日本唯一の国際クレジットカードブランドのJCB。

JCBカードには本当にたくさんの種類があります。

中にはショッピングによるポイントが4倍になる「リボ払い専用カード」というものも存在しています。

そのほか、提携しているクレジットカード会社やカードの種類によってリボ払いの金利手数料が違うので注意が必要です。

今回はJCBカードのリボ払いを利用した時の金利手数料や実際に支払うことになる支払い総額をカードの種類ごとの違いも踏まえながら、確認してみたいと思います!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

JCBカードでリボ払いを利用すると金利手数料はいくら?実際に支払総額を計算してみた

リボ払いを利用すると果たしてお得なのか、それとも損をしてしまうのか、金利手数料と支払い総額から検証してみましょう!

リボ払いについて確認しておこう

まずはじめにリボ払いのおさらいです!

リボ払いはショッピングやキャッシングの利用分の支払いを一括ではなく複数回に分けることができます。

一見分割払いのようですが、分割払いは「支払い回数」を決めるのに対し、リボ払いは「毎月の支払い額」を決めることができます。

たとえばJCBカードの場合、ショッピングのリボ払いの場合、月々最低5千円以上千円単位で支払い額を設定できます。(JCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア、ゴールド等のカードは1万円以上1千円単位。)

キャッシングのリボ払いの場合は、月々最低1万円以上1万円単位で支払い額を設定できます。

JCBカードのリボ払いの金利手数料は何%?

リボ払いをすることでたとえば大きな買い物をしたとしても毎月の支払いを一定にすることができます。
ただしそれには「金利手数料」が発生します。

ではその金利手数料は一体何%くらいなのでしょう?

ショッピングのリボ払いの場合

JCBカードのショッピングのリボ払いの場合、「実質年率8.04~18.00%」となっています。

なぜこんなに幅があるのかというと、カードの種類によって違うようです。

このような注意書きがありました。

「支払い名人」登録中は実質年率15.00%となります。ただし、Yahoo! JAPAN JCBカードは実質年率18.00%、株式会社足利銀行発行のJCBカードは実質年率8.50~15.00%、株式会社福井銀行発行のJCBカードは実質年率12.00~15.00%が適用されます。

引用元:JCBカード公式サイト「JCBショッピングリボ・分割・スキップ払い・「支払い名人」のご利用にあたって」

Yahoo!JAPAN JCBカードは実質年率が18%と高め、銀行が発行しているJCBカードは実質年率がかなり安くなる場合もあるようです。

「支払い名人」というのは、簡単に言うならば「自動リボ」設定です。

たとえば1ヶ月の利用金額が設定金額を越えた場合、越えた分は翌月以降の支払いに自動的にしてくれるというものです。

毎月の設定金額はあとからでも変更することができます。

JCBカードのリボ払いを利用する人は併せて支払い名人も利用することが多いのではないでしょうか。

キャッシングのリボ払いの場合

JCBカードのキャッシングのリボ払いの場合の金利手数料は、「実質年率15.00~18.00%」となっていて、やはりカードの種類によって違うようです。

JCBカードの種類はかなり膨大な量があるため、ここではすべてご紹介できませんが、特にキャッシングのリボ払いに特化したカードもあります。

JCBカードのキャッシング専用のカード「FAITH」は、金利手数料がなんと「4.40~12.50%」です。

キャッシングのリボをよく利用するという人には最適なカードです。

JCBカードのリボ払いの支払い総額を計算してみよう-ショッピング編

JCBカードのリボ払いの金利手数料はカードの種類によって様々です。

なので支払い総額については、便利なシミュレーションを利用しましょう!

JCBカードの公式サイトの「ショッピングリボ払いのシミュレーション」というサービスがあります。

ここで早速シミュレーションをしてみました。

例として、ショッピング5万円を月々5千円でリボ払いする場合はどのくらいの支払い総額になるでしょう?

ショッピング5万円を月々5千円でリボ払いする場合

ここでは「お支払いコース」を元金定額の「定額コース」にしてみました。

この支払いコースだと、「毎月5千円の元金+金利手数料」の支払いとなります。

支払い回数は全10回となって、支払い総額は53,314円(内金利手数料3,314円)ということになりました!

ちなみに「お支払いコース」を「支払い名人」にした場合は、このようになりました。

支払い回数も実質年率も変わりませんが、手数料は2,801円と、513円も安くなっています。

おそらく支払い名人の場合は、初回の支払い分の金利手数料が無料になるからだと推測できます。

支払いコースによってもいろいろと違いがありますので、詳しくはご自身の契約内容を確認の上でシミュレーションをしてみましょう!

JCBカードのリボ払いの支払い総額を計算してみよう-キャッシング編

続いてキャッシングでリボ払いを利用した場合の支払い総額を計算してみましょう。

こちらも便利な「キャッシングリボ払いお支払いシミュレーション」というものがあります。

例として、5万円のキャッシングを月々1万円でリボ払いした場合の支払い総額を計算してみました。

5万円のキャッシングを月々1万円でリボ払いした場合

支払い回数は全5回、支払い総額は52,458円(内金利手数料2,458円)となりました!

金利手数料がショッピングより高いのに金利手数料が安いのは、支払い期間が短いことによるものです。

リボ払いの金利手数料を高いと感じますか?それとも安いと感じますか?

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

こういう時にリボ払いはおすすめ!

公式サイトの支払いシミュレーションによって、具体的な支払い総額が確認できるというのはとても安心できますよね。

リボ払いをもっともっと活用したいと思う人も多いのではないでしょうか。

それではさらに、リボ払いをお得に利用できるためのコツをお伝えしたいと思います!

短い期間で利用する

リボ払いの金利手数料は、リボ払いをする期間によって決まります。

実質年率というものはありますが、支払い期間が1年に満たない場合は、所定の年率よりも低い利率での計算となります!

リボ払いをよりお得に利用するのであれば、「できる限り短い期間」で支払いが終わるように毎月の支払い金額を考えてみると良いと思います。

ボーナスなど臨時収入での繰上げ返済を予定に入れて利用する

JCBカードのリボ払いには、毎月の支払い額を増額したり、残高分を一括返済したりすることもできます。

「まとめ払い」というのがそれにあたります。

これを利用すると結果的に支払い回数が短くなるため、金利手数料も最小限で済ませることができますよね!

「今すぐは支払えないけれど、数ヶ月後ならまとめて払えそう」という時には繰上げ返済を前提にして利用することで、リボ払いの効力を発揮することができそうです。

「まとめ払い」を利用するには、オンラインサイトから手続きをするか、電話で手続きをしましょう。

電話窓口はこちら。

JCBカードのカード番号が必要になるので、手元に用意しておきましょう。

一括払いにしたものを変更したい時に利用する

また、もうひとつ便利なリボ払いをご紹介します。

それは「ショッピング利用後リボ払い」です!

たとえばショッピングの後で「支払いが厳しいなぁ…」となった時にも安心です。

一括払いでショッピングしたとしても、あとからリボ払いに変更することができます。

(内容によっては変更できないものもあります。)

また、こちらもオンラインサイトか電話で登録をすることができます。

電話窓口はこちら。

リボ払いの落とし穴!こういう使い方はなるべく避けよう!

リボ払いがとても便利なことはよくわかりました。

あとは実際に利用するのみです!

そこで、使い方によっては陥ってしまう「リボ払いの落とし穴」も知っておきましょう。

支払い回数が長い

リボ払いをお得に活用するには、金利手数料を安く済ませること、つまり支払い回数を短くすることが必須です。

反対に支払い回数が長くなればなるほど、金利手数料の総額も大きくなってしまいますね。

金利手数料が思わぬ負担になってしまわないように、公式サイトの返済シミュレーションを利用して、金利手数料がどのくらいになるのか、どのくらいまでなら手数料を支払っても抵抗がないか、など自分なりの使い方を見つけておくと良いかもしれませんね。

また、余裕がある時には支払い額を増額したり、一括返済をして早めにリボ払いを終わらせてしまいましょう!

無計画に利用する

月々のやりくりをする中で、リボ払いという便利なものにはついつい甘えてしまいます。

リボ払い毎月の支払い額を一定にできることで計画的でもありますが、毎月一定であるがゆえに利用残高の存在が麻痺してしまうこともあります。

気づけば膨大な額の利用残高になっていて、なかなか返済が終わらない、金利手数料の負担も苦しくなる、といった悪循環にはまってしまうかもしれません…。

リボ払いの利用残高を把握して、「返済の目処が立てられる額までの利用に抑える」ということがとても重要になります。

それでもリボ払いはとっても便利

リボ払いにはたしかに気をつけないと怖いこともありますが、そこさえ知っておけばかなり便利な利用方法です!

あとからリボ払いにすることも、毎月の支払い額を変更することも可能なJCBカードのリボ払い、いろいろと試してみてください。

リボ払い初心者の人は、慣れるまでまずは少額で利用してみるというのも良いですよね。

最後に

JCBカードのリボ払いの金利手数料はカードの種類や支払い方法によってかなり幅がありますので、まずがご自身のJCBカードについて確認をしてみてください。

基本的にはショッピングの金利手数料は実質年率15.0%、キャッシングの金利手数料が実質年率18.0%となっています。

公式サイトの便利な「返済シミュレーション」も活用してみてくださいね!

くれぐれも、ご利用は計画的に。

そして利用期間はできるだけ「短めに!」がJCBカードのリボ払いを最大限お得に利用するコツですね!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?