iPhoneの最新機種がついに発表されましたね。約1年ぶりの発表です。

まず気になるのは予約開始日と発売日ですよね。

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
予約開始日 9月14日(金)16時01分~ 10月19日(金)
発売日 9月21日(金) 10月26日(金)

上記のようになっています。

今回の機種は全てがオールディスプレイで、カメラ性能がアップしていおり、OSやチップが進化しています。

  • 「カメラ性能って具体的に何?」
  • 「おーえす?なにそれ」
  • 「ちっぷ?なにそれ」

というのが本音ですよね。

正直進化すればするほど専門用語が多くなってきて正直何が変わったのかわからないでしょう。公式サイトを見ても専門用語の羅列で、学校の教科書を読んでいるようなつまらなさです。ワクワクしません。

ということでこの記事では

  • 最新機種の何がすごいのか?
  • 値段やスペックの比較
  • iPhone X、8ユーザーは乗り換えるべきなのか?
  • 乗り換えるならどのキャリアが一番安く、お得なのか?

について徹底的に”わかりやすく”ご紹介していきます。あくまでも”わかりやすく”であり、専門用語などを咀嚼しつつiPhoneを初めて購入する方でも即時に理解できるようにご紹介していきます。

 

iPhone8持ってる人は、iPhoneXsに乗り換える価値は十分にあります。それ以前の古いiPhoneを持っている人も同じです。しかし、iPhoneXを持ってる人であれば、iPhoneXsに乗り換える価値は、正直あんまりないかなと思っています。

コチラの記事に詳細を調査して比較してみました。ぜひ乗り換え前に参考にしてみてください。

iPhoneXs/Xs Max/XRとiPhoneX、iPhone8を徹底比較!乗り換える価値ある?

 

iPhoneXsを一番安く買う方法について調査してまとめてみました。本体購入であればAppleストアで買うのが一番安くて、月々の支払いを抑えたいのであればSoftbankがお得になっています。

iPhoneXs/Xs Max/XRの予約と発売日いつから?一番安く乗り換えならドコモ??

 

見出し一覧

1.iPhoneXs/Xs Max/XRのスペックを徹底比較!

1-1.値段で比較

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
【Apple 公式サイト】
64GB 12万1,824円 13万4,784円 9万1,584円
128GB 9万8,064円
256GB 14万0,184円 15万3,144円 10万9,944円
512GB 16万5,024円 17万7,984円
【docomo】
64GB 12万8,952円 14万1,912円 9万8,496円
128GB 10万4,976円
256GB 14万7,096円 16万0,056円 11万6,640円
512GB 17万1,720円 18万4,680円
【au】
64GB 12万8,640円 14万1,600円 9万8496円
128GB 10万4976円
256GB 14万6,880円 15万9,840円 11万6640円
512GB 17万1,840円 18万4,800円
【Softbank】
64GB 13万6,800円 14万9,760円 未発表
128GB 未発表
256GB 15万5,040円 16万8,000円 未発表
512GB 18万円 19万2,960円

まずは値段で比較ですが、iPhone最新機種の値段は

  • 1位:Apple 公式
  • 2位:au
  • 3位:docomo
  • 4位:Softbank

という順で安くなっています。Apple 公式では

AppleApple

公式より安い値段で売るのは禁止します!もし売りたいなら公式より高い値段で売ってください!

という感じで日本の大手ケータイキャリア3社に代理販売委託をしているんですね。

「じゃあApple 公式で購入すると一番お得に購入できるの?」というと、そういうわけではなく、docomo、au、Softbankではそれぞれキャンペーンを行なっており、例えば「2年契約で指定するプランに加入してくれれば端末代金は割り引きますよ!」というサービスを行なっています。

このような端末割引のキャンペーンはスマホやケータイを購入したことがある方であれば誰しもが一度は利用したことがあるでしょう。

「じゃあ一括で購入する場合は?」というと、確かに一括で購入すると本体代が一番安いのはApple公式ですが、結局回線を開通させるためにどこか別途でSIMフリーのサービスと契約しなければいけません。

そうすると「docomoやau、Softbankのキャリアで本体も回線やデータプランも一緒に契約した方がラク!!」となるんですね。

Apple公式で購入する方は「自分で格安SIMを購入して使う!docomoやau、Softbankは高いから利用しない!」というようなパターンが大多数でしょう。

Apple公式を±0円として、各キャリアとApple公式のおおよその値段差をまとめると下記の通りになります。

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
【Apple 公式サイト】
64GB 12万1,824円(±0円) 13万4,784円(±0円) 9万1,584円(±0円)
128GB 9万8,064円(±0円)
256GB 14万0,184円(±0円) 15万3,144円(±0円) 10万9,944円(±0円)
512GB 16万5,024円(±0円) 17万7,984円(±0円)
【docomo】
64GB 12万8,952円
(+約7,000円)
14万1,912円
(+約7,000円)
9万8,496円
(+約7,000円)
128GB 10万4,976円
(+約7,000円)
256GB 14万7,096円
(+約7,000円)
16万0,056円
(+約7,000円)
11万6,640円
(+約7,000円)
512GB 17万1,720円
(+約7,000円)
18万4,680円
(+約7,000円)
【au】
64GB 12万8,640円
(+約6,700円)
14万1,600円
(+約6,700円)
未発表
128GB 未発表
256GB 14万6,880円
(+約6,700円)
15万9,840円
(+約6,700円)
未発表
512GB 17万1,840円
(+約6,700円)
18万4,800円
(+約6,700円)
【Softbank】
64GB 13万6,800円
(+約15,000円)
14万9,760円
(+約15,000円)
未発表
128GB 未発表
256GB 15万5,040円
(+約15,000円)
16万8,000円
(+約15,000円)
未発表
512GB 18万円
(+約15,000円)
19万2,960円
(+約15,000円)
  • docomo
    =Apple公式より約7,000円高い
  • au
    =Apple公式より約6,700円高い
  • Softbank
    =Apple公式より約15,000円高い

ということになります。

Softbankがめちゃくちゃ高く感じてしまいますよね。ただし、Softbankでは「48回払い(4年契約)にしてくれたら本体代を半額にしてあげますよ」というサービスがあるので、一概に一番悪いとは言えません。

もちろんdocomoやauも2年契約であれば機種代金が割引されるサービスがあるので、次はその詳細についてご紹介していきます。

1-1-1.2~4年間契約で購入すれば機種代はほぼ半額!

