JCBカードシリーズのNo2.JCBプラチナと、最高ランクでありNo1のJCBザ・クラスの比較記事です。

どちらのカードも高級感溢れる券面ですね。

もちろんカードの特典としてはJCBザ・クラスの方が上です。JCBプラチナで利用できる特典はJCBザ・クラス会員は全て利用することができます。

問題は「JCBザ・クラスはJCBプラチナに比べてどれだけ豪華な特典が付帯しているの?」という点ですよね。

結論から言うと、実はJCBザ・クラスとJCBプラチナの特典はほとんど変わりません。もちろん強烈な特典が2〜3つ追加されますが、この記事を読んだ後に「なんだ!だったらJCBプラチナでも良いじゃん!」と言う方も絶対にいるはずです。

JCBザ・クラスは完全インビテーション制の発行難易度が高いカードなので、ついつい欲しくなってしまうかもしれませんが、年会費はJCBプラチナの2倍なのでキチンとカード特典を把握してから発行しないとお金の無駄遣いになってしまいます。

この記事ではJCBプラチナとJCBザ・クラスの主要特典を含め、「JCBザ・クラスはこの特典がプラスされる!」というのをわかりやすくまとめています。

発行する前に必ず一読すればカードの全体が掴めるはずです。

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

見出し一覧

◆JCBカードの種類の違いを比較調査した結果まとめ

◆JCBカードとよく比較される三井住友カードの違いについて

1.年会費で比較!お得なのはどっち?

カード種類 JCBプラチナ JCBザ・クラス
申し込み条件 25歳以上 インビテーション制
本会員年会費 27,000円(税込) 54,000円(税込)
家族カード会員年会費 1人目:無料
2人目以降:3,240円(税込)
8枚まで無料
ETC年会費 無料 無料

年会費に関してはJCBプラチナは27,000円(税込)、JCBザ・クラスは54,000円(税込)で、2倍の差があります。

年会費も大きく異なりますが、もっと大きな違いとしてはJCBプラチナは自分から申し込むことができるのに対してJCBザ・クラスはインビテーション制(招待制)のため自分から申し込むことができないという点です。

つまり、JCBザ・クラスは選ばれた人が持てるカードだということです。

もし今現在JCBザ・クラスのインビテーションが届いている方は、この記事をよく読んで発行を考えましょう。確かに年会費は54,000円と高額ですが、使う人によっては年会費分の元を取れる特典は十分に付帯しています。

1-1.JCBザ・クラスは家族カードは8枚まで無料!

JCBザ・クラスの年会費はJCBプラチナの2倍とご紹介しましたが、JCBザ・クラスでは家族カードを8枚まで無料で発行することができます。

8枚まで無料ってかなり強烈ですよね。

後ほどJCBプラチナとJCBザ・クラスの特典について詳しくご紹介しますが、JCBザ・クラスの家族カード会員は一部の特典を除き本会員と同じようにカードの特典を利用することができます。

家族カードの発行基準は”本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生をのぞく18歳以上)の方”なので、例えば子供が大学生でもJCBザ・クラスというブラックカードを持たせることができます。

2.還元率で比較!ポイントが貯まりやすいのはどっち?

カード種類 JCBプラチナ JCBザ・クラス
ポイント名 Oki-Dokiポイント Oki-Dokiポイント
通常時ポイント還元率 0.5%
(1,000円ごとに1ポイント)
※1ポイントの価値は5円相当
0.5%
(1,000円ごとに1ポイント)
※1ポイントの価値は5円相当
海外利用時ポイント還元率 1.0% 1.0%
リボ払いボーナス
年間利用額ボーナス 30万円以上 +0.10% +0.10%
50万円以上 +0.15% +0.15%
100万円以上 +0.30% +0.30%
300万円以上 +0.35% +0.35%
優待店でのポイント還元率 【JCBオリジナルパートナー】
最大20倍
【JCBオリジナルパートナー】
最大20倍
ポイントモールでのポイント還元率 【Oki-Dokiランド】
最大20倍
【Oki-Dokiランド】
最大20倍
ポイント有効期限 5年 5年

結論から言うとJCBプラチナもJCBザ・クラスもポイント還元率に関しては差がありません。

カードの通常利用時は1,000円ごとに5円相当のポイントが貯まる還元率0.5%のクレジットカードです。年会費無料のクレジットカードでもポイント還元率が1.0%のカードもあるので、ポイント還元率としてはかなり低いと言えるでしょう。

しかし、JCBプラチナやJCBザ・クラスのようなハイスペックなカードを発行する方は社会的地位が高い人が多いはずです。

そうすると必然的にカードの利用額が多くなるので、もしできることならポイント還元率も高い方がいいですよね。

JCBプラチナとJCBザ・クラスでは下記の方法でポイント還元率をアップさせることができます。

  • ①『JCBオリジナルパートナー』加盟店での利用でポイント最大20倍
  • ②『Oki-Dokiランド』経由のネットショピングでポイント最大20倍
  • ③年間利用額特典で翌年度のポイント還元率最大+0.35%
  • ④海外でのカード利用でポイント2倍

JCBカードユーザーなら既に知っているかもしれませんが、もし今からJCBカードを発行しようと考えている方は絶対に知っておくべき特典です。

④の海外利用時にポイント2倍という特典は文字通りそのままなので、①〜③の特典を簡単にご紹介します。

2-1.『JCBオリジナルパートナー』加盟店でポイントボーナス!スタバでは10倍!【共通特典】

まずは『JCBオリジナルパートナー』というJCBカードの優待店でカードを利用するとポイントボーナスがもらえるという特典です。

下記のステッカーが提示されている店舗でカードを利用すると店舗ごとに指定された倍率のボーナスポイントをもらうことができます。

でもこういうステッカーって意識していないと気づかないですよね。

『JCBオリジナルパートナー』の加盟店は具体的に下記のような店舗があります。

ジャンル 店舗名 ポイントボーナス 還元率
ショッピング イトーヨーカドー 3倍 1.5%
セブン-イレブン 3倍 1.5%
福田屋百貨店 3倍 1.5%
マミーズ 3倍 1.5%
カフェ スターバックス 10倍 5.0%
ネット通販 Amazon.co.jp 3倍 1.5%
トレンドマイクロ・オンラインショップ 20倍 10.0%
カーライフ 昭和シェル石油 2倍 1.0%
エッソ・モービル・ゼネラル 2倍 1.0%
オリックスレンタカー 6倍 3.0%
レストラン 一休.comレストラン 3倍 1.5%
トラベル JCBトラベル 2~10倍 1.0%~5.0%
東京ディズニーリゾートトラベル特典 10倍 5.0%
エンタメ ローチケHMV 7倍 3.5%
ラグーナテンボス 5倍 2.5%

セブンイレブンでカードを利用するとボーナスポイントで+1.0%のポイントが上乗せされるので、合計還元率は1.5%です。こうなると一気にポイントが貯まりやすいカードとして利用できますよね。

また、2018年4月1日からはスターバックスカードにオンライン上からチャージするとポイント10倍というサービスが開始されました。

1,000円ごとに50円相当のポイントが返ってくるというとかなり強烈な特典です。

あくまでもオンライン上でのチャージなので、店舗でチャージしてもポイント対象外になる点には注意が必要です。

JCBカード共通の特典ですが、JCBプラチナ、JCBザ・クラスを利用する際にも覚えておきたい特典です。

2-2.『Oki-Dokiランド』経由のネットショッピングで最大ポイント20倍!【共通特典】

2つ目は『Oki-Dokiランド』というポイントモール経由でネットショップにアクセスしてショッピングをするとボーナスポイントがもらえるという特典です。

JCBカードだけでなく多くのクレジットカードで取り入れられている特典ですね。

例えばOki-Dokiランド経由で大手ネットショップのAmazonにアクセスしてショッピングをすると、通常ポイントの2倍のポイントがゲットできます。

前述した『JCBオリジナルパートナー』ではセブンイレブンなどの利用金額が低くなりがちな店舗が参加店舗としてありましたが、ネットショップだと大型家電や家具、電化製品などの高額出費もあるのでボーナスポイントがゲットできるのは嬉しい特典です。

主な参加店舗としては下記のような店舗があります。これもJCBカードの共通特典ですが、前述した通りJCBプラチナとJCBザ・クラスでは通常ポイント還元率が低くなっているので積極的に活用するべき特典です。

具体的な参加店舗は下記の通りです。

『Oki-Dokiランド』参加店舗一例
ジャンル 店舗名 指定倍率 還元率
総合 Amazon 2倍 1.0%
楽天市場 2倍 1.0%
LOHACO 2倍 1.0%
Yahoo!ショッピング 2倍 1.0%
ベルメゾンネット 3倍 1.5%
セブンネットショッピング 2倍 1.0%
Wowma!(ワウマ) 2倍 1.0%
ニッセン 4倍 2.0%
ヤマダモール 2倍 1.0%
スーパー イトーヨーカドーネットスーパー 2倍 1.0%
セブンミール 2倍 1.0%
ドラッグストア等 楽天24 2倍 1.0%
マツモトキヨシ 2倍 1.0%
FANCL 2倍 1.0%
DHCオンラインショップ 4倍 2.0%
爽快ドラッグ 2倍 1.0%
家電 ビックカメラ.com 3倍 1.5%
Apple Store 2倍 1.0%
ひかりTVショッピング 2倍 1.0%
ヤマダ電機 WEB.COM 2倍 1.0%
エディオンネットショップ 2倍 1.0%
本・音楽 BookLive! 2倍 1.0%
honto 2倍 1.0%
TSUTAYA オンライン 2倍 1.0%
楽天ブックス 2倍 1.0%
旅行 エクスペディア 2倍 1.0%
JCBトラベル 2倍 1.0%
近畿日本ツーリスト 2倍 1.0%
JTB 2-3倍 1.0%
1.5%
JAL 日本航空 5倍 2.5%
アップルワールド 10倍 5.0%
クーポン グルーポン 2倍 1.0%
LUXA 2倍 1.0%
くまポンbyGMO 2倍 1.0%
ファッション マルイウェブチャネル 2倍 1.0%
ジーユー オンラインストア 2倍 1.0%
i LUMINE(アイルミネ) 2倍 1.0%
JINS 2倍 1.0%
ABC-MART.net 2倍 1.0%

