JCBカードのハイクラスのカードであるJCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアの比較です。

JCBプラチナは自分から申し込むことができますが、JCBゴールド・ザ・プレミアはインビテーション制です。JCBゴールド会員がある条件を満たすことで追加発行することができます。

ちょっと特殊でややこしいですよね。

じゃあインビテーション制のJCBゴールド・ザ・プレミアの方が特典が優秀なのか?というとそういうワケではなく、オススメは完全にJCBプラチナで、発行できるならJCBプラチナを発行しましょう。

この記事ではちょっと特殊なカードであるJCBゴールド・ザ・プレミアの内容を含め、JCBプラチナの特典とJCBゴールド・ザ・プレミアの特典を徹底的に比較していきます。

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

見出し一覧

◆JCBカードの種類の違いを比較調査した結果まとめ

◆JCBカードとよく比較される三井住友カードの違いについて

1.年会費で比較!コスパがいいのはどっち?

カード種類 JCBプラチナ JCBゴールド・ザ・プレミア
申し込み条件 25歳以上 インビテーション制
本会員年会費 27,000円(税込) 5,400円(税込)
※JCBゴールドの年会費10,800円(税込)に追加で合計16,200円(税込)
※年間100万円利用で翌年度無料
家族カード会員年会費 1人目:無料
2人目以降:3,240円(税込)
無料
ETC年会費 無料 無料

年会費だけで見ると「え!?JCBゴールド・ザ・プレミアってたった5,000円なの!?」と驚きますよね。

ただし、JCBゴールド・ザ・プレミアはあくまでも”オプションカード”して発行できるカードで、JCBゴールドを継続的に利用している必要があります。

つまり、「単体でJCBゴールド・ザ・プレミアだけを発行したい!」という感じでJCBゴールド・ザ・プレミアを発行することはできないし、まず大前提としてJCBゴールド・ザ・プレミアはインビテーション制(招待制)なので、自分から申し込むことはできません。

1-1.JCBゴールド・ザ・プレミアはインビテーション制!

JCBゴールド・ザ・プレミアはご紹介した通りインビテーション制(招待制)なので、自分から申し込むことはできず、JCBゴールド会員がある一定の条件を満たすことで発行できるカードです。

インビテーションが届く条件としては下記の2つの条件をクリアすることが前提となります。

【インビテーションが届く条件】

  • JCB ORIGINAL SERIES対象のJCBゴールドのショッピング利用合計金額(集計期間:12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上
  •  本会員が会員専用WEBサービス「MyJCB」に受信可能なEメールアドレスを登録(毎年1月末日まで)

上記の2つの条件を満たしたJCBゴールド会員のもとにJCBゴールド・ザ・プレミアのインビテーションが送られてきて、プラス5,400円の追加年会費でJCBゴールド・ザ・プレミアを発行することができます。

ただし、JCBゴールド・ザ・プレミア発行後に年間100万円以上のカード利用があれば翌年度の年会費は無料になります。

「JCBゴールドの家族カード会員はどうなるの?」というと、JCBゴールドの家族カード会員も、本会員がJCBゴールド・ザ・プレミアを発行できているなら追加年会費無料でJCBゴールド・ザ・プレミアを利用することができます。

ですがJCBゴールド・ザ・プレミアのプライオリティ・パス無料特典などは利用できないので注意しましょう。

まとめると

  • JCBプラチナ
    =年会費27,000円(税込)
  • JCBゴールド・ザ・プレミア
    =年会費5,400円(税込)+JCBゴールドの年会費10,800円(税込)
    =合計16,200円(税込)

ということになります。

JCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアでは1万円近くの年会費の差があるということですね。

2.還元率で比較!ポイントが貯まりやすいのはどっち?

カード種類 JCBプラチナ JCBゴールド・ザ・プレミア
ポイント名 Oki-Dokiポイント Oki-Dokiポイント
通常時ポイント還元率 0.5%
(1,000円ごとに1ポイント)
※1ポイントの価値は5円相当
0.5%
(1,000円ごとに1ポイント)
※1ポイントの価値は5円相当
海外利用時ポイント還元率 1.0% 1.0%
リボ払いボーナス
年間利用額ボーナス 30万円以上 +0.10% +0.10%
50万円以上 +0.15% +0.15%
100万円以上 +0.30% +0.30%
300万円以上 +0.35% +0.35%
優待店でのポイント還元率 【JCBオリジナルパートナー】
最大20倍
【JCBオリジナルパートナー】
最大20倍
ポイントモールでのポイント還元率 【Oki-Dokiランド】
最大20倍
【Oki-Dokiランド】
最大20倍
ポイント有効期限 5年 5年

ポイント還元率に関してはJCBプラチナもJCBゴールド・ザ・プレミアも全く同じです。

JCBゴールド・ザ・プレミアはJCBゴールドと比べると年間利用額ボーナスと、ポイント有効期限が改善されています。

ただし、JCBプラチナもJCBゴールド・ザ・プレミアも1,000円ごとに5円相当のポイントしか貯まらないポイント還元率0.5%のカードなので、ポイントを貯めるカードとしては向いていません。

例えば年会費無料の楽天カードなどはポイント還元率1.0%なので、JCBプラチナ、JCBゴールド・ザ・プレミアよりもポイントが貯めやすいです。

「は!?年会費無料のカード以下なの!?」とガッカリするかもしれませんが、下記の方法でポイント還元率を改善することができます。

  • ①『JCBオリジナルパートナー』加盟店でカード利用
    =ポイント還元率最大20倍
  • ②『Oki-Dokiランド』経由でネットショッピング
    =ポイント還元率最大20倍
  • ③年間利用額ボーナスを獲得する
    =ポイント還元率最大+0.35%
  • ④海外でカードを利用する
    =ポイント2倍(+0.5%)

④の海外利用時にポイント2倍は言葉通りそのままなのでこれ以上説明する必要はありませんが、①〜③に関してはもしJCBカードを利用するのであれば知っておくべきことなので詳細をご紹介します。

2-1.『JCBオリジナルパートナー』加盟店でボーナスポイント!【共通特典】

ますは『JCBオリジナルパートナー』というJCBカードの加盟店でカードを利用することでゲットできるボーナスポイントについてですが、この特典はJCBプラチナ、JCBゴールド・ザ・プレミア限らずJCBカード共通の特典です。

内容としては下記のステッカーが貼ってあるJCBカードの加盟店でカードを利用するとポイントボーナスがもらえるという特典です。

すでにJCBカードを利用している方なら知っているかもしれませんが、これからJCBカードを利用する方にとっては結構重要な話です。

具体的な主な加盟店は下記の通りです。

ジャンル 店舗名 ポイントボーナス 還元率
ショッピング イトーヨーカドー 3倍 1.5%
セブン-イレブン 3倍 1.5%
福田屋百貨店 3倍 1.5%
マミーズ 3倍 1.5%
カフェ スターバックス 10倍 5.0%
ネット通販 Amazon.co.jp 3倍 1.5%
トレンドマイクロ・オンラインショップ 20倍 10.0%
カーライフ 昭和シェル石油 2倍 1.0%
エッソ・モービル・ゼネラル 2倍 1.0%
オリックスレンタカー 6倍 3.0%
レストラン 一休.comレストラン 3倍 1.5%
トラベル JCBトラベル 2~10倍 1.0%~5.0%
東京ディズニーリゾートトラベル特典 10倍 5.0%
エンタメ ローチケHMV 7倍 3.5%
ラグーナテンボス 5倍 2.5%

