JCB CARD WとJCBカード EXTAGEはどちらも年会費無料のクレジットカードです。

「両方とも年会費無料か〜…どっちを発行しようかな〜…」と悩むかもしれませんが、結論を先にいうと完全にJCB CARD Wの方がお得です。

年会費は同じですが、カードの特典によってJCB CARD Wの方が圧倒的にポイントがザクザクたまりやすくなっています。

それもそのはず、JCB CARD Wは2017年に登場した最新のカード、一方JCBカード EXTAGEは2009年登場という約10年前の古いカードです。

JCB CARD WはJCBカード EXTAGEのアップグレード版みたいな感じなので、スマホでいうと「古い機種にしますか?新しい機種にしますか?料金は同じです」という感じです。

もちろんJCBカード EXTAGEにも独自メリットがあるのですが、2018年10月1日〜2019年3月31日の間に行われている”JCB CARD Wとあるキャンペーン”によってその独自メリットさえJCB CARD Wに追い越されてしまいました。

“なぜJCB CARD Wの方がお得なのか?”をこの記事で徹底的に解説していくので、発行する前に一度読んでください。

【JCB CARD W】

JCBカードの中で最もポイント貯まりやすい新カード登場!!Amazon&スタバ利用が特におすすめ!!

年会費無料 WEB申込限定
39歳まで
1000円=2P
1P=5円
JCB スタバチャージ
ポイント10倍
ApplePay
利用可能
海外旅行保険
利用付帯
女性専用
補償あり
Amazonで
貯まる使える
今だけ!!期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今なら入会後3か月間はポイント4倍!!さらに最大10,000円もらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

◆JCBカードの種類の違いを比較調査した結果まとめ

◆JCBカードとよく比較される三井住友カードの違いについて

1.年会費、還元率、カードの特徴や特典内容、入会キャンペーン、旅行保険を徹底比較!

1-1.年会費で比較!年会費は無料、ただし年齢制限あり!

カード種類 JCB CARD W
JCBカード EXTAGE
年齢制限 18歳以上39歳以下 18歳以上29歳以下
本会員年会費 無料 無料
(5年以内に解約の場合は2,160円)
家族カード会員年会費 無料 無料
(5年以内に解約の場合は2,160円)
ETC年会費 無料 無料

上記のようにJCB CARD WもJCBカード EXTAGEも本会員年会費、追加カード年会費は全て無料です。

ただし、JCB CARD Wは18歳以上39歳以下の方が申し込むことができ、JCBカード EXTAGEは18歳以上29歳以下の方が申し込むことができるカードです。

ここで気になるのは「対象年齢を過ぎたらどうなるの?」ということですが、JCB CARD Wは40歳以上になっても自分が解約しない限り継続的に利用することができ、JCBカード EXTAGEは対象年齢を過ぎても最大5年間は利用し続けることができます。

例えば29歳にJCBカード EXTAGEを発行した場合、34歳まではJCBカード EXTAGEを利用し続けることができるということですね。

JCBカード EXTAGE自体は発行から5年間が経過するとJCBカード(一般)に切り替わります。

この間はJCB CARD WもJCBカード EXTAGEも年会費がずっと無料ですが、JCBカード EXTAGEの場合はカード発行から5年以内の解約するとカード発行手数料として2,000円(税抜)を支払うことになります。

解約しなければ年会費が無料なので、JCBカード EXTAGEは使わなくても5年間ずっと持っておくだけでOKです。

1-2.還元率で比較!絶対にJCB CARD Wがお得!

