JALカードとANAカードってなんか似てますよね。

しかも種類が多くて混乱してしまう…。かといって年会費もかかるし、適当に発行するにはちょっとハードルが高いカードです。

先に結論を言ってしまうと

  • JALカード
    =頻繁に飛行機に乗る人が発行するべきカード
  • ANAカード
    =日常的な買い物などでマイルをコツコツ貯めたい人が発行するべきカード

と言えます。

もちろんJALカードもANAカードも航空系のカードなので旅行関係の特典は充実しているのですが、最も大きな違いはマイルの貯め方です。

  • JALカード
    =カードの利用で直接マイルが貯まる
  • ANAカード
    =カードの利用でポイントが貯まり、貯まったポイントをマイルに交換する

という違いがあります。

一見「マイルが直接貯まるJALカードの方が楽(ラク)そう。」と思うかもしれませんが、そこが落とし穴です!

その理由を含め、この記事ではJALカードとANAカードの大まかな違いに関して詳しく調べてまとめました。

適当に発行して後悔しないようにJALカードとANAカードの大まかな違いだけでも知ってからカードを発行してください。

1.飛行機に乗った時の特典が充実してるのはJALカード?ANAカード?

1-1.JALカードの飛行機利用時の特典まとめ

まずはJALカードですが、JALカードは大く分けて4ランクのカードがあり、カードランクによって飛行機に乗った時の特典が若干異なってきます。

カード種類 JAL普通カード CLUB-Aカード  CLUB-A ゴールド プラチナ
年会費 2,160円〜
※カードブランドによって若干異なる
10,800円 17,280円〜
※カードブランドによって若干異なる
33,480円

さらにカードブランドが沢山あり、普通カードだけでも9種類のカードが用意されています。

これらのカードの違いを1枚1枚紹介していても正直覚えられないですし混乱するだけです。

JALカードは沢山の種類がありますが、JALカードには共通特典があるのでそこにフォーカスしていけば「なるほどJALカードにはこんな特典があるのか」というのが掴めてきます。

JALカードの飛行機利用時の特典としては下記のようなものがあります。

【JALカード共通特典】

  • フライトボーナス
  • AL/JTAの機内販売が10%割引
  • 国内空港店舗での割引(5%~10%OFF)
  • 空港免税店での割引(5%OFF)
  • ホテルニッコー & JALシティの割引・特典(宿泊優待・料飲店5%OFF)
  • JALパックツアーの最大5%OFF(国内・海外ツアー)
  • 空港パーキング割引(羽田空港・成田空港・福岡空港)
  • レンタカー割引(国内・海外)

【 CLUB-Aカード以上の共通特典】

  • 空港免税店での割引(普通カードの2倍の10%OFF)
  • フライトボーナス(普通カードより+15%アップ)
  • JALビジネスクラス・チェックインカウンターの利用

この中でも飛行機に乗ることでダイレクトに関わってくるのはカードごとのボーナスマイルです。

JALカードでは

  • カード入会後初登場時ボーナスマイル
  • カード更新後(2年目以降)初登場時ボーナスマイル
  • フライトボーナスマイル

の3つが用意されています。

カード種類 JAL普通カード CLUB-Aカード  CLUB-A ゴールド プラチナ
入会後初搭乗
ボーナス
1,000マイル 5,000マイル 5,000マイル 5,000マイル
継続時毎年初回
搭乗ボーナス
1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
フライトボーナス +10% +25% +25% +25%

これを見る限り、 CLUB-Aカード以上のボーナスマイルはほとんど変わらないことがわかります。

CLUB-Aカード以上になると普通であればビジネスクラス以上のチケット購入者しか利用できない『ビジネスチェックインカウンター』を使ってスムーズにチェックインもできるので、ボーナスマイルを合わせて飛行機を頻繁に利用するならCLUB-Aカード以上がお得です。

またJALでは20代限定の『JAL CLUB EST』というオプションサービスを任意でつけることができます。

『JAL CLUB EST』をつけると通常年会費に加えて下記の追加年会費が上乗せされます通りです。

  • 普通カードと CLUB-Aカード
    =5,400円(税込)
    (内ショッピングマイルプレミアム代3,240円)
  • CLUB-Aゴールドカード、プラチナカード
    =2,160円(税込)

「どんな特典が追加されるの?」というと、下記のような特典が追加で利用できるようになります。

  • 国内線サクララウンジクーポン5枚/年
  • マイルの有効期限延長60か月
  • 搭乗ボーナスマイルの優遇
  • JALカードショッピングマイル・プレミアム自動付帯
  • ビジネスクラス・チェックインカウンター
  • 100マイルを100e JALポイントに交換可能
  • e JALポイント5,000円相当分/年
  • FLY ONポイント2,000ポイント/年(毎年初回搭乗時)

サクララウンジの利用や搭乗時ボーナスマイルがアップする、上級会員資格をゲットするためのFLY ONポイントが貯まるなどの特典があります。

ごちゃごちゃしたので一旦まとめると、JALカードの飛行機利用時の特典としては下記の通りです。

【JALカード共通の特典】

  • 毎年初回搭乗時はボーナスマイルが貰える
  • フライトボーナスマイルが貰える
  • 機内販売や空港のお店で各種会員割引が利用できる

【CLUB-A以上の特典】

  • 毎年初回搭乗時はボーナスマイルがアップ
  • フライトボーナスがアップ
  • ビジネスチェックインカウンターが利用できる

【JAL CLUB EST加入時】

  • 国内線サクララウンジクーポン5枚/年
  • マイルの有効期限延長60か月
  • 搭乗ボーナスマイルの優遇
  • JALカードショッピングマイル・プレミアム自動付帯
  • ビジネスクラス・チェックインカウンター
  • 100マイルを100e JALポイントに交換可能
  • e JALポイント5,000円相当分/年
  • FLY ONポイント2,000ポイント/年(毎年初回搭乗時)

1-2.ANAカードの飛行機利用時の特典まとめ

JALカードとのライバル関係にあるANAカードですが、ANAカードもJALカードのように大く分けて4つのカードランクに分かれています。

※交通系IC一体型カードは一般カードランクと考えてOKです。

カード種類 ANA一般カード ワイドカード  ゴールドカード プレミアム
年会費 2,160円〜
※カードブランドによって若干異なる
7,830円 15,120円〜
※カードブランドによって異なる
75,600円〜
※カードブランドによって異なる

JALカードと同じくカードランクによって特典は異なりますが、飛行機利用時の特典をまとめると下記の通りです。

【ANAカード共通特典】

  • フライトボーナスマイル
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引 (10%OFF)
  • 空港内免税店「ANA DUTY FREE SHOP」での割引 (5%OFF)
  • 国内線・国際線の機内販売割引 (10%OFF)
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 「ANAショッピング A-style」での割引 (5%OFF)
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売 (5%OFF)
  • ANAカード会員専用運賃「プレミアムビジネスきっぷ」
  • ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカー5%割引
  • ハーツレンタカー5~20%割引

