福岡の地下鉄を中心に利用できるはやかけんカード。

Suicaのような交通系ICカードとして、通勤・通学で主に利用されています。

はやかけんカードは、名前だけ聞くと博多中心なのかな?と思われがちですが、実際は他地域の交通系ICカードとの相互利用可能な電子マネーなので、全国で使う事ができます。

今回は、そんなはやかけんカードの入手方法やお得な使い方をご紹介します。

はやかけんカードが入手できる場所は?どうやって申し込むの?

はやかけんカードは、郵送やネットでの申込みができません。

購入するする際は、発行可能な駅に行く必要があります。

種類によって、購入できる場所が違うので、まずは、はやかけんの種類について、ご説明します。

はやかけんの種類

名称 特徴
無記名式はやかけん 誰でも発行できる
記名式はやかけん 氏名が印字され、本人のみ使用可能
はやかけん定期券 通常利用に定期券機能がプラスされている
ANAはやかけん 貯めたANAマイルをはやかけんポイントに交換できる

無記名式と記名式の違いは、カードに個人情報が登録されているか否かの違いです。

記名式はかやけんは誰のものか分かるというメリットがあるので、再発行や紛失時の残高移行が可能です。

発行する際に個人情報記入の手間はかかりますが、特に急いでいない場合は、記名式を発行しておいた方が安心です。

また、記名式はやかけんやはやかけん定期券は、

  • 大人はやかけん(一般的に発行されるカード)
  • 小児はやかけん
  • 割引はやかけん

と分かれており、種類によって改札にタッチした時に支払われる運賃が変わります。

大人運賃や小児運賃の他に、割引はやかけんでは、介護やサポートが必要な方の為の割引運賃が適用されます。

交通系ICカードとしては珍しいANAはやかけんは、ANAのマイルが10000マイル以上貯まった場合、はやかけんポイント(10000ポイント)に交換して使う事ができます。

逆に、はやかけんポイントをANAのマイルに交換する事はできません。

ANAはやかけんは、ANAマイレージクラブ会員であれば、誰でも発行する事ができます。

券売機で購入する

はやかけんは、福岡地下鉄(空港線・箱崎線・七隈線)の券売機で購入する事ができます。

無記名式はやかけん・記名式はやかけん・はやかけん定期券が対象です。

券売機の中でも、はやかけんのマークのある券売機で対応しています。

はやかけん定期券に限り、初回購入や新年度で一番最初に購入する際は、券売機では手続きできません。

購入方法は以下の通り。

  1. ICカード販売を選び、無記名式・記名式を選択
  2. 記名式の場合、氏名・生年月日・電話番号・性別を入力
  3. 1000円~10000円のチャージ金額を選択
  4. お金を入れて、発行されたはやかけんを受け取ります

初回購入でチャージ金額を選択しますが、内500円分はデポジット(保証金)として差し引かれます。

はやかけんを使わなくなった際、カードを駅のサービスセンターで返却すると、デポジットは返金されるという仕組みです。

また、券売機では、無記名式はやかけんを記名式に変更する事も可能です。

サービスセンターで購入する

姪浜・西新・天神・博多・貝塚・別府に設置されている定期券売り場で、全種類のはやかけんを購入する事ができます。

対面での販売なので、係員に細かい確認ができるというメリットもあります。

はやかけんについて気になる点があったり、券売機では不安という方にもおすすめです。

はやかけんに種類によっては、掲示が必要な書類もがあるので、以下にまとめます。

名称 必要書類
はやかけん定期券(通学) 学校代表者職印がある定期券購入申込書(交通局指定用紙)
学生手帳
ANAはやかけん ANAマイレージクラブカード
もしくは
ANAカード
小児はやかけん 公的証明書(保険証・パスポート等)
割引はやかけん 身体障害者手帳
療育手帳
精神障害者保健福祉手帳
戦傷病者手帳
被爆者健康手帳
※現住所記載の公的証明書が必要になる場合もあります。

