あなたはSuicaにチャージをするとき、どのような方法を使っていますか?

クレジットカードでチャージ、オートチャージ、銀行口座からチャージ、現金からチャージ、ポイントからチャージ…などと方法はたくさんありますが、お得にポイントを貯められて、かつ便利なのはクレジットカードかオートチャージです。

反対に、現金チャージにはメリットといえるようなものがないことがわかりました。

それでも「クレジットカードは持ちたくない。」「ぜったい現金派!」という人もいるでしょう。

この記事ではSuicaへの現金チャージの方法をご紹介します。

その上でクレジットカードでのチャージのお得度もご紹介しますので、現金派の人もぜひ見てみてください。

現金でSuicaにチャージする方法

SuicaにはICカードタイプとモバイルタイプがあります。

SuicaICカードの場合

ICカード型の場合は、Suicaが誕生した頃から使っている人にとっては現金チャージが当たり前のことでしたが、今後は反対に「現金チャージしたことない」という人が増えてくるかもしれません。

そのくらい現金よりも電子マネーやクレジットカード決済をする場面が増えてきましたよね。

ICカード型の現金チャージは、駅にある券売機「自動券売機」「多機能券売機」「のりこし精算機」にSuicaを差し込み、現金を入れてチャージするという方法です。

ご参考までに、手順を載せておきましょう。

Suica ICカードの現金チャージ方法

  1. 自動券売機・多機能券売機にて現金投入前にカードを入れます。
  2. 画面表示に従って500円・1,000円・2,000円・3,000円・5,000円・10,000円の中から入金額を選択し、現金を投入します。
  3. チャージが完了し、カードがもどってきます(お釣りがある場合ももどります)。

※窓口での入金、磁気イオカードやオレンジカードを使っての入金はできません。

なお、定期券を購入する際にチャージを併せてすることも可能です。

そのほか、次の項目でご紹介しているコンビニやスーパーなどでも現金チャージが可能です!

モバイルSuicaの場合

モバイルSuicaの場合、ICカードSuicaよりもクレジットカードからのチャージやオートチャージが基本的なチャージ方法ですが、現金でもチャージすることができます。

以下のコンビニやスーパー、電器店、駅に設置してあるモバイルSuica対応のチャージ機でも可能です。

  • NEWDAYS
  • サークルKサンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • イオン
  • ピーコックストア
  • まいばすけっと
  • ピアゴ
  • コジマ
  • ソフマップ
  • ビックカメラ

Suicaでの支払いには対応していても、「現金チャージ」にも対応しているとは限りません。

現金チャージに対応していることの目安としては、下の画像のような交通系ICカードの利用に対応しているマークに加えて、「¥」マークがあることも確認してみてください。

おそらく店員さんに聞いてしまった方が早くて確実かもしれません。

レジで店員さんに「チャージしたい」旨を伝え、現金を支払い、電子マネータッチセンサーにモバイル端末をのせるだけでチャージしてもらえます。

しかしこれには専用のアプリが必要になります!

手順をご紹介します。

モバイルタイプ、ICカードタイプの現金チャージ方法(アプリ利用)
  1. こちらの「モバイルSuica」のページから、AndroidもしくはApple対応の「モバイルSuica」アプリをインストールします
  2. アプリのトップ画面(Suica一覧)で「Suica発行」をタップします
  3. Suica発行画面で発行するSuicaの種別を選択し、「発行手続き」をタップします
  4. 「モバイルSuica会員規約」「モバイルSuicaによる鉄道利用に関する特約」を読んだ上で「同意」し、「会員登録」をタップします。
  5. 会員登録画面で必要事項を入力します。
  6. 「金額を選ぶ」からSFチャージ(入金)金額を設定後、決済方法を選択します。
    ※新規発行時には最低1,000円のチャージが必要です。
  7. 店員さんが準備してくれた電子マネータッチセンサーにタッチしてチャージ完了。

という流れになっています!

アプリの設定が必要なので、前もってインストールや設定をしておきましょう。

現金チャージではSuicaポイントは貯まりません

※Suicaポイントは2017年12月をもって「JRE POINT」に共通化されました。ここでは分かりやすくSuicaポイントという名称を使用しています。

Suicaポイントを貯めている・もしくは貯めたいと思っている人へ、残念ながら現金チャージではSuicaポイントを貯めることはできません。

Suicaポイントを貯めるのであれば、クレジットカードによるチャージがお得です!

詳しくは次項にてご紹介します!

クレジットカードチャージでポイントを貯めてお得にチャージできます。その差とは?

Suicaクレジットカードは提携店でのクレジット決済によってポイントを貯められるというお得がありますが、さらにはSuicaチャージによってもポイントを貯めることができるのです!

毎日通勤や通学、お出かけに利用しているSuicaのチャージでポイントを貯められるだなんて、まさに一石二鳥としか言いようがありません。

ではクレジットカードチャージと現金チャージ、どのくらいお得度の差が出てしまうのでしょうか?

まず、どのSuica付きクレジットカードでもお得度が高いというわけではないので、「Suica付きビューカード」(viewというマークがあるもの)を選んでください。

Suica付きビューカードにはこちらのような種類があります。


Suica付きビューカードなら、クレジットカードによるチャージ、定期券の購入、オートチャージなどによって1.5%のポイントがつきます!

具体的にどのくらいのポイント数になるのかというと…

1ヶ月のチャージ額 獲得ポイント(年間)
3,000円 540円
5,000円 900円
10,000円 1,800円

とこのようになります。

お仕事や通学でSuicaを利用している人は、1ヶ月に20,000円以上チャージするのが普通という人もいるでしょう。

そうなるとポイントはかなりあっという間に溜まってきます。

ビューカードの種類によっては、年会費が獲得ポイントで相殺できてしまうこともさほど難しくありません。

こんなに魅力的なクレジットカードチャージは現金チャージ同様、アプリから行うことができますが、それにはクレジットカードを登録しておくことが必要です。

先ほどご紹介した「モバイルSuicaアプリ」が必要になります。

手順はこちらを参考にしてください。

クレジットカードでのチャージ方法(アプリ利用)
  1. モバイルSuicaアプリを起動
  2. 「SF電子マネー」を選択
  3. 「入金(チャージ)」を選択
  4. 入金(チャージ)額を入力
  5. 「入金する(クレジットカード)」を選択

これで完了です!

最後に

普段の生活に欠かせないSuicaへのチャージ方法をクレジットカード利用にすることで、ポイント1.5%還元というお得が得られるということをご紹介しました。

クレジットカードの利用に慣れてしまうと、どれくらい利用したかわからなくなってしまって、ときには使いすぎてしまうこともありますよね。

そのような点で見ると現金でのチャージは「どのくらい使ったか」というのが目に見えるお金として出ていくので分かりやすいですが、うっかりチャージをし忘れていて改札でストップしてしまうということもあります。

便利さやポイント還元についてはクレジットカードでのチャージが断然お得です!

現金派の人も、この機会にクレジットカードチャージを検討してみてはいかがでしょう?