フライトによっても日常のカード利用によってもマイルを貯めることができるJALカードは、不動の人気を誇っているクレジットカードですね。

メインカードとして利用しながら着実にマイルを貯めているという人も多くいます。

そして中には「今よりもっとたくさんJALカードを利用したい」という人もいるのではないでしょうか。

しかしそれには利用限度額というものが重要になってきます。

利用限度額はそれぞれの利用者によって、そしてJALカードの種類によっても違います。

この記事では自分の利用限度額を改めて確認しておくとともに、限度額を引き上げることのメリットとデメリット、そして限度額変更の手続き方法などについてまとめてみました。

 

JALカードの限度額はいくらに設定されてることが多い?自分のJALカードの利用限度額を確認する方法

JALカードの利用限度額はいくら?

JALカードの種類別の利用限度額はこのようになっています。

JALカードnavi 普通カード・CLUB-Aカード CLUB-Aゴールド
利用限度額 10万円 10〜100万円 50〜200万円

※こちらはショッピングの利用限度額です。

ちなみにダイナースカードは「限度額なし」とされています。アメリカン・エキスプレスカードの場合は、上記の金額よりも高めに設定されることもあります。

キャッシングにはキャッシングの利用限度額がありますが、公式にはアナウンスされていません。

一般的に、ショッピングより低い金額に設定されていたり、人によってはキャッシング利用限度額0円ということも有りえます。

利用限度額を確認するには

自分のJALカードの利用限度額を確認してみましょう!

限度額は会員サイトや電話窓口によって確認することができます。

手順はこのようになります。

  1. 以下の会員サイトへログイン、もしくは電話窓口へ電話する
  2. 「利用可能枠照会」という項目を選ぶ

※「利用可能枠」は”最大で利用できる限度額”、「利用可能額」は利用残高を差し引いて”今現在利用できる限度額”です。

自分のJALカードの種類やブランドによって問い合わせ先が違いますので、ご注意を。

JAL・Visaカード、JAL・Mastercard、JALカード TOKYU POINT ClubQの場合

会員サイト:三菱UFJニコスWebサイト

JAL・JCBカードの場合

会員サイト:JCBホームページ

JALダイナースカードの場合

会員サイト:三井住友トラストクラブ

JALカードSuicaの場合

会員サイト:ビューカードホームページ

JALカード OPクレジットの場合

会員サイト:JCBホームページ

JAL アメリカン・エキスプレス・カードの場合

会員サイト:三菱UFJニコスWebサイト

JALカードの限度額は1ヶ月間ごとじゃないの?ギリギリの状態だけどいつになったら使えるようになる?

自分のJALカードの利用限度額は確認できましたか?

ここでもうひとつ確認しておきたいことがあります!

この利用限度額というのを「1ヶ月ごと」に利用できる金額だと思っている人もいるようですが、実は違います。

利用限度額は1ヶ月ごとではなく「全体として」利用できる金額のことです。

たとえば利用限度額が30万円の場合で10月に25万円まで利用したとします。

すると月が変わって11月になっても”その25万円の引き落としが終わるまでは”利用限度額は5万円の状態です。

引き落としが終わってようやく、最大の利用限度額30万円まで戻ります。

ちょっとややこしいので、具体的な日付を例にしてみましょう。

まず、JALカードの「引き落とし日」はこのようになっています。

  • JALカードSuica:当月1日~当月末日の利用分が「翌々月4日」に引き落とし
  • JALカードSuica以外:前月16日~当月15日の利用分が「翌月10日」に引き落とし

たとえば「毎月10日引き落とし・利用限度額30万円の場合」の支払いスケジュールは、このような流れになります。

10月16日〜11月15日の利用分:25万円

11月15日〜12月10日の利用限度額:5万円

12月10日:25万円引き落とし完了

利用限度額30万円に戻る

引き落としされてもJALカードの限度額ギリギリなのはリボ払いが原因!

なお、引き落としは終わったのに「利用限度額いっぱいまで使えない」ということもあるかもしれません。

それはリボ払いが原因ではないでしょうか。

リボ払いを利用している場合、25万円のショッピングを「月々5万円ずつ」というように金額を指定して少しずつ引き落としさせていくことが可能です。

この場合、1ヶ月目の引き落としが終わっても利用限度額が元に戻っているのは「5万円分」だけなので、残っている利用残高は20万円。

よって実際に今利用できる限度額は30万円−20万円=10万円ということになります。

「なかなか利用限度額が最大の金額に戻らない」という人は、リボ払いの設定になっていないか確認してみましょう!

そして必要であれば「繰り上げ返済」や「リボ臨時増額」で利用残高を減らしましょう。

繰り上げ返済やリボ臨時増額なども、上記のそれぞれの会員サイトや電話窓口で申し込みが可能ですよ。

JALカードは限度額を超えても少しならカード利用できる?