2-3.年間利用額に応じて最大ポイント還元率+0.35%!【共通特典】

3つ目は年間利用額に応じてもらえるボーナスポイントについてです。

『JCB STAR MEMBERS』という特典ですが、JCBプラチナとJCBザ・クラスでは年間利用額に応じて段階的に上がっていくポイント還元率の上昇率に違いはありません。

年間利用額 メンバーランク名 ポイントUP ポイント数 還元率
300万円以上 ロイヤルα PLUS 70%UP 1,000円ごとに1.6ポイント 0.85%
100万円以上 スターαPLUS 60%UP 1,000円ごとに1.5ポイント 080%
50万円以上 スターβPLUS 30%UP 1,000円ごとに1.2ポイント 0.65%
30万円以上 スターePLUS 20%UP 1,000円ごとに1.1ポイント 0.60%

上記の通り、最大でも上昇率は+0.35%とそれほど高くありませんが、この特典は前述の『JCBオリジナルパートナー』『Oki-Dokiランド』利用時に併用して適用することができます。

例えばロイヤルα PLUSランクとしてポイント還元率が+0.35%された状態で、Oki-Dokiランドを利用してAmazonでショッピングをしたとすると下記のようになります。

  • 通常ポイント還元率
    =0.5%
  • Amazonのポイント倍率
    =2倍(+0.5%)
  • 年間利用額ランク『ロイヤルα PLUS』
    =+0.35%

で合計還元率1.35%になります。

無理に年間利用額特典を狙う必要はありませんが、JCBプラチナやJCBザ・クラスを利用してポイントを効率的に貯めたい方は年間利用額が上がるように家賃や光熱費、食費などの生活費を積極手にカード払いにしていきましょう。

ひとまずポイント還元率に関してはJCBプラチナもJCBザ・クラスも同じと考えてOKです。

3.カードの特徴や特典内容で比較!どっちが便利?

カード種類 JCBプラチナ JCBザ・クラス
年会費(税込) 本会員 27,000円 54,000円
家族会員 1名無料
(2名以降3,240円)
8枚まで無料
キャッシング
自己申込
ポイント還元率 0.5%~0.85%
(一部加盟店1~5.35%)
0.5%~0.85%
(一部加盟店1~5.35%)
カード利用に応じたプレゼント  –
ポイント有効期限 5年間 5年間
コンシェルジュ
年1回のプレゼント メンバーズセレクション
高級レストラン1名分無料
レストラン代金が30%OFF
その他ダイニングサービス ダイニング30 ザ・クラス ダイニング
ダイニング30
海外旅行傷害保険(カッコ内は家族) 海外旅行傷害保険 自動付帯 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 1億円
(1,000万円)
1億円
(1,000万円)
傷害・疾病治療費用 1000万円
(200万円)
1000万円
(200万円)
賠償責任 1億円
(2,000万円)
1億円
(2,000万円)
携行品 1旅行100万・年間100万円
(50万/100万)
1旅行100万・年間100万円
(50万/100万)
救援者費用 1000万円
(200万円)
1000万円
(200万円)
家族特約
航空機遅延費用保険 2万円(同額) 2万円(同額)
航空機預託手荷物遅延・紛失費用保険 4万円(同額) 4万円(同額)
国内旅行傷害保険 適用条件 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 1億円 1億円
入院保険金(日額) 5,000円 5,000円
手術費用保険金 5万~20万円 5万~20万円
通院保険金(日額) 2,000円 2,000円
家族特約
ショッピング保険 年間最高補償額 500万円 500万円
1事故当り自己負担額 3,000円 3,000円
補償期間 90日間 90日間
ゴルファー保険
24時間医療・健康相談
電子マネー(ポイント付与対象) QUICPay QUICPay
マイル移行 移行先 JAL、ANA、デルタ航空 JAL、ANA、デルタ航空
獲得レート 基本0.30% 基本0.30%
移行手数料 無料 無料
空港ラウンジ 対象空港 国内28空港42ヵ所
海外1空港1ヵ所
国内28空港42ヵ所
海外1空港1ヵ所
同伴者料金 同伴者1名無料
(以降1名あたり250円~1,543円)
同伴者1名無料
(以降1名あたり250円~1,543円)
プライオリティ・パス プレステージ会員 プレステージ会員
(同伴者1名無料)
空港手荷物無料宅配 往復無料
(JCBトラベルで予約の場合)
往復無料
(JCBトラベルで予約の場合)
ディズニー・USJでの特典 USJのラウンジ ディズニーのラウンジ
USJのラウンジ
その他ラウンジ 京都ラウンジ 京都ラウンジ
会員誌・雑誌 JCB THE PREMIUM JCB THE PREMIUM
PREMIUM LEON for JCB THE CLASS
JCBオリジナルカレンダー 申し込みが必要 自動送付
QUICPay 一体型はなし 一体型あり

当たり前ですが、特典で比較するとJCBザ・クラスの方がJCBプラチナよりも多くの特典が付帯しています。

言ってみればJCBザ・クラスはJCBプラチナで利用できる特典は全て利用することができます。気になるのは「JCBプラチナにはなくて、JCBザ・クラスから利用できる特典ってなに?」という疑問ですよね。

そこら辺を含めてJCBプラチナとJCBザ・クラスで利用できる主要メリットを詳しくご紹介していきます。

3-1.コンシェルジュで比較!コンシェルジュデスクは同じ!

まずはJCBカードシリーズの中でもJCBプラチナから利用できるコンシェルジュデスクについての比較です。

コンシェルジュでは24時間365日年中無休でカード会員の要望に答えてくれるので

  • 旅行のプラン・ルートの検索依頼
  • 飛行機・電車などのチケット予約
  • 映画・水族館などレジャー施設のチケット手配
  • 海外限定品などの取り寄せ
  • レストランなどの予約

などなどを依頼すると、コンシェルジュが対応してくれるので必然的に自分の人生の時間を増やすことができます。

一応建前上ではJCBプラチナ会員では『プラチナ・コンシェルジュデスク』というコンシェルジュが利用でき、JCBザ・クラス会員では『ザ・クラス・コンシェルジュデスク』というコンシェルジュが利用できるということになっています。

しかし、特典名に違いはあれど、コンシェルジュの対応に違いはありません。

JCBカードのコンシェルジュデスクは自社で教育したエリートスタッフ対応してくれるので質が高いと有名です。

例えば他のクレジットカードではコンシェルジュデスクを他の会社に委託しているカードもあるので「全然コンシェルジュデスクに電話が繋がらない!」という場合があります。

口コミではJCBが評判がよく、三井住友カードのコンシェルジュの評判が悪いですね。

とりあえずJCBプラチナとJCBザ・クラスのコンシェルジュデスクにはそれほど差がないと考えてOKです。

3-2.年1回の豪華プレゼント!ディズニーチケットなどが無料のメンバーズセレクション !【JCBザ・クラス限定特典】

ここまでポイント還元率やコンシェルジュサービスなどで比較してきましたが、大きな違いはありませんでしたよね。

いよいよJCBプラチナとJCBザ・クラスのハッキリとした違いについてご紹介します。

JCBザ・クラスでは『メンバーズセレクション』という年1回JCBザ・クラス会員にカタログが送られ、カタログの中から豪華商品を選ぶことができるという特典があります。

メンバーズセレクションでは

  • ①テーマパーク&トラベルコース
  • ②厳選ギフトコース

という2つのコースがあり、さらにそのコースの中から欲しい商品を選ぶという形式の特典になっています。

一つの商品価値が2~3万円相当の価値があるものなので、特典としてはかなり強烈でJCBザ・クラス会員限定の特別なカードサービスと言っても過言ではないでしょう。

では具体的な商品をご紹介していきますね。

3-2-1.USJやディズニーで優待特典!『テーマパーク&トラベルコース』

まずは『テーマパーク&トラベルコース』ですが、このコースではJCBトラベルでツアーを予約する際に利用できるクーポンや、ディズニーランドのチケット、USJのチケットを選ぶことができます。

具体的な商品は下記の通りです。

特典名 内容
①JCBトラベルクーポン(25,000円分) 海外・国内パッケージツアー、JCBプレミアムステイプラン旅館編に利用可能
②東京ディズニーリゾート ギフトカード(1万円分)&アイテムプレンゼント 東京ディズニーランドか東京ディズニーシーが1日楽しめるパークチケット2枚と、以下のうち1つのセット
・ダッフィー&シェリーメイのぬいぐるみ
・ミッキー&ミニーのぬいぐるみ
・ネクタイ&ネクタイピン
③USJ スタジオ・パス&JCBエクスプレス・パス1引換券(各4枚) USJに入場可能なパスポート、アトラクションに短時間で乗れるエクスプレス・パスのペアセット(※先着1,500名)
④USJ スタジオ・パス(2枚)&USJオリジナルデザインJCBプレモカード(1万円分) ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに入場可能なパスポート2枚、JCBプレモカードのセット
⑤スマートボックスセレクション ゴルフレッスン・乗馬等の体験プログラムに利用できるクーポン

