ICOCAは電車やバスで使うイメージが強いですよね。

電子マネーなので、チャージが必須ですが、どうせなら一気にチャージして様々な支払いで使いたいと考えている人もいるでしょう。

ICOCAは電車やバス以外でも使えます!

その中でも今回は、コンビニでのICOCA利用についてまとめていきます。

ICOCA支払いだけでなく、チャージ方法も知っておくと、ICOCAをただ持っているだけでなく、効果的に使う事ができるようになります。

スポンサードリンク

コンビニでのICOCAの使い方

ICOCAは、全国で相互利用できる交通系電子マネーのひとつです。

このマークがある場所なら、改札だけでなく、レジや自動販売機でもICOCAやSuicaで支払う事ができます。

交通系電子マネーとは…

Suica、TOICA、ICOCA、SUGOCA、Kitaca、PASMO、manaca、nimoca、はやかけん、PiTaPa(一部のサービスや店舗を除く)の事を指します。
これらの電子マネーには、それぞれ使えるエリアがありましたが、現在はエリアを超えて全国の改札やレジで利用する事ができます。

ICOCAが使えるコンビニ

コンビニでも、交通系電子マネーの相互利用は幅広く利用できます。

まずは、ICOCAのコンビニ利用について簡単にまとめてみましょう。

※ポイントやチャージについても触れていますが、ポイントの貯め方やチャージ方法は、別の章でご説明していきます。

セブンイレブン

ICOCA支払い
ICOCAへチャージ
ICOCA支払いでも貯まるポイント なし
使える電子マネー nanaco、楽天Edy、auWALLET、交通系電子マネー(Suica等)、iD、QUICPay

ローソン

ICOCA支払い
ICOCAへチャージ
ICOCA支払いでも貯まるポイント Pontaポイント
dポイント
使える電子マネー 楽天Edy、WAON、交通系電子マネー、iD、QUICPay

ファミリーマート

ICOCA支払い
ICOCAへチャージ
ICOCA支払いでも貯まるポイント Tポイント
使える電子マネー Tマネー、WAON、楽天Edy、交通系電子マネー、ユニコ、iD、QUICPay

サークルKサンクス

ICOCA支払い
ICOCAへチャージ
ICOCA支払いでも貯まるポイント Tポイント
使える電子マネー ユニコ、WAON、楽天Edy、交通系電子マネー、iD、QUICPay

ミニストップ

ICOCA支払い
ICOCAへチャージ
ICOCA支払いでも貯まるポイント WAONPOINT
使える電子マネー WAON、楽天Edy、交通系電子マネー、iD、QUICPay

デイリーヤマザキ

ICOCA支払い
ICOCAへチャージ
貯まるポイント 楽天ポイント(2018年秋~)
その他支払い方法 楽天Edy、交通系電子マネー、iD、QUICPay

セイコーマート

ICOCA支払い
ICOCAへチャージ
貯まるポイント セイコーマートクラブカードポイント
その他支払い方法 楽天Edy、WAON、交通系電子マネー、iD、QUICPay

ポプラ

ICOCA支払い
ICOCAへチャージ
貯まるポイント 楽天ポイント
その他支払い方法 楽天Edy、WAON、交通系電子マネー、iD、QUICPay

コンビニでICOCA支払いをする手順

  1. レジのスタッフに「ICOCAで払います」とスタッフに伝える
  2. 会計の料金が表示されたら、レジ脇のICカード専用機器にICOCAをかざす
  3. ピピピッと音が鳴れば決済終了

