コンビニのファミリーマートとレンタルショップのTSUTAYA、どちらを利用してもポイントが貯まるファミマTカードはかなりのお得感がありますよね。

しかし、そのファミマTカードは初期設定のままだと”自動的にリボ払いになる”という独特な側面も持っています。

リボ払いは便利ですが、その反面、手数料もかかってしまいます。

この設定をよく理解していないままだと、うっかり損をし続けてしまうかも…。

今回の記事では、ファミマTカードのリボ払いを解除する方法と、どのような使い方をする時にリボ払いが便利になるのかを検証してみましょう!

最大4000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

ファミマTカードはリボ払いがデフォルトに!リボ払いの設定を解除する方法

 

Q:ファミマTカードを一括払いで利用したのに、リボ払いで請求がきました。どうしてですか?

A:ファミマTカードは、月々のお支払金額をミニマム・ペイメント(最少お支払金額)以上でお支払いいただく残高スライド元利定額リボルビング払い方式のクレジットカードです。

全額支払いに変更をご希望の場合は、ご登録のお支払コースによりお手続きが異なります。

(引用元:「ファミマTカードよくあるご質問」

というように、ファミマTカード自体がリボ払い方式のクレジットカードだということになっています。

つまりこれが「普通」の状態なので、リボ払いをしたくない場合には解除の手続きをしなければなりません。

本来一括払いで済んだはずのものが、リボ払いになって無駄に何回にも分けて支払いをするというのはちょっと馬鹿らしくなってしまうし、手数料も無駄でしかありません。

しかし、リボ設定の解除は簡単にすることができます。

支払いコースを「店頭支払いコース」「口座引落しコース」どちらで申し込みをしたのかによって手順が違います。

それぞれに見てみましょう。

店頭支払いコースの場合

店頭支払いコースを選択している場合は、ファミリーマート店頭の端末「Famiポート」で支払い金額の変更をして、レジで支払いをすることになります。

1.Famiポートトップメニューから「ファミマTカードメニュー」を選択

STEP1:Famiポートトップ画面「ファミマTカード会員メニュー」選択の上、「ファミマTカードクレジットご利用代金お支払い」を選択。

2.ファミマTカードメニュー画面から「クレジットカードご利用代金お支払い」を選択

STEP2:ファミマTカードをFamiポートの磁気カードリーダーに通す。

3.ファミマTカードをカードリーダーに通す

STEP3:暗証番号を入力。

4.暗証番号入力

STEP4:ご利用残高を確認してお支払いになる金額を決定。「最少支払額」「増額支払(金額をご指定ください)」「全額をお支払い」のいずれかをお選びください。

5.利用残高表示画面の「最小お支払い金額」「増額してお支払い」「全額をお支払い」の項目から「全額をお支払い」を選択

STEP5:「Famiポート申込券」が出力されます。

6.支払い金額の表示を確認して「OK」をタッチ

STEP6:申込券を持って30分以内にレジでお支払い。お支払いは現金のみとなります。領収証を必ずお受け取りください。完了です。

7.支払い内容を確認して「確認・発券」をタッチ

STEP6:申込券を持って30分以内にレジでお支払い。お支払いは現金のみとなります。領収証を必ずお受け取りください。完了です。

8.「Famiポート申込券」というレシートのようなものが出てくるので受け取る

STEP6:申込券を持って30分以内にレジでお支払い。お支払いは現金のみとなります。領収証を必ずお受け取りください。完了です。

9.Famiポート申込券をもってレジで支払う(30分以内に行ってください)

STEP6:申込券を持って30分以内にレジでお支払い。お支払いは現金のみとなります。領収証を必ずお受け取りください。完了です。

このような流れになります。
(画像引用元:「店頭支払いコース」

ショッピングの場合は毎月1日から末日までの利用分が翌月11日に確定され、翌々月1日までに上記の手続きをすれば全額支払いをすることができます。

キャッシングは利用後翌々月1日までであればいつでも全額支払いが可能です。

口座引落しコースの場合

口座引落しコースを選択している場合は、インターネットか電話で手続きが可能です。

インターネットの場合
  1. 会員専用ネットサービスから会員ログインをします。
  2. 会員メニューから「翌月のお支払い金額変更」または「毎月のお支払い金額変更」をクリック
  3. お支払い金額を「ずっと全額支払い」に変更

(画像引用元:「口座引落しコース」

電話の場合
ファミマTカードサービスデスクに電話をすることでも、支払い金額の変更をすることができます。

サービスデスクはこちら。

(画像引用元:「口座引落しコース」

なお、口座引落しコースの場合はショッピング・キャッシングともに月末締めで翌月11日に利用分が確定します。

翌々月1日が支払い期日となりますので、その前の月の25日までが支払い金額の変更可能期間になります。

忘れずに「ずっと全額支払い」に変更しておきましょう。

リボ払いは便利だけど使い方に注意?どういう時にリボ払いは便利なのか?どういう使い方がいいのか?

ファミマTカードのリボ払いの利率は18.0%です。

たとえば3万円の利用分をリボ払いで返済していくとなると、月々支払い額は最小で3,000円になります。

(画像引用元:「毎月のミニマム・ペイメント(最少お支払金額)」

 

ちょっとシミュレーションをしてみましょう!

月々3,000円で3万円を返済するには10ヶ月です。

年率18.0%なので利息は5,400円、この利息も毎月の支払い分に組み込まれてきますので、単純に考えると元金だけでは10ヶ月の返済であったところが、12ヶ月の返済になってしまいます。

利用が3万円という少額であればこのくらいで済みますが、10万円、20万円となってくると返済期間が長くなり、その分利息も高くなります。

自分の利用した分を返済しているつもりが、実際は利息分の支払いに充てられていて、なかなか元金の返済が終わらないということにもなりかねません!

これを防ぐためには、月々の支払い額をできる限り高く設定しておくことが有効です。

 

たとえば月々1万円ずつ返済するように設定してみたり、お金に余裕ができた時点で一括返済をしてしまうのもアリです!

時には大きな出費が急に必要になることもありますよね。そしてすぐには返せないことがあるのも当然です。そのような時にリボ払いはかなり便利。

 

月々の支払い額を自分でコントロールすることを覚えておけば、リボ払いは困ったときの強い味方になってくれます。

きちんと知って、賢く使い分けをしましょう!

まとめ

ファミマTカードはファミリーマートやTSUTAYAなどTポイント加盟店でポイントが貯められるほか、クレジットカードとしてのポイントも貯まるというお得なカードです。

Tポイント加盟店はたくさんありますので、普段の利用でも忘れずに提示するだけで知らない間にポイントが貯まっていきます。

しかし注意したいのが、ファミマTカードは「リボ払い」設定になっているということ!

この設定を知らずにそのままにしておくと自動的にリボ払いになって、その気がなかったのにリボ手数料(利息)を支払わなければならなくなってしまいます。

リボ払いを希望しない人は、カードが届き次第すぐに「ずっと全額支払い」に変更しましょう。

店頭でもインターネットでも電話でも手続きが可能です。

そしてリボ払い設定を続ける場合でも、月々の返済額はできるだけ高めに設定しておきましょう。

少しでも手数料を抑えられるよう工夫して、計画的にリボ払いを活用しましょう!

最大4000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します