USJではチケット4枚に加え、アトラクションが優先的に入場できるファストパスも4枚もらえるという強烈な特典になっています。

「テーマパークには興味がない!」という方は①のトラベルクーポンを選択することで25,000円分の割引クーポンをゲットすることができます。

利用できる旅行会社には下記のような会社があります。

ジャンル 対象ツアー(一例)
海外パッケージツアー JTB
近畿日本ツーリスト
ジャルパック
ANAセールス
日本旅行
クラブメッド
JTBロイヤルロード銀座
阪急交通社
グローバルユースビューロー
国内パッケージツアー JTB
ジャルパック
ANAセールス
近畿日本ツーリスト
東日本旅客鉄道
日本旅行
JTBガイアレック
JTBサン&サン西日本
クラブメッド
JR東海ツアーズ
クルーズ(海外・国内) JTB
郵船クルーズ
日本クルーズ客船
商船三井客船
JCBプレミアムステイプラン 旅館編

メンバーズセレクションのカタログが送られてくるのは年度が変わる3~4月あたりですが、年1回このような強烈な豪華プレゼントが貰えることが確定しているのはカード会員としては誕生日プレゼントのような感じで嬉しいですよね。

例えば②のディズニーチケットを選択すればチケットを2枚ゲットできるので、彼氏・彼女と一緒に利用することができます。年1回確実にこのようなプレゼントが用意されているのはかなり嬉しいですよね。

ネット上でも「今年はこのギフトを選んだ!」というJCBザ・クラスユーザーのつぶやきが見受けられます。

3-2-2.国産和牛やドンペリなどもあり!『厳選ギフトコース』

もう一つのコースは『厳選ギフトコース』というコースで、カタログに掲載されている電化製品などを選んで送ってもらうことができます。

中には豪華商品はもちろん、この特典でしかゲットできない限定商品も用意されています。

豪華商品は毎年更新されますが、2018年度の商品は下記のようなものでした。

『厳選ギフトコース』商品一覧
ジャンル 厳選ギフト名
文房具等 パーカー ザ・クラス オリジナル インジェニュイティ
今治タオル 白雲タオルセット
MOVAグローブ アンティーク
ファッション MTG Style PREMIUM
MTG ReFa CARAT
スタッグ セラミックス・クロノグラフウォッチ
エス・テーデュポン デルタボックス リバーシブルベルト
ラガシャ オフィス MOVE ブリーフケース
アジア・アゲージ パンテオン フロントオープンキャリーケース
石井猛雄 牛革ビジネスバッグ
ダコタ サンセット トートバック
アウトドア タイトリスト ザ・クラス オリジナル ゴルフボール(3ダース)
エッシェンバッハ エレガントオペラグラス
ビクセン 天体望遠鏡
クラシックミムゴ 折りたたみ自転車(6段変速)
ケルヒャー 高圧洗浄機 カーキットセット
白物家電 エコモ 2in1 ロボットクリーナー
ティファール スチームアイロン
レイコップLITE フィルター付特別セット
テンピュール ソナタピローM+スムースピローケース
シャープ 空気洗浄機
デロンギ オイルヒーター
パナソニック ラムダッシュ
フィリップス 電動歯ブラシ フレックスケアープラチナ
ヤーマン スカルプドライヤー
タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル
オムロン 上腕式血圧計
パナソニック スチーマー ナノケア
パナソニック エアーマッサージャーレッグリフレ ブーツシェイプ
食器 バカラ タリランド タンブラー
バカラ ミルニュイ タンブラー ペア
ロイヤルコペンハーゲン ブルーコペンハーゲンコーヒーカップ&ソーサーペア
ロイヤルコペンハーゲン プリンセス コーヒータイム得っと
ウェッジウッド ワイルドストロベリーアーカイブマグペア
マイセン 波の戯れ ホワイトティーカップ&ソーサーペア
フラックス ケータイ水素ボトル ポケット
キッチン器具 デロンギ ディスティンタコレクション オーブン&トースター・電気ケトルセット
ネスプレッソ イニッシア バンドルセット
ツヴィングJ.A.ヘンケルス ツインフィン3Pセット
デロンギ ブレンデックス パワーブレンダー
ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー
ストウブ ピコ・ココットラウンド 18cm
フィスラー ビタクイック圧力鍋4.5L ガラス蓋付き
ティファール インジニオ・ネオ IHキャストラインセット
ロータスグリル お試しブナ木炭付き
イワタニ カセットコンロ アモルフォプレミアム
キッチン家電 パナソニック IHホットプレート
タイガー IH炊飯ジャー<炊き立て>tacook
象印 ホームベーカリー パンくらぶ
ザイグル ミニグリル
フィリップス ヌードルメーカー
+LOUNGEワインセラー
お酒 ドンペリニヨン
フランス周遊ワイン6本セット
焼酎飲み比べセット
日本酒飲み比べセット
食べ物 帝国ホテル スープディナーセット・クッキー詰め合わせ
鰻楽 うなぎ蒲焼
浜の院 人形町物語
シェ松尾 グルメセット
北上まきさわ工房 北上四匠豚ハム・ソーセージ詰合せ
京都モリタ屋 国産黒毛和牛ステーキセット
京都モリタ屋 国産黒毛和牛 すき焼き用
神戸牛乃匠 神戸牛 焼肉用
特別栽培農産物認証 魚沼産コシヒカリ

商品名だけ見てもイメージがわかないと思うので、一つ例をとって見てみましょう。

例えば『コペンハーゲンのコーヒーカップ(ペア)』がありますが、これを普通に通販などで購入しようと思えば、一脚の相場が10,800円なのでペアだと21,600円です。

『テーマパーク&トラベルコース』と同じように一つの商品の価値が2万円を超えるものも用意されているので、「テーマパークには興味がない!物が欲しい!」という時には厳選ギフトコースを選びましょう。

もちろん厳選ギフトコースも毎年選択することができるので、JCBザ・クラス会員であり続ければ毎年豪華商品が家に増えていくことになります。

ネット上でも「今年はこれを選んだ!」というJCBザ・クラス会員の声が多く見受けられます。

3-3.エンタメ特典で比較!JCBザ・クラスはディズニーランドで特別ラウンジが利用可能!

次にエンタメ特典で比較ですが、JCBプラチナとJCBザ・クラスでは下記の会員特別ラウンジを利用することができます。

  • ①USJの会員特別ラウンジ【共通特典】
  • ②京都駅の会員特別ラウンジ 【共通特典】
  • ③ディズニーランドの会員特別ラウンジ【JCBザ・クラスのみ】

①と②のラウンジはJCBプラチナ、JCBザ・クラス会員共通で利用できるラウンジですが、③のディズニーランドラウンジのみJCBザ・クラス会員限定の特典となっています。

勘の良い方は気づいたかもしれませんが、JCBザ・クラス会員はメンバーズセレクションでディズニーランドのチケットをゲットすれば、無料でディズニーランドを楽しめる上に会員限定のラウンジも利用することができます。

3-3-1.USJの会員特別ラウンジ【共通特典】

JCBプラチナ、JCBザ・クラス会員はUSJのジュラシック・パークのアトラクション『ザ・フライング・ダイナソー』の施設内にあるJCB会員特別ラウンジを利用することができます。

JCBザ・クラス会員であれば『メンバーズセレクション』でUSJチケットをゲットした上に会員特別ラウンジが利用できます。

利用方法としてはコンシェルジュデスクに電話して招待券をもらうことで年1回まで特別ラウンジを利用することができ、1枚の招待券で4名まで利用することができます。

メンバーズセレクションでもらえるUSJのチケットもちょうど4枚なので、組み合わせ抜群ですね。

具体的な概要は下記の通りです。

【利用方法・条件】

  • プラチナ・コンシェルジュ・デスクへ「ご招待券」を請求
    ※年1回まで
  • 招待券一枚で4名まで利用可能
  • 利用予定日の1ヵ月前から前日までに予約する必要あり

【営業時間】

  • 平日:10時~12時/13時~17時
  • 土・日・祝日:10時~12時、13時~19時

【特典・サービス】

  • アトラクションの優先搭乗
  • ドリンクサービス
  • 休憩
  • 雑誌閲覧

USJはディズニーランドと並ぶ日本の2大テーマパークで、敷地もかなり広く休日は混雑しているでしょう。

しかし、このような上級カード会員しか入れない特別ラウンジがあればゆっくりと休憩することができますね。しかも休憩後はファストパス利用者よりもさらに優先的にアトラクションを楽しめるというオマケ付きです。

3-3-2.京都駅の会員特別ラウンジ 【共通特典】

2つ目は京都駅にある『JCB Lounge 京都』という特別ラウンジです。

このラウンジを利用できるのは下記のカードを持っている方限定です。

  • JCB THE CLASS、JCBプラチナ、JCBゴールド ザ・プレミア
  • ANA JCBカードプレミアム、JAL JCBカード・プラチナ
  • 東海東京証券プレミアクラブJCB Platinum
  • JCBプラチナ法人カード