カード種類 JCB CARD W JCBカード EXTAGE
通常時ポイント還元率 1.0% 0.5%
※初年度は1.5%〜0.75%
入会から3ヶ月間のポイント還元率 1.0%
※2018年10月1日〜2019年3月31日入会の方は2.0%
1.5%
入会から4ヶ月後のポイント還元率 1.0% 0.75%
海外利用時ポイント還元率 1.0% 1.0%
年間利用額ボーナス なし
(常時1.0%)
年20万円以上利用
→0.75%
優待店でのポイント還元率 最大20倍 最大20倍
ポイントモールでのポイント還元率 最大20倍 最大20倍

上記の表を見てもらえればわかる通り、JCB CARD WもJCBカード EXTAGEもJCBカードの通常ポイント還元率(0.5%)よりも高い水準になっています。

特にJCB CARD Wのポイント還元率はいつでも2倍(0.5%×2=1.0%)ということでかなりお得なカードですね。

ポイント制度に関しては

  • JCB CARD W、JCBカード EXTAGEの共通点
  • JCB CARD Wだけのメリット
  • JCBカード EXTAGEだけのメリット

に分けて説明することができるので、それぞれを詳しくご紹介していきます。

1-2-1. JCBカード、 JCB CARD Wの共通点

まずポイント制度についての共通点ですが、JCBカードシリーズでは

  • ①『JCBオリジナルパートナー』加盟店での利用でポイントボーナス
    =街中の店舗
  • ②『Oki-Dokiランド』での利用でポイントボーナス
    =ネットショッピング

という2つの特典があります。

1-2-1-1.JCBカードの優待店でポイントボーナス!スタバではポイント10倍!

まず①の『JCBオリジナルパートナー』とは簡単に言うとJCBの優待店で、下記のマークが店頭に表示されていれば、その店舗でカード決済をすることで店舗ごとに定められたポイントボーナスをもらうことができます。

でもこういうステッカーて意識してないと気づかないですよね。「え?街中でこんなステッカー見たことない」というのが正直なところでしょう。

しかし実際は誰でも知っている店舗がJCBの優待店となっています。具体的な主要店舗は下記の通りです。

ジャンル 店舗名 ポイントボーナス 還元率
(JCB CARD W)
還元率
(JCBカード EXTAGE)
ショッピング イトーヨーカドー 3倍 2.0% 1.5%
セブン-イレブン 3倍 2.0% 1.5%
福田屋百貨店 3倍 2.0% 1.5%
マミーズ 3倍 2.0% 1.5%
カフェ スターバックス 10倍 5.5% 5.0%
ネット通販 Amazon.co.jp 3倍 2.0% 1.5%
トレンドマイクロ・オンラインショップ 20倍 10.5% 10%
カーライフ 昭和シェル石油 2倍 1.5% 1.0%
エッソ・モービル・ゼネラル 2倍 1.5% 1.0%
オリックスレンタカー 6倍 3.5% 3.0%
レストラン 一休.comレストラン 3倍 2.0% 1.5%
トラベル JCBトラベル 2~10倍 1.5%~5.5% 1.0%〜5.0%
東京ディズニーリゾートトラベル特典 10倍 5.5% 5.0%
エンタメ ローチケHMV 7倍 4.0% 3.5%
ラグーナテンボス 5倍 3.0% 2.5%

指定倍率の数字にJCBカードの通常ポイント還元率0.5%を掛ければポイント還元率が割り出されます。

誰もが利用したことがあるであろうスターバックスでは、なんと2018年4月1日からポイントボーナスが10倍になっています!

ポイントを10倍もらう手順としては下記の通りです。

  • step1.JCB公式サイトからキャンペーン登録をする
  • step2.スターバックスカードへオンライン入金・チャージをする

キャンペーン登録が必要という点と、店頭ではなくオンライン上でチャージする必要がるという点に注意が必要です。

登録は公式サイトから行うことができます。

ここでも強烈なメリットを発揮するのがJCBカードWで、JCBカードWはもともとカード特典として+0.5%のポイント還元率が上乗せされているのでスタバで利用すると1,000円ごとに55円分のポイントが返ってくるという脅威のカードです。

例えばJCB CARD W、JCBカード EXTAGEをそれぞれスターバックスで利用した場合は

JCB CARD Wの場合

  • 0.5%×10倍+0.5%=5.5%

JCBカード EXTAGEの場合

  • 0.5%×10倍=5.0%

とiうことになります。利用頻度が高い方にとってJCBカードWはスタバで最強のクレジットカードになります。

その他、JCBオリジナルパートナーではセブンイレブンやイトーヨーカドー、Amazonなどの有名店舗でカードを利用するとボーナスポイントがもらえるのはかなりアツいですね。

1-2-1-2.ネットショッピングで最大20倍のボーナスポイント!