【ANAワイドカード以上の共通特典】

  • 空港免税店での割引(普通カードの2倍の10%OFF)
  • フライトボーナス(普通カードより+15%アップ)
  • ANAビジネスクラス・チェックインカウンターの利用

ほとんど変わらないように感じると思いますが、JALカードとANAカードはボーナスマイルの獲得方法が大く異なります。

カード種類 ANA一般カード ワイドカード  ゴールドカード プレミアム
入会ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
継続時ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
フライトボーナス +10% +25% +25% +50%

何が違うのか?というと、JALカードは”飛行機に乗ると”ボーナスマイルがもらえますが、ANAカードはカードに入会したり、カードを更新するとボーナスマイルがもらえます。

フライトマイルに関してはJALカードと同じですが、ANAカードの入会・継続ボーナスマイルは飛行機に乗らなくても貰えるというメリットがあります。

まとめると下記の通りです。

【ANAカード共通の特典】

  • カード入会・継続でボーナスマイルが貰える
  • フライトボーナスマイルが貰える
  • 機内販売や空港のお店で各種会員割引が利用できる

【ワイドカード以上の特典】

  • 継続時ボーナスマイルがアップ
  • フライトボーナスがアップ
  • ビジネスチェックインカウンターが利用できる

JALは 『 JAL CLUB EST』という追加オプションがありましたが、ANAには類似のオプションサービスはありません。

1-3.JALとANAのカードの飛行機利用時の特典違いまとめ

JALカードとANAカードの違いを簡潔にまとめると下記のようになります。

カード種類 JALカード ANAカード
年会費 普通・一般 2,160円〜 2,160円〜
CLUB-A・ワイド 10,800円 7,830円
ゴールド 17,280円〜 15,120円〜
プラチナ 33,480円 75,600円〜
追加オプション ショッピングマイルプレミアム 3,240円(税込)
※ゴールドカード以上は自動加入
10マイルコース 5,400円〜6,480円(税込)
※ゴールドカード以上は自動加入
JAL CLUB EST 5,400円(税込)
※ゴールドカード以上は2,160円(税込)
ボーナスマイル 普通・一般 入会後初搭乗時=1,000
継続後初搭乗時=1,000
フライトボーナス=+10%
入会ボーナス=1,000
継続ボーナス=1,000
フライトボーナス=+10%
CLUB-A・ワイド 入会後初搭乗時=5,000
継続後初搭乗時=2,000
フライトボーナス=+25%
入会ボーナス=2,000
継続ボーナス=2,000
フライトボーナス=+25%
ゴールド 入会後初搭乗時=5,000
継続後初搭乗時=2,000
フライトボーナス=+25%
入会ボーナス=2,000
継続ボーナス=2,000
フライトボーナス=+25%
プラチナ 入会後初搭乗時=5,000
継続後初搭乗時=2,000
フライトボーナス=+25%
入会ボーナス=10,000
継続ボーナス=10,000
フライトボーナス=+50%
飛行機利用時の主な特典 【JALカード共通の特典】

  • カード入会・継続でボーナスマイルが貰える
  • フライトボーナスマイルが貰える
  • 機内販売や空港のお店で各種会員割引が利用できる

【CLUB-Aカード以上の特典】

  • 継続時ボーナスマイルがアップ
  • フライトボーナスがアップ
  • ビジネスチェックインカウンターが利用できる

【JAL CLUB EST】

  • 追加でオプション特典多数
【ANAカード共通の特典】

  • カード入会・継続でボーナスマイルが貰える
  • フライトボーナスマイルが貰える
  • 機内販売や空港のお店で各種会員割引が利用できる

【ワイドカード以上の特典】

  • 継続時ボーナスマイルがアップ
  • フライトボーナスがアップ
  • ビジネスチェックインカウンターが利用できる

ライバル関係のカードだけあって概ね特典は似ていますね。

大く違うのはJALはボーナスマイルが”飛行機利用時”にもらえることと、JAL CLUB ESTという20代限定のオプションサービスがある点です。

オプションのプラス年会費を気にしないのであれば飛行機利用時に特典が多いのはJALカードということになります。

2.コンビニやスーパーなど普段利用でマイル貯まりやすいのはJALカード?ANAカード?

2-1.JALカードのマイル貯まりやすさまとめ

JALカードは普通カード、CLUB-Aカードの還元率が200円で1マイルの0.5%、ゴールドカード以上が100円で1マイルの1.0%です。

普通カードと CLUB-Aカードは『ショッピングマイルプレミアム』というオプションサービスに加入することでマイルの貯まりやすさが2倍になります。

CLUB-Aゴールド以上は自動加入になっています。

ショッピングマイルプレミアム JAL普通カード CLUB-Aカード  CLUB-A ゴールド プラチナ
未加入時 0.5%
(200円で1マイル)
0.5%
(200円で1マイル)
加入時 1.0%
(100円で1マイル)
1.0%
(100円で1マイル)
1.0%
(100円で1マイル)
1.0%
(100円で1マイル)

そしてここからが重要なのですが、JALカードはショッピングマイルプレミアムに加入した上で『JAL特約店』『JALマイルパートナー』といういわゆるカードの提携店でカードを使うことでマイルをザクザク貯めていくことができます。

