主要クレジットカードブランドの中でも、「審査が厳しい」と言われているアメックス(American Express)カード

確かに年会費は他ブランドより割高であり、「敷居が高い」「持つ人は高所得者」という印象があります。しかし一方では、「他のカードより審査がゆるい」という意見も聞かれます。

なぜこのような、まったく逆の意見がでてくるのでしょうか?

そこで今回は、アメックスのグリーンカード(一般カード)の審査基準や必要年収について具体的に検証してみたいと思います。

※カード発行して6か月以内に利用すれば合計18000ポイントもらえる特典付き(18000マイルに交換可能)

スポンサードリンク

クレジットカードって一般的にはどんな審査があるの?

一般的なクレジットカードの審査とは、大まかに分けると”3C ”という3つの観点から行われ、判断はコンピュータによる自動的なものです。その3Cとは、こちら。

  • Capacity(資力)
  • Character(性格)
  • Capital(資産)

当たり前のことですが、これらの観点から総合的に見て「返済能力があるか否か」が必須ポイントとなります。

よって申込書には勤務先や業種、雇用形態、年収などの ”資力”を書く欄がありますが、その他にも勤続年数、居住形態、居住年数など、一見すると本人の年収にはあまり関係のないような項目もあります。

これは本人の安定した資力を裏付けるものであり「ひとつの職業に継続して就業している」ということが安定という信頼性につながります。

一例をあげると、年収2000万円の自営業者(継続1年)よりも年収500万円の会社員(継続5年)の方が評価が高いということもあるようです。

資産というのは、返済時に担保となる不動産を所有しているかという確認です。

そして意外な「性格」というのは、言ってしまえば「返済する気持ちがあるかどうか」ということでしょうか。

過去5年間のクレジットカード利用履歴が信用情報機関にて照会されます。たとえば、返済日に返済できていないという履歴が多いと、信用に影響してきます。

アメックスカード独自の審査があるって本当?

上でご紹介したような一般的なクレジットカードの入会審査の他に、アメックスの審査には特徴的なものがあります。

アメックスには資力を確認するものとして、現在の預金の状況や、投資をしているかどうかというところまで観点を広げています。この点が「アメックスは審査が厳しい」と特に言われる理由かもしれません。

一方で、「審査がゆるい」という声も上がっているのはなぜか?

それは、アメックスの懐の深さ(?!)にあります。

一般的には、

  • 返済日に返済が行われていない
  • 債務整理をしたことがある

などの経歴があると審査を通りにくくなるわけですが、アメックスの場合は細部に焦点を当てるのではなく、総合的かつ多角的に判断するため、多少のマイナスポイントがあったとしても、審査を通過することができるそうです。

それが人によっては、

  • 他のカードでは通らなかったけどアメックスは審査が通った
  • 審査がゆるい

という印象につながるのではないかと思います。

アメックスカードで審査通過するには年収いくら必要なの?

さて、アメックスの柔軟性のある入会審査には希望を持たせてもらえることが分かりました。

それでは具体的に、最低限必要な年収の基準はいくらなのでしょうか?

公式的に発表されている最低年収は「300万円」。ただ、勤続年数が「3年以上」という両方の基準をクリアしているかが重要となるようです。

もしこのどちらかがクリアできていない場合でも、不動産や資産の保有状況によってはマイナスをカバーできるかもしれません。

また、公式的には「パート・アルバイトの方は入会できない」と書かれていますが、実際に審査に申し込んだ方の中にはアルバイトでも審査に通ったという方がいらっしゃるようです。

もしも審査に不安がある場合には、ご自身の信用情報を開示請求してみるのも良いかもしれません。

信用情報機関

・JICC(日本信用情報機関)

一部の信販(クレジット)会社、消費者金融の利用状況

・CIC

信販会社全般、大手消費者金融、携帯電話会社の利用状況

・JBA(全国銀行協会)

銀行、信用金庫などの利用状況

どちらの信用情報が具体的な審査に活用されているのかは分かりませんが、「確実に審査に通りたい」「審査に通らなかった理由が知りたい」などの理由があるのであれば、役に立つサービスだと思います。

※カード発行して6か月以内に利用すれば合計18000ポイントもらえる特典付き(18000マイルに交換可能)

スポンサードリンク

↓8種類のカードを厳選しました↓

今月のおすすめカード一覧

スポンサードリンク

クレジットカード13枚利用した私がたどり着いたポイント貯まりやすいカードはこの3枚でした

管理人管理人

2018年5月の段階で発行した枚数は13枚!