さらに②の『Oki-Dokiランド』というポイントモール経由でネットショップにアクセスしてショッピングをすると店舗ごとに指定された倍率のボーナスポイントをゲットすることができます。

つまりJCBオリジナルパートナーのネットショッピング版と言う感じです。

ただちょっと違うのは、JCBカード EXTAGEをOki-Dokiランドで利用した場合、ネットショップの指定倍率が2倍の店舗ではさらにボーナスとして3倍のポイントをもらうことができます。

言葉で説明してもイメージがわかないと思うので、下記の表を見てください

ジャンル 店舗名 指定倍率 還元率
JCB CARD Wの場合 JCBカード EXTAGEの場合
総合 Amazon 2倍 1.5% 1.5%
楽天市場 2倍 1.5% 1.5%
LOHACO 2倍 1.5% 1.5%
Yahoo!ショッピング 2倍 1.5% 1.5%
ベルメゾンネット 3倍 2.0% 1.5%
セブンネットショッピング 2倍 1.5% 1.5%
Wowma!(ワウマ) 2倍 1.5% 1.5%
ニッセン 4倍 2.5% 2.0%
ヤマダモール 2倍 1.5% 1.5%
スーパー イトーヨーカドーネットスーパー 2倍 1.5% 1.5%
セブンミール 2倍 1.5% 1.5%
ドラッグストア等 楽天24 2倍 1.5% 1.5%
マツモトキヨシ 2倍 1.5% 1.5%
FANCL 2倍 1.5% 1.5%
DHCオンラインショップ 4倍 2.5% 2.0%
爽快ドラッグ 2倍 1.5% 1.5%
家電 ビックカメラ.com 3倍 2.0% 1.5%
Apple Store 2倍 1.5% 1.5%
ひかりTVショッピング 2倍 1.5% 1.5%
ヤマダ電機 WEB.COM 2倍 1.5% 1.5%
エディオンネットショップ 2倍 1.5% 1.5%
本・音楽 BookLive! 2倍 1.5% 1.5%
honto 2倍 1.5% 1.5%
TSUTAYA オンライン 2倍 1.5% 1.5%
楽天ブックス 2倍 1.5% 1.5%
旅行 エクスペディア 2倍 1.5% 1.5%
JCBトラベル 2倍 1.5% 1.5%
近畿日本ツーリスト 2倍 1.5% 1.5%
JTB 2-3倍 1.5%
2.0%
1.5%
JAL 日本航空 5倍 3.0% 2.5%
アップルワールド 10倍 5.5% 5.0%
クーポン グルーポン 2倍 1.5% 1.5%
LUXA 2倍 1.5% 1.5%
くまポンbyGMO 2倍 1.5% 1.5%
ファッション マルイウェブチャネル 2倍 1.5% 1.5%
ジーユー オンラインストア 2倍 1.5% 1.5%
i LUMINE(アイルミネ) 2倍 1.5% 1.5%
JINS 2倍 1.5% 1.5%
ABC-MART.net 2倍 1.5% 1.5%

JCB CARD Wの場合はカードの特典で+0.5%されるので、ポイント倍率2倍の店舗でも1.5%還元率になります。(0.5%×2倍+0.5%=1.5%)

一方でJCBカード EXTAGEを利用した場合は、ポイント2倍の店舗でのみおまけで1倍のポイント(0.5%)が貰えるので1.5%になります。(0.5%×2倍+0.5%=1.5%)

ですが、ポイント3倍の店舗や4倍の店舗になるとJCBカード EXTAGEの方はおまけポイントがなくなるので、結果的にJCB CARD Wの方がザクザクとポイントを貯めることができます。