ICOCAで支払えないコンビニ商品

コンビニと言えば、食品から日用品、ちょっとした衣類や雑誌など、普段使いでもピンチの時にでも使いやすいような豊富な品揃えが魅力です。

現金なら何でも購入できますが、実はICOCAで支払おうとすると購入できない商品もあります。

レジで恥をかかない為にも、ここにICOCAで支払えない商品をまとめておきます。

ネットで購入した商品

ネットショッピングで購入した商品をコンビニで受け取ったり、代金を支払ったりできるサービスがあります。

商品代金は事前にネット手続きでクレジットカード支払いをする事が多いでしょう。

コンビニ支払いを選んだ場合、支払いは現金での対応がほとんどです。

ただし、コンビニの同系列のグループ会社が運営するネットショップなどでは、電子マネー支払いも対応可能という事もあります。

公共料金、収納代行票

電気代や水道代を支払う為の払込書や、宅配便で受け取った商品に付いてくる後払いの払込用紙の事です。

特に公共料金は毎月の出費なので、ICOCA払いで楽にしたいところですが、コンビニでは現金での支払いとなります。

コピー代

コンビニ設置のコピー機は、電子マネー非対応がほとんどです。

レジを通さず直接コピー機の脇に硬貨を入れて利用します。

ハガキ、切手、印紙

郵便に利用される媒体はICOCA支払いに対応していません。

年賀状も含まれるので、年末に大量に購入する場合は、現金を用意してコンビニに向かいましょう。

プリペイドカード類

プレゼントにも利用しやすいAmazonギフト券やiTunesカード等です。

ビール券やお米券などの、商品券に属する物もICOCAでは購入できません。

いわゆる金券という類の商品です。

LINEや任天堂のプリペイドカード、プリペイド携帯も含まれます。

地域指定ゴミ袋、ゴミ処理券

お住いの市区町村によっては、行政が指定したごみ袋でなければごみの回収をしてくれないという地域もあります。

この指定ゴミ袋も、ICOCAでは購入できないコンビニがあります。

また、粗大ごみを出したい時に家具等に貼らなければならないゴミ処理券も、ICOCAでは支払えません。

電子マネー手数料やチャージ

例えば、楽天Edyにチャージする際、チャージする金額をICOCAから支払うという事はできません。

また、セブンイレブンのnanacoのように、コンビニで発行できる電子マネーには手数料がかかります。

この手数料も、ICOCAでは支払えず、現金払いが基本です。

ポイント制度のないICOCAでも、コンビニでポイントゲットできる!?

実はICOCAには、2018年の秋から、ICOCA独自のポイント制度が始まる事が発表されています。

しかし現時点では乗車ポイントのみで、ICOCAでのお買い物にポイント付与されるとは掲示されていません。

だからこそ、コンビニで貯められるポイントを、ICOCA支払いで貯める方法を知っておいた方がお得なのです。

コンビニで貯まるポイントとは、PontaやTポイントの事です。

これなら今からでも始められますし、少額のお買い物でも無駄になりません。

Pontaポイント

Pontaポイントは、ローソンを中心に貯めやすい共通ポイントです。

ローソンでPontaポイントを使いこなせれば、かなり効率よくポイント利用ができるようになります。

 貯まるコンビニ  ローソン
 カード名  Pontaカード
 ポイントレート  100円=1ポイント

10~300ポイントを一気にゲットできるボーナスポイント商品があるので、値札は要チェックです。

また、貯まったPontaポイントは、1ポイント=1円でも使えますが、お試し引換券がお得。

例えば200円のドリンクが100ポイントで引き換えできたり、商品を半額以下のポイントで交換できます。

期間ごと商品が変わり、引換券の発行も先着順なので、公式サイトやフリーペーパーをまめに確認しておくと良いでしょう。

dポイント

 貯まるコンビニ  ローソン
 カード名  dポイントカード
 ポイントレート  100円=1ポイント

Tポイント

 貯まるコンビニ  ファミリーマート サークルKサンクス
 カード名  Tカード
 ポイントレート  200円=1ポイント

ファミマでのTポイント利用は、ICOCA支払いだと還元率0.5%と低めですが、Tポイント自体が様々なお店で利用する事ができます。

Tカード自体がTSUTAYAの会員証になったり、よくいくスーパーやデパートがTポイントの貯まるお店なら、日常的に貯めやすいポイントとして使えます。

楽天ポイント

 貯まるコンビニ  デイリーヤマザキ ポプラ
 カード名  楽天ポイントカード
 ポイントレート  100円=1ポイント

楽天カード愛用者にとっては、ネットやクレジットカード払い以外のお買い物でも楽天ポイントを貯めた方が効率的です。

既にオリジナルの楽天ポイントカードを発行しているポプラでは、ICOCA支払いでも楽天ポイントが貯まります。

2018年秋から楽天ポイントが導入されるデイリーヤマザキでも、同じようなルールで適用されれば、コンビニでもポイントを貯めやすくなります。

コンビニでICOCAにチャージしてみよう!

ICOCAの残高が少なくなったら、駅の券売機でチャージできる事は有名です。

上手く利用している人は、クレジットチャージを活用する事もあるでしょう。

今チャージしたいのに残高がない!という場合、コンビニでもチャージが可能です。

チャージ方法

※商品会計の前でなくても、チャージだけの対応も可能です。

  1. レジでスタッフに「ICOCAにチャージお願いします」と言い、チャージ金額を伝える
  2. チャージ額をスタッフに渡す
  3. スタッフに「タッチし下さい」と言われたら、レジ脇のICカード専用機器にICOCAをかざす
  4. ピピッと音がなればチャージ完了

しっかりとレシートを受け取り、チャージ額が正しいか確認するのがおすすめです。

コンビニ別チャージ金額の違い

コンビニでのICOCAチャージは現金のみです。

 セブンイレブン  1,000円単位でチャージ可能/上限20,000円 ※1度に2回のチャージ不可
 ファミリーマート  1,000円、3,000円、5,000円、10,000円の中から選択
 ローソン  1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円の中から選択

※一部ICOCAチャージができない店舗もあります。

まとめ

  • ICOCAは主要コンビニで幅広く利用可能
  • チャージもコンビニでできるので、わざわざ駅に行かなくてよい
  • ICOCAでポイントを貯めるなら、Pontaか楽天ポイントがおすすめ

全国で相互利用ができるICOCAは、電車やバスの乗車だけでなく、日本中のコンビニで活用する事ができます。

ただ、いくらICOCAで支払いしても、ICOCA自体にポイントが貯まる制度はありません。

そうなると使いこなしたいのはコンビニで貯まるポイントカードです。

支払いはコンビニでも、クレジットカードは楽天カードローソンPontaカードVISAなら、ポイントを貯められます。

ICOCAに対してどんなクレジットカード、ポイントカードを併用させるか、よく行くお店を把握して、無駄なく選んでいきましょう。

スポンサードリンク

実際に電子マネーを愛用している管理人が選ぶおすすめランキング

管理人管理人

私もほとんど現金を使うことは無く、すっかり電子マネーで支払う習慣になりました。やはり電子マネーを使うメリットといえば、

  1. 支払いがスピーディ (小銭でモタモタしない)
  2. ポイント貯まる
この2つですね。めっちゃスピーディで早い!財布が小銭でパンパンになることもありません。初めて電子マネーを使ったときの感動を今も覚えています。 いまだにレジ前で小銭モタモタしてる人は、ぜひこの機会に電子マネー使ってみてください。なんでもっと早く使わなかったんだろうって思うはずです。きっと。 しかし、電子マネーといってもたくさん種類があるし、どれをどのように使えばいいかわかりにくいのが現状です…。 そこで、実際に私がいろんな電子マネーを利用してきた中で、便利で使いやすかった種類を3つピックアップしてみました。

1位:楽天Edy(らくてんえでぃ)
  • 200円で1ポイント貯まる
  • 楽天ポイント貯まる
  • 楽天ポイントをedyに移行して使える
  • 楽天カードからチャージでポイント貯まる
  • 支払い時に「楽天Edyで支払います」と伝える

楽天edy一体型楽天カードを使用してます

楽天カードで貯めたポイントを楽天Edyに移動して使っています。そうすれば楽天Edyでの買い物はすべて実質無料ってことになります。

「楽天ポイントを使って買い物している」というのでお得感を凄く感じます。コンビニもほぼ全店舗対応してるので、ちょっとした買い物に使えて便利です。

ちなみに私は、楽天Edy機能付きの楽天カードを使っています。まだ持ってない方はぜひ使ってみてください。今貯まってる楽天ポイントを楽天Edyに移動して使えますので。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:iD(あいでぃー)
  • 100円で1ポイント貯まる
  • クレジットカードと一体型になってる
  • 後払いだからチャージしなくていい
  • 支払いはカード利用分とまとめて引き落とし
  • 支払い時に「アイディーで払います」と伝える
  • iDの支払いにdポイント使える
  • ApplePay対応

dカードはid一体型なので便利

iDは他の電子マネーと違って、チャージして使うタイプではなく、クレジットカードと一体型になっているタイプです。iDで支払いしたものはカードの引き落とし日にまとめて支払うことになります。

他の電子マネーなら200円で1ポイント貯まるのが相場ですが、iDは100円で1ポイント貯まるので、ポイント貯まりやすいタイプの電子マネーです。

iDって聞きなれない人も多いかと思いますが、実は電子マネーが登場した頃から使われてる大御所で、電子マネー使える店舗ならほぼすべての場所で使えるくらい、実は意外とめっちゃ普及しています。

さらに、iDで利用した分の支払いに、dポイントを使って充当ができます。iDで3000円利用した場合、3000ポイント使う申請をしておけば、引き落とし日に3000円差し引かれて実質ゼロ円となります。