昔からスマホやケータイ購入時に利用できる有名なサービスとして2年間契約時の本体代金割引サービスですが、iPhoneの最新機種にも各社は同じようにサポートサービスをすることを発表しています。※iPhone XRに関しては未発表のキャリアもあります。

「実際どのくらい本体代金が割り引かれるの?」というと、各キャリアの割引サポートをまとめると下記の通りになります。

docomoの端末サポート
iPhone XS MNP/新規/機種変更(Xi→Xi)/契約変更(FOMA→Xi)
64GB 256GB 512GB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
5,373円/月
(128,952円)
6,129円/月
(147,096円)
7,155円/月
(171,720円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-2,457円/月
(-58,968円)
-2,457円/月
(-58,968円)
-2,457円/月
(-58,968円)
実質負担金(24か月)
(総額)
2,916円/月
(69,984円)
3,672円/月
(88,128円)
4,698円/月
(112,752円)
iPhone XS Max MNP/新規/機種変更(Xi→Xi)/契約変更(FOMA→Xi)
64GB 256GB 512GB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
5,913円/月
(141,912円)
6,669円/月
(160,056円)
7,695円/月
(184,680円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-2,457円/月
(-58,968円)
-2,457円/月
(-58,968円)
-2,457円/月
(-58,968円)
実質負担金(24か月)
(総額)
3,456円/月
(82,944円)
4,212円/月
(101,088円)
5,238円/月
(125,712円)
iPhone XR MNP/新規/機種変更(Xi→Xi)/契約変更(FOMA→Xi)
64GB 128GB 256GB
 分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
4,104円/月
(98,496円)
4,374円/月
(104,976円)
4,860円/月
(116,640円)
 月々サポート(24か月)
(割引総額)
-2,457円/月
(-58,968円)
-2,457円/月
(-58,968円)
-2,457円/月
(-58,968円)
 実質負担金(24か月)
(総額)
1,647円/月
(39,528円)
1,917円/月
(46,008円)
2,403円/月
(57,672円)

docomoはiPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XR全ての割引料金を発表しています。

簡潔に表現すると「2年間契約してくれたら本体代金を-58,968円してあげますよ」というサービスになっています。

割引金額はどの機種を購入しても同じなので、安い機種を購入すればするほど相対的に月額料金が安くなるということですね。

ちなみに月々の支払い金額は本体代金の他にデータ定額プランなどがプラスされるので、もう少し高額になります。

auの端末サポート
iPhone XS 64GB 256GB 512GB
機種変更
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
5,360円/月
(128,640円)
6,120円/月
(146,880円)
7,160円/月
(171,840円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-2,710円/月
(-65,040円)
-2,710円/月
(-65,040円)
-2,710円/月
(-65,040円)
実質負担金(24か月)
(総額)
2,650円/月
(63,600円)
3,410円/月
(81,840円)
4,450円/月
(106,800円)

【新規契約・他社から乗りかえ】

分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
5,360円/月
(128,640円)
6,120円/月
(146,880円)
7,160円/月
(171,840円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-3,110円/月
(-74,640円)
-3,110円/月
(-74,640円)
-3,110円/月
(-74,640円)
実質負担金(24か月)
(総額)
2,250円/月
(54,000円)
3,010円/月
(72,240円)
4,050円/月
(97,200円)
iPhone XS Max 64GB 256GB 512GB
機種変更
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
5,900円/月
(141,600円)
6,660円/月
(159,840円)
7,700円/月
(184,800円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-2,710円/月
(-65,040円)
-2,710円/月
(-65,040円)
-2,710円/月
(-65,040円)
実質負担金(24か月)
(総額)
3,190円/月
(76,560円)
3,950円/月
(94,800円)
4,990円/月
(119,760円)
新規契約・他社から乗りかえ
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
5,900円/月
(141,600円)
6,660円/月
(159,840円)
7,700円/月
(184,800円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-3,110円/月
(-74,640円)
-3,110円/月
(-74,640円)
-3,110円/月
(-74,640円)
実質負担金(24か月)
(総額)
2,790円/月
(66,960円)
3,550円/月
(85,200円)
4,590円/月
(110,160円)
iPhone XR 64GB 128GB 256GB
機種変更
未発表
新規契約・他社から乗りかえ
未発表

auはiPhone Xs、iPhone Xs Maxの料金は発表されていますが、iPhone XRの割引サポートに関しては未発表です。

auの場合はdocomoと違い、機種変更(au機種からの変更)なのか新規契約もしくは乗り換えなのかで割引金額が若干異なってきます。

  • au機種からの機種変更の場合
    =-65,040円割引
  • 新規契約もしくは他社からの乗り換えの場合
    =-74,640円

つまり「iPhoneの最新機種を購入するならauで購入した方がお得ですよ!」とアピールするために新規契約者や他社からの乗り換え者に対して優遇しています。

Softbankの端末サポート
機種 容量 一括価格(24回払い) 半額サポート(48回払い)
iPhone XS 64GB 136,800円
(5,700円×24回)
2,850円×24回
25ヶ月目に機種変更+端末回収
256GB 155,040円
(6,460円×24回)
3,230円×24回
25ヶ月目に機種変更+端末回収
512GB 180,000円
(7,500円×24回)
3,750円×24回
25ヶ月目に機種変更+端末回収
iPhone XS Max 64GB 149,760円
(6,240円×24回)
3,120円×24回
25ヶ月目に機種変更+端末回収
256GB 168,000円
(7,000円×24回)
3,500円×24回
25ヶ月目に機種変更+端末回収
512GB 192,960円
(8,040円×24回)
4,020円×24回
25ヶ月目に機種変更+端末回収
iPhone XR 64GB 未発表
128GB 未発表
256GB 未発表

SoftbankはiPhone XRのみ料金が未発表です。

また48回払いという4年間に分割して支払う場合は本体代金が半額になります。ただし、4年間使い続けられるわけではなく、25ヶ月目になると本体は回収され、強制的に新しい端末を購入する必要があります。

しかも次の機種に乗り換えても支払いが残った状態で機種変することになるので次の機種では残りの代金+機種変した方の代金をダブルで支払うことになります。

つまり、「割引額は大きいけど、後々支払いが大変になる」というサービスですね。

「2年間契約はないの?」という疑問もあると思いますが、Softbankの場合は通話プランが安かったり、機種代金が割引されるサービスがない代わりに、2年間契約するとデータ定額プランの料金が割引になるサービスを行っています。

1-1-2.どのキャリアが一番お得?

気になるのは「結局どれが一番お得なの?安くなるの?」ということだと思いますが、ハッキリ言って契約する通話プランやデータ定額プランによるので「ここが一番安い!」というよりも「あなたの契約するプランによって変わります」というのが正解になります。

本体代金だけでいうのであれば下記の通りです。

  • 1位:Apple 公式
  • 2位:au
  • 3位:docomo
  • 4位:Softbank

割引プランも考慮すると一番安いのはおそらくauです。そして最も高いのはSoftbankです。

格安SIMを利用するなら本体代金が一番安いApple公式で購入するのがベターですが、その場合は本体代金を一括で購入する必要があるので10万円程度のお金が一気に吹っ飛びます。

「え〜…じゃあどれを選べばいいの?」と混乱すると思いますが、オススメは絶対にdocomoです!