『Oki-Dokiランド』ではAmazonやYahoo!ショッピング、ヤフオク、楽天市場など、誰でも知っているネットショップが並んでいるのでかなり利用しやすいポイントモールです。

まとめると、JCB CARD WとJCBカード EXTAGEで利用できるポイント特典としては

  • ①『JCBオリジナルパートナー』加盟店での利用でポイントボーナス
    =街中の店舗
  • ②『Oki-Dokiランド』での利用でポイントボーナス
    =ネットショッピング

の2つがあるので、街中でもネットショップでもボーナスポイントがもらえるお得なカードだということです。ポイント還元率でいうとJCB CARD Wの方が多くのポイントをもらうことができます。

1-2-2.JCB CARD Wだけのメリット

ではJCB CARD Wだけのメリットってないのか?というと、JCB CARD Wはカードの特典としてポイントが常に2倍という特典があります。

JCBカードの通常ポイントは0.5%なので、2倍ということは常に1.0%ということですね。

確かに他のJCBカードと比べると2倍なのですが、例えば楽天カードなどの還元率1.0%のカードと比べると「いやいや、ポイント還元率1.0%なんて普通だから!」という感じです。

じゃあ他にメリットはないのか?というと、JCB CARD Wでは2018年10月1日〜2019年3月31日までに入会した方限定で入会後3ヶ月はポイントが4倍(2.0%)になります!

年会費無料でポイント還元率2.0%というのは間違いなくクレジットカードの中でも最高還元率で、やばいのは「〇〇という店舗で利用するとポイント4倍」ではなく、常にどこで使ってもポイント4倍という点です。

例えば日常的な生活では家賃、ケータイ代、食費、交通費などでどうしても高額な出費が必要なると思いますが、これらの出費を全てカード払いしていれば下記のようにポイントがたまって行きます。

1ヶ月に8万円のカード利用をすると仮定しましょう。

※1Oki-Dokiポイント=5円相当

利用期間 ポイント還元率 利用額 合計獲得ポイント数
1ヶ月 2.0% 80,000円 320ポイント
(1,600円相当)
2ヶ月 2.0% 160,000円 640ポイント
(3,200円相当)
3ヶ月 2.0% 240,000円 960ポイント
(4,800円相当)
4ヶ月 1.0% 320,000円 1,120ポイント
(5,600円相当)
5ヶ月 1.0% 400,000円 1,280ポイント
(6,400円相当)
6ヶ月 1.0% 480,000円 1,440ポイント
(7,200円相当)
7ヶ月 1.0% 560,000円 1,600ポイント
(8,000円相当)
8ヶ月 1.0% 640,000円 1,760ポイント
(8,800円相当)
9ヶ月 1.0% 720,000円 1,920ポイント
(9,600円相当)
10ヶ月 1.0% 800,000円 2,080ポイント
(10,400円相当)
11ヶ月 1.0% 880,000円 2,240ポイント
(11,200円相当)
12ヶ月 1.0% 960,000円 2,400ポイント
(12,000円相当)

上記のようにJCB CARD Wを利用して普通に生活しているだけで1年間で1万2,000円相当のポイントを貯めることができます。

年会費無料でこのポイントのたまり具合はかなりエグくて、例えばJCBカードの最高ラウンクのJCBブラックカード(年会費5万円)でもポイント還元率は0.5%なのでこんなにポイントを貯めることはできません。

前述した通り、『JCBオリジナルパートナー』や『Oki-Dokiランド』でもポイント2倍の恩恵を受けてそれぞれ指定ボーナスポイントに+0.5%が加えらえるのでJCB CARD WはJCBカードシリーズのなかでもポイントがザクザク貯まるカードです。

1-2-3.JCBカード EXTAGEだけのメリット

ここまで聞くとJCB CARD Wの方がメリットがある感じがしますよね。

確かにJCB CARD Wは強烈ですが、JCB CARD Wのポイント還元率をJCBカード EXTAGEが上回るタイミングがあります。

まず、JCBカード EXTAGE独自のポイント制度のメリットとして下記のメリットがあります。

  • 入会から3ヶ月間はポイント3倍(1.5%)
  • 年間利用額20万円以上でポイント還元率+0.25%(合計0.75%)

上記のメリットのうち「入会から3ヶ月間はポイント3倍(1.5%)」というタイミングはJCB CARD Wよりもポイント還元率が高くなります。

しかし!

