国際クレジットカードブランドのひとつとして信頼の厚いJCBカード。

日本のブランドということで親しみが持てるということもあり、VISAやMastercardなどと共に一枚は持っているという人も少なくないのではないでしょうか。

今回はそんなJCBカードユーザーの人へ、支払いが遅れてしまった時の対処法をご紹介したいと思います。

支払いが遅れてしまいそうな時には、一体どのような対処をすれば良いのでしょうか?

また、遅れてしまった後の対処についても確認してみましょう!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

 

支払日に間に合わないかも…事前に遅れそうとわかってたら何をしておくべき?

利用しているカードの『締め日』と『支払日』を把握する!

まずはJCBカードの「締め日」と「支払日」を確認しておきましょう。

JCBカードの締め日は「毎月15日」です。

この日に1ヶ月分の利用が締め切られ、請求金額が決められます。

そして支払日は「翌月10日」となります。

支払日はもちろん支払いをする日ということで、銀行口座から引き落としされる日ということです。

支払いまでの一連の流れを把握する!

締め日と支払日の間には1ヶ月弱の期間があり、実はこの期間が結構重要になってきます。

締め日から支払日までの一連の流れを、具体的な日付を例にして確認してみましょう。

  • 4月15日:締め日(3/16〜4/15の利用分)
  • 4月24日頃:利用金額確定
  • 5月2〜5日頃:支払い方法変更締切日→「請求金額確定」
  • 5月10日:支払日

このようになっています。

締め日を迎えた後もカードの利用履歴がJCBカードデスクに届くまでに時間差があることもあるため、1ヶ月分の利用金額が確定されるのは24日頃となります。

利用金額が確定されてから支払い方法を変更することもでき、この期間がとても重要になります。

詳しくは次項にて確認してみましょう。

支払いが遅れそうな場合の対処法1:リボ払い・分割払いに変更する

それでは、「支払いが遅れそう…」という時の対処法のご紹介に移ります。

JCBカードには利用した後からでも「リボ払い」や「分割払い」に変更できるというサービスがあります。

リボ払いは月々の支払い金額をほぼ一定にできるというもので、たとえば5万円のショッピングを月々1万円ずつにできるというようなものです。

支払い期間が延びる分、金利手数料が発生しますが、5万円だと支払えないという場合にもひとまず1万円のリボ払いにしておいて、余裕がある時に一括返済することもできます。

とても柔軟性のある支払い方ですよね!

また、リボ払いではなく分割払いにすることもできます。

分割払いの場合は「支払い回数」を選ぶため、それに応じて毎月の支払い金額が決まります。

ショッピングのリボ払いの金利手数料率は実質年率8.04~18.00%、分割払いの金利手数料率は実質年率7.92~18.00%(月利0.66~1.50%)と、どちらの支払い方でもほぼ変わりません。

カードの種類によって利率が異なりますので、詳しくはお手持ちのJCBカードについて確認してみてください。

支払いが遅れそうな場合の対処法2:スキップ払いに変更する

JCBカードにはユニークな支払い方法があります。

それは「スキップ払い」というものです!

スキップ払いを利用すると、支払いを「最長6ヶ月後」にすることができるのです。

たとえば5月10日に支払う予定であったものを、7月10日にしたり、10月10日にしたりできるということですね。

支払いを繰り越した分、金利手数料が発生しますが、利率はリボ払いや分割払いとほぼ変わりません。

スキップ払いの場合はあくまでも「一括払い」となります。

「次の支払いは厳しいけどその次以降は支払える」というような場合は、このように支払い方法を変更するという対処法がとっても役立つのではないでしょうか?

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

 

支払い遅れてしまった!こんな時はどうすればいい?