「え?なぜdocomo?」と疑問に思うかもしれませんが、docomoだけ『dカードGOLD』というクレジットカードと併用すると強烈にお得になるという裏技があるからです。

dカードGOLDとiPhone最新機種の組み合わせがいかに強烈かについては最後の方に徹底的に詳しくご紹介しますので、ここでは一旦置いておきますね。

【dカードGOLD】

ドコモでスマホ契約してるならdカード GOLDは必須!!月々の携帯代の10%のポイントバック!!さらにケータイ補償付きで安心♪

年会費
10000円+税
家族カード
1枚無料
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
空港ラウンジ ケータイ補償
JALマイル
還元率0.5%
国内海外保険
自動付帯
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大13000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

1-2.サイズで比較!一番画面が大きのは?一番軽いのはどれ?

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
ディスプレイ 対角 5.8インチ 6.5インチ 6.1インチ
サイズ 高さ 143.6 mm 157.5 mm 150.9mm
70.9 mm 77.4mm 75.7mm
厚さ 7.7 mm 7.7mm 8.3mm
重量 重量 177 g 208g 194g

数字で言われても分かりづらいですよね。

機種をそれぞれ並べた画像をご紹介すると下記の通りです。

これでもまだわかりづらいですよね。

すでに発売しているiPhoneと比較してわかりやすく表現すると

  • iPhone Xs
    =大きさはiPhone Xと同じ
  • iPhone Xs Max
    =大きさはiPhone6~7plusシリーズとほぼ同じ
  • iPhone XR
    =iPhone6~7plusとiPhone Xの中間くらいの大きさ

という感じです。

ネット上で掲載されている実機の写真を参考にするともっとわかりやすいかもしれません。

写真左=iPhone X( iPhone Xsと同じ大きさ)、写真右=iPhone Xs Max

参照:『BUSINESS INSIDER』https://www.businessinsider.jp/post-175222より

写真=iPhone XR

参照:『BUSINESS INSIDER』https://www.businessinsider.jp/post-175222より

写真左=iPhone Xs Max、写真中央=iPhone XR、写真右=iPhone Xs

参照:『BUSINESS INSIDER』https://www.businessinsider.jp/post-175222より

最新のiPhoneは全てフルディスプレイなので迫力が圧倒的に違いますね。

ちなみに重さについてですが、私自身もイメージが湧かなくて「一番重いiPhone Xs Maxの208gってどのくらいなんだろう?」とネットで「208gものも」で検索すると下記のものがヒットしました。

…。

iPhone Xs Maxを持ち歩くということはブルガリアヨーグルトを1本ポケットに入れておくようなもんだということですね。

1-3.容量で比較!512GBが新登場!

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
64GB
128GB × ×
256GB
512GB ×

新機種の容量は上記の通りです。

iPhone XRでは512GBがない代わりに、128GBを選ぶことができます。注目なのはiPhoneシリーズで初めて512GBが採用されたという点ですね。

「512GB!?そんなに容量必要?」と思うかもしれませんが、iPhoneシリーズは新しくなるにつれてカメラや動画の性能が格段にアップして行っているので必然的に一つの画像や動画に必要な容量が大きくなってきます。

逆に「自分は写真や動画よりも、曲やアプリなどを多く入れている」という方は従来通りの256GB以下の機種でも大丈夫でしょう。

1-4.新スペックで比較

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
【容量】 512GB
【ディスプレイ】 6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ
2,688 x 1,242ピクセル解像度、458ppi
【防沫性能、耐水性能、防塵性能】 IEC規格60529にもとづくIP68等級
(最大水深2メートルで最大30分間)
【チップ】 A12 Bionicチップ
次世代のNeural Engine
【カメラ】 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
写真のスマートHDR
【ビデオ撮影】 ステレオ録音
【携帯電話/ワイヤレス通信方式】 ギガビット級LTE
【ビデオ再生】 ハイダイナミックレンジ
(Dolby VisionとHDR10コンテンツ)

上記の表はこの機種から登場した新機能だけをピックアップしています。※例えばiPhone Xでも採用されているような高性能なものは記載していません。

一見あまり変わっていないように見えるかもしれませんが、『A12 Bionicチップ』という機能全てに影響する人間でいうところの『脳みそ』の部分が変化しているのが大きな特徴です。

公式の発表では「69億個のトランジスタが収められました。従来のA11 Bionicは43億個だったので、26億個もトランジスタが増えた」と言われていますが、ハッキリ言って素人には何がすごいのかわかりません。

ですが

  • 処理速度が15%高速になった
  • 50%性能が向上した

と言われればわかりやすいですよね。

これがカメラ機能や認識機能に影響し、より鮮やかで高画質な写真や動画を撮れるようになっています。

公式では専門用語がつらつらと並べられているのでよくわかりませんし、理解する必要もありません。要するに「脳(チップ)と眼(カメラ)がよくなった!」というのが今回の新機種ということです。

演算処理の速度などを数字で言われても、結局利用する時には”体感”でしかないのであまり気にしなくてOKです。

1-5.画面の大きさで比較!iPhone史上最大の6.5インチ!

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
画面インチ 5.8インチ(対角) 6.5インチ(対角) 6.1インチ(対角)

次は画面の大きさで比較ですが、 iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRは全てオールスクリーンなので本体の大きさ=画面の大きさに直結します。

“インチ”と言われるとわかりづらいかもしれませんが、1インチは2.54cmです。

例えば iPhone Xsの5.8インチであれば、画面の対角をバッテン状に線がそれぞれ5.8インチ(14.732cm)ということになります。

どのくらいの大きさなのか?というのがわかりにくいと思うので、ポータブルゲーム機の画面の大きさを参考にするとなんとなくiPhone新機種の画面の大きさがわかるでしょう。

機種 PSPシリーズ ニンテンドー3DS LL ニンテンドーSwitch
画面の大きさ 4.3インチ 4.88インチ
(上部の画面)
6.2インチ

持っている人はわかると思いますが、「え!?iPhone Xs MaxってニンテンドーSwitchより大きいの!??」と驚くでしょう。

このレベルになると写真、動画、アプリなどが大画面かつハイクオリティの画質で楽しめるので、ゲーム機やデジカメと融合した感じになります。

本体を一つ持って入れば子供の運動会や、友達との旅行で大活躍してデジカメやビデオカメラなどを持って行く手間も購入するコストも削減することができます。

1-6.カラーで比較!カラーバリエーションはiPhone XRが最大で6種類!

iPhone Xs シルバー スペースグレイ ゴールド
iPhone Xs Max シルバー スペースグレイ ゴールド
iPhone XR ホワイト ブラック ブルー
イエロー コーラル PRODUCT RED

2018年9月現在で発表されているカラーバリエーションは上記の通りです。

もしかしたらカラーバリエーションは今後増えるかもしれませんが、もし増えるとしても従来の発表からするとすぐにとかではなく数ヶ月〜数年後でしょう。

iPhone XsとiPhone Xs Maxでは高級感溢れるシルバーやスペースブラック、ゴールドが選択できますが、iPhone XRでは高級感というよりはポップな印象のカラーが多くなっています。

これはiPhone5シリーズの時のiPhone5cのような感じですね。

iPhone XRは値段も他の2機種に比べて低価格なので、スーツを着るような社会人というよりも学生をターゲットにしている感じがしますね。

カラーバリエーションが多ければ多いほど色んなファッションに合わせることができますし、逆にシックでエレガントなシルバーやスペースゴールドはフォーマルな服装にマッチします。

1-7.バッテリーで比較!一番長持ちするのはどれ?

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
駆動時間 iPhone Xより最大30分長いバッテリー駆動時間 Phone Xより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間 iPhone 8 Plusより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間
連続通話時間
(ワイヤレス)
最大20時間 最大25時間 最大25時間
インターネット利用 最大12時間 最大13時間 最大15時間
ビデオ再生
(ワイヤレス)
最大14時間 最大15時間 最大16時間
オーディオ再生
(ワイヤレス)
最大60時間 最大65時間 最大65時間
ワイヤレス充電(Qi) 高速充電対応:
30分で最大50%充電
高速充電対応:
30分で最大50%充電
高速充電対応:
30分で最大50%充電
コネクタ Lightning:
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
Lightning:
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
Lightning:
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電

上記の表を見てもわかる通り、一番長持ちするのはiPhone XRです。

じゃあiPhone XRのバッテリーが一番優れているのか?というとそういうわけではなく、 iPhone XsとiPhone Xs MaxはiPhone XRと異なったディスプレイを採用しています。

のちにディスプレイの比較もしますが、簡潔にいうと iPhone Xsと iPhone Xs Maxの方がiPhone XRよりも高画質で高性能のディスプレイになっています。

なので、バッテリーは同じものを使っているけど、消費電力は iPhone XsとiPhone Xs Maxの方が多いということですね。

しかも、例えばオーディオ再生時間ではiPhone XRが他の2機種よりも5時間長いですが、 iPhone XsでもiPhone Xs Maxでも最大60時間連続して利用することができます。

およそ3日間充電しないなんてことほぼありませんよね。

最近ではモバイルバッテリーも高性能なものがあるので、バッテリーに関してはあまり気にしなくていいでしょう。

1-8.カメラで比較!一番高性能なのはiPhone Xs、Xs Max!

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
【カメラ】 デュアル12MPカメラ
(広角と望遠)
12MPカメラ
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
ƒ/1.8絞り値
デュアル光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
最大5倍のデジタルズーム
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)) 3つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明)
写真のスマートHDR
【フロントカメラ】 TrueDepthカメラ
7MPの写真
ƒ/2.2絞り値
Retina Flash
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真のスマートHDR
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
(1080pと720p)
1080p HDビデオ撮影
(30fpsまたは60fps)
アニ文字とミー文字

★マークは最新機能です

まず、iPhone XsとiPhone Xs Maxのカメラ性能は全く同じです。

一方でiPhone XRのカメラ性能はiPhone8と同等レベルの性能になっており、iPhone Xよりも若干劣っています。※iPhone XRとiPhone X、iPhone8の比較は後ほどご紹介します。

何と言っても気になるのは「新しいカメラ機能ってどんなのがあるの!」ということですよね。

1-8-1.iPhone Xs、iPhone Xs Maxの進化したカメラ性能とは?

まずはiPhone XsとiPhone Xs Maxのカメラ性能を簡潔にご紹介していきます。

カメラの作りはiPhone Xと同じ『デュアルカメラ』というカメラユニットが2基組み込まれているカメラになっています。

「2基ついてると何が変わるの?」というと、2基あるカメラユニットのうち1基を広角用(x1)、もう1基を望遠用(x2)として割り当て、ユーザの指示に応じて切り替えることができます。

拡大率は2倍止まりですが、デジタルズームのように拡大しても画像が粗くなることはありません。

つまり、iPhone XsとiPhone Xs Maxでは

  • 2倍の光学ズームが利用できる
  • 画質が粗くならない

というメリットがあります。

「iPhone Xと何が違うの?」というと、本体のコアとなっているチップがiPhone Xより優れているので、より精密で鮮やかな写真が取れるようになっています。

1-8-2. iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRの共通の機能は?

今回のiPhone最新機種でプッシュされているのは機能は下記の通りです。

機能 概要
スマートHDR スマートHDRは、より高速なセンサー、強化されたISP、高度なアルゴリズムといった複数のテクノロジーを活用し、あなたの写真の明部と暗部により精細なディテールをもたらします。
ボケと深度コントロール iPhone XSでは、より精巧なボケ(背景のぼかし)を使って、驚くほど美しいポートレートが撮れます。さらに、まったく新しい深度コントロールにより、撮影後でも被写界深度を調整できるようになりました。
進化したポートレートモードのセルフィー TrueDepthカメラは精緻な深度マップを生成して、あなたにピントを合わせたまま背景をぼかします。深度コントロールを使えば、撮影後でも被写界深度を調整できます。
暗めの場所でも、さらなるディテール iPhone XSのカメラセンサーは、より深く、より大きなピクセルを採用しました。その深さにより画像は一段と忠実に再現され、その大きさにより一段と多くの光をセンサーに取り込めます。その結果、十分な明るさがない場所でもさらに美しい写真が撮れるようになりました。
動きのある写真を、さらにシャープに より高速なセンサー、スマートHDR、ゼロシャッターラグの組み合わせにより、動いている被写体の一瞬を切り取り、明部と暗部のより精細なディテールをとらえられるようになります。
まったく新しい深度コントロール ポートレート写真を編集する時は、スライドするだけで被写界深度を調整できます。
ポートレートライティング ポートレートモードでは、撮影の前でも後でも、スワイプするだけで様々な照明エフェクトを試せます。

公式サイトでは『Neural Engine(ニューラルエンジン)』『TrueDepth(トゥルーデフス)カメラ』などと専門用語が飛び交っているので「は?何それ。」という感じですが、人間に例えると「脳と目がめちゃくちゃ優れている!」ということです。

『Neural Engine(ニューラルエンジン)』は毎秒5兆の演算処理をして、『TrueDepth(トゥルーデフス)カメラ』は被写体を立体的に捉えることに優れているので、結果的にめちゃめちゃ綺麗な写真が撮れるということです。

1-9.ビデオ機能で比較!性能はほぼ互角!

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
【ビデオ撮影】 4Kビデオ撮影
(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム 最大3倍のデジタルズーム
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ステレオ録音

ビデオ機能はカメラのレンズを使用して撮影されるので、性能的にはほぼ同じですが、唯一違うのは光学ズームの違いです。

カメラ性能の比較部分でご紹介した通り、 iPhone XsとiPhone Xs Maxは『デュアルカメラ』という2基のカメラユニットが組み込まれているので光学ズームを利用することができます。

一方でiPhone XRはカメラユニットが1基のみなので、利用できるのはデジタルズームのみになります。

ズーム機能を除けばビデオ性能はほぼ互角です。

十分な明るさがない場所でのより優れたパフォーマンス。ビデオでの最大30fpsの拡張ダイナミックレンジ。ステレオ録音。よりワイドにサウンドを分離するステレオ再生。そのすべてを備えたiPhone XSは、どのスマートフォンよりも高品質なビデオを撮影できます。

※Apple公式より

また、カメラ性能は互角だけど、ディスプレイの性能によって鮮やかさなどが違うという部分があります。

次の比較で液晶性能の比較をするので、気になる方はそちらを参考にしてください。

1-10.液晶の性能で比較!iPhone史上高画質なiPhone Xs Max!

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
ディスプレイ Super Retina HDディスプレイ Liquid Retina HDディスプレイ
ディスプレイの大きさ 5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ 6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
HDR対応 HDRディスプレイ
解像度 2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppi 2,688 x 1,242ピクセル解像度、458ppi 1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi
コントラスト比 1,000,000:1コントラスト比(標準) 1,400:1コントラスト比(標準)
画面の明るさ自動調節 True Toneディスプレイ
色空間 広色域ディスプレイ(P3)
感圧タッチ 3D Touch
最大の明るさ 最大輝度625cd/m2(標準)

またよくわからない略語や専門用語が並んでますよね。もっと素人にもわかりやすく説明してくれないと何がすごいのか分からないというのが正直なところです。

でも表をパッと見ただけでiPhone XsとiPhone Xs Maxの方がiPhone XRよりも優れていることがわかりますよね。

具体的な専門用語を紐解いていくと、ディスプレイ性能の違いがくっきりと見えてきます。

項目 用語 概要
ディスプレイ Super Retina HDディスプレイとは? OLED(有機EL)が採用されて、あらゆる点で従来の液晶(IPS液晶)より優れているディスプレイで、Mac bookなどのノートパソコンにも使用されています。
Liquid Retina HDディスプレイ? いわゆる従来の液晶ディスプレイです。
HDR HDRとは? ハイダイナミックディスプレイの略です。輝度幅が広く鮮やかな色を表現できるディスプレイです。
解像度 解像度とは? 画像の精細さを表す尺度のこと。画像を構成するピクセルの数で表し、数が大きいほど精細。ppiとは1インチあたりのドットの数です。
コントラスト比 コントラスト比とは? ディスプレイに表示される画像・映像において明暗の差がどれだけあるかを示す指標です。 数字の値が大きいほどコントラスト比は大きく、明暗の差が大きくはっきりとしたものになります。
True Toneディスプレイ True Toneとは? 具体的には、電球のような暖色系の照明(色温度が高い)では画面が黄色味がかり、蛍光灯のような寒色系の照明(色温度が低い)では画像が青みがかるものです。
つまり、写真を撮る場所によって自動的に色合いを調節してくれる機能です。
広色域ディスプレイ(P3) 広色域とは? 表現できる色の領域です。従来のものよりも表現できる領域が広くなっています。
感圧タッチ 3D Touchとは? 画面を押した指の圧(指圧)を感知することができる機能で、画面を押す強さによって異なった操作をすることができます。
最大輝度625cd/m2 輝度(きど)とは? 明るさの度合です。最大輝度は従来のiPhoneシリーズと同じです。

簡潔にいうと、iPhone Xs、iPhone Xs Maxの方が、iPhone XRよりも

  • 高性能のディスプレイを使っている
    ( iPhone XやMacBookと同じディスプレイ)
  • 鮮やかかつ解像度が高い
  • 画像や動画はくっきりとはっきりと鮮やかに見える

ということになります。

1-11.スペック比較まとめ!全てのスペックを一挙に比較!

ここまで徹底的に性能をご紹介してきましたが、全てのスペックを比較すると下記の通りになります。これを読めば重くて鈍くて見辛い公式サイトを見る必要はありません。

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
【容量】 64GB 64GB 64GB
128GB
256GB 256GB 256GB
512GB 512GB
【ディスプレイ】 Super Retina HDディスプレイ Liquid Retina HDディスプレイ
5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ 6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
HDRディスプレイ
2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppi 2,688 x 1,242ピクセル解像度、458ppi 1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi
1,000,000:1コントラスト比(標準) 1,400:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
【サイズと重量】
高さ 143.6 mm 157.5 mm 150.9 mm
70.9 mm 77.4 mm 75.7 mm
厚さ 7.7 mm 7.7 mm 8.3 mm
重量 177 g 208 g 194 g
【防沫性能、耐水性能、防塵性能】 IEC規格60529にもとづくIP68等級
(最大水深2メートルで最大30分間)
IEC規格60529にもとづくIP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
【チップ】 A12 Bionicチップ
次世代のNeural Engine
【カメラ】 デュアル12MPカメラ
(広角と望遠)
12MPカメラ
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
ƒ/1.8絞り値
デュアル光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
最大5倍のデジタルズーム
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)) 3つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明)
写真のスマートHDR
【ビデオ撮影】 4Kビデオ撮影
(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム 最大3倍のデジタルズーム
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ステレオ録音
【フロントカメラ】 TrueDepthカメラ
7MPの写真
ƒ/2.2絞り値
Retina Flash
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真のスマートHDR
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
(1080pと720p)
1080p HDビデオ撮影
(30fpsまたは60fps)
アニ文字とミー文字
【携帯電話/ワイヤレス通信方式】 GSM/EDGE
UMTS/HSPA+
DC-HSDPA
CDMA EV-DO Rev. A(一部のモデル)
ギガビット級LTE 4G LTE-Advanced
MIMO対応802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 5.0
GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
VoLTE
リーダーモード対応NFC
予備電力機能付きエクスプレスカード
FeliCa
【セキュア認証】 Face ID
TrueDepthカメラによる顔認識の有効化
【Apple Pay】 Face IDを使った、店頭、アプリケーション内、ウェブ上でのiPhoneによる支払い
iPhoneに入れたSuicaによる電車などの交通機関の利用、店頭での購入
【ビデオ通話】 FaceTimeビデオ
すべてのFaceTime搭載デバイスにWi-Fiまたは携帯電話ネットワーク経由でビデオ通話を開始
【オーディオ通話】 FaceTimeオーディオ
すべてのFaceTimeオーディオ搭載デバイスにWi-Fiまたは携帯電話ネットワーク経由でオーディオ通話を開始
Voice over LTE(VoLTE)
【オーディオ再生】 ・対応するオーディオフォーマット
AAC-LC、HE-AAC、HE-AAC v2、保護されたAAC、MP3、Linear PCM、Apple Lossless、FLAC、Dolby Digital(AC-3)、Dolby Digital Plus(E-AC-3)、Audible(フォーマット2、3、4、Audible Enhanced Audio、AAX、AAX+)
よりワイドに広がるステレオ再生
ユーザーによる設定が可能な最大音量制限
【ビデオ再生】 対応するビデオフォーマット:HEVC、H.264、MPEG-4 Part 2、Motion JPEG
ハイダイナミックレンジ
(Dolby VisionとHDR10コンテンツ)
Dolby VisionとHDR10コンテンツに対応
Apple TV(第2世代以降)へのAirPlayミラーリング、写真、ビデオ出力
対応するビデオミラーリングとビデオ出力:
Lightning – Digital AVアダプタおよびLightning – VGAアダプタ経由で最大1080p
(アダプタは別売り)
【Siri】 メッセージの送信やリマインダーの設定などをあなたの声で実行
ロック画面上、メッセージ、メールなどでの賢い提案
「Hey Siri」を使ってあなたの声だけでハンズフリーで起動
よく使うアプリケーションのショートカットをあなたの声で実行
【電源とバッテリー】 iPhone Xより最大30分長いバッテリー駆動時間 iPhone Xより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間 iPhone 8 Plusより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
連続通話時間(ワイヤレス):最大20時間 連続通話時間(ワイヤレス):
最大25時間
インターネット利用:
最大12時間
インターネット利用:
最大13時間
インターネット利用:
最大15時間
ビデオ再生(ワイヤレス):最大14時間 ビデオ再生(ワイヤレス):最大15時間 ビデオ再生(ワイヤレス):最大16時間
オーディオ再生(ワイヤレス):最大60時間 オーディオ再生(ワイヤレス):
最大65時間
高速充電に対応:
30分で最大50%充電
【付属ヘッドフォン】 EarPods with Lightning Connector
【センサー】 3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
気圧計
【SIMカード】 デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
既存のmicro-SIMカードには対応していません。
【コネクタ】 Lightning