JCB CARD Wでは2018年10月1日〜2019年3月31日までに入会した方限定でポイント4倍(2.0%)になるので、結果的に2018年10月1日〜2019年3月31日まではJCB CARD Wの方がお得ですが、この特典がなくなればJCBカード EXTAGEの方がお得になります。

JCBカード EXTAGEの場合の入会後3ヶ月間ポイント3倍はキャンペーンではなく、カード特典なのでいつでも利用することができる特典です。

これはJCBカード EXTAGEだけのメリットなのですが、結果的に2018年10月現在ではJCB CARD Wの入会後3ヶ月間ポイント4倍キャンペーンによってJCBカード EXTAGEは残念なカードとなっています。

なぜなら独自特典を上回るメリットがJCB CARD Wにあるので、今入会するならJCB CARD Wを発行した方が完全にお得です。

しかも結果的に入会後4ヶ月以降もJCB CARD Wの方がお得なので今現在、JCBカード EXTAGEは存在感の薄いカードとなっています。

1-3.カードの特徴や特典内容で比較!JCB CARD Wが完全オススメ!

カード種類 JCB CARD W JCBカード EXTAGE
申込可能年齢 18歳~39歳 18歳~29歳
年会費 無料 無料(5年以内に解約の場合は2,160円)
カード切替 なし
(40歳以上になっても利用可能)
5年後にJCB一般カードに切替
明細 Web明細のみ Web明細/紙明細
入会時本人確認 オンライン口座設定のみ 郵送・対面も可
即日発行
年会費無料の条件
ディズニーデザイン
ポイント還元率 1.00% 0.5%~0.75%
 入会から3ヶ月間 2.00% 1.50%
 入会から4ヶ月~初年度 1.00% 0.75%
2年目以降
 年20万円未満利用 1.00% 0.50%
 年20万円以上利用 1.00% 0.75%
 年30万円以上利用 1.00% 0.75%
 年50万円以上利用 1.00% 0.75%
 年100万円以上利用 1.00% 0.75%
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 2,000万 2,000万
傷害治療 100万 100万
疾病治療 100万 100万
救援者費用 100万 100万
賠償費用 2,000万 2,000万
携行品損害 1旅行20万円/保険期間中100万円 1旅行20万円/保険期間中100万円
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
ポイント付与の電子マネー QUICPay QUICPay
エンタメ ディズニーが充実 ディズニーが充実
女性向け特典 plus Lの方には付帯

一気にカードのスペックを比較して見ましたが、発行する方法以外は完全にJCB CARD Wの方がお得ですね。これを見てJCBカード EXTAGEを発行する人はほとんどいないでしょう。

「ちょっと待ってよ、比較になってないじゃん!」と思うかもしれませんが、なぜこんなに比較にならないほどJCB CARD Wの方が優れているのか?という疑問が浮かびますよね。

結論からいうとJCB CARD WはJCBカード EXTAGEのアップグレード版だからです。

家電でもスマホでもそうですが、後継機種の方が安くてかつ便利なことが多いですよね。

JCB CARD WとJCBカード EXTAGEの関係も同じように、JCBカード EXTAGEを改良したものがJCB CARD Wです。

なので結局オススメはJCB CARD Wになってしまいます。

1-4.入会キャンペーンで比較!JCBカード EXTAGEは入会キャンペーンがない!