また、再発行等もサービスセンターで対応しており、その際は再発行手数料として510円と新しいはやかけん分のデポジット500円分が必要です。

再発行となると1010円の出費にはなりますが、もし失くしたはやかけんが見つかった!という場合は、カードをサービスセンターに持っていけば、500円返金されます。

はやかけんカードはどこで使える?基本的な利用方法

電車・バスに乗る

はやかけんは、福岡市交通局の運営するエリアで利用できます。

また、全国の交通系ICカード利用可能エリアでも使えます。目印はこのマーク。

このマークがついていれば、地下鉄だけでなく、電車・バスでも利用可能です。

使い方は簡単。

改札のICカードタッチ部分に、はやかけんをかざすだけです。

電車に乗る時と降りる時の改札や、バスであれば、路線によっては乗降時両方もしくは乗る時のみ、降りる時のみにタッチします。

駅ナカ・街ナカで使う

はやかけんは全国の交通系ICカード相互利用可能なので、先ほどご紹介したマークがあるお店であれば、レストランやコンビニ、ショッピングでも幅広く使えます。

自動販売機や駐車場・駐輪場で使える場所もあるので、現金であたふたしなくても、チャージさえしてあればピッとスムーズに支払いが可能です。

支払いする際に、レジや料金投入口に、電子マネーをかざす部分がないか確認してみましょう。

はやかけん一体型クレジットカードってあるの?

残念ながら、はやかけんには一体型クレジットカードがありません。

日本一有名な交通系ICカードと言えば、Suica。

Suicaなら、ビューカードのような互換性の良いクレジットカードにSuicaが一体化していて、チャージもクレジットカードからという事が可能です。

しかし、はやかけんはクレジットチャージ自体に対応しておらず、残高が少なくなったら、現金チャージするという一択です。

九州には他にもSUGOCAやnimocaと言った交通系ICカードがあり、どちらもクレジットチャージに対応しています。

はやかけんも早くクレジットチャージ対応すれば便利になりますが、福岡ではJRや市バスも利用するという方は、今の所SUGOCAやnimocaを中心に利用してもよいでしょう。

はやかけんカードはこんな人におすすめ!

通勤通学以外でよく福岡市地下鉄に乗る

はやかけんにはポイント制度があり、定期券利用以外の乗車でポイントが貯まります。

ポイント還元率は、一か月の利用料金の2%

月1000円以上利用する場合は、ボーナスポイントがもらえます。

一か月の利用運賃 ボーナスポイント
1000~2999円 50ポイント
3000~4999円 200ポイント
5000~7999円 350ポイント
8000~9999円 600ポイント
10000円以上 800ポイント

定期券の区間分はポイント付与されないので、通勤や通学以外で地下鉄利用が多い方におすすめです。

月5000円の利用なら

5000円×2%=100ポイント

+ボーナスポイント:350ポイント

合計:月450ポイントもらえる!

という事になります。

地下鉄に乗車するだけで、ポイントに換算されるので、少しでもお得を目指すなら、おすすめです。

ANAマイルの使い道に困っている

マイルを貯めている方は、目標を持って次はマイルを何に交換しようかと考えている方が多いので、少数派だとは思いますが…。

ANAのマイルは、はやかけんポイントに交換する事ができます。

レートは、10000マイル=10000ポイント。

マイルは貯まってきたものの、旅行に行く時間もないし、他社ポイントに交換しても使わないし…という場合、はやかけんポイントに交換し、ポイントチャージして運賃として利用する事もできます。

まとめ

  • はやかけんは福岡市の地下鉄で購入&利用でき、ポイントが貯まる
  • 交通系ICカード相互利用が可能なので、全国で使える
  • ANAマイルをはやかけんポイントに交換する事ができる

九州には交通系ICカードが、SUGOCA、nimoca、はやかけん、と主に3種類が流通しています。

はやかけんは、3つの中でも発行枚数も一番少ないので、あまりメジャーではありません。

しかし、福岡市地下鉄での移動が多い方は、少なくとも月1000円以上の利用があればボーナスポイントがもらえます。

JRや市バスを使う方が多いのか、地下鉄の方が多いのか、しっかり自分の行動パターンを分析して、SUGOCAやnimocaのクレジットチャージを活用するか、はやかけんのポイントで得をするか、見極める必要があります。