それでも、実際に支払いが遅れてしまうこともあります。

そのような時はどうしたら良いでしょうか。

JCBカードは、いくつかのクレジットカード発行会社が運営しています。

発行会社が「株式会社ジェーシービー」の場合は対処法1へ、それ以外の場合は対処法2へ進んでください。

支払いが遅れてしまった場合の対処法1:再引き落としに備える

まずは発行会社が株式会社ジェーシービーの場合についてです。

引き落としに間に合わなかった場合でも、再引き落としをかけてくれます。

よって、引き落とし日(支払日の10日)にお金が用意できていなくても、再引き落とし日までに自分の口座にお金を入れておけば自動的に引き落としされることとなります。

再引き落とし日は金融機関によって異なりますので、詳しくはこちらのページで確認してみてください。

【振替日当日および再度のお支払い日について】

金融機関によっては引き落とし日翌日から毎日(金融機関営業日)、再引き落としをかけてくれることもあります。

お金が用意できたらすぐに、口座に準備しておきましょうね。

再引き落とし日にも間に合わなさそうという人は、JCBカードのサービスデスクに連絡してみましょう。

支払いが遅れてしまった場合の対処法2:電話して対応を聞く

それではカードの発行会社が株式会社ジェーシービー以外だという場合の対処法です。

こちらについては、それぞれに問合せ先が異なりますので、こちらのページで確認の上、連絡をしてみてください。

JCBグループのカード発行会社

指定された口座への振込みか、振込み用紙が郵送されてくるなどの案内があると思いますので、それに従って支払いを済ませてしまいましょう。

もし支払いが遅れたらどんな悪影響がでる?

支払いが遅れてしまうというのは、誰しも一度は経験することかもしれません。

”1日でも遅れると金融トラブルに発展する”ということではありませんが、たとえば支払いが遅れた期間が長かったり、度重なってしまったりすると、ちょっと大変なことになります。

どのような悪影響がでてくるのか、確認しておきましょう!

デメリット1:信用が損失する

JCBカードも「クレジットカード」ですので、これを利用するということはお金を立て替えてもらっているということになります。

「立て替えてもらったお金をきちんと支払えない」ということになると、当然のことながら信用を失ってしまいます。

支払いが大幅に遅れたり、毎月のように遅れたりしてしまうと、JCBカードの利用を停止されてしまうかもしれません。

また、現在のJCBカードの有効期限が切れると同時に「更新停止」ということで新しいJCBカードを発行してもらえないことも考えられます。

デメリット2:遅延損害金が発生する

支払いが遅れてしまうことのペナルティというか、手数料というようなものにあたると思いますが、「遅延損害金」というものが発生します!

これは「利用残高」と「遅延日数」と「利率」を元に計算されます。

たとえばJCBカードの場合、ショッピング(1回払い、リボ払い)は年率14.60%、キャッシング(1回払い、リボ払い)は年率20.00%というような利率になっています。

つまり、利用残高が大きいほど、遅れた日数が長くなるほど、遅延損害金の額も大きくなっていきます。

デメリット3:信用情報機関に履歴が残る

支払いが遅れた日数が大体60日を超えてしまうと、「延滞」という状態になり、信用情報機関に記録が残ります。

信用情報機関に記録されている個人の信用情報は、他のどんなクレジットカードでも、各種ローンでも、新規契約をする際にかならず参照されることとなります。

そこで「延滞」したという記録があると、新規契約はどうしても難しくなってしまいます。

延滞の記録は約5年間は残されますが、その間に再度延滞などの金融トラブルを起こさなければ、また元の信用情報に回復させることができます。

たとえJCBカードだけの延滞であったとしても、その悪影響はその後すべての契約に影響してきます。
なんとしても延滞は避けたいところですね。

まとめ

JCBカードの支払いが遅れそうな時と遅れてしまった時の対処法、遅れることによって考えられる悪影響についてまとめました。

JCBカードの締め日は毎月15日、支払日は翌月10日となっています。

たとえば1回払いで利用したものでもあとから「リボ払い」や「分割払い」や「スキップ払い」に変更することができるので、一時的に支払いを楽にすることができます。

金利手数料はかかりますが、支払いが遅れることによる悪影響に比べれば、微々たるものかもしれません。

ぜひ有効活用してみてくださいね。

支払い遅れはJCBカードからの信用を損なったり、遅延損害金を支払うことになったり、最悪の場合はJCBカードだけでなく他の新規契約にも影響が及んでしまいます。

くれぐれも支払いはきちんと行っておきましょうね。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?