カード種類 JCB CARD W JCBカード EXTAGE
期間 2018年10月1日〜2019年3月31日
特典1 キャッシュバック
最大2,000円分
特典2 JCBギフトカード
最大6,000円分
合計 最大8,000円相当

これはもうトドメ的な比較になりますが、2018年10月現在はJCBカード EXTAGEは公式サイトで入会キャンペーンが行われていません。

一方でJCB CARD Wは入会キャンペーンが行われており、具体的な内容は下記の通りになっています。

特典 条件 JCB CARD W
特典1 2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)の期間中に家族カードを発行 1,000円キャッシュバック
(最大2名分まで)
特典2 カード入会後に送られてくるURL経由で知り合いや友達などに JCBカードを紹介・入会 JCBギフトカード1,000円分
(最大6名分まで)

キャンペーンの獲得条件が家族カードの発行や友達へのカード紹介など、簡単にもらえるものではないのでちょっとめんどくさいですね。

ただJCBカード EXTAGEのようにクレジットカードにも関わらず入会キャンペーンがないというのはかなり致命的で、おそらく「JCB CARD Wを推して行きたい!」というのがJCBカード側の狙いでしょう。

このようにポイント還元率も、入会キャンペーンもJCB CARD Wの方が優れているので、「JCBカード EXTAGEを発行したい!」という方は珍しく、JCBはJCBカード EXTAGEを今後廃止してJCB CARD Wだけに絞る可能性さえ感じられます。あくまでも予測ですが。

1-5.旅行保険で比較!保険金額は全く同じ!

カード種類 JCB CARD W JCBカード EXTAGE
【海外旅行傷害保険】
条件 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 2,000万 2,000万
傷害治療 100万 100万
疾病治療 100万 100万
救援者費用 100万 100万
賠償費用 2,000万 2,000万
携行品損害 1旅行20万円/保険期間中100万円 1旅行20万円/保険期間中100万円
【国内旅行傷害保険】
条件
死亡・後遺障害

JCB CARD W、JCBカード EXTAGEはどちらとも年会費無料にも関わらず最高2,000万円までの旅行保険が付帯しています。

ただ海外旅行中に重要になってくるであろう『傷害治療費用』『疾病治療費用』、つまり怪我や病気に対する保険金額が100万円と両カードとも不安の残る金額になっています。

海外旅行中の「怪我・病気に対する保険は300万円以上あった方がいい!」と言われているくらい海外では医療費が高くなっているので、JCB CARD WもJCBカード EXTAGEも旅行保険のメインカードとして利用するカードではありません。

あくまでも旅行保険はおまけ程度に感がていた方がよく、もし「海外で活躍するカードが欲しい!」と胃場合は年会費有料でしっかりとして海外旅行保険やその他ラウンジサービスが付帯したクレジットカードを発行した方がいいでしょう。

1-6.JCB CARD WとJCBカード EXTAGE比較まとめ

最後にもう一度カードスペックをまとめた表をご紹介すると下記の通りです。

カード種類 JCB CARD W JCBカード EXTAGE
申込可能年齢 18歳~39歳 18歳~29歳
年会費 無料 無料
(5年以内に解約の場合は2,160円)
カード切替 なし
(40歳以上になっても利用可能)
5年後にJCB一般カードに切替
明細 Web明細のみ Web明細/紙明細
入会時本人確認 オンライン口座設定のみ 郵送・対面も可
即日発行
年会費無料の条件
ディズニーデザイン
ポイント還元率 1.00% 0.5%~0.75%
 入会から3ヶ月間 2.00% 1.50%
 入会から4ヶ月~初年度 1.00% 0.75%
2年目以降
 年20万円未満利用 1.00% 0.50%
 年20万円以上利用 1.00% 0.75%
 年30万円以上利用 1.00% 0.75%
 年50万円以上利用 1.00% 0.75%
 年100万円以上利用 1.00% 0.75%
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 2,000万 2,000万
傷害治療 100万 100万
疾病治療 100万 100万
救援者費用 100万 100万
賠償費用 2,000万 2,000万
携行品損害 1旅行20万円/保険期間中100万円 1旅行20万円/保険期間中100万円
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
ポイント付与の電子マネー QUICPay QUICPay
エンタメ ディズニーが充実 ディズニーが充実
女性向け特典 plus Lの方には付帯