★マークはiPhoneシリーズでの最先端機能( iPhone Xなどでも採用されている機能)
★★マークは今回から登場した最新機能

iPhone XsとiPhone Xs MaxをiPhone XRと比較すると、圧倒的にiPhone XsとiPhone Xs Maxの方が

  • ディスプレイ
  • カメラ性能

が優れいていることがわかります。

特にカメラ性能は全く別物と考えた方がいいでしょう。鮮やかさ、コントランス比はiPhone XsとiPhone Xs Maxが圧倒的に優れています。

「カメラには興味ない!本体の脳(コア)が優れていればいい!」という方であればiPhone XRでも問題ないでしょう。

 

2.iPhoneXもしくはiPhone8を持っているあなたへ。新機種に乗り換える価値あるかどうか調査してみました

ここで多くの方が気になるのは「乗り換える価値はあるのかどうか?」ということでしょう。

これはネット上でも様々な議論がありますが、結論から言うと

  •  iPhone Xを使っている方
    →乗り換えるほどの強烈な変化はない!
  •  iPhone8を使っている方
    →全く別物!乗り換える価値あり!

と言うことができます。

ということで、新しい機種とiPhone X、iPhone8の比較を別の記事でまとめております。乗り換えを検討されている方はぜひ参考に読んでいただきたいです。

iPhoneXs/Xs Max/XRとiPhoneX、iPhone8を徹底比較!乗り換える価値ある?

 

3.iPhoneXs/XsMax/XRに乗り換えるならドコモがお得!dカードGOLDの入会キャンペーンで13,000円分も一緒にもらおう!

「よし!これ以上待っててもまたどうせ迷うだけだから思い切って乗り換えよう!」と密かに心に決めている方もいるかもしれませんが、もし乗り換えるのであればドコモがお得です!

ドコモがお得な理由としては

  • dカードGOLDというクレジットカードと併用して利用することでお得になる
  • ドコモオンラインショップで乗り換えるとどこよりもお得になる

という2点があります。

「自分はもうドコモを使ってるよ!」という方はdカードGOLDを持っていると思うのでスルーしてほしいのですが、もし「私はauを使ってる」「私はSoftbankを使ってる」という方は一度目を通してみてください。

【dカードGOLD】

ドコモでスマホ契約してるならdカード GOLDは必須!!月々の携帯代の10%のポイントバック!!さらにケータイ補償付きで安心♪

年会費
10000円+税
家族カード
1枚無料
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
空港ラウンジ ケータイ補償
JALマイル
還元率0.5%
国内海外保険
自動付帯
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大13000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

3-1.入会キャンペーンで最大13,000円分のキャッシュバック!

年会費 10,800円(税込)
通常時ポイント還元率 1.0%
docomo料金に対するポイント還元率 10%
その他特典
  • ローソンで3.0%OFF
  • ノジマとマツキヨで5%、高島屋で3%還元
  • スタバとドトールが4%還元
  • docomo利用料金の10%が還元
  • docomoケータイ補償が最大10万円
  • 国内・海外旅行保険の充実
  • その他特典多数

ドコモユーザーであればほとんどの方が持っているであろうdカードGOLDのメリットは多くありますが、まずご紹介したいのはdカードGOLDの入会キャンペーンです。

dカードGOLDでは2018年9月現在入会キャンペーンとして最大13,000円分のiDキャッシュバックを行なっています。

特典 条件 iDキャッシュバック
特典1 dカードゴールドに入会 2,000円分
特典2 新規申し込み時にドコモケータイ料金をdカードゴールド払いに設定 1,000円分
特典3 入会の翌月末までに2万円のカード利用
※キャンペーンへのエントリーが必要
8,000円分
特典4 入会翌月末までに「キャッシングリボ」の設定
※特典③の条件を満たしている必要あり
1,000円分
入会翌月末までに「こえたらリボ」の設定
※特典③の条件を満たしている必要あり
1,000円分

クレジットカードの入会キャンペーンのほとんどは「10万円のカード利用で〜」や「別途年会費の〇〇プレミアムに登録で〜」、「〇〇銀行の口座を開口で〜」などとめんどくさい条件が多いですが、dカードGOLDのキャンペーンは条件がかなり簡単です。

