マイラーにとっては必携のクレジットカードであるJALカード。

日常のお買い物をすべてJALカードに集約しているという人も少なくないのではないでしょうか。

そのJALカードでは、リボ払いを利用することもできます。

リボ払いを活用することで、毎月計画的な支払いにすることができますよね。

でもその反対に、「損をしてしまう」ようなリボ払いの使い方もあります…。

そんなリボ払いの落とし穴にはまってしまわないように、リボ払いの仕組みや、「金利手数料」や「支払い総額」を計算して具体的な利用方法を確認してみましょう!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

JALカードでリボ払いを利用すると金利手数料はいくら?実際に支払総額を計算してみた

リボ払いについて確認しておこう

まずはリボ払いについて基本を押さえておきましょう。

リボ払いとは、利用残高にかかわらず、毎月の「支払い額」をほぼ一定にできるというものです。

たとえば5万円のショッピングを月々5千円ずつ支払っていくことも可能だし、1万円ずつ支払っていくことも可能です。

また、月々の支払い額を途中から増額したり、残高をまとめて一括払いしたり、ということもできます。

JALカードのリボ払いの金利手数料は何%?

リボ払いは月々の支払いを一定にして”先延ばし”にすることができます。

その先延ばしにした利用残高について、毎月「金利手数料」が発生します。

JALカードのショッピングでリボ払いを利用した場合の金利手数料は、「実質年率15%」で計算されます。

この年率を「利用残高」と「利用日数」に掛けたものが金利手数料になります。

ちなみにJALカードでキャッシングを利用した場合、リボ払いではなく一括払いのみとなるようです。

JALカードのショッピングのリボ払いの支払い総額を計算してみよう

それでは実際にリボ払いを利用すると、支払い総額はどのくらいになるのか見てみましょう!

JALカードの種類によっては、リボ払いの支払い方にもいくつか種類があります。

今回は「元金定額方式」で「5万円」のショッピングを月々最低支払い額の「5千円」で支払った場合を例にしてみます。

5万円のショッピングを月々5千円でリボ払いした場合の支払い総額

※1ヶ月30日として計算してみました。

計算式:(利用残高)×15%÷365日×30日=(金利手数料)

回数 支払い金額 金利手数料 支払い元金 支払い後利用残高
1 5,616 616 5,000 45,000
2 5,555 555 5,000 40,000
3 5,493 493 5,000 35,000
4 5,432 432 5,000 30,000
5 5,370 370 5,000 25,000
6 5,308 308 5,000 20,000
7 5,247 247 5,000 15,000
8 5,185 185 5,000 10,000
9 5,123 123 5,000 5,000
10 5,062 62 5,000 0
支払い総額:53,391円 内金利手数料:3,391円

支払い総額は53,391円、そのうち金利手数料は3,391円という結果がでました!

(※あくまでも独自のシミュレーションですので実際の金額とは異なります。だいたいの目安程度にご利用ください。)

ではさらに、月々の支払い額を1万円にしてみたらどうなるでしょう?

5万円のショッピングを月々1万円でリボ払いした場合の支払い総額

※1ヶ月30日として計算してみました。

計算式:(利用残高)×15%÷365日×30日=(金利手数料)

回数 支払い金額 金利手数料 支払い元金 支払い後利用残高
1 10,616 616 10,000 40,000
2 10,493 493 10,000 30,000
3 10,370 370 10,000 20,000
4 10,247 247 10,000 10,000
5 10,123 123 10,000 0
支払い総額:51,849円 内金利手数料:1,849円

月々1万円でリボ払いした場合、支払い総額は51,849円、そのうち金利手数料は1,849円という結果がでました!

(※あくまでも独自のシミュレーションですので実際の金額とは異なります。だいたいの目安程度にご利用ください。)

月々5千円ずつのリボ払いの場合と比べると、金利手数料の差額は1,542円です。

毎月の支払い額が大きく、支払い期間が短くなると、支払い総額も「より安くなる」ということがわかりますね。

ちなみに、上でシミュレーションしたような「元金定額方式」では毎月の支払いが5千円の場合、5千円プラス金利手数料の支払いとなりますが、たとえば「残高スライド方式」の場合は、毎月の支払いが5千円で一定となり、その中に金利手数料も含まれている形となります。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

こういう時にリボ払いはおすすめ!

さて、具体的な金額が見えてきたところで、リボ払いを利用することがぐっと身近になったのではないでしょうか?

そこで特におすすめしたいリボ払いの使い方をご紹介します。

短い期間で利用する

リボ払いの支払い総額は、月々の支払い額によって変わります。

前項のシミュレーションでも、月々5千円の支払いと月々1万円の支払いでは、支払い総額に1,542円もの違いがありましたよね。

この違いはもちろん「金利手数料」です!