でも正直ハズレと思うカードもいくつかありましたし、全然ポイント貯まらないカードもありました。実際に使ってみないとわからないものです…。

その中で、私が実際に13枚のカードを使ってみて、ポイント貯まりやすいと思ったカードがこちらの3枚でした。

  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!JAPANカード

なかでもこの3枚は、かなりポイント貯まりやすいので、どのカードにすればいいかわからない場合はこの3枚からひとつ選んでおけば間違いないです。

ちなみに、3枚ともすべて年会費無料なので、カードを作って損することは一切無いので、気軽な気持ちで1枚持っておいて大丈夫です。

1位:楽天カード
管理人管理人

楽天カードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • 楽天市場で使うようにすれば、100円で4ポイント貯まる
  • 楽天ポイント貯まる
  • ETCカード発行可能
  • 楽天ポイント、楽天Edyが一体型

楽天カードは100円につき1ポイント貯まります。ETCカードを発行すれば高速料金に対しても楽天ポイント貯まります。

楽天市場で買い物をすれば、100円につき2~5ポイント貯めることもできます。楽天市場ってほぼすべてのジャンルの商品が揃っているので、普段の買い物を楽天市場で買うようにするだけでポイントはものすごく貯まりやすくなります。

実際に私も、生活用品や日用品、家具や家電なども楽天市場から買うようにしています。家電量販店や薬局などで商品を目で確認して型番やサイズを確認して、最終的に楽天市場で買うという流れです。

私の場合、楽天市場で買い物をすれば、100円につき4ポイント貯まるようになっています。

他の店舗で楽天カードを使えば、100円で1ポイントしか貯まりませんが、楽天市場で購入すれば100円で4ポイント貯まります。4倍もの差があるので、楽天市場を利用しない理由はありません。

しかも、店舗で買うよりも楽天市場で買った方が安い場合もありますしね。メリットだらけです。

貯まった楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルといった楽天関連のサービスで使えますし、楽天Edyという電子マネーに交換すれば、スーパーやコンビニでも楽天ポイントを使うことができます。

なにより、入会キャンペーンでたくさんポイントもらえるのが嬉しいですね。カード発行は無料なのに5000円分もポイントもらえるなんて、発行する価値十分アリです。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:dカード

管理人管理人

dカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • dポイント貯まる
  • ドコモ携帯料金の1%ポイント貯まる
  • dポイントを電子マネーiDの支払いに充当できる
  • カード提示でローソン、マクドナルドで割引
  • カード提示でdポイント貯まる店舗も急増中

ドコモが発行しているdカードですが、ドコモユーザーじゃなく誰でも申込可能のカードです。100円につき1円分のdポイントが貯まります。

正直、ポイント業界の中では楽天ポイントがダントツで優位な位置にいると思っています。ポイントも貯まりやすく使い道も広く、対応店舗も多いので、利用しやすい環境がバッチリ整備されています。

それに続いて、dポイントはここ数年で急速に普及が広がっており、楽天ポイントと同等レベルぐらいまで対応店舗が増えております。

支払いをすべてカード払いに切り替えるなら、dカード1枚にまとめるのもアリです。

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

管理人管理人

私の場合は、年会費無料のdカードではなく、年会費1万円(税別)のdカードGOLDを持っています。 ドコモユーザーであれば、携帯料金の10%が毎月dポイントとして貯まっていくので、毎月1500円分のdポイントが勝手に貯まり続けています。 dカードGOLDの特徴はこちら

  • 年会費1万円(税別)
  • ドコモ携帯料金の10%のdポイント貯まる
  • ケータイ補償あり
  • 海外旅行の保険の範囲が広い
  • 空港のラウンジを無料で使える
さらにdカードGOLDの詳細を知りたい方はコチラ

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:Yahoo!JAPANカード
管理人管理人

ヤフーカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • Tポイント貯まる
  • ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコ利用でポイント貯まりやすい
  • ソフトバンク携帯料金でTポイント貯まる
  • Tポイント使える店舗数も多い

Yahoo!JAPANカード。通称ヤフーカードやワイジェイカードとも呼ばれています。100円につき1円分のTポイントが貯まります。

楽天カードは楽天関連のサービスで、ヤフーカードはヤフー関連のサービスで効果を発揮します。

ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコでTポイント貯めたり使ったりできます。ソフトバンクユーザーであれば、携帯料金でTポイントを貯めることもできます。

そもそもTポイントは歴史が長く、ファミマやTSUTAYAを筆頭に対応店舗も非常に多く、楽天ポイントやdポイントと同じように貯めやすいと評判も高いです。

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます