近畿地方、北陸地方と岡山を中心に便利に利用出来る交通系ICカードのICOCAカード、日常的に利用している人も多いのではないでしょうか。

そんなICOCAカードをもしも紛失してしまったとしたら、不便なだけでなく、ICOCAカードにチャージしていた残高もどうなるのか心配ですよね。

この記事ではICOCAカードを紛失した時にまず確認すべきこと、お問い合わせ先や利用停止・再発行の手順をご紹介します!

ICOCAカードを落としたり無くした時はすぐにここに問い合わせよう!

1-1.ICOCAカードを紛失したらまず確認すべきこと

通常ICOCAカードの場合

ICOCAカードを紛失してしまったら、まず最初に駅の「みどりの窓口」または改札口にいる係員に伝えましょう。

これをまず最初にすることで、紛失したICOCAカードを使用停止にすることができます!

もしも自分のICOCAカードが他の誰かに使用されてしまうという不安がなくなるので、安心して再発行の手配をすることができます。

もうICOCAカードを利用しないという場合には、払い戻しも可能です。

もしくは紛失したICOCAカードが届いている可能性もあるので、いつも利用している駅の窓口に問い合わせてみましょう。

SMART ICOCAの場合

SMART ICOCAの場合は、紛失ダイヤルまで使用停止の申し出をしなければなりません。

SMART ICOCA紛失ダイヤル

078-382-8692(有料・24時間・年中無休)

もしも、SMART ICOCAのチャージに利用しているクレジットカードも同時に紛失してしまった場合は、その窓口へも連絡が必要です。

例としてJ-WESTカードの紛失・盗難窓口をご紹介しておきます。

J-WESTカードの紛失・盗難

JCB利用の場合:JCB紛失・盗難受付ダイヤル

0120-79-4082(24時間・年中無休)

VISA / Mastercard(R)利用の場合:カード盗難紛失受付センター

0120-10-7542(24時間・年中無休)

1-2.チャージの設定やチャージの残高はどうなる?

紛失したICOCAカードの使用停止手続きが完了したら、そのICOCAカードにはもうチャージすることも使用することもできなくなります。

その時点でICOCAカードに残っていたチャージ残高や定期券の未使用期間分は払い戻しもしくは再発行するICOCAカードに継続されるので安心してください!

1-3.またICOCAカードを引き続き使いたい場合はどうすればいい?再発行できる?

ここまでのまとめとして、ICOCAカードは再発行が可能です!

使用停止をした時点で残っていたチャージ残高もそのまま継続することができるので、見つかるのを待つよりはすぐに使用停止・再発行をしてしまった方が良いかもしれません。

ただし、再発行手数料510円と、新しいカードのデポジットとして500円、合計1,010円が発生してしまうことも知っておいてください。

ところが、ここでひとつ注意点があります!

ICOCA(おとな用)という無記名式のICOCAカードの場合は、紛失再発行ができません!

つまり「紛失したICOCAカードに残っていたチャージ残高を引き継いだ再発行」ということができませんので、諦めて新規発行をするか、拾われたICOCAカードが届けられるのを待つしかないようです。

ICOCAカードが届けられたとしても、それが自分のものであると証明することはかなり難しいかもしれませんが…。

ICOCAカードを悪用されたらどうなる?どんな被害を受けるのか?

もしも紛失したICOCAカードが、どこかの誰かによって悪用されたとしたら、どんなことが起こるのでしょうか…?

2-1.残高を利用されてしまう

ICOCAカードは、利用するときに暗証番号も署名も必要としません。
もしもカード内にチャージ残高があったとしたら、そのまま利用されてしまうことも考えられます。

ICOCAカードを紛失したら利用停止するべき?もし見つかったら利用できない?

残高がたくさん残っているICOCAカードを紛失した場合は、一刻も早く利用停止するべきです。

再発行手数料とデポジットにかかる1,010円をケチっている場合ではありません。

ですがどこで紛失したのかはっきりしている場合は、まずそこに確認してみてからでも良いかもしれません。

拾得物として届けられていたICOCAカードがあなたのものだと証明することができれば、返してもらうことができます。

その際に必要になるのが、免許証や保険証などの公的な身分証明書です。

名前、生年月日、性別などが、ICOCAカード発行時のものと一致している必要があります。

ICOCAカードを紛失して利用停止をした後は、そのICOCAカードが見つかったとしても再度利用することはできません。

ICOCAカードを落としたら残額はどうなる?補償されるのか?

使用停止完了前の払いもどしや、チャージ分の使用等で生じたお客様の損害額については、当社はその責めを負いません。(引用元:「JRおでかけネット」

公式サイトにこうアナウンスされているように、ICOCAカードを落としたことでもしも自分以外の人に残高が利用されたとしたら、その残高については補償はされません。

ICOCAカードにチャージ残高がたくさん残っている場合には、すぐに利用停止をしましょう。

最後に

ICOCAカードには定期券などの「記名式」と、だれでも利用できる「無記名式」のおとなICOCAがあります。

記名式のICOCAカードの場合は紛失しても再発行してチャージ残高を引き継ぐことができますが、無記名式のICOCAカードの場合は紛失再発行はできず、仮に拾得物として届けられていたとしても自分のものとして返してもらうことは難しいようです。

記名式ICOCAカードに残高がたくさん残っている場合には、すぐに利用停止の手続きをし、再発行をすることをおすすめします。