JALの航空券はもちろん、イオンやファミリーマートなどの日常的に利用するスーパーやコンビニでもマイルが2倍貯まります。

JAL特約店・マイルパートナー提携店一覧
ジャンル 店舗名 特約店ボーナス マイルパートナーボーナス
JALグループ 航空券購入 2倍
BLUE SKY 2倍
国際線機内販売 2倍 100円=1マイル
国内線機内販売 2倍 100円=1マイル
機内販売オンラインストア 2倍 100円=1マイル
JAL空港宅配サービス 2倍 出発宅配・到着宅配で50マイル
JALエービーシー 2倍 サービス利用で200マイル
JALショッピング 2倍 100円=1マイル
コンビニ・スーパー イオン 2倍
ファミリーマート 2倍
ピーコックストア 2倍
ドラッグストア・薬局 マツモトキヨシ 2倍
ウエルシア 2倍
ハックドラッグ 2倍
マツモトキヨシ オンラインストア 2倍
ガソリンスタンド・駐車場 タイムズクラブ 2倍 新規会員登録で50マイル
ENEOS 2倍
空港での両替 トラベレックスジャパン 10,000円につき20マイル
レンタカー トヨタレンタカー 2倍 100円=1マイル
オリックスレンタカー 2倍 100円=1マイル
日産レンタカー 2倍 100円=1マイル
タイムズカーレンタル 2倍 100円=1マイル
フジレンタカー 2倍 100円=1マイル
ジェイアール北海道レンタリース 2倍 100円=1マイル
Jネットレンタカー/スカイレンタカー 2倍
バジェットレンタカー(国内) 1日50マイル(1レンタル最大250マイル)
アラモレンタカー 300マイル
エイビスレンタカー 100マイル
ダラーレンタカー 300マイル
ハーツレンタカー 1日50マイル
バジェットレンタカー(海外) 1日50マイル(1レンタル最大250マイル)
レストラン ロイヤルホスト等 2倍
モスカードwebチャージ(クレジットチャージ) 2倍
宿泊施設 ホテルニッコー・JALシティ・星野リゾート等 2倍
国内ホテル予約 JALイージーホテル 100円=1マイル
JALホテルズ 1予約で100マイル
JTB 1予約で50マイル
楽天トラベル 1予約で50マイル
じゃらんnet 1予約で50マイル
一休.com 1予約で50マイル
近畿日本ツーリスト 1予約で50マイル
るるぶトラベル 1予約で50マイル
海外ホテル予約 JALパック 海外e-ホテル 200円=1マイル
JALホテルズ 1予約で150マイル
エクスペディア 200円=3マイル
ホテルズドットコム 200円=1マイル
Booking.com 200円=1マイル
アウトリガー 1予約で100マイル
みゅう 200円=1マイル
トリップスターアジア 200円=1マイル
大人のグアム 200円=1マイル
リーディングホテルズ 200円=1マイル
観光・レジャー・テーマパーク 大江戸温泉物語 2倍
タイムズ スパ・レスタ 2倍
ハウステンボス 2倍
はとバス 2倍
JALPAKハワイ 2倍 予約1件で50マイル
JALチケットぴあ 1枚につき20マイル
BURTON ONLINE STORE 100円=1マイル
カーシェアリング オリックスカーシェア 新規ご入会で500マイル
リゾート レオパレスリゾート グアム
JALバケーションズ
百貨店 丸井今井 2倍
大丸松坂屋オンラインショッピング 2倍 100円=1マイル
岩田屋 2倍
大丸 2倍
プランタン銀座 2倍
松坂屋 2倍
デパート リウボウ 2倍
大丸松坂屋オンラインショッピング 2倍
岩田屋 ネットストア 2倍
福岡三越 2倍
大和 大和ご優待ポイント1,000ポイント=200マイル
ディノスオンラインショップ 2倍 100円=1マイル
スタイルストア 2倍 100円=1マイル
ランズエンド 2倍 100円=1マイル
JALUX通信販売 2倍 100円=1マイル
ギフト ハーモニック 2倍
日比谷花壇(通信販売/インターネットショッピング) 2倍
JTB世界のおみやげ屋さん 2倍 100円=1マイル
リンベル カタログギフト 2倍 100円=1マイル
専門店 イオンバイク 2倍
ファッション サマンサタバサ 2倍
TUMI 2倍
リーガルシューズ 2倍
紳士服コナカ 2倍
ハンティング・ワールド 2倍
サムソナイト公式オンラインショップ 2倍 100円=3マイル
サムソナイトショップ 直営店 100円=1マイル
フォリフォリ 2倍
TASAKI 2倍
ミキモト 2倍
メガネ・コンタクト メガネスーパー 2倍
メガネストアー 2倍 100円=1マイル
家電 デジタル家電専門店 ノジマ 2倍
nojima online(ノジマオンライン) 2倍 商品のご購入で200円=1マイル
ビックカメラ 基本3%
カラオケ シダックス 100円=1マイル
カラオケルーム歌広場 100円=1マイル
インテリア ハーマンミラーストア 2倍
IDC大塚家具 10000円=100マイル
ジャパンネット 100円=1マイル
引越し サカイ引越センター 2倍 2,000マイル
日本通運 2倍 100円=1マイル
アート引越センター 100円=1マイル
引越社グループ(アリさんマークの引越社) 100円=1-2マイル
クロネコヤマト引越センター 100円=1マイル
福山通運 100円=1マイル
配送 ソクハイ 100円=1マイル
JALエービーシーの宅配 1個(片道)ごとに30マイル

さらに街中の店舗だけでなく『eマイルパートナー』というインターネットショッピングでもマイルボーナスがもらえるサービスを提供しています。Amazonが加入しているのが大きな特徴でありメリットです。

eマイルパートナー加盟店一例
ジャンル 店舗名 獲得マイル マイル付与率
総合通販 Amazon.co.jp 200円→1マイル 0.50%
LOHACO 200円→1マイル 0.50%
ベルメゾンネット 100円→1マイル 1.00%
JALショッピング 100円→1マイル 1.00%
セシールオンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
ニッセン 100円→1マイル 1.00%
ドラッグ
ストア等
ケンコーコム 100円→1マイル 1.00%
爽快ドラッグ 100円→1マイル 1.00%
ファンケルオンライン 100円→1マイル 1.00%
DHCオンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
食品 SEIYUドットコム 200円→1マイル 0.50%
Oisix(おいしっくす) 100円→1マイル 1.00%
ドミノ・ピザ 100円→1マイル 1.00%
ピザハットオンライン 100円→1マイル 1.00%
家具・収納 ディノスオンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
アイリスプラザインターネットショッピング 100円→1マイル 1.00%
旅行 楽天トラベル 1予約で50マイル
じゃらん 1予約で50マイル
一休.com 宿泊予約 200円→1マイル 0.50%
Booking.com 200円→1マイル 0.50%
エクスペディア 200円→1マイル 0.50%
JALチケットぴあ 1枚につき20マイル
ニッポンレンタカー 100円→1マイル 1.00%
レストラン 一休.comレストラン 1予約で50マイル
ホットペッパーグルメ 予約等で2-60マイル
音楽・書籍 BOOKFAN JALマイレージバンク 100円→1マイル 1.00%
電子書籍ストア BookLive! 100円→1マイル 1.00%
honto 100円→1マイル 1.00%
TOWER RECORDS ONLINE 100円→1マイル 1.00%
HMV ONLINE 200円→1マイル 0.50%
紀伊國屋書店 100円→1マイル 1.00%
ブックオフオンライン 100円→1マイル 1.00%
家電 ヤマダウェブコム 300円→1マイル 0.33%
ひかりTVショッピング 100円→1マイル 1.00%
Apple Online Store 200円→1マイル 0.50%
EDIONネットショップ 200円→1マイル 0.50%
ケーズデンキオンラインショップ 200円→1マイル 0.50%
カメラのキタムラ ネットショップ 200円→1マイル 0.50%
Joshin ネットショッピング 200円→1マイル 0.50%
nojima online(ノジマオンライン) 200円→1マイル 0.50%
百貨店等 伊勢丹オンラインストア 100円→1マイル 1.00%
JAL機内販売オンラインストア 100円→1マイル 1.00%
三越オンラインストア 100円→1マイル 1.00%
高島屋オンラインストア 100円→1マイル 1.00%
大丸松坂屋オンラインショッピング 100円→1マイル 1.00%
東急百貨店ネットショッピング 100円→1マイル 1.00%
小田急オンラインショッピング 100円→1マイル 1.00%
京王オンラインショッピング 200円→1マイル 0.50%
近鉄百貨店インターネットショップ 100円→1マイル 1.00%
阪急百貨店オンラインショップ 200円→1マイル 0.50%
阪神百貨店オンラインショップ 200円→1マイル 0.50%
イオンショップ 200円→1マイル 0.50%
ファッション マルイウェブチャネル 100円→1マイル 1.00%
i LUMINE(アイルミネ) 100円→1マイル 1.00%
FOREVER 21 Japan 200円→1マイル 0.50%
ユナイテッドアローズオンラインストア 200円→1マイル 0.50%
GAP 100円→1マイル 1.00%
ミキハウスチャオ! 100円→1マイル 1.00%
グッチ公式オンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
コーチ公式オンラインストア 100円→1マイル 1.00%
ユニクロ 300円→1マイル 0.33%
ジーユー オンラインストア 300円→1マイル 0.33%
ABC-MART.net 200円→1マイル 0.50%
ニッセン 100円→1マイル 1.00%
M・A・C 公式オンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
眼鏡・
コンタクト
JINS(ジンズ)オンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
LENS MODE レンズモード 100円→1マイル 1.00%
レンズアップル 100円→1マイル 1.00%
クーポン GROUPON(グルーポン) 100円→1マイル 1.00%
くまポン 100円→1マイル 1.00%
RaCoupon「買うクーポン」 100円→1マイル 1.00%

まとめると下記の通りです。

  • ショッピングマイルプレミアム(年会費+3,240円)に入ると常時マイル付与率2倍
    ※ゴールドカード以上は常時加入
  • 『JAL特約店』や『JALマイルパートナー』でマイルボーナス
  • 『eマイルパートナー』でネットショッピングでもマイルボーナスが貰える

2-2.ANAカードのマイル貯まりやすさまとめ

ANAカードはカードを利用するとマイルが貯まるのではなくポイントが貯まります。そして貯まったポイントを自分でマイルに交換することでマイル貯まります。

貯まるポイントは1,000円で1ポイント(5円相当の価値)です。

この時点でカード利用で直接マイルが貯まるJALカードとは少し異なりますね。

そして、ANAカードはマイルを交換するときに、良いレート交換しようとすると『10マイルコース』という別途オプション手数料が発生します。

ゴールドカードとプレミアムカードは無料で10マイルコースが利用できます。

一般カード、ワイドカード6,480円(税込)※JCBは5,400円が必要になります。

JALカードでいうところの『ショッピングマイルプレミアム』のようなシステムですね。

マイルコース ANA一般カード ワイドカード  ゴールドカード プレミアム
5マイルコース 1ポイント=5マイル
(マイル付与率0.5%)
1ポイント=5マイル
(マイル付与率0.5%)
10マイルコース 1ポイント=10マイル
(マイル付与率1.0%)

なので、ANAカードで貯まったポイントをマイルに交換する際には『10マイルコース』に加入した方が多くマイルたまるということです。

「別途年会費を支払いたくない!」という方もいると思いますが、10マイルコースに加入するのは”マイルを交換するときだけ”でOKなので毎年10マイルコースの手数料を支払わなければいけないわけではありません。

さて、ここまではANAカードのマイルを貯めるシステムに関しての説明でしたが、ANAカードにもJALカード同様に特約店があります。

『ANAカードマイルプラス』というANAカードの特約店でカードを使うと、通常時に貰えるポイントとは別に、マイル口座に直接マイルが100円もしくは200円で1マイル貯まっていきます。

ポイントと合計すると実質1.5倍〜2倍のスピードでマイルが貯まるということです。

ANAカードマイルプラス加盟店一例
ジャンル 店舗名
航空 ANA・ANAグループ国内線・国際線 航空券、ANA国内線・国際線 機内販売
コンビニ・スーパー セブン-イレブン、イトーヨーカドー
ドラッグストア マツモトキヨシ
空港・駐車場 三井のリパーク、羽田空港第1(P1)、第4(P4)駐車場、羽田空港第2、第3駐車場、新千歳空港A駐車場、新千歳空港B駐車場、大阪国際(伊丹)空港駐車場、高松空港駐車場、松山空港駐車場、高知龍馬空港駐車場、仙台空港駐車場、広島空港駐車場、長崎空港駐車場、熊本空港駐車場、サンパーキング(羽田空港、成田空港)、三井のリパーク
託児所 アンジュ保育園
土産・免税店 JTB商事、三洋堂、高島屋免税店SHILLA&ANA、メルセデス ミー 東京羽田
レンタカー ニッポンレンタカー
ペット 羽田空港ペットホテル
モバイル グローバルWiFi、TripFever「ili」、WiFiレンタルどっとこむ
レストラン・食品 スターバックス、ANAカードマイルプラス・グルメ、京成友膳、メルセデス ミー、TripFever「海外レストラン予約」、アクアクララ、日本百貨店しょくひんかん
百貨店 高島屋、阪急百貨店、阪神百貨店、大丸・松坂屋、大丸福岡天神店
ショッピングモール 沖縄アウトレットモール あしびなー
通販 ANAショッピング A-style、セブンネットショッピング
フラワーギフト 日比谷花壇(hibiyakadan.com)、インターネット花キューピット
ファッション イセタン羽田ストア(メンズ)ターミナル2、コナカ、ジ エアポート ストア ユナイテッドアローズ、紳士服のフタタ、SUIT SELECT、はるやま、P.S.FA、フォーエル、HAL SUIT、ナルミヤ公式通販サイト、ファミリア、ACE、コンタクトのアイシティ、サムソナイト、Orobianco、ゼロハリバートン
引越 アート引越センター、サカイ引越センター
住宅 東京ガスリックリビング
出版 ダイヤモンド社、プレジデント、東洋経済新報社、日経BP社
ゴルフ場 ANAカードマイルプラス加盟ゴルフコース、カヌチャリゾート、ハイランドリゾート
家電 ダイソン、ヤマダ電機LABI、ラオックス
リラクゼーション グローバルスポーツ医学研究所、ヘルフェン、たかの友梨ビューティクリニック、エルセーヌ
タクシー イースタンエアポートモータース、多古タクシー、東京MKタクシー、ハロー・トーキョー、グリーンキャブ、中央無線タクシー、東京無線タクシー、大和自動車交通、石川交通
ガソリンスタンド JX日鉱日石エネルギー(ENEOS)、出光興産
鉄道・バス等 エアポートリムジンバス、京成スカイライナー
エンタメ・チケット エクセル航空、沖縄美ら海水族館、ルスツリゾート/遊園地(入園券)、サホロリゾート ベア・マウンテン
スポーツ 沖縄ダイビングショップ マリーン プロダクト、ルスツリゾート/スキー・アクティビティ、サホロリゾート スキー場、グリーンピア大沼 ウィンターアクティビティ
オークラ ホテルズ & リゾーツ ホテルオークラ札幌、ホテルオークラ新潟、オークラフロンティアホテルつくば、オークラ アカデミアパーク ホテル、オークラ千葉ホテル、ホテル イースト21東京、フォレスト・イン昭和館、オークラフロンティアホテル海老名、オークラアクトシティホテル浜松、京都ホテルオークラ、ホテルオークラ神戸、ホテルオークラ福岡
東急ホテルズ 札幌エクセルホテル東急、札幌東急REIホテル
ザ・テラスホテルズ ザ・テラスクラブ アット ブセナ、ザ・ブセナテラス、ジ・アッタテラス クラブタワーズ、ザ・ナハテラス、ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ
シギラリゾート シギラベイサイドスイート アラマンダ、ホテルブリーズベイマリーナ、ウェルネスヴィラ ブリッサ
かりゆしホテルズ Okinawa Spa Resort EXES、沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ
その他ホテル 三井ガーデンホテルズ、ルートインホテルズ、ホテルモントレ、カヌチャリゾート、ルスツリゾート、カフーリゾートフチャクコンド・ホテル、京急EXイン、宮崎観光ホテル、エムズホテルクレール宮崎、ANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎、ホテル法華クラブグループ、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ、ホテル秀水園、ロイヤルパークホテル ザ 汐留、スターゲイトホテル関西エアポート(旧 全日空ゲートタワーホテル大阪)、西鉄ホテルズ、大和屋本店、ホテルノルド小樽、サホロリゾートホテル、プラザホテル、八百治博多ホテル、万世閣ホテルズ、ハマノホテルズ、尾道国際ホテル、大分オアシスタワーホテル、強羅環翠楼、橋本パークホテル、グリーンピア大沼、レオパレスホテルズ、ネストホテル熊本、ソルヴィータホテル那覇、ホテルリブマックス、ブリティッシュヒルズ、KIZASHI THE SUITE、蔵群、ホテルマイステイズ羽田、富山地鉄ホテル、JRホテルクレメント高松、ホテルラングウッド上越、リーガロイヤルグラン沖縄、ハイランドリゾート

JALの場合はイオンやファミリーマートが特約店でしたが、ANAの場合はイトーヨーカドーやセブンイレブンが特約店となっています。

またJALでは『eマイルパートナー』でネットショッピングでもマイルが貯まりましたが、ANAでも同じような特典で『ANAマイレージモール』というネットショッピングでマイル貯まるサービスがあります。

このモールでANAカードを利用すると通常ポイントとは別にマイル口座に直接入る形で、店舗ごとに指定されたマイルボーナスがゲットできます。

ANAマイレージモール加盟店一例
ジャンル 店舗名 ボーナスマイル マイル付与率
ANA ANAショッピング A-style 100円→1マイル 1.00%
総合通販 楽天市場 200円→1マイル 0.50%
LOHACO 100円→1マイル 1.00%
Yahoo!ショッピング 300円→1マイル 0.33%
ベルメゾンネット 100円→1マイル 1.00%
セブンネットショッピング 100円→1マイル 1.00%
ヤマダモール 200円→1マイル 0.50%
ヤフオク! 300円→1マイル 0.33%
ドラッグストア ケンコーコム 200円→1マイル 0.50%
マツモトキヨシ オンラインストア 100円→1マイル 1.00%
爽快ドラッグ 100円→1マイル 1.00%
ファンケルオンライン 100円→1マイル 1.00%
DHCオンラインショップ 200円→2マイル 1.00%
食品 SEIYUドットコム 200円→1マイル 0.50%
Oisix(おいしっくす) 200円→1マイル 0.50%
ドミノ・ピザ 100円→1マイル 1.00%
ピザハットオンライン 100円→1マイル 1.00%
雑貨 ロフトネットストア 100円→1マイル 1.00%
Francfranc ONLINE SHOP 300円→1マイル 0.33%
アイリスプラザ
インターネットショッピング
100円→1マイル 1.00%
旅行 楽天トラベル 200円→1マイル 0.50%
じゃらん 200円→1マイル 0.50%
一休.com 宿泊予約 200円→1マイル 0.50%
Booking.com 200円→1マイル 0.50%
Hotels.com 200円→1マイル 0.50%
一休.com 宿泊予約 200円→1マイル 0.50%
エクスペディア 200円→1マイル 0.50%
Yahoo!トラベル 300円→1マイル 0.33%
ニッポンレンタカー 100円→1マイル 1.00%
モバイル・Wi-Fiルーター グローバルWiFi 100円→2マイル 2.00%
テレコムスクエア 100円→1マイル 1.00%
Wi-Ho! 100円→3マイル 3.00%
レストラン 一休.comレストラン 200円→1マイル 0.50%
ホットペッパーグルメ 予約で20マイル
音楽・書籍 楽天ブックス 100円→1マイル 1.00%
電子書籍ストア BookLive! 100円→1マイル 1.00%
honto 100円→1マイル 1.00%
iTunes Store 100円→1マイル 1.00%
TOWER RECORDS ONLINE 100円→1マイル 1.00%
HMV ONLINE/エルパカBOOKS 100円→1マイル 1.00%
紀伊國屋書店 100円→1マイル 1.00%
ブックオフオンライン 100円→1マイル 1.00%
家電 ヤマダウェブコム 300円→1マイル 0.33%
Apple Online Store 200円→1マイル 0.50%
キタムラネットショップ 300円→1マイル 0.33%
ケーズデンキオンラインショップ 300円→1マイル 0.33%
Joshin ネットショッピング 300円→1マイル 0.33%
nojima online(ノジマオンライン) 200円→1マイル 0.50%
百貨店等 伊勢丹オンラインストア 200円→1マイル 0.50%
三越オンラインストア 200円→1マイル 0.50%
高島屋オンラインストア 200円→1マイル 0.50%
大丸・松坂屋通信販売 DMall.jp 200円→1マイル 0.50%
東急百貨店ネットショッピング 100円→1マイル 1.00%
小田急オンラインショッピング 100円→1マイル 1.00%
京王オンラインショッピング 200円→1マイル 0.50%
近鉄百貨店インターネットショップ 100円→1マイル 1.00%
西武・そごうのショッピングサイト
e.デパート
100円→1マイル 1.00%
阪急百貨店オンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
阪神百貨店オンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
ファッション マルイウェブチャネル 100円→1マイル 1.00%
セシールオンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
i LUMINE(アイルミネ) 100円→1マイル 1.00%
ZOZOTOWN (ゾゾタウン) 200円→1マイル 0.50%
GAP 100円→1マイル 1.00%
ミキハウス
オンラインショップ チャオ
100円→1マイル 1.00%
グッチ公式オンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
コーチ公式オンラインストア 100円→1マイル 1.00%
ユニクロ 300円→1マイル 0.33%
ABC-MART.net 200円→1マイル 0.50%
ニッセン 100円→1マイル 1.00%
眼鏡・コンタクト JINS(ジンズ)オンラインショップ 100円→1マイル 1.00%
Zoff(ゾフ)公式オンラインストア 100円→1マイル 1.00%
コンタクトのアイシティ 100円→1マイル 1.00%
クーポン GROUPON(グルーポン) 100円→1マイル 1.00%
くまポン 100円→1マイル 1.00%
RaCoupon「買うクーポン」 100円→1マイル 1.00%