設定されている利用限度額を超えた場合、たとえ少しのオーバーであっても「JALカードは利用できない」のが原則です。

店舗によっては”利用限度額の照会をしない”ところもあったりして、利用限度額に達しているのに利用できてしまうケースもありますが、基本的には「できない」と考えておきましょう。

利用限度額を超えることが続くようだと、JALカードの利用履歴に残ってしまい、「悪質な利用」として利用停止につながってしまう可能性もあるのです。

利用限度額には余裕をもたせておきましょう。

限度額ギリギリまで使いがち…限度額の引き上げを検討してみよう!限度額引き上げのメリット

いつも利用限度額ぎりぎりまで使いがちだという人は、限度額の「引き上げ」を考えてみても良いと思います。

限度額の引き上げをすることでいろいろなメリットが生まれます。

カードの一時利用停止で困る心配がない

利用限度額を上げておけば、「限度額を超えたから使えなくなった!」ということがなくなります。

限度額ぎりぎりまで利用することが多いという人は、毎回それだけの金額が必要だということです。

その上で急な出費や大きな買い物にも対応できるように、利用限度額は余裕をもたせておくことをおすすめします!

メインのクレジットカードとして利用を集約できる

利用限度額を引き上げると、当然ですが利用できる金額が増えることとなります。

これまでJALカード以外のクレジットカードも併用していたという人も、すべてJALカードに集約してしまうのはどうでしょうか?

いくつかのクレジットカードに分散させて利用するよりも一枚のJALカードに利用を集中させた方がポイントもマイルも無駄なく貯めることができます。

一時的に限度額を引き上げることもできる

たとえば海外旅行や結婚式、引っ越しなど、大きな金額が必要になる時もありますよね。

そんな時には「一時的な」引き上げも可能です。

「特別な時以外は今の利用限度額で充分」という人も、”一時的引き上げ”という存在を知っておくことでJALカードをより便利につかえそうですよね。

限度額を引き上げるデメリット

さて、メリットがあればデメリットもあります。

JALカードの利用限度額を引き上げることのデメリットとは何なのでしょうか?

限度額の引き上げに審査が必要

利用限度額というのはJALカードの入会審査の時にきめられたものなので、引き上げるためには同じような審査が必要になるのです。

収入をはじめとした個人属性、クレヒス(クレジットカードやローン契約などすべてを合わせた利用履歴)に加えて、これまでJALカードをどのように利用してきたかということも大事な要素となります。

この審査には1週間ほどかかることもあり、審査の結果引き上げが認められないこともあります。

どちらにしても限度額引き上げの申請は早めにしておいた方が良さそうですね。

使いすぎにならないように注意

利用限度額の引き上げは10万円単位で行われます。

たとえ「あと3万円とか5万円くらい多く使えればいいんだけど…」というような場合でも、10万円引き上げられてしまいます。

これまではたとえば「20万円」まででストップしていたものが「30万円」まで利用可能になるのです。
うっかりすると、思っていたよりも使いすぎてしまいそうですよね。

後から支払いに困ってしまわないためにも、自分に合った利用限度額の見極めが大切です。

JALカードの利用限度額を変更する方法

利用限度額を変更することが決まったら、それぞれの会員サイトか電話窓口に連絡をしましょう!
手順はこのようになります。

  1. 以下の会員サイトへログイン、もしくは電話窓口へ電話する
  2. 「利用可能枠の変更」という項目を選ぶ

※一時的な引き上げなのか、恒常的な引き上げなのか、しっかり確認して申し込みましょう。

JAL・Visaカード、JAL・Mastercard、JALカード TOKYU POINT ClubQの場合

会員サイト:三菱UFJニコスWebサイト

JAL・JCBカードの場合

会員サイト:JCBホームページ

JALダイナースカードの場合

会員サイト:三井住友トラストクラブ

JALカードSuicaの場合

会員サイト:ビューカードホームページ

JALカード OPクレジットの場合

会員サイト:JCBホームページ

JAL アメリカン・エキスプレス・カードの場合

会員サイト:三菱UFJニコスWebサイト

最後に

JALカードの利用限度額の確認方法、限度額を引き上げることのメリットとデメリット、そして限度額変更の手続き方法などについてまとめてみました。

特に注意しておきたいのが「利用限度額は1ヶ月ごとではない」というところです。

最大で使える利用限度額に対して利用残高を差し引いたものが「今利用できる限度額」となります。

利用限度額を元の金額に戻すには、利用残高の引き落としが完了するのを待つ必要があります。

JALカードの引き落とし日は毎月10日(Suicaカードのみ4日)です。

それまで待てないという場合は、「繰り上げ返済」を利用して早く支払いをしてしまいましょう。

とくにリボ払いを利用していると、月々の引き落とし額によっては利用残高がなかなか減らず、利用限度額も低い状態が続きます。

そんな時にも繰り上げ返済やリボ臨時増額が有効となるでしょう。

利用限度額の確認も変更も、それぞれの会員サイトや電話窓口で申請することができます。

ただし限度額「引き上げ」については審査が必要になりますので、1週間ほどかかる可能性もあることを考慮して早めに手続きをしておきましょうね。