私はdカードGOLDを愛用してます

dカードやdカードGOLDを持ってる方は、iDはカードと一体型になっているので使いやすいです。もちろん私もdカードGOLDでiDを利用しています。

私が個人的に嬉しいのは、iDはApplePay対応という点です。iPhoneにdカードを登録すれば、iPhoneをかざしてiDを利用できます。財布持たずにスマホ1台だけ持ち歩くだけで買い物できるのでものすっごく楽です。これぞ電子マネーの境地です。

個人的な話ですが、iDはスキー場で大活躍しました。iDをApplePayに登録したスマホをポケットに入れておき、休憩の時にiDで支払って飲み物買ったりしてました。荷物が最小限に抑えられて便利でしたよ。

iDを使うなら、入会キャンペーンで9000円分のiDもらえるので、dカードもしくはdカードGOLDをおすすめします。

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:WAON
  • 200円で1ポイント貯まる
  • イオン系列の店舗で大活躍
  • イオンで買い物してるなら必需品

WAON一体型イオンカードを使ってます

イオンモールなどイオンの建物内のショップでは、楽天Edyが使えずWAON対応してる店舗が多いので、愛用してる楽天Edyが使えない為、WAONを作りました。

イオンで買い物する機会が多いのでWAONポイントを地道にコツコツ貯めています。このカード持ってるだけで毎月20日30日は5%OFFになるのも嬉しい点です。年会費無料なので持ってて損することは無いですからね。

イオンカードセレクトという種類であれば、クレジットカードチャージでポイントを貯めることができます。チャージで貯めて利用で貯めて、2重でポイント貯めれるお得なワザです。

最大6000円分のときめきポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

最大6000円分のときめきポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

もはや交通系電子マネーは必需品!電車やバスを利用する為、1枚は持っておきましょう
  • 200円で1ポイント貯まる
  • チャージして使うタイプ
  • 全国の電車やバスで使用可能
  • ただしオートチャージは関東地域限定
管理人管理人

関東にお住いの方ならSuicaは必需品です!2018年3月からSuicaも改札機で自動チャージされるようになってさらに便利になりました。

SuicaはApplePayにも対応しているので、Suica機能付きのクレジットカードをiPhoneに登録すれば、iPhoneをかざして改札機を通過できます。(これがPiTaPaでもできるようになれば嬉しいんですけどね)

ちなみに私は関西なのでPiTaPaを愛用しています。大阪でもSuica使えるのですが、オートチャージ対応してないので、改札から出るときに残高不足だと止められます。これが面倒…。

Suicaもクレジットカードチャージ対応しておりますが、チャージでポイント貯まらないのが欠点。…しかし、この2種類に限り、クレジットカードのチャージでポイントを貯めることができるんです。

チャージで貯めて利用で貯めて、2重にポイント貯めれるお得ワザができるカードは、この2枚となります。

Suica使うならビュースイカカードが最もお得!

最大7000円相当のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

ビックカメラで驚異の還元率11.5%!
最大6500円相当のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

ビックカメラを利用する機会がある方はビックカメラSuicaカードを、ほとんど利用しない方はビュースイカカードを選ぶといいですよ。


↓電子マネーiD↓

↓楽天Edy↓

↓Suica↓

↓WAON↓
↓dポイント↓

クレジットカード13枚利用した私がたどり着いたポイントの貯まりやすいカードはこの3枚でした

管理人管理人

2018年5月の段階で発行した枚数は13枚!

でも正直ハズレと思うカードもいくつかありましたし、全然ポイント貯まらないカードもありました。実際に使ってみないとわからないものです…。

その中で、私が実際に13枚のカードを使ってみて、ポイント貯まりやすいと思ったカードがこちらの3枚でした。

  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!JAPANカード

なかでもこの3枚は、かなりポイント貯まりやすいので、どのカードにすればいいかわからない場合はこの3枚からひとつ選んでおけば間違いないです。

ちなみに、3枚ともすべて年会費無料なので、カードを作って損することは一切無いので、気軽な気持ちで1枚持っておいて大丈夫です。

1位:楽天カード

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:dカード

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:Yahoo!JAPANカード

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

なぜこの3枚を選んだのか。その理由についてはこちらのページで詳しくまとめました。

⇒ クレジットカードで累計30万ポイント以上貯めるクレナビ流ポイントの貯め方を完全公開