JALではAmazonが利用できましたが、ANAではAmazonが加盟していません。楽天市場があるのが救いですね。

2-3.JALカードとANAカードのマイル貯めやすさ違いまとめ

JALカードとANAカードのマイルの貯めやすさの違いを簡潔にまとめると下記の通りです。

カード種類 JALカード ANAカード
マイルの貯まり方 カード利用で直接貯まる カード利用でポイントが貯まり、手動でマイルに交換する
通常時マイル付与率 【普通、CLUB-A】
=0.5%
【ゴールドカード以上】
=1.0%
【一般、ワイドカード】
=0.5%
【ゴールドカード以上】
=1.0%
オプション利用時マイル付与率
(ショッピングマイルプレミアム
・10マイルコース)
1.0% 1.0%
特約店
  • JAL特約店
  • JALマイルパートナー
  • eマイルパートナー
  • ANAマイルプラス
  • ANAマイレージモール
主な加盟店
  • イオン
  • ファミリーマート
  • ウェルシア
  • ロイヤルホスト
  • Amazon
    など
  • イトーヨーカドー
  • セブンイレブン
  • スターバックス
  • 系列ホテル多数
  • 楽天市場
    など

街中の店舗ではほぼ互角な感じがしますが、ANAカードはまずポイントが貯まり、それをマイルに交換するというカードです。

これが何を意味するのか?というと、ANAカードは自分の好きなときにマイルに交換することができるということです。10マイルコースは別途年会費が発生しますが、マイルを交換するタイミングで加入すればOKですし、マイル交換後は退会してOKです。

一方でJALカードはショッピングマイルプレミアムに常時加入していないとマイルが貯まりやすくありません。

航空券などの高額出費で一気にガッツリとマイルを貯めるならJALカードがオススメですが、日常的な少額の出費でコツコツとマイルを貯める方はANAカードがオススメです。

3.仕事などで飛行機に頻繁に乗る人はJALカード?ANAカード

3-1.JALカードのトラベル特典まとめ

飛行機に乗った時のマイルボーナスに関してはすでに紹介しているので割愛させてもらいます。

ここでは「頻繁に飛行機にのるのであればどっちのカードがお得か?」ということについて紹介します。

まずはJALカードに付帯しているトラベル関係の特典を見てみましょう。

カード種類 JAL普通カード CLUB-Aカード  CLUB-A ゴールド プラチナ
空港ラウンジ
※AMEXブランドのみ有り
プライオリティ・パス
※本会員のみ
※AMEXは家族会員も発行可能
コンシェルジュ
国内旅行保険 最高3,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円〜 最高1億円
海外旅行保険 最高3,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円〜 最高1億円
ショッピング保険 最高100万
※JCBブランドのみ
※AMEXは200万円
最高100万
※JCBブランドのみ
最高300万〜 最高500万円
日本語による緊急サポート
医療相談サービス

普通カードから海外旅行保険がしっかり付帯していたり、日本語による緊急サポート窓口が用意されていたりと旅行に関しての手厚いサービスが感じられますね。

これを踏まえて次のANAカードの特典を見てみましょう。

3-2.ANAカードのトラベル特典まとめ

下記がANAカードに付帯している主なトラベル特典です。

カード種類 ANA一般カード ワイドカード  ゴールドカード プレミアム
空港ラウンジ
※AMEXのみ有り
プライオリティ・パス
※同伴者1名まで無料
コンシェルジュ
国内旅行保険 最高1,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円〜 最高1億円
海外旅行保険 最高1,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円〜 最高1億円
ショッピング保険 最高100万円 最高100万円 最高300万円〜 最高500万円
日本語による緊急サポート
※AMEXのみ有り
医療相談サービス

JALカードとの違いとしては、日本語による緊急サポート窓口がゴールドカード以上でなければ利用できなかったり、医療相談サービスも付帯していないという点が目立ちます。

3-3.JALカードとANAカードのトラベル特典の違いまとめ

前述したことを踏まえて考えるとトラベル特典に関してはJALカードの方が充実していると言えます!

プラチナカードクラスになると年会費がかなり高額になってくるので、それほど目立った差は感じられませんが、普通カードクラスではJALカードの方が旅行関係の特典がしっかりしています。

マイルの貯め方やボーナスマイルを加味してもそれぞれのカードは下記のことが言えます。

  • JALカード
    =飛行機を頻繁に使う人・飛行機を使ってマイルを貯める人にオススメ
  • ANAカード
    =日常的な街中のカード利用でマイルを貯める人にオススメ

4.提携カードの種類が充実しているのはJALカード?ANAカード?

4-1. JALカードの提携先まとめ

まずはザッとJALカードの種類に関してご紹介します。

JAL普通カード一覧(全9種)
カード名 JAL・Mastercard
JAL・VISAカード
JAL・JCBカード
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 2,160円(税込) 2,160円(税込) 2,160円(税込)
カード名 JAL・JCBカード
(ディズニーデザイン)
JALカードSuica
JAL アメックス・カード
カードブランド JCB
JCB
American Express
年会費 2,160円(税込) 2,160円(税込) 6,480円(税込)
カード名 JALカード
TOKYU POINT
ClubQ Mastercard
JALカード
TOKYU POINT
ClubQ Visaカード
JALカード
OPクレジット
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 2,160円(税込) 2,160円(税込) 2,160円(税込)
JALCLUB-Aカード一覧(全8種)
カード名 JAL・Mastercard
JAL・VISAカード
JAL・JCBカード
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 10,800円(税込) 10,800円(税込) 10,800円(税込)
カード名 JAL・JCBカード
(ディズニーデザイン)
JALカードSuica
カードブランド JCB
JCB
年会費 10,800円(税込) 10,800円(税込)
カード名 JALカード
TOKYU POINT
ClubQ Mastercard
JALカード
TOKYU POINT
ClubQ VISAカード
JALカード
OPクレジット
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 10,800円(税込) 10,800円(税込) 10,800円(税込)
JALCLUB-Aゴールドカード一覧(全9種)
カード名 JAL・Mastercard
JAL・VISAカード
JAL・JCBカード
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 17,280円(税込) 17,280円(税込) 17,280円(税込)
カード名 JAL・JCBカード
(ディズニーデザイン)
JAL ダイナースカード
JAL アメックス・カード
カードブランド JCB
Diners Club
American Express
年会費 17,280円(税込) 30,240円(税込) 20,520円(税込)
カード名 JALカード
TOKYU POINT
ClubQ Mastercard
JALカード
TOKYU POINT
ClubQ Visaカード
JALカード
OPクレジット
カードブランド MasterCard
VISA
JCB
年会費 17,280円(税込) 17,280円(税込) 17,280円(税込)
JALプラチナカード一覧(全3種)
カード名 JAL アメックス・カード
JAL・JCBカード
JAL・JCBカード
カードブランド American Express
JCB
JCB
年会費 33,480円(税込) 33,480円(税込) 33,480円(税込)