セブンイレブンでポイント3倍はかなりアツいですよね、もし今現在ファミリーマートやローソンでランチなどを購入しているなら、セブンイレブンに切り替えることでザクザクとポイントを貯めることができます。

さらに『JCBオリジナルパートナー』の最大の特徴はスターバックスカードにオンライン上でチャージすることでポイントが10倍(還元率5.0%)もらえるというメリットです。

2018年4月1日からスタートした特典で、これによってスターバックスユーザーにとってJCBカードは最強のクレジットカードとなりました。1,000円ごとに50円が戻ってくるってやばいですよね。10,000円チャージすれば500円分がポイントとして戻ってくるので、実質スタバの商品が1つ無料になるという計算です。

あくまでもオンライン上でのカードチャージが対象なので、店舗でのカードチャージは対象外という点に注意しましょう。

これはJCBプラチナ、JCBゴールド・ザ・プレミアの共通特典です。

2-2.『Oki-Dokiランド』経由のネットショッピングでポイント最大20倍!【共通特典】

ポイント還元率をアップさせる方法として2つ目にご紹介するのはポイントモールです。

これも既にJCBカードを利用している方なら知っているかもしれませんが、『Oki-Dokiランド』というポイントモールを経由してネットショッピングをすることで店舗ごとに指定された倍率のポイントをゲットすることができます。

例えばOki-Dokiランド参加店舗であり、ネットショップ最大手のAmazonを利用すると、ポイントが2倍になります。

Oki-Dokiランドを経由してAmazonにアクセスしてショッピングするという簡単なステップでポイントが2倍もらえるので、この特典は有効活用するべき特典でしょう。

その他の主要参加店舗は下記の通りです。

『Oki-Dokiランド』参加店舗一例
ジャンル 店舗名 指定倍率 還元率
総合 Amazon 2倍 1.0%
楽天市場 2倍 1.0%
LOHACO 2倍 1.0%
Yahoo!ショッピング 2倍 1.0%
ベルメゾンネット 3倍 1.5%
セブンネットショッピング 2倍 1.0%
Wowma!(ワウマ) 2倍 1.0%
ニッセン 4倍 2.0%
ヤマダモール 2倍 1.0%
スーパー イトーヨーカドーネットスーパー 2倍 1.0%
セブンミール 2倍 1.0%
ドラッグストア等 楽天24 2倍 1.0%
マツモトキヨシ 2倍 1.0%
FANCL 2倍 1.0%
DHCオンラインショップ 4倍 2.0%
爽快ドラッグ 2倍 1.0%
家電 ビックカメラ.com 3倍 1.5%
Apple Store 2倍 1.0%
ひかりTVショッピング 2倍 1.0%
ヤマダ電機 WEB.COM 2倍 1.0%
エディオンネットショップ 2倍 1.0%
本・音楽 BookLive! 2倍 1.0%
honto 2倍 1.0%
TSUTAYA オンライン 2倍 1.0%
楽天ブックス 2倍 1.0%
旅行 エクスペディア 2倍 1.0%
JCBトラベル 2倍 1.0%
近畿日本ツーリスト 2倍 1.0%
JTB 2-3倍 1.0%
1.5%
JAL 日本航空 5倍 2.5%
アップルワールド 10倍 5.0%
クーポン グルーポン 2倍 1.0%
LUXA 2倍 1.0%
くまポンbyGMO 2倍 1.0%
ファッション マルイウェブチャネル 2倍 1.0%
ジーユー オンラインストア 2倍 1.0%
i LUMINE(アイルミネ) 2倍 1.0%
JINS 2倍 1.0%
ABC-MART.net 2倍 1.0%

「JCBプラチナ限定店舗!」や「JCBプラチナ限定ボーナス!」などはなく、店舗やポイント倍率はJCBカードで全て共通なので、これはJCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアを選ぶ上では参考になりません。

ですが「ポイント還元率をアップさせる方法」として、JCBカードユーザーなら覚えておくべき特典です。

2-3.年間利用額に応じて最大ポイント還元率+0.35%!【共通特典】

3つ目もJCBプラチナ、JCBゴールド・ザ・プレミアの共通特典ですが、JCBカードは年間利用額に応じて翌年度の通常ポイント還元率がアップします。

JCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアでは下記のように利用額に応じてポイント還元率が段階的にアップしていきます。

年間利用額 メンバーランク名 ポイントUP ポイント数 還元率
300万円以上 ロイヤルα PLUS 70%UP 1,000円ごとに1.6ポイント 0.85%
100万円以上 スターαPLUS 60%UP 1,000円ごとに1.5ポイント 080%
50万円以上 スターβPLUS 30%UP 1,000円ごとに1.2ポイント 0.65%
30万円以上 スターePLUS 20%UP 1,000円ごとに1.1ポイント 0.60%

JCBカード共通の特典ですが、カードランクによってポイントUP率が異なりますが、JCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアは同じポイントUP率です。

例えばJCBゴールドは年間300万円のカード利用をしても、翌年度のポイントボーナスは+0.30%なので、JCBゴールド・ザ・プレミアよりも0.05%低くなっています。

この年間利用額ボーナスは大きな上昇率はありませんが、前述の『JCBオリジナルパートナー』『Oki-Dokiランド』と併用してプラスされるので、ゲットした方がポイントをザクザク貯めることができます。

ひとまずJCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアでは差がないとすると、この特典でもどちらのカードが優勢かは判断できません。

3.カードの特徴や特典内容で比較!どちらのカードが便利?

カード種類 JCBプラチナ JCBゴールド・ザ・プレミア
年会費(税込) 本会員 27,000円 5,400円(税込)
※JCBゴールドの年会費に上乗せ
合計16,200円(税込)
家族会員 1名無料(2名以降3,240円) 無料
※本会員が所持している必要あり
キャッシング
ポイント還元率 0.5%~0.85%
(一部加盟店1~5.35%)
0.5%~0.85%
(一部加盟店1~5.35%)
ポイント有効期限 5年間 5年間
コンシェルジュ
高級レストラン1名分無料
レストラン代金が30%OFF
その他ダイニングサービス ダイニング30 ダイニング30
海外旅行傷害保険(カッコ内は家族) 海外旅行傷害保険 自動付帯 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 1億円
(1,000万円)
1億円(うち利用付帯5000万)
(1000万円)
傷害・疾病治療費用 1000万円
(200万円)
300万円
(200万円)
賠償責任 1億円
(2,000万円)
1億円
(2,000万円)
携行品 1旅行100万円・年間100万円
(50万円/100万円)
1旅行50万・年間100万円
(50万円/100万円)
救援者費用 1000万円
(200万円)
400万円
(200万円)
家族特約
航空機遅延費用保険 2万円
(同額)
2万円
(同額)
航空機預託手荷物遅延・紛失費用保険 4万円
(同額)
4万円
(同額)
国内旅行傷害保険 適用条件 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 1億円 最高5,000万
入院保険金(日額) 5,000円 5,000円
手術費用保険金 5万~20万円 5万~20万円
通院保険金(日額) 2,000円 2,000円
家族特約
ショッピング保険 年間最高補償額 500万円 500万円
1事故当り自己負担額 3,000円 3,000円
補償期間 90日間 90日間
24時間医療・健康相談
電子マネー(ポイント付与対象) QUICPay QUICPay
マイル移行 移行先 JAL、ANA、デルタ航空 JAL、ANA、デルタ航空
獲得レート 基本0.30% 基本0.30%
移行手数料 無料 無料
空港ラウンジ 対象空港 国内28空港42ヵ所
海外1空港1ヵ所
国内28空港42ヵ所
海外1空港1ヵ所
同伴者料金 同伴者1名無料
(以降1名あたり250円~1,543円)
同伴者1名無料
(以降1名あたり250円~1,543円)
プライオリティ・パス プレステージ会員無料 プレステージ会員無料
空港手荷物無料宅配 往復無料
(JCBトラベルで予約の場合)
往復無料
(JCBトラベルで予約の場合)
ディズニー・USJでの特典 USJのラウンジ
その他ラウンジ 京都ラウンジ 京都ラウンジ
ホテル・レストラン等の優待
エンタメ ディズニーが充実 ディズニーが充実