つまり、プラチナカードクラスのハイグレードカードを持っている人しか利用できないラウンジなので、必然的に利用者の年齢層・職業などのスペックは高くなります。

ラウンジには仕事スペースも用意されていて、カード会員であれば何度でも利用することができるので、京都に住んでいる方は観光客や学生で混雑してうるさいカフェよりも、このJCB会員限定のラウンジを利用した方がゆっくりと過ごすことができるでしょう。

具体的な概要は下記の通りです。

【利用条件】

  • カード会員1名につき同伴者1名まで無料
  • 家族カード会員も利用可能

【営業時間】

  • 年中無休
  • 10:00~18:00

【サービス・設備】

  • ドリンク
  • ガイドブック・情報誌の閲覧
  • 手荷物の一時預かり
  • 無料Wi-Fi

3-3-3.ディズニーランドの会員特別ラウンジ【JCBザ・クラスのみ】

3つ目の会員特別ラウンジはディズニーランドにある会員特別ラウンジで、このラウンジはJCBプラチナ会員は利用することができず、JCBザ・クラス会員限定の特典です。

ラウンジは下記の2つのアトラクションの施設内に設置されています。

  • スターウォーズのアトラクション『スター・ツアーズ』
  • ファインディングニモもアトラクション『ニモ&フレンズ・シーライダー』

この特典も利用できるのは年1回までで、利用する際にはコンシェルジュに電話して予約することで利用することができます。

もちろんこのラウンジもUSJのラウンジ同様に利用後にはファストパス会員よりも早くアトラクションを楽しむことができるので、長蛇の列に並ぶ必要はありません。

3-4.グルメ特典で比較!高級コース料理無料 & 飲食代金30%OFF

JCBプラチナとJCBザ・クラスに付帯している目玉特典に

  • ダイニング30 (サーティ)
  • グルメベネフィット

というグルメ特典があります。

両方とも共通の特典であり、JCBプラチナとJCBザ・クラスのグルメ特典に大きな差はありませんが、この特典は1回の利用で1万円〜3万円もしくはそれ以上のベネフィットを叩き出せる特典なので、もしJCBプラチナやJCBザ・クラスを狙っているなら一見の価値あります。

3-3-1.『ダイニング30』で高級レストランの飲食代金が30%OFF!【共通特典】

まず1つ目のグルメ特典ですが、『ダイニング30(サーティ)』という特典で、対象店舗でコース料理や飲食代金が30%OFFになる特典です。

この特典が利用できるのはJCBゴールド・ザ・プレミアというカードからなので、JCBプラチナ、JCBザ・クラスだけの特典ではありませんが、内容としてはかなり利用価値の高い特典となっています。

なんと言っても1,000円割引というような少額の割引ではなく、30%OFFというパーセンテージでの割引なので、利用額が上がれば上がるほど割り引かれる金額は高額になってきます。

例えば会社で「今度の忘年会の幹事を頼む!」と依頼されれば会社の規模にもよりますが普段よりも大人数で食事をすることになるでしょう。その時にダイニング30を使えば高額な割引額を叩き出すことができます。

5万円で15,000円OFF、10万円で3万円OFFという風に、利用額があれば上がるほど強烈なベネフィットを享受できます。

対象レストランはどこも高級な内観で、デートにも接待にも利用できる店舗が揃っています。

対象店舗は北は北海道から南は沖縄まで幅広くあるのでどこに住んでいても利用しやすい特典です。

ダイニング30の対象店舗一覧
エリア 店舗名 割引対象
北海道 てっぱん焼きダイニングゑびす[五感で楽しむ極上肉] お会計
コンチネンタル[レストラン] お会計
道産黒毛和牛 (個室焼肉) さくらぎ[個室/道産黒毛和牛焼肉] お会計
ビストロ アルモニー[深夜もOKお手頃ワイン] アルモニー記念日プレミアムコース 15,000円
青森 ビストロ 鮨勝 お会計
宮城 三太郎[天ぷら・仙台牛・個室] 黒毛和牛すきやき会席 11,000円
茨城 コート ル・ヴァン[本格フレンチレストラン] 10,000円コース
鮨処 花ひろ[食材にこだわった鮨] 花ひろコース15,000円
栃木 治兵衛 -JIHEI-[日本料理 懐石 天ぷら] お会計
日本料理 丸治[日本料理 懐石料理] お会計
埼玉 料亭 玉家[料亭 会席料理 和食] 壱万円コース 1,0000円(税サ別)
リストランテ オガワ[大宮 本格イタリア料理] シェフおまかせコース10,000円
鈴善[会席 ふぐ すっぽん] 特別サービスコース10,000円
神奈川 別亭 空海[日本料理すっぽん・ふぐ] 特別懐石コース 12,000円(税抜)
ル・パン バー・ラ・ヴァン[フレンチ] Menu de luxe10,000円(税込)
銀座・有楽町・築地 Cantina Siciliana (カンティーナ シチリアーナ)[銀座イタリアン記念日] お会計
桜肉料理 銀座 馬春楼[馬肉料理専門店] お会計
銀座 ALLA MANO[銀座イタリアン完全個室] 7,000円・9,000円・11,000円のコースのうちいずれか
エクロール[フランス料理店] シェフおまかせフルコース10,800円(税サ別)
鉄板や 上方御堂 銀座八丁目店[銀座 鉄板焼 個室あり] 15,000円コース(税別)
銀座 土佐料理 祢保希(ねぼけ)[銀座個室 和食 しゃぶ] しゃぶ懐石15,000円(税サ別)
銀座海老レストラン マダム シュリンプ グレイス[銀座,個室,エビ料理] 特別ディナーコース10,000円
銀座 芳園[銀座 中華 完全個室] ①紫紺 8,500円(税サ別)
②漆黒 10,500円 (税サ別)
夢酒みずき[銀座 国産食材] 9,000円コース
12,000円コース
新橋・浜松町・田町 花山椒 芝パークホテル店[個室 和食 会席 海鮮] ランチ :招花堂コース 3,000円(税サ込)
ディナー:会席コース  6,980円(税サ込)
草の家 新橋店 特選黒毛和牛コース7,000円
新宿・代々木 マジックバー CUORE 新宿店[マジックバー] お会計
SESTO SENSO[イタリア料理] Oro course(オーロコース)4,200円(税サ別)、Chef ’s dinner course
(シェフズディナーコース)5,800円(税サ別)
スパッカ ナポリ[新宿 イタリアン ピザ] ジェイナ ラフィナート9,000円(税別)食前酒付き
新宿 土佐料理 祢保希(ねぼけ)[東京 新宿 個室 宴会] しゃぶ懐石15,000円(税サ別)
鉄板DINING 莢[新宿鉄板焼き・ステーキ] シェフのおまかせコース10,000円
渋谷・原宿・青山 ROYAL DEN 原宿[本格石焼き料理×原宿] お会計
瀬戸内魚介×スペインビストロ Las Bocas[渋谷スペイン料理] 7,000円コース
赤坂・六本木・麻布 フィオーリア アリアブル[六本木 個室レストラン] お会計
H’s ~エイチズ~[貸切パーティスペース] お会計
Bistro 釜津田[能登半島×ビストロ料理] デギュスタシオンコース、釜津田コース
8,000円、12,000円
NOUVELLE KOREAN WINE DINING KAYA[韓国創作料理ダイニング] KAYA スペシャルコース10,000円
La Mezcaleria JICARA BAR & Grill[六本木 ステーキ バー] 限定コース 10,000円(税込)
赤坂 土佐料理 祢保希(ねぼけ)[赤坂見附接待個室和食] しゃぶ懐石15,000円(税サ別)
草の家 前沢牛コース 8,000円
東京駅・丸の内・日本橋 丸の内 土佐料理 祢保希(ねぼけ)[郷土料理 鰹 個室] しゃぶ懐石15,000円(税サ別)
神田・秋葉原・水道橋 串揚げ 文[串揚げ・宴会・接待] お会計
くろぶた きよし[焼酎・黒豚しゃぶしゃぶ] お会計
いづもや 神田本店[神田 鰻・天ぷら・ふぐ] いづも特選うなぎづくしコース 12,960円(税込)
人形町・門前仲町・葛西 人形町 楽庵[人形町 居酒屋 日本酒] 楽庵プラチナコース 7,000円(税込)
池袋・巣鴨・駒込 春の花 花コース8,000円
品川・五反田・大崎 Restaurant Perfumes[フランス料理] お会計
Whisky Bottle Bar PLUM[ウイスキーボトルバー] お会計
La cave 55[五反田 隠れ家フレンチ] 5,000円コース、8,000円コース
恵比寿・中目黒・目黒 リストランテ 小林[一軒家のイタリアン] 今月のコース6,000円
飯田橋・四ツ谷・神楽坂 ご馳走や 叶え[神楽坂 和食居酒屋個室] プレミアム10,000円コース
(ドリンク飲み放題付)
JAM ORCHESTRA[フレンチ&イタリアン] プリフィックスディナーコース6,300円
上野・浅草・日暮里 絵馬亭[マグロ中落ち・築地直送] お会計
錦糸町・押上・新小岩 First Penguin IL TEATRINO[極上レストラン111選] お会計
新潟 割烹 大善[割烹] 海鮮料理コース10,000円
和食ダイニング 蔵 ANAクラウンプラザホテル新潟[日本料理 鉄板焼] 村上牛 山海コース
14,850円( 税サ込)
ステーキハウス あづま[ステーキハウス] 13,000円以上のコース(税サ込)
石川 食べ処 山ぼうし[金沢犀川沿い 和食] お会計
加賀屋 金沢店[和食・日本料理] 5,000円コース、7,000円コース、8,000円コース(税別)
四川料理 鳳凰[中国料理レストラン] 茜コース 7,000円
七輪焼肉 加羅[金沢七輪炭火焼肉] 9,000円コース
滋賀 京都 つゆしゃぶ CHIRIRI 草津店[和食・しゃぶしゃぶ] 鶴翼 8,500円(税込サ別)
竹平楼[日本料理] 8,000円・10,000円・15,000円
京都 DOLCH[フレンチレストラン] お会計
京都 つゆしゃぶ CHIRIRI 本店[伝統の美味つゆしゃぶ] つゆしゃぶ会席鶴翼 8,700円(税込サ別)
兵庫 すし一[日本料理・割烹・懐石] 会席せとうちコース15,000円(税別)、寿司会席コース10,500円(税別)
Development cuisine[イタリアン・フレンチ] シェフ特別コース(飲み放題付)7,000円(税サ別)
天ぷら&ワイン 芦屋 いわい[天ぷら&ワイン] 10,000円コース(税抜)
梅田・北新地 串かつ 北新地 新八景[創作串かつ・個室・接待] お会計
ステーキ・フレンチ鉄板 ニューオークラ[鉄板焼 神戸ビーフ] フレンチ鉄板コース14,000円(税サ別)
yasai french NR[野菜フレンチレストラン] シェフにおまかせコース10,000円
器楽Dining π[和食会席] 8,000円のコース
難波・道頓堀 鯨料理 徳家[鯨料理] お会計
難波×隠れ家個室 鳥食 邦[本格鳥・鴨料理店] 特選コース5,400円
京阪・東大阪・八尾 おおとみ[割烹料理] 特上鍋会席料理(12,000円・13,800円・15,000円)
松原・藤井寺・河内長野 寿司・割烹 南喜久[寿司・割烹] お会計
割烹 一[和食・割烹料理 鍋] お会計
広島 Ricetta Miyagawa Ristrante[イタリアンレストラン] 15,000円コース(税込)
風に吹かれて[現代中華] 15,000円コース(税サ別)
白竜湖[和食・活魚] 15,000円コース(税込)
レストランシマムラ レスプリ・ド・ミクニ[自然派フランス料理] 自然の恵みコース5,000円~15,000円
香川 マウンテンドーム お会計
愛媛 吉長 お会計
Top Dining TOH‐KA‐LIN お会計
福岡 加賀屋 博多店[加賀、日本料理店] 季節の会席料理6,300円~12,300円
佐賀 鳥栖カフェ&ダイニング LINCOTTO お会計
大分 ホルト ガーデン horuto Garden お会計
鹿児島 家烹酒肆 世楽[創作和食] おまかせ七菜コース5,292円
沖縄 割烹 叶[日本料理] 10,000円コース

