待ちに待ったフランス旅行。

「あれもしたいし、これもしたい」

「あそこにも行きたいけど、ここも捨て難い…」

「このレストランは予算的にどうだろう」

ああでもないこうでもないと、計画を立てるのはとても楽しいものですよね。

そこで忘れてはいけないのが、「現金はどのくらい持って行けば良いか?」という問題です。

たくさん持って行くのもなんだか不安だし、途中で足りなくなってしまっても、現地で現金をスムーズに調達できるかどうかわからない…。

そもそもどのくらいお金を使うことになるのか、考えても考えてもキリがない時もありますよね。

そんな時に考えたいのが、クレジットカードです。

クレジットカードを利用することで現金を持ち歩くリスクを減らしたり、支払いを楽にしてくれたり、万が一の時にも心強い保険がついていたりします。

ではフランスの場合、クレジットカードの普及率はどうなのでしょうか?

どんなカードブランドで、どのようなシーンでクレジットカードを利用することができるのでしょうか?

フランスへ年に数回訪れている筆者が、自身の体験も交えてご紹介します!

フランスで使えるクレジットカードのブランドについて。AMEXやJCBでも使える?

フランスで使えるクレジットカードは、主にVISAかMastercardです。

この2ブランドであれば、クレジットカード決済ができるところはすべて利用できます。

AMEXは観光客向けの高級店などでは利用できるところもありますが、使えるところはとても限られています。

JCBにいたっては、ほぼ利用できないと考えておいたほうが良さそうです。

(徐々に加盟店が増えているようですが、VISAやMastercardとは比べものになりません。)

ということから、フランスへ持って行くクレジットカードは「VISA」と「Mastercard」で、盗難や紛失などの不測の自体に備えて必ず2枚は持っていきましょう!

また、フランスでは機械の不具合に遭遇することも珍しいことではありません。

街中のATMでクレジットカードの暗証番号を複数回間違えたりして「吸い込まれたまま出てこない」ということが起こったり、駅で切符を買うのに挿入したクレジットカードが「機械の故障で出てこない」ということもあり得ます。

複数枚のクレジットカードを持って行くのは大前提として、しまう場所はひとつはお財布、ひとつはシークレットポーチ、などというように別々の場所にしておくとより安心です。

フランスではクレジットカード主義?それとも現金主義?現金はそんなに持ち歩かなくて大丈夫?

フランスでは、驚くほどにクレジットカードが普及しています!

駅で切符を買うのにも、売店でコーヒー1杯買うのにも、スーパーで日用品を買うのにも、本屋さんで本を買うのにも…ほとんどの場面でクレジットカードを利用することができます。

お店の人も他のお客さんもクレジットカードの支払いに慣れているため、「クレジットカードを使うことで時間を取らせてしまうかも」といったような気遣いは不要です!

現地通貨に慣れていない私たち外国人にとっては、どこもかしこもカード決済ができるというのは、余計な気苦労がなくなってとても嬉しいものです。

ちなみにクレジットカードの支払い時は、基本的に店員さんではなくお客自身が操作することになります。

小さなクレジットカード読み取り機の画面に従って支払い金額の確認、カードを通す、暗証番号を入力する、などといった操作がすべて任されます。

この時に注意したいのが、カードの読み取り部分が2箇所あるということです!

読み取り機の右側を「シュッと通す」こともあれば、読み取り機の手前から「スライドに差し込む」という場合もあります。

これはクレジットカードの種類によって異なりますので、「読み取りができない!」という時にはもう片方の読み取り部を試してみましょう!(大抵は店員さんが教えてくれるのでご安心を。)

クレジットカードがあれば現金は持ち歩かなくても大丈夫なほど、どこでも利用することができますが、以下の場所や場面では「現金」のみの支払いとなるため、やはり現金はいくらか持っておく必要があります。

  • マルシェなどの露店
  • 街中にあるスタンド
  • 小さな個人商店
  • 公衆トイレのチップ
  • カフェやレストランで店員さんに渡すチップ

なお、クレジットカードを利用できる駅の切符販売機などでも、「あえて現金で支払いたい」という場合は、紙幣ではなくコインのほうが便利です。

機械によっては紙幣を受け付けていないものもあるのです。

そのへんのお店で紙幣をコインに「ただ両替してもらう」というようなことは難しく、何か買い物をして”くずさなきゃ”いけないといった手間になります。

フランスは盗難やスリが多いから現金よりもクレジットカードが安心

フランス、特にパリの地下鉄や観光地、人の多く密集する場所では、盗難やスリの被害がとても多いので注意が必要です。

十分に注意していれば被害にあうことは少ないですが、それでも大金を持ち歩くのは避けましょう。

フランスではほぼどこでもクレジットカードが利用できるということを活かして、「持ち歩く現金は最小限」、「支払いはすべてクレジットカード」にするというのがオススメです。

クレジットカードであれば万が一盗難やスリに遭ったとしても、カード会社に連絡すればカードの利用を止めることができます。

盗難の事実があるのであれば、盗難された時期へさかのぼって利用を「無効化」してくれたりもします。

クレジットカードに付帯されている海外保険によっては盗難被害の補償をうけられることもあるため、現金よりもクレジットカードを持ち歩くほうが断然安心ですよ。

最後に

フランスではいつでもどこでもクレジットカードで支払いができるため、筆者はほとんどの買い物をクレジットカードで済ませていました。

クレジットカード読み取り機の操作を自分でするのは、慣れるまではちょっと手間取りますが、1回か2回やってみれば、たとえフランス語がわからなくても要領がつかめると思います。

日本ではクレジットカードよりも現金での支払いのほうが多いかと思いますが、フランスでは真逆で、現金が必要な場面のほうが少ないです。

クレジットカードは手軽だし万が一盗難にあっても補償があるため、旅行者だとしても現地で生活するのだとしても、クレジットカードを主体にすることを強くおすすめします!

例外として、マルシェで買い物をしたり、地方のローカルな美術館に行ったり、個人商店でお買い物をしたいような時には、現金しか使えないこともありますので、忘れないでおきましょう。