ここまで年会費やポイント還元率で比較してきましたが、全然どちらが良いか分かりませんでしたよね。

上記のようにカード付帯特典を比べるとようやくカードごとの差というか、特徴が浮き彫りになってきました。

カード特典だけで考えるなら、当たり前ですがカードランクが高いJCBプラチナの方が豊富です。

ここでは2枚のカードの主要特典を含め、共通特典とJCBプラチナのみで利用できる特典についてご紹介していきます。

3-1.プライオリティ・パスのプレステージ年会費(429USドル)が無料!【共通特典】

まずはJCBプラチナでもJCBゴールド・ザ・プレミアのどちらでも利用できる強烈な特典ですが、両方のカードでは世界約130カ国、1200箇所以上の空港VIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員資格を無料でゲットできます。

通常年会費429USドル(約4万8,800円)が0円になります。

プライオリティ・パスで利用できるラウンジはどこも豪華で

  • ソフトドリンク
  • 食事・軽食
  • アルコール
  • シャワー
  • 雑誌・新聞

などをサービスを無料で利用することができます。

年1回でも海外に行くなら確実にゲットしておいた方がいいでしょう。

もちろん国内でも下記のラウンジでプライオリティ・パスを利用することができます。

プライオリティ・パスが利用可能な国内空港一覧
空港名 ラウンジ名 場所 営業時間 利用可能者
(国内線/国際線)
成田国際空港 IASS Executive Lounge 1 第1ターミナル
中央ビル 5F
午前7時
~午後9時
到着、出発および国内線乗り継ぎ
KAL BUSINESS CLASS LOUNGE 第1ターミナル
中央ビル 5F
午前7時35分
~午後8時50分
国際線利用者
T.E.I. LOUNGE 第1ターミナル
中央ビル 5F
午前7時
~午後9時
国内線、国際線の出発および到着時
IASS EXECUTIVE LOUNGE 第2ターミナル
本館 4F
午前7時
~午後9時
到着、出発および国内線乗り継ぎ
T.E.I. LOUNGE 第2ターミナル
本館 4F
午前7時
~午後9時
到着、出発および国内線乗り継ぎ
関西国際空港 KAL BUSINESS CLASS LOUNGE 第1ターミナル
3F
午前7時~午後2時 /
午後 3:30~午後7:15
午前7時~午後2時 /
午後 3:30~午後7:35(日曜日)
国際線出発便利用者
BOTEJYU 第1ターミナル
3F
午前7時
~午後10時
出発便に搭乗のお客様のみ
中部国際空港 CENTRAIR GLOBAL LOUNGE 旅客ターミナルビル
2階 国際線制限エリア
午前7時30分
~午後9時
国際線でご出発のお客様のみ
KAL LOUNGE 旅客ターミナルビル
2階 国際線制限エリア
午前7時15分
~午後5時30分
国際線でご出発のお客様のみ
STAR ALLIANCE LOUNGE 旅客ターミナルビル
2階 国際線制限エリア
午前7時
~午後6時30分
国際線でご出発のお客様のみ
福岡空港 KAL LOUNGE 国際線旅客 ターミナルビル
3F 搭乗待合室内
午前8時30分~午前10時45分
午後2時30分~午後4時5分
国際線でご出発のお客様のみ

JCBプラチナでもJCBゴールド・ザ・プレミアでも無料発行できるプライオリティ・パスですが、JCBゴールド・ザ・プレミアでは年会費16,200円でこの特典が利用できるので、相対的にコスパがいいのはJCBゴールド・ザ・プレミアになります。

「プライオリティ・パスだけがあれば満足!」という方はJCBゴールド・ザ・プレミアでOKです。

3-2.高級レストランで飲食代金30%OFF!【共通特典】

次もJCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアの両方で利用できる特典ですが、『ダイニング30(サーティ)』という高級レストランでの飲食代金が30%OFFになる特典を利用することができます。

JCBゴールドまでは飲食代金が20%OFFになる特典が利用できますが、JCBゴールド・ザ・プレミア以上のカードでは30%OFFです。

しかも対象店舗はどこも高級感あふれる内観になっており、お祝い事や彼女・彼氏との食事・デートにもピッタリな店舗が揃っています。

この特典が強烈なのは1,000円OFFなどというケチケチしたサービスではなく、30%OFFという利用金額に応じて割引金額がUPしていくという点です。

例えば1万円であれば3,000円割引、2万円であれば6,000円割引、3万円であれば9,000円割引…という風に、「こんなにお得になっていいの…?」と心配になるくらいの金額が割り引かれます。