3-3-2.グルメベネフィット(共通特典)

もう一つのグルメ特典は『グルメ・ベネフィット』という特典で、この特典では対象の高級レストランで2名以上のコース料理を予約すれば1名分が無料になるという特典です。

他のクレジットカードでもプラチナカードクラスから付帯している特典ですね。JCBカードでもJCBプラチナとJCBザ・クラスのみ、この特典を利用することができます。

前述した『ダイニング30』では30%OFFという特典だったので、お得になる金額は利用する金額に依存しましたが、グルメ・ベネフィットの場合は店舗ごとに決められたコース料理の金額に依存します。

対象店舗のコース料理の相場は15,000円〜30,000円程度が相場で、例えば『花郷 六本木店』という店舗では33,000円のコース料理が1名分無料になります。

2人で予約すれば実質33,000円割引ということですね。※3名以上で予約しても無料になるのは1名分のみです。

対象店舗では半年に1度この特典を利用することができ、コンシェルジュデスク経由で予約することで特典を利用することができます。

半年が経過するとカウントはリセットされ、1度利用したことがある店舗でも再度同じようにコース料理1名分無料の特典を利用することができるようになりますし、店舗が違えば半年内でも何度も利用することができます。

具体的な店舗は下記の通りです。

グルメ・ベネフィット対象店舗一覧
エリア 店舗名 ジャンル 1名分のコース料金

北海道・東北エリア

リストランテカノフィーロ

イタリア料理 13,200円

厨 花膳

日本料理 16,500円

SIO

フランス料理 12,500円

TAKU 円山

日本料理 11,600円

Meli melo

フランス料理 15,400円

酒肴彩友じょっぱり

日本料理 10,000円

味小径千陽

郷土料理 10,000円

関東エリア

鉄板焼 下野

鉄板焼 15,000円

京遊膳 花みやこ

日本料理 16,200円

オー・ボン・ヴィベェール

フランス料理 17,600円

花鳥風月 花

日本料理 10,000円

eglise de 葉山庵

ナチュラルフレンチ 22,000円

すき亭 吉寅

すき焼き・しゃぶしゃぶ 13,700円

四季懐石 かのと山荘

懐石料理 8,250円

ロドラント ミノルナキジン

フランス料理 19,800円

星福

中国薬膳料理 16,500円

GINZA kansei

フランス料理 27,500円

鮨 銀座 天川

寿司 20,000円

あわびの源太

あわび料理 21,000円

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ

イタリア料理 28,000円

Ringraziamento

イタリア料理 20,000円

鮨 美寿思

江戸前寿司 16,500円

Restaurant Perfumes

フランス料理 14,400円

オーシャンディッシュ クオン

フランス料理 12,000円

味鉄 赤坂店

ステーキ 18,700円

鉄板焼 蘭麻 麻布店

鉄板焼 16,500円

エゴジーヌ

フランス料理 16,500円

にしあしゃぶ 菜

しゃぶしゃぶ 14,300円

鉄板焼 馨

鉄板焼 26,400円

元麻布 東郷

新和食 13,241円

LA FARANDOLE

フランス料理 19,800円

花郷 六本木店

日本料理・鉄板焼 33,000円

鉄板焼 groe 六本木

ステーキ・鉄板焼 15,000円

マーヴェラス パラディ 白金

フランス料理 13,200円

青山外苑

焼肉 13,000円

葉山庵 Tokyo

ナチュラルフレンチ 27,500円

リストランテ・ヒロ 青山本店

イタリア料理 16,500円

青山牛彩

鉄板焼 17,600円

青山エリュシオンハウス

イタリア料理 13,200円

ランス YANAGIDATE

フランス料理 13,750円

Maison de Caviar BELUGA

イタリア料理 16,297円

KEISUKE MATSUSHIMA

フランス料理 14,300円

鉄板焼 いちか

鉄板焼 19,800円

DANZERO

フランス料理 11,000円

Les Sens

フランス料理 14,300円

International Cuisine Subzero

イタリアンフュージョン 16,500円

クイーン・アリス

フランス料理 16,667円

廣東飯店

中国料理 16,500円

ビストロ エルミタージュ

フランス料理 12,000円

北陸エリア

しゃぶ禅 和楽 新潟店

日本料理・しゃぶしゃぶ 8,000円

鉄板焼 さくら

鉄板焼 12,963円

料亭 うおとめ

日本料理 7,700円

中部エリア

espace social Le SALON

フランス料理 10,000円

Restaurant Le plateau

フランス料理 13,200円

やま文

日本料理 12,100円

徳川慶喜公屋敷跡 浮月楼

日本料理 23,000円

forty three

フランス料理 9,500円

割烹 河むら 本店

日本料理 12,000円

川原町倶楽部 ラ・ルーナ ピエーナ

イタリア料理 9,259円

キャトル・セゾンMORI

鉄板フレンチ 15,750円

松阪牛 みや川 松坂

ステーキ 10,600円

Serge源’s錦店 5階

寿司・日本料理 12,000円

しゃぶ禅 名古屋栄店

日本料理・しゃぶしゃぶ 9,240円

料亭 蔦茂

日本料理 17,600円

Le Restaurant Shinji Koga

フランス料理 16,500円

MORRIS

イタリア料理 14,352円

しし鍋・馬肉料理・合鴨鍋 勘太郎

信州郷土料理 7,700円

La TRILOGie

フランス料理 15,741円

スカイレストラン&バー スターゲイト

フランス料理 12,963円

関西エリア

ダイニング 菜

フランス料理 11,111円

八坂圓堂 THE CELESTINE KYOUTO GION

日本料理 16,500円

中国料理 青冥 祇園店

中国料理 9,260円

プランチャー健

ステーキ・鉄板焼 10,500円

Ristorante Tantotanto

イタリア料理 15,000円

由兵衛

ふぐはも割烹・日本料理 20,000円

中国料理 燦宮

中国料理 27,500円

すし 古径 大阪北新地店

江戸前寿司 13,200円

網焼ビフテキ小松屋

ステーキ 16,500円

美食 暖心

創作和食 13,200円

鉄板焼堂島

鉄板焼 19,800円

おもてなし茶屋咲扇

日本料理 16,500円

中国料理 花梨

中国料理 14,300円

中之島 穂の河

日本料理 11,000円

ラペティ・ロアラブッシュ

フランス料理 11,000円

光林坊北浜

日本料理 13,800円

ステーキ&ワイン オクソン

ステーキ・鉄板焼 19,800円

なにわ懐石・しゃぶしゃぶ 久壷庵

日本料理 15,860円

Vermillion MAHOROBA

フランス料理 10,000円

寿司 はせ川 心斎橋店

寿司 11,111円

とうふ・大阪料理 のりたけ シェラトン都ホテル大阪

日本料理 14,300円

ほてるISAGO神戸 料亭胡蝶

日本料理 11,500円

レストラン花の館 パラディ北野

フランス料理 13,200円

割烹 武田

和食・割烹料理 12,500円

神戸 アントレコット

鉄板焼 12,800円

ラヴィマーナアネックス パチャ

欧風料理 20,371円

ステーキランド 山崎

ステーキ 14,560円

川波

日本料理 15,000円

中国・四国エリア

ろんぢん

しゃぶしゃぶ・すき焼き・西洋料理 7,800円

肉懐石 紬

肉懐石 7,130円

新イタリア料理 コーザ・ボーレ

イタリア料理 11,000円

鮨割烹 ちま喜

日本料理・寿司 9,000円

イタリア料理 La sette

イタリア料理 10,000円

板前割烹 ひぐち

日本料理 8,000円

桜下亭

フランス料理 10,500円

みもすそ川別館

ふぐ料理・日本料理 12,000円

割烹 鄙の館

日本料理 13,200円

金星

寿司 15,000円

割烹 明徳

日本料理 11,000円

パークウエストン ザ・グリル

フランス料理 8,000円

ひさご亭

おこぜ料理 10,000円

創壽庵 やまのべ

日本料理 8,000円

得月楼

日本料理 12,000円

九州エリア

BAR CAVALLO

イタリア料理・バー 10,000円

しゃぶ禅 小倉店

日本料理・しゃぶしゃぶ 8,334円