実質的に必要なカード利用額は2万円で、その他は手続きだけなので誰でも達成できてしまう条件ばかりです。

カード利用の2万円も家賃や光熱費を支払えば一発で達成してしまうでしょう。

「ところでiDキャッシュバックってなに?」という疑問を持つ方もいるかもしれないので簡単にご紹介すると、『iD』とはiDとは電子マネーの一種で、カードにチャージする形式の電子マネーではなく、使った分がクレジットカードの引き落としと一緒に行われる『ポストペイ型(後払い形式)』の電子マネーです。

dカードGOLDにはiDが自動付帯しているので、dカードGOLD自体を電子マネーのカードのように利用することができます。

しかもiDは全国50万店舗以上のお店で利用できるので、実質現金13,000円をもらえるのと同じくらいお得なのです。

iD利用可能店舗一例
ジャンル 店舗名・系列名
コンビニエンスストア
  • セブンイレブン
  • サークルK
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • その他多数
スーパー
ショッピングセンター
  • イオンショッピングセンター
  • マックスバリュー
  • メガマート
  • 平和堂
  • その他多数
モール
百貨店
  • イトーヨーカドー
  • イオン
  • イオンモール
  • ビブレ
  • アピタ
  • ピアゴ
グルメ
  • カッパ寿司
  • 牛角
  • とんかつ浜勝
  • はま寿司
  • その他多数
レストラン
  • ガスト
  • ジョナサン
  • バーミヤン
  • その他多数
ファーストフード
  • CoCo壱番屋
  • すき家
  • マクドナルド
  • ミスター・ドーナツ
カフェ
  • プロント
  • コメダ珈琲
  • タリーズ
  • その他
居酒屋・バー
  • 魚民
  • 坐・和民
  • チムニー
  • 笑笑
  • その他多数
ドラックストア
  • ココカラファイン
  • ツルハドラッグ
  • マツモトキヨシ
  • サンドラッグ
  • その他多数

3-2.ドコモ料金に対してポイント10%還元!

dカードGOLDの目玉メリットは、ドコモの利用料金に対してポイントが10%還元されるという特典です。

この特典は2018年5月まではドコモとの契約年数が長い方であればdカードGOLDを発行せずとも利用できたのですが、2018年5月からはdカードGOLDユーザー限定の特典となりました。

ドコモ料金に対してポイント10%還元というのは、例えば毎月9,000円の料金が発生していたら月に900円分のポイントが貯まるということです。マジで強烈です。

今回発表されたiPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRに乗り換えるのであれば、古い機種よりも月の料金が高くなるのは避けられないでしょう。しかし、dカードGOLDと併用することでポイントとして取り戻すことができるので、実質的に安く済ませることができます。

このような仕組みはauやSoftbankにはありません、ドコモだけの特権です。

例えばこのdカードGOLDのメリットを知っている方はすでにドコモのサービスとdカードGOLDを併用して利用してポイントを貯めており

  • 「dポイントが相当貯まってるから、ポイントでiPhoneが変える!」
  • 「家族分のポイントも貯まってるから、ポイントを機種変に使える!」
  • 「dカードGOLDでポイントがザクザク貯まる!」

というような口コミが多発しています。

【dカードGOLD】

ドコモでスマホ契約してるならdカード GOLDは必須!!月々の携帯代の10%のポイントバック!!さらにケータイ補償付きで安心♪

年会費
10000円+税
家族カード
1枚無料
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
空港ラウンジ ケータイ補償
JALマイル
還元率0.5%
国内海外保険
自動付帯
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大13000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

3-3.最大10万円のdカードケータイ補償!Apple ケアに加入する必要なし!

さらに嬉しいdカードGOLD付帯の特典として『dカードケータイ補償』という特典があります。

dカードケータイ補償とは?

利用中の携帯電話端末が、偶然の事故により紛失・盗難、修理不能(水濡れ・全損など)となった場合、dカードまたはdカード ゴールドで、新たなケータイを購入したら補償されるサービスです。

例えばiPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRなどの新機種を購入する場合「全損したら本体代がバカにならないから、別途月額料金が発生しても補償サービスに入っとくか…」という感じになるでしょう。

iPhoneの場合は『Apple Care+』というサービスに加入することになります。もし『Apple Care+』に未加入の場合は修理で下記の料金が発生します。

修理内容 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
画面の破損のみ 31,800 円 37,400 円 未発表
その他の損傷 62,400 円 67,400 円 未発表

「え?嘘でしょ…。画面の修理だけで31,800円?」と驚くかもしれません。ですがこれは公式の発表です。

こんなに修理にお金がかかるなら、嫌でも補償サービスに入るじゃないですか。ほぼユーザー側に選択権がないのも同じです。

じゃあ実際に『Apple Care+』の月額料金はいくらなのか?というと下記の通りです。

機種 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
一括の場合 22,800円 未発表
分割の場合
※2年契約
月額 950円/月 未発表
年額 11,400円 未発表

iPhone XRは未発表ですが、他の2機種は発表されており年間で11,400円かかります。

dカードGOLDを持っていればこの『Apple Care+』に入る必要がない上に、補償はなんと3年間です!全損・水没OKで、10万円まで補償してくれます。もちろん月額料金などは0円です。

例えば、「iPhone Xsの画面が割れて、しかも音が聞こえなくなった!修理代が6万円もする…」という場合には、全額補償。もし12万円とかでも10万円まで補償してくれるので、自分に降りかかる被害はかなり減少します。

  • 補償金額最大10万円
  • 保証期間3年
  • 家族カード会員も対象
  • 購入費用は同一機種、同一カラーを購入した場合

というルールはありますが、最新機種のiPhoneとであれば全然問題ないルールで、最新機種を購入するのであればdカードGOLDは絶対に発行するべきです。

3-4.その他のdカードGOLDも強烈!

dカードGOLDの特典を一気にご紹介すると下記のようなものがあります。

カード種類 dカードGOLD
年会費
(本会員カード)
10,800円(税込)
年会費
(家族カード)
1年目:無料
2年目:1,080円(税込)
※最大3枚まで発行可能
dポイントクラブ優待 ゴールドステージ
ドコモ利用額のポイント還元 10%
年間ご利用額特典
100万円達成で10,800円分のクーポン
200万円達成で21,600円分のクーポン
dカードケータイ補償 最大10万円補償
dカードゴールドデスク
海外旅行保険 最高1億円
海外航空便遅延費用特約、家族特約
国内旅行保険 最高5,000万円
国内航空便遅延費用特約
お買物あんしん保険 年間300万円まで
空港ラウンジ
USJドコモラウンジ
VJデスク(旅のサポート)
海外レンタカー
海外緊急サービス ○(無料)
家族カードの発行可能枚数 3枚

控えめに言ってもドコモユーザーであれば絶対に発行するべきカードで、最新機種のiPhoneを購入しようと思っているならドコモで購入してdカードGOLDと併用した方が絶対にお得です。

もちろんドコモユーザーにお得なメリットも沢山付帯していますが、

  • 空港ラウンジ無料利用特典
  • 国内・海外旅行保険
  • ショッピング保険
  • その他レンタカーやホテルでの優待

などの特典が付帯しているため、日常的に使えるゴールドカードとなっています。

例えば「今は三井住友カードのゴールドカードを使ってる!」という方などでドコモユーザーの方はdカードGOLDに乗り換えた方が絶対にお得です。

【dカードGOLD】

ドコモでスマホ契約してるならdカード GOLDは必須!!月々の携帯代の10%のポイントバック!!さらにケータイ補償付きで安心♪

年会費
10000円+税
家族カード
1枚無料
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
空港ラウンジ ケータイ補償
JALマイル
還元率0.5%
国内海外保険
自動付帯
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大13000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

4.iPhoneXs/XsMax/XRを予約するならドコモオンラインショップが絶対一番お得!