対象店舗は北海道から沖縄なで日本全国にあるので誰でも利用できる特典です。

ダイニング30の対象店舗一覧
エリア 店舗名 割引対象
北海道 てっぱん焼きダイニングゑびす[五感で楽しむ極上肉] お会計
コンチネンタル[レストラン] お会計
道産黒毛和牛 (個室焼肉) さくらぎ[個室/道産黒毛和牛焼肉] お会計
ビストロ アルモニー[深夜もOKお手頃ワイン] アルモニー記念日プレミアムコース 15,000円
青森 ビストロ 鮨勝 お会計
宮城 三太郎[天ぷら・仙台牛・個室] 黒毛和牛すきやき会席 11,000円
茨城 コート ル・ヴァン[本格フレンチレストラン] 10,000円コース
鮨処 花ひろ[食材にこだわった鮨] 花ひろコース15,000円
栃木 治兵衛 -JIHEI-[日本料理 懐石 天ぷら] お会計
日本料理 丸治[日本料理 懐石料理] お会計
埼玉 料亭 玉家[料亭 会席料理 和食] 壱万円コース 1,0000円(税サ別)
リストランテ オガワ[大宮 本格イタリア料理] シェフおまかせコース10,000円
鈴善[会席 ふぐ すっぽん] 特別サービスコース10,000円
神奈川 別亭 空海[日本料理すっぽん・ふぐ] 特別懐石コース 12,000円(税抜)
ル・パン バー・ラ・ヴァン[フレンチ] Menu de luxe10,000円(税込)
銀座・有楽町・築地 Cantina Siciliana (カンティーナ シチリアーナ)[銀座イタリアン記念日] お会計
桜肉料理 銀座 馬春楼[馬肉料理専門店] お会計
銀座 ALLA MANO[銀座イタリアン完全個室] 7,000円・9,000円・11,000円のコースのうちいずれか
エクロール[フランス料理店] シェフおまかせフルコース10,800円(税サ別)
鉄板や 上方御堂 銀座八丁目店[銀座 鉄板焼 個室あり] 15,000円コース(税別)
銀座 土佐料理 祢保希(ねぼけ)[銀座個室 和食 しゃぶ] しゃぶ懐石15,000円(税サ別)
銀座海老レストラン マダム シュリンプ グレイス[銀座,個室,エビ料理] 特別ディナーコース10,000円
銀座 芳園[銀座 中華 完全個室] ①紫紺 8,500円(税サ別)
②漆黒 10,500円 (税サ別)
夢酒みずき[銀座 国産食材] 9,000円コース
12,000円コース
新橋・浜松町・田町 花山椒 芝パークホテル店[個室 和食 会席 海鮮] ランチ :招花堂コース 3,000円(税サ込)
ディナー:会席コース  6,980円(税サ込)
草の家 新橋店 特選黒毛和牛コース7,000円
新宿・代々木 マジックバー CUORE 新宿店[マジックバー] お会計
SESTO SENSO[イタリア料理] Oro course(オーロコース)4,200円(税サ別)、Chef ’s dinner course
(シェフズディナーコース)5,800円(税サ別)
スパッカ ナポリ[新宿 イタリアン ピザ] ジェイナ ラフィナート9,000円(税別)食前酒付き
新宿 土佐料理 祢保希(ねぼけ)[東京 新宿 個室 宴会] しゃぶ懐石15,000円(税サ別)
鉄板DINING 莢[新宿鉄板焼き・ステーキ] シェフのおまかせコース10,000円
渋谷・原宿・青山 ROYAL DEN 原宿[本格石焼き料理×原宿] お会計
瀬戸内魚介×スペインビストロ Las Bocas[渋谷スペイン料理] 7,000円コース
赤坂・六本木・麻布 フィオーリア アリアブル[六本木 個室レストラン] お会計
H’s ~エイチズ~[貸切パーティスペース] お会計
Bistro 釜津田[能登半島×ビストロ料理] デギュスタシオンコース、釜津田コース
8,000円、12,000円
NOUVELLE KOREAN WINE DINING KAYA[韓国創作料理ダイニング] KAYA スペシャルコース10,000円
La Mezcaleria JICARA BAR & Grill[六本木 ステーキ バー] 限定コース 10,000円(税込)
赤坂 土佐料理 祢保希(ねぼけ)[赤坂見附接待個室和食] しゃぶ懐石15,000円(税サ別)
草の家 前沢牛コース 8,000円
東京駅・丸の内・日本橋 丸の内 土佐料理 祢保希(ねぼけ)[郷土料理 鰹 個室] しゃぶ懐石15,000円(税サ別)
神田・秋葉原・水道橋 串揚げ 文[串揚げ・宴会・接待] お会計
くろぶた きよし[焼酎・黒豚しゃぶしゃぶ] お会計
いづもや 神田本店[神田 鰻・天ぷら・ふぐ] いづも特選うなぎづくしコース 12,960円(税込)
人形町・門前仲町・葛西 人形町 楽庵[人形町 居酒屋 日本酒] 楽庵プラチナコース 7,000円(税込)
池袋・巣鴨・駒込 春の花 花コース8,000円
品川・五反田・大崎 Restaurant Perfumes[フランス料理] お会計
Whisky Bottle Bar PLUM[ウイスキーボトルバー] お会計
La cave 55[五反田 隠れ家フレンチ] 5,000円コース、8,000円コース
恵比寿・中目黒・目黒 リストランテ 小林[一軒家のイタリアン] 今月のコース6,000円
飯田橋・四ツ谷・神楽坂 ご馳走や 叶え[神楽坂 和食居酒屋個室] プレミアム10,000円コース
(ドリンク飲み放題付)
JAM ORCHESTRA[フレンチ&イタリアン] プリフィックスディナーコース6,300円
上野・浅草・日暮里 絵馬亭[マグロ中落ち・築地直送] お会計
錦糸町・押上・新小岩 First Penguin IL TEATRINO[極上レストラン111選] お会計
新潟 割烹 大善[割烹] 海鮮料理コース10,000円
和食ダイニング 蔵 ANAクラウンプラザホテル新潟[日本料理 鉄板焼] 村上牛 山海コース
14,850円( 税サ込)
ステーキハウス あづま[ステーキハウス] 13,000円以上のコース(税サ込)
石川 食べ処 山ぼうし[金沢犀川沿い 和食] お会計
加賀屋 金沢店[和食・日本料理] 5,000円コース、7,000円コース、8,000円コース(税別)
四川料理 鳳凰[中国料理レストラン] 茜コース 7,000円
七輪焼肉 加羅[金沢七輪炭火焼肉] 9,000円コース
滋賀 京都 つゆしゃぶ CHIRIRI 草津店[和食・しゃぶしゃぶ] 鶴翼 8,500円(税込サ別)
竹平楼[日本料理] 8,000円・10,000円・15,000円
京都 DOLCH[フレンチレストラン] お会計
京都 つゆしゃぶ CHIRIRI 本店[伝統の美味つゆしゃぶ] つゆしゃぶ会席鶴翼 8,700円(税込サ別)
兵庫 すし一[日本料理・割烹・懐石] 会席せとうちコース15,000円(税別)、寿司会席コース10,500円(税別)
Development cuisine[イタリアン・フレンチ] シェフ特別コース(飲み放題付)7,000円(税サ別)
天ぷら&ワイン 芦屋 いわい[天ぷら&ワイン] 10,000円コース(税抜)
梅田・北新地 串かつ 北新地 新八景[創作串かつ・個室・接待] お会計
ステーキ・フレンチ鉄板 ニューオークラ[鉄板焼 神戸ビーフ] フレンチ鉄板コース14,000円(税サ別)
yasai french NR[野菜フレンチレストラン] シェフにおまかせコース10,000円
器楽Dining π[和食会席] 8,000円のコース
難波・道頓堀 鯨料理 徳家[鯨料理] お会計
難波×隠れ家個室 鳥食 邦[本格鳥・鴨料理店] 特選コース5,400円
京阪・東大阪・八尾 おおとみ[割烹料理] 特上鍋会席料理(12,000円・13,800円・15,000円)
松原・藤井寺・河内長野 寿司・割烹 南喜久[寿司・割烹] お会計
割烹 一[和食・割烹料理 鍋] お会計
広島 Ricetta Miyagawa Ristrante[イタリアンレストラン] 15,000円コース(税込)
風に吹かれて[現代中華] 15,000円コース(税サ別)
白竜湖[和食・活魚] 15,000円コース(税込)
レストランシマムラ レスプリ・ド・ミクニ[自然派フランス料理] 自然の恵みコース5,000円~15,000円
香川 マウンテンドーム お会計
愛媛 吉長 お会計
Top Dining TOH‐KA‐LIN お会計
福岡 加賀屋 博多店[加賀、日本料理店] 季節の会席料理6,300円~12,300円
佐賀 鳥栖カフェ&ダイニング LINCOTTO お会計
大分 ホルト ガーデン horuto Garden お会計
鹿児島 家烹酒肆 世楽[創作和食] おまかせ七菜コース5,292円
沖縄 割烹 叶[日本料理] 10,000円コース