焼肉みやなか

焼肉 18,000円

游來

焼肉・肉料理 10,000円

ラ・ロシェル福岡

フランス料理 16,500円

BAR CAVALLO the Salon

イタリア料理・バー 10,000円

桜坂 観山荘

日本料理 17,300円

しゃぶ禅

日本料理・しゃぶしゃぶ 9,000円

Restaurant VERT FONCE

フランス料理 14,300円

The House of 1995

鉄板焼 7,700円

がらかぶ料理 美食 みやじ

日本料理 12,000円

日本料理 雅々音

日本料理 9,000円

松葉

日本料理 13,200円

ふぐ処 しんのすけ

日本料理 10,185円

広東料理 蓮花/LINPHA

中国料理 12,000円

料亭 山吹

日本料理 12,000円

フレンチレストラン Diamant Rouge

フランス料理 12,000円

割烹 思水

日本料理 12,000円

Top Grill Sky Lounge

フランス料理 11,500円

割烹 楽水

日本料理 9,200円

広東料理 翡翠廰

中国料理 9,200円

利用すればするほど年会費以上のベネフィットを簡単に得られるというメリットもありますが、彼女・彼氏、両親、同僚、上司、取引先など、お祝い事や会食など色んな人と色んなシーンで活用することができる金額以上のメリットがある特典です。

JCBプラチナとJCBザ・クラスで利用できる店舗は同じなので、このグルメ特典としては同等レベルと言えます。

3-5.トラベル特典で比較!プライオリティ・パスに大きな違いあり!

次はトラベル特典での比較ですが、ここでもJCBザ・クラス限定のベネフィットが登場します。詳しくは後にご紹介しますが、まずトラベル特典としては

  • ①プライオリティ・パス無料
  • ②ホテルでの優待特典

の2つがあります。細かくいうと旅行サイトでの優待特典などがありますが、あまり目立った特典ではないのでその他の特典比較の項でご紹介します。

3-5-1.JCBザ・クラス会員はプライオリティ・パスの同伴者も無料!【JCBザ・クラスのみ】

まずは世界中130カ国1,200箇所以上の空港VIPラウンジが利用できるようになるプライオリティ・パスが無料になるという特典です。

JCBプラチナ、JCBザ・クラスを狙っている方であればすでに知っている方も多いかもしれませんが、プライオリティ・パス(プレステージ会員資格)の通常料金は429ドル(約48,800円)ですが、これが0円でゲットできます。

かなり強烈ですよね。

JCBプラチナ会員も、JCBザ・クラス会員も同じくプライオリティ・パスのプレステージ会員資格を無料でゲットできるのですが、JCBザ・クラス会員のプライオリティ・パスでは同伴者1名も無料でラウンジを利用できるという特典付きです!

プライオリティ・パスで同伴者1名無料というのは、特定のクレジットカード限定の特典で、プライオリティ・パスに通常入会しても同伴者が無料になることはありません!

例えばプライオリティ・パスの通常入会時の料金を見てみましょう。

会員種類 年会費 ラウンジ1回の利用
スタンダード会員 99USドル
(約1万1,200円)
・会員
=32USドル
(約3,600円)
・同伴者
=32USドル
(約3,600円)
スタンダード・プラス会員 299USドル
(約3万4,000円)
・会員
10回まで利用料無料
その後は32USドル
(約3,600円)
・同伴者
=32USドル
(約3,600円)
プレステージ会員 429USドル
(約4万8,800円)
・会員
利用無料
・同伴者
=32USドル
(約3,600円)

上記の通り、日本円で約4万8,800円支払ってプレステージ会員資格をゲットしたとしても、一緒に旅行を楽しんでいる同伴者の方は空港ラウンジを利用する際に同伴者料金として32ドル(約3,600円)を支払う必要があります。

自分一人で利用するのもちょっと申し訳ないし、かといってせっかくプライオリティ・パスがあるので使わないのもちょっと勿体無いですよね。

JCBザ・クラス会員であればそんなことを気にすることなく、カードを持っているだけで同伴者も無料で空港のVIPラウンジを楽しむことができます。

プライオリティ・パスで利用できるラウンジでは

  • ソフトドリンク
  • アルコール(ビール・ワイン・ウイスキーなど)
  • 軽食・おつまみ・食事
  • シャワー
  • 新聞・雑誌

という本当にVIP待遇なサービスを受けられる上に、ふかふかのソファーでまったりしながら飛行機を待つことができます。

プライオリティ・パスを持っているだけで空港に行くのが楽しくなるでしょう。

海外旅行に年1回でも行く方であれば絶対に持っておいた方がいいですし、もちろん日本の空港でもプライオリティ・パスを利用して入れるラウンジはあります。

プライオリティ・パスで利用できる日本国内のラウンジ一覧
空港名 ラウンジ名 場所 営業時間 利用可能者
(国内線/国際線)
成田国際空港 IASS Executive Lounge 1 第1ターミナル
中央ビル 5F
午前7時
~午後9時
到着、出発および国内線乗り継ぎ
KAL BUSINESS CLASS LOUNGE 第1ターミナル
中央ビル 5F
午前7時35分
~午後8時50分
国際線利用者
T.E.I. LOUNGE 第1ターミナル
中央ビル 5F
午前7時
~午後9時
国内線、国際線の出発および到着時
IASS EXECUTIVE LOUNGE 第2ターミナル
本館 4F
午前7時
~午後9時
到着、出発および国内線乗り継ぎ
T.E.I. LOUNGE 第2ターミナル
本館 4F
午前7時
~午後9時
到着、出発および国内線乗り継ぎ
関西国際空港 KAL BUSINESS CLASS LOUNGE 第1ターミナル
3F
午前7時~午後2時 /
午後 3:30~午後7:15
午前7時~午後2時 /
午後 3:30~午後7:35(日曜日)
国際線出発便利用者
BOTEJYU 第1ターミナル
3F
午前7時
~午後10時
出発便に搭乗のお客様のみ
中部国際空港 CENTRAIR GLOBAL LOUNGE 旅客ターミナルビル
2階 国際線制限エリア
午前7時30分
~午後9時
国際線でご出発のお客様のみ
KAL LOUNGE 旅客ターミナルビル
2階 国際線制限エリア
午前7時15分
~午後5時30分
国際線でご出発のお客様のみ
STAR ALLIANCE LOUNGE 旅客ターミナルビル
2階 国際線制限エリア
午前7時
~午後6時30分
国際線でご出発のお客様のみ
福岡空港 KAL LOUNGE 国際線旅客 ターミナルビル
3F 搭乗待合室内
午前8時30分~午前10時45分
午後2時30分~午後4時5分
国際線でご出発のお客様のみ

最近では関西国際空港に登場した『ぼてぢゅう』という日本料理のお店でプライオリティ・パス(+航空券)を提示すると注文料金から3,400円の割引を受けられるというサービスが話題になりました。

なんにせよプライオリティ・パスは1枚は持っておきたいですね。

3-5-2.ホテルでの優待【共通特典】

プライオリティ・パスの次はホテルでの優待特典ですが、JCBプラチナとJCBザ・クラスでは共通特典として

  • ①JCBプレミアムステイプラン
  • ②海外ラグジュアリー・ホテル・プラン

というホテル特典が利用できます。

①のJCBプラミアムステイプランでは、『ホテル編』と『旅館編』があり、国内のホテルや旅館をカード会員限定価格で宿泊することができます。

「こういう特典の割引ってしょぼくない?」というイメージがあるかもしれませんが、JCBプラチナ、JCBザ・クラスレベルのカード特典は侮れません。

例えば日本の高級ホテルの代名詞的存在である『ザ・リッツカールトン東京』のスイートホテルなどが半額以上の料金で宿泊できます。

半額でも結構高額ですが、人生で一度は泊まってみたいですよね。ある種背中を押してくれるような特典です。

一方で②の『海外ラグジュアリー・ホテル・プラン』は海外のホテルで優待を受けられる特典です。

ハイアット、ペニンシュラ、リーディングホテルズなどの高級ホテルグループが対象になっていて、下記のようなVIP待遇を受けることができます。

  • 会員限定の宿泊料金
  • 朝食サービス(コンチネンタルブレックファスト/2名まで)
  • ワンランク上のお部屋にアップグレード(チェックイン時の空室状況による)
  • 客室内インターネット接続無料
  • 宿泊ホテルでのウェルカムギフト
  • アーリーチェックイン・レイトチェックアウト(チェックイン時または滞在中の状況による)

①と②のホテル特典を合わせると国内・海外のホテルで優待を受けられるので、旅行する際に利用することでさらに特別な時間を味わうことができます。

4.入会キャンペーンで比較!JCBプラチナは最大13,000円相当の特典!