「種類が多すぎ!」というのが第一印象ですよね。

プラチナカードは3種類のカードブランドしかないですが、普通カード〜CLUB-Aゴールドは種類がたくさんあります。

VISA、MasterCard、JCB、AMEXなどはクレジットカードのブランドとして目にする機会が多く見慣れていると思いますが『TOKYU POINTClubQ』、『OPクレジット』、『Suica』などはクレジットカードではあまり見かけないと思います。

これらは簡単にいうとJALカードにプラスして独自ポイントがゲットできるカードです。

  • TOKYU POINTClubQ
    =東急系列のサービスでTOKYU POINTが貯まる
  • OPクレジット
    =小田急系列のサービスで小田急ポイントが貯まる
  • Suica
    =Suica機能が付帯しており、オートチャージなどでJRE POINTが貯まる

なので例えば「通勤で小田急線を使ってる!」という方でJALカードの発行を考えている方はJALカードOPクレジットがオススメということになります。

4-2.ANAカードの提携先まとめ

JALと同じようにANAカードもいろんな種類のカードが用意されています。

ANA一般カード一覧(8種類)
カード名 ANA VISA 一般カード ANAマスター一般カード ANA JCB一般カード
カードブランド VISA MasterCard JCB
年会費 2,160円(税込) 2,160円(税込) 2,160円(税込)
カード名 ANA TOKYU POINT
ClubQ PASMO マスターカード
ANA To Me CARD PASMO JCB ANA VISA Suicaカード
カードブランド MasterCard JCB VISA
年会費 2,160円(税込) 2,160円(税込) 6,480円(税込)
カード名 ANA VISA nimoca カード ANA アメックスカード
カードブランド VISA AMEX
年会費 2,160円(税込) 7,560円(税込)
ANAワイドカード一覧(3種類)
カード名 ANA VISAワイドカード ANAマスターワイドカード ANA JCBワイドカード
カードブランド VISA MasterCard JCB
年会費 7,830円(税込) 7,830円(税込) 7,830円(税込)
ANAワイドゴールドカード一覧(5種類)
カード名 ANA VISAワイドゴールドカード ANA マスターワイドゴールドカード ANA JCBワイドゴールドカード
カードブランド
年会費 17,280円(税込) 17,280円(税込) 17,280円(税込)
カード名 ANAアメックス・ゴールドカード ANAダイナースクラブカード
カードブランド AMEX Diners Club
年会費 33,480円(税込) 29,160円(税込)
ANAプラチナ・プレミアムカード一覧(4種類)
カード名 ANA VISAプラチナ プレミアムカード ANA JCB カードプレミアム ANAアメックスプラチナカード
カードブランド VISA JCB AMEX
年会費 80,640円(税込) 70,560円(税込) 162,000円(税込)
カード名 ANAダイナースクラブプレミアムカード
カードブランド Diners Club
年会費 167,400円(税込)

ANAカードは一般カードに東急系列やSuica、nimoca、PASMOなどと提携したカードがあります。

これらもそれぞれ、関連サービスを利用することで独自ポイントが貯まったり、電子マネーや定期機能が使えるという特徴があります。

JALカードと違うのは、一般カード以上のランクになると提携カードはほとんどなくなるという点ですね。

4-3. JALカードとANAカードの提携先の違いまとめ

提携先の違いをまとめると下記の通りになります。

カード種類 JALカード ANAカード
提携先
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMEX
  • Diners Club
  • TOKYU POINT ClubQ(東急)
  • OPクレジット(小田急)
  • Suica
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMEX
  • Diners Club
  • TOKYU POINT ClubQ(東急)
  • PASMO
  • nimoca
  •  To Me CARD(東京メトロ)
  • Suica

JALカードの場合は小田急線でお得になる『OPクレジット』があるのが特徴的で、ANAカードでは東京メトロに乗車するとポイントが貯まる『To Me CARD』や電子マネーの『PASMO』『nimoca』が付帯したカードを発行しているという特徴があります。

通勤で毎日特定の交通機関を使っているのであればそれに合った提携カードを発行することでマイルを多く貯めることができます。

5.カードの維持コスト(年会費)で選ぶならJALカード?ANAカード

5-1. JALカードの維持コストまとめ

カード種類 JAL普通カード CLUB-Aカード  CLUB-A ゴールド プラチナ
年会費 2,160円〜
※カードブランドによって若干異なる
10,800円 17,280円〜
※カードブランドによって若干異なる
33,480円
ショッピングマイルプレミアム 3,240円(税込) 3,240円(税込) 自動加入 自動加入

JAL普通カード、CLUB-Aカードでマイルを貯めるのであればショッピングマイルに加入した方が絶対にお得です。

ショッピングマイルに加入すれば、どのカードランクのカードでもマイル付与率は大体同じになります。

なので「カードの維持コストが安いカードでマイルを貯めたい!」という場合はJAL一般カードが一番安く手軽にマイルを貯めることができるカードです。

5-2.ANAカードの維持コストまとめ

一方ANAカードは下記の通りです。

カード種類 ANA一般カード ワイドカード  ゴールドカード プレミアム
年会費 2,160円(税込)〜 7,830円(税込)〜 15,120円(税込)〜 80,640円(税込)〜
10マイルコース手数料 6,480円(税込)
※JCBブランドは5,400円(税込)
6,480円(税込)
※JCBブランドは5,400円(税込)
無料 無料

JALカードとの大きな違いは、ANAカードは貯めたポイントをマイルに交換する時にだけ『10マイルコース』に加入すればいいという点です。

JALカードはマイルを効率よく貯めたいのであれば常時ショッピングマイルに加入してカードを使う必要があります。じゃないとマイル付与率が半減してしまいます。

なので、カードの維持費を抑えつつ、日常利用で安く気軽にマイルを貯められるのはANAカードの方ですね。

またANAカードはカード年会費割引特典などもあるので、カードの維持費が安く済む場合があります。

例えばANA VISA ワイドゴールドカードは最大4,860円の年会費割引特典があります。

割引条件 割引金額
ワイドゴールドカード
年会費 15,120円(税込)
①WEB明細サービス利用 1,080円割引
②リボ払いサービス「マイペイす・リボ」の利用
※年1回以上
3,780円割引
①+②併用時 4,860円割引
割引適用後年会費 10,260円(税込)

5-3. JALカードとANAカードの維持コストの違いまとめ

「できるだけ安くマイルを貯めたい!」というのであれば完全にANAカードがオススメです!