3-3.高級レストランでコース料理が1名分無料!【JCBプラチナ限定】

次はいよいよJCBプラチナ会員限定の特典です。

JCBプラチナ会員からは『グルメベネフィット』という高級レストランで2名以上のコース料理を予約すると1名分が無料になるという特典を利用することができます。

例えばこの特典を利用して『花郷 六本木店』で2名以上でコース料理を予約すると33,000円のコース料理が1名分無料になります。

実質33,000円割引です。やばいですよね。

「なんでそんなに高額なコース料理がタダで提供できるの?」というと、これはお店側の宣伝戦略で、上質なお客様に一度お得に料理を楽しんでもらってリピートしてもらうためです。

JCBプラチナを発行できる人は必然的に社会的ステータスの高い人なので、お店側も「うちのお店を一度利用してみてください、必ず満足するはずです」という意味を込めてJCBプラチナ会員にきてもらうようにこの特典を提供しています。

そのため1店舗で利用できるのは半年に1回までという制限があります。33,000円のコース料理を何度も無料にしていたらさすがにお店側もキツイですよね。

しかし、半年が過ぎれば再度同じお店で利用することもできますし、お店が違えば半年内でも何度も利用することが可能です。

対象店舗は下記の通りで相場が15,000円〜30,000円とかなり高額なお店ばかりです。

グルメ・ベネフィット対象店舗一覧
エリア 店舗名 ジャンル 1名分のコース料金

北海道・東北エリア

リストランテカノフィーロ

イタリア料理 13,200円

厨 花膳

日本料理 16,500円

SIO

フランス料理 12,500円

TAKU 円山

日本料理 11,600円

Meli melo

フランス料理 15,400円

酒肴彩友じょっぱり

日本料理 10,000円

味小径千陽

郷土料理 10,000円

関東エリア

鉄板焼 下野

鉄板焼 15,000円

京遊膳 花みやこ

日本料理 16,200円

オー・ボン・ヴィベェール

フランス料理 17,600円

花鳥風月 花

日本料理 10,000円

eglise de 葉山庵

ナチュラルフレンチ 22,000円

すき亭 吉寅

すき焼き・しゃぶしゃぶ 13,700円

四季懐石 かのと山荘

懐石料理 8,250円

ロドラント ミノルナキジン

フランス料理 19,800円

星福

中国薬膳料理 16,500円

GINZA kansei

フランス料理 27,500円

鮨 銀座 天川

寿司 20,000円

あわびの源太

あわび料理 21,000円

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ

イタリア料理 28,000円

Ringraziamento

イタリア料理 20,000円

鮨 美寿思

江戸前寿司 16,500円

Restaurant Perfumes

フランス料理 14,400円

オーシャンディッシュ クオン

フランス料理 12,000円

味鉄 赤坂店

ステーキ 18,700円

鉄板焼 蘭麻 麻布店

鉄板焼 16,500円

エゴジーヌ

フランス料理 16,500円

にしあしゃぶ 菜

しゃぶしゃぶ 14,300円

鉄板焼 馨

鉄板焼 26,400円

元麻布 東郷

新和食 13,241円

LA FARANDOLE

フランス料理 19,800円

花郷 六本木店

日本料理・鉄板焼 33,000円

鉄板焼 groe 六本木

ステーキ・鉄板焼 15,000円

マーヴェラス パラディ 白金

フランス料理 13,200円

青山外苑

焼肉 13,000円

葉山庵 Tokyo

ナチュラルフレンチ 27,500円

リストランテ・ヒロ 青山本店

イタリア料理 16,500円

青山牛彩

鉄板焼 17,600円

青山エリュシオンハウス

イタリア料理 13,200円

ランス YANAGIDATE

フランス料理 13,750円

Maison de Caviar BELUGA

イタリア料理 16,297円

KEISUKE MATSUSHIMA

フランス料理 14,300円

鉄板焼 いちか

鉄板焼 19,800円

DANZERO

フランス料理 11,000円

Les Sens

フランス料理 14,300円

International Cuisine Subzero

イタリアンフュージョン 16,500円

クイーン・アリス

フランス料理 16,667円

廣東飯店

中国料理 16,500円

ビストロ エルミタージュ

フランス料理 12,000円

北陸エリア

しゃぶ禅 和楽 新潟店

日本料理・しゃぶしゃぶ 8,000円

鉄板焼 さくら

鉄板焼 12,963円

料亭 うおとめ

日本料理 7,700円

中部エリア

espace social Le SALON

フランス料理 10,000円

Restaurant Le plateau

フランス料理 13,200円

やま文

日本料理 12,100円

徳川慶喜公屋敷跡 浮月楼

日本料理 23,000円

forty three

フランス料理 9,500円

割烹 河むら 本店

日本料理 12,000円

川原町倶楽部 ラ・ルーナ ピエーナ

イタリア料理 9,259円

キャトル・セゾンMORI

鉄板フレンチ 15,750円

松阪牛 みや川 松坂

ステーキ 10,600円

Serge源’s錦店 5階

寿司・日本料理 12,000円

しゃぶ禅 名古屋栄店

日本料理・しゃぶしゃぶ 9,240円

料亭 蔦茂

日本料理 17,600円

Le Restaurant Shinji Koga

フランス料理 16,500円

MORRIS

イタリア料理 14,352円

しし鍋・馬肉料理・合鴨鍋 勘太郎

信州郷土料理 7,700円

La TRILOGie

フランス料理 15,741円

スカイレストラン&バー スターゲイト

フランス料理 12,963円

関西エリア

ダイニング 菜

フランス料理 11,111円

八坂圓堂 THE CELESTINE KYOUTO GION

日本料理 16,500円

中国料理 青冥 祇園店

中国料理 9,260円

プランチャー健

ステーキ・鉄板焼 10,500円

Ristorante Tantotanto

イタリア料理 15,000円

由兵衛

ふぐはも割烹・日本料理 20,000円

中国料理 燦宮

中国料理 27,500円

すし 古径 大阪北新地店

江戸前寿司 13,200円

網焼ビフテキ小松屋

ステーキ 16,500円

美食 暖心

創作和食 13,200円

鉄板焼堂島

鉄板焼 19,800円

おもてなし茶屋咲扇

日本料理 16,500円

中国料理 花梨

中国料理 14,300円

中之島 穂の河

日本料理 11,000円

ラペティ・ロアラブッシュ

フランス料理 11,000円

光林坊北浜

日本料理 13,800円

ステーキ&ワイン オクソン

ステーキ・鉄板焼 19,800円

なにわ懐石・しゃぶしゃぶ 久壷庵

日本料理 15,860円

Vermillion MAHOROBA

フランス料理 10,000円

寿司 はせ川 心斎橋店

寿司 11,111円

とうふ・大阪料理 のりたけ シェラトン都ホテル大阪

日本料理 14,300円

ほてるISAGO神戸 料亭胡蝶

日本料理 11,500円

レストラン花の館 パラディ北野

フランス料理 13,200円

割烹 武田

