送るときの「厚みや重さ」ではないでしょうか。多く張りすぎれば損ですし、少なければ相手先に迷惑がかかります。

送料の金額に迷う、そんなときは郵便局の窓口を利用するほうが確実で安心です。

切手はクレジットカードで購入できる?

結論から言いますと、切手を購入するときにクレジットカードは利用できません。

唯一クレジットカードが使えるのは、郵便局が運営するネットショップ「切手SHOP」での購入時です。

また、コンビニや個人商店の場合でも切手の購入は現金払いに限られています。

コンビニの種類によっては一部電子マネーが使える場合もありますが、そんなコンビニでも「クレジットカード」は利用できません。

唯一現金以外で使えるのは、セブンイレブンで使う「nanaco」のみ。

なぜnanacoだけが切手の購入に利用できるのか、そのカラクリは次の項でお話します。

そもそもなぜ切手はクレジットカードで買えないの?

コンビニや個人商店は郵便局から切手を買い、そこから末端の消費者へ販売します。

そのとき、コンビニや個人商店は郵便局からいくらで切手を買うと思いますか?(郵便局からの卸値はいくら?ってことですね)

驚くべきことに、62円切手は62円で買って62円で販売し、82円も82円で買って、82円で販売しているのです。それ以上・それ以下の切手についても同じです。

つまり、店舗側は切手を売ったとしても切手から得られる利益はまったくの「ゼロ円」なんですね(別途「委託料」みたいなものは郵便局から支払われています)。

クレジットカードや電子マネーは決済するたびにカード会社から加盟店に手数料が請求されます。そのためクレジットや電子マネーで「利益のない商品」を購入されつづけてしまっては、お店の経営は成り立ちません。

切手販売のネックになっているのは、ずばり「クレジットカード(プリカ・電子マネー含む)の利用手数料」なのです。

 

nanacoだけが使える理由は、「nanacoはセブンイレブンが運営する電子マネー」だからです。加盟店と販売店における手数料問題がかからず、利益ゼロの切手でも損をしないのです。

そのためセブンイレブンでは「電子マネー・nanacoでも切手が買える」というわけです。

土日でも切手を購入できる?

コンビニやスーパーマーケットは、土日祝日でも開店しています。

コンビニは24時間営業ですから、切手も(マニアックなものでない限り)24時間購入できます。

もし、希望する金額の切手が手に入らなければ郵便局の「ゆうゆう窓口」に足を運ぶとさらに確実性が高まります。

「ゆうゆう窓口」は夜遅くまで営業していて、切手もふだんどおりの手順で購入できます。

つまり、現代社会では「休みだから切手が買えない」ということは、まずありえないのです。

最後に

郵便を出したいけど、切手を買いたくても切手の値段がわからない!という人には「郵便局の窓口」がおすすめです。

郵便局窓口で、軽量とサイズを図ってもらって算出された金額を支払うだけで完了。その時間、筆者の経験では長くて1分程度です。

もちろん切手をいったん購入して貼付する必要もありません。お金を受け取ったときにプリントされる「別納証紙」を郵便物に貼り「領収済み」とするからです(きちんとレシートももらえます)。

この手続きは「ゆうゆう窓口」でもできます。確実に使える郵便局、上手に利用したいですね。

旅行が趣味で「節約はすべて旅行のため」と考える兼業ライター。旅行で貯めたポイントは生活消耗品代に使っています。最近は地理の奥深さに目覚め、「地理検定」を取得しようとヒマさえあれば日本地図とにらめっこ。わかりやすく・楽しい記事がお届けできるよう、頑張りますのでよろしくお願いいたします!