カード種類 JCBプラチナ JCBザ・クラス
期間 〜2019年3月31日
特典1 JCBギフトカード
5,000円分
特典2 キャッシュバック
最大2,000円分
特典3 JCBギフトカード
最大6,000円分
合計 最大13,000円相当

結論から言うと、JCBザ・クラスには入会キャンペーンはありません。

なぜならJCBザ・クラスは会員サイトから申し込むタイプのカードではなく、完全インビテーション制のカードなので、JCB側は「入会キャンペーンをやってるので、申し込んでください!」と宣伝していません。

一方でJCBプラチナは会員サイトから入会すると2018年11月現在13,000円相当の特典がゲットできます。

4-1.JCBプラチナの入会特典を全部ゲットする条件とは?

じゃあJCBプラチナの入会特典の条件はどのようなものか?というと下記の通りです。

特典 条件 特典
特典1 2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)の期間にカード申し込み・発行 JCBギフトカード
5,000円分
特典2 2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)の期間中に家族カードを発行 1,000円キャッシュバック
(最大2名分まで)
特典3 カード入会後に送られてくるURL経由で知り合いや友達などに JCBカードを紹介・入会 JCBギフトカード1,000円分
(最大6名分まで)

JCBプラチナの入会キャンペーンの大きな特典は“カードを発行した時点で5,000円相当のJCBギフトカードが確定”という点です。

条件というか、これはカードを発行すれば必然的にもらえる特典ですね。

一方で特典2と特典3は家族カードの発行や知り合いへJCBプラチナを紹介して入会してもらう必要があるので、ちょっと努力が必要になります。

JCBプラチナは家族カードが1枚無料で発行できるので、家族カードが必要なかったとしても、入会キャンペーンのために1枚発行しておくのはいいかもしれません。

問題は特典3の知り合いへの紹介・招待ですが、JCBプラチナくらいのハイスペックカードであれば「え!プラチナカード!?欲しい欲しい!」と言う人はもしかしたらいるかもしれません。

プラチナカードは簡単に発行できるカードではないので、需要は高いでしょう。ただ他人に依存する条件なので「100%ゲットできる」とは断言できないのが残念です。

まあ入会しただけで5,000円分のギフトカードが確定するのは手放しにメリットと言っていいでしょう。

5.旅行保険で比較!怪我・病気に対して1,000万円の補償!

カード種類 JCBプラチナ JCBザ・クラス
【海外旅行傷害保険】
条件 自動付帯
※一部利用付帯
自動付帯
※一部利用付帯
死亡・後遺障害 1億円
(うち利用付帯5000万)
1億円
(うち利用付帯5000万)
傷害治療 1,000万 1,000万
疾病治療 1,000万 1,000万
救援者費用 1,000万 1,000万
賠償費用 1億円 1億円
携行品損害 1旅行100万/年間100万
(自己負担3000円)
1旅行100万/年間100万
(自己負担3000円)
【国内旅行傷害保険】
条件 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円 最高1億円
入院費用 5,000円/日
(事故日から180日限度)
5,000円/日
(事故日から180日限度)
手術費用 最高20万円
(5万/10万/20万)
最高20万円
(5万/10万/20万)
通院費用 2,000円/日
(事故日から180日以内90日限度)
2,000円/日
(事故日から180日以内90日限度)

JCBプラチナもJCBザ・クラスも国内・海外旅行保険の内容に差はありませんが、クレジットカードとしては最高レベルに旅行保険は充実しています。

特に海外旅行では怪我・病気に対する補償金額が重要視されていて、大手旅行会社JTBのデータでは旅行中のトラブルの半数は怪我・病気によるものだという結果が出ています。

参照:JTB 『2016 年度 海外旅行保険事故データ』より

海外での医療費が高いのは有名な話ですが、1,000万円もの補償が付帯しているなら安心して旅行を楽しむことができるでしょう。

余程の難病でなければ1,000万円もの医療費を請求されることはありません。

上記のように重病でも1,000万円を超える医療費が請求されることはほとんどないので、JCBプラチナやJCBザ・クラスを持っていれば海外ではひとまず安心して旅行を楽しむことができます。

補償金額は同じですが、家族カード会員も同じ補償を受けられる点を考慮すると、家族カードが8枚まで無料で発行できるJCBザ・クラスの方が優秀と言えるでしょう。

5-1.海外旅行保険の家族特約も同額!

JCBプラチナとJCBザ・クラスは両方とも『家族特約』というカード保持者の家族まで旅行保険が適用される特典が付帯しています。

カード種類 JCBプラチナ JCBザ・クラス
【海外旅行傷害保険】
死亡・後遺障害 1000万円 1000万円
傷害治療 200万円 200万円
疾病治療 200万円 200万円
救援者費用 200万円 200万円
賠償費用 2,000万円 2,000万円
携行品損害 1旅行50万円/年間100万円
(自己負担3000円)
1旅行50万円/年間100万円
(自己負担3000円)
【国内旅行傷害保険】
死亡・後遺障害
入院費用
手術費用
通院費用

本会員や家族カード会員の補償額と比べるとガクッと落ちますが、無いよりはあった方がマシですよね。

もちろん煩わしい手続きをする必要はなく、自動で適用されます。

旅行保険の特徴としては『死亡・後遺障害』の項目以外では、掛けている保険の合計金額が補償額となるので、例えば家族が任意保険に入っていたり、他のクレジットカードを持っている場合でも、家族特約との合計金額の旅行保険が適用になるので、あるだけお得な特典です。

比較という目線で見ると、JCBプラチナとJCBザ・クラスでは補償内容は変わりません。

5-2.航空機遅延補償も付帯!金額は同額!

旅行保険の一種としてJCBプラチナとJCBザ・クラスには『航空機遅延補償』という保険も付帯しています。

カード名 JCBプラチナ JCBゴールド・ザ・プレミア
対象 国内・海外 国内・海外
乗継遅延費用保険金 2万円 2万円
出航遅延費用等保険金 2万円 2万円
寄託手荷物遅延費用保険金 2万円 2万円
寄託手荷物紛失費用保険金 4万円 4万円

国内・海外旅行問わず、航空会社のトラブルや悪天候によって飛行機が欠航・遅延した場合に発生した損害金を補償してくれるという特典です。

例えば乗り継ぎ中に飛行機が欠航になって足止めを食らい、1泊余分に宿泊しなければならなくなった場合などにカードの保険によって一定の金額は補償されます。

具体的な適用条件や補償内容は下記の通りです。

名称 補償内容 適用条件
乗継遅延費用保険金 客室料・食事代 遅延した航空便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合
出航遅延費用等保険金 食事代 出航予定時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合
寄託手荷物遅延費用保険金 衣料購入費等 到着後6時間以内に手荷物が届かなかった場合で、到着後48時間以内に購入した場合
寄託手荷物紛失費用保険金 衣料購入費等 到着後48時間以内に手荷物が届かなかった場合を紛失とみなし、到着後96時間以内に購入した場合