和食・割烹料理 12,500円

神戸 アントレコット

鉄板焼 12,800円

ラヴィマーナアネックス パチャ

欧風料理 20,371円

ステーキランド 山崎

ステーキ 14,560円

川波

日本料理 15,000円

中国・四国エリア

ろんぢん

しゃぶしゃぶ・すき焼き・西洋料理 7,800円

肉懐石 紬

肉懐石 7,130円

新イタリア料理 コーザ・ボーレ

イタリア料理 11,000円

鮨割烹 ちま喜

日本料理・寿司 9,000円

イタリア料理 La sette

イタリア料理 10,000円

板前割烹 ひぐち

日本料理 8,000円

桜下亭

フランス料理 10,500円

みもすそ川別館

ふぐ料理・日本料理 12,000円

割烹 鄙の館

日本料理 13,200円

金星

寿司 15,000円

割烹 明徳

日本料理 11,000円

パークウエストン ザ・グリル

フランス料理 8,000円

ひさご亭

おこぜ料理 10,000円

創壽庵 やまのべ

日本料理 8,000円

得月楼

日本料理 12,000円

九州エリア

BAR CAVALLO

イタリア料理・バー 10,000円

しゃぶ禅 小倉店

日本料理・しゃぶしゃぶ 8,334円

焼肉みやなか

焼肉 18,000円

游來

焼肉・肉料理 10,000円

ラ・ロシェル福岡

フランス料理 16,500円

BAR CAVALLO the Salon

イタリア料理・バー 10,000円

桜坂 観山荘

日本料理 17,300円

しゃぶ禅

日本料理・しゃぶしゃぶ 9,000円

Restaurant VERT FONCE

フランス料理 14,300円

The House of 1995

鉄板焼 7,700円

がらかぶ料理 美食 みやじ

日本料理 12,000円

日本料理 雅々音

日本料理 9,000円

松葉

日本料理 13,200円

ふぐ処 しんのすけ

日本料理 10,185円

広東料理 蓮花/LINPHA

中国料理 12,000円

料亭 山吹

日本料理 12,000円

フレンチレストラン Diamant Rouge

フランス料理 12,000円

割烹 思水

日本料理 12,000円

Top Grill Sky Lounge

フランス料理 11,500円

割烹 楽水

日本料理 9,200円

広東料理 翡翠廰

中国料理 9,200円

3-4.プラチナコンシェルジュデスクで専属秘書のようなサービス!【JCBプラチナのみ】

JCBプラチナ会員限定の特典としてプラチナコンシェルジュデスクが利用できます。24時間365日年中無休でカード会員の要望に対応してくれる特典です。

他のクレジットカードではコンシェルジュデスクを他の会社に委託している会社がほとんどです。つまり「カード会員の対応はあんたの会社がやってよ」という感じで丸投げしているということですね。

だからどうか知りませんが、コンシェルジュデスクが利用できるプラチナカードでも「全然コンシェルジュデスクの電話が繋がらない!」と評判のカードもあります。

JCBプラチナはどうなのか?というと、JCBプラチナで利用できるコンシェルジュデスクはJCBが自社で教育したスタッフが対応してくれるので、いわばアルバイトやパートではなく社員が対応してくれる感じです。

なので「JCBプラチナのコンシェルジュが質がいい!」とネット上では評判です。

しかも繋がる電話先はJCBカードの最高ランクのカードである『JCBザ・クラス』(年会費54,000円)と同じデスクなので、対応の質は一級品です。

「来週ヨーロッパに旅行に行きたいからチケットを予約してほしい」「会食のお店を選定してほしい」「彼女のプレゼントで欲しいブランド品があるから取り寄せて欲しい」など、自分の要望をコンシェルジュに頼めば、物理的に可能な範囲でコンシェルジュが対応してくれます。

コンシェルジュサービスの有無はJCBゴールド・ザ・プレミアとJCBプラチナの大きな違いですね。

3-5.その他特別ラウンジ・ホテル・レストラン特典!【JCBプラチナのみ】

JCBプラチナ会員はUSJの会員特別ラウンジを利用することができます。

JCBゴールド・ザ・プレミア会員が利用できる会員特別ラウンジは京都駅に設置されてある特別ラウンジのみですが、JCBプラチナ会員からはUSJの特別ラウンジを利用できるようになります。

概要は下記の通りです。

【利用方法・条件】

  • プラチナ・コンシェルジュ・デスクへ「ご招待券」を請求
    ※年1回まで
  • 招待券一枚で4名まで利用可能
  • 利用予定日の1ヵ月前から前日までに予約する必要あり

【営業時間】

  • 平日:10時~12時/13時~17時
  • 土・日・祝日:10時~12時、13時~19時

【特典・サービス】

  • アトラクションの優先搭乗
  • ドリンクサービス
  • 休憩
  • 雑誌閲覧

USJのジュラシック・パークのアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」の施設内に設置されているのですが、ラウンジでゆっくりした後は、別料金でゲットできるファストパスという優先搭乗ができるチケットを持っている人よりも優先してアトラクションを楽しめるというオマケ付きです。

その他にもJCBプラチナ会員は『海外ラグジュアリー・ホテル・プラン』という海外のホテルで優待特典を受けられる特典を利用することができます。

『ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド』というホテルグループでは、通常150ドル(約17,000円)のリーダーズクラブ メンバーシップ会員年会費が無料になり、0円で下記の特典を受けることができます。

  • リーダーズクラブ会員限定の宿泊料金
  • 朝食サービス(コンチネンタルブレックファスト/2名まで)
  • ワンランク上のお部屋にアップグレード(チェックイン時の空室状況による)
  • 客室内インターネット接続無料
  • 宿泊ホテルでのウェルカムギフト
  • アーリーチェックイン・レイトチェックアウト(チェックイン時または滞在中の状況による)
  • 異なる2軒以上の加盟ホテルに5回滞在ごとに1泊分の無料宿泊クーポンをプレゼント。

プライオリティ・パスに加えて海外でカードの特典を実感できるようなサービスですね。

ここら辺がJCBゴールド・ザ・プレミアとJCBプラチナの違いになってきます。またのちの項目でJCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアの特典の違いをまとめるので、「ごちゃごちゃしてきてよくわからない!」という方もこのまま読み進めてもらってOKです。

最後にはキチンと「JCBプラチナ限定の特典はこれ!」とまとめてあります。

4.入会キャンペーンで比較!JCBプラチナは最大13,000円相当!

カード種類 JCBプラチナ JCBゴールド・ザ・プレミア
期間 〜2019年3月31日
特典1 JCBギフトカード
5,000円分
特典2 キャッシュバック
最大2,000円分
特典3 JCBギフトカード
最大6,000円分
合計 最大13,000円相当

ご紹介してきた通り、JCBゴールド・ザ・プレミアは自ら申し込むタイプのカードではないので、入会キャンペーンは行なっていません。

一方JCBプラチナは申し込むと2018年11月現在では上記のように最大13,000円分の特典があります。

4-1.JCBプラチナの入会特典を全てゲットする条件とは?