繰り返しになりますが、JCB CARD WとJCBカード EXTAGEを比べた場合は完全にJCB CARD Wの方がオススメです。

JCBカード EXTAGEは年会費が発生しないとはいえ、発行後5年度に年会費有料のカードに自動切り替えになる上、もし解約すると発行手数料2,000円(税抜)が発生します。

そう考えるとコスト0円でしかもポイント還元率も良いJCB CARD Wが絶対にお得ですよね。

2.JCB CARD Wのメリット、向いてる人

ここまでご紹介してきた内容から、JCB CARD WがJCBカード EXTAGEより優れている点をまとめると下記の通りになります。

【JCB CARD Wのメリット】
※JCBカード EXTAGEと比較した場合

  • 通常時のポイント還元率がJCBカード EXTAGEより0.5%高い
  • 入会から3ヶ月間はJCBカード EXTAGEより0.5%高い
    (2018年10月1日〜2019年3月31日のキャンペーン中に申し込みした場合)
  • 39歳までの方が発行可能
  • 一度発行できれば40歳を超えても継続的に利用可能

簡単にいうと「ポイント還元率も高くて、一度発行すれば永久に年会費無料で使える!」というクレジットカードです。

なので発行するなら完全にJCB CARD Wです。一度発行することができれば40歳以上になっても利用することができますが、40歳以上の方は新規申し込みができないので39歳以下の方は発行できるときに発行しておきましょう。

年会費が無料なので使わなくてもなんのデメリットもありません。

3.JCBカードEXTAGEのメリット、向いてる人

ここまで聞くと「JCBカード EXTAGEってなんかメリットあるの?」って感じですが、一応JCB CARD Wと比較してJCBカード EXTAGEに利点があるとすれば下記の通りです。

【JCBカード EXTAGEのメリット】
※JCB CARD Wと比較した場合

  • 紙媒体の明細書が郵送でもらえる
  • 入会時の本人確認方法が豊富
  • ディズニーデザインを選択可能

JCB CARD Wの場合はオンライン口座での支払い設定を行う必要がありますが、現在ではほとんどの大手銀行はネットバンキングに対応しているので問題ないでしょう。

それを考慮するとJCBカード EXTAGEのメリットはディズニーデザインを選べるというくらいしかありません。

確かに上記のような限定デザインがあるとディズニーファンからするとそそられますよね。

ただやはり利便性を考えるとJCB CARD Wの方が優れているので、どうしてもディズニーデザインが欲しい方はカードをゴールドカードなどに切り替えるタイミングで申し込めばOKでしょう。

4.最後に

結論をまとめると発行するならJCB CARD Wです!

JCBカード EXTAGEの唯一のメリットである “入会後3ヶ月間はポイント還元率3倍(1.5%)”というメリットさえ、JCB CARD WのキャンペーンによってJCB CARD Wの方が上になっています。(2.0%)

ハッキリいうと現時点でJCBカード EXTAGEを発行するメリットはないでしょう。

それもそのはず、JCB CARD Wは2017年登場ですが、JCBカード EXTAGEは2009年に発行開始されたカードなので、JCB CARD Wの方が優れているに決まっています。

カード特典の力の入れ方も完全にJCB CARD Wの方が上ですし、JCB CARD Wは年会費無料なので発行することになんのデメリットもありません。

一方でJCBカード EXTAGEは解約しようとすると2,000円(税抜)の手数料がかかるのでオススメできません。

【JCB CARD W】

JCBカードの中で最もポイント貯まりやすい新カード登場!!Amazon&スタバ利用が特におすすめ!!

年会費無料 WEB申込限定
39歳まで
1000円=2P
1P=5円
JCB スタバチャージ
ポイント10倍
ApplePay
利用可能
海外旅行保険
利用付帯
女性専用
補償あり
Amazonで
貯まる使える
今だけ!!期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今なら入会後3か月間はポイント4倍!!さらに最大10,000円もらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

◆JCBカードの種類の違いを比較調査した結果まとめ

◆JCBカードとよく比較される三井住友カードの違いについて