短い期間で利用することによって、金利手数料を低く抑えることができますよね。

月々の支払い額は「5千円以上5千円単位」で設定することができるので、毎月無理のない支払い額で、なおかつ出来る限り短い期間で支払いが終わるように考えてみましょう。

ボーナスなど臨時収入での繰上げ返済を予定に入れて利用する

JALカードのショッピングのリボ払いには、繰上げ返済を利用することもできます。

ボーナス払いを視野に入れて大きなお買い物をするのにもリボ払いは”もってこい”なのです。

繰上げ返済をして支払い期間が短く済めば、結果的に支払い金利手数料はリボ払いし続けるよりもかなり安くなることでしょう。

繰上げ返済や月々の支払い額の変更、支払いコースの変更は、会員サイトや電話で手続きをすることができますよ。

ちなみにJALカードにはかなりたくさんの種類があるため、ここでは電話窓口のみご紹介します。

  • JAL・JCBカード
◆JCB インフォメーションセンター
Tel:0422-76-1700
(営業時間 9:00~17:00/年中無休)
  • JAL・Visaカード
  • JAL・Mastercard
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
◆DCカードコールセンター
Tel:03-3770-1177
(営業時間 9:00~17:00/年末年始は休み)
  • JALダイナースカード
◆ダイナースクラブ コールセンター
Tel:0120-074-024
(営業時間 24時間/年中無休)
  • JALカード Suica
◆ビューカードセンター
Tel:03-6685-7000
(営業時間 9:00~17:30)
  • JALカード OPクレジット
◆小田急カード専用デスク
Tel:0422-72-0030
(営業時間 9:00~21:00/年末年始は休み)
  • JAL アメリカン・
    エキスプレス・カード
◆MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードデスク
Tel:0570-001103 / 03-5489-6182
(営業時間 9:00~17:00/年末年始は休み)

同様に、それぞれのJALカードごとに会員サイトがありますので、お手持ちのJALカードがどのクレジットカード会社か確認してみましょう。

一括払いにしたものを変更したい時に利用する

そしてもうひとつ、JALカードのショッピングを一括払いで利用したものを、あとからリボ払いに変更することもできます!

「思わず出費がかさんじゃって、支払いが心配…」という時でも、リボ払いは役立ってくれます。

JALカードの種類やショッピングの内容によってはリボ払いにできないものもありますが、まずは確認してみましょう!

こちらも各クレジットカード会社の電話窓口か会員サイトで手続きすることができます。

リボ払いの落とし穴!こういう使い方はなるべく避けよう!

さて、リボ払いの仕組みについて色々と理解が深まりましたね。

リボ払いはよくわからないうちは「なんだか複雑そう…」と感じることもあるかもしれませんが、具体的にシミュレーションなどをしてみると、そこまで難しいものではないことがわかります。

しかし、油断は禁物です!

リボ払いの使い方をちょっと間違ってしまうと、気づかぬうちに落とし穴にはまっていることも…。

どんな落とし穴があるのか見ておきましょう。

支払い回数が長い

リボ払いをよりお得に利用するためには、「支払い回数を短くする」ことが基本でした。

支払い回数が長くなってしまうと、その分金利手数料の総額は上がっていきます…。

支払い回数は月々の支払い額によってコントロールできるので、可能な限り支払い額を多めにしておくのが賢明です!

そして、特に余裕がある時には支払い額の総額や繰上げ返済も検討してみてください。

無計画に利用する

リボ払いの対象にしている内容が積み重なってくると、「どのショッピング分をどれだけ返済し終えたのだろう?」と混乱する日がやってくるかもしれません。

リボ払いにしていると毎月の支払い額がほぼ一定になっているため、大きな買い物をしたという意識も薄れがちになったりして、際限なく使ってしまうことも有り得ます。

これがリボ払いの一番怖いところですね!

リボ払いにしたショッピングの内容と、その利用残高、そして支払い期間などは、定期的にチェックしておくことをおすすめします。

あくまでも「計画的に」がリボ払いと上手に付き合っていくキーワードですね。

それでもリボ払いはとっても便利

たしかに怖いところもありますが、落とし穴にはまらないように注意するだけで、リボ払いの便利さを利用することができます。

リボ払いの金利手数料の計算はすこし面倒かもしれませんが、シミュレーションをしておくことでより便利にお得にすることもできますよ!

ぜひとも自分にあった使い方を見つけてみてほしいと思います。

最後に

JALカードのリボ払いについてまとめてみました。

JALカードの場合、リボ払いができるのはショッピング利用分のみで、キャッシングは一括払いとなっています。

ショッピングのリボ払いの金利手数料は実質年率15%で、他のクレジットカードの多くと同じ年率です。

リボ払いをよりお得に利用するために、月々の支払い額の設定は念入りに行いましょう!

支払い期間は出来る限り短く、そしてリボ払いの利用は計画的に!

途中から支払い額を変更したり、繰上げ返済をしてしまうことも可能なので、詳しくは各クレジットカード会社の会員サイトか、サポートデスクへ問い合わせをしてみてください。

  • JAL・JCBカード
◆JCB インフォメーションセンター
Tel:0422-76-1700
(営業時間 9:00~17:00/年中無休)
  • JAL・Visaカード
  • JAL・Mastercard
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
◆DCカードコールセンター
Tel:03-3770-1177
(営業時間 9:00~17:00/年末年始は休み)
  • JALダイナースカード
◆ダイナースクラブ コールセンター
Tel:0120-074-024
(営業時間 24時間/年中無休)
  • JALカード Suica
◆ビューカードセンター
Tel:03-6685-7000
(営業時間 9:00~17:30)
  • JALカード OPクレジット
◆小田急カード専用デスク
Tel:0422-72-0030
(営業時間 9:00~21:00/年末年始は休み)
  • JAL アメリカン・
    エキスプレス・カード
◆MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードデスク
Tel:0570-001103 / 03-5489-6182
(営業時間 9:00~17:00/年末年始は休み)
【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?