じゃあJCBプラチナの入会特典をゲットするための詳しい条件とは?というと、下記の通りです。

特典 条件 特典
特典1 2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)の期間にカード申し込み・発行 JCBギフトカード
5,000円分
特典2 2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)の期間中に家族カードを発行 1,000円キャッシュバック
(最大2名分まで)
特典3 カード入会後に送られてくるURL経由で知り合いや友達などに JCBカードを紹介・入会 JCBギフトカード1,000円分
(最大6名分まで)

嬉しいのはカードを発行するだけで5,000円分のギフトカードが確定するという点ですね。

特典2と特典3に関しては家族カードの発行や知り合いへのJCBプラチナ紹介が必要になってくるので「え〜。別にいらない」と言われればゲットできません。

つまり、欲しい人を見つけるという努力が必要になるので、場合によっては時間が取られるめんどくさい条件です。

ただし、JCBプラチナはかなりハイスペックのクレジットカードなので「え!JCBプラチナを紹介してくれるの!?欲しい欲しい!」という方も中にはいるでしょう。

ゴールドカードクラスだと「いや、ゴールドカードはもう持ってるから要らない」と言われそうですが、プラチナカードだと需要があるので比較的にゲットできる可能性が高いかもしれません。

とりあえずカードを発行するだけで5,000円分のギフトカード確定はJCBプラチナのメリットと言っていいでしょう。

5.旅行保険で比較!JCBプラチナが圧勝!

カード種類 JCBプラチナ JCBゴールド・ザ・プレミア
【海外旅行傷害保険】
条件 自動付帯
※一部利用付帯
自動付帯
死亡・後遺障害 1億円
(うち利用付帯5000万)
1億円
(うち利用付帯5000万)
傷害治療 1,000万 300万
疾病治療 1,000万 300万
救援者費用 1,000万 400万
賠償費用 1億円 1億円
携行品損害 1旅行100万/年間100万
(自己負担3000円)
1旅行50万/年間100万
(自己負担3000円)
【国内旅行傷害保険】
条件 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円 5,000万円
入院費用 5,000円/日
(事故日から180日限度)
5,000円/日
(事故日から180日限度)
手術費用 最高20万円
(5万/10万/20万)
最高20万円
(5万/10万/20万)
通院費用 2,000円/日
(事故日から180日以内90日限度)
2,000円/日
(事故日から180日以内90日限度)

国内旅行保険はJCBプラチナもJCBゴールド・ザ・プレミアもほぼ同額(死亡・後遺障害保険のみJCBプラチナが5,000万円高い)ですが、海外旅行保険に関してはJCBプラチナが圧倒的に優秀です。

なぜなら海外旅行では最重要と言われている怪我・病気に対する補償額がなんと1,000万円と超高額です。

例えば大手旅行会社JTBの2016年度のデータを見てみると、海外旅行中に発生したトラブルによって発生した旅行保険は怪我・病気に関するトラブルが半数以上というデータが出ています。

参照:JTB 『2016 年度 海外旅行保険事故データ』より

海外での医療費は高額になることが有名ですが、よほどのことがない限り1,000万円以上の医療費を請求されることはありません。

つまりJCBプラチナ1枚あれば安心して海外旅行を楽しめるということですね。

5-1.家族特約で比較!家族特約は同額!

JCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアの本会員の旅行保険はJCBプラチナが圧倒的に優秀でしたが、家族特約に関しては同額です。

カード種類 JCBプラチナ JCBゴールド・ザ・プレミア
【海外旅行傷害保険】
死亡・後遺障害 1000万円 1000万円
傷害治療 200万円 200万円
疾病治療 200万円 200万円
救援者費用 200万円 200万円
賠償費用 2,000万円 2,000万円
携行品損害 1旅行50万円/年間100万円
(自己負担3000円)
1旅行50万円/年間100万円
(自己負担3000円)
【国内旅行傷害保険】
死亡・後遺障害
入院費用
手術費用
通院費用

家族特約とはカードを持っている人の家族まで自動的に保険の対象外になるという特典ですね。

ただ、JCBプラチナでは家族カードが1枚無料で発行でき、本会員と同じ補償額を受けることができます。JCBゴールド・ザ・プレミア会員も1枚は無料で発行でるので同じく本会員同等の補償を受けることができます。

つまり、もし高額な補償を受けたい場合はまず家族カードを発行すればOKです。

5-2.航空機遅延費用も充実!【共通】

さらにJCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアは『航空機遅延費用』という特典も付帯しています。

国内・海外問わず旅行中に航空会社のトラブルや悪天候によって飛行機が欠航・遅延した場合に発生した損害をカードの特典でカバーしてくれるという特典です。

カード名 JCBプラチナ JCBゴールド・ザ・プレミア
対象 国内・海外 国内・海外
乗継遅延費用保険金 2万円 2万円
出航遅延費用等保険金 2万円 2万円
寄託手荷物遅延費用保険金 2万円 2万円
寄託手荷物紛失費用保険金 4万円 4万円

「なんだよ〜…今日欠航かよ〜…」と泣き寝入りする必要なく、ホテル代などをカード特典でカバーできるという嬉しい内容になっています。

名称 補償内容 適用条件
乗継遅延費用保険金 客室料・食事代 遅延した航空便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合
出航遅延費用等保険金 食事代 出航予定時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合
寄託手荷物遅延費用保険金 衣料購入費等 到着後6時間以内に手荷物が届かなかった場合で、到着後48時間以内に購入した場合
寄託手荷物紛失費用保険金 衣料購入費等 到着後48時間以内に手荷物が届かなかった場合を紛失とみなし、到着後96時間以内に購入した場合

ここではJCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミアの補償額に関して差はありません。

6.JCBプラチナとJCBゴールド・ザ・プレミア比較まとめ

ここまでご紹介してきた比較を一挙に比較した表を再度まとめると下記の通りです。

カード種類 JCBプラチナ JCBゴールド・ザ・プレミア
年会費(税込) 本会員 27,000円 5,400円(税込)
※JCBゴールドの年会費に上乗せ
合計16,200円(税込)
家族会員 1名無料(2名以降3,240円) 無料
※本会員が所持している必要あり
キャッシング
ポイント還元率 0.5%~0.85%
(一部加盟店1~5.35%)
0.5%~0.85%
(一部加盟店1~5.35%)
ポイント有効期限 5年間 5年間
コンシェルジュ
高級レストラン1名分無料
レストラン代金が30%OFF
その他ダイニングサービス ダイニング30 ダイニング30
海外旅行傷害保険(カッコ内は家族) 海外旅行傷害保険 自動付帯 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 1億円
(1,000万円)
1億円(うち利用付帯5000万)
(1000万円)
傷害・疾病治療費用 1000万円
(200万円)
300万円
(200万円)
賠償責任 1億円
(2,000万円)
1億円
(2,000万円)
携行品 1旅行100万円・年間100万円
(50万円/100万円)
1旅行50万・年間100万円
(50万円/100万円)
救援者費用 1000万円
(200万円)
400万円
(200万円)
家族特約
航空機遅延費用保険 2万円
(同額)
2万円
(同額)
航空機預託手荷物遅延・紛失費用保険 4万円
(同額)
4万円
(同額)
国内旅行傷害保険 適用条件 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 1億円 最高5,000万
入院保険金(日額) 5,000円 5,000円
手術費用保険金 5万~20万円 5万~20万円
通院保険金(日額) 2,000円 2,000円
家族特約
ショッピング保険 年間最高補償額 500万円 500万円
1事故当り自己負担額 3,000円 3,000円
補償期間 90日間 90日間
24時間医療・健康相談
電子マネー(ポイント付与対象) QUICPay QUICPay
マイル移行 移行先 JAL、ANA、デルタ航空 JAL、ANA、デルタ航空
獲得レート 基本0.30% 基本0.30%
移行手数料 無料 無料
空港ラウンジ 対象空港 国内28空港42ヵ所
海外1空港1ヵ所
国内28空港42ヵ所
海外1空港1ヵ所
同伴者料金 同伴者1名無料
(以降1名あたり250円~1,543円)
同伴者1名無料
(以降1名あたり250円~1,543円)
プライオリティ・パス プレステージ会員無料 プレステージ会員無料
空港手荷物無料宅配 往復無料
(JCBトラベルで予約の場合)
往復無料
(JCBトラベルで予約の場合)
ディズニー・USJでの特典 USJのラウンジ
その他ラウンジ 京都ラウンジ 京都ラウンジ
ホテル・レストラン等の優待
エンタメ ディズニーが充実 ディズニーが充実