JCBプラチナとJCBザ・クラスで補償金額に差はありませんが、この特典も旅行保険と合わせてカード会員を守ってくれる嬉しい特典ですね。

6.JCBプラチナとJCBザ・クラス比較まとめ

ここまで各項目でJCBプラチナとJCBザ・クラスを比較してきましたが、再度一気にまとめた表をご紹介すると下記の通りです。

カード種類 JCBプラチナ JCBザ・クラス
年会費(税込) 本会員 27,000円 54,000円
家族会員 1名無料
(2名以降3,240円)
8枚まで無料
キャッシング
自己申込
ポイント還元率 0.5%~0.85%
(一部加盟店1~5.35%)
0.5%~0.85%
(一部加盟店1~5.35%)
カード利用に応じたプレゼント  –
ポイント有効期限 5年間 5年間
コンシェルジュ
年1回のプレゼント メンバーズセレクション
高級レストラン1名分無料
レストラン代金が30%OFF
その他ダイニングサービス ダイニング30 ダイニング30
海外旅行傷害保険(カッコ内は家族) 海外旅行傷害保険 自動付帯 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 1億円
(1,000万円)
1億円
(1,000万円)
傷害・疾病治療費用 1000万円
(200万円)
1000万円
(200万円)
賠償責任 1億円
(2,000万円)
1億円
(2,000万円)
携行品 1旅行100万・年間100万円
(50万/100万)
1旅行100万・年間100万円
(50万/100万)
救援者費用 1000万円
(200万円)
1000万円
(200万円)
家族特約
航空機遅延費用保険 2万円(同額) 2万円(同額)
航空機預託手荷物遅延・紛失費用保険 4万円(同額) 4万円(同額)
国内旅行傷害保険 適用条件 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 1億円 1億円
入院保険金(日額) 5,000円 5,000円
手術費用保険金 5万~20万円 5万~20万円
通院保険金(日額) 2,000円 2,000円
家族特約
ショッピング保険 年間最高補償額 500万円 500万円
1事故当り自己負担額 3,000円 3,000円
補償期間 90日間 90日間
ゴルファー保険
24時間医療・健康相談
電子マネー(ポイント付与対象) QUICPay QUICPay
マイル移行 移行先 JAL、ANA、デルタ航空 JAL、ANA、デルタ航空
獲得レート 基本0.30% 基本0.30%
移行手数料 無料 無料
空港ラウンジ 対象空港 国内28空港42ヵ所
海外1空港1ヵ所
国内28空港42ヵ所
海外1空港1ヵ所
同伴者料金 同伴者1名無料
(以降1名あたり250円~1,543円)
同伴者1名無料
(以降1名あたり250円~1,543円)
プライオリティ・パス プレステージ会員 プレステージ会員
(同伴者1名無料)
空港手荷物無料宅配 往復無料
(JCBトラベルで予約の場合)
往復無料
(JCBトラベルで予約の場合)
ディズニー・USJでの特典 USJのラウンジ ディズニーのラウンジ
USJのラウンジ
その他ラウンジ 京都ラウンジ 京都ラウンジ
会員誌・雑誌 JCB THE PREMIUM JCB THE PREMIUM
PREMIUM LEON for JCB THE CLASS
JCBオリジナルカレンダー 申し込みが必要 自動送付
QUICPay 一体型はなし 一体型あり

カードの特典としては当然ながらJCBザ・クラスの方が充実しています。

特に『メンバーズセレクション』はJCBカードの中ではJCBザ・クラスしか利用できない特典で、特典は毎年1回必ずカード会員にプレゼントされるので、特典の差がはっきりするのはメンバーズセレクションと言っても過言ではないでしょう。

これを含めて、結論として「JCBプラチナはどんな人に向いているカード?」「JCBザ・クラスはどんな人に向いているカード?」をいうのをご紹介していきます。

7.JCBプラチナのメリット、向いてる人

7-1.JCBプラチナの主要メリットまとめ

まずJCBプラチナの主要メリットをまとめると下記の通りになります。

  • ①入会キャンペーン
    =最大13,000円分のキャッシュバック
  • ②コンシェルジュサービス
    =24時間365日年中無休で相談・依頼できる
  • ③プライオリティ・パス
    =429ドル(約4万8,800円)が無料
  • ④『グルメ・ベネフィット』
    =高級レストランで1万円以上のコースが1名分無料
  • ⑤『ダイニング30』
    =対象レストランで30%OFF
  • ⑥トラベルサービス
    =旅行保険・ホテル優待など
  • ⑦家族カード1枚無料
    =一部の特典を除き、本会員同等の特典が利用可能

上記の特典をパッと見ただけでも、十分年会費2万7,000円(税込)を支払う価値があるカードだとわかりますよね。

むしろコスパが良いというくらい十分な特典が付帯しています。

7-2.JCBプラチナのみの特徴・メリットとは?

ではJCBプラチナとJCBザ・クラスを比べるとどうか?というと、JCBザ・クラスはJCBプラチナの上位カードなので、比較すると完全にJCBザ・クラスの方が特典が豊富です。

「じゃあJCBザ・クラスを発行するべきなの?」というと、そういうわけではなく、JCBプラチナ唯一JCBザ・クラスよりもメリットがある部分があるとすると”年会費”です。

JCBプラチナの年会費はJCBザ・クラスの年会費の1/2です。つまり半額です。

半額にも関わらず、前述したように下記の特典が利用できます。

  • ①入会キャンペーン
    =最大13,000円分のキャッシュバック
  • ②コンシェルジュサービス
    =24時間365日年中無休で相談・依頼できる
  • ③プライオリティ・パス
    =429ドル(約4万8,800円)が無料
  • ④『グルメ・ベネフィット』
    =高級レストランで1万円以上のコースが1名分無料
  • ⑤『ダイニング30』
    =対象レストランで30%OFF
  • ⑥トラベルサービス
    =旅行保険・ホテル優待など
  • ⑦家族カード1枚無料
    =一部の特典を除き、本会員同等の特典が利用可能

完全にコスパが良いカードだし、メインカードとしてこれ1枚で十分機能するクレジットカードです。

つまりJCBプラチナはどんな人に向いているカードか?というと「コスパが良く、特典が豊富なクレジットカードが欲しい!」という方向けです。

8.JCBザ・クラスのメリット、向いてる人

8-1.JCBザ・クラスの主要メリットまとめ

次にJCBザ・クラスの主要メリットをまとめると、下記の通りです。

  • ①『メンバーズ・セレクション』で欲しいものを選択
    =ディズニーチケットやUSJチケット、またはギフトコースで豪華商品
  • ②コンシェルジュサービスを活用
    =24時間365日年中無休で相談・依頼できる
  • ③プライオリティ・パスを発行する
    =399ドルが無料(同伴者も無料)
  • ④『グルメ・ベネフィット』を活用
    =高級レストランで1万円以上のコースが1名分無料
  • ⑤『ダイニング30』を活用
    =対象レストランで30%OFF
  • ⑥トラベルサービスを活用
    =旅行保険・ホテル優待など
  • ⑦家族カードが8枚無料
    =家族カード会員も『ダイニング30』や旅行保険を利用可能

一見JCBプラチナと同じような特典に見えるかもしれませんが、『メンバーズセレクション』と『家族カード8枚無料』というのはJCBザ・クラス会員の特徴的なメリットですね。

またプライオリティ・パスで同伴者1名が無料になるのもJCBザ・クラスの大目玉特典と言えるでしょう。

8-2.JCBザ・クラスのみの特徴・メリットとは?

ここまでの情報をまとめて、JCBプラチナにはなく、JCBザ・クラス会員限定の特典だけをまとめると下記の通りになります。

  • ①プライオリティ・パス(同伴者1名無料)
  • ②東京ディズニーリゾートの会員専用ラウンジ
  • ③メンバーズセレクション(年1回のプレゼント)
  • ④JCBプレミアムステイプランのザ・クラス会員限定のプラン
  • ⑤ザ・クラス 名食倶楽部
  • ⑥バーニーズニューヨークでの優待特典
  • ⑦ゴルファー保険
  • ⑧JCBのオリジナルカレンダーの自動発送
  • ⑨PREMIUM LEON for JCB THE CLASS
  • ⑩QUICPayはカード一体型を選択可能

プライオリティ・パス同伴者1名無料、メンバーズセレクション、ディズニーランドの会員専用ラウンジ特典などが特徴的です。

つまり、どういう人にJCBザ・クラスは向いているか?というと、ズバリ“家庭を持っている方はJCBザ・クラスがオススメ!”ということができるでしょう。

もちろん独身の方でもJCBザ・クラスを持つ人はいますが、家族カードが8枚まで無料であったり、メンバーズセレクションでUSJチケットが4枚無料でもらえたりと家族と一緒に利用できる特典が多く付帯しています。

裏を返せば

  • 「メンバーズセレクションは要らない!」
  • 「家族カードは8枚も要らない!」
  • 「プライオリティ・パスは自分だけで利用する!(同伴者無料は要らない)」

という風に単身で利用する方は年会費がJCBザ・クラスの半額なJCBプラチナを利用すればOKです。

JCBプラチナを利用していればJCBザ・クラスのインビテーションも届くので、「あ、そろそろJCBザ・クラスが欲しいな」と思った段階でJCBザ・クラスに切り替えればOKです。

9.最後に

JCBプラチナとJCBザ・クラスを徹底的にご紹介してきましたが、最初にご紹介した通りJCBザ・クラスは完全インビテーション制なので、欲しいからと言って自ら申し込むことはできません。

『突撃』と呼ばれる電話でインビテーションをお願いする方法もダメなので、JCBザ・クラスはまさに”選ばれた人しか持てないカード”と言えるでしょう。

しかし!

今回ご紹介したように、JCBザ・クラスはJCBプラチナよりも年会費がちょうど2倍です。

2倍払ってプラスされる主な特典は下記の通りです。

【JCBザ・クラス限定の主要特典】

  • プライオリティ・パスが同伴者1名まで無料
  • メンバーズセレクション(年1回)
  • ディズニーランドの会員特別ラウンジ(年1回利用可能)
  • 家族カード8枚まで無料

正直「絶対になければダメ!」というほどの特典はプラスされません。JCBプラチナでも十分すぎるほどの特典が利用できます。

JCBザ・クラスはJCBカードの最高クラスのカードなので、目指す価値はありますが、まだJCBプラチナを利用したことがない人にはJCBプラチナがオススメです。

JCBプラチナを利用し続けていればJCBザ・クラスのインビテーションの対象にもなるので、まずはコスパが良く特典が豊富なJCBプラチナを利用してプラチナ級の特典に慣れておくことをオススメします。

◆JCBカードの種類の違いを比較調査した結果まとめ

◆JCBカードとよく比較される三井住友カードの違いについて