ドコモで契約してdカードGOLDを併用するとお得になる理由は理解してもらえたともいますが、ドコモは予約の面に関してもお得さがあります。

ドコモに乗り換えるなら"ドコモオンラインショップ"で!!

ドコモオンラインショップでスマホ契約すると事務手数料無料!!欲しいスマホがすぐ手に入る!!





\ 店舗申し込みは損!!ドコモもネット申込がお得!! /

4-1.ドコモオンラインショップは予約の事務手数料無料!

ドコモオンラインショップでは2018年9月1日から事務手数料が完全無料になりました!iPhoneの最新機種の発表を狙っていたかのようなタイミングですね。

例えばApple 公式サイトで最新のiPhoneをゲットしようとすると、頭金という謎のお金が5,000円ほど取られたり、au、Softbankのオンラインショップで購入しようとすると『事務手数料』という名目で3,000円ほど別途料金が発生します。

そもそも「事務手数料って何なんだよっ!」って話ですよね。

例えばコンビニのレジで商品を購入しようとしたら「商品の料金とは別に事務手数料をいただきます」と言われているようなものです。

手数料ビジネスと言われることもありますが、通常であれば必要ない料金を名目を付けてお客さんから徴収しているような感じは否めません。もちろんちゃんとした理由があるかもしれませんが、0円であるのであれば0円がいいですよね。

2018年9月現在、オンライン上でiPhone最新機種を購入しようとしたときに手数料が0円なのはドコモオンラインショップだけです。

4-2.ドコモオンラインショップで予約すればネット上で完結する!

ケータイやスマホやポケットWi-Fiを購入しに店頭に行った時に数時間待たされた経験ってないですか?

「順番待ちをしてソファーにずっと座り続けて、貴重な休日が潰れてしまった…。」そんなことになったら悲しいですよね。

だから人はベッドの上で寝転がりながらでも予約ができるネット上で予約するのですが、前述したようにauやSoftbankでは事務手数料がかかるのでちょっと気がひけるのです。

ですが、ドコモであれば事務手数料が0円なのでオンライン上で予約しても店舗に行っても同じ。だったら待ち時間がないオンライン上で行いますよね。

オンライン上では宅配の他に店舗での受け取りも選択できるので、自分の自由です。

必要であるならば自宅でネット上から注文して、自宅で受け取ることができるので、全てが自宅やネット環境が整っている場所で完結することができます。

ドコモに乗り換えるなら"ドコモオンラインショップ"で!!

ドコモオンラインショップでスマホ契約すると事務手数料無料!!欲しいスマホがすぐ手に入る!!





\ 店舗申し込みは損!!ドコモもネット申込がお得!! /

4-3.dカードGOLDを使って本体を購入すればポイントが貰える!

先にご紹介したdカードGOLDですが、dカードGOLDの通常ポイント還元率は1.0%です。本体料金の購入は10%還元にはなりませんが、1.0%のポイントをもらうことはできます。

一括で購入する場合は全額、分割払いにする場合は支払いをdカードGOLDに設定することでポイントをゲットすることができます。

「え〜…ポイント10%の対象じゃないの!?」とガッカリするかもしれませんが、dカードGOLDには『年間利用額特典』という特典があります。

具体的な内容としてはdカードGOLDの年間利用額が100万円もしくは200万円に達するとプレゼントがもらえるという特典です。

特典 年間利用額
100万円以上 200万円以上
ドコモショップ
ケータイ割引クーポン
10,800円分 21,600円分
d fashionクーポン 10,800円分 21,600円分
(5,400円分×4枚)
dトラベルクーポン 10,800円分 21,600円分
(10,800円分×2枚)
d fashion&
dトラベルクーポン
10,800円分
(d fashion 5,400円分+
dトラベル 5,400円分)
21,600円分
(d fashion 5,400円×2枚
dトラベル 10,800円)

スマホ代金だけで達成するのは難しいですが、例えば家賃や光熱費、生活費をdカードGOLDで支払っていれば年間100万円は簡単に達成できます。

そこにiPhone本体代の支払いも含めればなおさら達成しやすくなるでしょう。

もらえるクーポンの中には『ドコモショップケータイ割引クーポン』という機種変更などに利用できるクーポンもあるので、結局支払った分、自分がお得になる仕組みになっているのがdカードGOLDなんですね。

5.まとめ

かなり長くなってしまいましたが、まとめると下記の通りになります。

【最新機種について】

  • iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRはiPhone史上最高のカメラ性能
  • iPhone XsとiPhone Xはチップなどが進化したのみでマイナーチェンジ
  • iPhone Xs MaxはiPhone史上最大の画面
  • iPhone XRはオールスクリーンのiPhone8plusのような機種、カメラは格段に進化

【iPhone XやiPhone8との比較について】

  • iPhone Xを使用している方は今回は見送ってもいいかも(マイナーチェンジのため)
  • iPhone8を使用している方であれば格段に性能が変化する!機種変更するべし!

【乗り換えるならどこのキャリアが一番お得?】

  • ドコモに乗り換えるのが一番お得!dカードGOLDとの併用で最強にお得!
  • ドコモオンラインショップなら2018年9月から事務手数料0円!
  • ドコモオンラインショップで予約すれば全てがネット上で完結!店舗に行かなくていい!休みが潰れない!

ということになります。

去年発売されたiPhone Xの時は予約開始から一気に予約が殺到し、人気のカラーになると2ヶ月~3ヶ月待ちになったものもあります。

11月に発売されたのに、受け取りが年越し後になった人もいてかなりストレスが貯まっていたようなので、気になる方は迷うよりも思い切って最新機種に乗り換えてしまいましょう!迷えば迷うほど混乱してくるので決めてしまえばもう考えることはありません。

【dカードGOLD】

ドコモでスマホ契約してるならdカード GOLDは必須!!月々の携帯代の10%のポイントバック!!さらにケータイ補償付きで安心♪

年会費
10000円+税
家族カード
1枚無料
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
空港ラウンジ ケータイ補償
JALマイル
還元率0.5%
国内海外保険
自動付帯
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大13000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

ドコモに乗り換えるなら"ドコモオンラインショップ"で!!

ドコモオンラインショップでスマホ契約すると事務手数料無料!!欲しいスマホがすぐ手に入る!!





\ 店舗申し込みは損!!ドコモもネット申込がお得!! /