ANAカードは『陸(おか)マイラー』という飛行機に乗らずにマイルを貯めている人の必須アイテムとなっているクレジットカードです。

「飛行機にガンガン乗る!」「1年間の飛行機での交通費は超高額になる!」という方は カード年会費なんて考えずにJALカードを発行してマイルを大量ゲットすればいいですが、日常的にスーパーやコンビニでコツコツとマイルを貯めたい人にとってはカードの維持コストが高額になるのは本末転倒ですよね。

なので「とりあえずコスパ重視!」という方はANAカード一択です。

6.少ないマイル数で飛行機に乗れるのはJALマイル?ANAマイル?

6-1.JALマイルの必要マイル数一覧

JALのマイルを使うには最低どのくらい貯めなければいけないのか?ということについてですが、JALの最低必要マイル数は下記の通りです。

区間 出発 到着 必要マイル数
通常マイル ディスカウントマイル JALカード割引
区間① 東京 秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪 【片道】
6,000マイル
【往復】
12,000マイル
【片道】
5,000マイル
【往復】
10,000マイル
【片道】

【往復】
9,500マイル
大阪 萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎
名古屋 新潟、松山
札幌 利尻、稚内、女満別、根室中標津、オホーツク紋別、釧路、函館、青森、秋田
仙台 小松
福岡 対馬、五島福江、宮崎
長崎 壱岐、五島福江、対馬
沖縄 宮古、石垣
宮古 石垣
区間② 東京 沖縄
大阪 石垣
大阪 宮古
静岡 沖縄
名古屋 沖縄
名古屋 宮古
札幌 福岡
区間③ 東京 石垣
東京 宮古
名古屋 石垣
札幌 沖縄
沖縄 仙台、新潟

ディスカウント中ではなく、通常時に使うなら最低でも6,000マイルが必要になるといった感じですね。

6-2.ANAマイルの必要マイル数一覧

一方でANAマイルの必要マイル数は下記の通りです。

距離 区間 必要マイル
(片道)
必要マイル
(往復)
0~600マイル区間 東京 秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪 L 5,000
R 6,000
H 7,500
L 10,000
R 12,000
H 15,000
大阪 萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎
名古屋 新潟、松山
札幌 利尻、稚内、女満別、根室中標津、オホーツク紋別、釧路、函館、青森、秋田
仙台 小松
福岡 対馬、五島福江、宮崎
長崎 壱岐、五島福江、対馬
沖縄 宮古、石垣
宮古 石垣
1,601~2,000マイル区間 東京 沖縄 L 7,000
R 9,000
H 10,500
L 14,000
R 18,000
H 21,000
大阪 石垣
大阪 宮古
静岡 沖縄
名古屋 沖縄
名古屋 宮古
札幌 福岡
2,001~4,000マイル区間 東京 石垣 L 8,500
R 10,000
H 11,500
L 17,000
R 20,000
H 23,000
東京 宮古
名古屋 石垣
札幌 沖縄
沖縄 仙台、新潟
L(ローシーズン) 2018年 1/8~2/28、4/1~4/26、12/1~12/21
2019年 1/6~2/28、4/1~4/25、12/1~12/20
R(レギュラーシーズン) 2018年 3/1~3/15、5/7~8/9、8/21~11/30
2019年 3/1~3/14、5/7~7/31、8/26~11/30
H(ハイシーズン) 2018年 1/1~1/7、3/16~3/31、4/27~5/6、8/10~8/20、12/22~12/31
2019年 1/1~1/5、3/15~3/31、4/26~5/6、8/1~8/25、12/21~12/31

区間にもよりますが、ローシーズンであれば5,000マイルから利用することができます。

ただし、例えば東京から沖縄に行くために必要なマイルで比較すると、

  • JALマイルの場合
    =6,000マイル(片道)
  • ANAマイルの場合
    =7,000マイル(片道)

という具合に必要マイル数はANAマイルの方が必要になります。

6-3. JALマイルとANAマイルの最低必要マイル数まとめ

「少ないマイルで飛行機に乗りたい!」というのであれば、ANAマイルの方が JALマイルよりも必要マイル数が少なくて利用することができます。

ただし最低必要マイルで行ける場所・区間を考えると、JALもANAもそんなに大差はないので最低必要マイル数を基準にしてJALカードにするかANAマイルにするかは選択しない方が得策です。

7.結論まとめ

ここまでのJALカードとANAカードの違いをまとめると下記のような結論になります。

検討項目 JALカード ANAカード
飛行機に乗った時の特典の充実度は?
オプション特典のJAL CLUB EST加入でANAカードよりも特典が充実する※ただし20代限定
カードの普段利用でマイルが貯まりやすいのは?
まずポイントが貯まり、それをマイルに交換するので有効期限を伸ばせたりとマイペースに貯められる。
仕事で飛行機に乗る人にオススメなのは?
一般カードから旅行保険や旅行サポートサービスが付帯している
提携カードが充実しているのは?
ANAカードより提携先は少ないが、ゴールドカードまで提携カードが豊富

一般カードのみだけど、東京メトロ、小田急、東急、nimoca、PASMO、Suicaなど多くの提携先カードがある
カードの維持コストが安いのは?
年会費割引特典がある。
10マイルコースもポイント交換する時だけ加入すればOK
マイル利用時の最低必要マイル数は?
最低必要マイル数はANAマイルよりも多いが6,000マイルで選べる区間が広い

最低必要マイルは5,000マイルでJALマイルよりも少なくてOKだけど、5,000マイルで行ける場所が限られる

JALカードとANAカードはライバル関係にあるので、概ね似たようなサービス・特典になっていますが、細かく調べた結果としては

  • JALカード
    =出張や旅行が多く、飛行機に頻繁に乗る方
  • ANAカード
    =飛行機の利用頻度は低いが、マイルを貯めて無料で旅行に行きたい方

という結論になります!

ANAカードは飛行機に乗らない人がマイルを貯めやすいカードとして有名です。

JALカードはもしマイルを効率的に貯めたいのであれば常時別途年会費3,240円(税込)が必要な『ショッピングマイルプレミアム』に加入している必要があるという難点があるからです。

飛行機に頻繁に乗るならショッピングマイルプレミアムの年会費の元が取れるくらいのマイルが貯まりますが、「飛行機にあまり乗らない」という方はショッピングマイルプレミアム分の年会費を払うだけ損になるケースがあります。

なので「日頃のコンビニでの買い物とかで気軽にマイルを貯めたい。」というような方にはANAカードがオススメ。「飛行機に乗る頻度が高いので一気にマイルを貯めたい。」という方にはJALカードがオススメです。