年会費が高いJCBプラチナの方が特典が優れているのはある種当然の事かもしれませんが、「じゃあJCBプラチナを発行すれば間違いないの?」というと一概にそういうわけではなく、カードを自分が何を目的にもつかによって変わってくるでしょう。

この次に「こういう人はこっちのカードを発行すればOK!」というのをご紹介していきます。

7.JCBプラチナのメリット、向いてる人

7-1.JCBプラチナの主要メリットまとめ

まずJCBプラチナの主要メリットをまとめてご紹介すると、下記の通りになります。

  • ①入会キャンペーン
    =最大13,000円分のキャッシュバック
  • ②コンシェルジュサービス
    =24時間365日年中無休で相談・依頼できる
  • ③プライオリティ・パス
    =429ドルが無料
  • ④『グルメ・ベネフィット』
    =高級レストランで1万円以上のコースが1名分無料
  • ⑤『ダイニング30』
    =対象レストランで30%OFF
  • ⑥トラベルサービス
    =旅行保険・ホテル優待など
  • ⑦家族カード1枚無料
    =一部の特典を除き、本会員同等の特典が利用可能

JCBプラチナの年会費は27,000円ですが、明らかに27,000円以上のベネフィットはあります。

月額維持費は2,250円(税込)で、格安ケータイレベルの値段です。月に1回飲み会を控えればOKな値段で上記の特典が享受できるのはかなりデカイですよね。

特典が豪華なので生活の質がアップすると言っても過言ではないでしょう。

7-2.JCBプラチナのみの特徴・メリットとは?

じゃあ具体的にどんな人がJCBプラチナを発行するべきなのか?ということになってきますが、JCBゴールド・ザ・プレミアと比較した時にJCBプラチナにしかない特典をまとめると下記の通りになります。

  • 24時間365日年中無休で対応のコンシェルジュデスク
  • USJの会員特別ラウンジ
  • 高級レストランでコース料理1名分が無料の『グルメベネフィット』
  • 海外のホテルで優待特典『海外ラグジュアリー・ホテル・プラン』
  • 海外旅行保険で怪我・病気に対して1,000万円補償
  • 国内旅行保険が最高1億円

上記の特典はJCBゴールド・ザ・プレミアにはなく、JCBプラチナ会員のみの特典になります。

これだけの特典があればハッキリいってサブカードなどを持つ必要がなくJCBプラチナ1枚でほぼ生活の全てをカバーすることができるでしょう。

コンシェルジュ、グルメ、トラベル、保険サービス全てが集結しているので「どんな人にオススメ?」というと、カード1枚で全てを完結させたい人にオススメです。

さらにJCBプラチナはもう1段階上に『JCBザ・クラス』というカードが用意されていて、JCBザ・クラスになると下記の特典がプラスされます。

  • プライオリティ・パス(ザ・クラス会員限定で同伴者1名無料)
  • 東京ディズニーリゾートの会員専用ラウンジ
  • メンバーズセレクション(年1回のプレゼント)
  • ディズニーの秘密のレストラン「クラブ33」の予約抽選に参加できる
  • ザ・クラス会員限定イベント
  • JCBプレミアムステイプランのザ・クラス会員限定のプラン
  • ザ・クラス 名食倶楽部
  • バーニーズニューヨークでの優待特典
  • ゴルファー保険
  • JCBのオリジナルカレンダーの自動発送
  • PREMIUM LEON for JCB THE CLASS
  • QUICPayはカード一体型を選択可能

8.JCBゴールド・ザ・プレミアのメリット、向いてる人

8-1.JCBゴールド・ザ・プレミアの主要メリットまとめ

次にJCBゴールド・ザ・プレミアの主要メリットをまとめると下記の通りです。

  • ①プライオリティ・パス
    =年会費429ドルが無料
  • ②『ダイニング30』
    =対象の店舗でコース料理や飲食代金が30%OFF
  • ③『JCBプレミアムステイプラン』
    =高級ホテルや旅館が半額以上

JCBプラチナと比べるとやっぱりちょっと寂しいですね。

ただしJCBプラチナと比べると残念ですが、JCBゴールドと比べると完全にJCBゴールド・ザ・プレミアの方がお得です。

プライオリティ・パスやダイニング30が利用できるだけで、JCBゴールドと比べるとかなりベネフィットの高いカードと言えます。

8-2.JCBゴールド・ザ・プレミアのみの特徴・メリットとは?

JCBプラチナと比べるとJCBゴールド・ザ・プレミアは特典内容で勝つことはできません。

「じゃあ絶対JCBプラチナの方がいいじゃん」と思うかもしれませんが、唯一JCBゴールド・ザ・プレミアが優秀な点があるとすれば年会費です。

JCBプラチナは27,000円ですが、JCBゴールド・ザ・プレミアはJCBゴールドの年会費と合計しても16,200円なので、約11,000円ほどJCBプラチナよりも維持コストが安くなります。

つまり、JCBゴールド・ザ・プレミアは「コスパが良くプライオリティ・パスを発行した!」「コスパよくダイニング特典を利用したい!」という方向けのカードということができるでしょう。

「コンシェルジュサービスは要らない!」という方もJCBゴールド・ザ・プレミアで十分です。

また必要になればJCBプラチナにアップグレードすれば良いので、「JCBプラチナはちょっとハードル高いかな?」と思う方もJCBゴールド・ザ・プレミアでOKです。

図でわかりやすく説明すると下記のような感じになります。

9.最後に

お金に余裕があるのであればオススメは完全にJCBプラチナです。JCBプラチナを発行できるのであれば完全にJCBプラチナがオススメです。特典も保険も優秀です。

一方でJCBゴールド・ザ・プレミアはJCBゴールドで下記の条件を満たせばほぼ確実に発行することができるので、ゲットするハードルとしてはJCBプラチナに比べて比較的低くなります。

  • JCB ORIGINAL SERIES対象のJCBゴールドのショッピング利用合計金額(集計期間:12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上
  •  本会員が会員専用WEBサービス「MyJCB」に受信可能なEメールアドレスを登録(毎年1月末日まで)

もちろんJCBゴールド・ザ・プレミア会員も将来的にはJCBプラチナを発行することが可能なので、まずはJCBゴールド・ザ・プレミアを発行するのが確実かもしれません。

なので方法としては、まずJCBプラチナに申し込んでみて、ダメだったらJCBゴールドでJCBゴールド・ザ・プレミアのインビテーションをもらうのが確実でしょう。

◆JCBカードの種類の違いを比較調査した結果まとめ

◆JCBカードとよく比較される三井住友カードの違いについて